忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1107]  [1106]  [1105]  [1104]  [1103]  [1102]  [1101]  [1100]  [1099]  [1098]  [1097
2016年 J1リーグ 1stステージ 第13節
浦和レッズ3-2FC東京
~埼玉スタジアム2002

16.6.22ホームF東京戦勝利世間的には、負けた方の監督がサヨナラになるかもしれないと噂された懐妊、もとい解任ダービー。世間が一番喜んで注目する類のエンタメ性タップリの試合だ。その解任タービーの期待を裏切らない時系列の内容と結果が待っていたのであった。

さて前半も早い内から、もはやわざとギャグでやっているのかとも受け取れるお得意のパスミスプレゼントボールで先制を許し、続いてゴール前でしっかり守る気あるのかさえ疑わしい糞守備で追加点を許すという、これは解任ダービーに相応しい悲壮的な内容である。
ところが後半、前半の内に2点もリードして守りに入っているのに、その2点差を僅か12分でひっくり返されるという、もう惨劇極まりない守備の大崩壊が発生という悪夢の内容になったチームもあった。この見事な崩壊っぷりもまた解任ダービーに相応しいズッコケ内容である。
以上が前半と後半それぞれ、互いのチームが実に解任ダービーに相応しい、本当にエンタメ性タップリの試合を展開してくれた内容である。
但しこの試合を客観的に見ていた人は、後半に大逆転された方のチームの監督は、願わくば2-2のママ、お互いに傷を舐め合って終わるような試合にしたかったに違いない。だってその方が両方の監督が・・・自粛。

16.6.22ホームF東京戦勝利2さてレッズは大逆転で勝利した。今回は勝った。奇跡的にも。これはこれで大変嬉しいのだが、現実的には単にミシャの首の皮が1枚だけ繋がったに過ぎない。それだけ過去の試合の低評価と厳しい世論から信用と信頼を取り戻すには、今回だけの勝利では程遠いのは明かだろう。
リーグ戦6試合勝てていなかった訳だし、特に間近の3試合で3連敗だった訳だから、この試合に勝ったからと言って、やっぱりこのサッカーとこの監督が良いなんて掌を返しているようではお笑いなのである。ミシャに対しては引き続き厳しい眼で見続けようと自分は思っている。

ちなみに今回の同点や逆転に繋がる内容は「滅茶苦茶」であった。選手のポジションも何もあったものではなく、とにかく1点でも多く返そうと死に物狂いで前へ中への繰り返し。ミシャサッカーで年中見られる”諸刃の剣”のサッカーである。でもロングボールもバンバン上げていたしパワープレー的な部分もありで、これは一見すれば少しミシャも少し変わったかな?と思わせる内容であったが、それはそれは大きな勘違いで、このサッカー内容は過去を振り返ると、リードされた展開ではミシャサッカーでは決して珍しくない、後ろを気にしないで前へ中へのサッカーに他ならなかったのだ。
これで”運が悪い”と敵のカウンターの餌食になって失点する。今回後半死に物狂いに前掛かりになって攻めている時に失点しなかったのは、ハッキリ言って”運が良かった”だけに他ならない。
・・・と厳しく評価しておかないと、また調子に乗りだしてしまうだろうから、あえて厳しい事を書いておく。それに勝った時は「勝利に相応しい内容」とか言って、負けた時は敵のサッカーをボロクソ叩いたり「運が無かった」で片付ける某人である。それでは余りにズルイ。”運が無かった”の対義語は”運が良かった”である。だから平等かつ公平に、今回は「運良く勝った」という事にしておくべきである。

遠藤のミスについて書きたい。このブログで何度も指摘していた遠藤のミスが、試合を増す事に致命的になって行くのが残念でたまらない。やはりミシャは選手のミスを咎めないからだろうか、それとも意外と遠藤はミシャサッカーに合っていない故の戸惑いのミス増加という事も考えられる。合っていないとなると完全にアウトなので、これが”慣れていない”レベルに留まってくれる事を願うばかりである。だいいちミシャサッカーに合っていないのであれば、その理由で全く使われないイリッチや橋本など、それに該当する選手は、ならばどうして”合っていない”のに遠藤だけ優遇されるのだ?と不満を積もらせるだろう。そうならない為に、遠藤は本当に今のミス連発をゼロレベルに無くさないと不味いと思う。尤もミシャサッカーが続く場合は、遠藤に限らず全ての選手のミスは絶対に減らないのではあるが・・・。

