忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
んー、やっぱり森脇は退団か。数日前から噂は出ていたし、今朝はニッカンにも報道されてしまったから覚悟はしていたんだが、やはり出て行ってしまうんだな・・・。
それでも森脇の事だから、報道が出ても今週のGGRロスタイムで「あんな報道は真っ赤な嘘だよ~ん」なんてオチャラケながらスベる姿が出るのを期待というか、待っていたんだが。しかしオフィシャルに載ってしまってはもう・・・まあクラブも最終節前に発表しておく必要があったのはわかるけどね。

森脇がレッズに来る時、守備に不安がある選手なのにストッパーをやっている事、ミシャサッカー特有の最終ラインから繋ぐ事を最優先にした森脇の存在という、これまでの守備の定石からはかけ離れた選手が来る事に、疑問と不安を感じたのは正直な話。実際、森脇が来てからは、攻撃力も増えたが、失点も増えたから。
ただミシャサッカーをやるのに一番必要不可欠だったのが、森脇だったというのは徐々に気付かされるのであったが。

森脇のレッズでの歴史を振り替えると、上記の通りあまりの守備の下手さや柏木とチームで1、2位を争う鈍足も手伝って失点に絡みまくっていたが、攻撃となると抜群の力を発揮してチームにスイッチを入れる事に長け、着実に繋ぎながら高精度のクロスを供給していた。また同点弾や逆転弾など、大事な場面でゴールを奪っている印象が強く、今季も後半ロスタイムに2つの同点ゴールと、それだけ窮地を救う決定的な仕事が出来る選手だった。出場機会が減っていた近年でも、今季は途中からリベロとして新境地を拓いた時期もあったな。

それよりも強烈なムードメーカー以上のムードメーカーだったから、これが失われるのは、また違った意味で戦力ダウンになるかもしれない。

オフィシャルの森脇のコメントからすると、森脇は来季もレッズでのプレーを希望していたが、つまりクラブが契約を延長しなかったという事なのだろう。まあ年齢的な事や年俸や近年の稼働率を考えたら、それも仕方がない部分はあるが、個人的にはもう1年くらいは、契約を延長しても良かったんじゃないかなとは思う。

何れにしても、レッズで数々のタイトルに貢献した選手が、またひとり居なくなる。あの愛すべきキャラクター性がレッズから消える。何より、もう森脇にブーイングを出来なくなるのが淋しく悲しい。今から思えば、先のACLで優勝して、もう一度大歓喜のブーイングを森脇と味わいたかったな。それがもう、叶わない・・・。

最終節は悔いの無いよう、森脇に思いっきりの大ブーイングをしてお別れしよう・・・。
PR
まだ磐田戦勝利の余韻に浸っていた今週月曜日。

「後悔する事は何もない。ただ感謝します」

インスタにこんな意味深な文章と、更に意味深な写真まで載っけるもんだから、これでレッズ退団か?と大の大騒ぎになってしまったマウリシオ大先生。
この文章からは確かに退団とも受け取れるし、はたまた契約延長とも受け取れる。

これに付いて本日レッズプレスに於いて、中村GMがマウリシオの退団を完全否定したとの報。

これでホッとしたのは確かなんだけど・・・

しかし意味深な文章からの一連の流れが本当にネットらしい。
マウリシオの意味深な文章→まさか退団?
ここまでは普通に騒がれるレベルである。しかし問題はここから。
様々なクラブのサポーターがネットでこの騒ぎを見て、ここぞとばかりに「マウリシオ欲しい」と発言する。するとこの発言が何故か、清水や神戸のサポーターから「うちに来るの?」となる。何を根拠にそうなってしまうのか?な訳だが、続いて、本当に清水に来るような書き込みをする者まで現れる。しかもここからが凄くて、それが清水ではなく、今度は大宮に移籍という、更に訳のわからない話になっていた。
つまり願望だけが一人歩きして、挙げ句に真しやかな騒ぎになってしまう。ネットの典型的な拡散パターンである。だいたい現時点では海外からの引き抜きはあっても、清水や、それこそ大宮に移籍する訳が無い事は、普通に考えたらすぐわかるものだが。しかし世間は物事を額面通りに受け取ってしまう人も沢山居るから、これにネットが重なると、余計に言葉が一人歩きしてしまうのだな。ああ恐ろしい。

