忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1005]  [1004]  [1003]  [1002]  [1001]  [1000]  [999]  [998]  [997]  [996]  [995
2014年 J1リーグ第33節
サガン鳥栖1-1浦和レッズ
~ベストアメニティスタジアム

今年も歓迎段幕 14.11.29アウェー鳥栖戦
もう笑うしかない。アハハハハハハハハハハハハ・・・ハァ、虚しいな。つーか、頑張った選手には悪いけど、これだけは言いたい。

ふ・ざ・け・ん・な!!

何でまたこうなるんだ?どうして最後まで守れないんだ?
何のために永田を入れたんだ?
ミシャも何やってんだ?
だいたいだな、流れから点が取れない上に決定機すら決められない。何なんだ?
敵は1人退場してレッズは数的優位だったんだぞ?
何をやっているんだ?
点を取るための練習やってんのか?
阿部のPK時にゴール裏みんなで中央に集まって、肩組んで祈ったあの瞬間は何だったんだ?
選手が引き上げてからすぐ下の柱んとこで柏木が寄り掛かって動けなくなっていたけど、こっちだって同じ気持ちなんだよ!泣きたいのはこっちだ!!
ったくよー!!

もうツッコミ処が多過ぎて、何から怒って良いやら、何に対して怒って良いのか、訳がわからなくなってきた!扇谷の糞ジャッジのせいだ!とにかく腹が立つ!
あーそうですよ、俺の応援が足りないから、俺のサポートが足りないから、だから勝てないんですよ!だから首位陥落しちゃうんだよ!だから優勝出来ないんだよ!悪かったな!ご・め・ん・な・さ・い!

くそ、怒ったところで、逆ギレしたところで、もう何も返って来ない。

え?まだ終わっていない?次?奇跡を信じろ?
終わっただろ!だいたい毎回毎回毎回毎回「次」「次」とか甘い事を言っているから駄目なんだよ!だからこんな事になったんじゃないのか!?甘い!本当に甘い!これで奇跡が起きたら土下座してやるよ土下座!!

あーもう、これ書きながら自分が情けなくて涙が出てきた。
毎年々々何しに、何のために腰と尻がウルトラアウチになりながら高速バスで15時間もかけて鳥栖まで行っているんだ?悔しさを味わうためなのか?違うだろう?

14.11.29ザ・ヤケ酒 in 鳥栖 これか?このためなのか??
またいつもの焼鳥屋でザ・ヤケ酒するためか???

マスターに「お、1年ぶりですね」とすっかり顔を覚えられたのは良いが、毎年鳥栖に勝てないサポーターの印象を植え付けてしまっているのは実にマズい次第。焼鳥は美味いんだけど。そんなマスターは実は広島・呉出身だという事が判明した。来年は何故広島から佐賀に流れて来たのか聞いてみよう。

・・・そうだ、鳥栖へは人々と交流を深めるために行っているんだった。そうだそうだ。試合の事なんて忘れちまおう。あー、鳥栖の夜(だけ)はいつも素晴らしい。二次会の店でも完全に酔っ払って、鳥栖サポ集団と交流を深めるのであった。
おかげで二日酔いさ。だいたい2軒目からホテルまでどう帰ったのか覚えていない。気付いたらベッドの上で朝を迎えていた。仲間によると最後にしっかりラーメンまで喰ったというのだが、それすら記憶に無い。もう訳わかんねーや。

鳥栖は本当に良い所だ。但し、何度も言うが、レッズが勝てればもっと良い所だ!優勝が消滅しなかったらもっともっと良い所だっつーの!!

・・・今回首位陥落優勝消滅で情緒不安定に付き文章滅茶苦茶(尤も毎回滅茶苦茶という話もあるが)

おまけ
かしわうどん350円 中央軒・鳥栖駅下り6番ホーム
毎年々々鳥栖に来ていながら、これまで時間が合わなくてスルーしていた中央軒下り6番ホームの「かしわうどん」。
この店、列車到着と同時にドバッと人が群がり、10分もすると人が全然居なくなる。その繰り返し。見ているだけで何か面白い。
で、そんなに評判良いなら喰ってやるぜ!って事で初体験である。
・・・まあ、普通に美味かったという事で。フレークが見た目猫缶みたいので一瞬焦ったけど。
問題は、これが当日の昼飯だったという点だよな。昼はうどん一杯とか、夜は焼鳥とか単価の安いのばっか喰ってて、鳥栖に於ける自分の食糧事情って結構悲惨だな・・・。

鳥栖のさぶちゃん



  ・・・。











------
J1リーグ第33節 鳥栖1-1浦和
得点/69分・阿部PK(浦)、90+4分・小林(鳥)
主審=扇谷健司
観衆:19,235人



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは。
鳥栖遠征お疲れ様でした。
自分はTVで観ていましたが、同点ゴールが決まった時の喪失感は言葉では言い表せません…。
おっしゃるとおり優勝の可能性はほとんどないですね。
前節といい今節といい、何で正しいゲームプランを選択出来ないのかと辟易してしまいます。
FREE TIME URL 2014/11/30(Sun)19:49:16 編集
あ、はい
AT4分の表示に 「なげーよ!!」 って叫んだり コーナーのきっかけになった森脇のクリアに嫌な予感がしたのはわたしです あの瞬間まではここでも 「3年分勝った」 って言おうと思ったのに…
まあ去年、一昨年はここで完全消滅した訳だから 今年可能性が消えてないって事は来年はきっと優sh… いや今年優勝したいんだから最後のその瞬間まで諦める訳にはいきません(超希望的)

最後まで諦める訳には… と言えばギシがやってくれました!! PO決勝が楽しみです
さくらもち 2014/11/30(Sun)20:06:11 編集
無題
こんばんは。お疲れ様です。

この試合は相手が1人退場したにもかかわらずPKでしか得点できなかったのが勝てなかった最大の原因でしょうね。

また、最後の相手のコーナーキック。あれはハイライト映像をチェックしたらジャンプしていたのがヘッドでゴールを決めた相手選手だけだった点が目につきました。せめて必死こいて目いっぱいジャンプしてそれでも競り負けたならある程度仕方ないでしょうが、それがジャンプすらしないとはどういうことでしょうかね。

昔プロ野球にジャンプすれば取れそうなボールをジャンプして取ろうとしなかった選手がいたそうですが、当時のチームメイトはこれをどう思っていたことやら。

これでもう優勝は絶望的になってしまいました。ガンバの最終節の相手は徳島。アウェーとはいえまず確実に勝ってくるでしょう。こちらの相手は比較的相性のいい名古屋とはいえ、ガンバの相手が徳島ではちょっと厳しいですね。こう考えると甲府には絶対勝たなければいけませんでしたね。今年はリーグ戦2試合戦って2試合引き分け。他にも取りこぼしはありましたが、私は甲府戦が一番大きかったと思います。

最後に、山岸がヘッドでゴールを決めたというニュースが入ってきましたね。これで山岸もJリーグ史上数少ない得点を記録したゴールキーパーとなりました。Jリーグで得点を記録したゴールキーパーは田北、松永、菅野、高木、村山、そして間に誰かひとり入って山岸らしいですが、その間の1人の情報が出てこない。誰だ?
アニメ統計学者 2014/11/30(Sun)20:41:24 編集
無題
私もNHKで一部始終見ていました。
それでも拍手を送っていた、遠路駆けつけたサポーターを見て筆舌に尽くしがたいものがありました。

