忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[882]  [881]  [880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875]  [874]  [873]  [872
2013年 ヤマザキナビスコカップ準々決勝・第1戦
セレッソ大阪0-2浦和レッズ
~大阪長居スタジアム

長い中断が明けて、ようやくナビスコからのJ1リーグが再開した。
中断中のキャンプを含めた練習の成果が問われる一戦。ここで情けない試合をしようものら「中断期間中に何をやっていたんだ」と言う事にもなるし、逆に素晴らしい試合をしようものなら、それがストレートに評価される。
さて今回のレッズは?・・・後者だった!

とは言うものの自分、今回は映像を見ていないから内容は文字からしかわからないのだが、パスワークと連動性と、そして攻撃の意識がまた向上した感じがするのは、文字からヒシヒシと伝わって来た。先週に駒場で観た通りの姿勢が本番でも表れたのだと思う。
かなりの決定機をも外しまくっていたものの、チャンスを全て決めきれるならばそれこそ毎試合6得点が可能になる訳で、サッカーは決してそんな訳は無い。大事なのは勝利に繋がるゴールを決める事だから、そういう意味では大事なところで興梠が2発も決められた事が決定力であり、練習の成果と今のチームの力の表れだと思う。
それに鹿島時代の興梠は、長居との相性が良くなかったらしいから、それがレッズに来て長居でゴール2発というのは凄く嬉しいだろうね。これで興梠が長居に良いイメージを持つにはじゅうぶんな材料になった。

クルピが前半の内容を「草サッカー」と揶揄して激怒していたらしいが、そういうチーム状態のセレッソに助けられた面と、上記に書いた通りレッズが中断期間中の練習で成長した成果と、両方あっての今日の試合内容及び結果だ。
でもセレッソとレッズが長居で戦うと、本来なら殴り合いでゴールの奪い合いになる時が多いから、今回の2得点完封勝利は、ちょっと拍子抜けかな。もちろん良い意味で。
殴り合いでゴールの奪い合いだと、アウェーチームの方がアウェーゴールルールの都合上有利になるが、そのアウェーゴールを2得点も奪って自らは無傷でホームに帰れるのだから、これで準決勝への道がグッと手繰り寄せられた感じ。
原口がまたも問題を起こして遠征メンバーから外された暗い出来事があったものの、原口が居ないと勝てなかったチームがそれをバネに変えて、原口不在で勝ったのも大きな自信になるし、何と言っても原口本人への良いプレッシャーになるだろう。性格なんてそうは簡単に変えられるものではないけど、これで原口には本当に焦ってほしいし、こうやって色々経験してひとつひとつ成長して行く事が、大人になるって事だと思うよ。それが出来なかったならば、それまでの人間って事になるだろう。
それにしても・・・セレッソにとって、原口がいきなりメンバー外になったのは”肩透かし”だっただろうな。原口への対策は当然考えてあっただろうし、それを含めて練習し警戒していただろう。その選手が直前でメンバー外になって、パスが主体のマルシオが先発だったのだから、そりゃ混乱もするよな。発表から中1日では修正もなかなか難しかっただろうし。セレッソにしてみれば「え~、聞いてないよ~」って感じだったかも(笑)


追伸
Jリーグ2ステージ制復活案の是非を問うアンケートへ投票いただいた皆さん、ありがとうございました。このアンケートは告知通り6月21日で締め切りとさせていただきました。
総投票数761票中賛成20票反対741票で、97パーセントを越える驚異的割合で、反対票が圧倒する結果となりました。
アンケート結果ページ
後は7月のJリーグの正式発表を待つのみ・・・。

------
ヤマザキナビスコカップ準々決勝・第1戦 セ大阪0-2浦和
得点/9分・興梠(浦)、56分・興梠(浦)
主審=家本政明
観衆:16,602人


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
見ていて楽しい試合だったけど
2-0で勝ってる後半でカウンター喰らった時に
自陣にDF二枚しかいなくてセレッソの選手が
4人いたときは逆に笑えてきた、やられなくてよかった・・・
すわに 2013/06/23(Sun)22:18:52 編集
無題
おはようございます。