そもそも発端はマウリシオ大先生が意味深な文章や写真をインスタに載っけるから、だから大騒ぎになるのであって、つまり大先生よ、紛らわしい事はしないでくれ!何に後悔する事がないのか、何に感謝するのか、述語だけではなくて、主語をキチンと書いてくれ!ブラジル人はどうかは知らんが、日本人は受け取った文章に主語が無いと、勝手に色々憶測をしてしまう民族なんだから!
後これはこのブログでも昔から度々言っている事だが、何故クラブは選手のSNS投稿に規制をかけないのか?実際そうやってリスク管理しているクラブもあるのに。ネットで選手が好き放題書き込んでいれば、また何が起こるかわからんぞ?差別段幕と槙野の件、全く学習していないクラブである。

で、話をマウリシオに戻すが、退団の意味じゃなかったのはわかったが、では本当に何に後悔する事がなくて、何に感謝なの?
マウリシオって確か3年契約で契約は残り1年残っていると思っていたんだけど。これも自分の憶測だが、契約が1年残っている状態でレッズからの更なる契約延長を受け入れた?若しくは元々3年じゃなくて2年契約だったから、これで更なる契約延長を受け入れた?それに後悔しない、逆に契約を延長してくれたレッズに感謝という事かな?まあそう受け取るのが自然かな。

それにしても今回の大騒ぎで、マウリシオ退団を恐れ、マウリシオを必要と思っているサポーターが沢山居る事を再認識した。ユニフォームはマウリシオの2番を背負う自分としては、ちょっと誇らしく嬉しかったよ。


後はパトリックは結局ガンバ、ナバウトは古巣を含めた豪州リーグ復帰が濃厚か。
パトリックはどっちでも良かったから、別にどうでも良いかな。ナバウト放出も正直戦力ダウンにはならないし。ただナバウトはあの献身さと苦労人だけに、個人的には大好きな選手なんだけどね。レッズで成功させてあげたかった。
で、直輝はこれでもう戻って来ないだろう。クラブとしては何人湘南に選手を放出しているんだ?って話だが。
うちもせっかくフェイエノールトと提携したんだから、フェイエから1人くらい外国人を貰って来いっちゅーの!中村GM聞いてる?
◆オズワルド オリヴェイラ監督との契約解除について(レッズオフィシャル)

なんだ、おい?オリヴェイラが解任されとるんだけど。月曜日に解任されなかったから、川崎戦次第になるかと個人的には予想していたんだけど、そしたら今日になって解任かい。だいたい中村GMもオリヴェイラ支持と公言したばかりでは?その舌の根も乾かぬ内に解任?・・・こりゃ月曜か今日に社長とGMと監督で一悶着あったかな。

まあ、ね・・・、これに付いては、驚かないかな。仕方がないでしょう。成績云々の前に、やっているサッカーそのものが壁にぶち当たっていて、そこから抜け出せる見込みが見えなかったのだから。
個人的には昔から一貫して守備から入るサッカーが大事だと思っているし、フィジカルを鍛える必要性もあったと思う。オリヴェイラの守備を大切にするサッカー、フィジカル重視、そして昔は苦手だったセットプレーを飛躍的に向上させた部分は評価していたし、考え方としては悪くはなかったし、共感できる部分は多々あった。更に去年に天皇杯を優勝に導いた手腕は素晴らしいものがあった。
だからこそ支持はしていたつもりなんだけど、ただ如何せん、やっているサッカーがあまりに古くて時代にそぐわず、攻撃面の引き出しが乏しく、そして今季は確信できる勝利と成績に結び付かなかった。そして致命的なリーグ戦4連敗による下位転落一歩手前。解任もやむ無しだろう。
まあオリヴェイラにとっては、開幕前に希望したブラジル人攻撃的MFが、急遽山中の獲得に2億円を使った事で予算不足に陥り、その外国人獲得をフロントに断られた不幸もあったけれど。
そしていくら鹿島で3連覇を達成したとはいえ、本国ブラジルでは多くのクラブで1年監督だった事実、就任前の最大の疑問点と心配材料が、レッズでも現実のものとなってしまった。やはり過去の成績は嘘はつかないんだね。

ズルズル行く前に、早めに手を打ったフロントに対しては、まあ早めに良く決断したよ。去年の堀解任直前の2週間の無駄な空白は学習材料になったと思う。

ただね、ほら、オリヴェイラで失敗したら、中村GMも責任は負う公言してのプロ契約だったのだから、そこはしっかり責任を負ってもらおう。辞任という形でね。中村GMまで違約金発生とか納得行かんからね。だから今すぐとは言わないから、整理がついたら辞任ね、辞任。

