忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1273]  [1272]  [1271]  [1270]  [1269]  [1268]  [1267
知らせが無いのは無事な証拠というのは一般的な話で、レッズの場合は肝心な事をなかなか発表しないクラブだから、それなりの覚悟はしていたつもりである。

ファブリシオ今季絶望

しかし、実際に事実を告げられてしまうと、覚悟云々より、やはりショッキングと言わざるを得ない。

ただ、もう起こってしまった事は仕方がない。泣いても嘆いてもすぐに脚が治る訳ではない。ファブリシオに付いては、来季に向けてしっかり治してもらうしかない。

問題は、この危機をどう乗り越えるかである。

ズラタン=腰痛のリハビリ中、復帰日未定
マルティノス=全くフィットせず構想外状態
ナバウト=脱臼による手術のリハビリ中、復帰は早くて晩秋頃?
ファブリシオ=靭帯損傷、今季絶望

これで戦力として計算できる助っ人外国人は、マウリシオ大先生のみとなってしまった。そのマウリシオも今季は精彩を欠いているのだから完璧ではない。しかもマウリシオはあくまで守備の選手であって、攻撃の助っ人陣に関しては、ほぼ全滅状態にある。「ほぼ」とはマルティノスは使われないだけで、身体はピンピンしているから。このマルティノスを、どうにか戦力として復活させる事は出来ないのだろうか?

それはともかく、これだけ外国人を抱えながら、今戦力として使える外国人がマウリシオだけという異常事態に陥った。つまりこれで、今季の攻撃は日本人選手だけで乗り切るしか手がなくなってしまった。もう現有戦力で頑張るしかない。
と、精神論だけで上手く行ければ苦労はしない訳で、順位もヤバイし興梠しか得点力が計算できないからファブリシオを補強したのに、そのファブリシオも離脱してしまった今、チーム戦力はナバウトが来る前に戻ってしまった。
その上で今、入れ替え戦圏内の16位鳥栖とは勝ち点で僅かに6差。降格圏内17位のガンバとは勝ち点で8差。全く楽観は出来ない、危険水域にある。

危機的状況。この試練を乗り切る有効な手立ては、果たしてあるのだろうか?

新たな外国人は補強できるのか?しかし移籍市場は閉まってしまったし、そもそも今のレッズでは、外国人保有数が埋まっている。
では誰かを契約解除する?でもそんな阿漕な事をしてしまったら信用は失われる。ただ義理人情に縛られて最悪の事態に陥ってしまったら、それは本末転倒になる。義理を取るか現実を選ぶか。
使い道が無いマルティノスをレンタルに出す?でも何処に出すんだ?そもそもレンタルは欲しいクラブが有ってこそ成立するもので、無ければ出せない。

・・・どうしよう、八方塞がりだ。

しかし手を子招いていても何も解決しないから、とにかく現実戦力で乗り切る上で選手には奮起してもらうしかないし、しかし言葉で奮起しろと言うほど簡単なものでもないのも事実なのだから、フロントも動けるのであれば動いてもらいたいけどね。八方塞がりな状態でこれ以上、何が動けるのかはわからないけれど。

いっそマルティノスがここからいきなり大爆発とか、ならないかなぁ、ならないかなぁ、ならないかなぁ、なあ...
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
今晩は
確かにこれだけの助っ人が離脱ってのはもう異常事態ですね。今更補強云々の後悔したところでどうしようもないし、フロントがどう対応するのかも気になりますがアテに出来ないでしょうね。仰るように現有戦力で凌ぐ事になるのでは?ともかく何としてもこのピンチ凌いで危険水域の脱出第一ですね。
Jリーグも来年から外国籍枠拡大プラン出したみたいですけどそれどころじゃない!
外国籍枠、選手だけじゃ無く審判にもあれば良いのに。あれだけ嫌な思いすればみんな同じ事考えるでしょ(笑)
欅通りのサポ 2018/09/08(Sat)18:53:08 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
おはようございます。
助っ人外国人が1シーズンに3人も長期離脱というのは、近年ではなかなか無い状況ですよね。この緊急事態に本来ならば無理にでも動かなければならない不味い状況ですが、時期的にもはや間に合わないのも事実ですから、今は八方塞がりな状況ですね。やはり中断中の補強がファブリシオ1人だったのも不味かったですねぇ。
そしておっしゃる通り、審判も昔みたいに外国人も使ってほしいですね。今や伝説となったレスリー・モットラム氏みたいに、日本人審判の再育成目的に、優秀な外国人審判を何人か招聘しても良いと思いますねぇ。
うえ URL 2018/09/09(Sun)06:01:26 編集
無題
こんにちは。

下位チームが調子を上げてきているだけに、本当に危ない状況ですよね。
高望みはしませんから、どうにか中断前のように1つ勝ったら2つ負けるでも良いですから、なんとか勝ち点を積むしかないですね。
東京在住のサポ 2018/09/09(Sun)10:03:42 編集
コメントありがとうございます
東京在住のサポさん
こんばんはです。
今の順位と下位との勝ち点差、そこに来てファブリシオの今季絶望で、かなり危ない状況に追い込まれてしまったのは確かだと思います。少なくとも16位と今の勝ち点差を維持して行けるだけの勝ち点を積み上げて行けないと不味いですね。ここから勝ち点1、またひとつの勝利が重要になって行きますね。
うえ URL 2018/09/09(Sun)20:19:58 編集
無題
こんばんわ。

