忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[574]  [573]  [572]  [571]  [570]  [569]  [568]  [567]  [566]  [565]  [564
◆鹿島から韓国代表候補のパク・チュホ獲得へ(スポーツ報知)
今季8位と低迷し、2年連続で無冠が決定的な浦和が4日、鹿島の韓国代表候補DFパク・チュホ(22)を獲得するために正式オファーを出したことが分かった。DF三都主アレサンドロ(32)が今季途中にe2707e0a.jpg名古屋へ移籍したために、手薄となった左サイドバック(SB)補強に、浦和は今季封印したアジア枠をついに行使することを決めた。
無冠危機にひんしている浦和が仁義なき左SB補強に再び動き出した。
関係者によると、浦和強化部が4日、鹿島に対して、DFパク獲得の正式オファーを出したことが発覚した。今季水戸からJ1王者に移籍した“コリアン・レフティー”は今季リーグ19試合で先発出場したが、8月15日の大分戦から9試合連続で出番なし。韓国代表候補にも入り、来年2月の東アジア選手権での選出の可能性が浮上するなど将来も期待されている。鹿島との契約も1年契約で移籍金はゼロ。推定年俸1000万円という超格安な“優良物件”だ。


正式オファーとか書かれているけど、報知だから本当かどうかは別として、弱点の左SB、22歳と若く将来性があり、アジア枠を使えて、何より移籍金ナシの年俸1,000万円というのは魅力的だよな。ただ”優良物件”かどうかはわからんが・・・。
まあ、正直あんまりパンチの効いた補強でもない気もするが。
ってか、問題はレッズが韓国人を使いこなせるかどうか。知っての通りレッズは(日本に慣れたチョウ・キジェは居たが)、カク・ギョングンがちょっこっと居た以外は、バリバリの韓国人選手って実質的には初めてだからなぁ。ブラジル1本路線だった鹿島も、さすがに韓国人選手は慣れていなかったようだし、レッズにしても環境的にどうなのかが心配なところだが。
まあ本当に獲るなら、パクの大化けに期待するしかない。
・・・あれ?永田や野田はどうすんだ?・・・まあプロの世界と割り切るしかないのだろうけど。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
宝の持ち腐れ
左SBということだけに目を付ければ、う~ん、喉から手がでるほどほしいです!
年齢的にもいいと思いますし。

ただ、本当にレッズにフィットするかどうかは、正直やってみないと分からないと思いますが。
ぎっしー 2009/11/05(Thu)16:18:05 編集
コメントありがとうございます
ぎっしーさん
こんばんはです。
実際、鹿島でのプレーもあまり印象に残っていないので、これはどういう選手なのかは未知数かもしれないですね。左SBという点は魅力的ですが、まだこれからの成長に期待する域の段階でしょうねぇ。
うえ URL 2009/11/05(Thu)17:31:33 編集
無題
取るかどうかは別にして、アジア枠を使う気があり、左SBは早急に補強しなきゃいけないとフロントがたぶん思ってるんだろうなと思い安心しました。
S.ジェラード 2009/11/06(Fri)03:38:47 編集
本当に必要なもの
チーム全体のまとまりがない。浦和はJリーグ創設以来長くJリーグのお荷物と言われ続けた。また復活しそうな気もする。
hide 2009/11/06(Fri)05:09:12 編集
コメントありがとうございます
S.ジェラードさん
おはようございます。
相馬が抜け、アレックスも抜け、野田もレンタル、永田もまだまだ、ここまで来て本職がいない状態ですから、ここはキッチリ補強してもらわないといけないポジションですからねぇ。

hideさん
おはようございます。
まあお荷物と言われたのは始めの2年ですけど、もうそうなってはほしくないですね。チームの方向性はまとまっていないと自分も思いますが・・・
うえ URL 2009/11/06(Fri)07:51:19 編集
狙いはわからなくもないが…
おはようございます。

そもそもこの話、新井場にオファーを出したらケンもホロロに断られたのをメゲずにパク・チュホにオファーを出したらしいですね。
パク・チュホという選手は悪くないと思いますが、鹿島で効いている時はボランチに入った時という印象があって、それなら萌がいるから十分という判断になってしまいます。左のSBが補強ポイントだという意識があるのは歓迎すべきことですが、それなら永田と宇賀神を育てればいいとも思います。

