忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1203]  [1202]  [1201]  [1200]  [1199]  [1198]  [1197]  [1196]  [1195]  [1194]  [1193
2017年 AFCチャンピオンズリーグ 決勝・第1戦
アル・ヒラル1-1浦和レッズ
~キング・ファハド国際スタジアム

ついに迎えた決戦の第1戦!と意気込んだものの、実際は、この丑三つ時の深夜に、なんという心臓バクバクの90分・・・。

いや、こうなる事は端から想定内であった訳だから、それに構えていたレッズ側からしたら、完全アウェーの地で、この内容と結果は、理想的ではないにしても、かなりの上出来であろう!

ぶっちゃけ唯一の想定外があったとしたら、レッズによる早々の先制点だったかもしれない。相手が相手なだけに、まさか前半僅か7分で先制点を奪えるなんて、正直思っていなかった。序盤から完全にアル・ヒラルにボールを支配される形で、レッズの攻撃手段は、極端な事を言えば「戦術・ラファエルシルバ」だった。あのポストプレー日本人最強レベルの興梠でさえボールキープが困難な中、いやそもそも興梠へすらボールを繋ぐのが困難な中で、頼みはラファエルシルバのスピードによるカウンター手段しか相手の守備を崩す方法が見出だせない、そんな状況だった。しかし、それで開始僅か7分で、ラファエルシルバによるラファエルシルバの為のゴールが生まれたのだから、それはそれで如何にラファエルシルバが脅威になっていたのかが明白であった訳だ。

レッズのビッグチャンスらしいビッグチャンスといえば、このラファエルシルバによる先制点と、後半終盤の梅崎の際どいシュートとか、本当に、本当に僅かなものだった。
後は、防戦に次ぐ防戦一方。もっと言えば、防戦一方通行という表現の方が正しいかもしれない。前半はいつ失点しても不思議ではなかった攻撃やシュートを幾度も許す中で、神様が舞い降りたかのような西川のビッグセーブ大連発に救われた。そんな中での1失点は、これも想定内だから、全然焦るものではなかった。
寧ろ、守備の目覚ましい集中力が特筆ものであり、マウリシオ大先生を出場停止で欠く中、センターバックに入った槙野がしっかり守備に専念、というかアル・ヒラルの攻撃が雨霰で守備に入らざるを得なかったというのが本音だろうけど、それはそれでレッズに徹底した守備を促す形になったのだから、レッズにはある意味で怪我の功名というか、またアル・ヒラルからしたら、その一方的な攻撃が、結局はレッズの守備意識を強烈に高めるという、ひじょうに皮肉な形になったと思うよ。
いや、本当に、阿部の統率を中心に、良くぞ守り抜いたよ。あれだけ一方的に攻められて、レッズのイエローは宇賀神の1枚だけというのも実にクリーンだ。実際はかなり球際強く当たって、何とかファールで止めていた場面も多かったのに。

ただね、イエローカードで言えば、アル・ヒラルのイエローカード数7枚ってのが異常なのだが、それはそれでアル・ヒラルの尺度を測るひとつの例になるかもしれない。つまりレッズの攻めは手も足も出なかった訳ではなくて、アル・ヒラルがカード級のラフファールを連発しなければ、レッズを抑えられなかったという見方が出来る訳だ。とはいえそのファールの全ては、ゴールから遠い位置で行われていた辺りや、7枚もイエローカードを喰らいながら、その割にレッド退場者は1人も出していない辺りは、アル・ヒラルがピンチに陥る前に計画的に意図的にファールを犯してレッズを止めていたという事だろうから、そこは高い組織力による意思統一によるものだろう。ここは別にアル・ヒラルをリスペクトする訳ではないが、計画的犯行ファールという「したたか」な点は、レッズも世界で戦う意味では見習うべきだろう。