よくよく、2007年を最後に本格的な優勝争いにはしばらく絡んでいなかったわけです。ここ2試合のちぐはぐなゲームプランも必然でしょう。
過去2年と違って負けなかっただけマシなのか?とすら言いたくなります。一歩間違うと纏まりがなくなるチームの泣き所が顕著に現れました。
だいたい、ナビスコ決勝まで行った2011、13年以外、ここ数年のカップ戦のザマは何だと言うのでしょう?
あきら 2014/11/30(Sun)20:46:03 編集
ミシャだから、としか…
いつもいつもこうなるのは、まあミシャだからとしか言いようがありませんね(苦笑)
育成クラブの監督としてなら優秀なんですが、タイトルを目指すクラブの器ではないですな、やっぱり。

レッズサポさんが本気でタイトルを欲しているなら、監督をスパっと変えるべきだと思いますよ。案外ウチみたくすぐに優勝できるかも知れません。
熊サポ 2014/11/30(Sun)20:52:45 編集
無題
遠い鳥栖遠征と長時間の新幹線での旅お疲れ様でした。
ニッポン放送で聴いてました、G大阪戦と同じ泥試合の内容で、李さんが倒され、鳥栖も1人退場者が出て1人いない中で阿部ちゃんのPKで1-0、でもあのロスタイムでのコーナーキックを与えてしまっての同点劇は風邪で寝てて目覚めましたよ。現地遠征サポもブーイングもしないとはどういうことなんでしょうか?
G大阪も次節は徳島なんでほぼ優勝は厳しいと思われます。今日はギシさんが山形をJ1昇格プレーオフの決勝に導きましたね。諦めないプレーを浦和の選手たちにやってもらいたかったです。一部サポは元気がいない穴が大きいといいますけど果たしてそうなんでしょうか?G大阪は宇佐美が大活躍してますし。

さて、先週の箱根紅葉旅は両日とも晴天の天気でした。強羅駅からケーブル乗る際に整列乗車してたのですが駅員氏言うにはこういった晴天になることはないと言っておりました。海賊船は今年リニューアルしたロワイアル2世号で特等船室屋上デッキからの芦ノ湖の紅葉と小田急山のホテルは綺麗でした。ロープウェイ上の富士山も見事でした。大涌谷からの富士山の眺めは今まで行った中で綺麗でした。
予定より早く箱根湯本駅に戻り土産物屋を見て歩き、地下鉄直通ロマンスカーで帰ってきました。
連休明けに委託先美人副部長が2日ほどおそい夏期休暇だったようで、行き先がなんと箱根だったようです。土産袋が見たことがあったので何も言わなかったけど連休はさんで5日だったということは強羅か彫刻の森・宮ノ下界隈で出会していたのかもしれないですね。そうしたら会釈して、土産買っていたかもしれないですね。
きらきらレッズ 2014/11/30(Sun)21:31:46 編集
無題
今晩は
鳥栖までの現地参戦お疲れ様でした。仕事の都合で後半からのテレビ観戦でしたが仰る通り決定機を尽く外しまくり尚且つ1点リードで数的優位にも関わらずこの試合運びの下手マズさ!誰が悪いのどうのとか怒り通り越して呆れました。守れない、点が取れないなど色々な部分の対策取らなかったツケですね。G大阪に負けた時点で周りから<優勝には値しないチーム>などと言われ腹も立ちましたが、もうその通りです・・・ 言いたい事山ほどありますが出来の悪い子程可愛いとはよく言ったものですね。それでも試合続く以上精一杯の声援送りますが、確かに今回ばかりは最終節へ切り替えと言われてもかなり厳しい でも坪井は笑顔で送り出したい・・・
欅通りのサポ 2014/11/30(Sun)21:38:42 編集
もはや
もはやこの勝負弱さこそが浦和レッズ。みたいになりましたね。
2007年に鹿島に大逆転優勝されてから本当に勝負弱さがお家芸になりました。

悔しいですね。
浦和美園 2014/11/30(Sun)21:39:58 編集
サポートお疲れ様でした
サポートお疲れ様でした。

うえさんをはじめとした鳥栖まで行かれた方には、まるで『浦和のホーム』のような雰囲気作りをしてくれて本当にありがとうございました。

そんなサポーターの声援を受けて、PKで先制して数的有利と『浦和の勝つ条件』が揃った上での後半ロスタイムの同点団ですので、私もTVの前で絶句してしまいました…

今年は守備は西川加入で改善したものの、得点後にたたみかけることが出来ず『追加点が取れない』という浦和の課題が、一番大事なときに出てしまいました…

ただまだ1試合残っています。サポーターがここで諦めたら今シーズンが終わってしまいます。
J1昇格プレーオフで元浦和のGK山岸がゴールを決めました。
何が起こるかわからないのがサッカーです。

今年度の総括は最終戦が終わってからでもできます。
とにかくサポーターは最終戦に『可能なかぎりのサポート』をして選手を鼓舞しましょう。

そして浦和の選手には最終戦でサポーターに『また来年もサポートしたい』と思わせるような熱い闘いをしてくれることを期待したいです。
Mr.T URL 2014/11/30(Sun)21:46:07 編集
無題
長旅お疲れ様でした。
試合終了後、脱力しちゃいましたね。
ホント、何しに行ったんだ!?って感じです。

私は、福岡城で大雨に見舞われるために行ったような気がします。
モツ鍋食べれなかったし(泣)

1人少ない鳥栖相手に、PKの1点のみってのが情けないです。
しかも守りきれない。

この失速グセ、来季こそは治して欲しいですね。
みんみん URL 2014/11/30(Sun)22:38:28 編集
無題
現地サポートお疲れ様でした
職場でテレビ観戦してました(働けよ)
阿部ちゃんのPKの時は決まった瞬間職場で泣いてしまいました(だから働けって)
そして最後のCK…
職場でうなだれました(仕事手につかず)
結局弱いから追いつかれたんですよ。じゃあ強くするにはどーすりゃいいのさってゆう話になりますけどね。
とにかく次は勝って奇跡を待つしかないですね。
お疲れ様でした
カミカゼレッズ 2014/11/30(Sun)23:06:43 編集
無題
お久しぶりです。シーズン最初の方でブログにコメントさせて貰っていた者です。
私たち広島は今シーズンは若手とベテランのバランス的に、過渡期に来ていたので非常に苦戦しました。
当初、浦和は広島に所属していた選手がいて(事情は知っていても)複雑な気分でした。
しかし、中盤以降はミシャさんには広島を支えてくれた方でもあり、広島時代に手の届かなかったリーグ優勝して欲しいと思うようになりました。
優勝は絶望的ですが、まだ試合があるのでがんばってください!!
広島ファン 2014/11/30(Sun)23:15:57 編集
無題
初めまして!

