忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[873]  [872]  [871]  [870]  [869]  [868]  [867]  [866]  [865]  [864]  [863
2013年 J1リーグ第12節
浦和レッズ6-2サガン鳥栖
~埼玉スタジアム2002

130518vsTOSU.jpg去年の勢いは何処へやら?その面影無く絶不調に陥っている鳥栖。とりわけ去年は守備力もあった鳥栖。去年に埼スタで戦った時点ではリーグ最少失点だった鳥栖が、今年はここまでリーグ最多失点チームとなっているのだから、まあチームとは何がどうなるかわからない恐ろしいスポーツである。と同時に、一体鳥栖に何が起きているのか心配してしまうのだが、・・・でも、それでも毎回お付き合いしてしまうのがレッズのいけないところだった、というのは去年までの話で、今回は血も涙も無いレベルの容赦の無いゴールラッシュを繰り広げた辺りは・・・レッズも変わる時は変わるものである。でも駄目な面に於いてもレッズらしさが無くなりつつある感じもありで、何かさびしい気もするけど・・・。

嘘。さびしいとか言っていたら戦国の世は生き残れない。これで良い。得点なんて、取れる時に沢山取っておいて損は無いのだ。敵の守備が崩壊気味だったとしたら、そこに執拗に付け込んででも得点を奪いまくる。それがサッカーでは正解なのであった。

・1点目/興梠が上手く貰ったというか、まあPK判定は妥当だけど。阿部は結局真ん中に蹴り込んだ。冷静。阿部らしい。
・2点目/シュートコースをしっかり空けてくれた鳥栖と、ソレを見逃さなかった槙野。そりゃ自分だって5万人の中でで応援したいから、次以降もどんどんゴールを決めて客を増やしてくれ。
・3点目/興梠ってフリーで決めるイメージなんだけど、競り合いであんなに上手いヘディングシュートも決められるのね。ここしか無いようなところに上手く当て込んだ感じ。でも平川のクロスが絶妙だったという話も。
・4点目/原口らしからぬ”後は入れるだけ”的ゴール。ただちょっと、その前でスルーした興梠、オフサイドポジションじゃなかったか?スルーでも攻撃に関与しているのは明白では・・・(註:これに関して後からご指摘して頂いて見直したら、オフサイドではないようです。失礼しました
・5点目/すげーな那須。もう那須に足向けて寝られない。那須大明神様だ。ACL含めて4試合連続ゴール。何なんでしょう?全然関係ない話だが、茄子の浅漬けが喰いたくなってきた。
・6点目/矢島はリーグ戦では初ゴールだ。おめでとう。こういう選手を育てて一人前になったら、本当に嬉しい育成成果だと思う。

いつも接戦とか危ない試合が多いレッズにあって、たまにはゴールラッシュを味合わないと身が持たないというか、息抜き的な意味もあるし、レッズは終盤に入っても安心していられる試合は少ないのだから、たまには大量リードによって安心感を得られる、こういう試合も必要なのさ。
しかしまあ、北ゴール裏住人としては、後半の5得点こそ北側に向けてぶち込んで欲しかったが、まあそれを言っても仕方がないか・・・。

ただ勝って兜の緒を締める意味でも、きちんと言うべきところは言わないといけない。6得点の隠れ蓑にしたくない2失点。前半は鳥栖がおとなしかったからそうでもなかったけど、後半に入って前線から積極的なハイプレスを仕掛けて来たから、それに焦ってレッズは後手に回る時間帯があり、素直にも何れもそこで失点した。何れも、何か難しい事をやろうとしたかのような不自然な守備対応、そこで既に選手の動きとボールの位置と、そして敵の動き、全てが1つか2つズレていた。
ボールを追うのか、敵の動きを抑えるのか、メリハリある守備が出来ない。それでも敵は前に前にと激しく来る中で、守勢に回るとボールが足に着かなくなって弾き返すのが精一杯。だから余計にボールが足に着かない。そんなこんなでバタバタしている内に、後手に回っては失点していた。
去年のホームゲーム鳥栖戦でゴールラッシュで4点リードしながら、直後に短時間で3失点した時のような気不味さに一瞬なりかけた。常にこちらがリードしていても、執拗に1点差で追いかけて来る鳥栖の攻撃は、やはり甘く見てはいけなかったのだ。鳥栖が去年のようなチーム状態だったら、果たしてどうなっていたか・・・。もちろん結果的に3-2からレッズが更に3得点を加えたと言う事実が、そのタラレバを振り払うにはじゅうぶんな数字であるのも事実だけど。

