忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[987]  [986]  [985]  [984]  [983]  [982]  [981]  [980]  [979]  [978]  [977
2014年 天皇杯3回戦
浦和レッズ1-2ザスパクサツ群馬
~浦和駒場スタジアム

14820群馬戦
やはり駒場での夕暮れ風景は格別だなぁ・・・

なんて哀愁に浸っている場合ではなかった、今回は・・・。
この、のどかな駒場の風景が試合経過の惨劇とともに、試合終了には大荒れの風景に一変してしまった。




「J2なめてんのか!!」
「毎回毎回何遍同じ事やれば気が済むんだよ!!!」
「毎回それで恥ずかしくないのか!!!!」
「いい加減学習できねーのかよ!!!!!」
「恥を知れ!!!!!!」
・・・他、考えつく限りの罵詈雑言がスタンドから選手へ向けて飛びまくる。さあ、今回駒場で上記の言葉をひとつでも叫んだ人、手を挙げてー(嘘)

選手は好きで負けている訳ではない。・・・しかしだな、今回ばかりは罵詈雑言が飛び交うのも仕方がないぞ。それだけレッズは、天皇杯になると何故にこうも毎回毎回J2勢に負けるのだ?
本当にJ2をなめているのだろうか?それともリーグ戦に集中したいから、天皇杯はわざと負けている??いや、駒場に何か取り憑いているのか???確か駒場って昔は墓場だったとかいう話を聞いた記憶があるが・・・なんて話はさておいて、J2相手になめて掛かっているのは、あながち嘘ではないだろう。
その理由として明確に挙げられる根拠。レッズは格下相手になると、毎回パスのいい加減さが目立つようになる。リーグ戦ではやたら慎重で時にそれが批判対象にもなる馬鹿丁寧なパス回しが、格下相手になると突如として、何処を狙っているのか、誰に出しているのかわからないが、とりあえずノールックでダイレクトパスしちゃえ的な、”あわよくば”ないい加減パスが急増するのだ。ここからしてJ2相手になめているとしか思えないプレー内容なのである。”あわよくば”パスは、啓太だけの特権であり、他の選手までこれを連発されたら、パスサッカーなんて何処かへ吹き飛んでしまう。それを平気で慣行しているのだから堪らない。いい加減さは必ず竹篦返しとなって自分たちに返ってくる。サッカーでは敗北という形になって。
選手にもミシャにも言いたい。いつもやり方を変えないのが自分たちのサッカーだと豪語しているのだから、それならば格下相手にも自分たちのサッカーを堅持しろよと。

もうひとつの問題は、ベストメンバーで臨むか、リーグ戦のために主力を温存するかの難しい選択。2回戦ではワールドカップ中断明けとリーグ戦再開まで1週間あった理由から主力で臨んで大勝した。
しかし今回は真夏の過密日程を考慮しての控えメンバー中心で臨んだ。これはこれで、そういう大義名分があるのだから仕方がないと思う。ようはこれで勝てれば御の字であったし、不味い展開でお尻に火が点くと、結局は途中から主力を投入して攻撃せざるを得なくなる。今回がそうなってしまった。それで負けたのだから、完全に損をした気分である。加えていくら那須が広島戦出場停止で体力満タンだからって、運動量が必要とされるボランチでフル出場させてしまったのは・・・これは不味かったのではないだろうか。
ちなみに、相手の群馬とて先発はベストメンバーではなかったと思ったが。しかも群馬はJ2で現在18位のチーム・・・そこに平気で逆転負けするJ1現在首位のチームって一体・・・まあこれこそレッズらしいと言えるけどさ、極めて悪い意味で。

嗚呼、繰り返すけど、本当に損をした気分な敗戦。腹が立つし、せっかくチャンスを貰った控えメンバーも、自分たちだけで勝利という結果を出してみてくれよ。そうじゃなかったら、何時まで経ってもレギュラーの座なんて掴めないじゃないか。矢島も直輝も李も、確かに頑張っているのはわかるけど、でも今挙げた3人は、もう頑張っているだけでは駄目なんだよ。PKではないゴールやアシストという明確な結果を出さないとさ。勿論それは本人が一番わかっているだろうから、これ以上は皆まで言わないけど。

