忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1109]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105]  [1104]  [1103]  [1102]  [1101]  [1100]  [1099
2016年 J1リーグ 2ndステージ 第1節
アビスパ福岡1-2浦和レッズ
~レベルファイブスタジアム

16.7.2アウェー福岡戦勝利 試合後のレベスタ
後半ロスタイム4分の敵のコーナーキック時に、未だかつて何が起こったのかを把握していないんだけど・・・。
こっちのゴール裏からだと真反対側だし、爆心地の真後ろだったから大量のクネクネ旗+ゲバラ大旗ブンブン状態で視界を遮られていたし、つまり敵がコーナーを蹴った直後にクネクネ旗が視界を遮る。瞬間福岡サポから一瞬だけ歓声が上がる。ゴール前で敵味方両選手が固まっている。「ゲッ、やられた!?」いや、それにしては福岡サポも妙な静けさだし、だいいち福岡の選手は誰も喜んでいない。それどころか、何故か福岡側にレッドカードが提示された。しかもレッドを喰らった福岡の選手は、なんと水輝。
・・・一体全体、何が起きたんだ?訳わからん。

だいたい本来ならば敵のコーナーキックを跳ね返した瞬間に試合終了の笛で大歓喜!の予定が、訳がわからん事になっている間に、何時の間にか試合が終了していて、ロクな歓声すら上がらなかったという・・・。

それはそれとして、セカンドステージ開幕戦から、何ともかんとも凄い試合をやってくれたものだ。それを時系列順に追って行く。

先ず槙野の一発レッドなんだけど、あれを贔屓目に見てしまうと、前半20分から選手を退場させるのもどうかという問題になる。しかし明らかな得点気機会阻止と判断されてしまうと、こちらとしては何も言えなくなってしまう。でもそれが身体を当てて倒したからレッドで、足で倒したならばイエローだったとかいう話も出ているが、倒した事に変わりがないのだから、身体か足かを分別する必要はあるのだろうか?だいたいそれ以前に、ボールが変な形で福岡側に渡ってしまった事が不運だったとも言えるけどさ。
まあそれはそれとして、今回の池なんちゃらとかいう名前を良く聞かない主審、まだJ1慣れしていないのかどうかという話にもなってしまうのだが、その後にも度々発生した変テコ糞ジャッジを考えると、このレッドが正しかったかどうかの判断も自ずと・・・。

ところが、これで闘志に火が点いたのはレッズの方で、数的不利をお構い無しにアホみたいに攻める攻める。尤も個人的に「どうせ早い時間帯に1人少なくなっちまったんだから、もう好きにやれ」だったから、そこは許される範疇だったんだけれど、それにしても前半終わってのボールポゼッション率は福岡29%に対して、レッズは何と71%。これは前半20分に1人退場しているチームの数値ではない。どんなサッカーやってんだよ。

しかし、過去あれだけやって入らなかったセットプレーが、皮肉にも数的不利な状態で成功してしまうというのもどうなんだろう。
その原因は、やはりヘッドが効く那須大明神なのだが、柏木のキックの癖を見極めた上での受けというから、やはりセットプレーって、キッカーと受け手がマッチしないと成功しないものなのだろう。

そして前半で追い付いた事で、精神的に「後半も行ける」という気持ちが産まれた。実際に前半の勢いそのままアホみたいに攻め続けた上でのエース興梠の逆転弾だった。
ちなみに後半キックオフに合わせて『♪歌え浦和の男なら』をやったが、実際あれやった試合って勝率が悪かったんだけど、今回は大成功という事で、良かった良かった。

逆転した時点で、引き続きアホみたいに攻め続けたらどうしようと心配したが、幸い(?)そこから大攻勢に出て来た福岡に押し込まれまくったせいで、レッズは自然にカウンター狙いな形になった。これでレッズが望まなくても、守るならば守るという守備の鉄則な形になり、守りの意識が芽生えて敵のゴールを許さなかったという訳だ。青木と橋本を投入したのも、ミシャにシンプルな守備固め意識が芽生えた証拠だ。ただまあ個人的に、猛攻喰らってる時点で、縦に速い高木を入れてみるのも面白かったけど。あ、これは冗談ね。
ちなみにロスタイムに入って最後の最後で敵にコーナーキックを与えてしまった時、サッカーの神様に「これを凌いでレッズを勝たしてくれたら、今夜飲む美酒を10杯から9杯に我慢するから・・・!」と何とか祈っていたが、1杯くらいでは意味が無かったな。

