忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1129]  [1128]  [1127]  [1126]  [1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  [1120]  [1119
2016年 J1リーグ 2ndステージ 第15節
アルビレックス新潟1-2浦和レッズ
~デンカビッグスワンスタジアム

眼が冴えてしまい、こんな訳のわからん時間に新潟のホテルから更新!

新潟のゆるキャラ みかづきイタリアンホワイトソース味
どっかのマスコットより数百倍かわいいどっかのゆるキャラと、見た目がグロテスクでアレにしか見えないイタリアン・ホワイトソース味(美味いよ)

と、どうでも良い話はどうでも良いとして、

M野H郎
M野H郎「いや~、ロスタイム勝ち越し決勝弾って、本当に良いものですね」

1週間前、ルヴァンカップ優勝で既に一冠を手に入れた後だから、気分的には余裕綽々の状態での新潟遠征。しかもレッズ的には大の大御得意様であるビッグスワンによる新潟戦。選手達も絶対にそう思っているはず。
そしてその通りに立ち上がりから、軽快に新潟を攻め立てる。自信と余裕に満ち溢れた感ある攻撃。しかも新潟は何故かゴール前中央の守備がスカンスカン。そこを突いてマニュアルのようなロングパスが興梠に通り冷静に先制。
その後も同じような攻撃が繰り返され、興梠のトラップが成功していたら、間違いなく2点3点と立て続けに入っていた内容。それだけに、今回も勝ち点3は確実視された。ところが、ところが・・・、

森脇なにしてんの。

またバックパスをプレゼントボールにしてくれてラファエルシルバに独走されて同点ゴール喰らうってアンタ。しかも独走ゴールは、ルヴァン決勝でアデミウソンに許したばかりじゃないか。やはりこういうとこ全く反省しないのね、このチーム。
ってか森脇なにしとんじゃゴルァ!その後も普通の森脇じゃなかったな。いや実は本当の森脇に戻ったという見方も出来るけど。同じようなミス大連発。挙げ句イエローまで喰らう。森脇の暴走が止まらない。一度走り出したら止まらないぜ~な森脇(どっかの応援歌状態じゃないか)。ノンストップ森脇だ。誰しもが「早く那須と交代させろ!」状態の中、本当にハーフタイムに那須と交代させられてしまった森脇。あのミシャが前半限りで森脇を下げるなんて前代未聞だから懲罰交代は明らか。森脇ドンマイ。

しかしうちには那須という大明神が居てくれて本当に助かっているなぁ。槙野ー那須ー遠藤で落ち着きを取り戻したDFライン。これで守備は良いとして・・・、攻撃だなぁ。新潟相手だから何時かは入るだろうって感も正直あった事はあったけれど、それにしても入らない決まらない。
あれだけコーナーキックを得て、あれだけフリーキックを得て、入らない、決まらない。おまけに勝手にフリーキック始めてイエロー喰らう阿部・・・。
まあ新潟も必死にゴール前を固めていたってのもあるんだけど、ズラタンを投入しようが李を投入しようが、とにかくあと一点が遠い。
やはり柏木という絶対的なパサーが居ないと駄目なのか?今回は怪我の影響でベンチを暖め続けた柏木。替わりにスタメンの青木は守備的MFとしては一流なんだけど、攻撃面は期待出来ない訳だし。

161022アウェー新潟戦、勝利なーんて思っていたら、ロスタイムに入った途端に新潟の守備が決壊した。カウンターから関根が突進、中央の李にパス、これを李がスルーした!まさか俺が俺がの李がスルーするとは、新潟守備陣は面喰らっただろうな。興梠ズバン!さすがエースだ!!
狂喜乱舞!!やはり、どうあろうと、ビッグスワンでは、勝利の女神はレッズにしか届かないのであった!