しかし、6得点もして、何れも違う選手がゴールを決めているのは偶然か?いや、役割分担をせず、誰からでも点が取れるようなサッカーをしているミシャ戦術ならでは、と言ったところだろうか。本当に(良い意味で)変てこなだな、ミシャサッカーは。

とりあえず、6得点+2失点だから、最低でも8杯はザ・美酒を飲まないといけないな(なんじゃそりゃ)。

------
J1リーグ第12節 浦和6-2鳥栖
得点/26分・阿部PK(浦)、49分・槙野(浦)、56分・岡田(鳥)、65分・興梠(浦)、66分・高橋(鳥)、80分・原口(浦)、89分・那須(浦)、45+4分・矢島(浦)
主審=中村 太
観衆:31,175人


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
4点目はオフサイドではありませんよ
マルシオが相手の2番目に後ろの選手より前にいるのでボールがオフサイドラインになります
興梠はボールより後ろに居たので問題ありません

個人的には6点目が1番素晴らしいと思いました
興梠も鹿島時代はああいうグラウンダーのアーリークロスで裏に抜けるのが得意でしたね
パスだけじゃなく、ドリブルだけじゃなく、ディフェンスラインとゴールキーパーの間にアーリークロス
これからもレッズがたくさん点を取る為の大きな武器になると思います
Z 2013/05/19(Sun)02:51:34 編集
無題
こんばんは、いつも試合後楽しみに見させていただいてます!
興梠のオフサイド疑惑ですが、一見オフサイドに見えますけど、あの瞬間完全に鳥栖の最後のDF選手よりもボールが前にあったためオフサイドラインがボールに切り替わるので興梠はオフサイドポジションではありませんね。ちょっと調べてみましたけど納得が行きましたw 良く線審は見てくれていたと思います。
自分も北ゴール裏だったのでいつもは後半こっち側だっただけにある意味悔しい試合となりましたね(笑)
シュエル 2013/05/19(Sun)02:56:21 編集
コメントありがとうございます
Zさん
こんばんはです。
4点目、映像を見直してみたら、おっしゃる通りでしたね。ご指摘感謝です。スタジアムだと興奮していたので細かい部分を見ていなかったので、自分の目が興梠のポジショニングばかりに集中してしまいました。
そして6点目のクロスは、キーパーとディフェンスラインの間の絶妙な所を通している高精度なクロスでしたね。守る側からすると対応し難く、攻める側からすると抜け出せば触ればゴールという、これ以上に無いパスですよね。外でパスを回すだけではなく、時に早い攻撃から、そのような思い切りの良いクロスを入れる大切さを見た感じですね。尤も最近はそのような姿勢も結構あるので、だからこそチャンスが増えているのでしょうね。

シュエルさん
初めまして。いつもありがとうございます。
ご指摘通り確かに、ボールを持ち込んだ時点でマルシオの位置がそれより前にあったので、映像を見直してみて納得しました。鹿島戦のオフサイドゴールで、妙に興梠のポジショニングに気を配りすぎていたのかもしれませんが、そればかり気にしすぎて、その対となるマルシオの動きを忘れていました。もう少し冷静にオフサイドか否かをその場で捉えられるようにしないといけませんね、自分(苦笑)
これも北ゴール裏側で起きていたら、もっと良く見えていたのかもしれませんが、それ含めて悔しい部分はありますねぇ・・・
うえ URL 2013/05/19(Sun)03:22:02 編集
無題
おはようございます。

本日は今も埼玉県内の学校で避難生活を送っている被災者がおり、私もパフォーマー兼米とぎ要因として支援活動に参加するため、体調面を考慮して観戦を回避させていただきました。現地観戦の皆さんお疲れ様でした。

昨日は速報で途中まで見たのですが、最終的に6対2とは驚きました。昨日は中継が有料の局のみだったため観ることはできませんでしたが、ほかの方のコメントを見ている限りでは気になるのはディフェンスラインとゴールキーパーの間へのアーリークロスでの得点ですね。やはり高さがない以上はそういうクロスをあげるシーンを増やしていってほしいですね。