いつも読んでるだけでしたが、もう今度という今度は怒りが収まらずコメントしました。
何でレッズはこうもだらしないのか‥‥PKが決まった時はまだ神は見放していないと思いました。が、その後の悲劇。放心状態の我が家‥嘘だろと頭をかきむしりました。
もう、相性どーのこーのじゃなくてどこにも勝てる気がしない。流れから点とれる気がしない。
私達サポーターがどんなに応援してもダメなんですね。
川越レッズ 2014/12/01(Mon)09:18:18 編集
無念…
こんにちは。

ヤられましたね~…まさに絵に書いたようなナントヤラ…
追い付かれる前に追加点が取れなかった事、それが分かれ目でしたね。
展開は悪くなかったと思います。鳥栖はああやって勝ってきたチームです。ロングボール、ロングスロー、セットプレー、よく抑えていたと思うし、少し硬かった感じもありましたが、よくやったと思います。が、勝ち切れなかった…
この週末、追い詰められ頑張っていた栗鼠も同じようにロスタイム被弾で崖っぷち、山形は全員攻撃で山岸が決勝弾。本当に何が起こるかわからないスポーツだと実感しました。最終戦も何が起こるかわかりませんが、なかなか切り替える事は出来ませんね。私は失点時、空を見上げてしまいました。そのまま上を向いたまま終了のホイッスルを聞きました。

本当に悪い内容ではなかったんですけどね。本当に悔しい結果でした。
行く度に歓迎ムードで迎えてくれるベアスタ…売店のおばちゃんに“どうやって来たの”と聞かれる事は毎度の事。駅からも近いし、アクセス抜群。でも…なかなか勝てないですね。あぁ…むなしい…

しかし、奇跡は諦めない気持ち、信じる事から起きるものだと昨日の山岸が証明してくれました。最終戦、我々は信じて後押しするしかありません。

今回、復路の格安航空が取れず…高速バスも大阪までしか取れず…昨日の早朝に大阪、そこから東海道線の旅で帰って来ました。あぁ、疲れた…
最終戦、頑張りましょう!奇跡を信じて!
お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2014/12/01(Mon)12:57:37 編集
コメントありがとうございます
FREE TIMEさん
こんばんはです。
あの失点の瞬間は時間が止まったようでした。逆にこれでも優勝出来たら本当に奇跡であり虫の良い話になってしまうのでしょうけど、確率的にはやはり厳しいでしょうね。
ゲームプランについては、元々やっているサッカーが特殊というか変なサッカーなので、正攻法な攻め方や守り方が出来なくなってしまうのかもしれません。ミシャサッカーの大きな弊害だと思います。

さくらもちさん
こんばんはです。
もう終わって良いはずのロスタイムがなかなか終わらず、最後の最後にセットプレーを与えては失点して勝利を逃す、どのチームも年に必ず1回くらいは喰らってしまう良くあるパターンですが、自分も森脇が苦し紛れに外に出した瞬間から嫌な予感はしていました。元々このパターンで失点するのが得意なチームですから・・・そしたら案の定・・・。
唯一の希望は優勝消滅が完全ではなくて、首の皮一枚繋がっているというところでしょうか。おっしゃる通りの法則が発動してくれて、是非とも今年が優勝になってほしいところではありますが、果たして・・・。でも山岸のゴールには勇気づけられましたよ。
うえ URL 2014/12/01(Mon)21:25:18 編集
コメントありがとうございます
アニメ統計学者さん
こんばんはです。
PKとはいえ先制した後もビッグチャンスがあり、数的優位を活かして普通なら追加点が取れるはずだったんですけど、これまでもそうだったように、ミシャサッカーって基本相手に合わせないため、その弊害で数的優位が活かせないシステム故に、こういうところでも点が取れないんですよね。
それにしてもロスタイムの悔しい失点。レッズのゴール裏側だったのでその瞬間はハッキリ見えましたが、実にアッサリ決められたというか、どうして選手が疲弊しきっているはずのあの時間帯に、あんなにストレートに決められるのか・・・理解に苦しむ失点となりました。ご指摘の通り、確かに誰も敵と競っているようには見えませんでしたし、そもそも守る方はどう考えていたのか・・・油断の一言では片付けられない奇妙な失点でしたよね。
こういう変な試合ばかりしているようでは、もう優勝する資格が無いというサッカーの神様からのきつい三行半を押されたのかもしれません。その甲府戦にしてもどの試合にしても、もう少し勝てたであろう試合を尽く落として来た訳ですから、サッカーの神様もさすがにガンバの方に味方したくなったのでしょうね。レッズのような理屈っぽいサッカーをして勝てないよりも、的確な補強をしてしっかり育てて勝つためのサッカーをするチームに、女神は微笑むという事なのでしょう。
そんな中で山岸のゴールは、今回の敗戦の傷をいくらか癒してくれました。世界的に見てもフリーキックなどを蹴らないキーパーがゴールを記録する事は滅多にないスポーツですから、これで山岸は歴史に残る選手になったと思います。ちなみに山岸の前にゴール記録があるキーパーを調べたら、その選手はJ3・盛岡の土井らしいです。今年6月の長野との試合で記録しているようです。あと番外編では柏時代の南が自分のゴールに・・・なんてのもありましたね(苦笑)

あきらさん
こんばんはです。
今回の試合後のゴール裏は拍手とレッズコールが響きました。”まだ終わっていない”という意思表示をするサポーターが多かったようです。自分は正直ショックで目眩がしてフラフラ状態で、まともに選手を労ってあげる余裕がなかったのが大きな反省点です。
確かに数字的には負けなかっただけいくらかマシなのですが、首位陥落という現実とガンバの次の対戦相手を考えたら、レッズは鳥栖に絶対に勝たなければいけなかったのも大きな事実なので、そこをしっかり踏まえて最終節に臨みたいと思います。ここで奇跡が起きれば御の字ですし、駄目なら鳥栖戦を後悔する事になるという、実に単純な話になってしまうのでしょうけど・・・。とりあえず決勝戦にしても今回にしても、ここ一番の勝負弱さは元から染み着いた”伝統”なのでしょうね・・・。
うえ URL 2014/12/01(Mon)21:27:13 編集
コメントありがとうございます
熊サポさん
初めまして。
広島さんがJ2降格してもミシャを続投させた理由が「若手育成に定評がある」とのフロントの評価だった事を聞いています。確かにそういうタイプの監督なのでしょうね。ところがレッズではミシャ自ら「補強力があるから育成は不要」みたいな発言もありました。そしてミシャはレッズで若手をほとんど育成しないままです。意外と郷は郷に従うタイプなのかもしれません。
ちなみに過去の記事を読んで頂けるとわかりますが、自分は元々今年も無冠ならばミシャ続投反対派でした。しかしフロントは早々に続投契約をしてしまいました。なのでもうどうにもなりません・・・。

