忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[939]  [938]  [937]  [936]  [935]  [934]  [933]  [932]  [931]  [930]  [929
2014年 ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第2節
浦和レッズ2-1大宮アルディージャ
~埼玉スタジアム2002

他から移籍して来た選手が1年目で古巣相手に衝撃的なゴールで勝利に貢献してくれた時に送られる当ブログの「お主もワルよのぅ」賞。かつては高原が2回(これこれ)、そしてポポも受賞している栄誉な賞なのだ。そして今回受賞してしまった栄えある選手は・・・?

青木が移籍後初陣初ゴール 青木拓矢だ!!

レッズ初陣にして古巣からゴールを奪ってしまい、しかもそのゴールが決勝点にまでなってしまったという、超悪代官真っ青なゴールを生み出してしまったのである。しかもかつて受賞している高原とポポはあくまでFW。点を取って何が悪い!?のポジションである。ところが青木はボランチ。何であそこに青木が!?的な・・・でもまあこの青木、オフィシャルの紹介でプレースタイルのひとつが「果敢に飛び出してゴールを狙う」だから、有り得たと言えば有り得たゴールなのであったが。

この青木、大宮からレッズに移籍する際は「かなり悩んだ」と言いながら、本当に悩んだのか疑わしいレベルのやたら早かった移籍発表。そうかと思えば早々に怪我で離脱し、初陣となったのが今回の古巣戦。そこで平気で決勝ゴールを決めてしまうという、一体この青木という選手の精神構造はどうなっとんのじゃ?というのは冗談だが、それでも何か”持っている”選手なのだろう。とりあえず、もう一度言うが、そんな青木よ、お主もワルよのぅ、フッフッフッ。

と、青木の衝撃度ですっかり陰に隠れてしまったが、先制点を挙げたのは李忠成。こちらも移籍後初ゴールなのだから、本来なら大胆に祝福してあげなければいけないんだった。どんな形でも移籍後初ゴールというのは、本人にとってもファン・サポーターにとっても安堵であり2重に嬉しいもので、正直ここまで色々あって李も何かモヤモヤしたものを抱えていたと思うが、ようやく第一号が出た事で、ここから調子の波に乗って行ける事だろう。おめでとう忠成。

ところが、青木と李忠成よりも更にコールが響いていたのが、何と言っても関根なんだよな。右サイドが主戦場かと思いきや、今回は初先発から左WBに入った。これがまた凄くて、右からだと主に落ち着いたセンタリングを上げてチャンスを作っていたが、左だとそれ以上にガンガン仕掛けるわ仕掛けるわ。後少しでプロ入り初ゴールかと思われた惜しいシュートも含めて、どう見てもルーキーとは思えない堂々のレベルで我々を魅了するプレーの連続。逆に言えば、まだ怖いモノ知らずのルーキーだからこそ出来るプレーとも言えるのだが、そんな中でも守備を絶対にサボらない姿勢も関根の素晴らしい部分だ。ユース昇格組は原口に続いて、ここまでミシャの信用を得るに十二分な活躍。そして出れば「何かやってくれる」というワクワクの期待度がますます高まった。

2014.4.2ナビスコ大宮戦 と、神戸戦とは180度変わって、今回は良い意味で多くの選手の活躍の衝撃度が高かっただけに、これでは全ての選手に目が届かない部分があるのだが、基本的に悪い部分が極めて少なかった内容。
唯一の失点シーンは西川が我慢出来ずに飛び出してしまった故のファールから。ただ本来は水輝が独力で守れていれば良かったのだろうが、あそこで西川が飛び出してしまったのは、まだまだチームメイトの水輝への信用度が低いという証拠だろう。でもストッパーに不慣れな水輝が、ここまで場数を踏んでいる事で最近はようやく落ち着いて来た感もあるから、ここは今が辛抱の時と考えて水輝を見守って行きたい。

