忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1134]  [1133]  [1132]  [1131]  [1130]  [1129]  [1128]  [1127]  [1126]  [1125]  [1124
2016年 Jリーグ チャンピオンシップ決勝・第1戦
鹿島アントラーズ0-1浦和レッズ
~カシマサッカースタジアム

先ずは先勝!しかも1点奪って完封した上でのアウェーでの勝利。大きい1点を抱えてホームへ帰って来られる。

余りに試合間隔が空くJリーグ百円構想脳が産み出したアホ日程の為に試合勘がひじょうに心配されたものの、蓋を開けて見たら、実に集中したサッカーが出来るチームになっていた。中弛みは無かった。この17日間、しっかり集中力あるチーム作りが出来ていたようだ。特に、守備が。

試合内容は序盤こそレッズがチャンスを作ったものの、大局的には鹿島に支配されていたし、そこを最終ラインで人数を掛けて跳ね返す連続だった。ここでいつものミシャサッカーならば無理に繋ごうとして、一旦は前に預けるもそこから後手後手になって敵にボールを奪われて大ピンチ、なんてのが常だったが、今日は珍しく無理に繋ごうとせずに、セーフティーにクリアするばかりだった。
これは鹿島の攻勢が激しかった故に苦し紛れだったから生まれた現象なのか、はたまたレッズが戦略としてセーフティーな道を選んでいたのか。これは現状ではどちらが原因なのかはわからないものの、ひとつヒントになるのがレッズの攻撃で、攻撃面もいつものパスサッカーではなくて、ショートカウンターからゴールに近付けば、そこは素早く中にボールを運ぶ入れるを繰り返していた。尤もショートカウンターを絡ませるのがミシャサッカーの理想型だから、その時点ではあくまで戦術通りだろう。違いはバイタルに入る前に早めにクロスを入れていた部分で、いつもならばバイタルに侵入するまでは執拗にパス回しを繰り返していたのがミシャサッカーだったが、今回は手数を掛けずに速い攻撃に終始していた。まあここも鹿島が前目に来ていた時に上手くショートカウンターが嵌っていたというのもあるだろうけれど、戦略として、または選手の中に球離れの速さ意識があったのならば、狙い通りの攻撃が、そして守備が出来ていたという事になる。

ただなかなか1点が奪えないのはさすが相手が鹿島という部分で、いくら勝ち点が15点も下のチームなれど、大舞台に強い鹿島は、こういう時にこそ力を発揮されてしまう。これだからプレーオフは嫌なのだ。
とはいえ、逆に鹿島は”そういう時のセットプレー”が恐いチームなのだが、ところがセットプレーからも一切ゴールを許さなかったレッズの守備の集中力が勝った試合でもあった。遠藤との1対1を止めた西川の神様っぷりも含めて。

でも・・・もしかしたら、主審がイエティーだったからこそ勝てたかも?
興梠がエリア内でファールを喰らってPKを獲得したシーンだけど、客観的に見るとPKじゃないような気がした。まあ誤審とまではいかないけれど、審判によってはPKを取らないレベルだった。まあ自分はレッズサポだから、そこは客観的に見る必要はないんだけどね。
でもね、前半は逆にレッズがイエティーに「そこは流せばレッズのカウンターチャンスだろ!イエローは試合が切れた時で良いだろ!」的なアドバンテージを2度も阻止されてチャンスを逸していた場面があったから、それを考えたら、今回のイエティーがどちら寄りだったかという議論にはならないと思う。まあイエティーは何処まで行ってもイエティーだったという事だ。
PKというと個人的に天皇杯・川崎戦がちょっとトラウマになっていたから余計に心臓ドキドキだったが、そこを阿部は緩いシュートでど真ん中に蹴り込むのだから度胸があるというか、ぶっちゃけ蹴る前から曽ヶ端の身体が右に傾いていた気もしたけど(笑)

まあ特別な試合だから、内容は二の次だ。でも内容も極上のレベルが高い大人の試合だったけれど。ちょっと両チームともファールやラフプレーが目立ったのが気になったものの、お互いのストロングポイントを掻き消すようなサッカーだったからこそPKでしかゲームが動かなかった。そういう試合内容だったと思う。

ただレッズとしては、ようするに完封1-0勝利という大きなアドバンテージを得てホームに帰れるという事だ。これが今は何よりも大事なのであった。

さて個人的にはもう嬉しくない誕生日を迎えて、それでもレッズからチャンピオンシップ先勝という嬉しいプレゼントを貰う事が出来た。勝利したチームに、そして平日ナイターなのに鹿島国に駆け付けた同志に感謝です。

さあさあ来月3日、あと1つ・・・!

