忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1114]  [1113]  [1112]  [1111]  [1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105]  [1104
2016年 J1リーグ 2ndステージ 第6節
ヴァンフォーレ甲府0-2浦和レッズ
~山梨中銀スタジアム

こんな時間になってしまった。だからと言って今回も鹿島国と同じく実は甲府に行っていた、というオチではなくて、単に集まりで朝帰りになってしまったからだけど。

前半まではネットで追いかけていたんだけと、結果的にその前半だけで勝負が決まってしまったんだな。
スタメンは前回ノーゴールのズラタンと、前回2得点の李を入れ換えたのと、出場停止明けの宇賀神がスタメンに復帰。前回パッとしなかった高木が引き続きシャドーに入ったところを見ると、ミシャは高木にもう一度チャンスを与えたという事だ。

早い時間帯に先制点を奪ったが、その先制点が先ずは出場停止明けの宇賀神(アシストなんだかよくわからんが)から武藤だったという部分がグッド。スタメン復帰した選手がアシストしたのが先ずは理想的であり、久しくゴールから遠ざかっていた武藤が前々節の大宮戦でゴールを決めて、前節鹿島戦はゴールが無かったが、再び今回ゴールという順番。2試合に1得点ペースならば復調の証か。ただそうなると次の湘南戦はどうなるんだという順番になってしまうが、まあそれはそれとして、コンスタントにゴールを決められるまでに復調してくれれば、もう何も言う事は無いのであった。

そんでもって追加点も理想的で、長らくパッとしなかった高木が、前節に続いて今回チャンスを与えられて、それをアシストという形で期待に応えた。前節ようやく出場機会を得たにもかかわらず、蓋を開けてみたら守備に追われるだけでパッとしなかった高木は、それ以前からの扱いを含めると、今回が背水の陣だったと思う。前節「もう一度高木にチャンスを」の気持ちでした自分にとっても、高木が結果を出してくれた事は本当に安堵しているし、では次はゴールという更なる期待が沸くのであった。まあ一番安堵して期待しているのは他でもなく高木豊かもしれないけど(笑)
で、高木のアシストを受けてキッチリ決めたのは李であったが、前節のマルチに次ぐ2試合連続ゴールであり、ここは李お得意の「固め打ち」が出だしたか?調子の波が激しいのが李のウィークポイントだが、だからこそ調子が上がるとフィーバーしちゃって止まらなくなるのが李だけに、今この調子を最高潮に上げたまま、次節以降もどんどんゴール量産モードに期待したい。そして何れ来るべき不調モードに備えよう(冗談)。あ、そういえばアシストした高木も調子の波が激しい選手だったな。似た者同士の連携でゴールが奪えたのは偶然ではないだろう。だって似た者同士だから。

ここから先は集まりで全くネットチェックが不能に陥り、気が付けば2-0のまま試合は終了していた。
甲府の状態も良くわからない。ドン引きして来たのか?それとも?やたら警戒対象になっていたドゥドゥはどうだった?(洒落じゃないよ)
ってか甲府のマルキーニョス・パラナって退団したはずでは?どうしてスタメンに名を連ねているのだ?まあ再契約したって事だろうけど。この甲府ってクラブは今季せっかく復帰せさたクリスティアーノを僅か半シーズンで柏に持って行かれたと思ったら、その他の保有外国人も開幕時点とシーズン中で大幅に変わるチームなんだよな。1シーズンで外国人の入れ替わりが激しいチームでは、群馬や岐阜と並んでJリーグトップクラスではないだろうか?
でも毎年毎年色々な外国人がやって来るチームは、「もしかしたら今回の外国人は活躍してくれるかもしれない」と期待が沸いて楽しそうで羨ましい部分がある。それだけ未知の外国人もギャンブル的に多く獲るのが甲府だけど、逆に外国人にはギャンブルしないレッズからしたら、本当に真逆のチームである。まあたまにギャンブルしちゃうと、イリッチならぬイソッチみたいな外国人が来てしまう訳なんだけど。まあそれはそれ、これはこれって事で。

で、集まりって何?と思われているかもしれないので白状すると、ようするに単なる飲み会であった(笑)。1次会は川越のビアガーデンで、その後に何故か下赤塚に移動するという訳のわからない行動をして夜中2時まで飲んでいたら、当然の如く電車が無くなりました(笑)
おかしいなぁ、本来の予定はその夜中2時までにブログを書く予定だったのに。どっかの外国人補強と同じで、予定は美味く行かないものであったとさ。