という事で、やはりレッズはナビスコだと開放的なプレーになるのは今回も同じだった。何故かダービーという意識が個人的には低かったけど、まあダービー云々より、最近勝てていなかったチームが4月初試合で勝った事は幸先が良い。これをリーグ戦に繋げて行こう。
そんなこんなで無観客試合を経て、ついにホームに帰って来た。宣誓書を署名したりして、でも純粋にサッカーをする場で何で宣誓書なんてものが出てくるのか、署名する前にちょっと情けない気持ちにもなったが、それでも厳しい現実を改めて知るためには必要だと思って、署名しておいたのであった。
そして広い埼スタでコールリーダーと太鼓が無い応援がどうなるかと思っていたけど、やはりそれでも声は出るもので、彼方此方から声が上がる中で応援が全体に拡がって行くゴール裏は、原点回帰という意味でも、これはこれで素晴らしい応援になっていると感じた。もちろん寂しさもあるけれど、それ以上にここから新たなものを得て、そして新たな埼スタのゴール裏を皆で作って行けば良い。そう感じた再スタートのホームゲームであった。

------
ナビスコカップ予選リーグ第2節 浦和2-1大宮
得点/16分・李(浦)、30分・橋本(大)、87分・青木(浦)
主審=ティアニー・ポール
観衆:20,697人



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
サポートお疲れ様でした!
サポートお疲れ様でした!

無観客試合後初のホームゲームは『さいたまダービー』でしたが、応援できる幸せを感じながらサポートできました!

そして移籍後初ゴールの李と青木には『おめでとう』と『浦和を選んでくれてありがとう』を伝えたいです。
特に青木はボールを持つ度に大宮サポに『ブーイング』されていていましたが、それを跳ね返して『ゴール』という結果を出す強心臓っぷりには痺れました!あれで大宮サポがショックで黙っちゃいましたからね!

あとホームでの勝利は昨年10月27日の柏戦以来、およそ5ヶ月ぶりでしたし『久しぶりのホームでの勝利&ダービー勝利』でうえさんが言われるようにチームとしても勢いに乗れそうですし、4月の快進撃に期待したいですね!
Mr.T URL 2014/04/03(Thu)01:00:46 編集
あばばばば
こ、こんばんは・・・です。

頭の片隅で青木がゴールを決めるという予感を押し殺し応援していたが・・決めてくれやがって・・あの野郎(笑)

まあ浦和に行ってくれて良かった反面、今日みたいな活躍を”古巣”にかます恐れがあり微妙な面もあって複雑でしたが”浦和の青木”の第一歩としては上々じゃないですかね。

浦和の新戦力は上手く機能していた隣で、大宮の新戦力の体たらくには残念でした。橋本はまあ良かったけど特にラドンの電柱には失望・・そして監督の大声だけがむなしく響く・・・うん、見なかったことにしよう。しかし増田誓志という新戦力をまだ隠し持っているので、リーグ戦は大宮がもらいますよ!!

カンヌ 2014/04/03(Thu)02:41:40 編集
無題
おはようございます。
昨日は帰りの電車でラジオ中継を聴いていましたが、青木のゴールと聞いた時は驚きと喜びが入り混じってしまいました(笑)
李忠成もゴールを決めて、2人ともようやくレッズの一員になれましたね。
この流れで日曜日の仙台戦もモノにしたいです。
FREE TIME URL 2014/04/03(Thu)06:18:59 編集
無題
おはようございます。この試合はハイライト映像でチェックさせて頂きました。昨日は昨年10月に続いてのさいたまダービー勝利でしたね。現地観戦の皆さんお疲れ様でした。

レッズはアルディージャにはリーグ戦とカップ戦を含めた公式戦の通算の成績で言えば圧倒的に勝ち越しているのですが、2007年からアルディージャが無敗記録更新したあの試合までのリーグ戦に限定してみるとわずか2勝。それ故に相性が悪いと言われていますが、逆に言えば大宮の方に分があったのはその間だけなんですよね。逆にそこを除けば公式戦で大宮が勝利したのはわずか3回。レッズは14勝もしています。もっとも「だけ」とは言っても結構長かったですけどね。相性が悪い印象が付くのも当然ですね。

