忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[764]  [763]  [762]  [761]  [760]  [759]  [758]  [757]  [756]  [755]  [754
J1リーグ第31節
浦和レッズ0-3ジュビロ磐田
~埼玉スタジアム2002

甲府の先制に悲鳴、マリノスの怒濤の逆転に歓声、・・・そんな試合開始前の埼スタの風景。
これが残留争いの姿であり、他力でも何でも、ライバルチームが負けてくれた事に関しては、恥も外来もなく素直に喜んでいた自分。そして、この後レッズが勝てば、グッと勝ち点差を拡げられる・・・!!

というビッグチャンスをこれまでも尽くフイにして来たのもレッズであった。
そして、今回も・・・

111103vsIWATA.jpgレッズらしい、なんて悠長なことを言っていられない。今日の負け方、ひじょうに不味い。ここに来て0-3という数字は、ハッキリ言って大問題である。
先ず、最後は勝ち点差が並んだら得失点差が重要になる残留争いにおいて、大量失点で得失点差を減らしてしまうのは、ひじょうに不味い。幸い甲府が得失点差ではかなりのマイナスである現実があるからまだ良いものの、まだ上には新潟や大宮が居るのだ。これらのチームと得失点差を争う事態に陥るかもしれない事を考慮しておかないといけない。
そしてレッズにとって、3失点大敗というショッキングな数字は、メンタル的にも不味い。これまで得点が取れなくても、平均的には最低限の失点を保ってきている守備陣であったが、ここに来ていきなり3失点は痛い。
失点の仕方も非常に不味い。セットプレーからあっさりやられるのも一応問題なのだが、後の2失点は守備陣の不味い守備からのカウンターによる失点。2失点目なんて完璧に競り走り負けだし。一昔前の失点パターンだったよ、あれは。それに今シーズンは、去年までの反省を踏まえてポジションを崩さずカウンター対策に重点を置いていて、確かにカウンターからの失点は減っていたはずなのに・・・

ナビスコファイナルで耐えていた守備陣の姿は、一体何処に行ってしまったのか。いや、ファイナルの話の続きを言えば、攻撃はファイナルと同じく結局得点の匂いがしなかった。やはりセルの1トップでは無理なのだと思う。いや、もともと誰がやっても、1トップ自体が機能していなかったチームなんだし。
サイドアタッカーに多くの得点を期待しなくてはいけない現実もきついものがあるが、それでも今シーズンはその単騎突撃でゴールに迫る場面も少なくなかった。それでも、そもそもゴールゲッターが居ないまま来てしまったツケが、秋以降のレッズの得点力不足に拍車を掛けているのも事実。
そしてペトロから堀に代わり、多少戦術が修正されて、個人攻撃を減らしてパスで崩そうとする要素が増えたようだ。ただそれが、いつぞやの”単なるパス回し”に終わってしまっている部分が否めない。それでいて原口が押さえ込まれてしまうと・・・これだと攻撃の手がない・・・

で、こうなると、どうするんだ?どう攻めて、どう守るのか?って事になるんだけど・・・
守備は、まだ方法はある。今日は前掛かりになって選手が乱れたからこそカウンターを喰らった。ここをしっかり修正すれば改善されるだろう。
ただ問題は得点の匂いがしない攻撃であり、個人的には、ナビスコファイナルと今日の磐田戦で、極度の手詰まり感を感じてしまっただけに、・・・この手詰まり感を打開する方法は、果たしてあるのだろうか?
2トップに変えるとか、マルシオが復帰すればとか、直輝なら、とかで打開出来れば一番手っ取り早いんだけど、基本的には、堀の手腕に期待するしかないし、打開してもらわないと困るのだけど。
それこそドン引きカウンター戦法でも・・・

------
J1リーグ第31節 浦和0-3磐田
得点/12分・前田(磐)、54分・山崎(磐)、67分・前田(磐)
主審=廣瀬 格
観衆:34,263人
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
うえさん…

あぁうえさん…

お疲れ様です。


前田には警戒していたのですが、やっぱりやられちゃいましたね…

しかし、甲府もコケてくれたのがせめてもの救いでした…

こんな勝ち点を広げられるチャンスに勝ちきれないのがレッズの体質なんですかね!?

残り試合も少ないですが、後は神頼み…


なんでしょうか!?

選手には大袈裟ですが、残り試合死ぬ気で臨んでほしいっす!!

