忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[781]  [780]  [779]  [778]  [777]  [776]  [775]  [774]  [773]  [772]  [771

さて、恐らく開幕前の補強は阿部で終了なので、ここで今季に臨む戦力状況と、レッズが置かれている”現実”を総合的に判断した上で、自分なりの目標順位を定める事にする。これは毎年言っている事だけど、後出しジャンケンのようにある程度態勢が固まってから「実は自分もそう思っていたんだよ」とか言うのは嫌なので、チームが出来上がる前に、率直な自分の考えを吐露しておかなくてはいけない。

世間では、新監督の手腕に期待するしないは別としても、去年の順位や”時間がかかる”や”我慢が必要”といういつものパターンを前提に、極めて控えめな目標数値に抑えている人と、今季戦力を考慮して上位圏内を視野に入れている人、つまり評価が二分している。別にこの両極を選ばなければいけないという訳ではないし、どちらが間違っているとも正解も無い。現時点では。だからこの部分を議論するのは、本当ならばナンセンスなのである。

では自分はどう考えているのかといえば、先ずは前季と今季の補強の”質”の違いを強調したい。前季は、その過去2年間において何人もの有力選手を放出し続けた上で極端な戦力ダウンに陥ったチームの、それを補うための”穴埋め”の要素が強かった。これは去年始めにも書いた事ではあるが、その穴埋め度から言って、とてもではないが戦力アップとは言い難く、良くて平行線、悪くて戦力ダウンと指摘した。これは外から引っ張って来た選手に失礼な言い方になるのを承知で書いた訳だけど、それでもそれが前季の現実であった訳だし、その証拠として成績も(大変残念ではあるが)それに比例してしてしまった訳だから仕方がない。

そして今季の補強である。ポポに槙野、そして阿部。ポポに関しては、マゾーラを出して代わりにポポという単純ストレートな感じが強く、決してスーパーなFWではない所からしても、戦力”アップ”というレベルではないと思う。それでもポポに関しては高齢という不安を除けば、これまでの実績から言って、ある程度の安定感は得られるかもしれない。
ただし、槙野と阿部は違う。ここの部分に関しては、絶対的に強力な戦力補強に成功したとしか言いようがない。現役日本代表クラスを2人も補強しておいて、もしこれを否定する人が居たとしても、それは世間の評価が許さないであろう。
これだけで飛躍的に順位が上がる保証はもちろん何処にもないが、今季は放出選手は多くても、絶対的に有力な選手を放出したかと言えば、そうではない。これが2年前と大きく違う部分である。元々去年、過剰な上に更に過剰なポジションを補強した中盤や攻撃陣の中から、非レギュラークラス数名と、出場機会に恵まれなくなった選手を数名放出した訳で、対して主力は全員残留している。つまり戦力ダウンには陥っていない。その上で外国人1人と、日本代表クラス2人を補強したのだから、理論上は大幅に戦力アップしているはずなのである。あくまでも理論上は。

まだ何も始まっていない以上、今は理論値から話を進めるしかないので、それ以上は突っ込まないでほしいが、前々から言っている通り、どんな事においても、”それ相応”の成果や結果を求められるのがプロの世界である。
自分は「時間がかかる」や「我慢」という言葉は、プロの世界では”言い訳”や”逃げ”の部類に入ると思っているので、例え時間がかかったり我慢が必要だとしても、それをわざわざ口に出すのは嫌なのである。それがレッズにおける最近3年間で自分が学んだひとつの部分。そして、その言葉に胡座をかいて、成果や結果を二の次にしていると、大変な事態を招くという事を、レッズ自身が痛いほど学んだはずである。つまり厳しい事を言うようだけど、プロは言葉に保険をかけてはいけないと思うようになった(だからミシャにも選手にも、内面は時間や我慢が必要と思っていても、それを口に出す事だけはしないでほしい)。
つまり、今季のレッズは、世間から見れば大変贅沢な補強を慣行した訳で、その証拠に去年のサッカー誌の補強評価は悪くてC、良くてBランクだったものが、今季はAランクという申し分のない高評価となっている。そうなって来ると、世間では補強率に従ずる”それ相応”の成績が求められるのが常なのである。