2016 Jリーグ チャンピオンシップ ------
Jリーグ チャンピオンシップ決勝・第1戦 鹿島0-1浦和
得点/57分・阿部PK(浦)
主審=家本政明
観衆:23,074人

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
もう本当にドキドキしまくりでした。
今日の浦和は良いか悪いか、大人のサッカーしてましたね。槙野も森脇もかなり自重してました。
PKのシーンはおっしゃる通りで、家本じゃなきゃ取ってくれないかもしれないシーンでしたけど、前半に家本じゃなければビッグチャンスのアドバンテージ2回止められたからトントンで。
でも、今日テレビで見てましたが、後半は柏木の足上げや関根のハンドなど、審判によってはPK取られてもおかしくないシーンもありました。
つーことは、きっと次は西村なので鹿島にPK与えられるかもしれません。そこも踏まえて、浦和としては0-1でも優勝とは考えず、ホームで負けないことだけを考えて欲しいです(あえて勝ってほしいとまで注文はつけません)

思えばミシャが来てから50000人以上でタイトルかかった試合で悉く辛酸舐めさせられて来ました。でも、ルヴァンでそれは払拭しました。
次も絶対、歓喜で迎えましょう!!!
もとき 2016/11/29(Tue)22:27:47 編集
悲願へ!
今日は有給休暇の中、上尾から西川口までランニングしました。

私は終始TVにくぎ付けでしたが、後半44分からの「PRIDE OF URAWA」の大合唱、物凄い執念でしたね。泥臭くてもこの先勝は値千金です。

さて12月3日は、前回の悲願達成から10年と1日です。
群馬県で会社のゴルフコンペ後、力に駆け付けて参戦します。
ルヴァン決勝と32節アウェー新潟戦、33節アウェー磐田戦、今季私が力に駆け付けた試合は全て勝っているので、全身全霊で応援しますよ!
あきら 2016/11/29(Tue)22:39:10 編集
無題
お疲れ様でしたー
仕事で行けずにテレビ観戦してました
よく耐えた試合だった印象ですね。鹿島の攻撃に耐え、イエ…やめときますか(笑)
冷静に見てたんで、周囲が騒ぐほどジャッジにストレスを感じなかったんですよね。
むしろTBSでしゃべってた連中が真の王者って連呼してたのが腹立たしいですね。ウチが頑張って積み上げた勝ち点を侮辱してるように聞こえました。今年で終わるんで、今更我慢しませんが、イビツな仕組みを考えた奴の程度が知れてますよ。
個人的には勝てば喜びますし、負けたトコで最多勝ち点記録タイのウチの選手を誇りに思ってますから痛くも痒くもないですけど、せっかくなら勝ちたいってゆうスタンスです。
今日の選手達や現地の皆さんの応援はホント素晴らしいものだったと思います。
こうゆう緊張感ある試合、無理にマイクの感度を上げなくてもシッカリと響きわたった応援が、テレビの前のJに興味が無い人や、ダイジェストだけ見て海外サッカーの方が上だって言ってる人達にサッカーの面白さを伝えられたと思います。次はギリギリですが参戦できるんで、シッカリサポートしていきたいです。
CS終わったら枕の部分から落語を披露します
カミカゼレッズ 2016/11/29(Tue)22:43:02 編集
無題
よし、まずは完封でアウェイゴールを奪えたことで100点満点。DFが自重し、早めのクロスが効果的でした。走り負けないのでセカンドボールの回収も勝っていたし、球際も勝っていた印象です。駒井くんのクロスが跳ね返されるところが気になりますが。ホームでは、先制し王者のサッカーを期待します。もちろん、参戦します。
与野 2016/11/29(Tue)23:01:25 編集
無題
試合感覚が空いていたのでどうなるかと思っていましたが、アウェイできっちり勝利とアウェイゴールを持ち帰ってくれましたね!

