忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1002]  [1001]  [1000]  [999]  [998]  [997]  [996]  [995]  [994]  [993]  [992
起床したら、坪井の戦力外報道が出ていた。一瞬で眠気が吹き飛んだ。

この時期になると、必ず避けては通れないのものがストーブリーグ。今年のレッズからは、坪井が第一号報道になってしまった。
当然ショックだけど、”やはり”という気持ち。今季、いや昨季からの坪井の扱いを見ていたら、年齢的にも予想はしていた。というか覚悟はしていた。これは仕方がない。悲しいけれど。
3バックによる完全ストッパータイプの坪井は、4バックが主流化したフィンケ体制ではセンターバックに入っていたものの、元々の弱点であった空中戦対応で不安定さを著しく露呈させてしまい、同じく4バックだったゼリコ体制に於いては完全に構想外の扱いだった。ところがミシャ体制に代わり再び3バックが復活すると、水を得た魚のように右ストッパーとしてレギュラーに返り咲く。ところが2年目は同ポジションである森脇の加入により、繋ぐサッカーに不慣れな坪井は再び控えに回される。つまりこの時点で既にミシャの構想からも外されてしまった。そこから2シーズン、かつて黄金期を支えて来た坪井の心境はどうだっただろう。

オフトが就任直後にルーキー坪井の能力に目を付けて、開幕戦からレギュラー抜擢。横浜で見た坪井の守備は衝撃的だった。FWよりも速いレベルの俊足で走り回り、エリア内に侵入した敵を何の躊躇も無く後ろからスライディング。一歩間違えば足を引っかけてPKを喰らっても不思議ではない場面。それを確実にボールだけ弾き出した。あのプレーが、坪井の華々しいプロ人生の行方を決定づけたと言っても過言では無いと思った。
そこからA代表、ワールドカップ出場、ブラジル戦で緊張から両足痙攣という不運に見舞われて途中退場、そんな話も今ではひとつの逸話。
ここまで唯一公式戦得点記録である1ゴールが決勝点となった雨の駒場でのガンバ戦。
エメと接触して大流血しながらも15針縫って戦列復帰し、レッズに初タイトルをもたらしたナビスコ決勝。
国立での井原の引退試合で、最後にその井原を乗せてぎこちなく凱旋カーを運転して、スタンドの女の子から「かわいい」なんて言われていた坪井。井原から後継者を託されていたという。
嗚呼、色々と思い出してしまう。

日本最速DF、そしてDFとしては小柄なところからも、自分はかつて同じく小柄で世界最速DFと言われた”コロンビア代表コルドバ”の姿を坪井に見ていた。勝手に日本のコルドバと呼んでいた。それが坪井だった。

そんな坪井は、まだまだ現役続行を希望しているという話。興味を示すクラブも存在するらしいが。ただ個人的に、功労者である坪井にはレッズに関わり続けていてほしい気持ちがあるが、でもこればかりは・・・。せめて2年前であれば年齢的にも、もう一花咲かせられる状況だったと思うけれど。
どうなるかわからないけれど、今はただただ坪井には”ありがとう”と言いたい。そして坪井に最後にもう一度、優勝を味合わせてあげたい。

・・・それにしても、山根が早々に去り、三上も堀之内も既に引退、今度は坪井がレッズを去る。これでかつてのユニバ5人衆は、ついに平川1人になってしまったな。これも時代か・・・。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
避けては通れない
おはようございます。

私は今朝、友人からのメールで知りました。
今季のナビスコ予選のホーム徳島戦の時、スタメンの3バックが坪井、永田、濱田で坪井が原因の失点や、永田に代わって槙野が入り、濱田がリベロに入った瞬間から左サイドが活発になった事、もし右に森脇が入っていたらとか考えると、やっぱり今のレッズのストッパーは槙野と森脇なんだな…と、正直な気持ち思いました。
坪井はスピードが衰えた事は無いと思いますが、一対一に弱くなった事、平川や関根、関口と連携して右サイドを上がる森脇の動きが坪井に出来るのかとか…

私、9月に応募式のファンサービスに当選して背番号2~14までの選手全員のサインを頂き一言ずつですが言葉を交わしました。今思うと、一番おとなしかったのが坪井でしたね。その日は坪井の誕生日で“おめでとうございます”と声を掛けてもなんか寂しそうでした…今思えば、もしかして…という感じです。実は昨日のファンサービスも仕事を抜け出せたので行きましたけど、昨日の坪井は普通に明るい坪井でした。それもあったので今朝のメールは驚きました。

思えば一昨年の今頃は達也、昨年は暢久、今年は坪井…もうそんな時期になったんですね。
是非とも優勝したいですね!坪井と一緒に優勝しましょう!