もう何が言いたいかをわかっていただけたと思うけど、ようするに今季のレッズは、最低限言い訳が効かない成績を求められる事だけは間違いない。
では、その成績とはどれ程なのか、という話。ここは個人個人が設定するしか無い。
自分は、順位で言えば最終的なボーダーラインを10位までとしたい。正直言うと、表面上の戦力アップはしているものの、黄金期に慣行されたような超大型補強でも無い訳で、だからと言って、これで下位に沈む事だけは許されないレベルの補強は慣行した。つまり最低でも、中位には留まらなければいけない戦力は保持出来たと言う事。

後は監督の手腕という事になるが、それはそれとして、今季こそレッズは補強に見合う”それ相応”の成果と結果を。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは。
たしかに、うえさんのおっしゃるように、今季の浦和が成績を求められるのは必至だと思います。

ただ、今年の浦和が目指すスタイルは、爺さんへの回帰であり、さらに言えばオシムのそれに近いものと言うべきなのでしょうか。阿部も「やり残したこと」をしに戻って来ていると言えましょう。だからこそ、我々サポこそが、今までの反省の上に立って、決して結果(内容)に「我慢」するスタンスでなく、結果を「評価」していく度量が求められる1年になるのかと思います。

うえさんのおっしゃる「順位」についてですが、まさに個人個人が設定するしか無いことだと思います。これだけは「監督だけではどうにもならない」ものであり、時間がかかるのも確かでしょう。今年こそはファミリーになって上位を目指す、例え「家族に何があっても見放さない」一体感で行きたいですね。
りょりょ 2012/01/29(Sun)00:26:50 編集
コメントありがとうございます
りょりょさん
おはようございます。
自分もひとつの危惧する部分として、その回帰傾向が見受けられるのが心配なのですが、タイプ的に似ている部分はあるとしても、少なくともミシャ自身が師と仰ぐオシムのように、口だけではなくしっかり結果を残せる監督であってほしいですね。広島時代とは違う、それなりにお金をかけた補強も成功した訳ですし。そのためには1年目であろうと、明確に上位に上がって行くための成果も残さなければいけないと思います。
サポ自身は、チームを支えるというのは当然なので、少なくとも去年のような「ボイコット」的な騒ぎだけは、論外であってほしいですね。
うえ URL 2012/01/29(Sun)08:20:57 編集
無題
おはようございます。
メディアでは錦織圭の話題で持ちきりです。彼は攻撃的なテニスを志向し、ミスから自滅するパターンでした。今回の躍進の要因としてメンタル面の成長やロングラリーにも見られたように守備力の強化があったと思います。
これって去年のグダグダサッカーは置いといてその前2年間のレッズと酷似していると思います。ミシャは爺さんと同じ様な攻撃的サッカー、パスサッカーを信条としています。それ自体は間違っていないと思うのですが是非とも真似して欲しくないのは現実を見つめて欲しいという事です。
うえさんの仰る通りプロは結果が最優先されるべきです。全てと言っても過言ではありません。
この3年間余りにも結果が疎かにされてきました。そのうえで内容もつまらない、クラブの姿勢も不透明。私の様な多くのヌルサポは心が折れてしまいました。フィンケ政権下では突出した個の能力やロングフィード、カウンターは悪とされてきました(言い過ぎかもしれませんが撤回しません)しかし、広島のサッカーではパスサッカーの中にも随所にそういった場面が見られました。
本来方法論であるべきポゼッションもいつのまにか目的に成り下がってしまい、頑固さの余り可能性までも棄ててしまった2年前と比べると今年はまだ期待出来ると思います。いきなり優勝はないにしても。
フロントも今オフは珍しく仕事しましたね、出来れば点の取れるCFWが欲しかったですが。それは贅沢と言うのでしょうね…
れっどすねーくかもん 2012/01/29(Sun)08:49:19 編集
コメントありがとうございます
れっどすねーくかもんさん
おはようございます。
錦織が考えを変えて強くなった話は自分の考えとひじょうに一致するものがあり、これはあまりに攻撃的サッカーを思考する人には目から鱗なものとして受け止めてほしいと、個人的には思うところがありますね。それもやはり、理想を追い求める前に、現実から積み上げて行かなくてはならないのだと自分も思っているからです。これを真っ向から背いて大失敗した2年間と、それを正そうとしたもののやはり理想も捨てきれず、全てに関して力量不足から成功しなかった去年があったと自分は思っています。
これを踏まえた上で臨まなくてはならないのが、今季からの再スタートだと思っています。新監督に過去レッズが犯した失敗を繰り返させないだけのお膳立てをフロントは果たしたと思いますし、だからこそ後はミシャの腕に左右される事になりますね。自分はパスサッカー否定派ではありますが、それでもフィンケとは質の違う、広島時代のような緩急をつけたパスサッカーというものが、レッズでも作られるかどうか、冷静に見て行きたいと思っています。
うえ URL 2012/01/29(Sun)10:46:32 編集
無題
相応の主力級選手が埼玉の2クラブに流入してきましたね。華麗なダービーを楽しみにしてます。
詠み人知らず 2012/01/29(Sun)13:01:48 編集
コメントありがとうございます
詠み人知らずさん
こんばんはです。
補強は、大宮も積極的で年々戦力が整ってきていますから、レッズも気を引き締めて行かなくては・・・先ずは順位をひっくり返さないと・・・
うえ URL 2012/01/29(Sun)18:21:23 編集
無題
今晩は 確かに言い訳きかない補強になりましたね。正直、今のフロントにこれ程の補強出来る力あったとは驚きですし感心しました(笑)。これでミシャのサッカーに適合出来そうな選手揃ったわけですから宝の持ち腐れにならないようミシャの手腕期待します。個人的には過度の期待は持ちませんが仰るようにチームの戦術、質 高まれば結果も比例して付いて、きますよねぇ…去年スタから離れたサポ、ファン呼び戻すためにも!
欅通りのサポ 2012/01/29(Sun)20:48:47 編集
勝利のみ!!!
私は以前にもコメント欄にも書きましたが・・・
学生で倉敷在住です。