浦和は180分を考えての試合のようでしたし、うえさんが言われるように『大人の試合運び』でしたね。
一方鹿島もホームで勝ちたいという気持ちがでていましたが、やはり川崎との死闘の影響か、疲れが見えました。
その点では、フレッシュな浦和の選手が最後まで走りきれたというのは、試合感覚が空いた浦和の良い面が出ましたね。

さて第2戦は我らが埼玉スタジアムですね。今年のレギュレーションですと、『勝敗・得失点・アウェイゴール』が同じなら延長戦はせず『年間勝ち点1位の浦和の優勝』ですので、浦和はもし0-1で負けても優勝と得点1点分の大きなアドバンテージがありますので、きっちり守備から入って、鹿島の攻撃をいなし、鹿島が焦った隙を突いて、点を取るような、第2戦も『大人の試合』をしてほしいですし、優勝のシャーレを掲げたいですね。楽しみです!
Mr.T URL 2016/11/29(Tue)23:31:45 編集
無題
うえさんこんばんは。
うえさんをはじめみなさんの日頃からのサポートに感謝します。
決勝が試合巧者の鹿島と間隔が空くことの不安がありましたが、結果的にPKのワンチャンスを活かしアウエーで勝利できて、本当によかったです。
勝ち点年間1位を神様もみていてくれたのですね(笑)。
12月3日は慎三の店で講演会長も交えて、パブリクックビユーでサポします。宮崎のレッズサポも集まるそうですよ。有終の美を飾ってみんなで喜びましょう!。
宮崎レッズ 2016/11/29(Tue)23:40:17 編集
前半戦終了
お疲れさまでした。そして、お誕生日おめでとうございます!(笑)

私も陸の孤島、鹿島国には行けず、自宅でスカパー観戦でした。

攻撃ではいつものコンビネーションを発揮する機会はほとんどなかったですが、割り切ってセーフティーなプレーをしたのは、とても良かったと思います。
試合間隔が空いた後の試合では、ふわっとした入りをしてしまう事もありましたが、それもなく、逆に試合終盤まで集中力が途切れず、球際で負けず、自陣ゴール前では相手のシュートに身を投げ出し続けたレッズの選手を観て、頼もしかったですし、ちょっと感動しました。良い準備をしたんでしょうね。

欲を言えばもう1点ほしかったですが…。まあ、それは贅沢な望みですね。
個人的には、今の鹿島に対して理想的な勝ち方だったと思います。
押された時間帯もありましたが、西川のスーパーセーブ(遠藤のシュートストップの時の西川は神だと思いました)もあり、鹿島の攻撃をしのいだ上での、鹿島のお株を奪うようなウノゼロ! 素晴らしいです。
シュート数は、鹿島の11本に対して、浦和はわずか5本。でも勝ったから、いいんです。
鹿島のダメージは普段の敗戦より大きいのではないでしょうか。

第2戦のホームでも、変に色気を出さずに、今日のような戦い方が試合を通してできれば、2失点する可能性は低いと思います。2失点しなければ…、歓喜の瞬間が待ってますね!!
ハートランド 2016/11/30(Wed)01:13:37 編集
無題
おはようございます。
昨日はレッズから素晴らしい誕生日プレゼントが贈られてきましたね。
半月近くも実戦から離れていたせいか、思うようなプレーが出来なかったかもしれませんが、それでも勝てたのは次の試合に向けて非常に大きいです。
次の試合は埼スタ。
自分も埼スタへは参戦するので、10年ぶりの歓喜をスタジアムにいるみんなと共有したいです。
FREE TIME URL 2016/11/30(Wed)06:39:50 編集
先勝!
こんにちは。

先制出来ればいいと思っていましたが、さすがに押されましたね。鹿スタでの試合って、わりと同じようなパターンが多いですけど、集中力を切らさずによく無失点で抑えましたね。森脇、槙野が上がらずに守備的な戦い方が出来た事が大きかったと思います。カウンターを食らって失点する時って、槙野か森脇が上がっていた時にボールを奪われてやられるパターンがほとんどですが、昨日は攻撃時もしっかり3バックがリスクマネジメントしていました。厄介な存在の金崎と遠藤を上手く抑えられた事が良かったと思います。ま、出し手の柴崎が入ってからはヒヤヒヤしましたが、アウェイゴールを奪っての先勝、本当に願ったりの結果になりました。
PKのシーン、誰かが倒れたのはわかりましたが、まぁ余計な所は良く見てるな、イエティ!って感じでした。アドバンテージを取らずに止めた時は思わず、止めんなバカ!と叫んでしまいましたが…(笑)。

