忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1278]  [1277]  [1276]  [1275]  [1274]  [1273]  [1272]  [1271]  [1270]  [1269]  [1268
2018年 J1リーグ第26節
横浜F・マリノス1-2浦和レッズ
~日産スタジアム

この前日の試合で下位3チームが全て勝利してしまい、入れ換え戦圏内までの勝ち点が3と迫られた超危険水域状態であった。そんな中でファブリシオが全治7ケ月という悪夢の発表。ここまで追い詰められた中で、それでも残留争いを避ける為には、もう絶対に勝たなければならない状況。

そこに来て鬼門の日産スタに当たった訳だったが・・・、

180916アウェー・マリノス戦、勝利 あっぶなー。何とか勝てたという・・・追い詰められると火事場の馬鹿力を発揮するチームだ。逆に言うと、追い詰められないと危機感を抱かないチームという話もあるが。
いや今回は組長効果か?セレッソ戦でついに無敗伝説が途絶えてしまった組長だったが、それを再び勝利に持って行く神通力は、確かに持っている、と思う。

と、話はそう簡単ではなくて、序盤から2度の大ピンチを喰らうわ、特にそれ敵ながら普通決めるだろってやつ、良く防いだと思うよ。
というか宇賀神と槙野のラインでやたら裏を取られていたから、守備は相変わらずだな~と思っていたんだけど、今回は珍しく(?)マウリシオ大先生が敵のラストパスを寸でで遮断しまくる。これが1度や2度ではなく、最近の精細を欠いた姿からは別人のように、何度も何度も敵の危険なパスを摘む大活躍であった。あのラストパスが1本でも通っていたら、間違いなく失点ものであった。
そのかわりと言っては何だが、マウリシオはウーゴ・ヴィエイラのステップに対して転ばされてしまい失点に繋がったが、まあ、あれはその前に平川先生が遠藤に完璧に裏を取られてしまった時点で失点したようなものであった。嗚呼平川、せっかく久々に投入されたというのに・・・。

と、何で話が先に失点シーンなのか時系列がメチャクチャな状態になっとるが、まあ元々このブログ自体がセオリーメチャクチャだから、そこは気にしないとしよう。そうさ、楽しい話は後に取っておくものだ。好きな食べ物は後に残しておいて、結局お腹一杯になって喰えなくなってしまうという話もあるが。

・・・また話が脱線したが、まあ得点シーンも、最近のレッズでは珍しいパターンというか、宇賀神もあの位置から宇宙開発せずに良くパンチのある枠内シュートを放ったし、宇賀神って本当にたまーに良いシュートを決めるんだよな、たまーに。ね、たまーに。あんまり褒めると調子に乗るから、たまーに、にしとかないと。
武藤のも縦一本を良く裏で耐えてボールを捕らえて、キーパーからのプレッシャーに負けずにしっかり叩き込んだものだ。少し泥臭さが残るゴールだけど、自分そういうゴールは好きだぞ。というか武藤はこれが今季やっと2ゴール目、だっけ?それが貴重な決勝ゴールとなった訳だが、いや本当に武藤は久々のゴール。これで今夜はようやく埼玉県内の寿司屋の売り上げがアップする事だろう。あと、まあ武藤は今季はゴールこそ少ないが、アシストではかなり貢献しているから、今回のゴールは、そのご褒美という考えで良いかな。

しかしまあ、全体の内容的にはレッズもマリノスも、調子が上がらないで中位から下位をさ迷っている相応のサッカーではあったな。ボールは回るがそこに確実性に乏しく、足元で受けてから迷いまくるし、プレー内容はパンチに欠け、マリノスに至ってはファール大連発のイエロー大連発。飯田主審にしては珍しくレッズには悪く作用しなかった?

でも相手がどうだろうと、絶対に勝たなければ不味い事態に陥る試合で、しかも鬼門のアウェーで勝っての勝ち点3を持ち帰る事に成功した。しかも相手は残留争いに片足突っ込んでいる同士な訳だし。それを引き離したのだから、大きな勝利であろう。
まあレッズは今回の勝利も、ファブリシオ離脱により依然として厳しい状況にあるのも間違いないが、しかしそれだけに大きな大きな勝ち点3という事で、その勝利の余韻に浸ろう。

と、浸ろうと思った矢先にマルティノスの顔が浮かんでしまった訳で・・・うわーいマルティノスが古巣相手にスタメンだぁ!よーし今回こそやったれ!と思ったものの・・・あ、いや、まあ以前の空回りっぷりに比べた若干マシだったし、惜しいシーンも作ったけど、それでも・・・結局ハーフタイムに下げられとるがな。おいー!
あー、もうどうするんだよマルちゃんよ。お前本当にそれで良いのか?足元にパスくれなかった槙野に怒っている場合じゃないぞ。そんな暇があったら自分の不甲斐ないプレーに怒れ!本当に後が無いんだから!!奮起しろキュラソー代表!!!