試合内容に話を移すと、李忠成と青木が移籍後初ゴールを決めましたね。李忠成のゴールは、空中戦やキープ力に優れた選手が少ない今のレッズが決めるべき形で決めてくれましたね。また、李忠成はここ近年相手から見ると「クロスを上げられても怖くない」感じだったのを払拭してくれるシーンもありました。これは私が李忠成に最も期待している部分です。決まりこそしませんでしたがあれはゴールキーパーが凄過ぎただけで、大宮視点から見れば入っていたとしても悪いのはフィールドプレイヤーと言わざるを得ないでしょう。他にもクロスボールから決定的なシーンが生まれてました。この試合、間違いなく「クロスを上げられても怖くない」チームではなくなっていました。

そして青木が「お主もワルよのぅ」賞を受賞しましたね。このゴールはポジショニングの良さが生んだボランチの選手らしいゴールでした。私が現地観戦で見た啓太のゴールもこのゴールと似た形でした。このゴールもまた今のレッズが決めるべき形でのゴールだったと思います。

ちなみに私の中ではこの賞で記憶に残っているのは興梠です。もっともあれは審判の誤審でゴールになったわけですがね。そもそもあのゴールは審判団は確か梅﨑のゴールだと主張していたような。それが公式記録では興梠のゴールとなっていたという滅茶苦茶なことが起きてましたね。

最後に、この試合が処分明け最初の埼スタでしたね。私は現地に行くことが出来なかっただけに1つ気になるのが、やはり主要グループ自主解散後の埼スタのゴール裏の様子ですね。映像でチラッとは移りましたが、そこまで細かい部分はあの映像では確認できませんでした。一番気になるのは従来指揮を執る人が立つお立ち台が置かれていたところがどうなったのかですね。はたして引き続きお立ち台で指揮を執ってる人はいたのか。それは自分の目で確かめるしかないですね。私の記憶ではお立ち台が置かれている場所は少なくとも4か所はあったかと。
アニメ統計学者 2014/04/03(Thu)08:54:01 編集
完勝!
こんにちは。

本当に久し振りの埼スタでの勝利!素直に喜びましたね。前線が原口、興梠、李でサイドが関根、関口。超攻撃的布陣を見た時、私は今日の試合は2点取られたら4点ぐらい取って勝ってやれ!的な感じでスタジアムに行きました。失点は仕方無い事だったと思います。しかし得点が素晴らしかった!興梠の絶妙なパスを関口が落ち着いて落とし、決めた李も落ち着いて決めてくれました。決勝点も森脇のパスを李がワンタッチで叩き、青木が確実に決めてくれました。飛び出したのが青木だった事にも驚きましたが、彼は何かを持っていますね!まるでシナリオがあったかのような決勝点だったと思います。欲を言えば、ボール1個分で外れたシュートが数多くあって、6点ぐらい取れていたのではないか?と思いますが、大宮にチャンスを作らせず、完勝だったと思います。
しかし関根には可能性を感じますね!交代した宇賀神はかなりのプレッシャーを感じていたと思います。そしてレッズでの初ゴールの李、ここからですね!今回の超攻撃的布陣、私は好きですね。全てのチームに通用するとは限りませんが、今回は永田、濱田も良かったと思います。守備がしっかりすれば攻撃的布陣が活きますね。

そして今回、あれ?主審が外国人?やっとJリーグが動いたか!と思いました。とても安定したジャッジだったと思います。どんどん取り入れてもらいたいですね。

本当に、本当に久し振りに気持ちが良い勝利でした!
日曜日は仙台戦ですが、槙野が出場停止、那須、梅崎に興梠も交代で温存した形になっています。ターンオーバーという形が出来てきたような気がします。メンバーは多少変わると思いますが、また気持ち良い勝利を期待します。