さて、いよいよ決める時がやって来ますね!2点取らないと優勝が無くなった鹿島は間違いなくガンガン来るでしょう。ただし、受けてしまってはダメですね。勝って文句なしの年間チャンピオンを獲得したいですね。

昨日は仕事を1時間早く終わらせて車で向かいましたが、着いたのが前半開始5分後でした。平日の鹿スタはキツいですね。モツ煮が食べられなかった…

土曜日は今年最後の埼スタ!完全燃焼しましょう!
東浦和レッズ 2016/11/30(Wed)12:00:50 編集
無題
今晩は 
余り嬉しくない誕生日。まぁお互い様ですがこの日が無かったらサッカーも見れなかったわけで控え目に親には感謝してますよ(笑)
テレビ観戦でしたが確かに守備は良かったと思います。リーグ屈指の試合巧者鹿島相手に攻守共巧く時間使いながら戦ってました。後半かなり攻め込まれてましたが相手に負けず劣らずの巧者ぶりだったのでは!と、勝手に満足してます。12/3後半戦もただ勝つのみ! あからさまの時間稼ぎは見苦しいですが昨日のように上手に時間使い、攻守の切り替え早くしながらウチのペースに持ち込めば必ず勝てるはず。
昨日は途中出場の鹿島10番と11番、土曜は先発かな?当然相手は攻め込んで来るでしょうがアッサリと帰り討ちにし皆でシャーレ上げたいですね。土曜は寒さ対策万全にしてサポート頑張りましょう!

欅通りのサポ 2016/11/30(Wed)22:31:17 編集
無題
昨日はお疲れ様でした。
鹿島国で負ける気はしませんでしたが、点が決まるまで落ち着きませんでした。

仰る通り、PKは微妙でしたね~。
きっと前半の糞ジャッジのせめてものお詫びかもしれませんね(笑)
これで、「大きすぎない」アドバンテージを得たので、第2戦はプレッシャーも少ないかもしれませんね。
なにはともあれ、鹿島国で勝てて良かったです。

お誕生日だったんですね。
おめでとうございます。
素敵な一年になりますように^^
みんみん URL 2016/11/30(Wed)22:55:18 編集
無題
こんばんは。

チャンピオンシップ第一戦の勝利おめでとうございます。
試合はテレビで見ました。
0対0でハーフタイムをむかえたことが勝因ではないでしょうか。
試合の前半レッズは試合の感覚が鈍っていたように感じました。
アントラーズの選手に比べレッズの選手は接触プレーで負けてるというか、体の使い方が下手だったですね。
後半になって、いつものレッズらしさが見られました。
次の試合、勝つか引き分けでレッズの優勝が決まりますが、油断大敵です。
アントラーズは試合終了のホイッスルを聞くまで安心できないチームだと思います。
サッカー素人 2016/11/30(Wed)23:16:26 編集
コメントありがとうございます
もときさん
こんばんはです。
今回はおっしゃる通り、いつもは攻撃参加する槙野と森脇が守りに徹する時間が多く見られましたね。特に槙野はかなり自重していたと思います。後半は鹿島に押し込まれまくっていましたが、結果的にこれがレッズの守備意識を高めた部分もあるでしょうね。
イエティーのジャッジに関しては、まあ良くも悪くもイエティーらしいものでしたね。問題のPK判定は、見方によってはファールに見えますし、反対の見方によってはPKは厳しいと思われる部分もあります。なので判定は主審の判断の域を越えないレベルとして、決して誤審ではないと思われます。それよりレッズとしては、2度のカウンターチャンスを流してくれなかった下手なジャッジの方が問題でしたね。
ちなみに自分も柏木の足上げは笛を吹かれるかと思いました。関根のハンドは気付きませんでした。
さて次ですね。1点のアドバンテージはありますが、次は確実に攻めて来る鹿島に絶対に失点しない事ですね。合計1ー1ならレッズの優勝ですが、逆にそれ以上失点するとアウェーゴールのアドバンテージが鹿島に移ってしまうので、とにかく第2戦単体で勝つ意識が大事ですよね。そしてルヴァン以上の歓喜を味わいたいです。