------
J1リーグ第26節 横浜マ1-2浦和
得点/43分・宇賀神(浦)、69分・ウーゴ・ヴィエイラ(横マ)、79分・武藤(浦)
主審=飯田淳平
観衆:41,686人
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
よかった。助かった
うえさん 参戦お疲れ様です。
野戦病院並に前線の選手がいなくなり、とうとう柏木もいなくなる緊急事態。
マルちゃんは、ボールの持ちすぎで ボールロスからのカウンターを左サイドから何度も使われる大失態。
マルちゃんを使わないで最初から武富でよかったんしゃないかと思う。交代枠を1つ無駄にした。
あと 来季は外国人のパサーがほしい。
ポンテ・ペギリスタイン・バイン・小野みたいなラストパスが出せる選手。
いかんせん柏木が怪我が多いい。

新さん 2018/09/16(Sun)21:32:46 編集
コメントありがとうございます
新さん
こんばんはです。
あ、そういえば、何か選手を1人忘れているなーと思っていたら、そうでした、今回は柏木が欠場していましたね。新さんのコメントでハッとしました(笑)。んー、柏木、まあ元々細かい怪我が多い選手ではありますが、今季はキャプテンですからねぇ。もう少ししっかりしてほしいものです。おっしゃる通り自分も、来季はパサータイプの外国人を補強しても良いと思います。
しかしマルティノスは、どうしたら良いのか困りましたねぇ。相変わらずボールの失い方が酷過ぎて、やはり危なくて簡単には使えないですね。監督も、もう少しだけでも球離れを良くする位の指導は出来ないものですかねぇ。困りました。
うえ URL 2018/09/16(Sun)22:06:53 編集
無題
こんばんは。
今日は新横浜までお疲れ様でした。
ファブリシオ、柏木不在の戦いでしたが、下位のマリノスに勝って、ひとまず残留争いには回避できましたね。
武藤が久しぶりにゴールを決めて、スポンサー契約したがってん寿司の売り上げも伸びる事でしょう。
次節は、興梠に実家の東京進出祝いのゴールを決めてもらいたいです。
FREE TIME URL 2018/09/16(Sun)23:16:00 編集
無題
サポートお疲れさまでしたうえさん。ファブリシオが今季絶望・鬼門の横浜アウェイという悪条件ながら、勝利は大きいですね。

今日もオズの替わりに大槻組長が指揮しましたが、大槻組長が頭を張ると浦和の選手のメンタルが向上しますし、久々にレッズサポを煽るジェスチャーをしていましたし、組長絶好調でした。
大槻監督は選手のモチベーションを上げるのが上手いんだと思いますし、マリノスに最後まで攻められましたが、最後まで崩れなかったのもモチベーションを維持できたからだと思いました。

攻撃では宇賀神のコントロールシュートは良かったですし、武藤の抜け出しからのゴールは見ていてスカッとしましたし、守備でも西川とマウリシオを中心に最後で体を張って1失点に抑えました。
武藤は浦和の背番号9らしいチームを救うゴールでしたし、こういう抜け出しからのゴールが武藤の真骨頂ですので、これから調子が上がっていくと思います。
(組長が試合後のインタビューで武藤を「最後の一刺しが出来る選手」と言っていましたが、良い表現だと思いました)

あと目立たないですがファインプレーは終了間際で平川がピッチに戻れないので興梠がわざとファールして平川を戻したシーンですが、こういうところに興梠の勝負師的な凄さを感じました。

さて次節はイニエスタ効果でチケット完売のホーム埼スタ神戸戦ですが、ここで神戸に勝てばACL3位以内も見えてきますし、イニエスタに浦和のホームの凄さを見せつけたいですね。
Mr.T URL 2018/09/16(Sun)23:29:30 編集
無題
日産スタジアムまで遠征お疲れ様でした。

新座のかっぱ寿司で、お寿司食べて帰ってきました~!