うえさんが「とにかく現実戦力で乗り切る上で選手には奮起してもらうしかないし」とおしゃっているとおり、選手には頑張って欲しいところですよね。

では何を頑張るかなんですが…。

私が思うに実践を見る限りでは、前と後ろは常に分断されて(前はペトロ後ろはオズみたいな)バラバラな選手の動きが目立ち、戦術の意思統一が図られているのだろうかと疑うようなことが多かったと思いますが、もし、このまま前をペトロ戦術のままで行く(前ははっきり言っても言わなくてもペトロビッチサッカーだと思うし、オズも前の人のやり方は変えないと言及している)のであれば、ペトロの指導下でやってこなかった前線の新参者は、それを今後も強いられる訳なので、故障するリスクがあり、故障者が続出するようなことにはならないようにリスク管理はして欲しいものではあります。
りょりょ 2018/09/13(Thu)16:35:53 編集
無題
こんばんは。
いつもサポートお疲れ様です。レッズの試合のない空虚な期間がようやく終わり、いよいよリーグ再開ですね。代表も長谷部が降りて、(ケガなのか)原口もいないので、うえさんのブログを見る以外、サッカーから遠ざかっていて、中断期間がとても長く感じられました。先のセレッソ戦も、開始早々のファブリシオの離脱、そしてそれが長期離脱になることが後に発表されて二重の衝撃になりましたし、1点目の流れるようなパスワーク、球離れの良いワンタッチプレーと判断の速さはオズ効果か、と期待しましたが、後半に疲れが出るにしたがってミシャの亡霊を見るようなプレーに戻ってがっくりきました。後半に入るにしただって判断が遅くなって、閉塞感が漂ってたし、正直、対人に全然負けてましたよね。対人が弱いのは伝統なんでしょうか。強く出られるとすぐボールロストするし、プレスかけられるとすぐあさっての方向にボール出すし。相手にボールを持たせても結果、勝てばいいですが逆転負けだし。
あとはナバウトがなるべく早く復帰してくれることと、うえさんが期待するようにマルティノスに何とかブレイクしてほしいです。彼は(レッズの中では貴重な)二十代。生まれはキュラソーですが、育ちはオランダなので、フロントもオランダ語の通訳1人入れるくらいして、環境を整えてやったらどうなのかな〜。意外と精神的なものって大きいと思うんです。クラブで孤独を感じてなければいいですが。
トップチームの中では、青木、長澤には引き続き期待してるし、若手では橋岡はもちろんのこと、萩原の活躍は楽しみにしてます。週末は、何とか横浜に勝って望みをつないでほしいですね。
涙目のサポーター 2018/09/13(Thu)20:21:52 編集
コメントありがとうございます
りょりょさん
こんばんはです。
確かに、この危機的状況で何を頑張るかなんですよね。言葉で「頑張れ」と言っても、選手も指導陣もスタッフも、じゅうぶん頑張ってくれているのも事実です。その上で更に奮起してもらうしかないですが・・・。
戦略と戦術に関しては、ご指摘の通り前と後ろの意識の違いが原因で、アンバランスになっているのもあると思います。オリヴェイラとしては基本は守っての速い攻撃、つまりカウンターサッカーを主体にしたいものの、ミシャ時代の遅攻パスサッカーが骨の髄まで染み付いてしまっている選手が多く居る為、そうではない選手との大きな意識の差が出来てしまっているのも確かだと思います。これは過去を見ると、西野→セホーンのギャップによる大失敗のガンバのようにならないようにしてもらいたいです。
何れにしてもミシャはミシャ、オリヴェイラはオリヴェイラですから、今季は仕方ないにしても、来年に向けては結構な選手の入れ換えはあるかもしれませんね。

涙目のサポーターさん
こんばんはです。
過密日程からワールドカップの中断、そしてまた過密日程からいきなり2週間の中断と、このアンバランスな日程の繰り返しは、調子が狂いますよね。
そこにきてファブリシオが今季絶望、更に来季も間に合わない可能性が高い、かなりの長期離脱の怪我となってしまい、大変ショッキングな事態に陥ってしまいました。ミシャサッカーの亡霊からの脱却を図る意味でも、オリヴェイラが希望したとされるファブリシオの加入と早々の活躍で、実に明るい材料が得られたと思っていただけに、今回のファブリシオの怪我は本当に残念です。
やはり新しいサッカーを成功させるには、新しい意識が必要ですが、今のサッカーは前半はオリヴェイラのサッカーが出来ているものの、時間が経過するに連れてだんだんミシャサッカーに逆戻りして行くような状態ですね。つまり多くの選手に、まだまだミシャサッカーの意識が根強く残っているという事なのでしょう。広島からミシャサッカー用の選手を多く引き抜き、更にレッズで6年半もその選手を指導していただけの事はあります。これを改革するのは容易ではないですね。これが長期政権が残した大きな負の遺産ですね。
そして外国人に関しては、おっしゃる通りナバウトの出来るだけ早い復帰に賭ける事と、マルティノスをどうにかしてフィットさせたいですね。マルティノスはチームメイトとはいつもニコニコ話しているので、その辺は大丈夫かなとも思いますが、プロとしては助っ人なのにベンチを暖めるだけの状態は、精神的にはキツいと思います。何とか試合で使える手立てが無いものかと思いますねぇ・・・。
うえ URL 2018/09/14(Fri)18:14:06 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第26節 横浜マ1-2浦和 得点/43分・宇賀神(浦)、69分・ウーゴ・ヴィエイラ(横マ)、79分・武藤(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第27節 浦和―神戸(埼玉スタジアム2002=9月23日18:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[09/18 うえ]
[09/18 東京在住のサポ]
[09/18 うえ]
[09/18 東浦和レッズ]
[09/17 うえ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]