サポも死ぬ気で行くからには…
沖縄の赤い悪魔 2011/11/03(Thu)22:47:40 編集
非常にがっかり
進歩がない…

浦和レッズよ、今日は埼スタへ何しにきたんだ?

これであわよくば
勝てるとでも?


このごにおよんで
理解出来ないゲームを見せられるのは
コリゴリだ!!
コーク 2011/11/03(Thu)23:00:33 編集
無題
こんばんは。お疲れ様です。

私が見に行った試合の無敗記録が今日途絶えました。そもそも今のチーム状況からしてスタメンのあの布陣は有り得ないと思います。同じメンバーでも2トップに元気とセル、2列目に峻希と梅崎、そして柏木と小島のダブルボランチにしていればもしかしたら違ったかもしれません。

とにかく4-1-4-1のシステムは、今のレッズには合わないのは確かです。本職ボランチの選手が少なく、ランコと高崎もイマイチな今の状況でこのシステムでは、得点の匂いが全く感じられなかったのも当然の結果ですね。これではフィンケが犯した間違えを繰り返してると言わざるを得ませんね。沖縄の赤い悪魔さんが言うように甲府が負けてくれたのがせめてもの救いですね。
アニメ統計学者 2011/11/03(Thu)23:08:23 編集
かーーーっ!
お疲れ様でした。グッタリ…。
今日の試合で磐田の残留が来まったみたいです。
あちらも必死だったのでしょうが、それ以上に必死にならなきゃいけないのは、レッズなのに!こんな試合…。ヤバイです!情けなかったです!
もうしのごの言ってる場合じゃないです!
勝つためになにするか、残留するにはどう戦うか、現実的に手を打って欲しいです。どうせ決める形の無いチームなんだからなんでも出来る!はず!
っくしょー!!絶対残留!!
ECHO 2011/11/03(Thu)23:10:28 編集
無題
今晩は 参戦お疲れ様でした。とりあえず甲府負けたのが唯一の救いでしたね。3万4千人入り、選手のバス沿道からコールとチャントで出迎え。しっかり気合い入ってたのサポだけでしたか?残念です。スタメン発表で友人達と、期待もありましたが<ジュビロ相手に19歳のアンカー1人ではキツイ>と危惧した通りになりましたね。勿論小島一人のせいではなく、ともかくバイタルでのプレス甘すぎると思います 相手の飛び出し、ワンツーにレッズの中盤対応しきれてないように見えました。2週間でどれだけ修正出来るか、堀さんの腕に期待します。

それと、前から気になってましたが負けるたびに泣くってのもどうかなと、悔しさ、サポも同じなんだしね。さあ~これからヤケ酒です
欅通りのサポ 2011/11/03(Thu)23:19:52 編集
無題
こんばんは。
本当に残り3試合に大きな不安ばかりを感じる敗戦でしたね。
それと今日のジュビロは好守ともキレキレだったので、次節の甲府戦にも浦和戦のようなサッカーをしてくれる事を祈りましょう(爆)
次節はリーグ最少失点を誇る仙台との対戦。
勝つ以前に得点を奪えるのかが心配ですが、こういう時だからこそサポートしていきましょう。
FREE TIME URL 2011/11/03(Thu)23:45:10 編集
これでは…
おはようございます。

率直な気持ち、見ていて腹が立ちましたね… 見せ場も決定的な場面もなく、昔言葉なら“入場料返せ”という感じでした。中盤をコンパクトにして伸び伸びとプレーする磐田に対して、組織的にも個人的にもミスが多く、トラップミスやパスミスから簡単にボールを失いカウンターを食らう…セル、原口は完全にマークされて何も出来ず…動き出しもなく、ロングボールや縦パスも全く見られないチマチマサッカー…

甲府が負けて、大きなチャンスだったのに…残留争いはこれでほぼ浦和と甲府の争いになりますね。でも昨日のような試合をしていては甲府の結果次第という事になってしまいますよ。


昨日は同僚と一緒に指定席観戦でした。言葉もなく、ジーッと見ているだけでしたよ…
なんとかしてもらいたい、本当にドン引きカウンター縦ポンでも何でもいいから勝ってもらいたい…そんな感じです。お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2011/11/04(Fri)08:56:48 編集
無題
もはや浦和が残留するのに最も現実的な結果は甲府が3連敗することしかなくなったのかな位に思えてきました。
しかしきちんとした攻撃の形がある甲府にとってあまり現実的ではないですね。
まだ自力残留の可能性があるのにもかかわらず、他力本願になってしまうのって哀しくて、寂しいです。