しかしロスタイム決勝ゴールが百ゴール目とは、興梠も持っている男だわい。

それにしてもまた心臓に悪い試合をしてくれちゃって。冒頭にも書いた通りルヴァンで既に一冠を手にしているだけに気持ちは余裕綽々だったんだけど、簡単に勝てないゲームが二週立て続けはスリリングだよな。
セカンドステージ優勝の可能性もあったけれど、試合終了で会場が準備していない風だったから、どうせ川崎がリードしている気はしていた。実際そうだった訳だが、広島もこういう時になぁ。
これでセカンドステージ優勝は次節に持ち越し。
そのエコパ磐田戦は・・・仕事だ(号泣)

夕暮れのビッグスワン
しかし・・・これで新潟は残留争いで再び危険水域か。首の皮一枚で降格圏からは抜けているとはいえ、残りの対戦相手を考えると・・・来年はビッグスワンに来れるのだろうか・・・?








161022新潟でザ・美酒
それはともかく、ザ・美酒!!
そろそろ本格的に寒くなってきた北国。
新潟の夜は更けて行く~。

ちなみに、この前に新潟駅前でレッズの選手バスに遭遇。人だかりで最初に出てくるミシャに気付かなくて、突如ニュッと出てきたミシャに激突しそうになった(苦笑)。
その後に選手がゾロゾロ出てきたが、いつも満面な笑みな西川と対照的に、森脇は何処か眼が虚ろで明後日の方向を見つめながら消えて行った。ドンマイ森脇。


と、そんな中、スポーツ紙に衝撃的なニュースが。
『レッズ、新潟ラファエル シルバに正式オファー』だとおぉぉぉ!?
そうか、だから昨日のラファエルシルバは喜んじゃってあんな独走ゴールしちゃったのか?

------
J1リーグ2ndステージ第15節 新潟1-2浦和
得点/7分・興梠(浦)、15分・ラファエル シルバ(新)、90分・興梠(浦)
主審=山本雄大
観衆:29,692人




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おはようございます。
新潟遠征お疲れ様でした。
あの同点ゴールの起点となってしまったパスミスは擁護のしようもないですが、そんな仲間のミスを興梠が救ってくれましたね。
昨日の2得点で鹿島時代のゴール数を上回ってくれたので、名実ともに浦和のエースですよ。

ただ昨日の試合結果によって新潟が窮地に追い込まれてしまいましたね。
地方アウェーの中でも近いし、食べ物も美味しいので、何とか残留して来年以降も新潟遠征したいのですが(汗)
FREE TIME URL 2016/10/23(Sun)09:44:59 編集
無題
アウェイ新潟までサポートお疲れ様でした。

うえさんが言われるようにアウェイ新潟は相性が良いんですよね。そういう試合が残り3試合に残っていたというのも浦和の幸運とも言えるかもしれませんね。

試合内容としましては、ルヴァンカップを優勝してタイトルを獲得した後の試合ということもあり、自信を持って試合に入り前半早々に先制点をとったところまでは良かったですが、森脇のパスが短くなってミスになり、ラファエル・シルバに決められたのは痛かったですね。
森脇はチームのムードメーカーでミシャサッカーに欠かせない選手なのは間違いないですが、審判と喧嘩してイエローもらうようではダメですよね…
後半は那須が入って落ち着きましたが、今後チャンピオンシップでは『精神的な部分』も重要になりますし、熱いところは熱く、抑えるところは抑えるようになってほしいです。

そんな状況でも、リーグ終盤に弱いと言われ続けた浦和が後半ロスタイムに追加点を取って勝ち切れるようになったことは成長しましたね。
ルヴァンカップ優勝という目に見える成功が浦和の選手たちに自信をもたらしたことがいい方向に働いています。

そして興梠はJ1通算100ゴールのメモリアルとなりましたが、オリンピックから帰国後に一時期不調になりましたが、見事にリーグ終盤になって復調しましたね。
これも高木やズラタンがチームにフィットし、 興梠が不調の時に無理に先発をさせなかったことで自然回復を図れたというのも大きいと思いますし、ルヴァン決勝・新潟戦と途中出場の李が活躍しましたし、ベンチを含めた総合力が上がってきているのを感じました。

さて次節はまたしても降格争いをしている磐田ですが、1stではホームで痛い思いをさせられていますしリベンジの機会になりますし、2nd優勝と年間優勝に向けてきっちり勝ち点3を取ってきてほしいです。
Mr.T URL 2016/10/23(Sun)10:38:03 編集
辛勝
こんにちは。