------
J1リーグ2ndステージ第6節 甲府0-2浦和
得点/14分・武藤(浦)、45分・李(浦)
主審=飯田淳平
観衆:15,508人



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
勝ち点3おめでとうございます。現地組としては福岡に続き、アウェイ連勝街道爆進中であります。頼れる李と復活武藤の活躍さまさまです。次も頑張りましょう。甲府はいいとこですね。来年も来たい。鳥モツ煮、桃を食べて帰宅の途に着きます。
与野 2016/07/31(Sun)14:22:47 編集
無題
アウェイ甲府できっちり勝ち点3を取れましたね。

私はスカパーで見ていましたが、甲府のドゥドゥは良い選手でした。
前半4分にドゥドゥが森脇と関根と2枚のマークを簡単に抜き去って左サイドのから崩されて、宇賀神がかろうじてゴールラインでクリアしたシーンがありましたが、あれが決まっていたらもっと難しい試合になっていたかもしれません。
試合内容も『戦術ドゥドゥ』でカウンターサッカーの甲府に対して浦和は点を取りに行く展開になりましたが、1点目の宇賀神から李をおとりにして武藤が裏から決めたシーンでほぼ決まりでした。
ここのところやっと武藤らしいゴールが決まりだしているのはいい傾向ですね。
あとは先発の高木が李に合わせて追加点を取って、後半は無理をせず結果2-0で勝利でした。

あとは後半終了間際の石原のフリーのシュートが入っていたら移籍後初ゴールでしたがGKに防がれたのは残念でした。石原の動きはだいぶ良くなっていますし、広島の佐藤寿人のように、浦和の前線の選手では貴重な『DFラインの裏に抜け出す技術が上手い選手』ですので、石原の特徴を生かしたゴールを決めてほしいです。

さて次節は湘南戦ですが、順位は下位に低迷していますが、今節川崎F相手に3-2と接戦を演じるだけの力がありますし、とにかくハードワークしてきますので、湘南のペースに合わせると体力を消耗してラインが間延びして浦和の持ち味が出ませんので、しっかりボールを回して、落ち着いて試合展開をしてほしいです。
Mr.T URL 2016/07/31(Sun)15:26:52 編集
無題
今晩は 
遅くまでの飲み会お疲れ様でした
現地から夕方戻って来ました。2-0の勝利!正直鹿島と3-3で引き分けたチームなので少々不気味でしたが蓋を開けたら相手10番はしっかり抑え込めてましたし攻守の切り替えも早くサイドチェンジからの崩しも見事。さすがのミシャも今回の甲府戦はしっかり対策とったとの事。プロなら当たり前で何を今更ですがね。この成果?なのか終始レッズのペースだったと思いますし選手にしてみれば省エネ気味に戦え完勝と言っても良いのでは?只欲を言えば最後石原のチャンス決めて欲しかった~。川崎もしぶとく勝ってますがレッズもこのまま離されず今度の直接対決でなんとしても叩いて欲しい!

実はアウエー甲府、今まで国立だけだったので中銀スタは初めてでした ワインと果物好きの自分には堪えられない場所なので来年もこの時期試合あれば是非又来たいですけどもねえ・・・
欅通りのサポ 2016/07/31(Sun)19:46:06 編集
無題
こんばんは。
てっきり甲府へ行ったものだとばかり思っていましたが、飲み会で更新が遅れたわけですね(汗)
この時期に甲府で試合は拷問に近いので心配だったのですが、全く問題なく完勝出来て良かったです。
川崎との直接対決までに戦う湘南、名古屋と甲府とともに残留争いをしているチームとの連戦が続きますが、それまでには勝ち点3を積み重ねていけたらと思います。
FREE TIME URL 2016/07/31(Sun)20:25:52 編集
盤石!
こんばんは。