この試合はハイライト映像でチェックしました。現地観戦の皆さんお疲れ様でした。

この試合は興梠が2発決めてくれましたね。先制点はスピードと判断力(本人、パスを出す選手共に)を持ち合わせているからこそのゴールでしたね。得点に繋がらなかったシーンでも興梠の裏への抜け出しが際立つシーンが多かったですね。そこらへんはやはり2桁得点経験者であることを感じさせられましたね。

それとすわにさんもおっしゃっていますが、こちらが2人に対して向こうが4人選手がいたシーンでやられなかったというシーンがありましたね。現地観戦の皆さんはさぞヒヤヒヤしたでしょうね。

最後に、ヤフースポーツに投稿されたコメントを見ていると、審判に対するコメントで2件目に付くコメントがありました。1つは八木あかねって女?などとのコメント。これぐらいは調べろと思ってしまいますが、確かに女だと思われても仕方ない名前ですね。私の勤務先にも男性だけど女性に多そうな名前の人がいて、仲のいい上司から「名前が女だ」などと言われてました。2つ目は、家本主審はこの試合はファール流しが目立ったとのコメント。ハイライト映像にはファール流しのシーンは無かったので、本当に気になってなりませんね。カードが多いと言われている審判がカードを一枚も出さなかった点とも何らかの関連があるのでしょうかね。
アニメ統計学者 2013/06/24(Mon)06:06:22 編集
快勝!
こんにちは。

まさに快勝でしたね!興梠が相手DFを背負ってプレーする事がほとんど見られず、マークを外して抜け出す場面が多く見られました。…これはやはり原口がいなかったからなんですかね?柏木とマルシオが上手くスペースを作って興梠が自由に動けていたと思います。全体的に見ても動き出し、前を向く姿勢、全てでセレッソを圧倒していたと思います。欲を言えば興梠にハットトリックを決めてもらいたかった…終盤は興梠自身、まわりの選手もそれを狙っていたようにも見えました。余裕がありましたね!

アウェイ2点、これで気持ち的には楽になりましたね!もちろんそれを油断と取ってしまったらダメですが、気持ちに余裕が出来たのは確かですね。これから再開するリーグ戦も考えて、来週も好調セレッソを叩き潰しておきましょう!

ACLで贅沢をし過ぎてしまったので今回はTV観戦でした。ようやく再開、そして埼スタに行ける事がうれしいですね!頑張りましょう!来週は久々にゴール裏に参戦予定です!
東浦和レッズ 2013/06/24(Mon)12:57:37 編集
コメントありがとうございます
すわにさん
初めまして。
そこがミシャサッカーの諸刃の剣になる部分ですね。勢いと連携宜しく前がかりになっている時にカウンターを喰らう場面が良くありますが、リスク覚悟の上で攻めるサッカーである以上、ミシャが容認している部分なんですよね。こればかりは、本当にやられなくてよかったと言うしかありませんねぇ。

アニメ統計学者さん
こんばんはです。
鹿島時代から興梠の武器のひとつに”裏への飛び出し”がありますから、それが発揮された時は得点に繋がるという良い例が、今回レッズでも見られましたね。それに付随して、周囲の連携力が高まってきたからこその、ゴールへのスムーズな流れでしたね。
八木あかね氏は、知らない人が聞いたら女性に思われますよね。というか一般的にはどう考えても”あかね”は女性名ですよね。昔からJリーグを見慣れている者にとって今でこそ八木あかね氏の名前は違和感無く感じますが、最初にこの名前を聞いた時は、誰しも「え?男性?」と疑問を感じたと思います(笑)。でも”あかね”とは一般的な意味として赤や紅に近い色を表しますから、それを考えるとレッズにとって縁起の良い副審かもしれませんよ(笑)。
家本氏は、今回はPKかもしれないという場面や、明らかにファールという場面をかなり流していたらしいですね。一時期のカード乱発レフェリーのイメージから、懲罰研修を経て最近はそのイメージから少しは脱却してきましたが、今回のようにこうも極端に流されると、何とも不気味ですよね。次の試合でガラリと豹変しなければ良いのですが・・・