そんでもって、話はこの記事の冒頭に繋がるのであったとさ。めでたしめでたし。
数的不利で逆転した事が奇跡なのだから、もう他にケチ付ける部分は無し。結果オーライ。

天神屋台でザ・美酒キター。
天神屋台1軒目 天神屋台2軒目  
この糞暑い中で冷房が無い屋台もどうかと思うが、団扇片手に他の客とも話が盛り上がり、焼酎をガブガブ煽りつつ喰いまくりの屋台ハシゴで、最後の締めのラーメンで、お腹がパンパンになった挙げ句、そのままカラオケ行って夜を明かし、始発の贅沢新幹線で帰って来たのであった。果たして来年は福岡へ行けるのだろうか・・・。
博多ラーメン
ちなみに行きは、今回は仕事の関係上、高速バスオンリーは無理だった為、大阪まで高速バスで、そこから贅沢新幹線という実に面倒臭いプランであった。
何故にこんなややこしいプランかというと、これで時間にして3時間以上短縮できるのと、1,300円が浮くのであった。金の方は、実にみみっちい話だが・・・。
おかげで高速バスの中でも、そして昨夜もたいして睡眠とっていないものだから疲労が・・・とりあえず、このブログ書いたら、夕方まで寝よう。

------
J1リーグ2ndステージ第1節 福岡1-2浦和
得点/23分・ウェリントンPK(福)、43分・那須(浦)、64分・興梠(浦)
主審=池内明彦
観衆:18,509人


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お疲れさまでした。広島に続き、福岡戦に参戦しました。相性がよいとはいえ、一発レッドはちと応えました。周りも沈黙。期待を裏切らない那須大明神のヘッドで前半のうちに追いつけたのがよかった
きっちり勝ててよかったです。一人祝勝会で隣りのレッズサポと盛り上がれたこともよかったです。やはり、福岡は最高です。このまま気を抜かず、柏に勝ちましょう。
与野 2016/07/03(Sun)16:33:07 編集
コメントありがとうございます
与野さん
こんばんはです。
昨日は福岡遠征お疲れ様でした。あの槙野のレッドは、一瞬スタンドが凍り付いては静まりかえりましたね。正直那須大明神のヘッドで追い付くまでは、最悪の事態も覚悟していました。それだけに同点+逆転劇、本当に良かったです。
福岡の夜、レッズサポが沢山居て盛り上がりましたよね。凄い勝ち方をしてアウェーの夜も楽しめましたね。最高の夜でした。
この調子でホームも勝利継続と行きましょう。
うえ URL 2016/07/03(Sun)18:01:48 編集
無題
こんにちは。
昨日、今日と福岡までお疲れ様でした。
今週末の博多は祇園山笠が始まり、プロ野球に鳥栖を含めたJリーグ2試合と、随分と賑わったのではないのでしょうか?
自分は槙野の退場は妥当なジャッジだと思いますが、それ以外となるとダメだったようですね。
似たような場面でPKが与えられなかったとか、最後もお互いに後味の悪い結末になったりと。
でも内容はどうであれ勝てたのは嬉しいですね。
鳥栖が残留すれば来年も福岡に行けますよ♪
FREE TIME URL 2016/07/03(Sun)18:05:35 編集
コメントありがとうございます
FREE TIMEさん
こんばんはです。
槙野のファール、現地だと一瞬だったので「倒した?」だったし槙野らも猛抗議していたので誤審?かとも思ったのですが、後から確認した限りでは、実に軽率なファールと後先を考えないレッドカードでしたね。主審のジャッジも滅茶苦茶で、何を基準に笛を吹いているのか、PKになってもおかしくない場面もありましたし。レッズも福岡も、主審に振り回された試合でした。勝っても負けても、そしてレッズの逆転内容はともかくとして、おっしゃる通り、後味の悪い内容であった事も確かです。
ちなみに当日の福岡は、まあ行動範囲の違いなのでしょうけど、祇園山笠の影響は感じられませんでした。鳥栖で試合する東京とは沢山すれ違いましたね。その夜に東京があんな事になるとは・・・。
うえ URL 2016/07/03(Sun)18:26:42 編集
10人で逆転!
こんにちは。

まぁ、槙野の1発レッドはしょうがないかな…ちょっと手も出ていたように見えたし、新しいルールがどうのって、わからないですね。槙野の身体の方が後ろだったのでしょうがないかな…
20分足らずで10人。1stステージ最下位の福岡に、まさか…という感じがありましたが、よく攻めましたね。カウンターを食らってヒヤッとした場面も多々ありましたが、PKの失点だけでよく抑えたと思います。そして頼れる那須様!打点の高いヘッド、久々にセットプレーから頭で叩き込んだ得点でした。逆転ゴールも、初めて見るようなパターンで完全に相手の裏を突きましたね。連敗していた時は、ああいった動き出しが少なかったと思います。ちょっと今までとは違うパターンの得点、これからも期待したいですね。
しかし、聞いた事がないような主審、若いのかな?槙野を1発レッドで葬った時は、容赦ない主審だなと思いましたが、何となくどっち付かずの不安定なジャッジだったような…