まあ報知の記者風情に「アレックスと野田を放出して左SB探しはビジョンがない」とか「フィンケ続投はなぜだ!」とか言いたい放題にされているのは情けない限りです。
藤沢雄二 URL 2009/11/06(Fri)10:06:38 編集
無題
こんばんは。

アジア枠使わないのは、勿体ないと思っていましたので 個人的には、賛成です。
年齢的にも 出来上がってるというより、これからだと思いますので。

m(_ _)m
オレッズ 2009/11/06(Fri)19:34:10 編集
補強
いい補強ならそれに越した事はないですね。今のレッズはもちろん選手の補強も必要ですが、守備面の組み直しが必要だと思います。何度も同じ事の繰り返しの失点で“いい加減にしろ”と思ってるサポも多いと思います。バックラインが不用意に上がり過ぎた時にボールを奪われると戻って来れない、そしてカウンターを食らう…そこに新風を入れる事を最優先と考えた補強なら賛成です。チームとしての方向性を強く持ち、攻守の切り替えのバランスの強化を望みます。せっかくアジア枠があるんですから、上手く使って補強して欲しいです。
東浦和レッズ 2009/11/07(Sat)01:39:01 編集
コメントありがとうございます
藤沢雄二さん
おはようございます。
パク・チュホってボランチもやっていたんですね。ただ本職は左SBで、新井場とのポジション争いの結果ボランチなのでしょうか。ただその本職でどんな動きをしていたかの印象が無いんですよねぇ。
それと年齢的な事を考えると、フィンケの若手思考には逆行するので、個人的には新井場は獲れなくて良かったかなとも思っています。

オレッズさん
おはようございます。
アジア枠は有効活用するべきと思っていますので、個人的には使ってほしいですね。しかも移籍金ゼロ+安年俸で獲れるのなら魅力的ではあると思います。ただ個人的には、欧州から多少実績のある有力オーストラリア人を引っ張ってきてほしかったですが、それだとお金の面できついですかねぇ・・・

東浦和レッズさん
おはようございます。
来季に向けた補強ポイントは2つ、先ずは守備面でかなり心配なので、しっかりと守れる安定性のあるセンターバックが欲しいですよね。もちろん戦術面で改善されれば越したことはないのですが、現実的には補強しないとマズイでしょうね。そしてやはり弱点である左SBですね。
アジア枠をどこで使うかによって、けっこうチームの強弱が左右されるかもしれません。外国人枠も1つ余ってますし、この2枠の補強をどうするか、フロントの真価も問われる部分だと思います。
うえ URL 2009/11/07(Sat)10:27:43 編集
アジア枠の使い方
パク・チュホは確かに今の浦和レッズにとっては必要な選手かもしれません。しかし、アジア枠の使い方として適切かどうがというと、それは適切ではないと思います。アジア枠の最も賢い使い方は、オーストラリアから長身の選手を獲得することだと思います。高さ以外が持ち味の選手は日本人選手で賄うべきだと私は考えます。ポンテやエジミウソンは十分頑張ってくれてはいますが、高さ以外が持ち味の選手は、相手から見ると、調子が悪い時は恐くもなんとも無いと思います。高さがある選手は、例え調子が悪くても、居るだけで相手に恐怖を与えることが出来ます。現在浦和レッズは、高さがある選手は闘莉王ぐらいですし、そういう意味では、アジア枠と残る1つの外国人枠は高さのある選手に使った方がいいと思います。

左サイドについては、私としては相馬に戻ってきて欲しいです。所属チームでは後半途中からの途中出場しかありませんし、2008-2009シーズンも、浦和レッズで三都主の控えだったシーズンより出場試合数は少ないですし、浦和レッズに戻って来ればレギュラーポジションは保障されたも同然。出番の無い中で残留するよりはいいはずです。
アニメ統計学者 2009/11/11(Wed)10:18:22 編集
コメントありがとうございます
アニメ統計学者さん
初めまして。
レッズは主力で高さのある守備的選手が少ないという弱点を抱えていますから、確かに高さのある有力DFがほしいというのはありますね。勿論アジア枠でオーストラリア人の有力選手が獲れるのなら欲しいころです。ただDFに関しては、Jリーグにおいては高さと共に足下の上手さやスピードが求められる風潮があるので、そういう部分を兼ね備えた選手がほしいのも確かです。まあそうなってしまうとオーストラリア人選手でも代表中心クラスになってしまうので、なかなか難しい所ですけどね。
それと相馬は、あれだけ決意を固くして出て行った選手ですから、しばらくは意地でも海外に拘ると思いますよ。
うえ URL 2009/11/11(Wed)17:43:05 編集
無題
確かに相馬の復帰は難しいですかね。左サイドについては他のサイトでは家長という意見も出ています。J2降格によって選手が他のチームに流出するということはよくある話ですし、契約も今年で切れるということで、その気になれば獲得できる可能性は高いためです。ただ、家長はおおよそサイドの選手としてはあまり走れる方ではないというのが唯一不安な点ですね。