さあ今回は勝利に浮かれてはいけない。余韻は楽しむがそれも金曜日まで。大事なのは、当然これからの試合の勝利の積み重ねである。先ずは神戸戦、なあ、ミシャよ。

西友のロースカツ重・半額おまけ

試合前に買って喰うべきは「カツ丼」。それを試合後の西友のタイムセールで買うという、いくら半額とはいえ、明らかにサポーターとして買い方がおかしい・・・。

フッ、これを肴に、これからザ・美酒なのさ。勝った後にカツ丼イエーイ。・・・こんな夜中に、胃がもたれそう。




------
J1リーグ1stステージ第13節 浦和3-2F東京
得点/13分・ムリキ(F東)、31分・橋本(F東)、66分・槙野(浦)、72分・槙野(浦)、78分・李(浦)
主審=飯田淳平
観衆:24,369人



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
いや〜午後休とって参戦した甲斐がありました。でも、気を抜かず神戸に勝って首位との勝ち点差を詰めてほしい。祝勝会の帰りの武蔵野線、いつも事故で30分遅れるのは勘弁してほしい。アウェイチームの嫌がらせか。今日は久しぶりに気分がよい
与野 2016/06/23(Thu)00:49:51 編集
無題
お疲れ様でした。
前半2失点でどうなることかと思いましたが。。。
勝てて何よりです。
内容は、まぁ、運が良かったと言うか、相手が自滅したと言うか。
とりあえず、勝ったから良かったです(笑)

この時間からのカツ丼ですかっ!?
後で太田胃散も飲んだ方が。。。(笑)
みんみん URL 2016/06/23(Thu)01:06:32 編集
無題
勝って本当に良かった!
ただ、森脇は本当に下手な自覚がないなが
残念。駒井も決して良いとは、、、
ませ 2016/06/23(Thu)01:29:03 編集
無題
おはようございます。
どんな内容であれ勝利は勝利。
連敗を脱出できた事に関しては素直に嬉しいです。
ただ失点が増えてきているのが2ndステージに向けて大きな不安材料ですね。
次節は無失点に抑えて勝ってほしいです。
FREE TIME URL 2016/06/23(Thu)06:06:48 編集
無題
なんとか勝てましたね!この4連戦全て観れましまけど、同じミスばかり考えられないですね。
敗戦から失敗をなくす為の工夫があればいいんですが、する気もなさそうですね。
ただ、試合に勝ったのはやっぱり嬉しいです。
気になるのは交代枠の使い方なんですが、同点の場面3枚目でズラタン入れる前から逆転出来る雰囲気あったんでもう少し様子見て逆転したら、青木、那須あたりを使うのも考えられないのかなと思いました。