1週間空いたとは言え、蒸し暑い中で退場者が出てしまったのに逆転勝利。瓦斯戦も2点をひっくり返したし、今まであまり見られなかった執念、意地を感じますね。しかしまぁ槙野、出場停止明けで1発レッドとは…やってくれますね。ま、週末から3試合続くし、この先遠藤も欠く事を考えれば、違ったパターンを試すチャンスなのかも知れませんね。いい方向に取りましょう。

私達は行き格安航空券、帰りはお昼前の新幹線で帰還しました。いや~、のぞみ号は快適だ!前回の広島遠征は大阪からぷらっとこだまで帰ってきたんですが、のぞみ号に乗っちゃうとダメですね。
蒸し暑い中、お疲れ様でした。また週末は埼スタで頑張りましょう!
東浦和レッズ 2016/07/03(Sun)18:42:38 編集
無題
福岡までお疲れさまでした。
試合見ようと思ったら彼女が突然来ると言い出してバタバタしてたら槙野様がやらかしてまして(笑)勝ったから笑えますが、代表ならば糞審判ならば糞審判への対応とかしてくださいよとは思いますね。それにしても前節は浦和ユース出身の選手が揃ってイエローで今回はユース出身の選手がレッドって(笑)何をしてるのか

ともあれ苦しい中で最高の結果ですので、このまま突っ走りたいです
カミカゼレッズ 2016/07/03(Sun)19:37:58 編集
無題
今晩は 昨日は現地サポートお疲れ様でした
見事な逆転勝ちと福岡の夜満喫、留守番仕事組には何んとも羨ましい限りです(笑)
1人少ないゲーム過去何度かありますが未だ思い出すのは10年位前のアウエー鹿島戦、後半途中闘莉王が退場し10人となりその時点0-2のスコア。その後攻め込み達也とポンテのゴールで2-2の引き分け。現地組であの時の感動はホント強烈に憶えてます。
昨日の試合も1人少ない上での見事な逆転勝ち!最高の気分ですが、福岡が攻めて来た後半、かなり決定機作られていました。上手く守ったのか相手の決定力不足に助けられたかは別にして、これから対戦する上位チームもあのように外しまくってくれるとは思えません・・・
勿論2nd初戦の勝ちゲーム!嬉しいのは当たり前ですが勘違いせず勝って兜の緒はしっかり締め直して欲しいです。
欅通りのサポ 2016/07/03(Sun)19:38:29 編集
無題
福岡までサポートお疲れ様でしたうえさん!
試合内容はまさに奇跡的でしたが、その奇跡を生み出したレッズの選手と福岡まで駆けつけたレッズサポには本当に感謝です。
そして『勝利の美酒&〆のラーメン』と博多を満喫されたようで羨ましいです!

試合内容としましてはうえさんが言われるように『PK&一発退場&次節出場停止』の3重苦対応で緩和ルール(ボールに対するプレーなどの場合は警告)が適用された最初の試合で、いきなり微妙な判定になりましたが、槙野が『相手を手で止めた』ことで一発退場の対象になったようですね。
ある意味今後の『一発退場と警告の境目』を見ることができましたし、今後は少なくとも相手を手で止めるのではなく『ボールに対してプレー』するべきだということは認識できました。

そして槙野退場後にPKを決められ厳しい展開となりましたが、こういう時はセットプレーが重要ですし、那須大明神がチームとサポーターを鼓舞する渾身のヘッドを決めた時にはテレビの前でも大騒ぎしてました。
那須は今季ずっとベンチで悔しい想いをしていたと思いますが、腐らずチャンスをずっと待っていたことが結実したゴールで胸が熱くなりました…。こういうベテランがいるチームはやっぱり強いです。

那須を見ていると、澤が日本代表を引退してオリンピック出場を逃した女子日本代表を思い出します。やっぱり『チームを鼓舞する選手』がいるかいないかでチームとしてのモチベーションは変わりますし、そこは監督ではどうしようもできない点ですし、那須の選手やサポーターを鼓舞する力は日本代表で実力のある遠藤でも勝てない点だと思います。
今後は『遠藤・那須・森脇』を相手を見ながらローテーションで使うのも手だと思いました。
(森脇はサイドもできますし、そこは柔軟に対応でもいいと思いました)