とりあえず敗戦からでも得た収穫は、西川の最後まで諦めない戦う姿勢と、そしてマルシオの復帰。これだけ。マルシオ、おかえりなさい。唯一の外国人なのだから、後半戦期待しているぞ。

------
天皇杯3回戦 浦和1-2群馬
得点/39分・李PK(浦)、69分・青木孝(群)、81分・ダニエル・ロビーニョ(群)
主審=木村博之
観衆:6,254人



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お疲れ様でした。
リーグを考えてのスタメンでしたが、控え組も折角のチャンスを活かせませんでしたね。
それにしても、首位チームの控えがJ2・18位に勝てないってのも情けないです。
リーグの為に主力温存するなら、最後までそうして欲しかったですね。
中途半端に柏木を出す必要ってあったのか???
勝っていれば良かったですけど、負けた今となっては、無駄な体力を使わせただけだったような気がします。
これがリーグに響かないと良いんですけど。
西川の攻める姿勢には、ホント感服しました。
控えの選手たちも、この姿勢を見習うべき!
みんみん URL 2014/08/21(Thu)01:04:22 編集
サポートお疲れ様でした
サポートお疲れ様でした。

ミッドウィークの天皇杯をサブ組で戦いJ2に負けるのは近年の浦和の『お約束』になってきていますね。

そして浦和は現状ターンオーバーでJ2に勝てるほどサブ組の戦力はないということも分かりました。

次年度「ACL」に出場するのであれば、サブ組の戦力の充実が必要になりますし、ACLを本気で獲りに行くのであれば来年度に補強も検討しないといけなさそうです。

そんな中でも光明はうえさんが言われるように「マルシオの復帰」ですね。リーグ戦の優勝争いで厳しい戦いが続くと思いますので、マルシオの中盤でのゲームメイクに期待したいと思います。
Mr.T URL 2014/08/21(Thu)01:32:17 編集
結局、舐めているんだ!
おはようごさいます。

行き着く先は“舐めていた”ですよね。私が、何だよ!もっと考えてパス出せよ!と言えば隣で妻が、結局舐めているんだよ!と…
言いたい事は沢山ありますねぇ…那須をフル出場させるんだったらボランチではなく永田がリベロなら那須をストッパーで使うべきだったと思います。坪井、永田、濱田の3バックではドン引き相手に落ち着いたボール回しが出来ないんですよね。極端な比較をすると、先週の広島戦の時は落ち着いてボールを回し、相手を良く見ていたと思います。ストッパーに槙野、森脇がいてボランチに阿部がいる最終ラインとでは当然の事ですが大きな違いがあります。最初の失点シーン、簡単にポストプレーを許してしまい突破されました。明らかに相手の研究不足、これも相手を舐めていた一つだったと思います。更に得点がPKの1点だけとは情けない!チャンスは少なくなかったと思います。私は正直2失点はするんじゃないのかな…と思っていました。でも3点取れる力はあるんじゃないかな…と思っていましたが、後半に入って明らかに相手の運動量が上回り始めてからは追加点を取れなければ絶対にやられると思いました。現実になっちゃいましたけどね…

川崎、新潟、柏、マリノスが敗れる波乱でしたが、余談ですが、今週これで浦和レッドダイヤモンズとして駒場で2冠を失ったんですね。日曜日のレディースに加えトップチームの天皇杯。まさに悪魔がいたのか…