確かに内容が良くて
勝てたらそれ以上の幸せはありません。

フィンケ体制から
クラブは「スタイル作り」という言葉を使ってきましたが・・・
正直、09年あたりから試合(内容)に満足して
帰路に着いたことはほとんどありません。

何故か・・・
試合に勝てないから。
点が全く取れないから。
もっと言えば点をとる雰囲気さえ感じられないから。

仮に今後内容が良くなったとして
3-2で負け試合を多く魅せられても
満足になることは決してありません。

僕は勝利に飢えてます。
ピンチをたくさん作られて・・・
バーやポストに何回直撃されようが
勝てば、幸せな気持ちで絶対帰れます。

フィンケ体制の時によく聞かれた
試合後の監督・選手の口から
「今日は試合内容は良かった」

負けた後にも関わらず
「個人的にはよく頑張れた」
といった自己満足の趣旨のコメントは
とても歯痒い気持ちになります。

自己満足(チームの満足)=ファン・サポーターの満足

なんて絶対ありえないのです!!
人によって感じ方は千差万別かもしれませんが
応援するチームが負けて嬉しい人なんて決していないです。

選手1人1人が
本当に勝者のメンタリティーを持って
試合に勝つという気迫を見せてほしいです。

柚子 2012/01/29(Sun)21:19:22 編集
レギュラー争い激化
こんばんは。


とりあえず湘南とのトレーニングマッチは圧倒したみたいで良かったです。

今季は監督、そしてシステム・戦術的にも近年にない大きな改革になったと思います。私的には、昨年までの一本調子の戦術とは違い、3バック採用で中盤~前線のレギュラー争いが激化して、また去年までのように“守備をしない”なんて選手や結果を残せない選手はベンチ入りすら出来ないような厳しい争いになってもらいたい、危機感を持ってもらいたいです。


私はシングル順位から勝ったり負けたりでACL圏内が見え隠れするぐらいの順位をキープしてもらいたいですね。もちろんもっと上位を狙ってもらいたいですが、とにかく補強がある程度成功した今季は、う~ん…試合を見に行って、糞審に八つ当たりするような事がなければいいな…と思います(笑)。私自身も大人にならなければ…(汗)
東浦和レッズ 2012/01/29(Sun)21:23:18 編集
お疲れ様です
レッズに対して、『ビッグクラブ?勘違いするな!』と揶揄する輩に、継続的(コレ大事!)に存在感を見せつけてやりたいと思うのです。
Jリーグで最も営業収入をあげる…おこがましくも言い換えれば、最も貢献出来るクラブが、ここ数年の様な事ではマズいんです。