そして那須のセットプレーでマークが那須に集中する隙を突いてフリーの興梠が反転で決めたゴールも素晴らしいですし、那須・興梠のアシストと後半最後のロスタイムにゴールを死守した柏木はさすがでした。
こういう試合を勝つかどうかで優勝できるかが決まりますので、そういう意味でも本当に大きい勝利でした。
次節は柏戦で手ごわい相手ですが、次節出場停止の槙野の代わりに遠藤が入りそうですし、興梠もエンジンがかかってきましたし、いいチーム状況ですのでぜひとも勝ってほしいですね。
Mr.T URL 2016/07/03(Sun)22:24:56 編集
無題
福岡まで遠征、お疲れ様でした。

いろいろ、「?」なジャッジが多い中、選手が頑張ってくれましたね。
数的不利にもかかわらず、前半の那須のヘッドで追いつき、後半に逆転!
遠藤もいいですが、やはり頼りになるのは那須だな~と実感しました。
みんみん URL 2016/07/03(Sun)23:30:55 編集
那須様様
遠征、お疲れさまでした。

槙野のレッドですが、個人的にはレッドかそうでないかにはあまり興味がなく、最下位のチーム相手にまたもや早い時間帯にあっさりと裏を取られてPK与えてんじゃねーよ、バカヤロー、という気持ちしかありませんでした。

10人になったにも関わらず、相手を押し込んで勝利したので、よくやった、とも思いませんね。
結局、相手をなめてたんだと思いますよ。
ミシャ体制になって2年目の2013年に、その年に2勝しかできずに降格した大分相手に、アウェイで開始直後にパタパタと2失点した後、何とか同点にした試合と、ホームで同様に前半20分で3失点し、お尻に火がついてようやく怒濤の攻撃をして、4−3で勝利した試合を思い出しました。
この時から、チームが成長していないようで悲しくなりました。

こういう相手には気を引き締めて、早い時間で試合を決め、主力選手を休ませるような余裕を持った選手交代をしてほしかったのですが、「Jリーグは戦力の差がない」と言っているような監督では無理ですかねぇ。

あの厳しい気候で、10人でも勝てる相手だったら、最初から本気出して、とっとと試合を決めてくれよ、と言いたくなります。結果的に退場しなかった槙野以外の選手は、普段の試合よりも確実に体力を消耗してしまいました。

那須は本当にプロフェッショナルな選手ですね。あのヘディングがあったから、勝てたんですよね。
あんなセットプレーに強く、素晴らしい選手がベンチやベンチ外なんてもったいないですよ。
阿部を休ませるために、那須をリベロにして、遠藤と柏木がボランチというのも試してほしいです。
ハートランド 2016/07/04(Mon)01:18:45 編集
無題
こんばんは。お疲れ様です。

この試合はハイライトでチェックしました。現地観戦の皆さん、本当にお疲れ様でした。

この試合は現地観戦の皆さんにとってはかなり応える試合だったのではないでしょうか。1人少ない状態での逆転劇。那須はよく同点ヘッドを決めてくれました。1人少ない状態においてはやはりヘディングの強い選手が決めてくれるのを狙うのが最も有効な攻撃手段と言えますね。

そして逆転ゴールは1人少ない状態ではより厳しいように思える足下勝負で最後は興梠が決めてくれましたね。わずかな隙を逃しませんでしたね。

ハイライトでは西川が止めてくれた場面も目立ちましたね。最後は水輝のヘッド。決まったか決まらなかったか微妙でしたが判定はノーゴール。最後にボールを押さえ込んだ西川に選手が抱きついて喜びを爆発させてましたね。

槙野が一発レッドのシーン。あれは明らかに手を使ってますね。いつだか大迫とのマッチアップで手を出してしまったときに大迫は倒れずに突破してゴールを決めましたが、そのとき逆に槙野が倒れたためかノーゴールの上に大迫にイエローカードが出ていた記憶があります。私はあのとき明らかに審判に助けられたのではないかと思っており、次は無いぞ槙野と思っていたのを思い出しました。それがついに起こってしまう格好となってしまいました。
アニメ統計学者 URL 2016/07/04(Mon)19:32:33 編集
無題
こんばんは。