きらきらレッズさん
こんばんはです。
試合終了直後の現地の状態ですが、意外にも拍手とレッズコールが多かったのは事実です。まだ次に望みがあるという意思表示でしょう。ただもちろん全員がそうではなくて、ブーイングしている人も居ましたし、怒っている人、皮肉混じりに罵声を浴びせている人も居ました。そして呆然としている人がかなり多かったように思えます。自分もショックで目の前が真っ暗になってしまい、他の人から呆然としているように見られていたはずです。試合後になかなかスタンドから立てませんでした。また同じ人が沢山居て、みんな遠い目をしながら鳥栖のホーム最終戦セレモニーを見ていた感じです。今から思うとかなり悲惨な時間帯でした。
これでガンバに首位を奪われる形になってしまいました。確率的にはもう優勝はガンバなのでしょうね。もちろん奇跡を起きる事を期待したいですが。原口の抜けた穴はやはり大きかったです。レギュラーで個人技突破が出来て点が取れる選手が居なくなったのですから、それだけで攻撃力の大幅な低下を招いたと思います。ただ問題だったのは、その穴を埋めるべき補強を怠ったという事もあると思います。李が予想外に点が取れていない事からしても、補強しなかったのは失態でしたね。
さてさて、そんな中で箱根旅行お疲れ様でした。天候に恵まれての快適な旅になったようで、良かったですね。強羅から先、ロープウェイも素晴らしい眺めだった事でしょう。あそこは早雲山の関係で天候が変わりやすいみたいで、そんな中で晴天に恵まれたのは余程運が良かったのだと思います。これで美人副部長さんと遭遇していたら一体どうなっていたのかという話もありますが(笑)、それはそれとして、無事なご帰還も何よりでした。箱根の話を聞いていたら、自分も何だかまた箱根旅行がしたくなってしまいました。箱根旅行は子供時代には多かったものの、前回お話しした中学卒業旅行以来、これといった箱根への旅行はしていないと思ったので、それを考えたら久々に行ってみたいですね。昔は車で芦ノ湖へ回りましたが、今度は早雲山経由でロープウェイからの景色を眺めながら行ってみたいです。
うえ URL 2014/12/01(Mon)21:28:18 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
こんばんはです。
本当に、このチームって試合運びが下手になりましたよね。なんだかシーズンを増す事に試合運びに不備が見えてしまいます。まあ結局、相手に合わせない、基本マネジメントしないのがミシャサッカーなので、臨機応変な試合運びが出来ないようになってしまったという事でしょうか。頑固なのもここまで来ると滑稽に見えてしまうところが悲しいです。
さて首位陥落ですね。優勝には値しないチームと言われると確かに悔しいですが、これまでの不味い試合の落とし方の連続を見た場合、そう言われて必然なのかなとも思います。そしてここまで変な試合をしまくってまで、これでもまだ優勝したいなんて言うのが虫の良い話、そう言われても仕方がないと、自分は今回の事で割り切りました。でも・・・
でもその出来の悪い子を放っておく事は出来ませんよね。最終節は奇跡を願いますが、とにかく勝って終わりたいです。そして坪井を送り出してあげたいですよね。

浦和美園さん
初めまして。
07年のまさかのリーグ優勝逃し、その呪いが結局は続いているという事でしょうね。あれが悪夢の転機だったのでしょう。この勝負弱さは伝統化してしまっていますから、大改革でもしない限りは無くならないでしょうね。そしてまた来季も同じ監督という・・・。
うえ URL 2014/12/01(Mon)21:30:21 編集
コメントありがとうございます
Mr.Tさん
こんばんはです。
数的優位を活かせずに追加点が取れなかった事で、最後の最後で勝利の女神がレッズから離れてしまった感じですね。今年は守備意識の名の下に守備力改善を狙いつつ、西川の加入でそれを確実なものにして来ました。守備に力を入れる以上、得点力低下は予想内であり、そこは初めから覚悟していた部分でした。でも最近の点の取れなさ加減は異常でした。守備力アップや原口移籍、そして最近では興梠離脱に関係なく、元から監督や選手に問題があるのではとも思うようになりました。そしてそれが改善出来ないと・・・こういう事になってしまうものなのですね。どこかで竹篦返しを喰らうのだと思います。ここはサッカーの神様が良く見ている部分なのでしょう。
もちろんまだ数字上は可能性が残っています。もちろん真から諦めた訳ではなく、正直言えば奇跡に期待したいです。ただここまで来てしまった以上、もう多くを求めるのも虫の良い話になってしまうとも思っているので、とにかく最終節は勝って終わりたいという一点に集中しようかと思います。その上で運があれば、後から付いてきてくれる事でしょう。とにかく気持ちのこもったプレーが見たいところです。皮肉にもレッズからレンタル放出された山岸が今回それを見せてくれましたが、何が起こるかわからないのがサッカー、そういう事もありますし、望みは捨てていません。とにかく最後は勝ちましょう!

みんみんさん
こんばんはです。
鳥栖までお疲れ様でした。そういえば福岡方面は大雨が降ったようで・・・大変お疲れ様でした。そしてまさかあんな悲劇的な展開が待ち受けているとは・・・選手が去った後にショックで座り込んでしまい、しばらく石段から立てなかったです。本当に、文字通り”脱力”でしたね。こんな悔しさを味わうために毎年鳥栖に行っている訳ではないのですが、何故鳥栖だといつもこうなるのか・・・相性や鬼門は確実に存在するものなのだと、今回再認識しました。
この失速癖、どうやったら治ってくれるのか・・・悩みどころですね。相性や鬼門が確実に存在のと同じで、余程の改革が無いとチームも変わってくれないでしょうし・・・でもせめて1人少ない相手にもう1点奪えるチームには成長してほしいところです・・・。
うえ URL 2014/12/01(Mon)21:31:15 編集
コメントありがとうございます
カミカゼレッズさん
こんばんはです。
すいません、この繁忙期に働かないで、強行的に有給休暇使って鳥栖まで行っていた者がここに居ます(苦笑)。阿部のPK時にゴール裏でみんな肩組んで祈ったんです。それが決まったのです。一瞬コースを林に読まれてヒヤッとしましたが。そして嬉しかったです。あのまま終わっていたら、どんなに幸せだった事か・・・それを考えるとまた悔しさでどうにななりそうですが・・・。
そうです、結局のところ弱いからこうなるんですよね。強かったらこうはなりません。首位に居たから強かったと勘違い、若しくは自己暗示、そんな状態で今まで来ていた部分は否めませんよね。強くするためには、チームがそこを気付くのが第一歩なのかもしれません。
とにかく最後くらいは勝ちたいです。その上での奇跡は、・・・勿論そう望みますが・・・。

広島ファンさん
お久しぶりです。
ありがとうございます。そう言っていただけるだけで嬉しい限りです。広島さんもナビスコで惜しいところまで行かれた訳ですし、若手育成はレッズからしたら雲泥の差で選手が育っていますから、またここからステップアップして強くなっていく予感がしています。
そしてレッズからしたら散々広島さんから主力選手を獲ってしまった以上、これでタイトルという明確な結果を出さなければいけない3年間でしたが、また今年もこんな事になってしまい、何と言い訳して良いやら・・・。
とにかく残り1戦、お互いに来季に繋がる試合内容と結果で締めくくれると良いですね。
うえ URL 2014/12/01(Mon)21:31:38 編集
コメントありがとうございます
川越レッズさん
初めまして。
いつも読んでいただきありがとうございます。今回は本当に悔しい虚しい結果になってしまいました。この怒りを何処にぶつけて良いやら、自分も土曜の夕方からずっとモヤモヤのイライラでどうにかなってしまいまそうです。こうも毎年毎年同じような失速劇を、良くも飽きずに繰り返すものなのだと逆に感心してしまいますが、それがレッズなのでしょうね。
ただ少しでも可能性が残っている以上は、さすがにここで心折れるのも不味いので、とにかく最終節に勝つ事だけに集中しましょう。そうです、今回の怒りの全てを最終節の応援でぶつけまくりましょう!