日産スタジアムでの久し振りの勝利、嬉しいですね。
あのトリコロールの傘を振り回すの、見なくて済んだの、いつ振りでしょう。

仰る通り、「辛勝」と言う内容でしたが、それでも勝ち点3は3ですし、ちょっとだけ降格圏内と言う恐怖からは脱することができたと思います。
みんみん URL 2018/09/17(Mon)00:08:20 編集
無題
4年ぶりの横浜スタジアムでの勝利。誕生日に祝勝会に嬉しいです。お疲れさまでした。
与野 2018/09/17(Mon)01:39:10 編集
無題
サポートお疲れさまです。ちょっと危なかったですが、勝ちましたね。
苦手な対マリノス勝利で嬉しいです(マリノスに勝った記憶があまりないので気分がいい)。
ゴールした2人はもちろん、青木も良かったな〜。青木は以前も大勝利の時に中盤からミドルシュートを打って、こぼれ球を他の選手が押し込んだりと、けっこう得点の起点になるプレーがあると思います。青木がレッズに来て、埼スタでこの攻撃的ボランチの選手を初めて見た時から、いい選手だと思いましたが、阿部や柏木、はたまたボランチが本職の遠藤等、タレント揃いの中で、なかなか出番がなかったですが、今後、活躍を期待したいです。宇賀神、青木、萩原、長澤と、MFで攻撃的センスのある選手が好きなので、引き続き期待したいです。
次はホームで、話題の大物選手のいるゲームですが、思い切り応援して勝利を手にしたいですね。
涙目のサポーター 2018/09/17(Mon)13:04:39 編集
無題
こんばんは。遠征お疲れさまでした。
うえさんが「マウリシオ大先生が敵のラストパスを寸でで遮断しまくる。」とおっしゃるとおりの大活躍でした。岩波も大事なとところで止めていましたし、やはり何よりも、西川の素晴らしいセーブのお陰ですね。

それにしても、マルには触れたくもないのですが、あれなら最初から萩原を使って欲しいですよね~。
前半はマルの居た左、後半は体力の落ちた橋岡の右を狙われていたので、ヒヤヒヤ感は否めないのですが、組長がそのポジションの穴埋めをきちんとしてきたので、勝利できたのだなぁと思います。

一方、うえさんに忘れ去られた柏木ですが、不在の昨日の試合の方が、全体の球離れが良くなってるしバイタルも空かなくて、バランスが取れてるように感じましたがいかかでしょうか?点も入ってるしなんて思いました。

次、天皇杯頑張りましょう。
りょりょ 2018/09/17(Mon)15:17:47 編集
コメントありがとうございます
FREE TIMEさん
こんばんはです。
下位を引き離す為にも、マリノスに勝てたのは大きいですね。まだまだ安心できる勝ち点差ではないものの、これで少しだけですが一息つけますね。
そしておっしゃる通り、武藤が決勝ゴールを決めた事で、がってん寿司にも顔が立ちましたね。これで最近ゴールから遠ざかっている興梠も決めてくれたら、次はコオロギ東京店のローストチキンでお祝いですね(笑)

Mr.Tさん
こんばんはです。
ファブリシオの長期離脱が確定してしまい、そんな中で前日の試合結果から入れ換え戦圏内まで1ゲーム差に迫られるなど、これだけ暗雲が垂れ込めている中で、正直今後がどうなるか不安でしたが、ここまで追い詰められた背水の陣で良く勝ってくれたと思います。鬼門の日産スタで勝ち点3を得られたのは大きいですね。
セレッソ戦では敗れてしまった組長も、再び容姿をオールバックにして気合いを入れて指揮に当たってくれましたね。もちろん試合前はオリヴェイラと入念に打ち合わせていたとはいえ、今回は選手の扱い方から見ても、かなり組長の意向が取り込まれた采配になっていましたね。また宇賀神がマリノスから悪質なファールを受けて痛んだ際の、例のブーイングを煽る姿も久々に見れましたし、おっしゃる通り、組長はこういうところが本当に上手いですね。
そしてマウリシオを中心に良く守り、西川のスーパーセーブにも助けられ、取るべきところでしっかりゴールを決めて勝ちましたね。内容はまだまだ危ういのも事実ですが、メリハリはある試合だったと思います。
おっしゃる通り、痛んでピッチ外になっていた平川を、興梠が意図的に時間を使って戻していたのも頭脳的でしたね。
次節神戸戦、その神戸は監督解任になりましたが、レッズはホームでイニエスタ共々返り討ちにするだけですね。
うえ URL 2018/09/17(Mon)17:21:03 編集
コメントありがとうございます
みんみんさん
こんばんはです。
昨日は横浜までお疲れ様でした。おお、新座のかっぱ寿司、川越街道沿いのあそこですね。店の前は年中車で通ってます(笑)
試合内容はかなり怪しかったものの、今は結果第一という事で、先ずは苦手な日産スタで久々に勝てたのが嬉しいですね。本当にコーヒールンバと傘クルクルを見ない日産スタは何時以来でしたかねぇ。
これで残留争いに片足突っ込んでいる同士のマリノスとも勝ち点を引き離す事に成功しましたから、とりあえずは一呼吸ですね。