苦しい試合でした。先制したのは良かったんですが、致命的なミスから失点…“ブラジル人キラー”のはずの森脇が…。森脇はちょっと冷静さを欠いてしまいましたね。交代は当然の判断だと思います。
新潟は勝ち点1でも欲しいチームなので、ドン引きカウンター狙いは予測出来た事でしたが、まさに新潟にしてみれば90分まではしてやったりの展開だったのではないでしょうか?
しかし、決勝点は相手のシュートがポストに弾かれてから逆襲して決めましたが、レッズが終盤にやられるパターンを逆に決めた感じがしました。ルヴァンカップの終了間際もボール1個分が勝敗を分けましたが、昨日もあのシュートがボール1個分内に入っていたら万事休すだったでしょう。しかし、それを拾ってから逆襲で決勝点を決めました。昨年までは攻め切れず、決め切れずにボールを奪われてとどめを刺されるパターンを多く見てきただけに、今季は間違いなく違う風が吹いていると思います。
阿部と青木のボランチですが、やっぱり守備的なイメージが強いですね。昨日はボランチからシャドー、1トップという流れるような攻撃がほとんど見られませんでした。さすがにゾーンでゴール前を固められてしまうと、関根と駒井がいくら仕掛けて中に入れてもなかなか通りませんね。まぁ、それでも関根と駒井はよく仕掛けたと思います。駒井の惜しいシュートもあったし、決勝点も関根の仕掛けから生まれました。

これで2ndステージはほぼ手中になりました。後は年間勝ち点1位ですね。川崎もなかなか負けないです。リードしているのはレッズなので、あと2試合を勝てば文句なしですね。
しかし次は磐田。下位の新潟、名古屋のどちらかが負ければ磐田は引き分けでも残留決定。これは厄介な相手ですね。果たして、名波監督が失点しない引き分け狙いのような試合を仕掛けて来るかどうかですね。勝ち点1を狙って死に物狂いで残留するなら当然ドン引きだと思います。厄介な相手ですねぇ…しかも1stステージで負けている相手ですから、年間優勝を狙うレッズとしては絶対に負けられない相手ですね。

新潟遠征はいつも新発田にいる友人家族と行ってるんですが、昨日の結果を経てレッズが磐田に勝ってくれれば新潟にとって大きな援護射撃になるから絶対に勝ってくれ!と言われ、また来年!と握手してアルビレックスのミサンガをもらって帰って来ました。磐田に勝って決めましょう!週末はエコパに出撃ですね!
お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2016/10/23(Sun)11:27:13 編集
無題
今年も実家のある新潟に帰省方参戦。ガンバのような展開かと思いきや、おい森脇判断遅いのはダメでしょ。最後の最後で興梠に救われる。新潟には是非とも残留してほしい。来年も仲間と参戦できるし。来週は、磐田戦に参戦し2nd優勝を見届けます。
年間1位までもう少し。みなさん、頑張りましょう。
与野 2016/10/23(Sun)11:44:31 編集
無題
おはようございます  昨日は現地サポートお疲れ様でした。
それにしても同じような位置からのカウンターくらっての失点、何か続きますよね。猛省して貰いましょう。
マリノス-ガンバ戦のダイジェスト見ましたが齋藤、相変わらず要注意でした。最終戦同じようなボールの失い方は気をつけないと・・・
試合はテレビ観戦でしたがハラハラしながらの勝利も又格別です。確かに相性もあるとは言え今回は先週の死闘もありましたから選手の疲労も考え引き分けも有りかと思ってました。あの時間での勝ち越し、先週の優勝と続けば多少の勝負強さ出て来たかな?
青木は仰るように柏木とはタイプ違うので比較は出来ませんが展開力は落ちますね。遠藤、矢島辺りに期待なんでしょうか。
さぁ29日は又残留争いの厄介な相手です 正直懇意にしてる相手サポさんいるので残留はして欲しいですが勝負は別 ホーム開幕のリベンジはキッチリつけましょう!