とりあえず今はあまりじっくりコメント書き込んでいる時間はないので支援活動に行ってまいります。
アニメ統計学者 2013/05/19(Sun)06:22:12 編集
無題
おはようございます。現地参戦お疲れ様でした 4点目、自分達の周りでもかなりざわついてました。やはり前回の事で多少ナーバスになってましたが、こちらの記事拝見させて頂き納得です。
いつ以来ですかね?こんな大勝!結果は最高でしたが相手の守備も緩かったしゴール前放り込まれながらの厳しいプレッシャーにかなり手こずってました。相変わらず鳥栖の選手、時間関係なしに良く走る。ただ今日みたいな決定力あればこの程度の得点、訳ないですよ!との証ですね(笑)
次節柏戦、気を引き締めてホーム国立で迎え撃ちましょう!

ロビー 1周した後、北にいきましたねぇ~ 羨ましい…
欅通りのサポ 2013/05/19(Sun)07:58:54 編集
無題
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。
リーグ最多失点の鳥栖相手とはいえ6得点は気持ち良かったです。
次節の対戦相手である柏も失点が多いので、またゴールラッシュといきましょう。

試合前に場内一周するロビーを間近で見たけど、やはり太ってましたね。
FREE TIME URL 2013/05/19(Sun)08:02:59 編集
無題
キックオフをサイドを変えてってなった時 すごく嫌な感じがしました それやったの全北と清水だったから…

点差ほど内容に差があったかと言えば そんな事はなかったと思います うちはちょろちょろとパスミスがあったし 失点の時は相手のパターンだったし ただ去年ほどのバカ試合にならなかったのはDFの差だったでしょう
向こうはキム・クナンが抜けて うちは那須が入ったのが±1くらい効いてますね 茄子を置いとくと蟋蟀が… あ いや 何でもないです


去年の最終・今年のH開幕でも5万入ったし '04の頃は毎回5万前後は入ってたんですよね メインスタンドがスカスカなのを見ると悲しくなります
さくらもち 2013/05/19(Sun)08:15:11 編集
お疲れ様です
お疲れ様でした!
昨日は6-2と久しぶりに大勝で気持ちの良い試合でした!
しかも得点者が全員違うなんてミシャサッカーが機能している証拠だと思います!

あと優勝するチームは年に何回かある、こういう『殴り合い』の試合にきっちり勝ちきれるのが条件だと思っているのでそういう言う意味でもよくやってくれたとうれしく思います。

それから昨日の試合は結構興梠への縦パスが入ってたのが印象的で、興梠も鹿島戦で吹っ切れたのかだいぶチームにかなりフィットしてるのがよくわかりました!

次の柏とその次の仙台は浦和の実力を試すには良いチームですのでここで連勝して勢いに乗りたいですね!
Mr.T URL 2013/05/19(Sun)08:43:30 編集
コメントありがとうございます
アニメ統計学者さん
おはようございます。
パフォーマーだけではなく、そのような活動もされていたのですね。大変素晴らしいことだと思いますし、辛い避難生活の中で、統計学者さんのパフォーマンスによって、少しでも避難者の方々が明るい気持ちを取り戻していただけると良いですねぇ・・・。支援活動、かげながら応援しております。頑張ってください!
さて試合ですが、今回はサイドから良質なクロスが入っての得点が目立ちましたね。6得点目のマルシオのアーリークロスなんて、その総仕上げというか、お手本のようなパスだったと思います。ああった懐に飛び込むような絶妙のクロスを素早く上げられるサッカーが常時可能になると、得点力は飛躍的に上がりますね。もちろんそれを確実に決める受け手の決定力も求められますね。

欅通りのサポさん
おはようございます。
実は自分、今回は日中仕事でスタジアム到着が18時だったため、そのロビーは見られなかったんです(泣)。それを見られた欅通りのサポさんが羨ましい・・・!
それにしても、前節のオフサイドゴールがあったのが影響して、全くオフサイドではないはずのゴールでもオフサイドを疑ったり、先ずは線審を確認してしまう変な癖がついてしまいました(笑)。でも今回は6点とも確実に決めてくれましたね。いくら鳥栖の守備が緩かったとはいえ、これだけ大量得点を奪ったのは、レッズの攻撃が成長している証ですね。決定力にしても、これまで外しまくった鬱憤を晴らすかのような完璧っぷりを披露してくれました。このままの調子を維持して、我々にとっても第4の”ホーム”国立で、柏に勝ちましょう!

