忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1315]  [1314]  [1313]  [1312]  [1311]  [1310]  [1309]  [1308]  [1307]  [1306]  [1305
2019年 AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第5戦
ブリーラム・ユナイテッド1-2浦和レッズ
~ブリーラムスタジアム

ブリーラムスタジアムは、あの全北が完封負けた地だし、そうでなくてもACLはホームアドバンテージが影響しやすい大会。しかも東南アジアには特有のソレがある。だから前回ホームでフルボッコしてやったブリーラムとて、あっちのホームでは、果たしてどんな悪魔が潜んでいるのかと少々怖かったのだが・・・。

ゲーム立ち上がりからブリーラムのプレスがユルンユルンで楽にボールは回せるしポゼッション出来るし、しかも開始3分でアッサリと興梠の先制ゴールが飛び出す辺り、ありゃ?やっぱり前回のブリーラムまんまじゃん。
その後も完全にゲームはレッズが支配しているし。これは追加点も時間の問題、なんて思っていると、左サイドで長澤と山中がボールが足に着かないところをかっ拐われて、最後は一番であり唯一の警戒すべきペドロジュニオールに同点ゴールを決められるという・・・。
ああ、東南アジアのアウェーは、やっぱり悪魔が潜んでいたのか。と思わせてしまう失点であった。

だいたいレッズも今回は変にポゼッション出来てしまうものだから、そんなに前に出て行かなくても良いものを、自然と最終ライン自体がいつもより前目に出てしまう。更に山中と森脇の両ウイングバックもやたら高い位置を取るものだから、後ろも両サイドの裏もポッカリしちゃう場面が多かった。ちょっと危ない傾向だなと思っていた矢先のややミス絡みのかっ拐われ方から失点してしまった。
選手も余裕があり過ぎると気持ちが大きくなり、それで雑なプレーも目立つようになる。特に森脇や森脇とか森脇など。

前半の内に武藤が今季初ゴールで勝ち越しゴールを奪えたから良かったが、その他にもチャンスは連発していた訳だから、前半だけでも、もう1点は取れた内容だったし、そうなってくれていたらだいぶ楽になったろうに。
ただ2ゴールに絡んだエヴェルトンはさすがだった。この選手、個人プレーではなくてチームプレーで地味に輝る選手という売りで加入した訳だが、その通りにレッズで場数を踏めば踏むだけ、段々と周囲との連携が良くなって来ている気がする。仲間へのパスがスムーズに通るようになって来た。地味に上手い選手だけど、本当に地味に助っ人やっていると思う。レンタルが来月までだけど、どうするんだろう。

さて前半だけ見ると、守備を無視してノーガードの撃ち合いみたいな時間帯もあったけど、後半は前線に2トップを残して、1点のリードを守りながらのカウンター狙いが如実であった。まあオリヴェイラならば、そうするのは当たり前。
欲を言えば追加点が欲しいところを、我慢するのも大切。ただブリーラムは前掛かりになる一方で後ろのケアが薄いから、レッズとしては攻めればチャンスを作れてしまうのも事実で、ガラ空きの裏にボールが通る通るで、結局フィニッシュにまで行けてしまうのであった。だからこそ今度こそナバウトに決めてもらいたかったし、今季初出場の荻原もいきなり惜しいシュートだった。
別に無理に相手をリスペクトする訳ではないが、決してブリーラムが弱い訳でもないし、事実レッズも危ない場面は2度3度と作られていたから、じゃあ果たしてブリーラムの本当のレベルって何処にあるの?という疑問が沸く相手である。繰り返すけどブリーラムはホームで全北に完封勝ちしている訳だし、アジアランキングだって何故か上位だし。ただ個人的にはブリーラムとレッズでは全然レッズの方が上と思っているけれど。

とはいえレッズは絶対に勝たなければいけない試合で、有利に試合を進めながら勝つ事が出来たのだから、それ以上は望むべきではない内容と結果であった。寧ろ高温多湿なアウェーで、汗ダクになりながら、良く走り良くなって戦い、そして良く勝利してくれたと言うべきだろうね。

これで第6戦が大一番で戦える事になった訳だ。次は我らがホーム埼スタなのだから、ここで北京国安を着実に返り討ちにしてグループステージ突破を決めよう。

ちなみに今回の主審、基本的にしっかり裁いてくれていてレベルは高かったと思うんだけど、狭い場面になるといつもレッズの選手と選手の間に入ってしまい、正直凄く邪魔だったというかポジショニングが悪かったというか、短い横パス出そうとしたらパスコースに主審が居て出せなかったなんて場面が少なからずあったぞ。
しかも前半もロスタイムが4分とか。そんなにロスってねーだろ!と思ったら、3分も経過しないで終了の笛とか。何かよくわからない主審であった。