アル・ヒラル、しかし強い。蓋を開けてみたらたいした事はなければ、なんて僅かな期待をしたが、それどころか、どの選手も基本技術が高く、個人でボールを失わず、また流れの中で選手が次々に完璧な形でスペースに走り込んではパスを受ける辺りも、かなりの連携が成されているようで超組織的だった。そのポゼッション率だけでも7割以上と、レッズは完全にゲームを支配されてしまった。ただ最終的なフィニッシュはややハルビン頼みな面も見られたが、それ以外にほぼ穴が見当たらなかった。さすがサウジアラビア代表をズラリと揃えながら外国人もしっかり見極めて集めている、中東トップクラスの名門かつ強豪だけある。これでエドゥアルドが早々に負傷退場していなかったら、果たしてどうなっていたか、という恐ろしい事を考えるのはやめよう。うちはラファエルシルバの負傷退場がもっと心配な訳だし。

でも、完全アウェーで一方的に攻められてのアウェーゴールを奪ってのドローは、本当に上出来。もちろんアル・ヒラルの強さからして全然安心できる数字ではないのも現実だけど、それでも次がホームでの戦いになる事を考えれば、今回の結果は本当に大きいものになる筈である。

完全アウェーに240人もの遠征組、更にサウジ在住の邦人数十人が加わり、約6万人を敵に回してのサポートも本当に頼もしくて感動した。そして現地組の皆さん、本当にお疲れ様です。
さあ次は倍返しで、ホーム埼スタで、超満員のレッズサポーターがアル・ヒラルを封じ込める番だ。決戦!

の前に、眠い。皆さん、深夜に本当にお疲れ様でした。

ACL 2017 ------
AFCチャンピオンズリーグ決勝・第1戦 アル・ヒラル1-1浦和
得点/7分・ラファエルシルバ(浦)、37分・ハルビン(ヒ)
主審=アドハム・マハメド
観衆:59,136人
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
1-1の引き分けは御の字。先制点が大事ですね。強いチームでしたが、後半はラフプレーの連続。世界に中東のレベルを披露するひどさ。残り90分を制して勝利して一番になりましょう!
与野 2017/11/19(Sun)07:20:46 編集
コメントありがとうございます
与野さん
おはようございます。
アウェーゴールを奪っての1―1は上出来ですね。しかしアル・ヒラル、堂々とカード級のラフなファールをするチームでしたね。まあそれ含めて強いのでしょうけど(汗)
次はホームで、アジアを征して歓喜しましょう!
うえ URL 2017/11/19(Sun)09:01:18 編集
無題
こんにちは。
TV観戦組ですが、アル・ヒラル強いですね。でもレッズのアウェーゴール、そして引き分けで気持ちが舞い上がりました。すごく嬉しいです! これだけのワンサイド・ゲームで失点がよく1点で済みました。現地に200人以上のサポーターが駆けつけたのもびっくりしました。外務省が、代表でも50人位が普通なのに、200人以上というのは聞いたことがない、と報道されてました。防戦につぐ防戦でDFやGKはフル回転でしたが、これだけ押し込まれると、うえさんも指摘するように、逆に危機意識が出てよかったのかもしれませんね。やっぱり強いチームと対戦しないと、DFは力がつかない。いつも練習試合で大学生相手にやってますが、あれもどうなのかなと(しかもそのアマチュア相手によく失点してるし…)。
ところで、2006のリーグ優勝と2007のACL優勝のときは、あの浦和美園からスタジアムへ行く道中、ダフ屋が跋扈して「はいチケット買うよ!」「はいチケットあるよ!」と盛んに呼び込んでました。「レッズサポーターがそんなの買うわけないだろー」とか心の中で思って見てましたが、事情を知らないのか、オーストラリアの観光客らしい人たちが、買ってましたね。前回のうえさんのブログにもありましたが、ネット上で転売目的で購入する人がいるのは困ったものです。レッズのHPでも買わないように、との注意がありましたが、どんなに欲しくても、転売目的の連中からは絶対買わない。でも今回クラブが、シーチケ保持者やクラブ会員向けに優先販売をしたことは功を奏したと思います。むしろこれからは、シーチケ保持者やクラブ会員などの、常連サポだけで5、6万が埋まるくらいが理想ですね。
現在、ラファエル・シルバ、長澤、マウリシオと優秀な選手が揃ってきているレッズですが、次はホームでマウリシオも戻って来るし、堅い守りをくずさずに結果が出るといいですね。
涙目のサポーター 2017/11/19(Sun)09:49:07 編集
無題
おはようございます。
まずはアウェーでの1stレグをアウェーゴールつきのドローで終える最低限の結果を残せましたね。
それにしても相手は個の力だけでなく組織力も高いチームでしたね。
組織力が皆無だった上海上港よりも手ごわいチームです。

