忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[611]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606]  [605]  [604]  [603]  [602]  [601

今週発売のサカマガだかサカダイだかの後頁の方の記事で、立ち読み+斜め読みだったから細かい部分は覚えていないんだけど、大まかに言うと『ピッチ上で痛がって試合を中断させる行為に対し、度が過ぎる場合はロスタイムを余計に多く取れ』みたいな記事が書かれていた。

これ、実際試合時間を測る主審からすれば「そんなのは言われなくてもやっているよ」と言われかねない記事の文句だし、実際に審判は、試合中の様々なロス場面ではしっかり時計を止めている”筈”なのだが、心情的には、記事の言わんとしている事は理解出来た。

でも、どうして今更こんなベタな記事が書かれるのかというと、最近のJリーグでは、上記の様なシーンが増えている、中には目に余るようなものも少なくないからであろう。
そりゃ、のたうち回って痛がった挙げ句にずっと倒れたまま試合を中断させ、タンカが運ばれたと思ったら一向にそれに乗らず、依然倒れたまま、審判が即したかと思えばいきなりピョコンと立ち上がって、何事もなかったように戦列に復帰する。スタンドからは「おいおい普通に歩けるじゃねーか!演技してんじゃねーよ!」の罵声が飛びまくる。
その間に浪費した数分が、果たして正確にロスタイムに加えられているのかというと、それは甚だ疑問に感じる観戦者は少なくない筈である。
良くある場面として、それが試合終盤やロスタイムに突入した後で、リードしている側の選手がそれをやらかしたとすれば(というか、その状況にこそ、そういう場面が多い)、リードされている側の焦りと苛立ちは・・・この気持ちはサポーターなら散々に味わってきたものであろう。

ここで問題になるのは、本当に起きあがれない程に痛がっているのか、実はそれが演技なのかを、果たしてどう判断するのかという事に終始すると思うのだが、まあそれを言われても、結局そこは主審の裁量に頼るしかないのであろう。

で、ここで正式に「度が過ぎる場合はロスタイムを余分に加算する」ルールが出来たとしたら、少しは”演技”も減るだろうか?
でも実際に痛がっているのに、それが演技と思われたら悲惨だし・・・ん?それって試合中のシミュレーションに似ているな。ってかそういう事だよね。
しかも、もしこのルールが適用されたら、通常ロスタイム5分+演技したから5分追加とかで、ロスタイム10分(!!)とかになったら、どうしよう(苦笑)
やべ、真面目に書いているつもりが、だんだんバカっぽくなってきたから、この文章はこの辺で終わりにしよっと。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
“余計に”というのがミソでしょうか。
シミュレーションの範囲を大きくすればいいのでしょうが、、、本当に痛くて立ち上がれないのにカードなんかもらったらたまったもんじゃないですもんね。
クラブごとの教育に期待するしかないんでしょうかね。
S.ジェラード 2010/04/21(Wed)22:05:00 編集
コメントありがとうございます
S.ジェラードさん
こんばんはです。
そうなんです、その”余計”な部分も審判の裁量次第な事になるんでしょうねぇ。そうなると別の議論が沸きそうですね。
遅延行為をどう暴くかに関しては、サッカーでは本当の意味で永遠のテーマとなりそうですね・・・
うえ URL 2010/04/21(Wed)22:20:30 編集
無題
うえさんお疲れ様です(^O^)/

少年サッカー(U-12)の指導に携わる者としては、シュミレーションやカード覚悟のプロフェッショナルファウルなどは、基本的にはこの年代で教えてはいけないとなっています。

その様な状況の中、プロが簡単に潰されたり必要以上に痛がったりっていうのは、観戦している子ども達の教育上よろしくないかと個人的には感じます。

シュミレーションもプロフェッショナルファウルも、サッカーの基本技術があってこその大事な1つのプレイである事は確かなのですが、簡単に倒れないっていうのも魅力ある選手だと思うので、怪我をしない・させない程度のぶつかり合いが見たいですね~!
沖縄の赤い悪魔 2010/04/23(Fri)14:22:34 編集
コメントありがとうございます
沖縄の赤い悪魔さん
おはようございます。
シミュレーションに関してはプロの世界の一環だとは思っていますので、そこは少年サッカー世代では清く正しくと行きたいところですね。
一般的に、日本人ってシミュレーションひとつにしても”下手”というか、まあそれが良いのか悪いのかは別として、南米の選手などはそこはしたたかですからねぇ。やはり育った環境もあるのでしょうけどねぇ・・・
うえ URL 2010/04/24(Sat)07:26:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第16節 鳥栖2-1浦和 得点/65分・小野(鳥)、90分・福田(鳥)、90+5分・李PK(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第17節 浦和-広島(埼玉スタジアム2002=7月1日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 22 23 24
26 27 28 29 30
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]