東浦和レッズさん
こんばんはです。
興梠の今回のプレースタイルについては、まさにおっしゃる通り原口が外された事がかなり影響していた可能性は高いでしょうね。今回の前線の3人である興梠と柏木とマルシオの内で、スピードと裏への飛び出しが得意なのは興梠だけだったので、原口が外れた以上は、興梠こそがその役目を果たさなければいけなかった上で、それが内容に現れた形だと思います。そして幸いにしてセレッソ曰く”調整不足”もあり、そしてレッズは連携向上もありで、様々な要因がレッズに味方してくれた上で、上手くゴールまでの流れがスムーズに行った感じですね。
アウェーゴール2点は大きいですし、次はホームですし、普通ならこれをひっくり返されてはいけない点差ですが、相手が攻撃的なセレッソだけに、本当に油断禁物ですね。日本のサッカーは2点が一番危険な点差(海外では逆に2点差は勝利が確実と言われますけど)と言われているだけに、そこは気を引き締め直して臨む部分ですね。そして気持ちに余裕が出来た事が、更にプラスに働いてくれたら良いですね。しかも東浦和レッズさんがゴール裏復帰なので、準決勝進出は間違いないと思います(笑)
うえ URL 2013/06/24(Mon)18:21:33 編集
無題
うえさんお疲れ様です。

ようやく公式戦が戻ってきましたね。
代表は散々でしたが、こちらは2発零封快勝と気持ちがいいですね!!

原口が遠征メンバーから外れ、少し不安な面は正直ありました。
しかし、攻撃陣が其々の特徴を出し、興梠はそれに対応しての得点!
すんばらしい!!

次の試合も楽しみです!
沖縄の赤い悪魔 2013/06/24(Mon)20:25:33 編集
無題
お疲れ様です。

まさにナイスゲームという言葉がぴったりの試合でした。自分たちのやりたいサッカーが、ほぼ完璧に出来ていたんじゃないでしょうか。特に、興梠には本当に浦和に来てくれてありがとう、と伝えたいです(笑)

ただ、既に指摘されてる通り、カウンターシーンは本当にヒヤヒヤでした。なぜ2-0で勝ってる場面で、あんなカウンター食らわなければならないのかと…負けてる試合だったら、話は分かるのですがね(苦笑)
いろは 2013/06/24(Mon)21:53:08 編集
無題
今晩は  今日ようやく映像見れましたが、ポゼッションも上回ってましたしセカンドも拾えてましたね。仰るようにパスワークと連動性にも一層の磨きがかかってきたと思います。一頃ウチが言われてた決定力の差、今回はセレッソにしっかり見せつける事出来ました。30日の埼スタ勿論参戦です。原口の件は自分の廻りでも色々言ってますが成人の大人ですからね。自分でちゃんと後始末でしょう。
それと1枚もカード出さなかったあの主審、後半開始前センターサークル付近で相手の8番と楽しそうにおしゃべりしてましたが、内容どうであれ試合中はちょっとねぇ…
欅通りのサポ 2013/06/24(Mon)22:17:46 編集
おつかれさまです
ん~ なんで日曜の夜の開催なんだか… 土曜日または15時開催とかならもう少し集まったのに…

ハイライト映像とスタッツしか見てないので互角なのかと思いきや 2chのまとめを見ると内容は圧倒してたようです 圧勝した次はポロッと負けちゃってたりしたので ホームでは気を締めて行きましょう
さくらもち 2013/06/24(Mon)23:13:26 編集
無題
こんばんは。
セレッソ戦の勝利おめでとうございます。
試合はダイジェストで見ました。
セレッソは前半、柿谷選手のシュート練習?
と思うくらいボールを集めていましたよね。
レッズはいつも通りでしたが・・・。
それから、原口選手のことですが、今のうちにキチンとしておかないと、大変な事なりますよ。
素晴らしい才能を持っているのに、元巨人のガルベスのような事になってしまったら、サポーターが悲しむでしょうに。
フロントは、緊張感を持ってやって欲しいです。
サッカー素人 2013/06/24(Mon)23:37:28 編集
コメントありがとうございます
沖縄の赤い悪魔さん
こんばんはです。
長い中断期間を経て、やっとレッズで盛り上がれる時間が戻って来ましたね。そんな再開の試合でアウェーゴール2点を奪った上の完封勝ちでしたから、尚更気分が良いですよね。しかも原口が外れた中で、2シャドーのパスから興梠が2得点というのは、パスを出すべき選手がパスを出し、取るべき選手が取ったという意味でも嬉しいですね。
これをまた日曜にホームでやってほしい!!