次は埼スタでのホームゲーム。
今度はこちらが完全ホームの雰囲気を作ってレッズの選手を後押ししていきたいですね。
FREE TIME URL 2017/11/19(Sun)09:52:04 編集
無題
おはようございます
予想以上に相手強かったですね  確かな足元の技術と正確なパスであれだけ組織的に攻められたらコチラのまともな攻撃期待出来ませんね。上海戦は正直腹の中ではドロー有利と思ってましたがさすがにこの相手に引き分け自体は有利とは思えません… 只2戦目を埼スタで戦えるアドバンテージ、これは大きいですよね。サウジのスタでコーラン流れてましたが25日は5万超えのサポーターが作る独特の雰囲気、後押しでアルヒラル撃破といきましょう!
現地参戦された皆さん、しっかり画面越しに声援届いてました。事故なく無事に帰国出来ますように。
欅通りのサポ 2017/11/19(Sun)10:04:26 編集
上出来だ!
こんにちは。

アルヒラル、強いですね。当然、見くびっていた訳ではありませんが、やはり身体能力の高さは凄いと思います。上海上港とは違う脅威を持ったチームですね。
しかし、その相手に対して先制出来たのは大きかったですね!完全アウェーの中、ある程度持たれて攻められるのは想定内でしたが、序盤の探り合いのような中でラファのスピードによる突破が効いたのは本当に大きかったと思います。正直、私は興梠が孤立気味になるような展開なら、我慢しながらラファの突破に懸けるか、前半を無失点で切り抜けて後半にズラタンを入れて前線に張らせるかの2つしか突破口は無いかな…と思っていました。早い時間の先制は本当に大きかったと思います。
今回は組織的な守備が出来ていたのはレッズだったと思います。まぁ、あれだけ持たれて攻められてでは守備意識もへったくれも無いですね。とにかく誰か行け!誰か行け!とテレビに叫んでる私がいました。うえさんおっしゃる通り、非常に心臓に悪い試合で、血圧が上りっ放しみたいな感じでした。西川は、やはり代表に再招集されて自信を取り戻したんですかね。更に阿部の統率力もありました。妻が、やっぱり阿部ちゃんだね~と言ってましたが、やはり阿部の影響力も大きいですね。
とにかくアウェーゴールは奪いましたが、相手の強さを考えても、イーブンでホームでの天王山を迎える事になりました。血が騒ぎますね!土曜日の事を考えると妙な胸騒ぎがします。ACLでは今季、何度もミラクルを起こしてきたレッズ、埼スタに潜む魔物と共にアルヒラルを迎え撃ちましょう!

本当は現地に行きたかったんですけどね…私は来季のACLに懸けていたので今回はテレビ観戦でした。まぁ、来季は長崎もあるし…いいかな…


さて土曜日ですが、総力を結集して後押しですね。私は普段ほとんど着ない07年のACLユニフォームで参戦します。アルヒラルに見せてやりましょう!埼スタの一体感とアジアNo.1のサポーターの後押しを!
東浦和レッズ 2017/11/19(Sun)11:43:34 編集
無題
ほぼサウジ代表と言っていいアルヒラル相手に完全アウェイの中、アウェイで1-1の引き分けにできたんですから本当に大きい引き分けでしたね。

うえさんが言われるようにアルヒラルはさすが西アジアを制して決勝まで上がってくるだけあって組織的なチームだとわたしも思いました。

そして慣れない中東での戦いで、しかもマウリシオ不在の中、西川を中心として最後まで体を張ってアウェイで1失点に抑えこんだのは本当に大きいです。

第1戦の懸念は左サイドの宇賀神の守備でしたが、第2戦はマウリシオをCBに戻して槙野を左サイドに持ってこれますので、これで左サイド対策もうまくはまりそうです。

さて、残すはさいたまスタジアムでのACL決勝第2戦のみとなりましたが、選手・サポ・スタッフが総力を結集して、難しい試合になると思いますが、全員がなすべきことをすればACL制覇ができると思います。