で、ここからがアレなんだけど、結局また大槻組長再登板なのね。

◆大槻 毅 氏のトップチーム監督就任について(レッズオフィシャル)

まあ今は現実的に組長しか監督をやれる人は居ないから、これも仕方がないといえば仕方がないけれど。ただ個人的には今は再登板は望んでいなかったけど。
しかし一説にはオリヴェイラとの関係が拗れてヘッドコーチから別ポストに左遷人事されたと言われている組長だけに、この話が本当だったとしたら、フロントもどの面さげて組長にお話したんだろうね?まあ唯一の救いは、あの時点での社長は今の立花氏ではなかったという点だけど。ただGMは中村氏に変わりはないけれど。

しかしフロントは組長を長期プランで見るのか、あくまで今回も暫定扱いなのか、ここをハッキリさせないと、また堀の二の舞になるぞ。
だいたい変なのは、オフィシャルの組長監督就任発表第一号だって、組長のコメントが無いところからして、如何にオリヴェイラ解任と組長復活が、そうプランも無いまま急に決められたかが明白である。組長のヘッドコーチ解任時だって本人のコメントが無いままだったし。この辺は今更ながらフロントの明確な説明を求めたい。

とにかくフロントは絶対に組長を堀の二の舞にしてはいけない。先ずはそれを信条に組長を扱ってほしい。

あと組長が監督として再び現場に戻って来たのは、個人的にはモチベーションが上がる。それとこれも個人的な憶測なんだけど、考え方が古かったオリヴェイラに比べて、周囲から「サッカーヲタク」とまで評されていて、現代サッカー事情を徹底的に吟味している組長の方が、ある意味で世間で通用するサッカーをするのではないかと。暫定監督の時もそうだったように。

そしてスタメンも、若手と中堅とベテランと外国人を絡ませた、バランスの良いチョイスで臨んでくれそうな予感。特に教え子のユース組はビッグチャンス到来である。まあだからといって教え子優先という事はしないだろうけれど。ただスタメンは少し変わる期待はあるね。
あとキチンとしない選手に関しては、例の菊池ズッコケ早く立てやれよコラの刑が待っているであろうから、そこは遠慮なくやってほしい。

なんて組長絡みだから今はモチベーションがグングンだが、現実を見れば、レッズはここ3年連続で監督が途中解任された事になる。しかも何れもタイトルを獲得した監督を。
本当に何時まで経ってもふざけた人事を繰り返しているフロントである。これでは神戸を笑えない。だいたいだな、自分達が払っているチケット代やグッズ代は、毎年々々解任に当たっての監督への違約金の為にあるのではないぞ。それはチームを優勝させる為、その一点だけなのである。そこだけは今一度ハッキリ言っておく。
◆天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会決勝における処分について(レッズオフィシャル)

何で今になって、2ヶ月も前の天皇杯決勝の違反処分が出て来るんかいな。無観客試合の時なんて間髪入れずというか、処分が早かったくせに。あ、あの時は頭がJリーグだったけど、天皇杯の主催はサッカー協会だからか。こういう遅いところ、やっぱりお役所的なんだよな・・・。

で、えー何々、その処分理由は・・・、

(1)浦和レッズは、試合前日に、主催者に無許可でサポーターをスタジアム内に引き入れ、応援物品の持ち込み及び設置作業等を行わせた。

(2)浦和レッズのサポーターは、左右のアッパースタンド最上段から地面に垂らしたロープにビッグフラッグをくくり付け、選手入場時にこれを引き上げてこれを掲揚した。当該行為は、重大な事故を引き起こす可能性もあったが、浦和レッズは主催者に事前に許可を求めることをしなかった。

あれ無許可だったんかいッ!?

おい~、クラブよ、こういうところは脇が甘いというか、相変わらず間が抜けているなぁ、オイ。確かに天皇杯は中立の立場で行うものであって、いくら開催地が埼スタとはいえホームゲームではない。故に何か事を起こす場合は、当然逐一主催者に許可を得なければならない。それを無許可でやってしまったら、当然主催者は黙ってはいないわな。
まあぶっちゃけ今回の事を事前に協会に言ってしまったら、「中立地だから駄目」の一言で却下されていた可能性が高いから、クラブとしては敢えて協会にお伺いを立てなかったという疑いもあるけどね。それを考えたら何という勇気ある判断!・・・と誉めてる場合じゃないか。冗談はともかくとしてだな、何れにしても、こりゃ今回は完全にこっちが悪いわ。処分だ罰金だの事より、ダマテンでやっていたこと自体に驚いたわい。優勝して罰金ってのも凄いというか前代未聞だし。