もう奇跡に期待するしかないのでしょうか?
でも奇跡って起こすだけの準備と能力が必要だと思うのですが…。
例えばテストで毎回0点だった学生がいきなり次のテストで100点取るってあり得ますかね?
勿論、バレなければカンニングしてでも100点取って欲しいな、レッズには。
れっどすねーくかもん 2011/11/04(Fri)09:37:58 編集
無題
負けてるのに、選手のダルいプレーは見ていてきついですね。
これじゃあ誰が監督をやっても同じです。

甲府や大宮云々よりも、先ずは自分達のサッカーをきちんと示してほしいです、2トップ良かったのに、何で戻したんでしょうかねえ~

それとセルよりランコの方が得点の匂いがします、堀さんより選手もっと頑張れ!
からくり士 2011/11/04(Fri)11:59:11 編集
コメントありがとうございます
沖縄の赤い悪魔さん
こんばんはです。
体質、でしょうかねぇ・・・。お付き合い体質というか、チャンスを生かせないというか、大事なところで、いつもこれがレッズ・・・なんですよねぇ。
ぶっちゃけ、残留できるなら神頼みでも運でも良いですから、とにかく”それ”を引き寄せないといけませんね。もちろん選手には、去年最終節の神戸のように、死に物狂いで戦ってほしいですが・・・

コークさん
こんばんはです。
埼スタへ・・・パス回しの練習しに来たと思われても仕方のない内容・・・今節はパス練習、ナビスコファイナルは守備練習・・・次は攻撃の練習・・・になってくれないとバイタルにすら侵入出来ないので、意図したサッカーをしてほしいですね・・・
うえ URL 2011/11/04(Fri)18:31:51 編集
コメントありがとうございます
アニメ統計学者さん
こんばんはです。
自分は4-1-4-1というシステムの良さがイマイチわからないので余り深い事は言えないのですが、少なくとも今のレッズでは、1トップが可能な選手は皆無だという事だけはハッキリ言えると思います。それにセルの1トップに拘るならば、ポストプレーだけでも避けるべきですね。ボールが収まらないセルに毎度預けて敵にボールが渡るのに、それでも繰り返す意図がわかりません。
中盤だけやたら厚くしても、パスをエリア外で回している内にゴール前を固められて、そこから先でまったく攻め手がないので、結局そこまでで終わってしまう・・・まさにフィンケの時にやった大失敗の二の舞ですね。自分的にも、これだけはやってほしくなかったサッカーになっているのがショックです。この中断期間に徹底して修正とてくれる事を期待するしかありませんね。

ECHOさん
こんばんはです。
選手達も頑張っているのでしょうけど、今回に限って言えば、プレーに必死さが見られないというか、明らかに覇気が薄かったのはひじょうに不味いですね。磐田の山崎のようなゴールに繋がる気迫あるプレー、あれを今のレッズの選手が出来るかと言えば、誰も出来ないかもしれませんね。それだけ「絶対に残留してやるんだ!」という気迫が、プレーからは余り見られなかったのが残念です。少なくとも、残留を目指して戦っているチームとは思えない気の抜けた内容。ボールをクリアするにしても”後は別の選手がどうにかしてくれるだろう”的な感じで雑だし、そういう怠慢も見えた内容でした・・・
うえ URL 2011/11/04(Fri)18:32:13 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
こんばんはです。
選手のコメントを読んでも守備の約束事が少ない(無い?)らしくて、結局相手の出方を待って対応するので、常に後手を踏む形で敵のパスワークに対応出来ないのでしょうね。
それにしても、確かに、どうも涙が多いですよね。前も”泣きたいのはこっちだ”なんて記事を書いたのを思い出しましたが・・・、とにかく負けて見せる涙も、こう毎回見せられると逆に冷めてしまうというか、おっしゃる通り悔しいのはサポも同じですし、原口や柏木には「男が簡単に悔し涙を見せるな!」と檄を飛ばしたいです。