あきらさん
こんばんはです。
今回は西川口までランニングですか。体力ありますねぇ(笑)
試合はおっしゃる通りかなり泥臭い内容でしたが、泥臭いサッカーが本意ではないミシャサッカーで泥臭く勝てた事は、ミシャサッカーの幅を拡げる意味で価値があるものになったと思います。まさに執念の賜物と言えた内容でしたね。
さあ後は3日の第2戦を凌ぐだけですね。当日の夜はすべてのレッズサポが10年ぶりのリーグ制覇の歓喜を味わう時です。力も盛り上がる事でしょう。またGGRで力が映されるはずなので、優勝したら後で映像チェックしてみますよ。良いジンクスが続く事も切に祈ります。
うえ URL 2016/12/01(Thu)19:21:34 編集
コメントありがとうございます
カミカゼレッズさん
こんばんはです。
イエティーのジャッジに関しては、我々より選手の方が、かなりイライラしていましたね。選手がイエティーに詰め寄る回数が尋常じゃなかったです。それでも過去のイエティーから比べたら、幾らかマシに見えたのも問題ですかね(笑)
まあテレビ中継に関しては、民放なので相変わらずな調子でしたね。民放の中継は少しでも視聴率を得ようと、その為に無理にでも盛り上げるように台本にしつこい位のキャッチやフレーズが仕組まれているので、その台本を元に仕事をさせられる実況や解説もある意味で大変かと思います。まだサッカーのわからないような芸能人を呼んで執拗に番宣するようなものではなかっただけマシと思っています。
ちなみに自分民放中継の場合は実況も解説も耳障りな時が多いので音量を落とすんですけど、それでも松木が登場した時に、最低限に絞った筈なのにスピーカーからもの凄い声が(苦笑)。松木どんだけ声がデカイんだよって感じです。まだメインの解説が金田氏と大将だったのがせめてもの救いでした。大将って解説してる時だけは冷静に喋りますから。バラエティになると松岡2世になりますけど(笑)
さあ泣いても笑っても次で決まるので、当日は悔いの残らないよう優勝目指してサポートあるのみですね。それでも勝ち点で15も下のチームに優勝される事だけは絶対に許されないので、とにかく優勝レッズで安堵したいです。
優勝して、落語を楽しみにしています。

与野さん
こんばんはです。
アウェーゴールをひとつ奪って、守備では後半攻勢を仕掛けて来た相手に壁を作って跳ね返しました。最低限であり理想の勝利を手に入れたと思います。
球際もかなり強く激しく行っていたのが印象的でしたね。まあ鹿島もファールが多くて、途中からラグビーみたいな肉弾戦になっていましたが。
駒井はいつものスピードで抜き去るプレーが見られなかったのも、ボールを失わない為の意識があって硬くなっていた部分があったと思います。第2戦に期待です。
うえ URL 2016/12/01(Thu)19:21:53 編集
コメントありがとうございます
Mr.Tさん
こんばんはです。
余りに試合間隔が空けられてしまったので中弛みを心配していたのですが、それも杞憂に終わってくれて先ずは安堵でした。
鹿島相手に落ち着いた試合運びが出来たと思います。相手のホームですし、鹿島もそれなりに力を入れて来る事は予想していました。その通り後半はかなり押し込まれていましたが、レッズは高い集中力で虎の子の1点を守り抜きましたね。体力面も、試合間隔が空いた事で万全のチャージが出来ていたようで、最後まで運動量が落ちませんでした。逆に鹿島は終盤少し攻め疲れが見えて、パス回しもミスが増えていましたね。おっしゃる通り先の川崎戦が少なからず影響していたと思います。
第2戦のレッズはルール上1失点までは許されますが、鹿島からしたら最低でも2点を取らないと駄目な状況なので序盤から攻めて来るでしょうから、レッズとしては先ずは失点しないサッカーが必要ですね。ただ90分ずっと守り続けているのも無理なので、出来るだけ敵陣でのプレーを増やしたいところです。カウンターがはまれば良いんですけどね。とにかく2失点してしまうと鹿島が優位になってしまいますから、そこを序盤からしっかり守るか、それとも通常のやり方で勝ちに行くのか、チームとしてハッキリしておいた方が良いですね。