滋賀サポ 2016/06/23(Thu)07:04:34 編集
執念!
こんにちは。

今まであまり見た事が無いような展開でした。私達の席の前の通路を挟んだ前列3列ぐらいの人達は前半で帰ってしまいました。はっきり言って前半を見た感じ、帰ってしまう気持ちもわからなくは無い…そんな試合展開でした。瓦斯の組織的な守備、前線の3人がぴったりマークされてくさびが入らないし、強引に前を向こうとしても囲まれるだけ、更に両サイドも突破出来ずに横パスばかり。そんな停滞した前半、2点リードされて私は後半に、また3枚切りとかしないだろうな?とか思っていました。後半も序盤はまだ停滞して、太鼓の音も無くなり、重苦しい空気の中、シンプルに興梠が上げたクロスに3人飛び込む事が出来ました。欠けていたのはそのシンプルさだと思います。そこから前線にボールが収まるようになり、興梠が粘って出したところに再び槙野がズドン!前半は槙野、森脇があの位置まで上がって行く事すら出来なかったですが、瓦斯の組織的な守備が崩れ始めて、代わって入った駒井や宇賀神がサイドを深く入れるようになりました。ムリキのカウンターは本当にヒヤッとしましたが、阿部のミドルの跳ね返りを李が押し込んだ決勝ゴールも、阿部があの位置まで上がって行けた事から生まれたゴールだったと思います。とにかく戦術云々よりも意地、執念でしたね。やはり勝とうという気持ちは一番大事ですね。
まぁ、あとは“何としても失点しない”という気持ちをミシャがもっと強くチームに根付かせるような戦術を養ってもらいたいなぁ…確かにセカンドボールの行方とか、運という事もありますけどね。
とにかく連敗を止めました。年間1位という目標に向けるなら、1stステージを勝って締めくくるというよりも、勝ち点3を積み上げて、上の2チームを追撃しましょう。
次節は昨日の立役者・槙野が出場停止。橋本か、あるいは那須、それとも阿部が下がってボランチに青木か?というような布陣になるのではないかと思いますが、近々遠藤がオリンピックで抜ける事になるので、ここは思い切ったオプションもありかな?と思います。さて、どんな布陣になるのか。

う~ん、前回の鹿島戦、ケバブカレーを食べ損なって負けましたが、今回はしっかり食べて勝ちました。やっぱりケバブだなぁ…

中2日での試合になりますが、本当に年間1位に向けて勝ち点を積み上げて行く事だけですね。また頑張りましょう!お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2016/06/23(Thu)14:41:58 編集
コメントありがとうございます
与野さん
こんばんはです。
昨日はお疲れ様でした。このチームは1つ勝つと調子に乗る傾向があるので、神戸戦も気合いを入れて勝ってほしいですね。
しかし試合になると帰りの武蔵野線が遅延する事が多い気がします。それも平日開催で。自分は昨日は幸いにして車だったので助かりました。

みんみんさん
こんばんはです。
昨日はお疲れ様でした。前半を観た限りでは、とてもじゃないですけど後半に2点差をひっくり返せるようなチームではなかったですね。後半は頑張ってくれました。李の逆転弾は本当に”運”そのものですが、東京側も”自滅”したみたいな評価があるので、まあ今回は前後半でお互い様ですかね。状況は順位が遙か下の東京の方が深刻みたいですが・・・。
ちなみにカツ丼は無事完食しました。とはいうものの、あの時間帯に選ぶ食材ではないのは明らかですね。タイムサービス前に大量に売れ残っていたのがわかります。そしてさすがに午前2時のカツ丼は胃腸にズシリときました(笑)
うえ URL 2016/06/23(Thu)20:40:49 編集
コメントありがとうございます
ませさん
初めまして。
確かに勝利は嬉しいものの、森脇は最近特にミスが多くなっていますね。
駒井は縦に速いものの、関根のように相手を交わして抜き去るようなプレーを観てみたいですね。

FREE TIMEさん
こんばんはです。
昨日はお疲れ様でした。なんとか連敗はストップしましたが、自分も最近続いている早い失点時間を気にしています。失点は早い時間帯に喰らい始めると癖になるというか、ズルズル行ってしまうパターンが多いですね。なので立ち上がりの守備意識を元に戻さないと、この先も不味い気がします。遠藤の調子がイマイチみたいなので、先ずは続いているパスミスを減らす事ですかね。
うえ URL 2016/06/23(Thu)20:41:09 編集
コメントありがとうございます
滋賀サポさん
こんばんはです。
やっと、やっと勝てましたね。しかも劇的な大逆転でした。それはそれで大変嬉しいのですが、おっしゃる通り問題は、永遠の課題である同じようなミスの繰り返しに最近ますます歯止めが掛かっていない事ですね。尤もミシャ体制である限り、そこは諦める部分なのかなぁ、とも思ってみたり・・・。
ちなみに今回の交代は、とにかく前に行ける選手と攻撃的選手を入れるだけ入れて点を取りに行くというものだったので、ミシャの頭の中は同点や逆転した後の考えは無かった感じですね。このやり方も完全にギャンブル要素が高いくて崩れるパターンと背中合わせなので、今回はかなり運が良かったのだと思います。