東浦和レッズさん
こんばんはです。
本当ですね。絵に描いたような最後の展開・・・どこかにシナリオライターでも潜んでいるのかと疑ってしまうような(悪い意味で)ドラマチックな展開・・・何なのでしょう、このチームは・・・。でも鳥栖対策はしっかり出来ていたはずなんですけどね。最も警戒すべき豊田に効果的なボールを行き渡らせず、しっかり身体を当てて動きを封じていましたし。しかし今回も前節同様、警戒すべき選手に集中し過ぎて、別の選手のマークを怠ってやられましたね。この変が真に守備が強い訳ではないチームの痛いところというか、キーパーで守れても戦術で守れないチームの悲しい宿命なのかもしれませんね。
サッカーは何が起こるかわからないスポーツ、それを今回の週末で嫌というほど再認識させられましたが、山岸も実はヘディングを練習していたという話しからしても、何かを起こさせるには、やはり練習しないといけないという事も再認識しました。レッズはミシャになってから、練習でしない事を本番でやる時が多いという話をたまに聞きます。もし本当にそうだとすると、こうなってしまうのも必然的なのかもしれません。小手先ばかりの戦術を植え付ける前に、基本的な部分から先ず改めないと、本当の意味で強くはなれないのでしょうね。奇跡もそういう事があって生まれるのかなぁ、とも思ってしまいます。まあそれでも最終節に奇跡が舞い降りてくれたら良いなとは、心の何処かで思っているのも正直な気持ちなんですけどね。
嗚呼、それでも毎回暖かく迎えてくれる鳥栖の地で、やはり勝って最終節に自力優勝を残したかったですよね。個人的にもたまにはレッズが勝ってから鳥栖サポと交流したいと切に思う遠征になってしまいました。こればかりは来年に期待するしかありませんが・・・。
そんな鳥栖遠征、バスと東海道線の乗り継ぎ帰還は大変でしたね。そういえば昼頃に帰りの新幹線で、大阪付近で東海道線が止まったという情報が入りましたが、早朝出発が奏功してどうやら電車ストップには引っ掛からないで帰られたようで、良かったですね。何はともあれ本当にお疲れ様でした。とにかく最終戦は勝って奇跡を待ちましょう!
うえ URL 2014/12/01(Mon)21:32:03 編集
こんばんは。
鳥栖までの遠征、本当にお疲れさまでした・・・。
私も福岡の友人宅に必要以上に居座り、今日帰宅いたしました。試合以外は楽しい遠征になりましたよ、毎年毎年・・。
やっぱり甘いですよね。私も試合後「次がある」とは正直思えませんでした。いや、もちろん徳島が奇跡的に頑張ってガンバに勝つとか思わないわけでもないですが、でもこれって希望というより思い込み?無理やり言い聞かせてる?という感じですね。
どこが悪いわけでもなくやっぱり浦和が悪いんですよね。自滅です。数少ないチャンスを決めきれないレッズが弱いんですよね・・・。
あと30秒を勝利のためにどうしたらいいかの判断が甘い。もちろん一瞬での判断でしょうけど、そのための引き出しを持ってなくてはいけないんです。プロなんだから。お金をもらってサッカーをしている限り、後から最後まであきらめないなんて言っているようではやはり甘いと思います。最後まであきらめないなんて当たり前なんですよ!!
はーーー、枝分さんの選taxiでATまで戻って森脇に「クリアはタッチラインだよ。」って教えたいですよ・・。
でもこんなこと言いながら最終節も行っちゃうんですけどね。私も甘いのかなー。ではおやすみなさい。
えま 2014/12/01(Mon)23:12:12 編集
無題
お疲れさまです。

本当に「ふざけんな」ですね。怒りっぽい私ですが、今回ばかりは怒りを通り越して、呆れましたよ。
勝負弱さにも程がある!
最終戦、キセキより勝利です。とにかく勝たないと…!

って、何故にサブちゃん!?
真面目に読んでたのに、最後に吹いてしまいましたよwww
GT 2014/12/01(Mon)23:15:00 編集
この記事で、吹っ切れました!!
初めに謝ります。。。
とってもとっても大笑いしてしまいました!
ごめんなさい!!
だって。あまりにも私と同じ考えだったから。
共感し過ぎて、鳥栖ナイトでのあまりのヤケ酒っぷり、投げやりっぷりが面白過ぎて、、、
涙を流して読まさせて頂きました!
スカっとしました!
こういった記事を書いて下さり、私の心を代弁して下さり、ありがとうございます(*^_^*)
みるく 2014/12/01(Mon)23:27:24 編集
無題
いや、本当にこの記事読んでいくらか気持ちが救われた気分です。
自分も鳥栖遠征組ですが、失点の瞬間はもう本当に本当に何が起きたかよくわかりませんでした。。。鳥栖サポの大歓声だけすごく覚えています。後はもう呆然としてしまいました。
なぜあそこCKにしたか、なぜあの瞬間全員で守ろうとしなかったのか。鳥栖の方がよっぽど勝利への気迫があったように感じられます。甘過ぎ。
個人的に気になったのは、同点弾ぶち込まれた後のラストワンプレー、もう誰が蹴ったのか忘れてしまいましたが、本当意味わからないところに蹴ってましたよね。1:2位の結構チャンスだったように思えたのですが、あそこで早く追加点を!とならないあたりにも、なぜあきらめた?と疑問を感じずにはいられません。(もしかしたら既にホイッスルなってたのかもしれませんが)

なんか呪われてるのでしょうかね、、、
そう思わないと悲しくて切り替えられません。。。

名古屋戦までに選手のモチベが復活するか不安です。。。
が、もちろん応援には駆けつけます。
勝ってシーズン終えてほしいので!!
まるこ 2014/12/02(Tue)01:25:27 編集
神様、何するのo(T□T)o
うえさん、こんにちは。

アディショナルタイムの神様、一度ならず二度までも(;´_ゝ`)
転んでもタダでは起きないPK獲得を泣きぼくろのキャプテンが本領発揮、トヨコプター完全封鎖もつかの間…

補強の噂も流れ始めているようですが、素人ながら現有戦力や赤い原石の強化対策を最優先にしていただきたいと願いますm(__)m
猫型人間 URL 2014/12/02(Tue)11:24:27 編集
さぁポジティブに考えよう!!
とりあえず気持ちの整理ができました
思い出しましょう。今から7年前です。J2降格確定したチームに負けて優勝を逃したチームがいたことを!!可能性はあります!!諦めないで前を向きましょう!!
唯一の不安材料が7年前我々が当事者だったコトかなぁ(笑)
サポーターが足を引っ張って始まった一年の締めくくりです。選手を信じてチームを信じてサポートしましょう。
当日はゲン担ぎを兼ねてレディースのタオマフ持参で応援します
カミカゼレッズ 2014/12/02(Tue)13:48:11 編集
同じく鳥栖より帰還・・・
先ずは鳥栖までお疲れ様でした。そして、お誕生日おめでとうございます。勝って最高のバースデープレゼントになっていたはずだったんですが・・・悔やんでも悔やみきれない失点とドローになってしまいましたね。試合の分岐点は色々とあったと思いますが、先制して数的有利になりながら2点目を取れずにトドメを刺せれなかった事が全てだったと自分は思います。あの失点シーンは、2点目をなかなか取れないでいた流れからして、嫌な予感がしていましたが、案の定やられましたね・・・自分は上の階に陣取っていたんですが、失点した時は頭を抱えながら膝から崩れ落ちて、選手が挨拶に来るまで立ち上がれませんでした(それからは起き上がってコールをしましたが)。試合の流れというのは本当に恐ろしいなと改めて痛感した試合になってしまいましたね。
今回の鳥栖はチケットが取れなかった事もあって、博多からのバスツアーでの参戦でしたが、ベアスタからの帰りのバスはお通夜状態でした(博多でヤケ酒をして、日帰りで帰還しました)。自分にとっては今季最後の参戦になりましたが、最終戦は相手の事は考えずに、どんな形でも勝って終わりたいですね。勝って坪井を送り出せるように山口から全力で念を送ります!
最後にこの場をお借りして扇谷へ一言。いい加減にしろ!