アビスパ戦の勝利おめでとうございます。
試合はダイジェストで見ました。
もったいない試合という感じします。
試合開始早々、槇野選手の退場。
ゲームプランがくずれたので、勝ち点3取るのが精一杯になってしまいましたね。
アビスパ相手なら得点の貯金しておきたかったですね。
那須のゴールすばらしい。
チームを救いました。
サッカー素人 2016/07/04(Mon)22:06:56 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
土曜日は九州遠征お疲れ様でした。自分も最近は仕事との時間の兼ね合いで早く出発できない事が多く、以前みたいに高速バスがフルで使えなかったり、在来線を使う時間が無くて、贅沢新幹線利用が増えてきました。”こだま”にしても”ひかり”にしても”のぞみ”にしても・・・新幹線自体に慣れてしまうと・・・(苦笑)
さて先ずは槙野のファールですが、新しいルールってのが自分もイマイチわからないというか、確かに得点機会阻止ではありましたが、今回みたいに手を使って倒したからレッドで、足だったらイエロー?みたいな話もあるとか無いとか?うーん、よくわかりません。とはいえ、ファールを恨む前に、簡単にああいう状況を作られてしまう自体が、相変わらずザル守備なんですよねぇ。
確かにファーストステージ最下位の福岡相手に、僅か開始20分で数的不利になるとは完全に予想外の出来事で焦りましたが、ここが試合の転換点になるとは、サッカーはどう転ぶかわかりませんね。レッズとしては、どうせ数的不利なら失うものは無い的に、完全に吹っ切れた状態で攻撃していた感があり、これは通常では起こらない特異な状態でもありました。だからこそ普段全く成功しなかったセットプレーが成功した・・・という訳でもないのでしょうけど、でも何か特別なものを感じましたね。でも那須だからこそ成功したという感が満々で、やはりセットプレーに強い選手って居るものだと痛感しました。そして後半の逆転ゴールも含めて、今までとは違うパターンの得点というのも、やはり数的不利による吹っ切れ感から生まれた、特異なものだったのかもしれませんね。
ちなみに池内という主審、記憶を辿ってもレッズ戦では今回が初めてなのかなとも思いますが、今年のJリーグ選手名鑑の審判リストで調べてみたら、まだ若くてJ1では経験値が少ないみたいですね。その割にカードが多い方なのも気になりました。次にこの主審に当たったら、どれくらい成長というかJ1に慣れたかをチェックするのも楽しみです(笑)
福岡で蒸し暑さ満々の中での勝利でした。次まで1週間空くのが助かります。ホームでの柏戦は再び槙野が出場停止ですが、遠藤の状態如何で森脇-那須-遠藤になるんですかねぇ。

カミカゼレッズさん
こんばんはです。
槙野、九州まで来て、前半の内からしっかりやらかしてくれました(苦笑)。いや本当に、これ結果的に勝ったから槙野への批判も半減していますが、これが負けていたら槙野への風当たりが大変な事になっていたのは確実なので、そういう意味でも勝てて本当に良かったです。まああっちのレッズユース出身にもレッドというのが運命的でしたが(苦笑)。
この異常な勝ち方がチームにどう影響を及ぼすか、ですね。次節11人に戻ってのサッカー、しっかりやってほしいて説に願います。
うえ URL 2016/07/05(Tue)21:03:21 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
こんばんはです。
その鹿島戦、しっかり記憶にあります。その理由が、実は親父が死んだ直後の試合でして、翌日お通夜と葬式の準備に追われている最中でした。なので当然現地にも行けず、準備の最中に一息入れる(と理由つけて)時にテレビ付けて見ていました。闘莉王が主審に猛烈に噛み付いて退場してましたよね。ロビーの同点弾が炸裂した時に(状況が状況なので自粛していたつもりが)飛び上がって喜んでしまい、親戚に「こんな時に馬鹿かお前は!」と怒られたのを記憶しています。しかも親父の遺体が寝ている真横で(苦笑)
その時も今回も、数的不利でも同点に追い付いたり、まして今回は逆転ですからねぇ。本当に最高の気分で博多の夜を楽しめました。ただおっしゃる通り、福岡に多くの決定機を作られていたのは事実で、もちろん数的不利だったからという理由はあるでしょうけど、あそこは福岡の決定力不足と西川のスーパーセーブが無かったら、確実に大量失点で負けていたでしょうね。それを含めてチームはしっかり気を引き締め直してから、次節ホームの試合に臨んでほしいですね。こういう試合の後だからこそ、連勝する事が大事だと思います。