代表クラスの補強や優秀なマネージャーの招聘は、ただその為にあると考えたい訳です。

故に私は、ACL争いに加わる事を希望します…いつから?…今年でしょう?。
きたうらわ 2012/01/30(Mon)00:19:09 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
こんばんはです。
フロントはここ数年の補強の失敗を踏まえて、今回はしっかりと仕事をしてくれたと思います。少なくともここ数年では一番的確な補強を果たしたと思うので、後はミシャの手腕にかかりますね。ただこれで今年急激に強くなる事はないと思いますが、少なくとも一昨年、去年の繰り返しだけは絶対に避けなくてはならないでしょう。今年こそ3度目の正直で、それなりのお金を注ぎ込んだ分、その補強費に見合った明確な成果が現れるチームであってほしいと切に願います。

柚子さん
こんばんはです。
>内容が良くなったとして3-2で負け試合を多く魅せられても満足になることは無い
まったくその通りだと思います。例を言えば、去年、ここ数年まったく勝てなくなってしまっていた鹿島やガンバを始めとして、多くの敵に先行されながらも、何度も追い付いてはドローに持ち込んだ試合がありました。もちろん追い付いた時は歓喜し興奮しますが、しかし試合終了の笛と共に沸き上がる気持ちは、(よくぞ頑張って追い付いてくれたという気持ちと共に)やはり勝てないもどかしさや悔しさの念です。それが敗戦ならば、そして連敗が続けば、尚更強くなるでしょう。そこに来て「内容は良かった」に慰めの意味はあっても、そしてどんな言い訳をしても、絶対に避けては通れない”現実”と、絶対に上回れない”結果”があります。それが「勝利」です。
やはり、プロの本質は、勝利だと断言できます。それを強く求めるのも、応援する身として当然です。そのハードルをどこまで上げるかは人によって違うものの、少なくとも、チームの現実に見合ったハードルがあります。このバランスを崩してまでプロセスや内容優先で結果を疎かにしてしまうと・・・これがここ3年の現実だったと思います。
去年、口を酸っぱくして勝者のメンタリティーを芽生えさせようとした監督が居ましたが、少なくともその気持ちだけは継続してほしいと、自分も強く思っています。
うえ URL 2012/01/30(Mon)18:41:06 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
湘南とのトレーニングマッチは凄かったですね。あんなに失点する湘南も湘南で元レッズのチョウ・キジェ監督が心配になりましたが・・・。うちとしてはミシャサッカーの弱点要素から失点した例もあり課題は出来ましたが、それでもいきなりこんなに得点して良いのかと、逆に訳の分からない不安が過ぎるのも正直な気持ちですが・・・
ミシャは基本的に走らない選手、走れない選手は使わないと思うので、選手達は先ずはみっちりとスタミナが保てる体力作りから奮起してほしいですね。その上で(本来レッズが苦手としている)頭を使った緻密なサッカーにしっかり挑んでほしいところです。
成績で言えば、個人的には今年で言えばACL圏内は難しいかなぁ、とも思うのですが、理想は後半戦辺りからその圏内を射程に入れられる順位に昇って行ければ、今季は素晴らしい成果と言えると思います。あと自分も同じく、あんまり審判に文句を言わないようにはしたい・・・ですね(笑)

きたうらわさん
こんばんはです。
ビッグクラブともビックリクラブとも言われるレッズですが、少なくとも日本国内のサッカークラブだけを比較して資金力や観客動員数、スポンサーの質を考慮すれば、それはもう立派なビッググラブだと思います。どの面においても、他クラブより明らかに恵まれていますよ、レッズは。これを否定する意味は、どこにもないと思います。
自分は、だからこそ”それ相応”の成績を継続して上げないといけないと思うんです。そして一度拡大路線を敷いては成功を収め黄金期を築き、果てはクラブワールドカップ3位まで登り詰めたクラブチームの、大きな宿命であるとも思っています。勿論またACLで戦いたい・・・!
うえ URL 2012/01/30(Mon)18:41:32 編集
無題
うえさんお疲れ様です!