欅通りのサポ 2016/10/23(Sun)12:01:20 編集
首位堅持
新潟遠征お疲れ様でした。

へんな言い方をするならば、「カップ優勝がもたらした間際の決勝ゴール」かもしれません。
先週力で決勝戦を立ち見観戦中、つい「これ勝てなきゃ、2nd優勝も年間1位も無理だぞ!」と声を荒げてしまいましたが、あと2試合どうなるでしょうか。

間違いなく選手達は、「絶対に2nd優勝と年間1位を獲るんだ!」という一心だと思いますよ。

次はエコパですが、清水・磐田戦はどちらかというと埼スタよりもエコパの方が好相性な印象があります。
あきら 2016/10/23(Sun)13:51:33 編集
無題
新潟遠征お疲れ様でした。
お得意先のビッグスワンだし、絶対勝てると思ってましたが、森脇のプレゼントパスからロスタイムまで、ホント、ヒヤヒヤしました。

通算100ゴールがロスタイムの劇的決勝弾だなんて、やっぱり興梠は持ってますよね~♪

次節のエコパも参戦できませんが、川崎はどうあれ、とにかく、レッズは「勝つのみ!」ですね^^
みんみん URL 2016/10/23(Sun)21:36:40 編集
M野H郎氏!
現地での応援、お疲れさまでした。
ひさびさに出ました、M野H郎氏!

新潟との試合は、今までの勝率だけをみると、レッズが新潟をお得意様のようにしている印象ですが、実際はギリギリの試合を何とか勝ちきった、という試合がほとんどでしたよね。

そして、今節もそうなりました。
一週間前のルヴァンカップの決勝で、延長、PK戦までもつれた影響もあったのでしょう。多少、選手達に疲れがあったように思います。
そして、柏木がいなかったこともあり、なかなか攻撃のリズムが作れませんでした。
そんな中、せっかく幸先よく先制したのに、おっしゃる通り、森脇なにしとんじゃゴルァ!ですね。あの後もあきらかに様子がおかしかったですよねー。奥さんとケンカでもしたのでしょうか。

さすがのミシャも、あの状態でイエローをもらった森脇を見たら代えますよね。まさかハーフタイムで代えるとは思いませんでしたが。結果的にこの交代が一番効果的だったように思います。

あの試合内容なら、正直、引き分けも仕方なしと思っていたら、最後にエースがやってくれました!
あまり固め打ちをする印象がない興梠ですが、最近は好調のようですね。

サポーター歴が浅いため、まだビッグスワンに行ったことがないので、新潟には残留してほしいです。
ハートランド 2016/10/24(Mon)00:47:51 編集
コメントありがとうございます
FREE TIMEさん
こんばんはです。
土曜日は新潟遠征お疲れ様でした。森脇の大チョンボは「またか」的なミシャサッカーの欠点部分ですね。あのままで終わっていたら森脇も辛かったでしょうけど、最後に興梠が森脇をも救う決勝ゴールをあげてくれましたね。そんなゴールが100ゴール目。エースの存在が頼もしいですね。
新潟はギリギリ15位ではありますが、16位名古屋との得失点差、また残り2試合の対戦相手を考えると危険な状態ですね。自分も新潟は行きやすくて好きな土地ですし、田中達也の存在もあるので、個人的には残ってほしいとは思いますが、果たして・・・。