東浦和レッズさん
こんばんはです。
昨日機お疲れ様でした。前半だけを観ると「ああ今回もまた・・・」な内容でしたから、さすがに過去の試合の内容も最悪だった3連敗を思うと、自分も前半で帰ってしまう人を責められないかなぁとも思います。ただ前半で諦めて帰ってしまった人は、後から後半の大逆転劇を知って、帰ってしまった事を悔しがったとは思いますが(笑)
今回の攻撃パターンは、いつもよりロングボールが多かったですね。春先から阿部とかがミシャの足下のパスが多くて攻めるだけのサッカーに不満を言い出したらしいですが、そういう経緯もあってかどうかはわかりませんが、最近は確かにロングボールを多用するサッカーをしている時間帯もありますね。ミシャはもっとパスを繋いだサッカーをしたいのでしょうけど、恐らく選手はこれまでミシャサッカーで勝てていない分、もっとシンプルで手数をかけない速い攻め方を選んでいるのかもしれませんね。実際シンプル・イズ・ベストという名言があるように、パスサッカーやミシャサッカーは余計な手数ばかりで”労多くて実なし”が多い事を考えると、そのシンプル・イズ・ベストを体現するには、もっとロングボールを多用する事が一番ですね。
とにかく今回は、ミシャの思う戦術は何処へやら、選手の”勝ちたい”という気持ちが結果に繋がったものだと自分も思います。もちろん今回のサッカーはそう毎回出来るものではなく、それも一歩間違えたらカウンターから更に失点を重ねる危険なサッカーである事には変わりないのですが、そこはおっしゃる通り選手の意地と執念が運を引き寄せたのだと思います。実際いつもは枠に行かないシュートが多い中、槙野のミドルシュートがレーザービームのように綺麗に決まったかと思えば、阿部の強烈なミドルがクロスバーを叩いて跳ね返り、そこに詰めていた李の胸に跳ね返ってフワリと枠に収まりましたね。特に李のゴールは、あそこに詰めていた事もそうですが、本当に運をも味方に付けたからこそだったと思います。ぶっちゃけあの瞬間、オフサイドを疑ってしまったのも正直なところですが(笑)
あとは一向に減らない酷いミスといただけない失点パターンなんですが、うーん、ここだけはミシャが監督であり続ける限りは、やはり無くならないものなのだと思いますねぇ・・・。
さて1勝はしたとはいえ、ミシャが新二位を取り戻すにはここから勝ち続ける事が大事ですね。そんな中で槙野が出場停止ですか。おっしゃる通り遠藤もオリンピックで抜けてしまいますし、興梠もオーバーエージで居なくなってしまう可能性が高まりましたね(というか決まってしまったんでしたっけ?)。まあミス続きの遠藤と、最近ゴールから遠ざかっている興梠にとっては、一旦レッズを離れる事でリフレッシュしてもらうという意味では良いのかもしれませんが。その間は他の選手にチャンスがある訳ですから、しっかり好アピールしてもらわなければいけないですね。
神戸戦も勝って、良い形でファーストステージを締め括りましょう。
うえ URL 2016/06/23(Thu)20:41:28 編集
連敗阻止
お疲れ様でした。

ミシャでは限界だと思っている自分にとっても、勝利はうれしいです。
やはり、勝つレッズを観たいものです。久しぶりに、選手達が意地を見せてくれたのは良かったです。

勝てたのは、おっしゃる通り、運が良かったからだと思います。
鹿島やガンバ相手に、あんな戦い方をしたら、広大なスペースをつかれて簡単に失点を重ねて、試合が終わっていたでしょう。
城福の“敵に塩を送る”ような采配にもだいぶ助けられましたね。ウチの監督も迷采配を良くしますが、城福もなかなかのものですね(笑)