確かに今オフの補強に関しては代表クラス2名を獲得出来たので、ここ数年で一番良い仕事をしてくれたと思います。

あとは、ミシャが新加入選手と現在籍選手をどの様に組み合わせて、勝つサッカーに生まれ返らせてくれるか。そこに尽きるのかな~と個人的には思います。

もちろん上位に食い込み優勝やACL出場権を獲得出来れば言う事ないですが、まずはホームで勝つサッカー(負けないサッカーではない)をしてくれない事には、本当の復活・逆襲は始まらないのでそこは徹底して欲しいです!!

今シーズン個人的には6位以下はまずないなと思っています(*^_^*)
沖縄の赤い悪魔 2012/01/30(Mon)19:52:00 編集
はじめまして
>プロは言葉に保険をかけてはいけない

素晴らしい言葉ですね。名言と言ってもいい、教訓にしたい響きです。

私は料理屋で板前をしてますが(今日は定休日なのでこの時間に書き込めるわけですが)、親方から口癖のように「言い訳や失敗が許されないのが本当のプロなんだぞ」と言われます。その通りと思い、私も厳しい板前修行を続けてます。

これを浦和レッズに置き換えると、ここ数年の浦和レッズは、そのプロという意識からどんどん遠ざかって行って、社長もGMも監督も選手も、言い訳や失敗ばかりしていて、その失敗すら認めないで、平気で後の人に尻拭いさせていたと思います。それを許すファンの風潮も浦和レッズを堕落させたと思います。

私は浦和レッズファンなんです。板前なのでなかなか試合は見に行けない録画専門のファンで、そんな奴が生意気言って申し訳ないんですが、貴殿の熱い浦和レッズにかける思いを拝見して、私も一言参加したくなった次第です。失礼しました。
板前 2012/01/30(Mon)21:18:35 編集
無題
うえさん、こんばんは。
自分としては、今シーズンに限っては順位のノルマよりも、まずは魅力あるチームの復活を、そして未来に繋がる形を見せてもらいたいです。今年は、ミシャが来て槙野が来て阿部ちゃんが帰ってきたからと言って直ぐに結果出る程甘くないと思います。変に期待を掛けて裏切られたくない臆病な自分が嫌になるのですが…、それだけ近年のレッズは少しずつ積み上げてアジアチャンピオンまでようやく辿り着いたにも関わらず、その後自ら崩壊していったなんの意味もないシーズンを三年もみせられると簡単には期待出来ないです。

自分の場合は、ノルマ=期待 =優勝 となってしまうので、今シーズンは未来に繋がっているなと思える一年であればいいのかなと思ってます。優勝は出来なくても仕方ないとは言いたくないですし…。
でも開幕あたりはなんだかんだで、期待してしまう気が…。


チャラッチ 2012/01/30(Mon)23:36:58 編集
コメントありがとうございます
沖縄の赤い悪魔さん
こんばんはです。
そうなんです、個人個人で理想の順位はあるとしても、先ずはホームでしっかり勝てるチームになれるように、その力を復活させないといけませんよね。ホームで勝つ事の必要性は、プロサッカー興行の基本中の基本というか、最低限必要な部分。これが出来ない事には、離れたファンもなかなか戻って来てくれないでしょうし、新規ファンも増えませんからねぇ。
自分は仮に綺麗なサッカーで勝てないよりは、どんなに泥臭いサッカーでも良いので、勝てるサッカーを求めたいですし、そのための補強をしたのですから、頑固と噂されるミシャも、そこは考慮してほしいと思っています。

板前さん
初めまして。
修行が特に厳しいとされる板前さんの言葉も、プロスポーツに共通するものがありますね。確かにここ数年のレッズは、おっしゃるように失敗と言い訳の連続でしたし、理想ばかりが先行してしまって、問題点を本気で治療しようとせず、甘い部分を長年放置した結果が、今日の状況を招いてしまったのは否めません。
「言い訳や失敗が許されないのが本当のプロ」、まさしく、それがプロの本質であるのは間違い無いですし、この精神から離れれば離れるだけ、甘さを生んでは落ちて行ってしまうのでしょうね。
それに歯止めをかけて、今年こそ本質を厳しく追究するチームに変わってほしいと思っています。

