忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[786]  [785]  [784]  [783]  [782]  [781]  [780]  [779]  [778]  [777]  [776

ネガティブだと思った。悪いところにスポットを当てて、ネガティブになっている。起きてしまった事は変えられない。うまくいかなかったことから学ばなければならない。悪いことから学び、前を向かなければならない。私はポジティブなことを考えたい。前に進みたい。

先のTOTでミシャが語った部分であるが、実にもっともな事であり、当然の事であると自分も思う。しかし同時に、この言葉からは大いなる矛盾点と違和感が感じられる。

ミシャがポジティヴに行きましょうと言った。
だから我々もポジティヴに行きましょう。

そういう雰囲気がまたレッズに出て来た自体は良い事として否定はしない。しかしこの部分を単純に受け入れてポジティヴ感ばかりを蔓延させてしまうと、物事の本質が見えなくなってしまう危険性がある。
何故か。それはミシャ自身が語っているではないか。
『うまくいかなかったことから学ばなければならない。悪いことから学び、前を向かなければならない。』
悪いことから学ぶという事。これはつまり、良い部分にスポットを当てて、そこばかりを見ているのではなく、悪い部分、その中にはネガティヴな意見も重要視されるべきだと思うのだ。何が悪かったのか、どの部分が悪いから治さなくてはならないのか、今何が悪いのか、こういった闇の部分の本質を突くには、常に過去の反省材料や、現状で良くないと思われる部分を洗いざらいする事から始まる。
何かが上手く行かなくなった時、必ずネガティヴな意見が多く発生する。当然である。悪いと思われる部分を指摘するには、物事にマイナスの要素を加えて反省する必要があるからである。
一般的にネガティヴというのは、否定的、消極的と捉えられ、嫌われる傾向にある。この意識は全世界共通の文化だ。

しかしネガティヴな部分に蓋をして、何でもかんでもポジティヴに捉えて前ばかりを向いていては、そこに本当の反省は生まれないと思う。
反省材料は”前”には絶対に存在しない。あるのは常に”後ろ”である。
ネガティヴ意見を遠ざけて、ポジィテヴ意見ばかりを重宝していては、それは単に臭い物には蓋をしているだけだと自分は断言したい。そして、そんな傾向がまた見え出した今のレッズ。もしこれだけが増長して行けば、ひじょうに不味い事態を招くと思う。極端なことを言えば、数年前のあの時代に逆戻りしてしまう。これだけは絶対に避けなければならない。

ただし逆もまた然り。ネガティヴな事ばかりでは、前に進めないという意見もある。それは否定しない。前に進む事こそが大事である。

ひとつ言えるのは、ポジティヴもネガティヴも、人間の意識であり感情の一旦であるという事。意識や感情は性格とも繋がっていて、つまり『ポジティヴに行きましょう』と言われて、いきなり無理にポジティヴになる必要もないし、ネガティヴもまた然りである。人間の考え方は、そんな単純に変われるものではない。何の手順も無しに簡単に変われるのだとしたら、自分の考えがまったく無い、信念を持たず、単に流されているだけという事にもなってしまう。
良い部分は良い部分として、悪い部分は悪い部分として、そこを肯定的に捉えるのも、否定的に捉えるのも、それは個人の自由なのだから。そこを無理に強制したり、押さえつけようとする強行意見が発生するから、おかしくなるのである。

理想。それはポジティヴとネガティヴという相反するものが、常に並行で存在していれば有意義な議論が生まれると思っている。例えそれが水と油であったとしても。
つまり感情や意識や意見は、一枚岩になってはいけない。
一枚岩にならなくてはいけないのは、「レッズを応援する」という部分だけでじゅうぶんである。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
自由!
こんばんは。

まったくその通りですね。ポジティブ=正、ネガティブ=悪、こんなことになったら、またフィンケ時代の再来ですよ。

ちょっとでもネガると悪者扱い、そんなのは言論統制ですもん。

駄目なものはハッキリと駄目と言える、良い部分は素直に誉める、自由に行きたいですよ。
GT 2012/02/26(Sun)21:11:58 編集
オープンって事なんで…
改めて、近く大原に行ってみようと思いました。