FREE TIMEさん
おはようございます。
最多失点の相手に、変に合わせないで、容赦なく攻撃出来たのが良かったですね。
次節の柏は、ACLの披露も重なっているはずなので、レッズはそこをバンバン突いて攻撃してほしいですね。ACLグループリーグで敗退した鬱憤も晴らしたいところです。
それと自分は今回のロビーには間に合わなかったのですが、またもロビーの前で勝ったのも嬉しいですよねぇ。
うえ URL 2013/05/19(Sun)10:06:19 編集
コメントありがとうございます
さくらもちさん
おはようございます。
茄子に蟋蟀・・・上手い事おっしゃいますね(笑)
さて試合ですが、風を考慮しての始めからのエンドチェンジなのでしょうけど、自分も最初はおっしゃる通り全北戦や清水戦を思い出してしまいましたね。今回はそれが逆にレッズに良いように動いてくれて安堵でしたけど。
今回も去年のように一瞬撃ち合いになりかけましたが、何とか2失点までで、その後は守備で冷静さを取り戻してくれましたね。そこで前に来る鳥栖の裏をバンバン突けました。2失点で踏み止まったのも、おっしゃる通り去年と今年を比べても、DFの差はありますよね。もちろん失点パターンは教訓としてしっかり反省材料にするとして、そこから慌てない守備をもっと身に付けてほしいですね。
観客数は、先ずはせめて4万平均は欲しいですよね。その為には単に強くなるだけではなく、黄金期の雰囲気を取り戻す必要はありますね。

Mr.Tさん
おはようございます。
今年に入って,ミシャの強い指示内容のひとつに「もっと縦パスを増やせ」というのがありましたから、最近意識的な縦パスが増えたのは、その指示の成果でしょうね。開幕から攻撃で効いていたとはいえ、その興梠も少し前までラストパスでの息が合わずに苦労していた感もあって、上手く縦パスが入っても1歩届かなかったり、オフサイドになったりと勿体ない場面が多かったですが、それが試合を増す事に連携力が高まって、出し手と受け手で良い感覚を保てるようになったと思います。その上でいよいよ興梠がゴールで結果を出すようになって来ましたから、これは更に期待が出来ますよね。
ミシャサッカーらしい流れで1人ずつ1得点、そんな中でも決めるべき選手がしっかり決めたのは、攻撃がスムーズに行った証拠ですね。こういう試合を、柏や仙台でも通用するようになれば、いよいよ本物ですね。まさに今のレッズをはかるに絶好の相手と連戦ですね。
うえ URL 2013/05/19(Sun)10:06:50 編集
6点!
こんにちは。

6人で6点は素晴らしいですね!
でも、3-2の時点では何となくリードしている感じがしませんでしたね。3-1から4-1になっていたらもっと楽になっていたと思いますが、それは結果論ですね。
しかし、今季の補強が見事にハマった試合だったと思います。完全移籍になった槙野を含め、移籍金を出して獲得した那須、そして興梠、森脇。それぞれが素晴らしい活躍をしたと思います。中をガッチリ固められていたので、シャドーの2人は消えている時間が多かったですが、サイドの平川、梅崎もキレキレでしたね!
ロングボール&ロングスローで豊田頼み、そして突破をファールでしか止められない鳥栖…当然の結果でしょう。

しかし、ミシャもコメントしていたように、審判のジャッジにはマニュアルみたいなものがあるんですかね?今季は特に不安定なジャッジが目立つ感じがするんですが…

さて次は国立で柏戦ですね。あのポポのゴールを思い出します。那須にとっては古巣対決ですね。きっとまた決めてくれるでしょう!日程的にはかなり有利なので、栗鼠追撃の為にも絶対勝利で!