土曜日の瓦斯戦、切り替えが必要ですね。メンバーは変わりますが、引きずってはいけません!温存した主力選手達にはサブ組を奮い立たせる為にもスッキリ勝って首位をキープしてもらいたいです!お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2014/08/21(Thu)11:57:48 編集
コメントありがとうございます
みんみんさん
こんばんはです。
過密日程を考慮しての主力温存の考えは決して間違っていないし仕方がないと思いますが、問題はおっしゃる通り、控え組がせっかくの先発チャンスを勝利という形で活かせなかった事ですよね。しかもいくら控え組中心だったとはいえ、トップリーグの首位が2部リーグの18位に逆転負けしてしまうなんて・・・まあ過去にも当時地域リーグだった松本に完封負けした経験もありますから、サッカーは何が起こるかわからないという事なのでしょうけど、でも実際そうなると本当に情けない限りですよね。
しかも劣勢になってしまった事でミシャの予定していた交代策に狂いが生じたのでしょう。これで那須を90分フルで使うハメになり、そして最終的には柏木をも投入せざるを得なくなってしまった事が大変悔やまれます。これでも勝ってくれたらその甲斐があったという事になったのでしょうけど、負けてしまっては単に大損ですよね。特にリーグ戦でも疲労度の濃かった柏木の体力面が、週末のリーグ戦にどう響くか心配ですね。

Mr.Tさん
こんばんはです。
こうも毎回毎回天皇杯でJ2勢に負けまくっている事を考えると、まさに”お約束”との表現がピッタリになってしまいますね。このクラブの昔からの体質として悪いものを延々引きずる傾向があるので、今回の悪いジンクスも深く染み着いてしまっているものなのでしょうね。
それとご指摘の通り、控え組と主力の差があり過ぎという事なのでしょうね。数人入れ替える位のターンオーバーだったならまだしも、今回のように9人も大胆に入れ替えて負けてしまった以上、その実力の程が如実に表れてしまいましたね。このまま控え組の多くの選手に成長が見られないとしたら、自分も来年こそは本気で外国人補強は必要と考えています。
その現在唯一の外国人マルシオがやっと帰って来たのは明るい材料ですね。夏の補強が皆無だったので、マルシオの復帰は尚更頼もしいです。柏木の左足頼りだったFKも、これでマルシオの右足が使えますから、そこも期待したいですね。

東浦和レッズさん
こんばんはです。
昨日はお疲れ様でした。那須はレッズに来る前は個人的にボランチのイメージが強かったのですが、レッズに来てからは最終ラインの真ん中というイメージが完全定着してしまいました。ただ那須は永田との共存が難しいんですよね。那須も永田もカバーリングや読みの守備が得意な選手だけに、3バックだと真ん中向き。これを同時起用だと片方をどうするかが難しいんですよね。まあ今回は阿部と啓太を温存するためのボランチ那須だったのでしょうけど、ぶっちゃけ那須のボランチってレッズでは機能した記憶が余り無いんですよね。やはりボランチは阿部が居ないと、その偉大さを痛感させられます・・・。
しかし、本当にJ2をなめていたとしか考えられない内容でしたね。格下相手に負けるチームは何かしら理由があるとは思います。しかし基本は油断や相手をなめていた時が多いと思います。レッズとて何だかんだ言っても現在J1首位。それだけにリーグ戦でやっている通りに先ずは後ろで地に足を着けてしっかり守って攻め急がずプレーしていれば、控え組でも勝てる相手だったと思います。それが格下だからといい加減な攻め方をしては自らチャンスを潰していました。それでもゴールのチャンスは幾らでもあったのに、それすら決められなかったパワーと決定力の大幅な不足。自分も試合の経過と共にさすがに追加点を取らないと、逆にやられると思っていました。過去に何度も同じ展開で逆転されている試合を見てきているだけに、余計にそう思えました。そして今回も実際そうなってしまいましたが、それもこれも格下相手にいい加減なプレーを繰り返した事による、サッカーの神様からの天罰だったのかもしれません。実際こうなると流れは相手に傾いてしまうものなんですよね。
しかし負けてしまった事は諦めるしかないので、今年も早々に脳裏から天皇杯を消し去って、リーグ戦に集中するだけですね。とにかく今回主力温存で天皇杯を捨てた形になった以上、土曜の東京戦では絶対に勝たなければ意味がありませんね。天皇杯敗退の分を今年こそ無駄にせず、リーグ戦の糧にしてもらいたいです。
うえ URL 2014/08/21(Thu)19:27:33 編集
無題
お疲れさまです。