宮崎レッズさん
こんばんはです。
ゲームが動いたのがPKのみという内容になりましたが、おっしゃる通り年間勝ち点1位のご褒美かもしれませんね。そのPKを得たのが興梠というのも運命的ですね。鹿島は誤審と騒いでいますが、とにかく興梠は過去のオフサイドゴールといい去年の曽ヶ端ポロリ誤審といい、古巣相手に色々やってくれますね。お主もワルよのぅ大賞爆進中です(笑)
3日は興梠パパのお店も盛り上がりで凄い事になりそうで、ここは宮崎のレッズサポ全員集合ですね。これで優勝して大祝賀会の大盛り上がりになれるよう、現地の我々も精一杯応援しますので、強い勝利の念を埼玉に送ってください。
うえ URL 2016/12/01(Thu)19:22:11 編集
コメントありがとうございます
ハートランドさん
こんばんはです。
ありがとうございます。勝利が何よりのプレゼントになりました。
内容は特にPKで先制後はほとんど鹿島に押し込まれて防戦一方になりましたが、ハッキリとしたセーフティーな守備のやり方で見事に防ぎきりましたね。いつもは攻撃を意識するあまり自陣ゴール前で人数が足りなくなり失点するのがパターンでしたが、今回は無理に前に行かずにゴール前に人数をかけて壁を作って跳ね返していました。とにかく1点を守りきるという
意識を貫き通した形ですね。鹿島からしたらホームで1点も取れず逆にレッズにアウェーゴールを奪われた精神的ダメージは確かに大きいでしょうね。
ただおっしゃる通り、欲を言えば追加点が欲しかったところですが(追加点を奪えていたらほぼ決まりでしたから)、ただ仮に追加点を狙いに行っていたら、自陣ゴール前の人数が足りなくなって逆に失点していたかもしれない内容でしたので、結果的に今回はこれで良かったと思います。
ただちょっと鹿島に危険なシュートを撃たれ過ぎではありましたね。枠に来られたら入れられていたレベルのシュートもありました。この辺は次までに鹿島も修正して来るでしょうから、レッズとしては危険な位置でシュートを撃たせない守備や、セットプレーを与えない守備も必要だと思います。
後は第2戦でも如何に集中力を切らさず冷静に戦えるかですね。おっしゃる通り色気を出してしまったら必ずそこを鹿島に漬け込まれるでしょうから、レッズとしては第1戦の戦略をベースにすれば良いと思います。
さあ、必ず歓喜の瞬間を迎えましょう!

FREE TIMEさん
こんばんはです。
先ずは大きな勝利になりましたね。試合間隔が空き過ぎていたとは思えないチームの仕上がりぶりだったと思います。ミシャにしては珍しく鹿島対策を練ったのでしょうね。ミシャ自身、準決勝で等々力に視察に行っていた成果も現れたと思います。
アウェーゴール1点のアドバンテージを抱えてホームで戦えるのは大きいですね。歓喜の瞬間まであとひと踏ん張り。土曜日は、今度こそレッズがシャーレを掲げる姿を信じて埼スタ集結ですね。
うえ URL 2016/12/01(Thu)19:22:28 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
火曜日は鹿島国までお疲れ様でした。平日ナイターで鹿島国まで行かれた皆さんには頭が下がる思いです。モツ煮は残念でしたが、代わりに素晴らしい勝利になって本当に良かったですね。
試合前は相手は鹿島ですしあっちのホームですから最低限1失点も覚悟していましたし、レッズとしては1ー1でもアウェーゴールさえ奪って負けないでホームに帰れれば先ずは良いかな、なんて思ってもいましたが、それが守りに守って完封勝利になるとは嬉しい誤算でした。
おっしゃる通り、槙野と森脇が自重していたのか、かなり守備的になっていたのが影響ですね。この二人は攻め上がるもボールを失うと即ピンチになる諸刃の剣ですが、逆に守りに徹すればミスさえしなければ敵を完全に封じる力もあるという事ですね。もちろん西川や遠藤や阿部の守備も効いていましたし。守備にベクトルを傾ければ当然攻撃力は減りますが、そこはPKで得た運もありで、その虎の子の1点を守るには理想的な守備が出来たと思います。PK判定と流さない判定のイエティーには感謝半分イライラ半分でしたが(笑)
さあ、あとは第2戦を凌ぎきれば歓喜を迎えられますね。そのための戦い方が本当に重要になって来ますが、最低2点が必要な鹿島の姿勢は始めからわかっていますから、あとはレッズがそれを如何に対応するかですね。ただおっしゃる通り完全に受け身に回ってしまうのは危険ですから、基本はレッズがいつものサッカーでポゼッションは維持したいですね。そこに攻め急がず守備意識はあくまで第1戦通りで良いと思います。あとは集中力が鍵ですね。
とにかく泣いても笑ってもあと1戦で全てが決まりますね。悔いの残らないよう、絶対に、今年こそリーグ優勝しましょう!

