忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[874]  [873]  [872]  [871]  [870]  [869]  [868]  [867]  [866]  [865]  [864
一体、前回のアンケートから何年経っているんだというくらいに(というか、このブログにアンケート機能がある事すら知らない人も居るよね、きっと。自分もその機能をすっかり忘れていたし(苦笑))、久しぶりにアンケートをやります。

題して、 「貴方はJ1リーグの2ステージ制復活に賛成?反対?」
・・・です。

そのまんまの意味です。
単刀直入です。
二者択一です。
簡単です。

←左のプラグインのアンケート枠、もしくは下の枠から選ぶだけです。


出来れば、その理由も知りたいです。特に賛成派の方の。

投票期限は6月21日までとなります。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんわ初めまして、いつもブログ楽しく拝見させてもらってます。
自分の考えをコメントさせて頂きます。
長文お許しください。

目先の利益に拘らず文化としてサッカーを地域に根付かせる事が大切、
地域密着をうたっているのだから、地域にどれだけ密着できるか、
それとサッカー自体の魅力を最大限伝える。
それにはやはり専用スタジアムが絶対必要、魅力あるスタジアムなら、
ライト層も行ってみたいと思う。
それと

・各クラブは毎週一度、選手を連れて市内(県内)の小中高の全校集会などの
時間にお邪魔して営業する。そこで宣伝、デモする。子供は未来のお客さん、
地域密着と相まって、とても素晴らしいと思う。

・駅前や商店街などでも宣伝活動する。選手が行うのが望ましい。
とにかく地域密着して、市民に存在を知らしめる事が大切だと思う。
大変だろうけど、そんな事いってられない。

・2万から2万5千収容の専スタが必須
(これはすぐには難しいだろうけど、長期的には絶対必要)

・リーグがマスコミにもっとメディアに取り上げてもらう
努力が必要


浦和がなんだかんだ三万以上入るのはやはりサッカー文化が他の街と
比較すると根付いているからだと思う。
今リーグがやろうとしている事は仮に短期的に成果が出たとしても、
一時的なもので、すぐに埋没すると思う。
だいたい100年構想って言ってるけど、具体的にどういうプランになってるんだろうか?
各クラブはいつまでに専スタを持つとか考えているのか?
あと、プレミアの運営とか参考にしないのか?

リーグや各クラブを理念に沿ってもっとやることがあるはず、
自分は今でも十分面白いから全然いじらなくても結構、
ただ、カップ戦とべスメン規定は廃止して欲しい。

なんかまとまりが無いですが、取りあえず申したいのはこんな感じです。




muuchoREDS 2013/05/22(Wed)20:52:48 編集
断固反対です!
目先の利益で百年構想が安っぽいものになろうとしています!プロ野球みたいになったらおしまいです!
名無しさん 2013/05/22(Wed)21:14:04 編集
コメントありがとうございます
muuchoREDSさん
初めまして。
サッカー自体の魅力を最大限伝える手段として、自分もサッカー専用スタジアムを充実させるのは必要だと思いますね。ただ今の日本では、レッズと浦和と埼玉と埼スタのようなサッカー文化が上手いバランスの上で成り立っている地域は極めて稀であり、全国規模で考えるとそこまでサッカー文化が根付いていないのも事実なので、これは段階を踏む事と、やはり時間が必要なのも事実だと思います。そういう意味で現段階では需要と供給が合っていないので、専用スタジアムで運営上機能する地域、クラブは限られてしまいますね。スタジアム自体はクラブが直に持つ事は現状では難しく、自治体の運営が頼りなのが現状ですし、埼スタ自体もまだまだ赤字経営ですし・・・。
しかしその文化を根付かせるためにも、muuchoREDSさんが数例挙げられているような活動の努力は日々必要不可欠でしょうし、それが成功するか否かによってクラブチームの尺度も分けられてしまうのも、これまでの、そしてこれからも避けられない部分ですね。それに追い付けずに、潰れてしまうクラブも、これから出てくる可能性がじゅうぶん考えられます。それを含めての百年構想という事になってしまうんだと思います。
ただ、そうならないために、人気を得るために何かを変えるにしても、例えば今回議論されている2ステージ制復活のような、明らかに短絡的でその場凌ぎのような対策は決して将来のためにはなりませんし、せっかく根付いた文化を再び崩す事になりかねない危険なものだと思います。J1リーグはせっかく1ステージ制が文化となりつつある中で、またそれを崩してしまったら、これまでの築き上げて来た努力が、水の泡になってしまう気がしています。
それと自分はカップ戦は残してほしいですが、べスメン規定は廃止して欲しいと思います。