ギリギリで雨も降らなかったし、やっぱり埼スタって良いですね!お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2014/04/03(Thu)14:07:48 編集
お疲れ様でした!!
制裁明けの初のホームでナビ予選とはいえダービーで勝つことができて良かったです。
自分のサポートが良かったのか悪かったのかは試合の結果のみでしか判断できないですから、良かったです。
これから1人1人がシッカリと自立してサポートしていかなきゃならないと感じましたね。
プリンを買うついでに南で宣誓書を出したら暢久とホリが受付してましたよ。サラリーマン1年生の2人にも頑張ってほしいです。
何はともあれ最高の一週間の第一ミッションはクリアです。明日は4月19日の対戦相手のホームである等々力で彼女と花見をしてきます。彼女が川崎と武蔵小杉の中間に住んでるクセに等々力を知らないみたいなんで、教えてきます(笑)いずれ埼玉スタジアムにも連れて行きたいです。豚タン焼きと埼スタプリンに興味津々ですので近いうちに釣りたいですw
そして最高の日曜日にしたいですね。
カミカゼレッズ 2014/04/03(Thu)15:12:08 編集
otukare
勝ったから嬉しいっていうのもあるけど それとは別にワクワクした試合でした
関根が当たってたし 李も青木も結果を出したし 水輝も決定的な 「やらかし」 はなかったし 失点のきっかけになったファールも相手がボールを受けた時は前を向かせてなく どっちが対応するか決まってればクリア出来てたでしょう 青木がゴールを決めた時 思わず岩沢さんと一緒に 「青木ー 拓矢でーす!!」と叫んだくらいですf^_^;

大宮もズラタン・金澤・増田を温存していたので 5月のリーグ戦はこうは行かないはずです 次も気を締めて行きましょう

それと昨日の試合の陰のMVPは主審でしょう それくらいストレスなく観戦できました

自分ももちろん宣誓書書きした 「割れ窓理論」 だと思います クラブやサポーターグループだけに任せるんじゃなく 個人が気がついた所で改善して行けばきっとよくなるはずです
ほう カミカゼレッズさんは暢久とホリですか 自分は宣誓書書くのにペンを借りた人が 元レディースの柳田さんでした
さくらもち 2014/04/03(Thu)20:57:43 編集
コメントありがとうございます
Mr.Tさん
こんばんはです。
無観客試合後初のホームゲームが、ナビスコ杯とはいえ”さいたまダービー”というのも何だか運命的なものを感じましたが、そういう注目される試合で移籍後初ゴール、しかもアベックゴールとなった李と青木も運命的な選手となりましたね。この2人に本当におめでとうと言いたいですね。
青木は当然の如く大宮サポから大ブーイングを喰らっていましたが、それを決勝ゴールという大仕事でお返しし、しかも日本では移籍1年目に古巣相手にゴールすると普通は遠慮して控えめに喜ぶ選手が少なくない中で、青木はそれをお構いなしに大喜びしていましたから、確かに心臓が強いのでしょうね。それかもしかしたら、何も考えていない性格なのかもしれませんが(笑)
しかし考えたら、おっしゃる通りホームでの勝利は去年10月以来なんですね。ストーブリーグ期間を挟んでいるとはいえ、長かったホーム未勝利期間でした。この間にレッズは闇い出来事が色々とありましたが、4月から再出発の意味でも勝って行きましょう。

カンヌさん
こんばんはです。
この前、青木が出てくれないかなぁ、なんて言っていたものの、まさかこのタイミングで本当に青木がレッズデビューを飾った上に、決勝ゴールまで挙げてしまうとは予想外でした。ダービー相手のチームに移籍して初陣で決勝ゴール。何とも絵に描いたようなシナリオ的試合になったと思います。
しかし大宮は家長も獲りましたし、その上で今度は増田も加入しましたから、攻撃の連携が高まれば脅威ではないでしょうかねぇ。フリーキックを決めた橋本も、西川から得点を奪った事で自信が付いてしまうと、次のダービーはまた厄介な存在になるかと。まだラドンチッチがフィットしていないので、これでズラタンとのコンビでこれからがどうなるかですね。正直レッズは電柱形を苦手としているだけに・・・。