情報ですが昨日、大原から帰ろうとしてクラブハウスの裏に出た時に駐車場を興梠が松葉杖無しで歩いてました。興梠さん、大丈夫ですか?と声を掛けたら、ガンバ戦に間に合わせると言って手を挙げてくれました!無理はして欲しくないですが、頑張ってもらいたいですね。興梠自身、出たいんだろうな…
東浦和レッズ 2014/11/08(Sat)11:44:57 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんにちはです。
プロスポーツで避けては通れない時期がまたやって来ましたね。Jリーグは選手の契約満了時期の半年前から交渉が可能と聞いた事があるので、9月というと、もしかしたらその時期には既にクラブから来季は契約しない意向を説明されていたのかもしれませんね。それにその時から出場機会に恵まれていなかった事からして、坪井自身が覚悟をしていたと思います。今の坪井はもう来季に向けての新天地探しで、気持ちを割り切っているのかもしれませんね。
尤も契約外に関してやはりミシャサッカーには合っていなかった部分と、そして何より年齢的な事を考えると仕方がない部分はありますね。寂しいですけど。でもルーキー時代からこれまで一貫してレッズに在籍し続け、そして何と言っても黄金期を支えた功労者の1人である事は間違いないですから、出来る事ならレッズの選手のママ現役を全うさせてあげたかったです。達也や暢久に続き今度は坪井、浦和のレジェンドがまた1人レッズを去ってしまいますが、それでも坪井はこれから先もレッズの英雄の1人として、歴史に刻まれ語り継がれる選手ですね。その英雄がレッズを去る前に、絶対に優勝して坪井を胴上げして送り出してあげたいです。
そして興梠情報もありがとうございます。骨折にしては日産スタにも駆け付けて選手を激励していたとの事で驚いていましたが、加えてもう松葉杖無しで歩行可能とは、これは大変嬉しい限りですね。予想していたより回復が早いのかもしれませんね。もちろん焦りや無理は禁物ですが、もしかしたら本当にガンバ戦に間に合うのでは、という淡い希望も・・・まあ現実的には早くても最終節が精一杯かなとは思いますが、でも興梠のためにも優勝したいですね。
うえ URL 2014/11/08(Sat)14:18:43 編集
無題
わかってはいたけどついに来てしまいましたね 今のウチの繋ぐサッカーに合ってなかったし 最近では相手とのスピード勝負で負ける事もあったから覚悟はしてました…(T_T)
坪井を必要として活かしてくれるところに行って欲しいですね まだまだ出来るはずですから

そうすると森脇のバックアップですが ユースから茂木の加入は決まってるので 岡拓を呼び戻して競争させるんのも面白いかも また阿部ちゃん、啓太の後継でユースの斎藤の昇格が決まってるので青木と競争させる事でOK 秀仁と野崎は片道かな…
サイドはヒラ、ウガ、関口、関根(ウメ)で回す 岡拓はU-17で左もやってるらしいので槙野の代わりも可(?) シャドーは余ってるくらいだからあとは興梠の代わり 来年ACL戦うのにちゃんと計算できる長身の外国人FW

あ オレンジのとこにいたな(チラッ)
さくらもち 2014/11/08(Sat)20:56:41 編集
無題
先日川崎サポーターの同僚が麻生の練習場に行き大久保嘉人に『来年も一緒に戦おう』と言ってきたって話をしてました。そんな時期かなぁと思ってしまいました。まぁ川崎なら大久保嘉人よりは個人的には小林悠の方が魅力を感じますがw
ウチは覚悟をしてましたが…坪井でしたね。出会いがあれば別れもあるのが世の常ですから割り切らなきゃいけないんでしょうが、寂しいです。
これから新しいサッカー人生が始まるわけですから、引き続き応援したいですね。
来年は興梠のバックアップと両ストッパーのバックアップの補強かなと思います。興梠のバックアップは忠成と阪野の頑張り次第でなんとかなりそうですが、ストッパーは毎回累積が溜まるたびにヒヤヒヤしますからねぇ。瓦斯の徳永あたりが良いかと…
カミカゼレッズ 2014/11/09(Sun)08:42:17 編集
無題
すでにご存知でしょうけど、広島サポが埼スタで愚行。ゲートよじ登って警備員ともめたり、レリーフに悪戯。