また代表ネタで凝縮ですが、槙野は弾けてましたね~何か心意気と言うか(そんなにプレスのキツい相手ではなかったのはありますけど、よく走りましたね)、素晴らしくポジティブな空気を作っていましたやっぱり好きですよこういう選手は応援したくなるシーズンを通して気持ちの入ったプレイで盛り上げてもらいたいと思います。
柏木も良かったですけどね…あんなモンじゃないでしょ?もうひとつ吹っ切れた姿を見たいですね…期待を込めて
きたうらわ 2012/02/27(Mon)00:50:34 編集
コメントありがとうございます
GTさん
こんばんはです。
上手く行かない時は、そこから目を背けず素直にそれを受け入れて、ハッキリと指摘しなくてはいけませんね。例えそれがネガティヴキャンペーンと言われようとも。そのかわり、おっしゃる通り良い部分はそれを認めて、しっかり讃えるのが大事だと自分も思います。
応援する事と批評する事はまた違うので、そこは分けて考えて行くべきだと思います。

きたうらわさん
こんばんはです。
実は仕事で、その試合を通しで見ていないので全体の動きがわからないのが申し訳ないですが、世間の話題がすっかり例のアクロバティックなスローインに持って行かれましたが、とりあえず槙野は代表でも結果が出てくれて嬉しいです。この勢いをレッズに還元してくれれば言うことはないですね。もちろんキャラ的にも。彼だけはポジティヴ専門で良いでしょう(笑)
柏木は代表になるとちょっと空回りの感もありますが、まあその分をJリーグで晴らしてくれればと思っています。
うえ URL 2012/02/27(Mon)17:37:25 編集
無題
うえさんお疲れ様です!!

ポジティヴもネガティヴも要はチームの問題・課題を理解し、尚且つ解決する意思・意識や行動が伴わなければ、何の解決にもならないと思います。

まだまだ大人になりきれていない(!?)レッズの成長は、戦術の浸透や試合結果(勿論大事ですが…)ではなく、こういうメンタル的な強さが必要なのかも知れませんね。。。
沖縄の赤い悪魔 2012/02/27(Mon)19:39:27 編集
無題
うえさん、こんにちは。
まさにうえさんがおっしゃる通り、レッズを応援するという部分は一枚岩にならなくてはいけない、ミシャが、totで伝えたかったのは、この部分においてネガティブにならず、支えて欲しいという事を言ったのではないでしょうか?
近年のレッズサポは、サポートというより、批判や最悪な事にスタジアムへ行かないようにしようなどとネット上ではネガティブキャンペーンをはる輩まで見受けられました。
スタジアムに行けないのではなく、行かない、ましてや行かないようにしようなどとはサポーターとしてあり得ない発言でしょう。
ミシャは2006シーズンの埼スタを観てレッズの監督になりたいと思ってくれたのなら、もう一度あの埼スタの雰囲気を取り戻さなくてはいけないと思います。ただその為には、うえさんがおっしゃる通り臭いモノに蓋をするように全てを忘れてはいけないし、サポも含め全てのレッズに関わる人が反省や反骨心を持って取り組まなくてはいけないと思います。
チャラッチ 2012/02/28(Tue)08:11:18 編集
無題
ポジティブ、ネガティブ奥が深いですね。
ポジティブだらけでもうまくいかず、そこにちょうどいいネガティブを持ってくる、バランス大事ですね~
しょじゅん 2012/02/28(Tue)09:11:20 編集
“調子乗り”
おはようございます。

メンタル面の強化は本当に永遠の課題ですよね。例を挙げると昨年の結果だけを見て言えば、特に終盤のリーグ戦とカップ戦での試合運びが全然違っていた事もあります。雑誌などで今季のレッズは“調子に乗れば”とか“ハマれば”とか多く予想されているようです。とても難しい事ですが、ネガティブにもポジティブにも受けて取れますが、全てに於いて“学ぶ”という事が今のレッズには大事だと思います。そういった意味から見ても阿部、槙野の加入は大きいと思いますね。
東浦和レッズ 2012/02/28(Tue)11:18:00 編集
コメントありがとうございます
沖縄の赤い悪魔さん
こんばんはです。
まさしく、戦術や結果云々の前に、レッズの多くの選手は、メンタル部分をプロとして成長させる事が必要不可欠ですね。これを無視して戦術を追い求めても、それは単に形を取り繕っているだけに終わってしまうでしょうし、実際にこれまでのレッズは、そういう部分が露骨に見えたチームだったと思います。
だからこそ、単に前向きに行こう、ポジティヴに行こうだけでは何も成長しないと思います。おっしゃる通り、それに伴ったものがなければ、根本解決にはならないですよね。

