忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1022]  [1021]  [1020]  [1019]  [1018]  [1017]  [1016]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012
2015年 AFCチャンピオンズリーグ・グループリーグ第1戦
水原三星ブルーウィングス2-1浦和レッズ
~水原ワールドカップスタジアム

先ずは韓国まで行かれた皆さん、お疲れ様でした。

肉体的には上の水原相手に想定内な展開で、総合的には当たり負けしたり走り負けしたりしていたものの、要所では結構耐えていたと思う。いや寧ろ内容だけならば、パワーで上回る相手に、良くやっていたと言うべきなのかもしれない。しかしサッカーは”良くやっていた”だけでは勝てない。

その前に相手の水原のチームレベルであるが、タイトル数もそうだが、国際試合経験もレッズより遙かに豊富。それでも自分は水原というチームは、ACLに出るようなレベルにある韓国勢に於いて、かつてレッズが戦ったあの時の全北や城南に比べたら、勝てる可能性は決して低くないチームだと思っていた。つまり今のレッズとの尺度を測る意味で、そう極端には開きが無いと思っていたのである。いくら敵に人間ブルドーザーが居たとしても。

正直言えば自分は今回の敗戦は、相手云々より、ミシャレッズの弱点で負けた要素が高いと思う。決して強がりではなくて、その根拠があり過ぎるからである。やっているサッカーは相も変わらずであったし、パスミスもいつも通り決して少なくなく、悪いボールの失い方を繰り返しては前半から敵に幾度も際どいシュートを放たれていた。つまりいつも通りだった。
失点場面は何れもミシャサッカーの最大の弱点であるザル守備だからこそ喰らったようなもの。1失点目は全体的に寄せが甘く、石原が寄せに行く直前で躊躇して相手に余裕を与えてしまった。槙野に当たってコースが変わってしまった不運は二の次の話。2失点目はセットプレーとはいえ森脇の体勢が滅茶苦茶であり、あの状態でボールに背を向けていては・・・ぶっちゃけ自爆というか、どちらもオウンゴールみたいなものだろう。この辺は守備の約束事がキチンと成されていたら、マークの受け渡しからプレス方法まで一貫して防げる失点であった可能性が高い。単純な事なのだと思う。

なんて昔からミシャ体制では決して治らない、治せない、治す気がないような事をまた愚痴っても絶対に治らないから意味がないのだけど、今年もこのような勿体ない失点を繰り返すのかと思うと、やはり不安になってしまうのは事実なのである。

攻撃は、国内レベルであれば既に完成されたものだから伸びしろは期待しないが、これが国際試合でどこまで通用するかと言えば、カウンターを絡ませた時のミシャサッカーは、元々ショートカウンターがひとつの狙いであるから、アジアでも一定レベルまでは通用する。後は元々決定力に欠いたチームなのだから、ゴール前で敵のプレスが届かない内に如何に余裕を持って速く躊躇する事なくシュートを放てるかなのだが、森脇の先制点はその理想的な形。そして散発的にでもカウンターから幾度か決定的な場面まで持って行けたのに、その後は追加点が奪えなかったのは、元々決定力に欠く上に躊躇しては敵のプレスに負けてしまったから。ここも単純な事だった。

こう考えると、相手との力の差で負けるべくして負けたというよりは、やはりミシャサッカー自身が抱える弱点部分によって負けたと言える訳で、それを既に過去3シーズン見慣れて来た者にとっては、まあ最初はこんなものだろうという事になってしまうのかもしれない。

攻撃は、中央に拘り過ぎていたところを体格の壁に跳ね返されていたり、いざサイド攻撃となれば左の橋本に偏り過ぎていた。もう少し右からの攻撃を増やしたかった。攻撃方法が偏っていると、中央を固める相手の守備の目が慣れてしまう。その裏をかかないと、パスサッカーはパスで決定的場面は作れない。

ミシャが拘り続けていた柏木を途中で下げたのは、どういう意図だったのかも考えたい。単に疲労を考慮してか、それともゼロックスでも使いたいから?しかし柏木を下げた後に、誰がゴーナーキックを蹴るのか、ピッチ上の選手達が戸惑っていたのは驚いた。柏木不在時の代わりのキッカーを初めから決めていなかったらしい。・・・こういうところなんだよな、ミシャ・・・。