Mr.Tさん
こんばんはです。
土曜日は新潟までお疲れ様でした。チーム状態が良い中でルヴァンカップを制し、その上で相性の良いビッグスワンでの試合。勝てる要素満々で、実際立ち上がりから軽快に攻め立てたレッズがお手本のようなゴールで先制しました。その後も完全なレッズペースで追加点は近いと思われていた矢先の森脇チョンボ。うーん、森脇は確かにミシャサッカーには欠かせない選手なのですが、ミスも多いし失点にもよく絡むのも事実なので、その典型みたいなミスからの失点でしたね。また森脇のミス自体がミシャサッカーの弱点部分みたいなものなので、この辺はチャンピオンシップに出てくるような強いチームと対戦する上で、絶対に命取りにならないように気を付けてもらわなければいけませんよね。
今回はさすがに引き分けも覚悟した内容でしたが、粘り強く攻めた結果、最後にようやく新潟の守備を崩す事が出来ましたね。関根がアグレッシヴに攻め、途中から入った李がスルー、最後は興梠がしっかり決めてくれました。ウイングバックからシャドーが絡んで、最後はエースが決めるという超理想的なシーンだったと思います。
これが興梠の100点目というメモリアルゴールになったのも嬉しいですが、オリンピックの燃え付き症候群から完全復活を果たし、今は完全に調子を取り戻している中での納得のゴールになったという点も大きいと思います。
今回セカンドステージ優勝の可能性もありましたが、川崎も勝ってしまったので持ち越し。とはいえ、この勝利でセカンドステージはほぼ手中に収めましたね。次の磐田戦で決めてもらいたいです。勝ってステージ優勝してホーム凱旋。そこで年間勝ち点1位も手に入れる。この流れで行きたいですね。
うえ URL 2016/10/24(Mon)18:30:21 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんにちはです。
土曜日は新潟遠征お疲れ様でした。ビッグスワンで御得意様の新潟相手だけに、早い時間帯にアッサリ先制した時は、そのまま2点3点と立て続けに行ける勢いでした。そんな状況での落とし穴。森脇がまたやってしまいましたね。そこから森脇は完全に中に浮いている状態でイエローまで喰らってしまい、さすがのブラジル人キラーも今回は懲罰交代は仕方がない内容でしたね。森脇は次節までに先ずはメンタル面を整えてもらいたいですね。
新潟にとっては、まさかのプレゼントパスから貴重な同点ゴールを得た訳ですし、そこからも引いて守ってカウンターと、勝ち点1を確保しつつあわよくば勝ち点3を狙う、おっしゃる通り90分までは狙い通りだったと思います。その新潟からすると、最後のビッグチャンスがゴールならずで一瞬気が飛んでしまった面もあったのかもしれませんね。逆にレッズがカウンターから決勝ゴールに繋げた訳ですが、レッズにとってはピンチの後にチャンスありを体現した形ですね。そしておっしゃる通り、まさにルヴァンカップの「ボール1個分」の世界の再現でしたね。2試合続けて運もツキも見方に付けての勝利、これこそ本物の強さとも言えますね。
さてご指摘の阿部と青木のボランチコンビですが、阿部が3バックに吸収されるシステムですので、そこに超守備的ボランチの青木だと、やはり攻撃力は如実に減りますね。それだけ換わりにサイドからの攻撃が目立っていたという事もありますが、柏木のボランチ位置からの攻撃に慣れてしまっていると、柏木が居ないだけで違う中盤になってしまう現状、やはり物足りない部分はありましたね。もちろん青木は青木で柏木には無い守備力で貢献しているので、どっちを活かすかシステムの問題ですけどね。
これでおっしゃる通りセカンドステージ優勝はほぼ手中に収めましたね。問題は残留争いに捲き込まれている磐田が果たしてどういう戦い方をしてくるか、ですね。昔の磐田のイメージがまだ残っているだけに、その磐田がドン引きして来るイメージが沸かないのも事実なんですが、それだけにどういう戦い方で来るか不気味です。でも今のレッズならば、相手の戦い方如何にかかわらずそれを撃ち破れる力を持っているはずなので、その自信を持って戦ってほしいと思います。そして新発田の友人さんのためにも、新潟への援護射撃という面を考えても、絶対に勝たなければいけませんね。
問題は、自分が仕事の関係でエコパに行けるかどうかなんですよねぇ・・・。

与野さん
こんばんはです。
土曜日は新潟までお疲れ様でした。なんと新潟がご実家だったんですね。
レッズも年間勝ち点1位を狙うために絶対に勝たなければいけない試合でした。森脇がまたやらかしたのが残念でしたが、エースのゴールに救われましたね。
これにより新潟は順位的にかなり危険水域ですが、個人的にも好きな土地なので残留してほしいです。レッズは次節でステージ優勝をキッチリと決めてもらいたいですね。
うえ URL 2016/10/24(Mon)18:31:07 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
こんばんはです。
森脇のミスは、ミシャサッカー自体の弱点部分なんですよね。バックパスを繰り返す戦術故に少しでもミスるとそこを狙われるという、同じようなミスを繰り返していて、今の戦術では絶対に改善されない(若しくは改善しようとしない)欠陥部分だと思っています。なので割り切りは必用なのでしょうけど、でも実際目の当たりにすると、やはり萎えますね(苦笑)
ルヴァンカップに優勝した事で、やはり自信は身に付けたと思います。関根なんて今回やたらハッスルしたプレーを連発していましたし、駒井も一皮剥けたのが明確でした。なかなか取れなかったタイトルと同じく、今回なかなか取れなかった勝ち越し点を最後の最後で取る事が出来たのも、優勝により得た選手の自信がもたらした強さなのだと思うんです。今まで無かった勝負強さという部分ですかね。やはりタイトル獲得は選手に様々な良い効果をもたらすものだと思いました。
この勢いで磐田に勝って、先ずはセカンドステージ優勝を果たしたいですね。おっしゃる通り磐田には前半戦に負けていますし、なのでリベンジは絶対にしたいところです。その上で次のもっと大きなものを手中に収めたいですね。
ちなみに来季復帰する矢島ですが、ポジションあるんでしょうかねぇ(汗)