とりあえず、早い時間帯で自陣でのパスミスからの失点は、本当になくしてほしいです。これさえ気を付ければ、かなり勝利に近づくと思うのですが、あの監督ではなくならないんでしょうねぇ。
去年はパスミスからの失点が、ここまで多くはなかったと思います。チームのバランスが崩れているのでしょうか…。

槙野が出場停止ですが、疲労困憊の体を少し休めて、2ndステージからまたがんばってほしいです。代表にも呼ばれていますし、出場停止でもないと、休めないですからね。

上位から離されないためにも、神戸戦に勝って1stステージを終えましょう。
ハートランド 2016/06/23(Thu)21:42:51 編集
無題
こんばんわ。お疲れ様でした。

良くなった後半は、うえさんのおっしゃる「後ろを気にしないで前へ中へのサッカーに他ならなかった」展開でした。

勝利に結びついたのはミシャを半ば無視した足元だけに頼らぬ放り込むなどの簡単なプレーに徹した結果だったのではないでしょうか?

これまでの何回もあったシーズン中の失速同様に、調子が落ちても修正(学習)をしない監督ですから、選手各々がきちんと考えて走ることさえ辞めずに時には裏切る自己判断のプレーをすれば結果はついてくると信じています。

監督が変わらぬ以上は阿部ちゃんを中心として真のオシムサッカーを体現して行ってもらいたいですね。

勝利して良かったなぁ。がんばれ!!
りょりょ 2016/06/23(Thu)21:48:15 編集
無題
今晩は
昨日は現地サポートお疲れ様でした 仕事の都合で15分遅れでしたが席に着いて荷物整理してたらムリキのゴール。なんか遅刻すると失点シーンに出くわすな・・・
前半はいつも通りのつまらないミスからの失点、3連敗からの猛省は無かったのか 後半は調子の良い頃のサッカーだったと思います。大逆転で勝ちましたから嬉しいですが仰るように何ら今までと変わって無いわけで、これで勘違いしなければ良いんですけど。
あと1つ、しっかり勝って次のステージに繋げて欲しいと思いつつ、明日午前休みなので後半だけのビデオ観ながら昨夜飲めなかった美酒、呑みます!土曜は雨予報ですね 集客心配かな。
欅通りのサポ 2016/06/23(Thu)23:02:38 編集
無題
サポートお疲れ様でしたうえさん。