名無しさん
初めまして。
プロ野球のクライマックスシリーズのような、プレーオフによってシーズン最高の成績をおさめたチームが優勝できないかもしれない理不尽な形には自分も反対です。1ステージ制に慣れた今、もはやチャンピオンシップはプロ野球のクライマックスシリーズと同じに見えてしいますよね。
うえ URL 2013/05/23(Thu)18:57:50 編集
反対だけど
こんにちは。

自分も2ステージ制は反対です。これでサポーターが増えるのかは不明ですし、苦労して1ステージを優勝しても嬉しい感情が出て来づらいのは勘弁です。

賛成派のメリットってACL があるチームくらいでしょうか。前半戦は決勝トーナメントに全力をかけて、後半戦にチームとして完成された状態で優勝を目指せる………と書いててアレですが、ベスメン規定が邪魔ですね。本当にメリットってあるのかな?

カンヌ 2013/05/26(Sun)12:44:47 編集
コメントありがとうございます
カンヌさん
こんばんはです。
ファン・サポーターが増えるかどうかと言えば、確かに優勝争いとチャンピオンシップの時だけは注目されるので必然的に観客増になるでしょうけど、それは注目先行で客が増えただけの事で、真にサッカーやチームが好きな人が増えるという訳ではないと思います。つまり本質はこれでは何も変わらないんですよね。
メリットは、短期なら優勝可能なチームが増える事と、秋春制移行時にステージ分けをして、移行までの日程を少し作り直しやすくなるという点でしょうかねぇ。ただ逆に考えるとそれ位で、逆に年間優勝の価値を激減させる方がよっぽと不味いと思いますねぇ・・・
うえ URL 2013/05/26(Sun)21:20:59 編集
無題
私も2ステージ制反対です
もうステージ優勝なんて物では喜べませんから

でもチャンピオンシップは良い思い出です
私も当時なんとかチケットを手に入れて2試合とも参戦しました
それまでチャンピオンシップは憧れの舞台だったので最後にレッズが間に合ったのは嬉しかったですね

美しい思いでは思い出のままにしておくのが1番でしょう
Z 2013/05/27(Mon)06:12:18 編集
コメントありがとうございます
Zさん
こんばんはです。
2ステージ制が当たり前のあの頃だからこそ、自分も初のステージ優勝で率直に嬉しかったですし、レッズとしては最初で最後のはずだったチャンピオンシップも大盛り上がりでしたが、1シーズン制が当たり前のようになっている今、もし本当に2ステージ制が復活しても、ステージ優勝で素直に喜べるかと言えば、自分もそうではないですね。まだチャンピオンシップで勝たないと優勝できないという事実が、逆に盛り上がり感を削いでしまうと思いますね。
うえ URL 2013/05/27(Mon)18:15:47 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第26節 磐田1-1浦和 得点/21分・ムサエフ(磐)、79分・興梠(浦) ・・・次の試合/天皇杯4回戦 浦和-鹿島(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場=9月20日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8
10 11 12 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/20 うえ]
[09/19 サッカー素人]
[09/19 うえ]
[09/19 東浦和レッズ]
[09/18 うえ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]