ホームを荒らされた浦和サポさんは、どう思いますか?
名無しさん 2014/11/09(Sun)12:06:50 編集
無題
坪井の戦力外通告は痛いですね。
あのナビスコは今でも伝説です。当時の県立高校の図書室に埼玉新聞があり浦和レッズのナビスコ優勝を知った程度です。
それにしても広島サポが何かとやらかしましたね。これはどうなるのでしょうか?
先週はまあ委託先でよくないことあって広島出身の女担当にダメ出しされ、美人副部長は号泣と
ナビスコの場所が埼スタではなくなるんじゃなかろうか?とも思ったりもしますが。
きらきらレッズ 2014/11/09(Sun)12:30:07 編集
コメントありがとうございます
さくらもちさん
こんばんはです。
坪井の戦力外が昨日の新聞報道に続き、オフィシャルからも公式発表となりましたね。スピードを含めて目に見えて年齢的な衰えも否めない坪井ですが、それでも純粋に「守備」に専念出来る戦術のチームであれば、まだまだ第一線でプレー出来る選手だと思うので、そういうチームでもう一花咲かせてほしいですよね。出来れば3バックの右ストッパーとして。
そして坪井が抜ける事で、おっしゃる通り森脇のバックアッパーが必要になりますね。それに森脇の年齢的な事を考えると、あと2年の内にレギュラー級のストッパー選手を明確に育てるか獲得するかしないと、後が続かなくなる可能性がありますね。
リスクをかけて焦って無理に若返りさせる必要は無いまでも、各ポジションでレギュラーの平均年齢がかなり高まって来ているので、来季からは向こう5年先を見据えた育成や補強が必要になって来ると思います。ただJ2へレンタルに出しているフィールドプレーヤーに関しては、正直どうもパッとしないのが実状ですかね。後ろの層を厚くする意味では岡本を戻すのも手段のひとつですが、来季ACLがある以上は、やはり外国人を含めてパンチの効いた選手を何人か補強するのが現実的でしょうね。ACLを考えたら、確かにオレンジのところに居る長身外国人FWは魅力的ですが(笑)

カミカゼレッズさん
こんばんはです。
この時期になると避けては通れないストーブリーグですが、やはり坪井が第一号となってしまいましたね。レッズであれだけ活躍してくれた英雄ですから別れるのは寂しいですが、幸いにして坪井自身が完全に割り切って移籍先探しに動いているようなので、本人の意思を尊重しつつ新天地での活躍を祈りたいですね。
攻撃面の補強に関しては、来季はACLがある以上、やはりアジアで通用するレベルのFWがどうしても欲しいところです。いっその事、過去のしがらみを忘れて大久保を・・・何てのは冗談ですが、阪野が底上げにならないと、興梠と李だけでは厳しいのが現実なので、やはり攻撃的な外国人選手が現実的ですかね。ただ外国人はミシャが受け入れるかが第一の問題ですけど。守備面に関しても、アジアの戦いに耐えられるレベルの屈強な選手が欲しいですね。ここも個人的には、やはり外国人路線で動いてほしいところですが、果たしてミシャはどうしますかねぇ・・・。
うえ URL 2014/11/09(Sun)18:46:50 編集
コメントありがとうございます
名無しさん
初めまして。
一部の広島サポの行いに関しては、当然ですが怒りの気持ちが強いです。加えて個人的に、レリーフは自分と仲間の物もあるので、それに悪戯されたと思うと二重の怒りです。今はそれしか言えませんが、とにかく広島とJリーグにはキチンと対処してもらいたいと思います。