いろはさん
こんばんはです。
セレッソの不調や決定力の無さも影響はしましたが、基本レッズは自分たちのスタイルを崩す事なく完勝したので、まさに完璧な内容となりましたね。ただ危険なカウンターを喰らう上で、本当に危険な状態で喰らってしまう場面があるのは確かに恐いんですよね。こういう場面は、ミシャサッカーでは無くならないだろうと個人的にも割り切っているつもりなんですが、それを目の当たりにしてしまうと、やはり考えてしまう部分はありますね。だからこそ逆にカウンターを喰らわず、何が何でもフィニッシュまで繋げられるサッカーをやらないといけないのでしょうね。

欅通りのサポさん
こんばんはです。
まさに、”磨きがかかった”という表現がピッタリですよね。今回のセレッソ戦の内容からして、中断期間中のキャンプを含めた練習で、戦術理解度と連携が更にアップしたのは間違いないと思います。元々ミシャは過密日程で苦しい時に、過密日程が終わって時間が出来たら、時間が必要な戦術練習でチーム力を上げられると公言していましたから、それが有言実行で成された上に、早速結果に現れたという事ですね。
それにしてもイエティ、選手と会話するのはあるとしても、開始直前に、しかも楽しそうにおしゃべりってのは不味いですよね。こういうのは公平性を欠く危険がありますから、しっかりマッチコミッショナーに見て指摘してほしい部分ですよね。
うえ URL 2013/06/25(Tue)18:42:00 編集
コメントありがとうございます
さくらもちさん
こんばんはです。
同じく、土曜か、日曜でもリーグ戦と同じ16時キックオフなら良かったんですけどねぇ。まあ夏場って事で仕方ないのでしょうけど。次のホームでも日曜ですが、まだ18時という分だけ19時より少しマシですかねぇ(笑)
第2戦、セレッソは点差を取り戻すために、当然のように死に物狂いで攻めて攻めて攻めまくって来るでしょうね。レッズとしては当然しっかり守る事でしょうけど、ただ守りに入り過ぎると付け込まれますから、しっかり集中して、常に敵の裏を狙う攻撃を仕掛けたいですね。

サッカー素人さん
こんばんはです。
ありがとうございます。今のセレッソは、キープレーヤーでありエースは柿谷ですから、当然のように彼中心の攻めになっていたと思います。その柿谷を含めた攻撃的なセレッソにゴールを許さなかった事、自分たちのサッカーを貫いて勝った事は大きいと思います。
今回は原口の件で一瞬暗雲が流れましたが、彼が騒動を起こすのは一度目ではないので、根本的な何かの対策は必要でしょうね。ただ原口は性格的な問題を抱えているのが難しい部分でして、性格は簡単には変わらないとも思うので、ここは彼を少しずつでも軌道修正してあげる親分肌の指導役が必要かも・・・
うえ URL 2013/06/25(Tue)18:42:32 編集
無題
お疲れさまです。

両チームの、中断期間の練習内容の差が、モロに出た試合だったのではないでしょうか。

しかし、クルピ監督は、自分が率いるチームの試合内容を草サッカーと酷評するならば、そう陥る原因を作った自分の指導方法の責任はどこに…
GT 2013/06/25(Tue)20:55:30 編集
コメントありがとうございます
GTさん
こんばんはです。
確かに、選手に草サッカーと責める前に、そうなってしまった原因は監督自身の指導方法、練習方法にあるんですよねぇ。まあそれだけ前半の内容に、やるせない気持ちがストレートに感情に出てしまったのでしょうね。レッズからのエアオファー事件が、ある意味でわかる気がしますね(苦笑)
うえ URL 2013/06/26(Wed)18:10:38 編集
ようこそ!!
試合終了/AFCチャンピオンズリーグ決勝・第1戦 アル・ヒラル1-1浦和 得点/7分・ラファエルシルバ(浦)、37分・ハルビン(ヒ) ・・・次の試合/AFCチャンピオンズリーグ決勝・第2戦 浦和-アル・ヒラル(埼玉スタジアム2002=11月25日19:15キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]