忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1285]  [1284]  [1283]  [1282]  [1281]  [1280]  [1279]  [1278
2018年 天皇杯・準決勝
浦和レッズ1-0鹿島アントラーズ
~カシマサッカースタジアム

鹿島のホームスタジアムでホーム側扱いがレッズで、それなのにホームユニを着ているのは鹿島で、このこんがらがりぶりが、さすが天皇杯といったところか。そんな事実上は決勝戦と言って良い準決勝は・・・。
まさに死闘による総力戦!それを、良く守った!良く耐えた!偉い、偉いぞ!現地組の同士の素晴らしいサポートも、本当にありがとうございます!
しかも興梠、武藤、青木と、痛めて次々に負傷退場して行くというアクシデント大連発にも拘わらず、この悲惨かつ最悪な状況を、まさに総力戦による全員守備で守り抜いた。早めに交代枠を使いきらなければならなかった苦しい展開で、その後も橋岡や李など、他にも痛めて苦しそうな選手が続出する中、それでも起き上がり、足を引き摺りながら、最後までよく戦ってくれたよ。本当に頑張った。

冷静に考えると、興梠&武藤が後半早々に痛めて退くという事は、せっかくリーグ戦最終節に、この2人を完全温存したのに~、という悔しい思いも浮かんでしまうのだったが、とはいえ、それでも勝利を得たのだから、結果的には土曜日の温存策は間違っていなかった、それどころか大成功だったという事にしておこうじゃないか。
というか、温存策といえば、同じく足を痛めていて最終節を回避したマウリシオ大先生が決勝ゴールな訳だし、マウリシオは完封勝利にも大貢献している訳だから、やはり最終節の温存策は間違っていなかったのだ。

とはいえ本当に苦しい内容。立ち上がりから鹿島に押し込まれる展開で、レッズとしては前線に興梠と武藤を残して、後は殆どが自陣の深い位置で守らざるを得なくなる。カウンター狙いと言えば聞こえは良いが、そこは相手が鹿島だけに、なかなか前線に効果的にボールを運ばしてはくれなかった。

そこで困った時のセットプレーという事になってしまうが、オリヴェイラになってから、そのセットプレーをかなり緻密に練習するようになり、その成果で、今やリーグでも屈指のセットプレーが強いチームに変貌しているのが今のレッズ。それだけに最近本当にキック精度が復調した柏木のキックと、ここにセットプレーに強い槙野とマウリシオと岩波が好調を維持しているとなれば、何本か蹴れば1本は必ずゴールを捉えられるという状況。それだけにマウリシオ大先生のも納得のドンピシャヘッドであったし、惜しくもゴールにはならなかったが、その後のコーナーからの岩波のヘッドも、本当に惜しいシュートだった。いやセットプレーが強いチームって、本当に強いチームの要素だと思うよ。本来は鹿島がそういうチームであり、レッズは少し前までは、本当にセットプレーが課題のチームだったのだから。それが最近は鹿島のお株を奪うようなチームに成長したのだから、やはりオリヴェイラの存在なんだなぁと、しみじみそう思う。

それでも引き続き鹿島に対して防戦一方になっていたので、実に心臓に悪いままであったのは確か。そもそも前線には李が1人で、いざカウンターに移ろうにも、柏木が無理にでもドリブルで抜け出そうという場面で、鈍足の柏木では突破できる訳でもなく、ならばロングボールを、と言っても、上記の通り、前線に李が1人だけでは、ボールが届くのを「偶然の産物」に期待するしか他に無い状況であった。
それだけに、もう如何に守ってセーフティーにボールをクリアして耐え続けられるか、とにかく5バック気味にラインを下げて、そこからは集中力の勝負になっていた。リスクをかかけてヘタに繋ごうとはせず、常にクリア一辺倒のやり方をハッキリさせていたのは、メリハリという面で大変良かった。その上で、守備をテコ入れしてある今のレッズだけに、相手のマークを絶対に外さなかったし、絶妙な距離感を保ちつつ、中ではしっかりブロックを作って、鹿島の効果的な侵入をなかなか許さなかった。今のレッズは、ここまで組織的に守れるレベルに成長した。そしていざとなれば個人能力全開で、特に今回の槙野は圧巻の気迫溢れる守備で、大きく完封勝利に貢献してくれた。更に終盤宇賀神が寸ででボールを掻き出したシーンも鳥肌もの。天晴れである。もちろん、どの選手も。