Mr.Tさん
こんばんはです。
選手が数的不利な状況で火事場のクソ力を発揮してくれたおかげで、その後の博多の夜を手放しで楽しめました。苦しい状況の中で選手1人々々が1.5人分のファイトをしてくれたからこそ勝ち点3を勝ち取れたと思います。そんな選手に本当に感謝したいです。
さて先ずは槙野の1発レッドですが、新しいルールによるものという事ですが、実際問題として派手に手で倒して相手の得点機会を阻止しているので、個人的には新しいルール以前の問題かなぁという気もしますが、まあそれでも新たなルールのもとでの基準と意識付けは出来ましたね。少なくとも足でボールに対して行ったのが結果的に相手を倒してしまったのならばイエロー、という事ですね。
那須の同点ゴール、素晴らしかったですよね。打点の高い迫力満載の渾身ヘッドが炸裂しました。那須としては、今季は遠藤にポジションを奪われてベンチ暮らしが中心になってしまっていますが、ジッと出場機会を待ち準備し、その悔しさをバネに爆発させたような気持ちの入ったゴールだったと思います。そしておっしゃる通り、チームを鼓舞するという意味でも、那須は大きな存在なんですよね。那須って怪我を恐れずボールに飛び込んで行くのがひとつの魅力(だからこそ鼻の骨を年中折っているんですけど)ですが、逆に言えばその勇気と覚悟があるからこそなんですよね。そういう姿勢をチームメイトに見せる事で、これでチームの士気も上がるのだと思います。今のレッズって、こういう本当の意味での熱い選手が極めて少ないので、それが出来る那須は、まだまだ貴重な存在としてチームに居てもらわなければいけませんね。相手を見ながらローテーションで使う案、自分も賛成です。疲労軽減という意味でも、那須を絡めたローテーションはやるべきですよね。
そして興梠の逆転ゴールも上手かったというか、絶妙のタイミングで蹴り込みましたね。普通ならば完全にキーパーの守備範囲でしたが、素早い反転でキーパーに反応する隙を与えないシュートでした。あの反転は興梠だからこそ出来るプレーですね。
最後のノーゴール判定は微妙なのでレッズとしては助けられた感もありましたが、柏木が良くそこに居てくれたと思います。こうしてレッズは貴重な勝ち方をしました。これをホームの試合に繋げてもらいたいですね。
うえ URL 2016/07/05(Tue)21:03:45 編集
コメントありがとうございます
みんみんさん
こんばんはです。
最近ミス連発+ここに来て靱帯をいためてしまって欠場となった遠藤。これに対してバックアッパーとなった那須が今回大仕事をしてくれましたねぇ。普段ベンチに暖めておくのが勿体ない、本当に頼りになる大明神です。
これで遠藤も競争意識を燃やしてくれたら相乗効果で良いと思います。若い遠藤と大ベテランの那須、このポジション争いもちょっと熱いものがあって良いですね(笑)

ハートランドさん
こんばんはです。
おっしゃる通り、ファーストステージ最下位のチーム相手に、ファーストステージで優勝争いをしていたチームがやってしまう展開ではないのも確かですね。尤もミシャレッズの場合、その最下位相手でも平気でああいう展開を作られてしまうチームではあるんですが、そこを絶対に改善しない監督なので、今回も起こるべくして起こったのかなぁとも思います。まあ半分諦めの境地ではありますけど(苦笑)
うちも、そしてこの前に福岡に2点を先行されてやっと同点に追い付いた川崎、似ているなぁと思いました。レッズも最下位相手に有り得ない試合をしてしまいますし、川崎も然り。この2チームの共通点は、強いはずなのにいつもタイトルに1歩届かない・・・レッズも川崎も、何か事が起きてからお尻に火が点いたように闘志が出たりする性質があるようです。
これが鹿島やガンバみたいなタイトルが獲れるチームだと、おっしゃる通り「早い時間帯に勝負を決めて、選手を休ませるような交代策がとれる」のだと思います。実際黄金期のレッズもそういうチームでしたし。
ようは、いつも後手後手なんですよね。何か事が起きてから、ようやく重い腰を上げるんです。ミシャは相手に合わせないと公言していますし、実際そういう意識でチームを指導しているのでしょうけど、実際に起きている事は、後手後手という事は、相手に合わせてしまっている部分も少なくないという事なんですよね。まあ矛盾だらけのチームなので、そこがタイトルが獲れない原因のひとつではあると思いますね。
阿部を休ませて遠藤と柏木のボランチですか。それも見てみたいですね。まあ実際はキャプテンが阿部なので、ミシャは余程の事がないと阿部は休ませないとは思いますが、ただ先の事を考えると、遠藤をボランチで場数を踏ませる必要は絶対にあると思います。後ろで那須がまだまだ計算可能であれば、遠藤と柏木のダブルボランチは試す必要性がありますね。
うえ URL 2016/07/05(Tue)21:04:09 編集
コメントありがとうございます
アニメ統計学者さん
こんばんはです。
実は現地だと、ゴール裏で自分の陣取っていた位置とゴールポストが対角線上で、そのポストに邪魔されて槙野が相手をどう倒したかが良く見えなかったのですが、相手が横に吹っ飛ぶレベルだったので、確実に意図的にやった感はアリアリでした。
その槙野が前半20分でレッド退場してしまった時は、九州まで来て悲惨な試合を見させられるなんて・・・と思ってしまったのも正直なところなのですが、その後に数的不利なのにガンガン攻める選手と、そして那須のド派手な同点ヘッドが炸裂した時は、ぶっちゃけレッズが数的不利なのを忘れていましたね。もしかしたら、選手こそがそういう意識で戦ってくれていたのかもしれませんが、何れにしても興梠の逆転ゴールも良かったですね。興梠らして身体をバネに反転のゴール。素晴らしかったです。
最後の最後の福岡のコーナーキックからの微妙なアレ、帰ってから映像を確認しました。ゴール前がもの凄くゴチャゴチャしていて訳がわからない状態になっていましたが、入っているようでもありギリギリな感もあり・・・実際あんな状況なので、主審はボールがラインを完全に越えているか否かは良く見えていなかったのだと思います。
ちなみに、その最後の微妙な判定を生んだヘッドって、水輝だったんですね。つまりノーゴール判定に激怒した水輝が主審に暴言吐いたか何かで一発レッドカードという流れですかね?うーん、勝利は勝利でも、それを考えるとやっぱりスッキリしませんねぇ。福岡からしたら納得できないでしょうし。・・・やっぱり結果オーライで、とにかく今回は運が良かったとしておくべきですかね。