FREE TIMEさん
こんばんはです。
いやー、ホントに磐田には、甲府相手に今回と同じようなサッカーで勝ってもらわないといけないでしょう。それだけ、他力本願でも、そうしてもらわないといけない状況ですし。
でも堀が、この中断期間で、きっと仙台戦に向けてチームを作り直して来てくれると、そう願うしかありませんね。我々はスタで声を張り上げるのみですね。
うえ URL 2011/11/04(Fri)18:32:33 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
ゴール裏でも彼方此方から怒声が響いていた90分、同じような気持ちのサポが沢山居た事でしょうし、とても残留争いをしているチームのサッカーとは思えない、ゴールに向かう必死さが見られないサッカーでしたね。せめて、スローインひとつ、クリアひとつに関しても、ああもアッサリ敵にボールを”渡してしまう”かのような怠慢サッカーだけはやってほしくないですね。
しかし現実問題として、このまま同じ戦い方を堀が選んでしまったら、恐らく磐田戦の二の舞になると思います。そうならないように中断期間でチームを作り直してくれるとは思いますが、ただおっしゃる通り、チーム状況からいけば、甲府次第という面もありますよね。それだけチーム状況はますます深刻だと思います。これまでの監督と同じく、堀にも変な理想がこびりついているのだとしたら、それをかなぐり捨てて現実的なサッカーをしてほしい・・・!

れっどすねーくかもんさん
こんばんはです。
おっしゃる通り、0点がいきなり100点になる訳が無いですし、甲府とレッズの明らかな違いが、残留争いの現実的なサッカーをしているか否か、そして点を決めるべき選手が居るか否か、この差があまりに大きい以上、レッズがいくら頑張っても、やはり甲府次第となってしまう、そういう心情も仕方ないかもしれません。本来であれば情けない話ではありますが、もはや理想を語る時期でもないですし、やはりそれが現実でもありますね。
まあドラえもんでもいれば、秘密道具で0点を100点にしてくれるのでしょうけど・・・(苦笑)

からくり士さん
こんばんはです。
2トップ派の自分としては、それを1トップに戻してしまったのは大きな疑問ですね。もちろん堀には堀の考えがありますし、自分の考えたフォーメーションでユース時代の教え子が、トップでもこれで機能すると信じて採用したのかもしれませんが・・・
とにかく今、明確な自分たちのサッカーというものが無くなっている状態。それでも戦わなくてはいけない現実・・・
うえ URL 2011/11/04(Fri)18:32:52 編集
無題
梅の言ってたとおりナビスコからの切り替えができてませんでしたね。何かあの続き(敗戦のモチべーション)を見ているようでした。疲れ?からか前半から個人プレーばかりが目立ち、残留へ向けて闘っているチームとは思えない「気」の感じられない試合でした。これじゃ勝てる訳がない。

その上、ゴリゴリのセル(もっとシュート練習しろ!)に今さら山田暢をサイドバック?経験値の無い小島をなぜアンカーに、なんでマゾーラと来るか?…などなど。選手起用が十万石じゃないけど「不味い、不味すぎる!!」。

うえさんが「打開策を」とおっしゃっていましが、もうここまで来たら云々より「死ぬまで闘う」しかない。あと3戦「気」の感じられない試合などしてはならない。選手には「自分の人生かかってだろ?」と言いたいです。
りょりょ 2011/11/04(Fri)18:52:32 編集
司令塔
お疲れ様です。後半の途中からテレビ観ました。試合終了後もベンチに座り込み、悔しさを噛み締める柏木選手にカメラマンは容赦ないフラッシュを浴びせていました。テレビカメラはロッカーへ引き上げる柏木選手を追いました。選手入場前に選手たちが待機するロビーのようなところで柏木選手は手に持っていたヘアバンド(?)とパッド(?)を床に叩きつけ、蹴散らしました。よほど悔しかったのでしょう。でも、練習ボール等重たい用具を背負いながら引き上げる裏方さん(エキップ?)に散乱物を拾わせてはいけません。裏方さんも調子の出ないチームにつらい思いをしながら一緒に闘っているのです。選手のベストパフォーマンスを念じながら真心こめてスパイク等のメンテをしているはずです。裏方に徹しているからといって柏木選手の廃棄物処理はミッションではない。悔しさを爆発させたしまった行為とはいえ、誰かが片付けるだろうという傲りや甘えが少なからずとも垣間見えてしまった光景でした。チームが一つになって全員で闘い抜かなければならない最大局面を迎えています。ビッグクラブの司令塔として、今回の悔しさをバネにピッチで勝利という形で晴らしてほしいものです。
詠み人知らず 2011/11/04(Fri)21:04:35 編集
無題
昨年までは磐田に負けると何となく取りこぼした感がありましたが、今や格上の相手になりつつありますね(汗)