欅通りのサポさん
こんばんはです。
今レッズを応援しているのも、親が埼玉に引っ越して来て自分を産んでくれたからこそですからねぇ(笑)
さて試合ですが、鹿島相手に大人のサッカーが出来たと思います。昔レッズが鹿島に勝てなかった頃は、今回レッズがやっていたような事を鹿島にやられていましたからねぇ。それを考えると時代は大きく変わりましたね。そういえばどっかのスポーツ新聞にも「本来鹿島がやりたかったサッカーをレッズがやっていた」なんて書かれていましたが、その通り鹿島が本来持つ”したたかさ”も今回はレッズが持っていた感じでしたね。まあ勝つ為には手段を選ばないとまでは行きませんが、やはり強いチームにはある程度のしたたかさ、マリーシアは絶対に必要で、それを含めて真の試合巧者になれると思っています。
鹿島は柴崎が復帰して来たのとファブリシオは確かに不気味ですが、それを封じてこそ優勝する価値が上がるので、しっかり守り抜いてほしいですね。第1戦のような集中力が持続出来れば大丈夫でしょう。
土曜日、さすがに12月のナイターは寒いですが、そこを熱いサポートで優勝して、更に熱い夜にしましょう!
うえ URL 2016/12/01(Thu)19:22:44 編集
コメントありがとうございます
みんみんさん
こんばんはです。
ありがとうございます。勝利という素晴らしいプレゼントを得て嬉しいです。そして火曜日は平日ナイターの中、鹿島国まで大変お疲れ様でした。最近負けていない鹿島国なので勝利は信じていましたが、さすがに鹿島も大舞台に強いチームだけあって、後半はかなり押し込まれる展開が続きましたね。微妙なジャッジで得たPKとはいえ、この1点が後半早めに取れていて本当に良かったと思える内容でした。まあイエティージャッジは終始相変わらずメチャクチャなところがありましたが(笑)
おっしゃる通り「大きすぎない」1点というアドバンテージは、逆に気を緩める事が出来ない、油断しないという意味ではちょうど良い数字かもしれませんね。仮に2点先行していたら逆に気が緩むかもしれませんので。あとは第1戦同様、集中力を切らさず守りつつ戦ってほしいところです。

サッカー素人さん
こんばんはです。
ありがとうございます。先ずは敵地でアウェーゴールを奪っての完封先勝で、少し安堵です。おっしゃる通り前半0-0だったのは大きいですね。レッズの場合まだ試合に入り込めていない前半は様子見も含めて0-0で、後半に先制するパターンは我慢のサッカーが出来ている時なので、こういう試合になると1点勝負で勝てる確率が高くなるのも事実です。
接触プレーに付いては鹿島がかなりラフに来ていた面もありますが、レッズは基本的にフィジカルではそんなに強くない選手が多いので、肉弾戦で来られると倒される場面がどうしても少なくないですね。ただそこで上手くファールをもらっていたのは上手かったと思います。
これで優勝に向けて確率は上がりましたが、おっしゃる通り大舞台に強い鹿島が相手なので、引き続き油断しない戦い方が必要ですね。本当にサッカーは最後の終了の笛まで何が起こるかわからないスポーツなので、サポートも気を引き締めたいです。
うえ URL 2016/12/01(Thu)19:23:01 編集
無題
うえさん、こんばんは。

先日はシーチケのアドバイス有難うございました。ただ我が家は指定席で座って観戦が多いんですよ~。なので一人だけというのは残念ながら厳しい状況です。(笑)