サッカー素人さん
こんばんはです。
ありがとうございます。結果的に数的不利での逆転ゲームだったので凄く嬉しい事は嬉しいのですが、前半20分という時間帯での槙野の退場は良くなかったですね。早い時間帯の退場は、当然ゲームプランが崩れます。その崩れた後で今回は運も含めてレッズの方に転んでくれたから良かったものの、それでも福岡の猛攻や微妙なシュートを喰らいまくっていたので、紙一重で負けていたかもしれない内容でもありました。本当に結果オーライです。
まあ相手との順位差を考えると、確かに大量得点しないといけない相手でもありましたけどね。ただ数的不利でゲームをひっくり返した選手の頑張りに、もう今回は結果オーライで満足する事にします(笑)
うえ URL 2016/07/05(Tue)21:04:26 編集
レポ有難うございます。
状況が良く分かりました。盛り上がったんですね!
神戸2連戦、ノエスタ参上予定です。
関西サポ 2016/07/06(Wed)19:04:41 編集
無題
うえさん、福岡参戦ありがとうございます。ザ・美酒にて、博多を満喫していただき良かったです。
私も参戦しましたが、うえさんが仰るように、奇跡的な勝利でしたね。まあ、ミシャ言うところの、「内容は悪かったが、運が良かった」でしょうか(笑)。ほんと勝てて良かったと言う試合でした。
PKでしたが、早い時間での失点は、まだまだ修正しきれていないと思いました。それにしても西川はPK止めきれませんね。ゴール裏も失点覚悟感満載でしたが(笑)。
何だかんだ言っても、那須のヘッドに、興梠のゴールで盛り上がりましたが、最後のグダグダでゴール裏もどうしてよいのかわからない状態でした。
勝ってウイダイ歌えて良かったです。前回鳥栖参戦は消化不良だっただけに。
博多の夜は赤いユニがあちらこちらに。私も酔っ払いながらに、博多駅で出会う赤ユニにハイタッチ!。楽しめました。
8月6日の湘南戦、埼スタに参戦します。
埼スタでウイダイ歌えることを期待しています。

宮崎レッズ 2016/07/07(Thu)01:18:22 編集
コメントありがとうございます
関西サポさん
初めまして。
ありがとうございます。拙い文章で状況が伝われば嬉しいです。博多は大変盛り上がり楽しかったです。
神戸戦、自分も行ければ行きたいところです。