後は、もう少し主審のジャッジがなぁ。まあブーイングレベルではなかったとはいはえ、これはレッズにも鹿島にも言えるけど、明らかなファールを見逃したり、逆に反則判定したり、ゴールキックが鹿島のコーナーキック判定になったりと、追加副審まで付けて開催している試合なくせして、かなり疑問と不満が残るレフェリングだったと思うよ。決勝進出を決める大事な試合だっただけに、余計にそう思った。

そして・・・興梠と武藤と青木、この3人が決勝に間に合うかどうかだが、興梠と武藤はそう重症ではない気はするんだけど、青木は肘を痛めて腕が上がらない風だったから、骨自体が心配。

で、掴み取った決勝進出。相手は仙台。まさか決勝で仙台と当たるとは最初は予想していなかったが、もうここまで来たら相手は何処でも良いのだ。レッズは今回、(仙台と山形には悪いけど)鹿島と事実上の決勝戦を戦い抜いて決勝進出の切符を手に入れたのである。士気は上がりに上がっている。後はホームに帰って、あと1つ勝つだけである。

------
天皇杯・準決勝 浦和1-0鹿島
得点/27分・マウリシオ(浦)
主審=福島孝一郎
観衆:13,949人
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
選手のみなさん、お疲れ様。そして決勝進出おめでとうございます。勝つしかない。信じてチケットを買っておいて良かった。今日はテレビ応援でしたが、日曜日は精一杯声出してチームを勝たせたい。気を抜かず、頑張りましょう。
与野 2018/12/05(Wed)23:21:09 編集
コメントありがとうございます
与野さん
こんばんはです。
ついに決勝に進出ですね。自分も今回は鹿島国には行けませんでしたが、決勝のチケットを買っておいて良かったです。これで日曜の決戦を待つだけですね。相手は仙台ですが、あちらも息を上げて来るでしょうから、おっしゃる通り気を抜かない事ですね。必ず優勝しましょう。
うえ URL 2018/12/05(Wed)23:33:33 編集
無題
こんばんは。すごい迫力でしたね。自分も準決勝はテレビ観戦でしたが、それでも気迫を感じました。決勝のチケットを勝っておいた人は正解だったと思います。勝利後、すぐにチケットを買いにコンビニダッシュしましたが(まぁネットで買えばよかったのかもしれないけど)、レッズ側はアクセスが殺到しているのか、いくらやっても買えず、結局仙台側(右側)に。コンビニではすでに先客がいて、レッズ側の席を取ろうとあくせくしていました。考えてみれば、天皇杯はどちらがホームというわけでなく、ニュートラルで半々の扱いだから、6万の埼スタでもレッズ側は3万。これでは大一番で繰り出してくるあとの約2万はどうしても仙台側の席になる。仙台からやってくるサポーターが5千から1万いるかどうかわからないけど、やはり直前では自分の好きな席は購入が厳しくなるかもしれませんね。
試合は「決勝は絶対に応援に行くから、勝ってくれ。あ〜興梠が~、あ~武藤が~、あ~青木が~」と次々と負傷交代していく中、選手たちの気迫あふれるプレーで勝利しました。この寒い季節で決勝が18時からなんて…とは思いますが、皆で応援して日曜も勝ちましょう!
涙目のサポーター 2018/12/06(Thu)01:16:35 編集
無題
お疲れ様でした。
0時前に無事帰宅できました。
声がガラガラですが、平日深夜に、一人勝利の美酒を愉しんでおります(笑)

仰る通り、防戦一方でありながら、よくぞ勝ってくれた、と言うような試合でしたね。
まさに大一番、事実上の決勝戦でしたので、ここで
燃え尽きてしまわないかが心配です。
シッカリと士気を高めたまま、埼スタで仙台を迎え撃って、天皇杯、獲りましょう!
みんみん URL 2018/12/06(Thu)02:00:42 編集
無題
おはようございます。昨日はテレビ観戦させて頂きました。この試合の解説は山本昌邦さんでした。