ほぼ完璧な勝利だったと思います。開始直後は意外と(?)甲府が出てくるような姿勢を見せましたが、すぐにドン引き状態。予想はしていましたが、ボールを持てばドゥドゥへ…みたいなドン引きカウンター狙いの甲府。両サイド、特に宇賀神の突破に相手DFは付いて行けず、見事な先制アシスト。追加点も高木の動き出しに相手DFは全く付いて行けませんでした。理想的な2点だったと思います。
守備面でもドゥドゥさえ抑えれば…みたいなところもありましたが、甲府にとって頼みのドゥドゥも後半はガス欠状態でした。
石原の決定的は場面など、3、4‐0で勝てた内容だったと思います。18:00キックオフの暑い中、良く走りました。一番大きいのは、興梠を欠いても着実に点が取れている事ですね。

アクセスを考えての18:00キックオフだったのかな?とも思えますが、暑かったです。湿度はそんなに高くなかったと思うので、日が落ちてからは多少楽にはなったかなと思いましたが、何せ甲府は日中が暑かったので、選手達もかなり消耗したと思います。

さてこれで2ndステージ、年間順位共に2位。とにかくこのまま食い下がって川崎との直接対決を迎えたいですね。
週末、また埼スタで頑張りましょう!
東浦和レッズ 2016/07/31(Sun)20:31:17 編集
無題
こんばんわお疲れ様でした。

甲府の戦術からしてこの時期はしっかりとした守備意識のもとにこういう戦い方が今後も望まれますね。尤もミシャは納得いかないでしょうが…。柏木が途中で交代したのは残念でしたが、その分高木が奮起してくれました。チームを鼓舞するために敢えてヒール役を買ってでた柏木ですが腰は大丈夫か心配です。お大事に。

うえさんは付き合いも大切ですからね。(^O^)

次節もがんばりましょう。





りょりょ 2016/07/31(Sun)21:10:39 編集
コメントありがとうございます
与野さん
こんばんはです。
土曜日は山梨までお疲れ様でした。小瀬でやると苦手意識があった甲府ですが(ドローが多い記憶なので)、今回しっかり勝てたのは嬉しいです。エース興梠不在の中で武藤と李の両FWがアベックゴールを決めてくれたのも大きいですね。
鶏モツは美味いですよね。あれはビールが進みます(笑)。来年は現地へ行きたいです。

Mr.Tさん
こんばんはです。
試合前から警戒していた甲府のドゥドゥは、やはり脅威でしたか。甲府は基本的に引いて守ってのカウンター狙いで攻撃は前線の外国人頼みとわかりやすいチームではあるんですが、そういうわかりやすいチームに弱いのもレッズなんですよね。森脇と関根、いくら2人は守備が良いとは言えない選手なれど、それでも簡単に抜かれてしまったとは・・・。失点するところをギリギリで防いだ宇賀神は、後にアシストもしているところを見ると、今回は殊勲賞ものですね。
武藤が復調しているようですね。エース興梠がオリンピックで抜けてしまっている今、ゴールが奪えず苦しんでいた武藤が復調して来ているのはひじょうに大きいと思いますし、それに負けじと李もゴールを決めているのも相乗効果でしょうか。スタメンFWがしっかりゴールを決める仕事を果たしてくれれば、それだけで勝率がグッと上がりますから、今回のアベックゴールは理想的と言えますね。後はリザーブメンバーのスーパーサブ的な活躍も必要ですね。ズラタンや石原などのゴー寝るが欲しいところです。特に石原は興梠が不在の今こそ決めなければいけない時だと思います。そしてそれは高木にも同じ事が言えます。エースが抜けた穴を他の選手がしっかり埋めてこそ本当に強いチームですからねぇ。それに石原の大怪我を乗り越えての移籍後初ゴール、早く見たいですよね。
さて次はようやくホームに帰れますね。湘南戦、いくら相手は残留争いのチームとて、おっしゃる通り危険な相手だと思います。それにハードワークを仕掛けてくる相手ですから、夏場でのスタミナ勝負になるかもしれませんね。ベテランが多いレッズだけに、1週間しっかり準備して臨んでほしいですね。
うえ URL 2016/08/01(Mon)20:26:29 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
こんばんはです。
土曜日は山梨までお疲れ様でした。おっしゃる通り甲府は鹿島と撃ち合いの末にドローを演じたチームですから、その相手に2-0は嬉しい予想外の勝利だと自分も思いました。正直甲府は昔からのイメージで1点勝負になると予想していたので、それを前半から2ゴールはちょっと驚きました。甲府は鹿島相手に力を使い果たしてしまったのでしょうか(笑)
なるほどミシャも珍しくマネジメントしましたか。いつもそうやってくれればタイトルを獲れるチームになるはずなんですが、とりあえず次節もマネジメントに期待したいですね。
それにしても川崎も負けませんね(まあ川崎からしたら「レッズも負けないなぁ」と思っているかもしれませんけど)。中村憲剛が怪我で離脱したらチーム力が落ちるかと思いきや、何故か余計に負けなくなってしまいましたね。中村憲剛離脱で逆にチームの結束が高まってしまったのでしょうか・・・。
ちなみに甲府と山梨は意外と名物が多いところなんですよね。果物や野菜の宝庫。それでワインも多く作られていますよね。まあ自分はワインオンチではありますが。その証拠記事がコチラです→http://gyakushuunippou.blog.shinobi.jp/Entry/39/(苦笑)