しかしだな・・・、

(3)浦和レッズのサポーターは決勝戦の開始前及び終了後に、発炎筒等に着火し、浦和レッズのチームバスに向かって振りかざす等の危険行為を行った。浦和レッズはサポーターの危険行為を防ぐための適切な措置を講じなかった。

これはどうなんだろう。危険行為は危険行為なんだろうけど、スタジアムの外の事までクラブに責任を押し付けるやり方は、個人的には反対である。せめてクラブ側からサポーター側に対して処分を行うならば正解かもしれないが。
だいたい危険行為を防ぐ為の適切な処置をしなかったと言っても、あの時点でクラブにどうしろというのか。某選手のインスタからは大好評ものだったし(笑)。それでもサポーターに注意しなかったから?なのかな。
まあ(3)は、(1)と(2)があって、罰金事項を増やす意味で付け加えた感もあるけどね。

但し悪い事は悪いので、今回の処分は妥当なのかもしれないが、繰り返すけど、何故に2ヶ月も前の事を今になってから処分するのかが腹が立つというか、状況を考えたら、せめてチームが始動する前に行うのが筋だと思うし、それをあえて水を差すような行為をする自体は嫌だな。

まあしかし、これも繰り返すけど、うちのクラブは本当に脇が甘いし、協会はお役所的だし、そんでもって罰金200万円ですか。レッズは本当に罰金が好きなクラブだなぁ、ったく。完全に癖になっとるぞ。これまでレッズが上に払った罰金を纏めたら、Jリーグでもう1チームくらい作れるんじゃないのか?というか協会もJリーグも、これだけ余計な上納金を納めているレッズに何か恩恵は無いのか?あ、いや、冗談です、冗談。
2019年新ユニフォーム
既に某所で流出していた通りのナイキお得意の使い回しデザインであったが、んー、個人的にはストライプ状のデザイってあんまり好きじゃないので、今回は微妙かな・・・。

まあこれは完全に好みの問題で、たまたま自分がストライプデザインが好きではないだけで、遠くから見ると、別にカッコ悪くはないのだが、ストライプ状にした事で赤身が減ってしまっていて、何となくレッズのユニフォームではないような感覚になる。黒のストライプ状を完全に濃くしたら、それこそACミランみたいなデザインになってしまうし。

セカンドユニは黒は良いんだけど、ほぼ真っ黒だから夏場はヤバそうだな。
個人的には、黄蛍光色の部分が赤とかグレーとか、またはネイビーな色だったらカッコ良いと思うんだけど。黄蛍光色は前例で物議を醸し出したから、あまり良いイメージじゃないんだよね。なのに一部分とはいえ、何故にまた黄蛍光色を使っちゃうんだろうなぁ・・・。

背番号は、だいたい妥当かな。鈴木の4番とエヴェルトンの8番は予想通り。山中に6番もある程度は予想していたけれど、個人的には橋岡か柴戸に期待値も含めて1桁台を与えてあげてほしかった。長澤の7番は自身がサインでフライングしちゃっていたね。
一方で14番に杉本とは意外。いや杉本に14番がどうこうではなくて、平川の功労を称えて1シーズンくらいは14を抜け番にするかなと思っていたんだけど。
代わりに13番と15番が抜け番になっているが、これは単なる偶然か、それとも、それとも、まだ補強終了宣言は出ていないから、もしかしたら・・・???
エヴェルトン、本当に来た・・・のは良いんだけど、実際12日夕方には発表されるかなと予想してオフィシャルをチェックしまくっていたものの、16時になっても17時になっても18時になっても発表されず、こりゃ明日に持ち越しかなと諦めていたら、人が地元の新年会に突入してから、途中の便所タイムに何気なくオフィシャル開いたら、何時の間にか発表されてやんの。
だからさぁ、山中の掟破りの朝9時発表の時もそうだったけど、それに続いてエヴェルトンまで変な時間に発表するなっちゅーの!
対抗してこちらも、更に変な時間にブログを更新してやる!(何に対抗しているのかよくわからんが。まあ単純に新年会が終わったからだけど)

ちなみに最初の報道の時、エヴェルトンっていう選手は沢山居るから、一瞬聞いただけでは、え、あのエヴェルトン?かと驚いたが、全然知らない方のエヴェルトンだったという(苦笑)

