忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1019]  [1018]  [1017]  [1016]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012]  [1011]  [1010]  [1009
2015年 スカパー!ニューイヤーカップ・鹿児島ラウンド 第2戦
浦和レッズ3-1ジュビロ磐田
~指宿いわさきホテル サッカー場

いくらプレシーズンマッチとはいえ、何故にキックオフが11時半なのか。午前中から試合を組まれると、何か調子が狂ってしまう。まあその後に立て続けに清水と熊本の試合が組まれているから、スカパーの生中継の都合なんだろうけど。

さて、お世辞にも良いとは言えなかった熊本戦から中2日。次以降はズラタンと柏木と宇賀神と橋本を含んだしっかりとした主力組による真剣勝負を希望していたら、磐田戦で早速その通りのメンバーが組まれた。
GK=西川/DF=森脇、那須、槙野/MF=宇賀神、青木(68分→小島)、柏木(82分→斎藤)、橋本、石原、武藤(75分→高木)/FW=ズラタン
嗚呼!ついに永田に変わって那須が・・・こ、これは!だから最後の最後で失点してしまうんだ!とは言い過ぎだろうけど・・・でもまあ今回は阿部も使っていないから、まだ驚く時期ではないか。それより深い位置で悪い形でボールを失う事が多い柏木のボランチ起用反対派としては、諸刃の剣となる柏木を無理にボランチで使う必要があるのかと思ってしまうが、前3人が氾濫している上に阿部を外した場合、やはりボランチで使うしか道が無いのだろうか。当の本人は不満は無いみたいだけれど。

とはいうものの、これだけメンバーを主力組に絞って臨むと、やはりチームとして変わるものなのか。熊本戦の重い内容から一変して、動き良く順調な試合運びになった模様。
トレーニングマッチでも好アピールの武藤が、こぼれ球とはいえ先制点を叩き出して結果を出した。武藤に関しては多くのレッズサポが期待薄、というか「何で獲ったの?」と言われていた選手だったが、ここまで良い意味で期待を裏切ってくれている。加入時点では主力組ではないと思われていた選手か、主力組で結果を出したのは、競争力を高める意味でも大きい。
逆に結構期待が高かった石原が余り目立っていないようだが、元々この選手は派手さが無く、地味に黙々とゴールを狙うタイプ。それだけに前線で縁の下の力持ち的な動きをしてくれれば良い。そしてたまに貴重なゴールを叩き出してくれる事だろう。
そんな中で唯一の規格外がズラタンな訳で、やはり外国人選手は貴重だという思いそのままに、ガタイの良い身体と献身的な動きで、最前線でのパワープレーヤーとなってくれている。これに比べると・・・李は本当に不味い立場に陥っていると思う。ミシャは李の使い方を真剣に考えて変えてあげないと、開幕したら飼い殺し状態になってしまう可能性が大。

しかし今回の一番の評価は、橋本になるだろうか。左足からダイレクトで放たれる精度の高いパスが、ここまで多くのチャンスを生んでいる。先制点も橋本の左足が起点だったし、追加点は何と橋本。更に3点目、フリーの橋本にパスしないで自ら宇宙開発シュートしてミシャを激怒させた宇賀神が奮起の3点目だが、このセカンドアシストも橋本のパスが起点という、もう橋本大活躍である。あんまり攻撃参加すると危険だからやめてくれと懇願していた自分の願いに大いに反して、柏時代そのままにバンバン攻撃参加してはビッグチャンスを産み出す起点になっているという・・・まあその分、後ろの槙野が上がって来なければ、これで良いんだけどね。

ってかPK失敗の槙野。阿部が不在時のPKは槙野が蹴るのか?それとも自分で獲得したから自分で蹴っただけ?
それを止めた磐田のカミンスキーというキーパー。磐田に何時の間にか外個人キーパーが加入していたのも驚いたが、ポーランド人で元U-21代表の24歳で、初めての海外移籍で磐田に来たとか。短時間にやたらファインセーブを連発していたから、何でこんなに若くて凄い選手が日本の2部チームに来た?と思っていたら、結局は3失点している訳で、まあそれなりのレベルのキーパーなのかな?とも思ったが、まあよくわからん。こういう選手が30歳位になってA代表とかになっていた、なんて話も珍しくないから、カテゴリーは違う敵選手なれど、ちょっと注目して見て行こうと思う。