FREE TIMEさん
こんばんはです。
さすがに今回は18時まで仕事をしていたので、そこから甲府は無理でした(笑)
夏場にかなり蒸し暑い事で有名なのが甲府盆地ですから、確かに拷問は拷問ですね。まあ当日の現地の気温がわからないので何とも言えないのですが、ナイターでもやはり暑かったのでしょうね。そういう悪条件の中でアウェーでの勝ち点3は大きいですし、甲府というとレッズは取りこぼすイメージがあるので、今回完勝で終えられたのは良かったと思います。
川崎が負けてくれないので、このまま行くと大一番対決になりそうですね。おっしゃる通り、その前に残留争いしている湘南と名古屋には、絶対に勝たなければいけませんよね。取りこぼさない事が必須ですね。
うえ URL 2016/08/01(Mon)20:27:02 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
土曜日は山梨までお疲れ様でした。おっしゃる通り試合は”完勝”でしたね。甲府の攻撃はドゥドゥが鍵ですから、それに対してレッズがどういった対策をするかで決まったと思います。そのドゥドゥはネット情報だと、前半から早くも疲れが出ていたみたいで、それを考えると後半にガス欠に陥ったというのも納得です(笑)。南米選手によくありがちなペース配分を考えないで終始飛ばしまくるタイプなのかもしれませんね。まあそれだけに嵌ると恐い選手なのでしょう。
宇賀神の突破、高木の動き出し、個人能力が絡んでのアシストからゴールは素晴らしいですね。個人の持ち味を活かした上で連携も成功しての戦い方が出来たという事なので、そこは本当に理想的だったと思います。その上でゴールを決めたのが武藤と李ですから、エース興梠を欠いても他のFWが勝利に繋がるゴールを決めるという点も理想的だったと思います。後はズラタンや石原など、もちろん高木も含めて控えのFWがスーパーサブ的にゴールを決めてくれたら完璧なんですけどね。
ちなみに甲府18時キックオフは、スカパーの絡みではないとしたら、電車組のレッズサポが行きは午後1番に出発すればキックオフにギリギリ間に合い、帰りのシャトルバスに早く乗れば、ギリギリ浦和方面に帰れる設定だったのかもしれません。本来自分も今回甲府に行く予定だったので、時間は調べてありましたので。とは言ってもダッシュしないと帰れないのは前回の鹿島と同じですけど、なので今回は泊まり組が多かったのでしょうね。
さて川崎も負けてくれないので、レッズも引き続き勝ち続けて川崎に喰らいついて行かなければいけませんよね。こまま行けば直接対決が天王山になりますから、それまで最高の雰囲気和保ちたいですよね。先ずはホームに帰って、今週は湘南にしっかり勝ちたいですね。

りょりょさん
こんばんはです。
まあ本来午後に仕事が入らなければ飲み会も無かった話ではあるんですが、とはいえ試合中に飲み会は試合が気になって余り酔えないですね(笑)
さて試合ですが、基本的にはおっしゃる通り守備の意識を持ちながらの戦い方が必要ですね。点を取る事も大事ですが、失点をしない戦い方の方が勝率が高いのが世界のサッカーの常識ですよね。
柏木は腰を痛めたんですね。柏木は以前も何度か腰を痛めているので、ある意味で爆弾箇所というのは心配ですね。おっしゃる通りその代わりに高木がアシストという結果を出してくれたのは良かったと思います。高木は次はゴールという結果を出してほしいところですね。
うえ URL 2016/08/01(Mon)20:27:38 編集
無題
こんばんは。