昨日は、ようやく暖かくなって観戦日和でした。中断までの2戦、連勝して首位を目指しましょう!お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2013/05/19(Sun)11:31:46 編集
長野から今季初参戦
いつもブログ楽しく拝見してます。

今季初参戦であんなに盛り上がるゲーム見れるとは、かなり得した気分です。
特に南側だったので、後半は大騒ぎ。
久しぶり参戦の友人も誘ってもらって良かったと、楽しんでました。

こんな感じで入場者数も増えて行って欲しいですね。
浦和九★ URL 2013/05/19(Sun)12:52:34 編集
無題
お疲れさまでした。正直なところ勝てて良かったです。ひやひやしました。↓

うえさんが「ゴールラッシュで4点リードしながら、直後に短時間で3失点した時のような気不味さに一瞬なりかけた。」とおっしゃるように、前半こそ鳥栖は浦和の中盤を省略して頭を越すばかりの放り投げ戦術でしたが(制空権は豊田の一人勝ち)、後半のハイプレスによる見事な先日に、浦和はドタバタしてその混乱を修正できずに後手後手に回る時間帯が長く続いてしまった。いつ決められてもおかしくはなかった試合でした。

後半は運よく浦和にも得点が入り(どっちが点を取っていてもおかしくは無い)差がついて大量得点で勝利できたのですが、(韓国人選手の判定に対するブチギレもあり)鳥栖の集中力が切れていなかったら…と、ゾクとします。

勝利は勝利と単純に喜べばよいのですが、長いシーズンに下位チームがこの後続々と、このような戦術を掛けてくるのは目に見えており、難しいかもしれないが、仕掛けられても落ち着いてそれを跳ね返して、逆にポゼッションを取って仕掛けられるチームになれれば、5万人の集客は可能なのではないか?

槇野のあのようなパホーマンスは賛否両論あるだろうが、男が口にするなら試合で見せて欲しいところですね。

次節も勝利しましょう。


りょりょ 2013/05/19(Sun)15:46:27 編集
お疲れ様でした~
疲れる試合でしたw

あわや去年の3失点の再現・・・となりそうな勢いでしたもんね。でもそこを凌いでゴールラッシュ叩き込めたのには成長を感じました!!

6点もありましたが、再放送などで何度みても阿部ちゃんのPKが一番どきどきします。
だってど真ん中(笑)
ケロヨン URL 2013/05/19(Sun)18:05:54 編集
無題
うえさんお疲れ様です!

昨日の試合は、点差とは裏腹にハラハラしながら観てました。

守備に関しては、豊田へ入るボールに対してきっちり体を寄せる+落とし先へのカバーも出来ていて対策はある程度出来ていたと思います。

しかし、守備にも通じる事ですが、攻撃面でもボールがない所でのランニングが足りなかったかなと・・

まっ、久しぶりの大量得点だったので、結果には大満足です(^-^ゞ

次節いいイメージで試合に入ってほしいですね!
沖縄の赤い悪魔 2013/05/19(Sun)18:48:30 編集
無題
お疲れさまです。

途中から「もう、その辺で許してやれよ~」と、簡単に失点しまくる鳥栖が、かわいそうになってきました。

とはいえ、久々の大量ゴール。気分最高ですね。

鳥栖サポーターも九州から沢山きてくれたのは嬉しい限りです。
GT 2013/05/19(Sun)20:33:42 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
鳥栖相手に1点差や2点差でリードしていても、去年のことがあるので、安心感より先に不安感が先行してしまいますよね(笑)。実際3-2までは撃ち合いになってしまいましたし。これはセレッソ相手にも言えますけど、鳥栖のようなハードなチーム相手には、とにかく大量リードしておかないとやはり危険ですね。そして今回はサイドからの崩しが目立った試合でしたが、おっしゃる通り鳥栖の守備は中央に集中していたので、必然的にサイドが空いて、うちはそこを上手く使って余裕を持って確実な崩しが出来ましたよね。特に梅崎にとって、昨日の試合は一番活きるパターンですね。後は主審のジャッジがもう少し落ち着いていてくれたらと思いましたが、前節もそうですし、どうにも不安定感が否めませんね。日本のサッカーに審判が付いて行けていないのでしょうかねぇ・・・。
補強に関しては、日本人レベルでの補強は大成功ですね。自分は興梠と森脇は年齢的にも戦術的にもレッズでも合うと思っていましたが、加えて那須がここまでレッズに合うとは正直思っていなかっただけに、これは嬉しい誤算でした。後は関口をもっと使ってほしいところですが・・・。
さて次節の柏戦、去年の劇的勝利が記憶に新しいですが、柏のような外国人が強力な相手に、日本人中心のレッスがどう戦うか注目ですね。那須も燃えている事でしょう。ACL疲れがあるであろう柏を、確実に突いて勝利と行きたいですよね。

