忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[695]  [694]  [693]  [692]  [691]  [690]  [689]  [688]  [687]  [686]  [685
最初は「エッ?」と思っていた原一樹の報道だけど、ここ数日であれよあれよという間にオファー~加入と、本当に獲得するような雰囲気になっているのだが・・・

本当に獲得するのだろうか?これが事実ならば、正直何故レッズが原一樹を獲ろうとしているのかがわからない。補強のポイントが完全にずれている気がする。つまり松井を獲得しようとした意図と被る気がする。
その松井獲得に失敗してしまったのだから、急遽同じようなタイプの原一樹に的を転換したのだろうか。
もっと言えば、サッカー誌で報道されていた通り水面下でレナチーニョ獲得に動いていたものの、それも結局失敗に終わったからだろうか?

原一樹の特徴は何と言ってもスピードを活かした突破力。でもこれは、レッズで言えば達也でありセルであり原口であり、更に梅崎であり、この辺と完全に被っている。この上で、これ以上また同じタイプのアタッカーを獲る意図とは何だろう。原一樹は魅力的な選手である事には間違いないが、実力的にも年齢的にもパンチの効いた補強とは言えない。というか、これでは”補強”にはなっていない。つまりレッズに来ても、上記の選手達と横一線の域を脱しないのではないだろうか。
前にも書いたけど、同じポジションに過剰な補強は、層を厚くするのには大変有効な手段ではあるにしても、元々過密な位置に更に過剰”すぎる”補強は、単なるお金の無駄遣いだと思う。
もちろんここで原一樹を獲る代わりに、他の誰かを放出するというのなら話は変わってくるものの、今の所そういった話は聞かないし・・・

原一樹にしても、レッズに来るメリットって何だろう?
自分が原一樹に抱いている印象は清水のスーパーサブな訳だし、永井が清水に移籍してもまったくフィットしない中で、逆に原一樹は3番目のFWとして活躍していた印象がある。そして昨季こそリーグ戦は10試合2得点と振るわなかったものの、清水はヨンセンが退団し、岡崎もシュツットガルトに移籍が濃厚の中で、それでも原一樹が清水を出る意味があるのだろうか?

うーん、原一樹には悪いけど、何かが違うなだよな、何かが。
どうもスッキリしない。
どうなっちゃってんの?柱のアニキよ・・・?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おはようございます。

原一樹は、前にも話した通りけが人が多いレッズのドリブラーを1人余計に用意する程度の意味しか無いでしょう。セルや達也、原口が全員万全の状態でもレギュラーポジションを争えるほどとも思えませんし、けが人に備えてもう一人余分に用意するぐらいならけが人を減らす努力をするべきではないでしょうか。FWをもう一人補強するなら、現在不在となっているポストプレイヤーを探すべきだと思います。エジミウソンはヘディングが苦手ですし、高崎も長身ではあるもののポストプレイは得意としていないという話があります。
アニメ統計学者 2011/01/09(Sun)11:40:33 編集
コメントありがとうございます
アニメ統計学者さん
こんばんはです。
原は年俸は安いらしいですが、それにしても怪我人を考慮してとなると、贅沢な補強になりますね。ドリブラーが凄い過密になってしまいますね。
ポストプレーが出来る選手は欲しいですが、こうドリブラーばかりになってくると、逆にポストプレーに頼らないサッカーの方が上手く行くかもしれませんねぇ・・・
うえ URL 2011/01/09(Sun)17:26:54 編集
初めて書き込みます
こんちにははじめましてto管理人さん

原獲得はFWを増やす意図では?
永井を取り逃したわけですし。
達也はまず接触=怪我から脱却してほしいです 今年はメンバーをある程度固定できるぐらい怪我人が少なくなればいいなぁ(笑)