うーん、また同じ過ちの繰り返しでしたね。さすがに今回(今年)ばかりは、サポの怒り爆発も仕方ないでしょう。

しかし、控え組の体たらくさは深刻ですね。仰る通り、特に直輝と矢島と水輝は、明確な結果を出し続けないと…この3人は、リーグ戦だと、ベンチ入りすら怪しい状況ですからね…

GT 2014/08/21(Thu)21:24:41 編集
無題
今晩は  暑い中現地参戦お疲れ様でした
仰る通り相手をなめた戦いと言われてもしょうがない試合でしたね。去年の山形戦であれだけメンバー入れ替えたらチームとしての機能落ちるの学習したと思いましたけど。まぁ悔しいですが、相手のプラン通りにまんまと乗せられたのが一番腹立だしい!
もうあっちでもこっちでもジャイキリって、こうなるとなんかジャイアントキリングの価値も下部リーグチームのモチベーションも下がる一方になるのでは・・・ そうこうしてるうちにJリーグ移籍期間も終了ですか  よそ様は補強やら移籍やらと動きあるようですがお約束通りウチは無し。桜のチームなんか春先だけでも凄いのに又元代表獲得って、どんだけの資金なの?ビックリするやら羨ましいやら・・・
ネガっても仕方無いので土曜の瓦斯戦に切り替えますが、その相手、昨日はベストメンバーに近かったようですね 昨日休んだ選手、走り負けは出来ませんよ!ともかく土曜、サポート頑張りましょう!
欅通りのサポ 2014/08/21(Thu)21:30:23 編集
無題
他サポですが、たしか浦和さんも過去にJ2を経験しているはず。
そのJ2を舐めていたとしたら、いただけませんよ。過去の経験が活かされていないことになります。

浦和さんは、なんだかんだ言ってもJで一番の人気チームなのですから、強かった頃の盛況をとり戻してもらって、日本のプロサッカー文化を盛り上げてください。

他サポが失礼しました。
名無しさん 2014/08/22(Fri)19:22:47 編集
コメントありがとうございます
GTさん
こんばんはです。
控え組には本当にもっと頑張って結果を出してもらわないと、このままでは戦力の底上げになりませんよね。しかも外国人補強をしなかった以上、日本人選手がアピール出来る環境が今のレッズにはあるのに、控え組がそれをチャンスに変えられていないのが実に勿体ないです。それにミシャの若手育成能力も、実際どうなのですかねぇ・・・

欅通りのサポさん
こんばんはです。
おっしゃる通り去年の山形戦での反省が、今年も全く活かされないまま、また同じ過ちの繰り返しでしたね。夏の過密日程でメンバーの大幅な入れ替えの是非はありますが、結局は負けてしまった以上、ミシャの失態という事実は残りますね。なので天皇杯の早々の敗退を、リーグ戦やナビスコでの勝利という形で取り戻してもらわなければ納得が行きません。そのためにも先ずは明日どんな形でも良いですから、絶対に勝ってもらいたいです。
ちなみにこうも各地でJ1勢の敗退が相次いでいる原因は、ベストメンバー規定緩和で控え組の出場機会が増えた影響でしょうね。戦力を落として戦ったJ1がジャイキリ狙いでモチベーションが高い格下に負けるパターンですが、つまりJ1控え組とJ2のレベルが近いか同等という事ですね。まあだからこそ”控え組”なのでしょうけど・・・。
しかしセレッソは今度はカカウを獲るとは(ドイツファンの自分としては別の意味でもショックでしたが)・・・柿谷を含めて何人かの移籍金で溜まった資金があるとはいえ、親会社も残留させようと必死なのでしょうね。ただセレッソは大金投入の吹き返しで、来年は大変な事になりそうで・・・。