与野さん
こんばんはです。
昨日は横浜までお疲れ様でした。そして、おめでとうございます。お誕生日が勝利となりましたか。これ以上ないプレゼントになりましたねぇ。
うえ URL 2018/09/17(Mon)17:21:35 編集
コメントありがとうございます
涙目のサポーターさん
こんばんはです。
日産スタでマリノスにはここ数年なかなか勝てなかった鬼門でしたが、本当に久々に日産スタで勝てましたね。
おっしゃる通り、青木も良かったですね。青木自身誕生日だったという事もあり、何時にも増して気合いが入っていた面もあるでしょうけど、しかし縁の下の力持ちな動きで中盤を支えていたと思います。
この青木という選手は、ポリバレントな選手が主流な現代サッカーに於いて、今や数少ない本職タイプのザ・守備的ボランチなんですよね。全盛期の啓太もこんな感じだったと思います。決して派手さは無いですが、本職を黙々とこなし続けてチームを支えてくれる選手ですね。そしてご指摘の通り、いつもはなかなか前にボールを出さない石橋を叩いて渡るプレーが多い中、今回みたいに、たまにとんでもない超決定的な縦パスを送り込んでアシストしてくれるんですよね。こういう選手が1人レギュラーに居ると、それだけで安心感がありますよね。おっしゃる通り今後も期待したい選手ですね。
そして次節神戸戦ですが、イニエスタばかりが注目されるのも悔しいので、そこをホームの力でガツンと返り討ちにしてやりましょう!

りょりょさん
こんばんはです。
先ずは守備が輝りましたね。マウリシオがかなり危険なパスをカットしまくってくれましたし、ポストの跳ね返りを押し込まれそうになった時の岩波の全力守備も神憑っていましたね。そしてやはり西川の3度に渡るスーパーセーブ。一瞬の隙を突かれて1失点はしたものの、今回はある意味で守備の勝利ですね。
そんな中で残念なのはやはりマルティノスになってしまう訳ですが、後半頭から代わりに出て来た荻原の方が遥かにチャンスを作れていただけに、それだけにマルティノスが余計に残念でした。マルティノスはどうなってしまうのでしょうか・・・。
しかし今回ウッカリ柏木の存在を忘れた大失態の自分でしたが、確かに柏木が居ない方が球回りがスムーズな時は多々ありますね。柏木だとパスは出るものの球離れが悪いので、出し所を悩んで流れを止めてしまうのと、ボールロストが多いというのがありますからねぇ。
うえ URL 2018/09/17(Mon)17:22:41 編集
辛勝
こんにちは。

いや~、うえさんおっしゃる通り、本当に全ての意味で「追い詰められた」という感じが強かったですね。
マリノスのバックラインがかなり高めだったので、上手く武藤が裏を取って勝ち越し、しかしそこは鬼門の日産、ゼロックス含めてどこが相手でも鬼門の日産、このまま終わるのか?という気持ちが強かったです。
前節、ファブリシオが負傷交代して奇しくも久々のKLMになった訳ですが、ボランチの柏木を加えてミシャサッカーに逆戻りしたような感じがありました。しかし今回は長澤が入り、少し違いましたね。
しかしながらマルティノス…古巣対決でスタメン、期待したんですけどねぇ…一番危機を感じているのがファブリシオの加入によりマルティノス自身だと思うし、前節の李のように大きなチャンスだったと思うんですが、なかなかフィットしませんね。サイドに張らせてキープさせるよりも、中に入って行く方が全然良いと思うんですが、なかなか上手く行かない感じですね。
そして、我が期待の宇賀神!こぼれ球を持った瞬間、ウガ!撃てー!と叫んでしまいました。3番のユニを着ているだけでまわりのサポからあんなにハイタッチされるとは…私、昨年まで30番だったので(笑)。う~ん、これでアウェー広島戦に続いてのナイスゴール。ぜひ埼スタで大ホームランではなくナイスゴールを決めてもらいたいものです。


さて次は、何だか色々話題を作っている神戸ですね。5万オーバーは確実みたいなので、雰囲気を楽しみたいのと、カネをかければ強いチームが出来る訳ではないという事を証明するような快勝を期待します。