浦和九★さん
数年前に何度かコメントいただいた「浦和九」さん・・・でしょうか?お久しぶりです!(違っていたら、初めまして)。
長野から来ていただき、大変お疲れ様でした。その甲斐あっての、レッズ大勝が生で観られて良かったですね。5点6点と取る試合、滅多に見られる内容ではないだけに、レッズの歴史に残る大勝試合として記憶に刻まれましたね。
こうやってどんどん盛り上がって、少しずつでも観客が増えてくれれば嬉しいですね。
うえ URL 2013/05/19(Sun)20:37:49 編集
コメントありがとうございます
りょりょさん
こんばんはです。
今季絶不調の鳥栖とはいえ、ユン監督が鍛え上げたハードワークと、相手に意地でも喰らい付く攻撃力は健在でしたね。それをわかっていて警戒していても、フィジカルに弱いレッズとしては、やはりタジタジになる時間帯が少なくなかったですね。そして、そこを突かれてはお決まりのように2失点を喰らってしまいました。ただレッズとしてはそこで踏み止まって何とか冷静さを取り戻して、気持ちから建て直して、前に来る鳥栖相手に冷静に裏を突けたのがその後の大量点に繋がりましたね。そんな鳥栖は途中からレッズの反撃に焦り、おっしゃる通り集中力が飛んでいた感じでしたね。故に守備も散漫になり、レッズは楽々攻撃が出来るようになったと思います。
今回は下位チームに取りこぼしせず、しっかり勝ち点3を得た事を先ずは喜ぶとともに、鳥栖のようなチームと戦う時は、おっしゃる通り先ずはレッズが冷静に戦う事が大事ですね。変に相手に合わせてしまうと、そこを付け込まれて押されてしまうのだと思います。ポゼッションを更に高めつつ決定力も確実に高める。難しい挑戦が続きますが、これがレッズの進む道ですね。
それと槇野は、確かに賛否両論ありますが・・・でも色々な意味で楽しい選手ですねぇ。チームに1人は必要な選手ではありますね。

ケロヨンさん
こんばんはです。
阿部のPKにドキドキ・・・同感です(笑)。本人は性格そっくりにやたら落ち着いて蹴っているように見えますが、蓋を開けてみれば今回はど真ん中でしたからねぇ。PKを真ん中に蹴れる選手は度胸あると言われますが、以前失敗した時に右に思いっきり蹴って外したので、今回は真ん中にしたのでしょうかねぇ。
しかしその先制点があったからこその6得点。ゴールラッシュは滅多に味わえませんけど、たまにはこんな試合も良いですね。
うえ URL 2013/05/19(Sun)20:38:23 編集
コメントありがとうございます
沖縄の赤い悪魔さん
こんばんはです。
沖縄は梅雨入りしたようですね。さてその豊田ですが、豊田に対する警戒と対策はしっかり出来ていましたよね。高さがある豊田へ簡単にボールを上げさせないよう、サイドで執拗に動く壁を作るなどの有効な動きも目立ちましたね。その分、他の選手を捉えきれずに失点した面はありましたが、相手のエースを封じるのは勝利への当然の条件ですから、その豊田を封じたのは大きかったですね。
ただ守備に回る時間帯が多かったので、6得点の割には自分達の攻撃が出来たとは言えない感もありましたね。鳥栖の守備を捨てでも前に来る姿勢と、レッズのカウンターが上手く効いた上での大量点でしたね。
でも大量点は気持ち良いですよね。お腹一杯にしてくれる試合でした。おっしゃる通り、良いイメージを持続して次に臨みたいですね。