そして浦和サポはさいたまスタジアムを浦和の『完全ホーム』にしてアルヒラルに戦意喪失させるくらいの後押しましょう。
Mr.T URL 2017/11/19(Sun)12:19:53 編集
無題
深夜お疲れ様でした。

よもやの先制点。
仰る通り、ラファエルシルバのラファエルシルバによるラファエルシルバの為のゴールでしたね~。
惚れ惚れしゃいました。

いつもだと、レッズのボール保有率が高く、相手が数少ないチャンスをものにして、負けると言うパターンが多いですけど。
今回はまったくその逆でしたね。
相手の猛攻に耐えて、数少ないチャンスをものする。
これって、いつもやられる側だけど、やる側になるのも良いもんですね。
とは言え、かなりハラハラしましたけど。

マウリシオの欠場は不安でしたが、今回は守備意識がとても高く、いつも不安定な槙野が守備に専念してくれたのが良かったですね。
正直、これができるんなら、リーグでもやってくれ!って思いましたけど(笑)

なにはともあれ、貴重なアウェイゴールを挙げてのドロー。

ホームで勝って、10年振りの歓喜を分かち合いましょう!
みんみん URL 2017/11/19(Sun)21:07:20 編集
無題
こんばんは
試合終了後まさか地上波で試合を放送すると知らずにテレビを見てたら結局5時まで試合を見て授業をすっぽかしてしまいました(笑)それにしても強いですね。ウチは一番調子がいい守備の日だったとすると、第2戦の方が恐いですね。史上最強のサポートが必須です。ピッチコンディションがガラッと変わるのでそこがウチには有利かなとは思います。
ガタガタ言っても一週間もすれば白黒ハッキリしますんで、とにかく最高のサポートをするためにコチラもコンディションを整えることですね。
カミカゼレッズ 2017/11/19(Sun)22:39:53 編集
お久し振りです。
以前にもコメントした者です。
まさか浦和さんがここまで勝ち上がるとは!
今回も日本代表としての浦和さんを応援しています!
必ず優勝してください!
青人 2017/11/20(Mon)19:38:30 編集
コメントありがとうございます
涙目のサポーターさん
こんばんはです。
土曜日は深夜までお疲れ様でした。アル・ヒラル、やはり噂通りに強かったですね。とはいえ、あれだけ一方的に攻められっぱなしだったのにもかかわらず僅か1失点で済んだ辺りは、前半の西川の神がかり的なスーパーセーブ大連発を見ても、サッカーの神様はレッズに味方したという事でしょうね。それに今回はあれだけ防戦一方になっていた以上は、無意識にも割り切って守るしかないという意識が強く働いたのかもしれません。変に欲をかいて中途半端に攻撃的に行って逆にやられるサッカーよりも、守るだけ守れば、強い相手でもそれなりに守れるという部分も証明した試合になったと思います。それにおっしゃる通り、こういうものはアマチュアや大学生相手の練習試合ではなく、高いレベルにあるプロ相手との強烈な緊張感を伴う真剣勝負でこそ、集中力と経験と自信が得られるものなので、そういう意味でもレッズは今回、かなりの有意義な試合が出来たと思います。
さてご指摘のチケット問題ですが、クラブもここまで方々手を尽くしてくれて、やれる事はやってくれたと思います。その上で未だ高額出品を取り止めなかったりして儲けようとしている転売屋が居るのは、クラブの手が及ばない部分ではあると思います。ただ今回クラブが初めからシーチケホルダーに高額転売をしないように呼び掛けており、もしそれを行った場合の資格停止の可能性も喚起していましたから、今回あまりに悪質なホルダーに関しては資格停止にするとともに、来季からはシーチケホルダーの高額転売が発覚した時点で、必ず更新を停止する位の厳しいルール付けだけはやってもらいたいと思います。
ちなみにヨーロッパのビッグクラブだと、5万人レベルのホームの観衆の大半がシーチケホルダーなんてクラブもあるようですが、レッズも5万は無理でも、今は約2万人居るシーチケホルダーから、行く行くは3万から4万はシーチケホルダーなんてレベルには達してほしいですよね。