クレイジーマザーファッカー 2014/12/02(Tue)19:06:11 編集
コメントありがとうございます
えまさん
こんばんはです。
遠征先にお友達が居るのは良いですねぇ。これで勝っていたら・・・と考えただけで再び悔しさが蘇ってきてしまう部分もありますが、それはそれとして鳥栖遠征、本当にお疲れ様でした。
レッズが負けても引き分けても、ライバルチームが勝ってしまっても、それでも「次がある」、こう考えられるだけで幸せな順位をキープして来たのが今季途中からのレッズでしたが、その幸せに油断していたというか、はたまた胡座をかいてしまっていたというか、今から思うとそんな感じで来ていたのかもしれませんね。まだ何も手に入れていない内から、選手もサポーターも優勝気分に浸ってしまっていた甘さがあったのは否めないと思います。誰が悪いという訳でもないでしょうけど、そこは自分も大いに反省する部分です。
>後から最後まであきらめないなんて言っているようでは甘い
本当にそう思います。結果的に数字上そうなってしまっているだけであって、その状況での”あきらめない”って、精神的には後悔の念なんですよね。本来ならそう思う展開を作らないのが、真のプロの勝負事なのでしょう。結局今のレッズのように足を踏み外した後の諦めないは、=思い込み、無理やり言い聞かせてる、という部分に繋がるのだと思います。
とは言うものの、下を向いていては最終節に臨めないので、もう気持ちを吹っ切って最後だけは勝って終わらせましょう。その上で奇跡が起きれば歓喜という事で。とりあえず当日までしっかり睡眠をとって、鋭気を養いましょう。おやすみなさい(笑)

GTさん
こんばんはです。
そうなんです、確率の下がった優勝を考える前に、とにかく勝たないと駄目なんですよね。レッズに運が残っていれば、奇跡は後から付いてくるでしょう。
さぶちゃんは・・・鳥栖駅の改札近くに立っていたので、つい撮ってしまいました。レッズのタオマフ巻いてやろうかと思いましたが、どっかのジーコ像と同じになってしまうのでやめました(笑)
うえ URL 2014/12/02(Tue)20:56:48 編集
コメントありがとうございます
みるくさん
初めまして。
いえいえ、こちらこそ読んでいたたぎありがとうございます。まあ一応真面目に怒りまくって書いたつもりでしたが・・・(笑)、とりあえずレッズがこんな事になってしまっている中で、この拙いブログでも同志の方の気分が少しでも晴れていただけたのでしたら、書いている自分としても大変嬉しいです。
まあこういうズッコケ劇を今も昔もお約束のようにやってしまうのがレッズの憎めないところ、そしてこういう部分が弱かった時代から多くのファン・サポーターを引き付ける、ある意味で素晴らしい魅力の内なのかもしれないですね。放っておけないチーム、それがレッズなのでしょう。負けたら試合はヤケ酒で忘れちゃえば良いんです(笑)
最終戦どう転ぶかは、今はサッカーの神様しかの知る由がないですが、我々としてはもうこれまでの失速劇の事は吹っ切って、とにかくチームを勝たせるよう頑張りましょう!

まるこさん
初めまして。
ありがとうございます。いくらかでも気持ちが晴れていただけたら、書いている方としても嬉しいです。そして鳥栖まで大変お疲れ様でした。あの失点の瞬間、本当に呆然となりましたよね。一瞬何が起きたのか、いやその状況を無理にでも飲み込みたくない故に、本当に「悪い夢なら覚めてくれ」と必死に願っては、目の前が真っ暗になった自分がそこに居ました。
確かに、そうなんです、何故あの時間帯に多くのレッズの選手が前目に残っていたのか。どうして敵がボールを蹴る前にDF陣は必死で自陣のゴール近くに戻って来てくれなかったのか、そのガランとしたレッズのゴール前に当然のように蹴り込まれたボールと、苦し紛れにコーナーに逃れた森脇・・・本当に後で大きな後悔をする事になる30秒でした。
ラストワンプレー、あれは李でしたかね、それとも他の選手だったのかもしれませんが、自分も誰が蹴ったのか忘れてしまいました。まあ素早くスルーパスして仲間が抜け出すのを狙ったのかもしれませんが、確かに良くわからないプレーでした。いや恐らく選手もプロである前に人間ですから、あの失点でかなり動揺してしまっていたのでしょう。まともにプレー出来る心境ではなかったのかなと思います。そう考えないと余計に悔しいです。終了の笛はそのボールがキーパーに渡った後だったように思えますが、よく覚えていません。正直自分もかなり動揺していたので・・・。
とにかく我々だけでもモチベーションを復活させて、それを最終節の応援に繋げたいですね。結果は後から付いてくるでしょう。とにかく勝利を!
うえ URL 2014/12/02(Tue)20:57:10 編集
コメントありがとうございます
猫型人間さん
こんばんはです。
サッカーの神様が、ここ何試合も不甲斐ない結果を出し続けて来たレッズに、ついにそっぽを向いた瞬間だったのかもしれません。そんなシナリオ通りの失点だったと考えないと、悔しくて倒れそうです。やはりPKだけで、その後の数的優位も活かさず苦手なチームから勝利するには虫の良い話と、そう神様は最後に感じてしまったのでしょう・・・。
補強の話も色々流れていますね。あの選手この選手、でも新外国人を含めたパンチの効いた補強話は未だ無し。フロントと監督も何を考えているのか疑問ですね。育成も大事ですし・・・。

カミカゼレッズさん
こんばんはです。
実は鳥栖戦の夜から、自分も07年の最終節の横浜FC戦を思い出していました。そして全く同じく、てもその当事者こそ・・・と思っていました。ちなみにあの試合の記事もかなりヤケクソ状態になっているので、よろしければ過去まで遡って読んでいただけると幸いです(笑)
とりあえず自分はまだ今のところ鳥栖戦の悲劇から立ち直れないでモヤモヤが続いていますが、ここから何とか気持ちを整理して、最終節には絶対に気持ちも間に合わせたいと思っています。半分ヤケクソになっても、意地でも吹っ切って行きます(笑)

