忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[793]  [792]  [791]  [790]  [789]  [788]  [787]  [786]  [785]  [784]  [783
ヤマザキナビスコカップ 予選リーグAグループ第2節
ジュビロ磐田4-3浦和レッズ
~ヤマハスタジアム

うーん、これどう見れば良いのだろう?控え組主体で3得点が凄いのか、はたまた控え組主体だから4失点なのか・・・まあ、どっちもか?とはいうものの、阿部と槙野が抜けただけで、こうも違うのか、とも受け取れる訳で、果たして・・・

ゲームとしては、一度は逆転した訳だし、取られたら取り返・・・最後は取り返せなくてあと1歩だったけど、白熱した内容で、こういう試合もたまには良いかな~とも思うんだけど、それだけに、せめて”もう1点”、”あと1点”の気持ちでもあるね。ただレッズのメンタルを考えると、こういう試合はナビスコだから出来たのかな、とも思えるし、逆にリーグ戦だったら、もっと慎重に臨んだんじゃないかな。

小島はプロ初ゴールおめでとう。あ、そういえば小島の先輩の細貝も、ナビスコが初ゴールだったな。前橋育英組、ここでも似ている(笑)。小島に関しては控え組に居るのが勿体ないレベルではあるんだけど、ナヒスコでしっかり結果を出している選手なのだから、そろそろレギュラーとして使ってほしい気がするけど。阿部は絶対的としても、まだまだ啓太の壁は厚いのかな。まあ同じボランチでも、この2人はタイプが違うけど。

野田は、ドンマイだなぁ・・・

まあ、これだけ得点が取れたという勢いを、鹿島戦に繋げよう。
現地組の皆さん、お疲れ様でした。

------
ヤマザキナビスコカップ 予選リーグAグループ第2節 磐田3-4浦和
得点/7分・前田(磐)、34分・小島(浦)、45+1分・オウンゴール(浦)、57分・千代反田(磐)、77分・松浦(磐)、79分・高橋(浦)、82分・山田(磐)
主審=扇谷 健司
観衆:7,824人

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは。

守備が堅いだけに、撃ち合いになると分が悪いですね。
野田のミスは痛かったですが、トライしてのミスですからね。
東京在住のサポ 2012/04/04(Wed)23:54:16 編集
因みに
磐田も控え組主体。
鹿サポ 2012/04/05(Thu)00:02:44 編集
コメントありがとうございます
東京在住のサポさん
おはようございます。
磐田相手にここまで撃ち合いになるとは予想外でしたが、最後は押し切られてしまいましたね。野田は奮起してほしいですね。

鹿サポさん
まあ、確かに・・・
うえ URL 2012/04/05(Thu)07:14:27 編集
撃ち合い
おはようございます。

久々のガチの撃ち合いでしたね。駒野、前田を本来ならマークして潰さなくてはいけないんですが、かなりやられてましたね。後半は守備が崩壊…やはり阿部、槙野不在が響きましたかね。メンバーが違っても4失点は頂けないですね。3点取ったら勝たなくちゃいけませんね。


予選グループ的には鳥栖も負けたので、まぁダメージは最小限で済みましたね。リーグで次に当たる鹿島が連勝した事が不気味ですね。鹿島にリーグ戦初勝利をプレゼントするような“お人好し”なんて事にはならないように万全の構えで勝ち点3を持ち帰りましょう!今年こそは鹿スタで勝利のモツ煮を!!
東浦和レッズ 2012/04/05(Thu)10:12:06 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
守備はレギュラーメンバーが永田だけだったという部分は、やはり響いた感はありますね。野田のミスも決定的でしたが、水輝もイマイチだった感もありで、敵の抑えるべき選手を抑えられなかったですね。
3点取りに行って余計失点するのもミシャサッカーならではではありますが、リーグ戦ではこんな事にならないで、しっかりとした守備を願いたいですし、鹿島ではこれまでとは違う安定感あるレッズを見せなければなりませんね。
うえ URL 2012/04/05(Thu)18:22:45 編集
無題
こんばんは。
サッカーで3点とって勝てないのは珍しいのでは?
攻撃型の布陣のようだったので、ありなのかもしれませんが。
どんなスポーツでも攻守にすぐれたチームを作るのは難しいということなんですね・・・。
サッカー素人 2012/04/05(Thu)21:37:34 編集
無題
お疲れ様です。
昨日は仕事のため、ネットの試合速報で情報を得ました。
更新する度に、 追いついたり、逆転したり、逆転されてたり…
ネットの速報にもかかわらず、こんなに燃えた試合は初めてです(笑)