FREE TIMEさん
こんばんはです。
青木の今回の衝撃度は、レッズにとって久々の明るい材料となりましたね。加えてこれまでゴールが無かった李もようやく決めてくれましたから、これからこの2人が大きな戦力として、レッズにフィットしてくれる事を願うばかりですね。
李も調子が出て来た事で、前3人のスタメン争いも苛烈になるでしょう。仙台戦に注目ですね。
うえ URL 2014/04/03(Thu)22:35:33 編集
コメントありがとうございます
アニメ統計学者さん
こんばんはです。
去年のホームでのさいたまダービーで久々に大宮に勝つまで、しばらく大宮に勝っていない時期が続いた事で、やはりどうしても苦手意識が付いていたのは事実だと思います。ただ去年1回勝ってしまえば色々と吹っ切れるもので、今回のようにナビスコでもまた勝利と、やはり勝利というものはメンタル面でも大きなプラスになるものなんだと思います。もちろん更にここから勝ち続けなければ意味がないので、今季のリーグ戦でもしっかりとダービーを制して、長らく大宮の時代が続いていたさいたまタービーで、再びレッズの時代が来るようにしたいですね。
そういう意味でも、新加入の2人のゴールで大宮に勝った事は大きいと思います。李は個人的には万能型FWだと思っているのですが、ここまでのレッズでの動きを見てみると、強引にシュートに持って行く時もあれば、冷静にゴールを見据えて流し込むように撃つシーンもありで、今回は後者でしたが、ある意味でこういった掴み所が無いスタイルがストロングポイントなのだと思います。李が広島時代にレッズはホームで豪快なヘッドも決められているので、今後はそういうゴールにも期待したいですし、日本代表で見せたダイレクトボレーの印象も強いので、連携が高まれば色々な形からゴールが奪えそうなので期待したいですね。
そして高齢化が進むレッズのボランチ事情に、ようやく青木が出て来ましたね。ミシャサッカーらしくボランチがあそこまで攻撃参加してしまう形が良い方向に転んだ感もあります。今回はゴールという形での貢献でしたが、やはり本職ボランチとしてのプレーを90分フルで見てみたいですね。でも今回はとりあえず古巣相手にとんでもない大仕事を果たしたという事で、素晴らしい称号を授けておきました(笑)

東浦和レッズさん
こんばんはです。
昨日はお疲れ様でした。無観客試合が過ぎ、ようやく帰って来られたホームで、その1発目の試合に勝利というのは、やはり嬉しいですし安堵ですね。雨もポツリポツリで留まってくれたのも、天がレッズを祝福してくれたからでしょう(笑)。しかもおっしゃる通り、その得点シーンが素晴らしい連携からでした。特に李の先制点に至るまでの流れは美しかったですよね。全体を通して大宮のプレスが緩かったというのもありますが、あそこまで流れるようなパスワークで崩せると、やはり見ていて気持ちが良いものですね。そして青木の勝ち越し点も、森脇があの位置に居てパスを出して、最前線に青木が飛び出して来るのですから、こんな形はミシャサッカーでしか見られないシーンだと思います。諸刃の剣であるミシャサッカーの攻撃姿勢が、今回は”吉”と出た典型的なゴールだったと思います。
ただやはり課題は決定力の極度の欠如ですね。あれだけシュートを放って決まってもおかしくないシーンを連発しましたが、こういう決定力が無い故に外しまくるシーンが今季ナビスコ柏戦から毎試合続いているので、とにかく決定力を高めて、安定した得点力を持ってほしいと思います。そうすれば仮にチャンスが少ない状態に陥っても、開幕戦のように要所で1チャンスをモノにして1-0でも勝てるような試合が増えると思います。
そういう意味でも関根のような新たな若い力が躍動し始めたのは、嬉しいし楽しみですね。右サイドでは平川の後継者として期待され、今度は左サイドでこれまでミシャに使われ続けている宇賀神に刺激を与えるプレー内容。というか昨日だけを見たら、完全に関根の方が上に見えてしまいます。これはおっしゃる通り、今回の宇賀神はかなりのプレッシャーを受けたと思いますよ。これで宇賀神が新人時代のアグレッシヴなプレースタイルを取り戻してくれたら、良き相乗効果になるんですけどねぇ。
そんな中で迎える仙台戦は、スタメンがどうなるのか楽しみですね。李のゴールもあり、そて関根や水輝や青木の存在で戦力の底上げが期待される中で、今頃ミシャも日曜のスタメンを選ぶのを悩んでいるかもしれませんね。仙台戦、勝ちましょう!
うえ URL 2014/04/03(Thu)22:36:11 編集
コメントありがとうございます
カミカゼレッズさん
こんばんはです。
昨日はお疲れ様でした。宣誓書、自分は北側で階段を上る前に済ませてしまったので気付きませんでしたが、まさか違う受付に暢久と堀之内が居たとは・・・そっちに行けば良かったです(笑)
試合は、とりあえず無観客試合を経て帰還したホームで勝てた事が何よりですね。ゴール裏は神戸に続いてコールリーダー不在と太鼓無しの応援が続いていますが、逆にこのような状況ですから、サポーターひとりひとりが余計に意識して熱のこもった応援が出来ていたと思います。しばらくはこういう雰囲気が続くでしょうけど、そこから生まれる新たなものも期待しつつ、これからもサポート頑張って行きましょう。
しかし、そのサッカーを知らない彼女さん、その地元に住んでいながら等々力まで知らなかったとは、本当に筋金入りのサッカー知らない人なんですね(笑)。この際なので、サッカー脳が純粋な内に、思うがままにレッズ脳に洗脳してレッズサポに仕上げてください。そして間違っても等々力で川崎サポに傾かせないよう気を付けてください(笑)