GTさん
こんばんはです。
そうそう、鳥栖サポーターも結構来てくれていましたよね。鳥栖サポの数で3万人をやっと超えたのも事実ですし。
あれだけの数のサボーターが来ての6失点はちょっとショックかもしれませんが、埼玉にあれだけ来ていただけた事は感謝したいです。
うえ URL 2013/05/19(Sun)20:39:23 編集
無題
4―2から先は展開的にもうどうでもいいじゃないか...と言いたい所ですが、04・05年以来の6得点以上というのに意味があります。当時がまさにレッズの全盛期に近かったですし、数字上だけでも当時に近付けたかと思うともしや...です。

今後の観戦予定ですが、7月はA川崎戦かHマリノス戦、8月はA名古屋戦。
そして、基本アウェー専門である私は埼スタでの試合は鹿島戦だけと決めていたのですが、9月の甲府戦は・・・行きます。

それにしても鳥栖、05→06年のセレッソや08→09年の大分と重なって見えませんか?
堅守により下馬評を大きく覆しての大健闘→しかし、頑張り過ぎた反動からか守備が完全に崩壊という。

もちろんこれはレッズとて他人事ではありません。当のレッズも2008年以降しばらくどこかがおかしくなり続けていたわけですし、崩壊するときは本当にもろいものですね。
あきら 2013/05/19(Sun)21:33:33 編集
コメントありがとうございます
あきらさん
こんばんはです。
基本アウェー専門でも、なるべく、いや、是非ホームも来てくださいね(笑)
得点は取れるだけ取っておいて決して損はないので、それが4点より5点、5点より6点と、多ければ多いほど嬉しいものですね。なるほど、05年以来の6得点でしたか。あの頃からかなり月日が経過してしまいましたが、確かに数字上、強かった頃の黄金期のレッズを思い起こさせてくれる大量点でしたね。
鳥栖に関しては、去年の堅守は何処へ行ったのか、と敵ながら少々心配してしまう守備の崩壊っぷりでしたが、おっしゃる通り下馬評を大きく覆して大健闘を繰り広げた翌年、それに安心してしまったのか、はたまた力を使い果たして燃え尽きたかのように、全く違うチームになって落ち込んでしまうパターンかもしれませんね。これは現状に満足せず、油断せず、好調な年こそ翌年に向けてしっかりチーム力を維持して行かなくてはいけないという、レッズとしても鳥栖を反面教師にしなくてはいけない例でしょうね。
うえ URL 2013/05/20(Mon)17:53:24 編集
無題
こんばんは。
サガン戦の勝利おめでとうございます。
試合についてですが、ザッケローニ監督が視察に来ていたのが、サガンの選手達に極度のプレッシャーなっていたのに対して、レッズの選手達は平常心でプレーしていましたね。
サガンの選手達は豊田選手にボールを集めよう。ゴールをとらせよう。アピールさせよう。
レッズの選手達は豊田選手を止めて勝てば、自然にアピールになる。
この差が勝利につながったと思います。
試練の3連戦、結果2勝1分け、素晴らしいです。
1勝1敗1分けを予想していたのですが・・・。

サッカー素人 2013/05/20(Mon)22:33:59 編集
コメントありがとうございます
サッカー素人さん
こんばんはです。
ありがとうございます。実は自分、ザッケローニ監督が視察に来ていたのをすっかり忘れていました(笑)。レッズでは原口や槙野を主に、鳥栖に関してはやはり豊田を見に来たのでしょうね。その豊田に点を取らせなかったのは良かったです。そしてミシャレッズの場合、どんな状況でも自分たちのサッカーを貫くというのが約束事なので、更にホームの理もあって平常心に繋がったのかもしれませんね。
セレッソに悔しいドローがありましたが、それを引きずらないで鹿島と鳥栖に多くの点を取って連勝したのは大きいと思います。しかし中断前には柏や仙台との試合もありますから、ここで気を引き締めなおして、しっかり連勝数を伸ばして行きたいところです。
うえ URL 2013/05/21(Tue)17:56:40 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第16節 鳥栖2-1浦和 得点/65分・小野(鳥)、90分・福田(鳥)、90+5分・李PK(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第17節 浦和-広島(埼玉スタジアム2002=7月1日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 22 23 24
26 27 28 29 30
最新コメント
[06/28 ハートランド]
[06/28 うえ]
[06/27 欅通りのサポ]
[06/26 うえ]
[06/26 ひろまろ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]