うえさんのおっしゃる通り、どん引きのカウンター作戦ハマると思いますよ。今や浦和相手なら勝ち点3取らなきゃいけないと考えるチームが多数になってきてると思います。残り3戦も、上位に食い込みたい仙台・最後に意地を見せたい福岡・優勝のかかってる柏、全て浦和相手に勝ちに来ますからね。どん引きカウンター作戦いいんじゃないでしょうか?
いろは 2011/11/04(Fri)22:10:07 編集
コメントありがとうございます
りょりょさん
おはようございます。
試合内容を観る限りでは、ナビスコファイナルと同じような展開で手も足も出ず、しかも今回は3失点。やはり切り替えが出来ていなかったと言わざるを得ないでしょうね。4-1-4-1という、個人的には良くわからないフォーメーションで、そこに選手がまったくフィットしていないのも明白ですし。
とは言うものの、どの選手を使いこなすかは堀の手腕次第なのですが、打開策が無いとすれば、もう選手の気力に望みを掛けるしかないですね。最後は精神論に頼らざるを得ない状況。ここで気力すら発揮できなければ最悪の事態が待っていますし、選手も本当の意味で背水の気持ちで戦ってほしいです。

詠み人知らずさん
おはようございます。
サポへの挨拶時、ヘロヘロになった柏木がチームメイトに付いて行かず、ひとりベンチにへたり込んで、それをスタッフに宥められて引き上げる姿をゴール裏から観ていました。その後にロビーでそんな事があったんですねぇ・・・。昔、プロ野球で某選手が三振の悔しさからメットを叩きつけ割ってしまい、それを観た監督が「道具に対する思いやりすら足りない」として、反省を即す意味でもその選手を出場停止処分にした騒動がありましたが、確かに悔しいやるせない気持ちは痛いほどわかるんですが、物に当たり散らすような姿は、想像しただけでも気分の良いものではありませんね。それを片付けるスタッフの事をも考慮せず、おっしゃる通り、そこに”誰かが助けてくれる”的な甘い考えがあると言われても仕方のない行為です。こういう部分が怠慢や甘いプレーに繋がってしまうのでしょうね。
悔しさはピッチで晴らすものですし、またそうしてくれなければいけません。今回、これをきっかけに柏木がひとつ成長してくれる事を願っていますし、堀にも監督として人間として、柏木に真剣に接してあげて欲しいです。

いろはさん
おはようございます。
かつての低迷していた磐田とは違い、あちらもチームを作り上げて来ている磐田でしたから、今のレッズではある意味で妥当な結果ではありましたね。
残り試合の相手の状況を見ると、震災復興を掲げ今季は無類の強さの仙台、降格決定で吹っ切れている福岡、優勝争いの柏・・・厳しいですね。こういう相手に、今更理想のサッカーは通用しないでしょう。ヘタに策を講じると裏目に出るのはここ2試合で証明されていますし、とにかくしっかり守ってカウンターでも良いので、シンプルに戦いながら勝機を見出すしかありませんね。
うえ URL 2011/11/05(Sat)11:08:35 編集
4-1-4-1って
うえさんこんにちわ。

う~ん、ナビスコの敗北と悔しさを全然闘志に変えてないですね。
ナビスコの後の試合で120分戦った後で疲れがあるのはわかります
主力2人が退場しているのもわかりますが
それにしてはあまりにも情けなさ過ぎる。
ただ残り5試合の状況でもう堀さんを監督にし
新しいシステムも確立されてきたので
今さら色々変えてもより選手達がパニックになるだけです。
ただ次試合までは2週間ありますから
その間にどうするのか注目ですね。
「4-1-4-1」って僕は守備的なシステムだと思うのですが
2トップにするにもデスポと高崎が不調ですし
スピードのセルはいるも高さがいないという
マゾーラはうん今の実力ではJ1では通じません。
突破力はあるけどシュートはただ強く打ってるだけだからなあ。

ただ甲府の負けを願っている場合ではない
浦和のほうが上なんだから。
浦和は勝てばいいんだ。
甲府の負けを願うときは浦和が下のとき
自力残留はできるのですから甲府負けろという願いでは今のチームに自信がもてていないという証拠です。
今は浦和のほうが上ですから選手もサポーターも甲府の負けより自分達の勝利に向かって戦いましょう!