さくらもちさん
こんばんはです。
昨日はお疲れ様でした。宣誓書に絡むものは自分への引き締めもありますが、おっしゃる通り割れ窓理論的なクラブの姿勢への同調と、これからの覚悟も含むので、後は個人の意識をしっかり高めて、良いレッズを取り戻して行きたいですね。
そして今回の試合は、もちろん勝利は嬉しいですが、勝った以上に、様々な選手が良い働きをしてくれた事に価値がありますね。見ていて楽しい試合の典型というか、関根に特徴されるように、多くの選手が躍動していたと思います。その上で結果を出した選手が生まれ、理想の勝利を得られたという事でしょうね。失点はしましたが、ある意味で完勝でしたね。それに輪を掛けて確かに今回の外国人主審のジャッジは良かったですね。メリハリあるジャッジは、見習うべき部分が沢山ありましたね。
ただおっしゃる通り(レッズもですけど)大宮もベストメンバーではなかったので、次はこう簡単には行かないでしょうね。次に当たるまでに、お互いに新戦力がどこまでフィットしているかが鍵になるとも思います。
うえ URL 2014/04/03(Thu)22:36:44 編集
無題
今晩は  1か月ぶりの埼スタ、色々あり過ぎて何か懐かしい感じがしました。
試合の方は引き分けもありかな?と覚悟した残り3分の劇的な幕切れでしたね。個人的には水輝の頑張り!オプションで水輝をそのまま左、槙野WBもありでは。他にもこの先何かと期待持たせてくれるゲームでした。
コールが合わないのは仕方無いですが、SCの指定席からも何とかゴール裏に合わせようとかなり手拍子起きてましたし、青木が出て来たときもブーイングから守ろうと大きな拍手!スタの一体感出てました。
雨降って少しずつ地固まってくれれば、ですね。社長の挨拶も結構真面目に聞いてたし、仰る通り上々の再スタートだったと思いますよ。
日曜は仕事で参戦出来ませんが、調子に乗れないでいる仙台も相手がレッズだと別のチームになりそうで嫌ですね。油断する事無く勝ち点3を!
欅通りのサポ 2014/04/04(Fri)22:42:23 編集
サポは素晴らしい でもフロントに疑問が………
今回問題になった差別¨的¨表現という¨的¨がどういうものかの定義が曖昧すぎて署名する気にすらなりませんでした。
例えば大宮のチョ・ヨンチョル選手にゴールを決められブーイングしただけで差別的表現だと言いだす人は確実に出てきますよ。
李に対してのブーイングが差別的だとマスコミに出てましたよね。既に国外にルーツを持つ選手に対してのブーイングは差別的表現だとマスコミに前例を作られてるし。