クレイジーマザーファッカーさん
こんばんはです。
ありがとうございます。とりあえずまあ悪夢の誕生日にはなってしまいましたが、それでも鳥栖でまた今年も現地の人々と交流出来て良い思い出が出来た事を喜びたいです。そんな鳥栖遠征ですが、マザーファッカーさんも鳥栖までお疲れ様でした。悪夢のヤケ酒とお通夜バスというダブルパンチ、もう何と申し上げて良いやら・・・悔しいですね。ちなみにバスと言えば自分の今回の行きの高速バスが新山口経由だったので、朝方に一瞬だけ高速から山口の下道を走りました(笑)。しかしこの時間帯は、絶対に勝利すると意気込んでいた頃だったのですがねぇ・・・。
扇谷劇場にもやられた試合でしたし、結局自滅的に数的優位になっても追加点が取れないサッカー、これを頑固に続けて来たツケというか、ミシャサッカーの弊害というか、そういうものがこういう大事な試合で竹篦返しとなって現れるものなんですね。あれがガンバや鹿島だったら、普通に数的優位を活かすサッカーで追加点を奪っていた事でしょう。それを考えると、レッズのサッカー(というかミシャサッカー)が果たして正しいのかどうか・・・なんて今更思っても遅いのですが、それでタイトルが獲れないまま来ているのですから、考えて良い部分はありますよね。
自分は今回放心状態になってしまい、選手が来ても動けませんでした。頑張った選手に悪い事をしてしまったなと、そこは反省しています。最終節はそんな事にならないよう願いたいです。そのためにとにかく勝ちたいですね。そして坪井をしっかり送り出してあげたいです。
うえ URL 2014/12/02(Tue)20:57:34 編集
無題
うえさん鳥栖参戦お疲れ様でした。九州までサポートありがとうございます。私はゴール裏3階でL旗を振って参戦しました。鬼門の鳥栖で黒ユニでなく赤ユニ、しかし阿部ちゃんの先取点で嫌な予感は吹っ切れ、アデショナルタイム4分の掲示板を見たときに『なんとか勝ちきれ!』と願いましたが・・・。最後にまたもや地獄にたたき落とされました。周りのサポーターも信じがたい光景にただただ放心状態でした。思い出すと今でも涙がでそうです。そういう中でうえさんのブログを読ませてもらい落ち着きました(笑)。最終戦は勝って締めくくってもらいたいですね。
今年は『鳥栖』に始まり『鳥栖』で終わった一年のように思います。
毎年 ミシャの契約更新があってからの失速・・・これってなんなんでしょうね。
サブちゃんにタオマフ巻いてもらいたかったです(笑)。宮崎駅でにもサブちゃん立ってますよ。
宮崎レッズ。 2014/12/02(Tue)22:08:39 編集
レッズはレッズでした
お疲れ様でした。
勝ちきれない、これが浦和レッズなんですね〜。
シーズン中に、強い!と思ったことがなく、なんとか勝てた試合ばかりなのに、首位にいたのが不思議でした。優勝が見えて来たら失速
…、変わってないですね。
同点後倒れるより、点を取りに行って欲しかったです。かなりがっかり、少し納得、ちょっぴり残念。あれでサッカーの神様は微笑みます?
けどまだ一試合あります。もう一試合あります。
自分達が出来ることをしっかりやって欲しいです。可能性があってもなくても、試合は試合!!
やるしかないじゃないですか。

まあ私も直後は動けませんでしたが、引き上げた選手たち、とくに柏木が情けなくて、インタビュー受けている間も、ユニを掲げていました。
前を向け、前を!! 軟弱野郎ども!これが実力だ!
しかたないなー。


ECHO 2014/12/03(Wed)14:36:55 編集
無題
うえさん、こんばんは。
お久しぶりです。
自分もうえさんのおっしゃるように毎回毎回『次』だと言ってるのにはいい加減怒りを覚えてきてますよ。(笑)
試合中シュートを打たない等ネガティブなのに試合が終わった途端『次に気持ち切り替えよう』とポジティブになられてもね~。頼むから練習中はネガティブで良いから試合中にそのポジティブを出してくれと言いたいですね。自分はあのヘディングが決まった後すぐ『まだ30秒くらいある。早くボール持って行って林が戻る前にシュート打て』とテレビに叫んでましたが(昔ゴールを決めて喜んでる間にシュートを打たれ失点してしまうチーム有りましたよね)、それなのに自陣ゴール前でひっくり返ってる選手も居たりして。奇跡を信じるなら最後はシュートを打って終わって欲しかったです。打たなきゃ奇跡など起きませんよね。
…と今更言っても仕方がないですね。

ところで、うえさん先生教えて下さい。
先日のガンバ戦なんですけど、コレオやったじゃないですか。我が家は去年までファミリーシートだったので綺麗だねと眺めるだけでなかなか参加する機会もなく、いつか参加したいね~と話をしながらやっと念願のコレオに参加出来て大興奮でした。
…で質問というのは試合が終わった後のコレオのシートなのですが、隣のピンサポさんが丸めて持って帰ったのを見て『あれ?あの人記念に持って帰っちゃったの?再利用すると書いてあるんだから元あった場所に戻して帰ろう』とドリンクホルダーに差して帰って(メイン南指定はほとんど差してました)、色々な掲示板見てビックリ。
コレオのシートの返却方法も知らないのか!!と怒ってる人が居るじゃないですか~。
いやぁ~、知らないものは知らないのでスミマセンでしたと謝るしか無いのですが。ただ掲示板で怒ってる人に限って正解を書いてくれないんですよね。本当に怒ってるのか自分は古くからのサポーターだと誇示したいだけなのか。
なので、うえさん先生教えて下さい。あのシートは決まった返却場所があるのですか?…試合後に電光掲示板で案内してくれれば良いのに。
名古屋戦も行きます。得失点差は忘れて、勝って勝点首位だけは守りましょう。
チームU 2014/12/03(Wed)22:05:13 編集
無題
こんばんは。

試合はテレビで見ました。

レッズの強さを感じられない試合でした。
ボールへの執着心が欠けていました。
サガンの選手はボールがタッチラインを割るとき、レッズボールになりそうな時、最後まで追いかけていたのに対して、レッズの選手は「タッチラインならいいか。」みたいで、あまり追っかける事はしていなかったように思います。
スローインもセットプレーという意識がなかったのかなと・・・。

サガンはスローインのボールを全部、豊田選手に集めて、レッズの選手の意識を向けさせておいて、最後のコーナーキックは他の選手に・・・。
サガンから見れば「してやったり。」だったでしょうね。
サッカー素人 2014/12/03(Wed)22:49:03 編集
この時期に
ガセネタかもしれませんが、サンフレッチェから石原獲得という報道が飛んでいます。

結局、基礎工事がちゃんと出来ていない所にいくら付帯工事をしても脆いという事なのでしょうか?