試合の方は後ろの三人が守りに徹してくれると安心・・・とはいえハラハラしながら見てますが(笑)、見ていて頭に来るような失点が無くて良いですね。

3日の試合は県民優先抽選で無事ゲットしましたので当日はヨロシクお願いします。
チームU 2016/12/01(Thu)22:29:23 編集
コメントありがとうございます
チームUさん
こんばんはです。
何やっても不安が拭えない森脇は別として(笑)、フィジカルの強い槙野や、頭脳的守備がピカイチな遠藤が守りに徹してくれると、少なくも不用意な失点は確実に減るはずなんですよねぇ。まあ基本後ろから繋ぐミシャサッカーだと、守備優先は今回みたいにあくまで特例になってしまうのが問題ですけど・・・。
シーチケの件は大変失礼しました。指定席事情を考慮せず、うっかり自由席の感覚で書いてしまいました。申し訳ないです。
そしてCS第2戦チケットを無事ゲットおめでとうございます。もうあとは絶対に優勝するだけですね。土曜日の夜は必ずや大歓喜を味わいましょう!
うえ URL 2016/12/01(Thu)23:23:29 編集
無題
CSは数少ない地上波で誰もが観れるJリーグです。
コウくん 2016/12/02(Fri)10:54:00 編集
コメントありがとうございます
コウくんさん
初めまして。
確かにそういう意味では、チャンピオンシップも貴重な役割を果たしていると言えますね。まあこの辺は1シーズンの努力を優先するか、スポンサーが付いたメディア露出を優先するかというところですね。
うえ URL 2016/12/02(Fri)19:22:54 編集
この記事で失礼します
うえさん。こんばんわです。正直敗戦直後の記事が更新されてからコメントしようと思いましたが、うえさんの手厳しい記事がきそうな予感(苦笑)が今の自分には耐えれないと思いましてこちらからコメントさせて頂きます。今年のリーグも残念というか制度のアレである意味理不尽な結果になりました。正直負けたのは事実ですが受け入れることがなかなかできません。それと少し恐怖でテレビを見ることもできなかった自分のチキンさにも情けないです。選手もいつもと違いました。ミシャもテンパりました。原因は多々あれども本来なら優勝で2冠だったのにと思うと悔しくてやり切りないです。もやっとします。正直この結果で今年ルヴァン取ったのに失速とか監督だめだとかあちこちで言われるのが悔しい。今年1年本当にこの1試合で断罪されなきゃいえkないくらい選手監督情けなかったんでしょうか?すいませんうえさんのブログなのにちょっと自暴自棄になっていまいました。いろいろ胃がキリキリしそうな結果ですが何とか浦和それとサッカーは嫌いになりたくないように踏ん張ります。ヤケ酒は程々にしましょうね(涙
ひろまろ 2016/12/04(Sun)00:41:11 編集
コメントありがとうございます
ひろまろさん
こんばんはです。
ご安心ください、敗戦記事は予想よりは意外と冷静な内容になっていると思います、一応(苦笑)
まあ、ある意味でなくても本当に理不尽なルールでありますね。うち同様犠牲になった川崎もそうですけど、あれだけ勝ち点差がある鹿島に順位もタイトルも全てを奪われてしまいました。メチャクチャですよね。
でも、でも、ルールはルールなので、・・・と割り切るしか、今は、もう・・・。
チャンピオンシップ単体だけならば、第2戦のズッコケぶりは断罪レベルで構わないと個人的には思います。それだけ監督采配も不味かったですし、選手も駄目な部分が多かったですから。ただあくまでチャンピオンシップ単体です。なので全体では失速ではないと思います。つまり1年で得たものとチャンピオンシップは全く別に考えた方が良いと思います。あくまで数字は。またチームの成長云々は別ですけどね。
ちなみに、こんな日ですから、自暴自棄で良いんです。言いたい事をぶちまけて、それでスッキリしちゃいましょう。スッキリしたあとは、それでもレッズを好きな事に変わりはないという事を再認識な流れで良いと思います。
あとは、ヤケ酒飲んで数日は現実逃避で頑張ります(笑)
うえ URL 2016/12/05(Mon)18:40:40 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第4節 ガ大阪1-1浦和 得点/57分・今野(ガ大)、90+3分・ラファエル シルバPK(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第5節 神戸-浦和(ノエビアスタジアム神戸=4月1日16:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8 9 10
12 13 14 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]