という事で実質的な開幕戦は敗戦スタート。まだ始まったばかりなれど、アウェーだったのだから、せめて1-1で終わらせる事が出来なかったのが痛かった。そして主審のポジショニングの悪さも痛かった。なんでいつもいつも邪魔なところに突っ立つんだよ、あの主審は。青木がファールして痛めたのだって、アンタがそんなところに突っ立っていて敵の突進が見えなかったからじゃないか。それをイエローだなんて・・・。
ACL2015ロゴ 
------
AFCチャンピオンズリーグ・グループリーグ第1戦 水原三星2-1浦和
得点/45+1分・森脇(浦)、56分・オ・ボムソク(水)、87分・レオ(水)
主審=アマル アリアルネイビ
観衆:13,846人



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは。
いよいよ新シーズンが始まりましたね。
先制点を取った時は期待を抱かせてくれましたが、終わってみれば逆転負け。
どんなに大量補強を敢行したところで、それを使いこなせる監督でないと意味がありません。
それにしてもガンバも鹿島も負けて、柏はドロー。
挙句の果てに国内は2ステージ制と、今年のJリーグは前途多難を思わせます。
FREE TIME URL 2015/02/25(Wed)23:30:25 編集
無題
こんばんは
初戦とゆーことを忘れて彼女とサイゼリヤで晩飯食ってました(笑)見なくて良かった内容ですねー
ほんとアジアの中でのJのチームは…
ぶっちゃけアジアレベルなら世界クラスの飛び道具があればって思うんですけど…百年構想が百円になってしまった今のJには期待するのが酷でしょうか…
また昨年の世界クラスを補強して降格した某チームのコトもあるし…サッカーは難しいです(笑)
ともあれ週末はゼロックススーパーカップです。準タイトルとはいえ昨年の借りを返すチャンスですから頑張りたいトコですね。一応良い順番を確保(金曜日の朝に寝坊しなければですが)してますんで、見やすい席で喜べると思います。横浜開催で良かったー
ここは『切り替えて』(←普段はこの言葉嫌いなんですけど)土曜日頑張りましょう。
カミカゼレッズ 2015/02/26(Thu)01:18:18 編集
始まってしまった
こんばんは。お久しぶりです。

とうとう楽しいストーブリーグが終わってしまいましたが、始まったからには優勝めざして応援すればいいだけですね。
ただレッズの試合って安定性がなくて終始ハラハラ感があり、勝ったなと思える試合が少ないので胃が痛いです(笑
まあ早速頭を悩ます展開になりましたね。ミシャッカーは平常運転でしたけど・・メンバーが変わりましたがミシャッカーもといミシャは不変なのでこの今シーズンも心配になってきました。だけど、こんなんでも浦和レッズなので引き続き応援していきたいと思います!

カンヌ 2015/02/26(Thu)01:33:08 編集
弱点露呈?
おはようございます。

まぁ、最初はこんなもの…って、まさにおっしゃる通りと言う感じですね。
とにかく当たりに弱い、ロングボールに弱い(?)、おまけに終盤に弱いといったところを露呈した今季初戦だったのではないでしょうか。
耐えながら先制した所までは良かったんですが、私は同点にされたら逆転されてしまうんじゃないかという不安がありました。
柏木に代わって入ったのが李。李は悪くなかったと思いますが、なかなか突破出来ない面を考えると推進力のある高木を見たかった感じがありますね。
結果的にはフィジカル面で負けてしまった感じが強いですね。もう少し巧く戦うという事が出来ればいいんだけどなぁ…

さて土曜日はゼロックスですが、ACLを本気で獲りに行くつもりの上で柏木を温存したと考えるなら、結果的に負けてしまった訳ですから柏木は来週のブリスベン戦まで温存するべきだと思います。相手のガンバも同じ状況ですから、まさに選手層の厚さがゼロックスを決めると思います。ACLで連敗は致命傷です。土曜日の戦い方は今後を変える重要な一戦だと思います。


とにかく今季も始まりました。来週は埼スタに行けるという事がとても嬉しく感じます。土曜日のゼロックスは色々な意味でとても難しい一戦となるでしょう。どんなメンバーが組まれるのか注目ですね。
東浦和レッズ 2015/02/26(Thu)11:31:06 編集
コメントありがとうございます
FREE TIMEさん
こんばんはです。
TOTでの山道強化部長曰く「常にミシャサッカーに合う選手を考えて補強している」そうなので、本来はミシャが補強した選手を使いこなせなければいけないなのでしょうね。まあこの辺は数試合の様子見ですね。
ACLに関してはレッズで言えば黄金期の補強レベルにまで達していなければ、金満の中国勢や身体的に強い韓国勢に総合力で勝つ切るのは難しいと思います。その前に日本国内ですら突出したチームがいない時代なので、今はいくら日本で強いチームでも井の中の蛙といったところでしょうか・・・。