過去に浦和レッズは190センチのDFアダウトンと195センチのDFオグネノフスキーの獲得を見送っており、それが闘莉王不在時の高さ不足の要因となっています。

高さのある選手としては、188センチのFW、高崎の復帰が決まっているそうです。しかし、高崎も近藤、濱田、橋本らの大型選手と同様浦和レッズでの出番はないに等しく、浦和レッズに復帰したはいいもののほとんど出番がないという可能性は否定できません。近藤がいい例です。

まあ左サイドで獲得できそうな選手がパク・チュホしか居ないのであればアジア枠を左サイドの選手に使うのも仕方の無いことですが、せめてのこるあと1つの外国人枠で大型DFを獲得して欲しいところです。近藤、濱田、橋本のうちの誰か1人でもレギュラーに定着できる選手になれれば無理に獲得することはないと思いますが、今は高さのある選手が闘莉王1人という深刻な高さ不足が起きていることは否定出来ません。やはり大型DFを1人獲得しなければ闘莉王不在時は間違えなく高さによるパワープレーにやられると思います。

現在オファーを出している万能DF森重も、高さがあると言われてはいますが、その身長は179センチと高いというほど高くは無く、果たして中沢や卷といった長身を生かしたヘディングが持ち味の選手とやり合えるほどの高さが本当にあるのかが疑問です。果たして森重は闘莉王不在時の高さ不足を解消できるほどの選手なのでしょうか?
アニメ統計学者 2009/11/11(Wed)22:03:29 編集
コメントありがとうございます
アニメ統計学者さん
おはようございます。
森重に関しては、本当に狙っているとしたら、高さが無いのでそれ以外の能力を期待するしかないですね。ただ森重を獲る場合、実際問題として外国人枠を更にDFに使うかどうかという点もありますし、外国人枠をどこに使うかによってチーム編成が大きく左右されそうですね。
外国人に関しては新潟との契約が切れるマルシオ・リシャルデスを狙っているという話もありますし、加えて来年7月に契約切れとなるロビーをどうするのか、という問題もあります。
何れにしても、アジア枠も外国人枠も、現在空いているこの2枠をどう使うか、強化部の力量を図る上では最注目点でしょうね。
うえ URL 2009/11/12(Thu)07:32:38 編集
闘莉王退団決定
以前から海外への移籍が囁かれていた闘莉王の退団がついに決定してしまいました。これで長身のDFの獲得は急務となりそうです。これでアジア枠の使い方も見直す必要が出てくるかもしれません。
アニメ統計学者 2009/11/13(Fri)11:56:56 編集
コメントありがとうございます
アニメ統計学者さん
こんばんはです。
まだニッカンの記事が発端なので信憑性の程はまったくもって不明ですが、少なくともまだ具体的な事は何も決まっていないと思います(後の闘莉王に関しての自分の意見は新記事を参照ください)。
ただ、移籍に備えての長身タイプのDF補強は進めておかないといけませんね。
うえ URL 2009/11/13(Fri)19:24:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ようこそ!!
試合終了/AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第5戦 浦和6-1Wシドニー 得点/14分・関根(浦)、18分・ズラタン(浦)、43分・李(浦)、66分・楠神(Wシ)、71分・ラファエルシルバ(浦)、80分・ラファエルシルバ(浦)、 90+4分・興梠(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第9戦 大宮-浦和(NACK5スタジアム大宮=4月30日15:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7
9 10 12 13 14 15
17 18 19 20 21
23 24 25 27 28 29
30
最新コメント
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]