ACL2019 ------
AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第5戦 ブリーラム1-2浦和
得点/3分・興梠(浦)、13分・ペドロ ジュニオール(ブ)、23分・武藤(浦)
主審=イルギス・タンタシェフ
観衆:10,970人
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おはようございます
勝ちましたか!映像見れてないのですが此方の記事読む限り危なげなく結果出したようですね!何故か一人選手の名前が目立ちますよ(笑)
全北に2連敗した時点で正直キツイと思いましたがこれで自力突破可能ですね。前回対戦とは別のチームだと北京に見せつけともかく21日埼スタでキッチリ決めてもらいましょう。連携も内容も少しずつ良くなってると信じ北京戦は休暇取り精一杯の後押し行きます。


欅通りのサポ 2019/05/08(Wed)07:57:06 編集
無題
こんにちは。
アウェイ勝利、嬉しいです! 相手チームは全北を破ってるんですよね。なので悪くすると敗退かな〜とか思ってました。これで次のホームで勝つか、0-0で引き分けだと予選突破の可能性が高いようですが、失点しての引き分けだと敗退、とか報道されてたので簡単ではないですが、なんとか勝利してほしいですね(しかしホーム最近、弱いからな〜。あとは運を天に任せるしかないかな)。大活躍のエヴェルトンはどうするんでしょうね…。せっかく本領発揮しだしたのに。こちらが希望しても、欧州との開幕時期がずれてるから、所属チームの都合もあって難しいのでしょうか。
涙目のサポーター 2019/05/08(Wed)09:31:53 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
おはようございます。
失点した時以外にもセットプレーからあわや失点という場面が何度かありましたが、西川の好セーブもあり切り抜けられました。ただレッズはちょっと雑なプレーが目立ちましたね。この辺は守備を大切にする今のチーム方針からすると良くないと思うので、名古屋戦に向けて修正が必要かと思いました。
自分も全北に連敗した時点で黄色信号かと思ったのですが、今回の勝利と、更に北京が全北に負けたとの事で、これで第6戦を切り抜ければ、自力突破できるところまで戻れましたね。後はホームアドバンテージを生かして、北京をはね除けるだけですね。

涙目のサポーターさん
おはようございます。
ブリーラムはホームで全北を完封で破っているので、果たして敵地でどう豹変するのか不気味でしたが、蓋を開けてみたら埼スタの時とあまり変わらずで、拍子抜けしてしまいました。
北京には勿論勝つのが望ましいですが、得失点差が僅か1点しかないので、失点ドローを喰らうとアウトですね。ゴールが必要な北京は間違いなく攻めて来ますから、レッズとしては果たして勝ちに行くか、それとも守るか、注目ですね。
エヴェルトンはポルトと22年まで複数年契約中みたいですが、ポルトでは未出場のまま古巣ポルティモネンセにレンタルされて更にレッズにレンタル中なので、ちょっと状況が複雑なんですよね。ポルトの思惑も絡むと思いますが、レッズに残るとするとレンタル延長が現実的かなと思います。
うえ URL 2019/05/08(Wed)10:49:17 編集
無題
こんばんは
長いアディショナルタイムは給水タイムをとったからだと思います。
ブリーラムは確かに強いのか弱いのかよくわからないチームでしたね。リーグ戦では細貝がアンカーに入って4バックだったりするらしいんで普段と違うフォメがはまらなかったってことなんですかね…
おか 2019/05/10(Fri)23:22:43 編集
コメントありがとうございます
おかさん
初めまして。
そういえば給水タイムの分がありましたね。なるほど前半の早い笛は、その分を省いたって事ですね。
ブリーラムはタイでは強豪でも、日本から見るとランキングが伴っていない感がするよくわからないチームではありますが、細貝がACL登録外なので、確かに細貝が入っていたら、厄介な相手になっていたかもしれませんね。一度細貝の居るブリーラムとの試合を見てみたいところです。
うえ URL 2019/05/11(Sat)08:34:22 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第15節 浦和2-1鳥栖 得点/18分・金庸佑(鳥)、31分・宇賀神(浦)、90+3分・興梠(浦) ・・・次の試合/AFCチャンピオンズリーグ・ラウンド16第1戦 浦和―蔚山(埼玉スタジアム2002=6月19日19:30キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[06/16 うえ]
[06/16 りょりょ]
[06/16 うえ]
[06/16 うえ]
[06/16 アニメ統計学者]
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]