もし前段のようなブーイングをマスコミが差別¨的¨表現だと騒げば今回みたいに無観客試合処分になるの?
冷静に考えてみると差別¨的¨表現で無観客試合はマスコミの好きな欧州先進国から見ても厳しすぎます。
チョン、クロンボなどに代表される明確な差別用語、「キムチ臭い」「お前はゲイか」「ウキウキ、ウホウホ」などの民族・性・人種に対しての偏見を表した言葉の差別表現(明確で¨的¨でない)は無観客試合処分は妥当です。でも差別¨的¨表現の場合は一部客席の閉鎖、クラブへの罰金、当該サポーターの入場禁止とかが妥当ではなかったでしょうか。マスコミが好きな欧州先進国で起きたバイエルンのゲイ横断幕の処分や過去の処分を調べてそう思いました。

あと淵田が屑サポ共に損害賠償請求を検討とか言ってますが、制裁原因が屑サポ共のせいだとしても制裁によって生じた損害を屑サポ共に損害賠償請求するクラブは世界にないです。またそんなに損害が出て困ってるのなら、無観客試合処分をすんなり受け入れた淵田は馬鹿。それって淵田は背任したって事だったのか?(笑)
普通の会社で部下が起こした問題で上司が減給処分受けて、部下に損害賠償請求とかする上司に他の部下はついていきたくありませんよ。
損害賠償請求するならはじめから屑サポ共の個人責任にして、ゴール裏の俺らみたいな関係ないサポに連帯責任を負わせる必要もなかったって事になります。屑サポが許せない(自分は許さない!!)としてもマスコミにこんな事を検討してるとか口走る淵田(指定席の件もマスコミに乗せられてポロっただけだったみたい)はやっぱり当事者責任を感じてないのではと感じました。
パソ 2014/04/05(Sat)03:23:38 編集
追記
追記です。

自分は署名する気にすらなりませんでした と書きましたが山田とかを目の前で見たくなり結局は署名しましたのでご了承下さい。

それと自分は今回は処分されるの当たり前、ただやっぱり処分の内容は厳しすぎだったという立場です。
決してJapanese onlyを容認したり、屑サポ蛇野郎共を許すつもりは全くございません。
パソ 2014/04/05(Sat)03:55:46 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
こんにちはです。
水曜はお疲れ様でした。純粋に守備を考えると、自分も槙野をサイドにして、その槙野の位置にしっかりとしたストッパーを置きたいですよね。そもそも槙野と森脇は攻撃に力を入れるために置いているので、本当の意味での守備力は期待薄。この2人がレギュラーとしてストッパーを務めている以上は、飛躍的な守備力アップは臨めないと思います。なので水輝が安定して使えるようになれば、それはそれで戦力の底上げになりますね。ただ個人的には、身体が大きい水輝は機敏さが要求されるストッパーより、真ん中でどっしりと構えて球を弾き返すような仕事を任せた方が活きると思うんですがねぇ・・・。
それと今回の応援ですが、(自分は神戸には行っていないのでわからない部分がありますが)神戸より良くなっているという声が聞かれたので、広い埼スタであっても、今の状態を意識して継続して皆が声を合わせて行ければ、徐々に慣れて行ける感じはありました。太鼓が無くても、自分の居たエリアでは大勢で足踏みして音を出そうとしていた時もありましたし(地面が抜けやしないかと怖かったですが(笑))、皆が色々考えて実行してみれば、その内にまた正解が生まれる事でしょう。この調子で仙台戦で勝ち点3ですね。