チャラッチさん
こんばんはです。
自分自身は、無理に監督に期待するのではなく、今年こそ冷静にチームの成長を見て行こうと思った次第ですが、しかしやはりその魅力あるチームに復活させるには、そして未来に繋がっていると思えるチームになるには、少しでも「勝利」を増やして行く事しかないと思います。どんなに理想を掲げても、どんなにパスが繋がっても、どんなに選手を揃えても、どんなに内容が良くても、それで勝てなければ、結局最後は人が離れていってしまう・・・それを如実に証明した3年間だったと思います。
もちろん何が何でも勝利至上主義という訳ではありませんが、しかしそれ相応の成績という成果を残してこそ、未来も繋がって行くのだと思っています。槙野や阿部は、確実にそれを担うべき期待をかけられての移籍だと思っています。そして今年こそ、そういうチームであってほしいです・・・
うえ URL 2012/01/31(Tue)18:53:34 編集
無題
ようやく阿部も帰ってきてこれで今年の戦力が揃ったわけですが、補強+去年の主力が全員残っての戦力なので、フロントもミシャも選手も今年は言い訳は効かないし、してほしくないし、聞かない年になりますね。ここ数年間の失敗を考えると、いきなり優勝やACL争いは厳しいかもしれませんが、僕の希望は9位まで、一桁順位をボーダーラインにしていますが、あとはミシャの腕次第になりますね。開幕まで残り1ヶ月弱ですが、開幕までにミシャがどういうふうにチームを纏めるか楽しみにしています。
クレイジーマザーファッカー 2012/01/31(Tue)19:19:06 編集
無題
こんばんは。
以前、西武ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)と福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)で、球団代表(サッカーでいえばクラブ社長)を歴任した坂井保之氏は次のようなことを言っています。「ダメなチームが優秀な監督、コーチを揃えたからといって、いきなり優勝することはありえない。F1でいえば監督はドライバーだけど、優秀な車(選手)が必要だし、各部位に目配せできる優秀な整備士(フロント)がいないと勝てない(以下略)。」今のレッズには優秀な整備士がいない様なので、1~2年は大目にみた方が、よろしいのではないかと・・・。
サッカー素人 2012/01/31(Tue)21:24:14 編集
コメントありがとうございます
クレイジーマザーファッカーさん
こんばんはです。
現実的にはいきなり上位を、それも優勝戦線に絶対的に絡める戦力という大味の補強をした訳でもないので、それなりの戦力があり、それなりの順位は期待できるけれど、上位に絡む事が出来るかどうかは監督の力に左右される、正直言うとそんな状況の今季だと思います。
自分としてもボーダーラインは10位ですが、理想は1桁順位で出来るだけ上を・・・となってほしいですね。先ずはここ1ケ月、どこまで準備できるか注目ですね。

サッカー素人さん
こんばんはです。
実は、その1、2年大目にってのを過去やって、それでも駄目だったのがレッズでして(苦笑)。まあ優秀な車はともかくとして、優秀な整備士ってのが最近はなかなか揃わないんですよね、親会社が車会社なのに・・・。
とはいうものの、個人的には今の状況では劇的な成績アップというには遠いと思っていますし、だからこそ個人的なボーダーラインも設けましたので、そこは大目に見て行くつもりです。さすがに今年も、去年や一昨年みたいな状況になったら困りますけどね・・・
うえ URL 2012/02/01(Wed)18:29:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ようこそ!!
試合終了/クラブワールドカップ5位決定戦 Wカサブランカ2-3浦和 得点/18分・マウリシオ(浦)、21分・エルハダッド(Wカ)、26分・柏木(浦)、60分・マウリシオ(浦)、94+4分・ハジュージPK(Wカ) ・・・次の試合/― ―-―(―=――月――日――:――キックオフ)今シーズンの全日程は終了しました。


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
11 12 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/17 うえ]
[12/16 涙目のサポーター]
[12/16 ひろまろ]
[12/15 うえ]
[12/14 名無し浦和]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]