カミカゼレッズさん
こんばんはです。
サイゼリアで平和にご飯が出来るまで体調が復活されているようで何よりです(笑)。ミシャレッズらしい内容と負け方をアジアでも早速またやってしまったという感じですかねぇ。まあサッカー後進であるアジアでは、技術云々より強いチームはパワーや外国人の要素が高いままなのは事実ですし、おっしゃる通りそれなりのレベルの”飛び道具”さえ持ち合わせていれば、ガチンコ勝負では大変有利に働くんですよね。但し外国人補強はギャンブルであり、(勿論お金が先ですが)そのリスクをかける勇気があるかどうかが重要だと思っています。レッズはそれを怖がっているようでは、本当の強さも得られないままなのも事実でしょうね。ただ降格した某チームは、その世界クラスが明らかにピークを大幅に過ぎていた事もあり大変不運でした。まあそれとは対照的に3冠獲ったチームでさえアジアではアッサリ完封負けするほど、今のサッカー不況の日本チーム勢ではピークの実力を持つ世界クラスの選手は夢のまた夢な話ではありますが・・・。
まあ今回だけはACLやリーグ戦と別物という意味で”切り替えて”次のゼロックスに集中ですね。カミカゼレッズさんの地元ですし(笑)。土曜が楽しみです。
うえ URL 2015/02/26(Thu)20:07:31 編集
コメントありがとうございます
カンヌさん
こんばんはです。
まあミシャサッカーの特長が、永遠に治らない幾つかの課題や重大な弱点に蓋をして抱えたまま進行させるサッカーなので、そこが常にハラハラドキドキ感を生む要因と言えるでしょう(笑)。なので安定性に欠けるサッカーであるのは頷けると思います(汗)。基本的にやっているサッカーは4年目も同じなので爆発的に何かが変わる訳でもないため、後は大量補強で加入した選手の化学反応によって、少しでも強さを身に付けてくれれば良いんですけどね。そう言う意味でも大宮から来てくれたズラタンには、唯一の外国人という事で頼るべき部分が大きいので、日本人には無いパワフルさを発揮してもらいたいです。