あきらさん
こんばんはです。
過去の勝負弱さを鑑みれば、今回の勝利は、まさにルヴァンカップを制した事で生まれた、選手の自信によるものだと自分も思います。それだけひとつのタイトルを手に入れた重みですね。それだけタイトルというものは、チームに間違いなく大きなプラス材料をもたらすものたなのだと、今回改めて思いました。
今チームは間違いなく次のタイトル獲得に向けて本気で邁進しているところですから、我々はそれをサポートするのみですね。
ちなみにエコパは昔は鬼門でしたが、最近は勝率が良いですね。おっしゃる通り静岡勢とは、埼スタでやるよりもエコパでやった方がレッズは強い印象ですね。
うえ URL 2016/10/24(Mon)18:31:44 編集
コメントありがとうございます
みんみんさん
こんばんはです。
早い時間帯にアッサリ先制したので、こりゃ今夜も新潟の夜はザ・美酒だ!なんて邪念が浮かんだのが不味かったのか(笑)、その途端に森脇がやらかしましたね。邪念は選手に通じるものです(苦笑)
それだけに興梠の劇的ロスタイム弾には狂喜乱舞でしたね。こういうゴールがメモリアルゴールだなんて、普段クールな興梠からは想像も付かないド派手さですが、いやさすがエースの風格と言ったところでしょうか。
レッズは下を気にする事なく、このまま勝ち続けるだけですね!