この試合は最終節に続いてコーナーキックで先制。そのまま逃げ切りましたね。怪我人が続出した試合でしたが、よく逃げ切りました。

反面鹿島はというと、昨日はボールが足についていないイメージがありました。もしそれがなければ・・・逃げ切るのは難しかったかもしれません。

また、この試合は相手チームのホームスタジアムにもかかわらず、レッズサポの声の方が上回ってましたね。そしてアジアチャンピオンズリーグ出場が懸かっているだけに、「世界に魅せつけろ俺たちの誇り」と歌われていました。そのためにも次も勝ちたいですね。

でも100%相手が悪いならともかく、どちらがファールを取られてもおかしくない場面でクソッタレコールは・・・
アニメ統計学者 URL 2018/12/06(Thu)06:50:40 編集
無題
おはようございます。
TV観戦でしたが、鹿島相手に守り勝てた事は大きいですね。
同点ゴールを阻止した宇賀神のディフェンスも見事でした。

決勝の相手は仙台ですね。
決勝戦の舞台は埼スタだし負けるわけにはいきません。
FREE TIME URL 2018/12/06(Thu)07:10:08 編集
無題
おはようございます
録画観戦でしたが何とも壮絶な試合でしたね。ただ解説と実況が何となく鹿島よりの感がしてチョット不快でした(笑)
ヒヤヒヤの前半でしたが失点する事なく最後まで体張っての守備、しっかり闘った上での内容より結果は見事でした。後半終了間際、宇賀神の掻き出しシーンではテレビ前で固まってしまいましたが逆に勝利確信しました!これで気を抜くこと無いですが間違いなく最大の難所乗り越えましたよね。後は頂点目指すだけ!埼スタで天皇杯掲げましょう!
なんか記録見たらイエロー1枚も出てなかったのかな?どう見てもフェアプレーとは無縁の相手なのでやはり主審のせい?青木は無理っぽいですが興梠&武藤は9日には間に合って欲しい…
欅通りのサポ 2018/12/06(Thu)08:07:56 編集
まさに死闘
こんにちは。

決勝戦を前に声が枯れてしまいました…
ここまで力が入った試合は本当に久しぶりでした。最近では昨年のACL決勝、一昨年のルヴァン決勝など、ここ一番での緊張感とは何かが違う試合でした。特に3人目の交代を早くに使い切らなくてはならない状況になり、それまでもかなり押されていましたが、そこから更に押される状況、後半30分を過ぎたあたりからは、サッカーの神よ、そこまでレッズを苦しめるのか!?と思ってしまいました。主審のジャッジが曖昧で甘く、どんどん試合は荒れ気味になって交代枠を使い切ったレッズは防戦一方、しかし守備の意識は高かった!本当に涙が出るぐらい選手達は頑張りました!勝った喜びと言うより、選手達の頑張りに感動した涙が出ました。
試合は序盤から押し込まれる一方で、うえさんと同じくこれはセットプレーしかないかも…と思っていた矢先に相手DFを上手く“利用”したマウリシオのドンピシャヘッドが炸裂!その後も岩波の惜しいヘッドや長澤の突破などチャンスは確実にありました。
しかしながら、やはり興梠、武藤、青木が次々に負傷交代…本当にサッカーの神を恨むような展開でした。西川のスーパーセーブに宇賀神のスーパークリア、本当にありがとう!よく頑張った!

さあ、いよいよACLの切符を賭けた決勝戦、相手は仙台。仙台も昨日は結構な撃ち合いで消耗したと思いますが、レッズは負傷交代した3人が心配ですね…大事を取って無理しなかったという感じならいいのですが…