レンタルだけど、ポルトとの契約が残っている以上は仕方がない。しかも6月までの契約ってのは本当かい?延長オプションあるのかな。ただこの選手、マンUやパリSGを始めヨーロッパの多数のクラブから注目されていると報道されているが、果たしてそれは本当の話なのかね。それだけの逸材でありながら、では何故にポルトからポルティモネンセに戻されてしまったのかが凄く疑問なのだが。まあ元々ポルトは育成転売も活発なクラブだから、エヴェルトンもそういう扱いな可能性もあるけど。
眉唾物に見る訳じゃないけれど、まあ個人的にはそこまでスーパーな選手ではなくても、普通にフィットしてJ1で活躍してくれるレベルで良いと思っているし、逆にスーパー過ぎてオファー殺到してすぐ居なくなってしまうのも困るし。年齢的にもまだまだ成長が見込まれる中堅だし、レンタルだから余計にそう思う。

トップ下からボランチが主戦場だから、求めていた柏木(と長澤とも被るし)のポジションのライバルとしては理想的だけど、動画を見た限りではシャドー的な、より攻撃的位置で活きる選手かもしれない。まあこの辺は、今季オリヴェイラがどんなシステムとフォーメーションを採用するかによるけれど。単純に昨季と同じやり方ならば、やはり柏木や長澤とのポジション争いになるね。

しかし、ブラジル人補強の話が出てから、今か今かと待っていて、そして11日回った途端ついに新外国人の報道が出たと思ったら、何と、またまたまたロビールートという、二度ある事は三度あるって言うけど、堀&山道ズッコケ補強のマルティノスと、珍しくロビー絡み以外で見付けて来たナバウトを除けば、それを絵に描いたような状態が続いているのがレッズの外国人補強である。

今やポルティモネンセの大幹部に上り詰めながら、こうして毎回レッズを助けてくれるロビーには本当に感謝だし足を向けて寝られないのだが、勿論ロビーとポルティモネンセとて当然ビジネスだし、レッズがそれなりの対価をあちらに払っているのも事実。この現実を見る為に、そこはしっかり忘れないでおかないといけない。

そして問題は、外国人補強となると、やはりロビーに頼り過ぎているレッズの強化部なんだな。ロビールートを確保しているのは大きな評価点なんだけど、結局こうなると選手を目利きしているのは中村GMやオリヴェイラではなく、ロビーという事になってしまう訳だから、まあ現場責任者である監督は責任上別として、やはり強化部が自ら目利きして新外国人を見付けて来る独自ルートも築いてほしいところ。
よく他クラブでは強化責任者が実際自ら渡航して、現地でお眼鏡に叶った新外国人を連れて来るなんて話が結構あるけど、レッズはあまりこれをやらないで、特に最近は一番手っ取り早くJリーグ内で活躍した外国人ばかり補強して来た。これはこれで計算できるし決して悪くない方法なんだけど、ある意味で楽な方に走っているだけだし、これをメインにすると視野が狭まり続け、そして海外とのパイプも狭まり続け、最後はミシャ時代のような偏った補強しか出来なくなるのだ。信頼できる代理人とのパイプも大事だし。
そういう意味では、レッズにはロビーが居て本当に良かったのだが。あとセレモニーがポルティモネンセのスポンサーに付いたのも影響しているみたいだけど。

何れにしてもロビールートで、マウリシオがフィットして守備の要になった。ファブリシオも大怪我で離脱してしまったとはいえ、出場試合数に対して爆発的な得点力を披露してくれた。今のところロビールートの助っ人は当たりが続いている。これならばエヴェルトンも、しかもこの3人は元同僚だし、これならば是非ともそうなってもらいたいものだ。

ちなみに「攻撃的MFとアンカーが出来るブラジル人を探している」として、攻撃的MFがこのエヴェルトンだったのは間違いないが、エヴェルトンならばボランチも出来るから一石二鳥的な考えで外国人補強は一区切りなのか、それとも、もう1人別にボランチのブラジル人が存在するのか、そこが気になるところ。
ただそうなると外国人が6人になるから、J1では1人が出場枠から漏れる事になる。ACLならばナバウトはアジア枠で使えるけど。まあその前に、そもそもマルティノスがベンチに入れるのか?という話になるから、余計な心配はしなくて良いかもしれないが・・・。
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第33節 F東京1-1浦和 得点/39分・マルティノス(浦)、69分・田川(F東) ・・・次の試合/J1リーグ第34節 浦和―ガ大阪(埼玉スタジアム2002=12月7日14:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]