私もスタジアム観戦しましたが、やっぱり勝つのは嬉ししいものだと改めて思いました。

試合内容としましては、前半は遠藤から阿部へのパスをカットされカウンターで先制され、その後レッズの選手皆がボールウォッチャーになって2失点目を受けた時には今までの連敗の反省を全くしていない状況にゲンナリしていましたが、後半は『捨て身』の攻撃で3得点を挙げて何とか勝利しました。
うえさんが言われるように決して褒められた試合内容ではなかったですが、絶対に勝つという後半の浦和の選手の気持ちの入れ方は褒めてあげたいと思いました。
鹿島・ガンバ・広島と強豪チームに3連敗したこと『ミシャサッカー』の戦い方が今までどおりでは通用しないこともわかりましたし、だからこそ『勝つための変化』が必要だと思います。
そのためにミシャが今期で辞めるのか、ミシャが柔軟な発想で相手に合わせたサッカーも行うようになるのか、1年通して見極めたいと思います。
まずは土曜の神戸戦に勝って総合優勝できるように戦っていきましょう。
Mr.T URL 2016/06/24(Fri)07:12:25 編集
無題
こんにちは。
調子の悪いチーム相手に前半2失点で、後半はお尻に火がついたのか、日頃の戦術はどこへやら、なりふりかまわずでしたね。勝ちはしたが、自分は先の3連敗の怒りが治まっていないので、今季満了の気分は既定路線です。ところで、意外なことにこの監督、今年の4月に300試合達成のインタビューで浦和愛を語ってるんですよね。なんと「日本でここ(レッズ)以外のチームを率いるのは下に下がることになる」とか言ってる。レッズは過去にリーグ優勝1回で、他(鹿島、マリノス、広島等)は何度も優勝しているのに「下に下がる」って…。監督的には優勝回数はトップクラブの条件じゃないということでしょうか。レッズに来た人物は、選手でも監督でもあまり外に出たがらないですね。生ぬるくて居心地が良いのでしょうか。
ところで、リオで3枠目が興梠に決まったようで、遠藤と2人、夏場に抜けますが、乗り切ってほしいですね。
来季は「さすがレッズ、逆立ちしても真似できない」と思わせるような、ドカンのような監督を獲得してほしいです。
涙目のサポーター 2016/06/24(Fri)12:52:38 編集
コメントありがとうございます
ハートランドさん
こんばんはです。
素晴らしい逆転勝利ではありましたが、おっしゃる通り鹿島やガンバにあの戦い方をすれば、間違いなく無事では済まなかったでしょうね。それだけ運も味方していましたし、東京のチーム状態にも助けられましたね。まあ昨シーズン高成績を残した監督を守備的だからとアッサリ切り、かつて自分から追い出した城福氏を再び監督に座らせた時点で東京フロントには疑問符でしたが・・・。まあうちも他チームを言えた義理でもなく使えないフロントや変な監督で色々深刻ですが、東京も似たり寄ったりみたいですね。埼玉と東京で隣同士ですし、近いと悪いとこも似てくるのでしょうか(笑)
パスミスは監督が今のミスを誘発するサッカーをやり続ける限り、付け焼き刃的な方法で少しは減りはしても、絶対に無くならないか、今年みたいに増える事もありますね。主力選手もベテラン率が増えましたから、体力面も精神面も衰えれば年々ミスも増えて来ると思います。その典型例として、元々ミスが多かった森脇は、今年はそれに輪をかけてミスが目立ちますね。阿部もさすがに劣化が目立ちますし。そこに来て期待の遠藤がミス連発ですから、ちょっと不味い時期に来ている事は確かだと思います。
さて次節神戸戦は槙野が出場停止ですね。彼にはしっかり休んでもらって、その先の試合に活かしてもらいましょう。

りょりょさん
こんばんはです。
やはり足下だけのサッカーでは勝てませんね。臨機応変にロングボールもパワープレーも絡ませなければ状況を打開できない事もありますし、それはカウンターやドン引きも然りですね。状況に応じて戦い方を選ぶ必要性は間違いなくあるという事と、ひとつのサッカーだけで勝てるほどJ1は甘くないという事だと思います。ミシャはそうは思っていないようですが・・・。
でもミシャは就任当初は「選手にインテリジェンスなサッカーを求める」と言っていたんですよね。つまり自分たちで考えて戦うサッカーですね。ならば時に選手がミシャサッカーをかなぐり捨ててでも、実を取る
サッカーを選択して良いはずなんですよね。もうミシャに期待する事は無いですが、これからは自分たちで考えるサッカーで行動してくれる事を選手に期待したいですね。

欅通りのサポさん
こんばんはです。
お仕事帰りにお疲れ様です。お得意のパスミスからあっさりムリキにやられましたね。自分まったく気にしていなかったのですが、ムリキはこれがJ1初ゴールだったのですね。うちはまた初なんちゃらを敵に献上したという、本当に初が大好きなチームですねぇ(苦笑)
奇跡的というか選手もガムシャラに頑張ってくれたおかげで大逆転勝利になりましたが、ミシャだけは考え方は相変わらずのようなので、おっしゃる通りせめて選手だけは勘違いせず、献身的に戦ってほしいですね。
土曜日は雨を吹き飛ばすような勝利でファーストステージを締め括りたいですね。
うえ URL 2016/06/24(Fri)21:49:40 編集
コメントありがとうございます
Mr.Tさん
こんばんはです。
水曜日はお疲れ様でした。前半、興梠のドンピシャヘッドとか、その他にもチャンスはあったものの、それが霞んでしまうくらい酷いミスと守備での2失点でした。監督が反省しないと、やはり選手も反省しないというサッカーそのものだったと思います。
後半は、おっしゃる通り「捨て身」の攻撃でしたね。これは完全に諸刃の剣な戦い方なので、これが毎回上手く行くものではなく、今回は博打に勝ったという事だと思います。ただ、絶対に勝つんだという気持ちが大事ですね。攻めるなら躊躇せず攻めきるという姿勢が見えました。あれが躊躇してしょーとパスや逃げパスばかり選択していたら、いつものようにボールを失ってカウンターから失点を重ねていたでしょう。いつもに比べて雑なフリックやヒールパスが今回は少なかったのも良かったと思います。
さてここからは、ミシャも進退を賭けたシーズンになる事でしょう。ただ個人的には、ミシャはタイトルを獲っても獲らなくても、今年限りかなと思っています。それならばタイトルを獲って勇退という道がある訳ですから、今年こそそういうシーズンになってほしいです。