宮崎レッズさん
こんばんはです。
土曜日はお疲れ様でした。いやはや、本当に勝てて良かったというゲームでしたね。槙野の退場に関しては、まさに「内容は悪かった」であり、その後の展開、特に最後の最後での微妙だった”アレ”は「運が良かった」部分もありますね。それを引っくるめて、本当に勝てて良かったです。最後の”アレ”でシ~ン・・・「あれ?終わった?・・・勝った?・・・よね?」みたいになってしまったのが消化不良で、ちょっとスッキリしませんでしたけどねぇ。
西川のPKが止められないのは、もはや完全なジンクス化していますね。それだけに、確かにあの瞬間も”決められても仕方がない”的な雰囲気満々でしたよね(笑)。でもその後の展開を考えると、この槙野の退場劇+PK失点が、同点+逆転に向けての狼煙だった訳で、まあエンタメ的には良かったのかなと、まあ完全な結果論ではありますが(笑)。いや那須も興梠も良く決めてくれました。感謝です。
勝利は格別のものとなりました。おかげで博多の夜も楽しめました。名物屋台に美味い酒に九州の味。現地の人達とご当地トークで盛り上がりました。そして多くの赤いユニが博多の街に出没で、良い雰囲気でしたよね。ちなみにベアスタで試合だった東京や鳥栖のサポも居て、赤やら水色やら青やら、当日の博多はプチJリーグの街になっていて面白かったです(笑)
この勝利と楽しい時間を過ごせた九州と福岡の地に感謝です。
うえ URL 2016/07/07(Thu)19:50:14 編集
福岡より帰還!!
先ずは福岡遠征お疲れ様でした。自分も参戦しましたが、前半の早い時間帯に槙野が退場になってPKを食らって先制された時は最悪の事態も脳裏に過ぎりましたが、前半の内に同点に追いついて良い流れのまま後半に入ったのが大きかったですね。あのPKのシーンは、自分はゴール裏のややバック寄りに陣取って居たので(詳細はツイッターに書き込んでます)肉眼でハッキリ見えましたが、槙野の手が掛かっていたのでファールである事は事実だとしても、レッドかどうかと言われると疑問ですね・・・
ただそんな中でも福岡の度重なる危険な場面を作られても体を張って防いで、数的不利の状況をひっくり返して勝利したので、今回に限っては内容よりも結果ですね。
ロスタイムのあのシーンは、自分が居た位置からでもよく見えなかったので、何が何なのか状況がわからなかったんですが、気づいたら試合が終わっていたという感じで周りのサポの声を聞いて試合が終わったのを確認して周りのサポと喜び合いました。
今回は諸事情で愛車での日帰り参戦だったので、夜の博多の街に行けませんでしたが、また福岡に行きたいですね。暑さに加えて愛車での日帰りだったので土曜はかなり疲れましたが(帰宅した途端に倒れ込んでしまいました)、個人的には久々の現地参戦の勝利だったので嬉しかったです。
自分は次は神戸に行く予定ですが、それまでは山口から全力で念を送ります!改めてお疲れ様でした。
クレイジーマザーファッカー 2016/07/08(Fri)01:23:02 編集
コメントありがとうございます
クレイジーマザーファッカーさん
こんばんはです。
土曜日は福岡までお疲れ様でした。今回は博多まで車で日帰りで行かれたのですね。山口と福岡、隣県とはいえ関門海峡を挟んで距離がありますからねぇ。しかも当日は暑さも加わって、試合中も凄い蒸し暑さだったですから、そこに往復車の長距離運転が加わって大変だったと思います。先ずは無事のご帰還、なによりでした。
試合は槙野の早い時間帯での1発退場で血の気が引きました。PK判定に関しては、相手を派手に倒しての得点機会阻止なので仕方がないと思いますが、ただ時間帯が時間帯だけに、あそこは贔屓目に見てしまうと、やはりイエローで済ませてほしかったというのが心情ですね。もちろん冷静に考えると、ああいう場面を作られてしまったレッズの守備の駄目さ加減が原因ではありますけど。それと主審も新ルールという体裁があって、それが手伝っての一発レッド判定にしてしまったようですね・・・。
セットプレーから那須の気持ちの入ったヘディングによる同点ゴール。おっしゃる通り、これが後半に繋がりましたね。前半の内に数的不利のチームが同点に追い付いた事で、レッズは更に士気が上がり、逆に福岡には焦りが生まれたはずです。そこで引け腰になった福岡に、数的不利で失う物が無い状態のイケイケのレッズ。これが逆転劇に繋がったと思います。
ただロスタイムは現地では訳がわからない終わり方でしたね。そして判定も微妙でしたね。後から映像で確認したら、ゴール前がやたらゴチャゴチャしていて、ボールがラインを完全に越えたか否かは正直わかりませんね。一応そこに居た柏木が本当にギリギリで防いだ形になっていますが・・・かなり微妙でした。
こうして運もあったと思いますが、とりあえず今回は内容より結果という事で良かったと思います。この調子でセカンドステージ巻き返しですね。
うえ URL 2016/07/08(Fri)19:09:02 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第16節 鳥栖2-1浦和 得点/65分・小野(鳥)、90分・福田(鳥)、90+5分・李PK(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第17節 浦和-広島(埼玉スタジアム2002=7月1日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 22 23 24
26 27 28 29 30
最新コメント
[06/26 東浦和レッズ]
[06/26 みんみん]
[06/26 FREE TIME]
[06/26 涙目のサポーター]
[06/26 チャリ通]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]