きらきらレッズさん
こんばんはです。
全盛期の坪井のプレーが蘇って来ましたが、レッズが初優勝した国立でのナビスコで、スタンドから見えた坪井の流血劇は、今でも明確に目に焼き付いています。その後に凱旋した坪井の目の上の腫れ具合も凄かったです・・・。
それにしても、ナビスコ決勝の国立以外での開催による問題が、1年目から浮き彫りになってしまいましたね。埼スタ運営側もレッズの看板やレリーフを布で隠したりする配慮が必要だったとも思いますが、もちろん一番良くないのはそれに悪戯した一部の広島サポですから、ここは広島フロントとJリーグに明確な対処をしてもらいたいですね。決勝の開催方法も天皇杯含めて今一度見直しが必要ですかねぇ・・・。
うえ URL 2014/11/09(Sun)18:48:04 編集
残酷ですが
いつかはこういうときが来ると思っていました。

でも、地味ながら功労者でもあるので、少々どんくさいですが「リーグ優勝して、送り出そう!」
あきら 2014/11/09(Sun)21:12:38 編集
無題
お久し振りです。

とうとう坪井の退団が発表になってしまいました。
入団当時から坪井のレプリカを来ていた者としては非常に残念です。
でも、昨季チーム内での置かれた位置の状態からこの様になるのは時間の問題かなとは覚悟していました。
現役を続けるという事なのでどのチームに行っても応援をします。
そして引退後は浦和のスタッフとして堀之内とともにクラブの為に働いてくれる事を願っています。
赤いトマト 2014/11/09(Sun)22:52:35 編集
コメントありがとうございます
あきらさん
こんばんはです。
どの選手にも避けては通れない道。レッズで一時代を築いた坪井にも、ついにその時がやって来てしまいましたね。
決まってしまった以上、今出来る事は、絶対にリーグ優勝して坪井を送り出してあげる事ですね。

赤いトマトさん
お久しぶりです。
自分の仲間もそうなのですが、昔から坪井の番号を付けているサポーターが多い事からしても、この選手はレッズで本当に愛されていたんだなと思いますね。そういう選手がまた1人レッズから離れる事になるのは寂しい限りです。出来る事なら、せめて来季1シーズンだけでも、坪井に敬意を表する意味で、2番を抜け番にしてほしいと個人的に思います。
今季限りで一旦レッズを離れる事になる坪井ですが、他チームでもう一花咲かせてもらい、おっしゃる通り引退後は戻って来てもらい、またスタッフかコーチとしてレッズに関わり続けてほしいですよね。また絶対にそうなるべき存在だと思います。
うえ URL 2014/11/10(Mon)17:39:02 編集
明日は、埼玉県民の日
うえさん、こんにちは。

浦和レッズがアジアの覇者となった日は、埼玉県民の日だとお聞きしたことがあります。

今朝のラジオで、事実上の優勝決定戦となったガンバ戦は応援スタイル完全復活で迎えたいという要望が多数挙がっていると、聴きました。

個人的には、応援スタイル完全復活はリーグ優勝決定と同時に、の方が選手さんも後押しする方々も闘いへのモチベーションが高くなるのでは?と考えています。

如何でしょうか?
猫型人間 2014/11/13(Thu)13:36:26 編集
コメントありがとうございます
猫型人間さん
こんばんはです。
おっしゃる通り、レッズがACLでアジア王者に輝いた日こそ、埼玉県民の日でした。それも試合会場がホームである埼玉スタジアムという二重の偶然。これもレッズが”事実は小説より奇なり”なクラブと言われるにじゅうぶんな要素だと思います。そして埼スタで体感したあの夜の歓喜が、脳裏にハッキリと焼き付いています。しかしレッズはあれ以降、タイトルが獲れていませんから、そのタイトルを22日に絶対に獲らなければいけませんね。
ただ応援スタイル復活の是非については、例の件の反省もありますから、今のところ個人的には拘ってはいないというのが本音です。今はスタイルより個人個人の気持ちが大切かなと・・・。それに太鼓が復活しただけでも今季は御の字かなとも思うのです。勿論それ以上を望む声にも当然理解できます。後は自然の流れですかね。でもリーグ優勝決定と同時に過去の応援スタイル復活なんて事になったら、感動ものですよね。
うえ URL 2014/11/14(Fri)18:18:51 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第23節 浦和2-1F東京 得点/17分・興梠(浦)、22分・橋本(F東)、30分・興梠(浦) ・・・次の試合/AFCチャンピオンズリーグ準々決勝・第1戦 川崎-浦和(等々力陸上競技場=8月23日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
7 8 10 11 12
13 14 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]