そういえば清水の前線が元赤い人たちっぽいですね
赤ちりちり 2011/01/12(Wed)17:53:37 編集
コメントありがとうございます
赤ちりちりさん
初めまして。
怪我の多いこの位置の層を厚くする意図は見受けられますね。そして先ほどついに獲得が正式発表されましたし、来るからには原には頑張ってほしいですね。セルや原口も奮起して良い競争を繰り広げてもらいたいです。
それにしても清水の前線は、永井に小野に、今度は高原ですねぇ・・・(汗)
うえ URL 2011/01/12(Wed)18:33:40 編集
無題
こんばんは
 原一樹の加入は大きいですね。08、09辺りだったでしょうかレッズ戦以外で何度か彼を日本平で見ることがありました。試合中に岡崎は消えてる時間が長かったような印象がありましたが、スピードがあり当たり負けせず泥臭いシュート(ヘディングが特に強かったような)を打つ原は脅威でした。健太氏はヨンセン、岡崎に次ぐ第3のFWと捉えていたようですし、確実に永井よりはポテンシャルは上だと思います。(もちろん永井や小野が後輩の原にもたらしたものの方が大きいとは思いますが…。)彼のプレーがレッズで見られることが楽しみです。
残るは外国人ですね!夏などとは言わせませんよ兄やん!
りょりょ 2011/01/12(Wed)19:51:34 編集
原一樹について
原一樹のオファーを最初に聞いた時は、うえさんと同じく「エッ、なんで?」と思いましたが、獲得してレッズに来るからには、是非頑張って活躍してもらいたいと思います。まだ若いですし、上手く使えばどんどん伸びて行く選手だと思うので、頑張ってほしいですね。
個人的には細貝が抜けたボランチに、即戦力として使える選手が一人欲しいところなんですが・・・お金が無いのもあると思いますが、ボランチの補強はどうするんでしょうかね?
クレイジーマザーファッカー 2011/01/12(Wed)19:53:17 編集
コメントありがとうございます
りょりょさん
こんばんはです。
原は一昨年の清水での輝きが取り戻せれば、期待出来る選手ですね。レッズでは層の厚いポジションにあえて飛び込んできてくれたのですから、それなりの自信も持っていると思います。頑張ってほしいですね。
残る外国人枠はペトロとの話し合い次第らしいですが、それでは遅いような気も・・・

クレイジーマザーファッカーさん
こんばんはです。
原は年齢的には脂が乗っている頃合いですから、使い方次第では大きな戦力になるかもしれないですね。
そして自分もボランチは心配の部分ですね。J1未知数の青山、まだ新人の小島、守備に難のある柏木、ピークの過ぎた啓太、更に暢久や直輝・・・うーん、細貝ほど絶対的な選手が居ないですね・・・
うえ URL 2011/01/13(Thu)18:39:11 編集
こんばんは
原一樹、自分はいいと思いますよ。
もちろん原にベンチで満足してもらっちゃ困りますが、昨シーズンベンチに座ってる選手で流れが代えられそうな選手って‥いなかったですからね‥‥
そのままいればスタメンとれそうだったなかからあえて移籍してきたその精神力を浦和での練習・試合で見せてほしいです。
S.ジェラード URL 2011/01/14(Fri)01:24:22 編集
コメントありがとうございます
S.ジェラードさん
こんばんはです。
これからFWが不足するかもしれない清水の状況で、あえて競争相手が沢山居るレッズに移籍するのは凄い事ですね。国内移籍とはいえ、あえて厳しい道を選んだ原の心意気には共感を持てます。それだけに、レッズでは是非スタメンを勝ち取って、ゴールをあげてもらいたいものです。
当面はセルや原口、そしてなんと言っても達也がライバルになりますね。
うえ URL 2011/01/14(Fri)17:44:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第26節 磐田1-1浦和 得点/21分・ムサエフ(磐)、79分・興梠(浦) ・・・次の試合/天皇杯4回戦 浦和-鹿島(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場=9月20日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8
10 11 12 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/20 うえ]
[09/19 サッカー素人]
[09/19 うえ]
[09/19 東浦和レッズ]
[09/18 うえ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]