FREE TIMEさん
こんばんはです。
上海上港は外国人4人と一部の中国人の個人能力は高いレベルにありましたが組織は並でした。しかしアル・ヒラルは個も組織も強力かつ融合したかなりの強敵でしたね。その相手に完全アウェーでの1―1は、とりあえず優勝に繋がる必要最低限な結果を得られたと思います。
次はいよいよホーム埼スタ決戦ですね。今回得た虎の子のアドバンテージを守りつつ、如何にホームの利を生かした戦い方が出来るかですね。スタンドから最高の雰囲気を作りましょう。
うえ URL 2017/11/20(Mon)20:09:50 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
こんばんはです。
アル・ヒラル、先ずは選手全員の個人能力からして高いレベルにありましたし、その上で攻守に渡り連携した組織力がありましたね。穴が無いとは言えないまでも、限りなく穴が小さいチームである事はハッキリしました。
ご指摘の通り、そのアル・ヒラルの強さからしたら、アウェーで得た1―1という結果は、あくまで数字上少しだけ有利になっただけで、残り90分では決して安心できるものではないと自分も思います。なので第1戦以上の集中力を高めつつ、ホームのアドバンテージをどこまで活かせるかにかかってくると思います。コーランに負けないレッズサポの大声援で勝たせましょう!

東浦和レッズさん
こんばんはです。
土曜日は深夜までお疲れ様でした。アル・ヒラルはやはり強かったですね。上海上港は組織力が低くて、極端な事を言えば強力ブラジル人トリオ、特にフッキを集中的に抑えれば勝機を見出だせる相手でした。ところがアル・ヒラルは、組織力も凄かったですし、そもそも選手の誰を抑えればというより、フィールドプレーヤー全員を警戒しなければならないという、全員が全員高いレベルでの平均的な能力を持った選手の融合体でしたね。
レッズとしては、まだお互いが警戒し合っていて試合に入り込めていなかった早い時間帯に、相手の一瞬の隙を突いての先制点を奪えたのが大きかったですね。ラファエルシルバの個人スピード様々なゴールでしたが、未知の相手と戦う事になる国際試合は、組織力はともかく先ずは個人能力が鍵になってきますから、そういう意味ではラファエルシルバという存在が限りなく大きく活きたゴールになりましたね。
その上で、最後まで高い集中力を切らさずに、よくぞ1失点に抑えた守備の覚醒は特筆ものでしたね。西川も去年までの西川に戻ってのスーパーセーブを連発してくれました。
自分は完全アウェーだし強敵だしという事で、アウェーゴールは欲しいものの、例え無得点であったとしても、1失点位ならば御の字でホームに帰れる以上は次に繋がると思っていましたが、それどころかアウェーゴールまで奪っての1失点でしたから、かなりの上出来な結果を得たと思います。
とはいえ全然安心できる数字ではないのも事実なので、次のホーム埼スタでは、選手もサポーターも、そのアドバンテージを最大限に引き出さなければいけませんね。国際試合はホームこそ強さが発揮されるというサッカーの大常識を、レッズも見せ付けなければいけないと思います。またアル・ヒラルは内弁慶で、アウェーだと力が激減するという噂もあるので、それが本当ならば、チームにはそこを執拗に突いてもらいたいですね。
おっしゃる通り、25日はレッズの総力を集めての超総力戦になりますね。しっかり気を引きしめつつ、10年振りのアジア制覇を必ずや成し遂げましょう!
うえ URL 2017/11/20(Mon)20:10:41 編集
コメントありがとうございます
Mr.Tさん
こんばんはです。
おっしゃる通り、アル・ヒラル=サウジアラビア代表、更にそれに加えて高いレベルにある外国人助っ人が融合した上で、想像を遥かに上回る攻守に渡る組織力を持ち合わせた強力なチームでしたね。
そのようなチーム相手に、早い時間帯に先制点を奪うた事、そして一方的に攻められていた中で、マウリシオを出場停止で欠いて不安視されていた守備陣が僅か1失点に抑えた事、これが大きいですね。相手からしたから予想外の展開に終止した事で、これで少なからず精神的ダメージを与える事が出来たと思います。
ちなみに今回、ご指摘の通り宇賀神の位置がかなり狙われて危なかったですが、第2戦は出場停止が解けるマウリシオがセンターバックとして戻れるので、次は槙野が左サイドバックでしょうね。ここで引き続き守備を集中してもらい、左サイドの深い位置を死守してもらいたいですね。
アル・ヒラルをホームに迎える第2戦、これがレッズのホームだという部分を見せ付けつつ、埼スタの雰囲気を最大限に活かしてアル・ヒラルを萎縮させたいですね。アウェーでは力が半減するという噂もあるのがアル・ヒラルですから、そこにも期待しつつ、アル・ヒラルを返り討ちにしてやりましょう。