東浦和レッズさん
こんばんはです。
危なっかしい試合展開を進めながらも先制したものの、徐々に敵の攻勢に耐えきれなくなり、いよいよ集中力が切れてザル守備を露呈しては失点を重ねてしまった。まあいつものミシャサッカーのままでしたよね。しっかり守備をしていた一時期ならばもしかしたら1点を守り切れていたかもしれませんが、先制してもラインを上げたまま守備より攻撃に専念していたところを見て、自分も失点は時間の問題かなと危惧していました。そうしたら案の定・・・。
交代策に関しては、李はスカパー杯第3戦の大爆発ぶりの期待もありましたが、相変わらずボランチ同士の交代には期待が持てませんでした。それととうせなら3人目の交代枠を使い切ってほしかったです。点を取りに行くならば関根か梅崎か、それこそ高木とか、前線で引っかき回せる選手を何故投入しなかったのかが疑問です。高さやフィジカルで勝てない以上、もうドリブルで強引に仕掛けてファールを誘うなり、そういう泥臭い方法しか道がなかったと思いました。
しかし今回使われなかった選手は、やはりターンオーバーという事でゼロックスで使うのでしょうね。ただ柏木に関しては、自分もゼロックスば使う必要はなく温存しても良いと考えています。2列目はそれこそ梅崎や高木に任せたいですね。そこでガンバにリベンジして、リーグ戦に繋げてほしいです。
とにかく今年こそミシャが本気でターンオーバーを敢行するのかどうか、そして選手をしっかりと使いこなせるのか、ここがひとつの大きな注目点ですね。序盤の4試合の連戦で、今季の行方を占う戦いと監督の真価が問われそうです。
うえ URL 2015/02/26(Thu)20:08:19 編集
無題
お疲れ様です。
ニコニコ動画で中継(韓国語実況)してたので途中からみました。
感想はまたやらかしましたです。バックパスばかりやったら相手にカウンター狙われますし、変なところでやられましたし、何だかなあでした。でもアウェイゴールが入っているので次の試合次第ではないでしょうか?ゼロックスで昨日の試合したら完璧ガンバにやられますから修正は要です。
きらきらレッズ 2015/02/26(Thu)20:21:44 編集
コメントありがとうございます
きらきらレッズさん
こんばんはです。
本当にまたやらかした感が強い敗戦でしたね。逃げバックパスもプレスに負けてのいい加減なパスミスも例年通りでした。抑も失点のパターンが何れも守備がしっかりしているチームならほぼ有り得ないところを、守備がしっかりしていないミシャサッカーではほぼ有り得るパターンでした(苦笑)。この守備では明日のゼロックスが心配ではありますが、まあガンバもACL初戦で完封負けしていますし、レッズはガンバと違ってACL初戦は得点はしていますし・・・なんてところに光明を見い出そうと思ってふと考えたら、ガンバは中1日有利なんですよね・・・。
うえ URL 2015/02/27(Fri)19:11:31 編集
無題
こんにちは。アップされるたび、毎回かかさず読んでいます。
自分の場合、浦和のゲーム観戦のときは「ハラハラドキドキ」でなく「イライラジリジリ」してます。でもそういうときは、うえさんが以前アップしてくれた、TOTの報告を思い出し、楽しい気分を保つよう努めています。本当に状況が目に浮かぶようで大爆笑でした。質問時間が短いのは、サポーターによる集中十字砲火を予想してのことでしょうね。
ところで韓国勢に当たり負けするのは、ACLを制した8年前と変わらないですね。忘れもしない準決勝の城南一和戦、結果はブラジル選手の活躍もあって勝ったものの、試合自体は完全な負け試合でした。あまりの試合内容のひどさに、途中退席して埼スタを後にし、帰宅後に勝利を知りました。あの頃は試合に高揚感を与えてくれるスーパースターがいて勝てましたが、日本選手は本当にひどかった。今でもプレス負けはしますが、あの頃と比べると走るようになったし、ボールも奪われなくなって、日本選手がサッカーをするようになった…ような気がするんですが。この過渡期を過ぎて、蝉がカラを抜け出るように華麗に変身…というわけにいかないかなぁ。うえさんのブログを読むようになって、わかってきたこともあるし、今後も楽しみにしています。
涙目のサポーター 2015/02/27(Fri)21:47:48 編集
コメントありがとうございます
涙目のサポーターさん
おはようございます。
いつも読んでいただきありがとうございます。時々肝心の話から脱線するような記事もありますが、これからもよろしくお願いいたします(笑)。
さてACLですが、初戦が韓国勢ということもあり、日本人よりやや肉体的に強い韓国人+外国人選手のチームは、日本人中心のレッズの実力を図る相手としては最適と思っていましたが、守備の酷さと身体的には負け試合であっても、攻撃内容では悲観する程ではなかったのは救いでした。おっしゃる通り昔より走れるようになったのは事実ですし、ポゼッションサッカーが根付いた事で自分達の時間帯を作れるようになりましたね。今のレッズは昔のような派手なチームではないので、確かに蝉がカラを抜け出て華麗に変身する事はないでしょうけど、3年同じサッカーをやり続けて緩やかにでも自分達のサッカーを確立して来た事は確かだと思います。
一方でACLだけを考えると、国内の戦いとは違い、未知との戦いの中で相手との強弱の差や自分達のストロングポイントもウィークポイントも明確になり、そして勝ち上がる事が必要なACLは内容より結果が最重要なため、強力外国人パワーによって大躍進した広州恒大然り、それで優勝した8年前のレッズ然り、やはり外国人の局面で発揮される個人能力とパワーに頼るチームの方が有利なのは何時の時代も変わらないと思います。その武器が1人しか居ないレッズが、ほぼ確立しているミシャサッカーと有力日本人だけで、果たしてアジアで何処までやれるか、そういう意味でレッズのACLとしては今回が最も”挑戦”的な大会になると思っています。
うえ URL 2015/02/28(Sat)09:25:38 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第26節 磐田1-1浦和 得点/21分・ムサエフ(磐)、79分・興梠(浦) ・・・次の試合/天皇杯4回戦 浦和-鹿島(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場=9月20日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8
10 11 12 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/19 サッカー素人]
[09/19 うえ]
[09/19 東浦和レッズ]
[09/18 うえ]
[09/18 FREE TIME]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]