という事で、主力組に極めて近いメンバーで臨んだ磐田戦は、熊本戦とは雲泥の差での上々の出来であった。青木が怪我で退き、代わった後輩の小島がパッとしなかったのは不満だが、このメンバーの他にまだ興梠が控えている訳で、加賀も早く戻って来てほしいけれど、とにかく今のメンバーで、いよいよJ1同士となる清水戦に臨む。ここで本当の進化と真価が問われる事になりそう。

------
スカパー!ニューイヤーカップ・鹿児島ラウンド 第2戦 浦和3-1磐田
得点/10分・武藤(浦)、70分・橋本(浦)、77分・宇賀神(浦)、87分・小林(磐)
主審=佐藤隆治
観衆:389人

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
今晩は
映像見ましたが橋本、ズラタン、そして武藤と想像以上の出来でしたね J2相手とはいえ今の時期この内容ならこの先期待持てるのでは? 特に武藤はズラタンからのボール常に狙ってるような動きで、正直このプレーは高木に期待してました。仰るようにいい意味で期待裏切ってるのでは(武藤に失礼か)
熊本-清水戦少し見ましたが熊本かなり押し込んでましたね その押し込まれてた清水と14日に対戦ですか この後どういうメンバーの組み合わせで臨みチームを仕上げるのか注目したいと思います。

用事があり美園のイオンに買いものに行きました。ついでにイオン側のスポーツオーソリティー覗いたら1万円以上は20%OFFのチラシ!え?新ユニもか?確認したらイオンカードでOKとの事!他のカードもあったと思いますが取り合えず20%OFFならと衝動買い。
今年はナンバー無しで参戦します。
欅通りのサポ 2015/02/11(Wed)22:35:23 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
こんばんはです。
新ユニ、確か例年のに比べて価格が上がっているんですよね?それで発売間もない時にもう20%OFFとは・・・さすが長年に渡るレッズのスポンサーというか、あ、でも先にボルテージで定価で買ってしまった人が聞いたら、この20%OFFはかなりショックかもしれませんね(苦笑)
さて磐田戦は、熊本戦の怠い内容とはガラリと変わっての快勝劇になりましたね。新戦力が結果を出したのは何よりの好材料ですね。個人的に加入時は橋本には貴重なレフティーとして左翼を席巻してくれるはず、ズラタンには唯一の外国人として当然やってもらわなければ、といった高い期待を寄せましたが、武藤に関しては本人には悪いですが完全に微妙扱いでした。自分も武藤に比べたら高木の方が期待値は高かったです。
尤もまだプレシーズンマッチなのでストレートな評価は控えたいところではありますが、それでも開幕前から好アピールしている新戦力が居る事で、開幕に向けて期待が膨らみますね。この調子が本物と思わせてくれるためにも、そしてもちろん課題修正も含めて、最後の清水戦を有意義な試合にしてもらいたいです。そして準々タイトルではありますが、スカパー杯を獲得してほしいですね。
うえ URL 2015/02/12(Thu)18:55:25 編集
武藤について
武藤選手は、練習試合だと点取りますが、本番には弱いです。なので貴殿の「微妙」は、間違ってないですよ。

でも武藤をよろしくお願いしますね
仙台より 2015/02/12(Thu)20:23:03 編集
コメントありがとうございます
仙台よりさん
初めまして。
そ、そうなのですか。それを聞いてちょっと不安になってきましたが、・・・まあチームが変わった事で化ける事を期待します。そしてレッズでも愛される選手になってもらいたいです。
うえ URL 2015/02/13(Fri)18:19:12 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第16節 鳥栖2-1浦和 得点/65分・小野(鳥)、90分・福田(鳥)、90+5分・李PK(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第17節 浦和-広島(埼玉スタジアム2002=7月1日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 22 23 24
26 27 28 29 30
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]