思えば2006年も大型補強がモノを言ったと評されがちですが、長谷部・暢久・坪井・永井など自前で育った選手達も並々ならぬ活躍を見せていました。
それと比べての、今のこの有様をどう考えればいいのでしょう?
あきら 2014/12/03(Wed)23:27:18 編集
コメントありがとうございます
宮崎レッズ。さん
こんばんはです。
土日は九州までお邪魔させていただきました。今年こそ鬼門のスタジアムで鳥栖に勝てると思っていたところ、最後の最後に悪夢が待っていましたね。ただでさえ悔しい失点の仕方なのに、それが優勝争いの大切な試合で首位から陥落する失点。この試合は恐らく一生忘れないと思います。でも本当に、毎年ミシャの契約更新後に失速するんですよね。監督もこれで安堵して油断しちゃうんですかねぇ。まあこれで奇跡が起きなかったら、おっしゃる通り鳥栖に始まり鳥栖に終わるようなシーズンになってしまいまから、とにかく最終節は先ずは勝たなければいけませんね。
でも鳥栖の夜は楽しかったです。関東の人間として九州遠征は、遠く文化も違う地で人々とふれ合える貴重な遠征ですので、試合結果如何にかかわらず毎回九州へ行くと良い思い出が出来ます。また来年も訪れたいです。あと宮崎には行った事が無いので、一度行ってみたいです。名物の肉巻きおにぎりと南国フルーツを本場で食してみたいです(笑)あ、さぶちゃんはもしかしたら九州ツアーなんですかねぇ。
今回は鳥栖に興梠が帯同出来なかったのが心残りです。来年こそ興梠のゴールで九州で勝ちたいです。後援会の皆様にもよろしくお伝えください。

ECHOさん
こんばんはです。
んー、また今シーズンもある意味でレッズらしいというか、そんな終盤になってしまうんですねぇ、今年も。レッズ自体は、というかミシャレッズは綺麗なサッカーをしたいのか何なのかはわかりませんが、まさにおっしゃる通り「強い」というチームには見えないんですよね。尤も外国人枠も全く埋めないチームなので当然と言えば当然なのでしょうけど、日本人選手にしても強烈なリーダーシップを持った選手や、気迫タイプの選手が居ないので、そこに仲良しチームの雰囲気も加わって、どうやっても強く見えないのでしょうね。そういうのが結局は試合内容や結果にモロに反映されてしまうのだと思います。最後にサッカーの神様が微笑むようなチームって、やはり気迫ある強さ、気持ちを見せるような選手が居るチームなのでしょうね。こう考えると毎年レッズが失速するのが必然と思えて来ます。
失点したり引き上げた後で動けなくなっていた柏木や、他の選手には悪いですけど、あそこで動けなくなるより、八つ当たりでもヤケクソでも何でも良いですから、怒り散らしてくれた方がよっぽとスッキリしたんですけどね・・・。
まあ、そうです、これが実力なんですよね。結局はメンタルからして弱いからこういう事になる。そういう事でしょうね。とにかく吹っ切って、最終節だけは絶対に勝てるようにサポートしましょう。
うえ URL 2014/12/04(Thu)20:16:34 編集
コメントありがとうございます
チームUさん
お久しぶりです。
本当に、「次」「次」と言っていながら、そう言って大事な試合を落としまくりながら、勝てないまま、ついにここまで来てしまったという感じです。次が無くなったらどうするのでしょう・・・という状況がいよいよ訪れようとしていますね。もう次は最後ですね・・・。
あの悪夢の失点時から終了の笛まで、レッズは最後の奇跡を信じて前へ行こうとしていたのかどうかですね。確かに前に攻めようとしていたのかもしれませんが、よくわからないパスがキーパーに取られてしまっただけで、そこで終わってしまいました。おっしゃる通りシュートは撃たなければ入りません、撃たなければ奇跡は起きないんですよね。パスばかりでなかなかシュートを撃たない消極的な姿勢のチームに回って来たツケなのかもしれませんね・・・。
ちなみにご質問のコレオのシートなのですが、あれはコレオに繰り返し使用するものですので、持ち帰りは厳禁になります。試合後しばらくすると誰かが回収しに来る事もありますが、基本はゲートでグループの方々が回収していますので、帰る時に自分が使用したシートをそちらにお返しする事になります。ゲートのところでシートを拡げたり色別に分けているグループの方々が居るはずなので、そちらにお返しください。この際に周りに残っているシートも一緒に持って行ってお返しできれば、グループの方の手助けにもなると思います。
まあ満員の試合になるという事は、必然的に普段あまりスタジアムに来られない方も来たりするので、昔から存在するスタジアムやサポーターのルールを良く知らない人が溢れるのも常、なのでシートの扱いを知らなかったのも仕方のない部分はあると思いますよ。
ただ怒っている人は困りますよね。そういう人は恐らく場所のルールを把握しているコアな人だとは思いますが、本来は怒るのではなくて、キチンと説明してあげなければいけないんですよね。怒る事でスタジアムで嫌な思いをしたと思って二度と来なくなってしまう例もあるようですから、自分も含めて昔からのサポーターは、その辺を踏まえたスタジアム通いをしなければいけないと思っています。
まあ今回は勉強になったと前向きに捉えて、怒っていた人の事は忘れて、またスタジアムへ来てください(笑)。名古屋戦、とにかく勝ちましょう!

サッカー素人さん
こんばんはです。
まさしくご指摘の通りだと思います。ボールを追う必死さ、そういうものは試合の流れに現れますよね。鳥栖というチームは元々限られた資金の中で選手を集めて、そしてハングリー精神と、前監督に鍛え上げられたハードワークに支えられたチームです。その上で今季も優勝争いをしています。こういうチームが本当に強いと言えるのかもしれませんね。
レッズも鳥栖を見習う部分が多々ありますが、高年俸の仲良しチームの悲しい宿命でしょうか、鳥栖のようなチームを相手にすると、ご指摘の部分の差が如実に表れてしまうという・・・。執着心は大事ですね。
まあレッズも途中までは豊田を完璧に押さえていて、ある意味で「してやったり」だったんですけど、それが最後の最後で崩れてしまいました・・・。

あきらさん
こんばんはです。
石原の報道があったみたいですね。また広島から・・・というレッズサポの心境を誘ったネタ記事っぽいというか、そう願いたいですが、ちょっとどうなっているかは現時点では不明ですね。
ちなみに06年頃は、おっしゃる通り良い生え抜きも沢山居た上での大型補強でしたから、強かったはずですよね。キチンと新人から良い選手を招いて、それを育てながら大型補強も怠らない、それがあの頃でした。今は金を出し惜しみつつ、0円移籍で獲れる有力選手を狙うのが精一杯、そして生え抜きが育たない・・・これだと本当の意味での強さを得られないでしょうね。それが失速劇にも繋がっているのかと・・・。
うえ URL 2014/12/04(Thu)20:16:59 編集
お疲れ様でした
毎年の大声援に、レッズサポ凄かー!と圧倒されている鳥栖さぽのひとりです。
来年もお待ちしております(^ ^)
一年間身体に気をつけて。

ちなみに焼き鳥屋さんはどちらですか?
行ってみたいです。
トスサポ 2014/12/07(Sun)22:21:36 編集
コメントありがとうございます
トスサポさん
初めまして。
先月はレッズサポが大挙してお騒がせしました。年に一度の鳥栖遠征、自分も遠征の中では毎年特に楽しみにしている地ですので、また来年もよろしくお願いします。
焼鳥屋さんは、毎年行っているのに実は名前を知らないのですが(笑)、駅前メイン通りから一本左の路地の奥にありますよ。是非行ってみてください。
うえ URL 2014/12/08(Mon)19:01:32 編集
ようこそ!!
試合終了/AFCチャンピオンズリーグ決勝・第1戦 アル・ヒラル1-1浦和 得点/7分・ラファエルシルバ(浦)、37分・ハルビン(ヒ) ・・・次の試合/AFCチャンピオンズリーグ決勝・第2戦 浦和-アル・ヒラル(埼玉スタジアム2002=11月25日19:15キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]