涙目のサポーターさん
こんばんはです。
自分ご存知の通り試合後のミシャのインタビューをあまり聞かない質なので、ぶっちゃけそのミシャの言葉は初耳でした。いやはやミシャ、またリスペクトを欠いた発言ですね。尤も本人はこれ以上ないレッズ愛を語ったつもりなのでしょうけど。つまり他のチームを完全に下に見ているという事ですね。自分は一度もタイトルを獲れないままなのに、それで上から目線って・・・。というか、通訳の某コーチも、ちゃんと通訳しているんですかねぇ。
選手も監督も居心地は良いと思いますよ。タイトル獲れなくてもお金は沢山貰えますし、世間からの注目度が高いからそれだけチヤホヤされますし、芸能人と結婚できる確率が高いですし(笑)、それに先輩後輩の壁が無い仲良しチームですからねぇ。こんなヌルヌルな環境をぶっ壊してくれる監督や選手が来てほしいですね。
あ、興梠はリオ内定ですか。遠藤も加えてチーム的には痛いですが、まあ決まってしまった以上は、頑張ってもらいたいですね。
うえ URL 2016/06/24(Fri)21:51:10 編集
お疲れ様でした。
夜のカツ丼はもたれませんでしたか?
ワタシは前半2点めを取られる少し前にスタジアムについて、1失点のガックリを追いかけてる間に2失点目が来ました。あべちゃん!えんどー!!
ハーフタイムにピロシマはこっから取り返して追い越したから、ウチの番だ!と煽って見たけど周りはすでに折れてました。得点はミシャスタイルじゃないけど
ゴールに向かう気持ちがつながったと思ってます。もう年間だけを見て、たたかうしかないですよね。頑張りましょう。選手より先に折れたり諦めたりせずにやるしかないです。
ECHO 2016/06/25(Sat)13:49:27 編集
コメントありがとうございます
ECHOさん
こんにちはです。
水曜日はお疲れ様でした。さすがに深夜2時のカツ丼はズッシリきました(苦笑)
さて前半の守備ボロボロの2失点から、後半はよく逆転してくれました。後半にやっていたサッカーは戦略やら全自動やらは度外視の、極端な話、気持ちだけで攻め続けていたように思えます。この手はそう何度も通用するものではないですが、でもこれも年に何回かは発揮される、火事場のクソ力的なものだったのかもしれませんね。
ファーストステージは優勝は叶わなかったですが、まだセカンドステージがありますし、その上で年間勝ち点1位を目指せる位置に居るのも確かです。ここから巻き返しですね。
うえ URL 2016/06/25(Sat)15:18:29 編集
ようこそ!!
試合終了/天皇杯4回戦 浦和2-4鹿島 得点/7分・金崎(鹿)、51分・金崎PK(鹿)、59分・ズラタン(浦)、69分・武藤(浦)、74分・中村(鹿)、90分・土居(鹿) ・・・次の試合/J1リーグ第27節 浦和-鳥栖(埼玉スタジアム2002=9月23日16:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8
10 11 12 14 15 16
18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]