みんみんさん
こんばんはです。
上海上港相手でさえある程度はボールを持てていたレッズでしたが、今回はボール保持が限りなく難しいばかりか一方的にポゼッションされては一方的に攻め込まれて、一方的にシュートを撃たれまくられましたね。これだけレッズが手も足も出なくなる相手も本当に久々でしたし、それだけアル・ヒラルというチームが、高いレベルにある強いチームであったという事ですね。
でもそんな相手にアウェーで先制点を奪いつつ、失点も最低限の僅か1点に抑える事が出来ました。かなり心臓がバクバクな試合内容ではありましたが、結果的には「してやったり」にもなりましたから、そこはホッとしたとともに痛快でしたね(笑)
そして居ると居ないでは大違いのマウリシオが出場停止で懸念された守備面でしたが、一方的に攻められた事で結果的に守備に専念するしか手がなくなった事が、逆にレッズの守備力を高めましたね。槙野はこういう試合の方が活きますね。つまり槙野が攻め上がらないで槙野の守備力を発揮させる為には、ある程度は攻められていないとダメなのでしょう。たぶん槙野はJリーグだと舐めてかかってしまうのでしょう(苦笑)
さあ、大歓喜を得るまで残り90分の我慢ですね。泣いても笑ってもこれが決戦になります。悔いの無い戦いと悔いの無いサポートで、あとひとつ、耐えて、ホームの力を見せ付けて、必ずやアジアを獲りましょう!
うえ URL 2017/11/20(Mon)20:12:15 編集
コメントありがとうございます
カミカゼレッズさん
こんばんはです。
土曜日は深夜、どころか日曜日早朝までお疲れ様でした。というか、学業が・・・(汗)、というか、大学って日曜日もやるんですね。
さて試合ですが、何故かACLになると、何かに取り憑かれたように別のチームになって強くなってしまうのも、今季のレッズの、良い意味で訳がわからない部分ですね。第1戦はこれで何とか凌いで少なからずアドバンテージを得る事に成功しました。この良い意味で訳がわからない火事場のクソ力が、第2戦で更なる力を発揮してくれる事を信じるしかありませんね。
おっしゃる通り、何だかんだ言っても、あと残り90分で決着がつきます。運も味方に付けての強い方が優勝です。言うまでもなく、それがレッズである事を信じてサポート頑張りましょう!

青人さん
お久しぶりです。
その節はレッズにエールをありがとうございました。その甲斐もあって、いよいよ優勝にあと一歩まで迫りました。最後は日本勢の力を見せ付けて、アジアの頂点に立ちたいです。見守ってやってください。
うえ URL 2017/11/20(Mon)20:12:54 編集
ホームで歓喜を!
深夜にお疲れ様でした。攻められっぱなしだったので、眠気も吹き飛びました。

よくドローで終えることができたな、というのが正直な感想ですね。

おっしゃる通り、アル・ヒラルは強かった。「結局、対戦相手の中では上海上港が一番強かったよなぁ」なんて言えませんね。
徹底して宇賀神のサイドを狙っているのを見て、きちんとレッズを研究しているなと思いました。それにしても、あれだけ狙われ続けて失点にもからんでしまった宇賀神を、堀さんが最後まで使うとは思いませんでした。しかし、結果的に1失点で済んだので上出来ですね。

第2戦もしっかりと守ってカウンターを狙うような、堅い試合にした方が勝機はあると思います。点を取らなくてはいけないのは、相手の方ですから。第1戦を見る限り、血の気が多そうな奴らなので、うまくイライラさせて心理的に追い込みたいですね。