日産で勝ったのって本当に久しぶりな感じがしました。私、日産のグルメって、焼き鳥含めて結構好きなんです。ちょっと広場が狭いのが難点なんですけど…

また日曜日、埼スタで頑張りましょう!お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2018/09/18(Tue)11:05:29 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
日曜日は横浜までお疲れ様でした。またサッカーの日に限って暑かったですね。日産の焼き鳥は、例の小机からスタに行く途中の屋台のですかね(笑)。中に入ってしまうと、崎陽軒かカラアゲがセットになったチャーハンくらいしか買った記憶が無いくらい、あまり物を買わないスタジアムなんですよねぇ(笑)
さて試合ですが、とりあえず背水の陣な状況で勝つには勝ちましたが、しかしかなり危うい内容でもありましたね。同点にされた時は、さすがに鬼門だという事が頭を過りましたね。
レッズとしては、先ず宇賀神の針の穴を通すような素晴らしいミドルで先制しましたが、宇賀神が撃つ時は大ホームランかワールドクラスの絶妙ミドルか、ハッキリわかれるところがまた宇賀神ですね。武藤のゴールも、おっしゃる通り今のマリノスのサッカーは、去年のミシャサッカーのようにラインをやたら高くする攻撃サッカーですから、裏を狙い易いんですよね。そこを見事に突いたゴールでしたね。
そんな中で久々に起用されたマルティノスですが、しかし今回も期待に応えてはくれませんでしたね。すっかり監督の構想から外されてしまっている感のあるマルティノスにとって、今回は古巣相手という事もあり、スタメンで最後のチャンスを与えたのかもしれません。しかし内容は前半だけで下げられるという・・・うーん、ここまでやって何もかも駄目だとすると、何が良い悪いではなくて、やはり根底からチームの性質と全く合っていないという事でしょうね。勿論レッズの選手である以上は応援していますが、しかし今回で立場的にかなり厳しくなったのも事実ですね・・・。
神戸戦は、イニエスタ効果で超満員ではありますが、相手は監督解任直後だけに、こちらとしてはホームの利を活かした確実な勝利が欲しいですね。金の力は神戸が遥かに上でも、サッカーの質とホームの力は、レッズが遥かに上だという事を見せたいですね。必ずや勝ちましょう!
うえ URL 2018/09/18(Tue)19:47:52 編集
無題
こんばんは。

本当に大きな勝利でしたね。
追いつかれた時点では、「今日の内容だと引き分けが精一杯」と思ってしまったので、少し反省しました。

柏木がいない中、マルティノスがボール散らしてくれると期待したのですが、散らしすぎでした…。
東京在住のサポ 2018/09/18(Tue)20:13:00 編集
コメントありがとうございます
東京在住のサポさん
こんばんはです。
同点にされた時は自分もかなり焦りましたが、そこを良くぞ勝ち越してくれたしたねぇ。本当に大きな勝ち点3を得られたと思います。
ただ、マルティノスが相変わらずだったのが残念でしたね。久々に使われた以上は、これは何かやってくれる筈と期待したのですが、また違う意味でやってしまった感がありますね。んー、マルティノス、どうしましょう(汗)
うえ URL 2018/09/18(Tue)21:16:23 編集
無題
こんばんは。

マリノス戦の勝利おめでとうございます。
試合はハイライトで見ました。
「ツキに恵まれた勝ち点3」という感じでした。
宇賀神選手のゴール。
驚きました、いつもなら外しているパターンですよね。
今、調子がいい状態なんでしょうね。
武藤選手のゴール。
「ピンチの後にチャンスあり」を待っていました。
ホントいい所にボールが来ました。
それからディフェンス陣。
どうしたんですか?
天野選手ですか。
やられたい放題でした。
セレッソ戦もですが、相手をフリーにしすぎです
サッカー素人 2018/09/20(Thu)23:50:24 編集
コメントありがとうございます
サッカー素人さん
こんばんはです。
ありがとうございます。苦手な鬼門の地でマリノスに勝つ事ができました。
宇賀神の場合、シュートは大外しかワールドクラスかのどちらかなのですが、今回は後者の方の宇賀神だったと思います。
武藤はパスを受けるのに上手く裏に抜け出しましたが、先ずは青木のパスが良かったですね。そして武藤の動き出しが上手かったと思います。
守備に関しては、まだまだ不安定感は否めませんね。遠藤が抜けたのも影響していますが・・・。
うえ URL 2018/09/21(Fri)20:11:06 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第32節 札幌1-2浦和 得点/6分・武藤(浦)、25分・進藤(札)、35分・武藤(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第33節 湘南―浦和(Shonan BMWスタジアム平塚=11月24日14:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/18 KiffBaict]
[11/18 KiffBaict]
[11/18 CharlesMK]
[11/18 KiffBaict]
[11/18 KiffBaict]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]