チャラッチさん
こんばんはです。
ミシャの言葉の意味がそこにあるのだとしたら、それは納得の行くものとなりますね。しかし去年はご指摘の通り、その精神を真っ向から崩そうとするレッズへの酷い風当たりが、事も有ろうにファン・サポーター内から発生していましたね。クラブチームを困らせようとしたり(例えそれが愛情の裏返しであったとしても)、批判が度を超えて単なる悪口や誹謗中傷に発展したり、そういう形でのネガティヴモードは、結果的には後味の悪さだけが残ってしまう事だけは確かだと思います。
大事なのは、ネガっても、そこに真剣さがあるかどうか、もっと言えば、プラスになるための意見をぶつけるのであれば、それはどんな後ろ向きな考えであっても、貴重なものとして受け入れられると思っています。
ミシャの言う反省、サポとしては、先ずは去年の一部サポの振る舞い方も含めて、サポとはどうあるべきかを問われている部分がありますね。
うえ URL 2012/02/28(Tue)18:17:20 編集
コメントありがとうございます
しょじゅんさん
こんばんはです。
意見や考え方におけるバランスって大事だと思います。それが偏ったものになってしまうと、少数意見は葬り去られて、仮に間違ったものでもどんどん進行してしまって、やがて取り返しの付かない事態にならないとも限りません。火種を抱えないためには、信念と協調、このバランスを上手く保てるか、そして自己も持てるかどうかなんですよねぇ・・・

東浦和レッズさん
こんばんはです。
失う物が無いカップ戦だと選手は伸び伸び動けて、逆に不調のリーグ戦は勝たなければ落ちるというプレッシャーに勝てない悪循環・・・レッズのメンタル面の不安定さ(ある意味で素直)を象徴していますからねぇ。黄金期のレッズがそうだったように、本当に強いチームはこれに関係なく勝ち進みますから、やはりメンタル面も戦力面も充実させる必要がありますね。
学ぶという事で言えば、おっしゃる通り阿部のようなお手本になる選手が戻って来ましたし、一見おちゃらけているようで実は芯の強い槙野が、周りに与えるメリットも大きいと思います。この存在に期待したいですね。
うえ URL 2012/02/28(Tue)18:17:39 編集
成長
こんばんは。

Tonのミシャは自国での内戦の経験もあり、その言葉の重みを感じました。Tonの抜粋ですが…。

「ここ最近うまくいっていない中であなた方サポーターは「不満」を抱えており、充分にネガティブであると感じる。物事の悪いところにばかりにスポットを当て過ぎて、ネガティブになっている。起きてしまった事は変えられない。だからこそこれから先は、上手くいかなかったことから学び、ポジティブに前を向いて歩いていかなければならない。過去は変えることは出来ないのだから、新しい浦和の歴史(道)を作って行こう。」
ミシャの浦和愛と本気度が伝わってきました。

たしかに、うえさんのおっしゃるが如く「ポジるのもネガティヴるのも個人の自由」ですし、「相反するものが、常に並行で存在していれば有意義な議論が生まれる」と私も思います。ただ、その度が過ぎて、同じベクトルに向かうことを阻害させてはいけない(昨年がそうであったように)ことは確かであり、ミシャはあの短い時間でそういうこと(サポの成長)を伝えたかったのだと思います。
我々サポも成長しなければいけないと強く思います。
りょりょ 2012/02/28(Tue)19:34:34 編集
コメントありがとうございます
りょりょさん
こんばんはです。
ミシャの言葉に表れているものとしては、先ずは過去の反省が前提にあります。06年の絶頂期から急激に転落の道を辿った事実、ここの部分に踏み込む事は、これからの成長を則す意味では絶対条件であり、サポも失敗の数年間を素直に認めなければいけないと思います。そしてここから学ぶ、その上で前に進んで行こうという意味であると思います。
おっしゃる通り、そこで意見が度が過ぎてしまうと、また偏った意見にばかり転んでしまう危険性もあり、ひとつの部分に拘ったり、認められない部分で止まってしまったりと、前に進めなくなってしまうのでしょうね。
認める部分と、割り切る部分、これを持てるようにならなければいけませんね。成長という意味では、その辺の意識に関わる部分も成長出来るかどうかだと思います。
うえ URL 2012/02/29(Wed)18:33:46 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第30節 浦和3-3ガ大阪 得点/50分・ラファエルシルバ(浦)、54分・ファン・ウィジョ(ガ大)、64分・ラファエルシルバ(浦)、67分・赤崎(ガ大)、73分・興梠(浦)、90+2分・呉屋(ガ大)・・・次の試合/J1リーグ第31節 広島-浦和(エディオンスタジアム=10月29日16:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]