ヴァンフォーレ戦の勝利おめでとうございます。
試合はダイジェストで見ました。
前半は完璧という言葉しかないです。
相手を崩して、しかも得点が欲しい時間帯のゴール。
レッズの強さが伝わりました。
しかし、後半は今ひとつですね。
何回も危ない場面がありました。
追加点も取れませんでした。
3点差以上つけておくべきでした。
なぜなら、ワールドカップ最終予選が近づいています。
そうなるとレッズの宿命「アピール試合」が待っています。
失速の要因の一つですから・・・。
サッカー素人 2016/08/01(Mon)23:41:38 編集
無題
こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。

試合はまさに完勝でした!
2得点もさることながら、守備もよかったですしね。
ピンチらしいピンチも1~2回でしたし。

川越で飲んでて、何故に下赤塚へっ!?
普通は反対な気がしますが(笑)
みんみん 2016/08/01(Mon)23:55:35 編集
無題
こんにちは。連勝でよかったですね。
こうなってくるとつい、年間タイトルを意識してしまいます。毎年毎年同じように期待して、同じように逃してきたにもかかわらず、やっぱり期待しちゃうんですよね。現状では川崎も勢いがあり負けそうにないので、このまま行くと年間は川崎で、レッズは2位か3位でしょうか。ちなみに逆転優勝を飾ったときにミシャは続投なのか、は気になるところです。もし今季も無冠なら、(今季は11月にリーグが終了するので)年末までにクラブ主導でサポーターへの説明会を開いてほしいです。主題は「サポーターの支援にもかかわらず、なぜ10年間無冠なのか」とか… etc.
うえさん的には、リーグのほかにナビスコ、天皇杯と3冠でもしてくれれば許容でしょうか。それとも、5年というのは結果が出てもマンネリ化を配慮し、契約満了で勇退が望ましいと思われますか。フロントは、コスト的にも成績的にも現状維持でいきたいでしょうね。
ところで、以前のうえさんのブログに、ミシャが辞任するとイケメンコーチもおりて女性サポが…という記事がありました。一方、ミシャはそれほど年をくっていないのに、ハリル代表監督より老けて見えます。その風采の上がらないところは損をしているような気がします。体格も、背が高く、勇猛果敢な風采のギドとも全然違うし。
自分は、年間獲っても獲らなくてもそろそろ潮時だと思うので、フロントが例年通り、シーズン終了前に監督との契約更新をしてしまわないことを祈ってます。
涙目のサポーター 2016/08/02(Tue)14:01:46 編集
コメントありがとうございます
サッカー素人さん
こんばんはです。
ありがとうございます。前金でアシストすべき選手がアシストし、ゴールを奪うべき選手が選手がゴールしての2得点、しかもゴールした時間帯も良かった事を考えると前半はおっしゃる通り完璧でしたね。
欲を言えば後半にもちろん追加点が欲しかったですが、2-0で折り返して、後半は無理にゴールを狙いに行かず、逆に無失点で抑えたのは大きいと思います(ミシャレッズは点差に関係なく無理にゴールを奪いに行く傾向があるため)。なので後半は守るべき戦死湯が守った上での完封勝ちと今回は捉えたいと思います。

みんみんさん
こんばんはです。
土曜日は山梨までお疲れ様でした。勝因としては、先ずは前半から2ゴールを奪えたのが大きいですね。これで後半に守備面でも精神的余裕が生まれたと思います。サッカーに何度かのピンチは付き物ですが、それを回数的には許容範囲に抑えたのも良かったですよね。
ちなみに何故に下赤塚かというと、今回の参加者の1人が下赤塚の住人で、では2次会はたまには下赤塚で、という事だからでした(笑)