名無しさん
初めまして。
厳しいご意見と激励ありがとうございます。チームとして本当にJ2をなめていたのだとしたら相手にも失礼ですし、そのJ2相手にJ1として横綱相撲を取れないで逆に負ける繰り返し。本当に情けない限りです。
それとレッズは現在、例の事件が尾を引いて大変厳しい立場に置かれながらの戦いを強いられていますが、とにかく今の状況を克服して、おっしゃる通り早く盛況を取り戻したいです。
うえ URL 2014/08/22(Fri)20:06:29 編集
ちょっと異常な現象ですね
レッズ以外にも、J1勢の早期敗退が今年はあまりにも目立ちます。ここまで来ると、偶然とは到底思えません。

2011年はレイソルがJ1復帰して即優勝し、一昨年は鳥栖が初昇格で5位と大健闘しているわけで、ちょっとした事で天皇杯でもこうなるのは決しておかしな話ではないのです。

あきら 2014/08/22(Fri)22:03:39 編集
コメントありがとうございます
あきらさん
おはようございます。
J1も最近は毎年勢力図が変わるように、J1とJ2も戦力差が縮まって来ています。それも極めて悪い意味で。
原因は不況下で大型補強をするチームが減って行き、抜きん出たチームが消えた事ですね。そこにクラブライセンス制度が追い打ちをかけ、赤字を恐れた多くのクラブが補強で二の足を踏んでいます。一方で有力選手はすぐ海外へ引き抜かれ、チーム数が増えたJリーグ内では中途半端なレベルで戦力が分散されているだけなんですよね。つまり元から有った強い駒は次々出て行き、代わりの強い駒は余り入って来ないまま、土俵ではいつも同じ駒が右往左往しているだけ。こうなると底辺がますます低くなるので、成長力も競争力も上がらないという事でしょう。
うえ URL 2014/08/23(Sat)07:29:06 編集
無題
おはようございます
うえさんのおっしゃるとおりいちいちと思われます。
天皇杯。考えるにサブが舐めてる訳ではないのでしょうが、ベンチを温めている輩が既に浦和の戦力としてはベストに変わるだけの力及ばずですね。中学の後輩の山田のプレーは小さくなってしまいましたし…。
強化は原口の補強そスルーした訳ですし、今回の天皇杯での現サブ戦力の脆弱さが露呈した訳ですから、ことについては逆にプラスに受け止め、同じ過ちを繰り返さないよう強化は真摯に早急な対応をすることが必要ですね。
ミシャは必ずタイトルを取ってくれると思います。槙野の言うようにホント進化していますから!団結しましょう。
りょりょ 2014/08/23(Sat)09:56:27 編集
コメントありがとうございます
りょりょさん
お久しぶりです。
んー、普段ベンチを暖めている選手は、こういう時しかアピールする場が無い以上、ここぞの時には死に物狂いでやった上で、キチンと結果を出してゆかなければ何れ終わってしまう運命なんですよね。まあ逆に考えたら、それが出来ないから控え組に回されているのでしょうけど。活躍する選手は継続的に結果は出しますからねぇ・・・。
原口を出してしまっても、今回もまた補強をしなかったツケは、終盤に来ると覚悟しています。それをわかっていて補強しなかった昨季でそれを体験しましたので。でもミシャは今季は必ずタイトルを獲らなければいけない状況にあります。今年こそそれが出来る自信があるから補強しなかったのか、はたまたマルシオの復帰が第一の補強なんて考えで居るのかは不明ですが・・・。
うえ URL 2014/08/23(Sat)22:25:27 編集
金髪
矢島慎也が金髪でしたね。
金髪にするんだったら結果出せ、ですよね。
ただ単に目立ちたいだけならやめた方がいいと
思います。
自分的には、金髪なのに結果出してないのは
1番かっこ悪いと思います。
謎の東日本人 2015/11/06(Fri)18:07:50 編集
ようこそ!!
試合終了/AFCチャンピオンズリーグ準決勝・第2戦 浦和1-0上海上港 得点/11分・ラファエルシルバ(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第30節 浦和-ガ大阪(埼玉スタジアム2002=10月22日17:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]