ハートランドさん
こんばんはです。
いや~ロスタイム決勝ゴールって、本当に良いものですね。そのかわり、そこまでに至る時間帯が心臓バクバクですけど(笑)
ビッグスワンに於ける対新潟戦はほぼ満点に近い驚異的な勝率ではありますが、おっしゃる通り点差だけを見ると、接戦が多いのは事実ですね。それでも負けないと見るか、紙一重と見るか、なかなか難しいところであります。
柏木を90分ベンチに置いたまま勝てたのは大きかったですが、やはり柏木が居ない故の影響は如実でしたね。中央から効果的なパスが出ないと攻撃は単調になりますし。まあ青木は青木で守備面だけなら柏木より断然良いものの、攻撃面を考えるとやはりスタメンは柏木で、守備固めで後から青木が定石なのでしょうね。
森脇は猛省ものでしたね。まあ失点に繋がったチョンボパスだけだったらミシャも許したでしょうけど、その後も酷いプレーが続くわイエローは喰らうわボロボロでしたから、さすがのミシャも今回の息子には我慢の限界を越えたのでしょう。まあ頼りになる那須が控えていたのも大きかったと思います。
いや最後はその森脇をも救う見事なロスタイム決勝弾。さすがエース興梠です。おっしゃる通り固め打ちの印象は薄い選手なんですが、それだけ今は絶好調という事かもしれませんね。
新潟は埼玉からもアクセス抜群な地なので、一度遠征をおすすめします。新幹線でも1本ですぐ着きますが、高速バスや在来線でも最短7時間位で行けますから、遠いようで近いんですよね。新潟名物では個人的に「のどぐろ」が最高に美味いです。あと新潟サポは暖かみがある人が多くて、良く話しかけられます(笑)
うえ URL 2016/10/24(Mon)18:33:28 編集
無題
お疲れ様でしたー!
早速小ネタですが、デンカビックスワンスタジアムのデンカさん弊社の取引先でして(笑)そーいや先週のパナソニックさんも取引先です。デンカさんとパナソニックさんにお礼しないといけませんね。その2社とも雨樋を取り扱ってるんですが、過去の我々浦和レッズとの付き合いを考えてデンカさん推しで営業させていただいてます(笑)
試合は仕事中にタブレットで見てました。今回は結果も大切ですが、内容も大切な試合です。結果は問題ないですが、内容ですよね。浦和レッズの弱点と長所が表裏一体の部分、つまり柏木なんですが、他の選手は多少替えがききますが、柏木の替えは第一候補の青木でもゲームメイクには不安が残ります。まして森脇が残念な状態だとパスの出し手が限定されすぎて相手の守備戦術にはまってしまいます。
補強するのか、他の手段を選ぶのかは監督が決めることですが、サポートする側を納得させてくれる内容と結果が欲しいですよね。
磐田線、僕も仕事なんで、言い訳考えて試合を見れるようにしたいんですが、天皇杯のチケット争奪戦もあるから悩みます(笑)
カミカゼレッズ 2016/10/25(Tue)17:20:03 編集
コメントありがとうございます
カミカゼレッズさん
こんばんはです。
お仕事お疲れ様です。なんとデンカさんは御得意様でしたか。仕事的には全然違う業界に居るので、ぶっちゃけデンカって何の会社か知らなかったというか、社名から想像すると電機関係かなと勝手に思っていたのですが、パナソニックも含めて雨樋も扱っていたのは意外でした。
さて試合ですが、ギリギリではありましたが勝利という結果は出ましたが、内容は良い部分と悪い部分が両方ありましたね。ゲームメイクという点を考えると、やはり柏木をベンチに置いたママだった影響は如実でしたね。ただ青木は柏木とは全くタイプが違う選手なので、柏木の時はゲームメイク、青木の時は守備と、違う求め方をした上での評価になると思います。
中盤の底から効果的なパスが出ない以上、ミシャサッカーに於いては最終ラインからの攻撃、ロングフィードとその精度も重要になってきますが、今回のようにそれを担うはずの一人である頼みの森脇が、前半からあんな状態に陥ってしまったのは大きな誤算でしたね。またミスが少なくない、失点に絡む事が多い森脇をレギュラーで使い続けなければならない現状も問題ですね。層が厚いチームに於いては層が薄いポジションではあるものの、この辺は森脇の年齢を考えても、来季から本気でテコ入れしなければならない大きな課題だと思います。果たしてミシャサッカーに合い森脇を脅かすような右ストッパーの補強をするのかどうかも注目点ですね。
ちなみに磐田戦はチケットがかなり売れて完売の勢いのようですが、また復活はしているみたいですね。
うえ URL 2016/10/26(Wed)17:16:41 編集
無題
こんばんは。

アルビレックス戦の勝利おめでとうございます。
試合はテレビで見ました。
優勝するには勝ち点3を取ることが優先。
内容は二の次。
それにしても、内容が悪すぎます。
森脇選手のプレーは軽率というレベルではないです。
他の選手達も今イチでした。
そんな中、興梠選手。
素晴らしかったです。
優勝したら、森脇選手は興梠選手に銀座の一流の店で2杯はおごらないと・・・。
サッカー素人 2016/10/26(Wed)23:12:37 編集
コメントありがとうございます
サッカー素人さん
こんばんはです。
ありがとうございます。情けないミスで自ら難しくしてしまったような試合でしたが、最後の最後で何とか勝つ事が出来ました。
今回の森脇のようなメチャクチャなミスは、現代の管理サッカーでは本来起こりにくいレベルなのですが、うちのサッカーはミスを誘発するような戦術で、しかも監督はそれに蓋をするが如く「ミスもチャレンジの内」と称して放置してきた部分があり、これが一向に大チョンボミスが減らない原因です。それでもHTで森脇を下げたのは、監督もさすがに今回は不味いと感じたのでしょうね。
森脇はしばらく、興梠に足を向けて寝られないですね。本当に高級クラブでおごらないといけないレベルですよねぇ。
うえ URL 2016/10/27(Thu)16:52:41 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第4節 ガ大阪1-1浦和 得点/57分・今野(ガ大)、90+3分・ラファエル シルバPK(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第5節 神戸-浦和(ノエビアスタジアム神戸=4月1日16:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8 9 10
12 13 14 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]