鹿島戦もぜひ熱い試合を期待しましょう。
いろは 2012/04/05(Thu)22:39:53 編集
無題
なんだかんだ現地に行けました。
みなさん関東からもけっこう来られている方いらっしゃるのですね~。
勝てると思ったり返されたりゲームとして楽しかったですよ~。
若い選手が点を入れてくれたこともいいことだと思います。
これに懲りずにアウェイにも出来る限り参戦したいですね、出来る限りホームも・・・
しょじゅん 2012/04/05(Thu)23:32:24 編集
コメントありがとうございます
サッカー素人さん
こんばんはです。
サッカーは点数制スポーツの中では最も点が入りにくい種目と言われていますが、そこから考えると3点や4点は滅多に無い数字ですね。レッズでは過去7-0で勝った試合もあるんですが、3点先行したのにひっくり返された試合もあり、ここがサッカーの面白い部分でもあると思います。

いろはさん
こんばんはです。
これだけ交互に点が入るパターンも珍しい、ある意味で貴重な試合となりましたね。速報で次々点が入るのは、それだけで興奮しますね。これで勝っていれば最高だったのですが、とはいえこの分は、鹿島で取り返すとしましょう。
レッズは大量点の後に点が取れない試合、なんて悪いジンクスもあるので、それは働かないように願いたいですが・・・

しょじゅんさん
こんばんはです。
水曜は平日の中、磐田までお疲れ様でした。レッズ絡みだとエコパがメインになった昨今、貴重なヤマハでの試合に行けたのはうらやましいです(笑)
予想外のシーソーゲームとなり、白熱した試合になりましたね。そして単に点が入るだけでなく、おっしゃる通り若手にゴールが生まれたのは良い傾向だと思います。しかもアウェーで3得点。この流れで良い部分を鹿島戦でも続けてもらいたいです。あ、もちろんホームでも。
うえ URL 2012/04/06(Fri)17:31:44 編集
無題
こんちわー。

ヤマハ行って来ました。
見る分にはなかなか面白い試合。
ピッチとサポーターの距離も近いので、
結果と言うよりもムードが盛り上がってなかなかイイ感じでしたよ。

小島の初ゴールに関しては、
自分も細貝の大雨万博を思い出しました。
細貝はそれから万博がゲンの良いスタになりましたが、
小島はヤマハが…それではチョットかわいそうですねw
Mr. URL 2012/04/06(Fri)18:53:31 編集
コメントありがとうございます
Mr.さん
こんばんはです。
水曜はお疲れ様でした。細貝の時はビチョビチョになりながら万博に居た思い出がありますが、今回は個人的に小島初ゴールに立ち会えなくて残念です。せめて・・・明日の鹿島で初ゴールを、あ、ヤマハはあれでも、ではエコパでも・・・!!
うえ URL 2012/04/06(Fri)23:58:18 編集
誤審が無ければ、
鹿島が勝ってました。

まぁ、運も実力の内かぁ。

それにしても、浦和は応援が凄いね。
鹿サポ 2012/04/07(Sat)21:27:12 編集
ようこそ!!
試合終了/天皇杯2回戦 浦和3-2盛岡 得点/29分・ズラタンPK(浦)、54分・林(盛)、63分・ズラタン(浦)、80分・阿道(浦)、90+3分・谷口(盛) ・・・次の試合/J1リーグ第16節 鳥栖-浦和(ベストアメニティスタジアム=6月25日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/22 うえ]
[06/22 うえ]
[06/22 こん]
[06/22 東浦和レッズ]
[06/22 ひろまろ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]