パソさん
改めて初めまして。
ひとつ前のコメント返信の続きにもなりますが、自分はパソさんが危惧する事もじゅうぶんわかりますし、だからこそ今回の問題はいたずらに事を急がずに、クラブが各方面を交えてしっかり議論して深く吟味してからルールを作り直す事が必要だと思います。
あとマスコミの件ですが、自分はもっとクラブがマスコミ対策を行った方が良いと思います。黄金期までのレッズは意外とマスコミ受けも良く、またクラブもしっかりとしたマスコミ対応が出来ていました。ところがレッズはある時期を境に、一転してマスコミを遠ざけて反感を買ってしまった事がありました。そこから尾を引いて現在に至っている部分があります。即ちもっとマスコミと密な関係を築き直す必要があると思います。クラブとマスコミが持ちつ持たれつの関係にならなければ、肝心の報道は一方通行になり、マスコミも自ずとレッズを良い風には書かないでしょう。今回の件も、クラブとマスコミの関係がもっと良好だったとしたら、もしかしたらここまで叩かれていなかったかもしれません。世の中そういう面があると思います。つまりマスコミを上手く利用して面目を保つのも、クラブの評判を維持して行ったりスポンサーを集めたりする上で、重要な仕事のひとつだと思います。
それとひとつ、淵田社長と損害賠償請求について誤解されている部分があると思います。今回において損害賠償請求されるかどうかはまだ不明ですが、この話はそもそも清水戦での爆竹事件に於いて初めてその可能性に言及したものが発端です。この時点で淵田氏はまだ関東三菱社長であり、言及した当事者(というか責任者)は橋本元社長になります。そこでクラブが公式にそう発表して構えを見せた以上、クラブがサポの不祥事で大損失を被った事を理由に当事者に損害賠償請求を行っても、それは不思議ではないと思います。淵田氏については社長就任から間が無い時に起きた不祥事ですから、今はこれが精一杯だと個人的には思っています。
うえ URL 2014/04/05(Sat)15:16:08 編集
特別な一戦
初めまして<m(__)m>

>李は個人的には万能型FWだと思っているのですが、ここまでのレッズでの動きを見てみると、強引にシュートに持って行く時もあれば、冷静にゴールを見据えて流し込むように撃つシーンもありで、今回は後者でしたが、ある意味でこういった掴み所が無いスタイルがストロングポイントなのだと思います。

サッカーの知識は全く皆無な私も、李選手のブログやメディアへのリアクションから何となく「(勿論いい意味での)掴み所のなさ」を感じてはいましたが、うえさんもでしたか(^O^)
心強いです。

そして、青木拓矢選手。

ポジションがボランチということもあり、私アジアカップ2011韓国戦で一度は危機一髪だった本田選手のPKをゴールさせた細貝萌選手を思い出してしまいます。

今夜の仙台戦も、楽しみですね。
:猫型人間 URL 2014/04/06(Sun)18:48:36 編集
コメントありがとうございます
:猫型人間さん
初めまして。
その李が、仙台戦ではなんとなんとの2ゴールでしたね。自分の分析が正しいか否かは別としても、今回も「後者」な感じのゴールでしたね。
李が万能型FWだとして、色々な形からゴールが狙える点取り屋は、それだけでチームへの適応力が高くなりますから、今のレッズがやっている若干斑があるサッカーに於いては、李のようなタイプのFWが一番適しているのかもしれませんね。
そして青木ですが、見事な働きをした大宮戦の印象そのまま仙台戦も見たかったですが、永田が怪我してしまった事で順番的に交代機会が4番手になってしまいましたね。永田の怪我が無ければ、終盤の守備堅めで使われたと思います。まあ名古屋戦での出番に期待したいです。
うえ URL 2014/04/07(Mon)00:53:04 編集
ようこそ!!
試合終了/スルガ銀行チャンピオンシップ 浦和1-0シャペコエンセ 得点/90+4分・阿部PK(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第23節 浦和-F東京(埼玉スタジアム2002=8月19日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
7 8 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/18 Jamesnaf]
[08/18 Jamesnaf]
[08/17 うえ]
[08/17 うえ]
[08/16 欅通りのサポ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]