昨日は仕事を早めに切り上げ、車で鹿スタに向かいました。開始までに間に合わなかったんですが、5分過ぎに到着、ゴール裏の端にいました。とてもグルメを堪能している暇はなかったですが、本当に無理して行ってよかった!そしてまた日曜日にケバブが食べられる!
勝ち取りましょう!天皇杯とACL出場を!そして、本当に、本当に久しぶりに最後に勝って最高の形で今年を締めくくりましょう!
東浦和レッズ 2018/12/06(Thu)11:16:46 編集
コメントありがとうございます
涙目のサポーターさん
こんばんはです。
自分も今回は留守番組でしたが、映像からもレッズのホームスタジアムのような雰囲気が伝わって来ました。その中での決勝進出となりましたから、本当に価値ある勝利になったと思います。
天皇杯の決勝チケットは、自分は発売日にレッズ側自由を確保済みでしたが、売れ行きの経過を見るに、やはり日程と売り方を協会が今一度真剣に考えないと不味いですね。今回は鹿島のACLやクラブワールドカップ出場の日程に振り回された部分と、レッズと鹿島どちらも決勝は左側になるので、余計に瞬殺モードで売り切れてしまった部分はありましたが、やはり日程は余裕を持ち、また決勝チケットくらいは対戦カードが決まってから発売するくらいの柔軟性を持たないと、何時まで経ってもゲッターや難民が減りませんからねぇ。
仙台側のサポがそれほど来ない可能性が高い場合は、右側も緩衝帯を設置して、レッズエリアを作る可能性が高いと思いますが、それでも当日の東側、つまり北ゴール裏は人人人で凄いことになりそうです。
ちなみに自分も、何故にキックオフがこの時期で14時ではなく、18時なのか疑問です・・・。

みんみんさん
こんばんはです。
昨日は鹿島国までお疲れ様でした。平日ナイターにもかかわらず現地まで行かれた方々のおかげで、素晴らしい勝利を得る事が出来たと思います。
内容は特に後半は防戦一方と、かなりヒヤヒヤな連続に心臓がバクバクでしたが、その苦しい状況をよく逃げ切ってくれたと思います。運もありましたが、守備の勝利ですね。
確かに鹿島に勝った一方で燃え付き症候群が心配されますが、そうならないよう、当日まで士気を高めて、いざ当日にも最高の雰囲気を作り出せば良いと思います。埼スタの力を仙台に見せ付けましょう。
うえ URL 2018/12/06(Thu)16:42:32 編集
コメントありがとうございます
アニメ統計学者さん
こんばんはです。
今回の解説の山本氏、ちょっと鹿島寄りでしたね。まあそれだけにレッズが勝ってくれたのは爽快でした。
今回に至っては、おっしゃる通り、逃げ切ったという表現がピッタリですね。レッズは本当にチャンスが少なかったですし、セットプレーに活路を見出ださなければいけない状況でした。そのセットプレーで価千金の先制弾をもぎ取り、後半は選手が次々に負傷退場する中、防戦一方で耐えるだけのサッカーになっていましたね。そこを選手の粘りとサポーターの強い後押しで勝てたと思います。
それでもやはり鹿島は強かったと思いますが、鹿島にしてはらしくないミスも少なくなかったですし、決定的な場面で何度もシュートを外してくれたり、レオシルバや三竿が欠場したりと、運もレッズに味方してくれたと思います。
あと主審とファールですが、今回はレッズも鹿島もおあいこですね。まあ実際その場では、こっちに不利なジャッジを喰らうと、ストレートに反発してしまうのは、サポーターの性なのでしょう(笑)

FREE TIMEさん
こんばんはです。
おっしゃる通り、鹿島相手に守備で勝てたのが大きいですね。終盤の大ピンチも、やられたと思った瞬間に、宇賀神が良くあそこで掻き出してくれました。あれは本当にヤバかったですね。どの選手も守備で粘ってくれたと思います。
決勝は埼スタで戦えるのが大きいですし、相手は仙台ですが、返り討ちにするだけですね。勝ちましょう。
うえ URL 2018/12/06(Thu)16:43:16 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
こんばんはです。
本当に壮絶な試合でしたね。解説の山本氏が、時間が増す毎にどんどん鹿島寄りになって行くのにはイライラしましたが、それだけにレッズの勝利は痛快でした。
とにかく守りに守った内容でしたね。それもガムシャラに守るという訳ではなく、ポジショニングとマークの受け渡しをしっかり行いながら、組織的な守備で守っていたのが素晴らしかったと思います。ミシャ時代では考えられない守備戦術でした。それでも相手が相手だけに、やはり際どい攻めの連続でしたね。宇賀神の掻き出したシーン、もう9割方やられたと思いましたが、よく守りきってくれましたね。
そういえば、確かにイエロー0枚でしたね。双方超決定的場面阻止の反則は無かったですが、ラフプレーが多かったのに0枚は疑問ですよね。
決勝は青木は無理っぽいですが、興梠と武藤は回復次第ですかね。興梠は軽傷みたいですし。間に合ってほしいですね。