第1戦では、西川が、あきらかに観客からのレーザー光線による妨害を受けていましたよね。そして試合終盤のアル・ヒラルのラフプレーはひどすぎでした。レッドカードが出なかったのは、計画的犯行ファールというよりは、主審がビビって出せなかったのだと思いますよ。しかも中東の主審でしたから。

強いのは確かですが、こんな卑怯なチームに、優勝の資格はありません。

第2戦では、我々がレッズには最高のサポートと後押しをして、アル・ヒラルには今まで感じたことがないような最大の圧力をかけ続けましょう!
ハートランド 2017/11/20(Mon)21:32:13 編集
無題
1-0で勝てれば1番最高だったが、内容的には1-1で助かった感じだったね。
武藤、宇賀神はこのレベルになるとダメだね、全く通用しないわ、あきらかに宇賀神が穴ってスカウティングされてがっつり狙われて、やられてたよね。
武藤もボール持ったら、バックパスか奪われるの繰り返しで、ただ守備だけ頑張ってる感じだったね
ホームでも先制点が本当に鍵になってくると思う
これで優勝できなかったらもう浦和と川崎は優勝できない病気にかかってるレベルだよな笑
優勝期待してます。
ともき 2017/11/20(Mon)22:37:32 編集
コメントありがとうございます
ハートランドさん
こんばんはです。
土曜日は深夜までお疲れ様でした。あの時間帯なのでさすがに睡魔との戦いもあると思いきや、いざ試合が始まったら、いきなりラファエルシルバの先制点や、その後は心臓に悪い展開ばかりで、逆に目が覚まえてしまいましたね。個人的には、試合後にブログ書きながら、何度か記憶が飛びましたけど(苦笑)
アル・ヒラルは、平均的に高いレベルにある選手が、組織力で融合して更に強くなったチームでしたね。この辺は大金で代表レベルの外国人助っ人を爆買しながらも、国内選手との釣り合いがとれていないで、完全に外国人頼みで組織力が低い中国チームとは次元が違いましたね。
おっしゃる通り、徹底して宇賀神を狙って来ていた辺りも、しっかりこちらをマネジメントしていたという事でしょうね。この辺もお金だけではなく、高い分析力を持ったクラブチームという事ですね。
ただご指摘の通り、ラフプレーを連発したり、レーザーポインターで西川を狙うなど、悪質な部分があからさまなのも中東らしいですね。確かに主審もあれで誰か退場でもさせようものなら・・・なんてのもあながち起きかねないかもしれませんね。恐ろしいです。そして本当に、こんな奴等には、本来ならば優勝の資格なんて無いですよね。絶対に許せません。
しかし幸いにして、次はホームです。卑怯な手を使ってでも勝とうとする奴等に、今度は埼スタのホームアドバンテージを徹底して見せ付けてやる番ですね。そしてアル・ヒラルには、これまで体験した事のない「アウェー」体験で、一生消える事のないトラウマを植え付けさせてやりましょう!

ともきさん
こんばんはです。
確かにウノゼロ勝利であれば超理想的でしたが、そこは相手の完全ホームですから、1―1でかなり上出来だと思います。寧ろアル・ヒラルは、ホームで完璧な強さを誇っているというのが前評判でしたから、そんな相手からアウェーゴールを奪ってのドローですから、チームは良くやってくれたと思います。
相手が相手なので、さすがに通用しない選手も何人かは出てくるのも仕方がないので、そこを組織力で何処まで補えるかですね。特に第1戦にも増して第2戦も守備が重要になるでしょう。その上でやはり先制点が流れを左右すると自分も思います。
しかしここまで来た以上、今度こそ優勝するしかないですね。勝ちましょう。
うえ URL 2017/11/22(Wed)20:55:02 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第30節 浦和3-1鹿島 得点/38分・西(鹿)、52分・岩波(浦)、60分・武藤(浦)、90+3分・武藤(浦) ・・・次の試合/天皇杯準々決勝 浦和―鳥栖(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場=10月24日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[10/21 Goodvinnaniarode]
[10/21 あきら]
[10/20 Mr.T]
[10/20 FREE TIME]
[10/20 みんみん]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]