涙目のサポーターさん
こんばんはです。
もちろんタイトルは意識して良いと思います。今の実際年間順位にしても、そしてセカンドステージの今の順位からならばタイトルを狙える位置に居るとは思います。なので先ずはセカンドステージを制する事が第一目標ですね。後は毎年の繰り返しである”大一番を落とさない”事を切に願うだけですね。その第一関門である鹿島は倒しましたから、目下の次の関門は川崎との直接対決ですよね。尤もその前の残留争い2チームにしっかり勝たなければいけませんが。
ちなみにミシャの去就に関する個人的な考えは以前と変わらずです。仮に今季何等かのタイトルを獲ったとしても(それが3冠だったとしても)、そしてタイトルが獲れなかったとしても、もうミシャ体制は終わらせるべきだと思っています。なのでクラブは目の前の成績に惑わされず、おっしゃる通り毎年繰り返している早期のミシャとの契約更新などという早まった暴挙は勘弁してほしいです。
そしてこの場合は、ミシャ体制の責任者である山道部長も強化部長からは同時に退任が望ましいと思いますが、ただ山道部長は組織の生え抜きみたいな人なので、三菱自工から親会社が変わった場合にどうなるかというのもありますね。もちろん任期がハッキリしている社長も含めて。まあこの辺は自分も説明会なりを開いてもらってクラブがどう考えているかは知りたいところですが、実際親会社も変わる可能性がある事を考えると、今はクラブも自由な動きは難しいのかもしれませんね。とりあえず理想は、今季タイトルを獲って、その上でミシャと山道部長が「勇退」というのが穏便ですよね。
ちなみにミシヤの風貌は、まあ体格も関係している思いますが、確かに年齢からすると老けて見える面はありますね。でもミシャのような年齢でも見渡せば結構同じようなオジサンは居るので(笑)、逆にギドが格好良過ぎるのかもしれませんよ(笑)
うえ URL 2016/08/03(Wed)20:31:31 編集
無題
うえさんこんばんは。最近レッズが調子が良いのでご無沙汰していました(笑)。
興梠と遠藤が抜けて、どうなることやらと思っていましたが、鹿島戦・甲府戦と良い戦いをしています。結果も勝利ですから言うことなし(笑)です。
代わりに出ている那須・高木。そして李・武藤・青木が緊張感持って試合に臨んでいるのが良いですね。今までと違ってチーム一丸となってという雰囲気が伝わってきますね。ズラタンと石原は得点さへ取れれば乗ってきそうな予感がします。ところで駒井はどこえやら(笑)。
土曜日の湘南戦には埼スタへ参戦します。埼スタ参戦では負けがないので、今度も勝って「力」・「かしら」で美酒を飲みたいです。興梠が居なくて寂しいのですが、サポ頑張ります。
近くのスポーツオーソリティーで、リオへ持っていく興梠への寄せ書きがありましたので、しっかりと「We are REDS get goal 慎三」と書いてきました。



宮崎レッズ 2016/08/04(Thu)01:32:36 編集
コメントありがとうございます
宮崎レッズさん
こんばんはです。
攻撃の要である興梠と守備の要である遠藤をオリンピックに獲られた途端に、何故か勝利しているレッズですが(笑)、興梠には五輪もエースとして存在感を期待して、レッズのエースが世界のエースに見られる事を期待しています。
チームとしてはおっしゃる通り、頼りになる絶対的な選手が居ない危機だからこそ緊張感と一体感が生まれ、そして控え組にも競争意識も芽生えるんですよね。特に高木に関しては、本当に好アピールを続けてほしいです。石原も移籍後初ゴールを切に待ち望んでいるんですよねぇ。ちなみに駒井は、あれだけ使われていて結果が乏しいのがJ1の現実ですかねぇ。
湘南戦、埼玉に来られるのですね!なので是非とも勝たなければいけない試合。興梠不在なれど、興梠不在でも勝利!にならなければいけない試合になりますね。武藤や李や高木や青木がやってくれる筈です。
ナイターなので試合終了後は浦和に向けて高速モードかと思われますが、ダッシュした分だけ美酒と焼鳥が美味いって事になるように願っています!
ってか浦和ってマニアックな居酒屋が少ないんですよね。
https://s.tabelog.com/saitama/A1101/A110102/11028872/
この店は全国区発信で有名なので参考にしてください。
うえ URL 2016/08/04(Thu)23:37:02 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第23節 浦和2-1F東京 得点/17分・興梠(浦)、22分・橋本(F東)、30分・興梠(浦) ・・・次の試合/AFCチャンピオンズリーグ準々決勝・第1戦 川崎-浦和(等々力陸上競技場=8月23日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
7 8 10 11 12
13 14 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/20 東浦和レッズ]
[08/20 欅通りのサポ]
[08/20 FREE TIME]
[08/20 与野]
[08/20 カミカゼレッズ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]