東浦和レッズさん
こんばんはです。
昨日は鹿島国までお疲れ様でした。映像からも素晴らしい雰囲気が伝わって来ました。今回の勝利は、平日ナイターで鹿島まで駆けつけた方々の信念のおかげでの勝利にもなったと思います。
それにしても苦しい展開でしたね。序盤から鹿島の攻撃で押し込まれ続けラインも下げざるを得なくなり、これで前線の興梠と武藤が孤立してしまい、攻撃が散発的かつ単発でしか行えなくなりました。これも鹿島の寄せの早い2人3人で囲って来る守備やラフプレーで阻止されていました。
そんな中でレッズとしては、オリヴェイラになってから、セットプレーを徹底的に練習して来た成果が、今回もマウリシオのゴールとなって生まれましたね。少ないチャンスでもその後も岩波や長澤の決定機があったので、欲を言えばどちらか決めておいてほしかったですね。
後半に入って興梠、武藤、青木と次々に負傷退場してしまい、交代枠が全滅した中で他の選手も次々に痛みまくっていたので、果たしてこの状況で最後までどうなるやら、生きた心地がしない時間帯を過ごしましたが、防戦一方でも守りきったのは、やはり選手の頑張りがサッカーの神様に伝わったからでしょうか。終盤の宇賀神の掻き出しシーンを見ると、尚更そう思ってしまいます。
その頑張り、踏ん張り、粘りで掴んだ決勝進出ですね。相手は仙台になりますが、いつの間にか仙台に移籍していた矢島が昨日はゴールを決めたみたいですね。更に石原も居ますから、気を引き締め直して迎え撃たなければいけない相手ですね。ただ山形に2失点しているのを見ると、かなり付け入る部分もあるでしょう。ちなみにその山形の2ゴールが阪野というのもまた妙な縁ですね。
負傷した3人に関しては、恐らく興梠は大事を取った面もあったらしいので間に合うかと思います。武藤も回復次第でしょう。ただ青木がちょっと厳しそうですね。ここは阿部や柴戸に頑張ってもらう事になりそうです。
今年最後となる公式戦、おっしゃる通り最高の形で締め括りたいですね。日曜の20時にレッズサポが歓喜の笑顔で居られる事を祈りつつ、決勝戦、必ずや仙台を倒して優勝しましょう!
うえ URL 2018/12/06(Thu)16:43:46 編集
ようやく
国内タイトル6冠目が近づいてきましたね。

埼スタでの仙台戦はいまだ負けなしの好相性ですが、決勝戦ではそれに油断せずに臨んで欲しいものです。私は力から応援します。


リーグ戦も序盤の惨状を考えればよく5位まで挽回しましたし、終わりよければではないですが2018年を素晴らしい形で締めくくりましょう。
あきら 2018/12/07(Fri)23:09:37 編集
コメントありがとうございます
あきらさん
おはようございます。
一時は本格的な残留争いも懸念されたリーグ戦でしたが、最後はなんとか5位でフィニッシュと、よく巻き返したと思います。
リーグ戦の奮闘を無駄にしないためにも、決勝まで勝ち上がった天皇杯、是が非でも優勝しなければいけませんね。仙台はホームではお得意様ですが、おっしゃる通り油断大敵ですね。チームは気を引き締めて最後の決戦に臨んでほしいですね。
うえ URL 2018/12/08(Sat)08:03:27 編集
ようこそ!!
試合終了/天皇杯・決勝 浦和1-0仙台 得点/13分・宇賀神(浦) ・・・次の試合/ ―(=月日:キックオフ)今シーズンの全日程は終了しました。


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 6 7 8
10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[12/13 propecia hair loss]
[12/13 finasteride]
[12/13 zaxvatpison]
[12/13 Seing]
[12/12 サッカー素人]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]