みーさん 2011/11/05(Sat)12:01:56 編集
無題
正直負け方が良くなかったですね~。終盤戦にもなって手探りでやってるようなサッカーをしていては‥‥。うえさんがおっしゃる通り、ドン引きサッカーでもいいんでわかりやすい明確な形をとったほうがいいですね。明らかに磐田、鹿島との完成度の違いを見せられながら、選手たちからは『相手に自分たちのやりたいサッカーをやられた』という言葉も聞かれるなど、理想を求めている場合ではない状況ではないのに‥‥と感じます。
メンバー選考、システムを含め、堀さんには残り三試合の戦い方をリアリストになって考えてほしいですね。今は、未来に繋がる攻撃的なサッカーとか言ってる場合じゃないですよ。J1に残れなくて何が未来だと言いたいですね。
チャラッチ 2011/11/05(Sat)15:13:39 編集
コメントありがとうございます
みーさん
こんばんはです。
ここに来て大崩れしてしまった今回の試合ですが、やはり選手がどう戦って良いかわからないままパスを回しているだけに見えました。4-1-4-1というフォーメーションが良いのか悪いのかは別としても、攻撃に斬り込むまでの方法がセルに預けて失敗の連続なので、これを繰り返してもボールは繋がらないと思います。ただそれを打開するためのパワーのあるFWも居ないですし・・・ただそれを無理に打開しようと、おっしゃる通り今更色々いじくってもパニックになるだけですし、やはりシンプルに行くしかないのかなぁと・・・
まあ、レッズの勝ちが第一なんですけど、やはり甲府の状況も気になるんですよね。自信という意味では、やはりチームが負のスパイラルにはまっている以上、自信は薄れていると思います。常に後手を踏むサッカーになっているのもその証拠ですし。もちろん、そういう時だからこそチームを元気づけてあげるのもサポの役割ですけどね。とにかく戦うしかありませんね。

チャラッチさん
こんばんはです。
この状況で色々とチームを作り替えるよりは、シンプル・イズ・ベストじゃないですけど、やはりシンプルに行った方が戦いやすいと思います。残り試合数が限られている中での残留争いとなると、チームを作り替える時間が無いばかりか、それに躍起になっていると足下をすくわれますからねぇ。今回の磐田戦もまさにそれだったように思えます。
もちろん先のことを考えるのも大切なんですが、J1に残らなかったら未来も何も消し飛んでしまうかもしれない状況、先ずは”第一目標”だけに集中しない事には始まりませんしね。自分達のやりたいサッカーは置いておいて、J1に残るサッカーを選択してほしいのが率直な気持ちです。
うえ URL 2011/11/05(Sat)19:11:38 編集
先日ユニフォームを久しぶりにタンスからだしました
はじめまして。もう長らくレッズサポを続けている者です。

今年はあまりに忙しくスタジアムどころかテレビでも試合をみれず、結果だけ確認するような状況でした。

しかし磐田戦はなんとか時間をつくり自宅でみました。



正直負けるべくして負けたような印象です…。まるで得点の気配がなく、戦術のないサッカーを90分間するだけ。


選手達は口では絶対残留するだの言っておいて、現実は勝つ気があるのかと思うプレー。


口先だけでなくプレーに表してほしいです。


あと3戦やるしかありません。


今こそサポとチームが一丸となって闘うべきです。がんばりましょう。

長文失礼しました
2011/11/09(Wed)19:03:09 編集
コメントありがとうございます
卵さん
初めまして。
残留に向けて大変厳しい戦いが続きますが、おっしゃる通り、選手も色々と言葉には表しますが、その言葉からは遠いようなプレーが目立ちます。それよりも実際はピッチの上で、自身のプレーで気持ち溢れるような姿勢を表してほしいですね。
もちろんサポも残り3試合、全力で臨むしかありませんし、選手が力を発揮出来るようなサポートを、そして出来る限りサポート頑張りましょう。
うえ URL 2011/11/10(Thu)07:30:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第26節 横浜マ1-2浦和 得点/43分・宇賀神(浦)、69分・ウーゴ・ヴィエイラ(横マ)、79分・武藤(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第27節 浦和―神戸(埼玉スタジアム2002=9月23日18:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[09/18 うえ]
[09/18 東京在住のサポ]
[09/18 うえ]
[09/18 東浦和レッズ]
[09/17 うえ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]