忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[688]  [687]  [686]  [685]  [684]  [683]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678
昨日はペトロの監督就任正式発表、そして今日は先ほどマルシオ・リシャルデス獲得正式発表。あ、堤も復帰だな。とにかく、いよいよ来季に向けたクラブとチームの動きが活発化し、慌ただしくなってきた。

先ずはペトロである。
レッズの英雄の一人であるゼリコ・ペトロヴィッチ。
駒場での別れを、今でも覚えている。我らの誇りである。
そういえば3年前、ペトロがRKCの監督をしていた時代に、こんな記事を書いたのを思い出した。
自分は、ペトロが再びレッズに帰ってきてくれる事を願っていた。
そして、ついにペトロがレッズに帰って来たのだ。感慨深い。そして嬉しい。

9fb643f0.jpgヨーロッパで指導者としての経験を積んだペトロ。

この真剣なまなざし・・・

とは言うものの・・・ペトロが果たして、どのような指導力を発揮するのかは、まったくもって未知数である。世間では、そのようなペトロを監督として迎える事に対して、不安視する声が高い。過去には成績不振で解任された経験もあるのだから、それは尚更であろう。もちろん自分も不安が無いと言えば嘘になる。

ただし自分が抱く不安部分は、指導者としての経験値ではない。経験値というものは、大事なように見えて、実は”水もの”である事が多い。経験値は指導力には大切なものではあるが、時にはその経験値が足かせのように邪魔をして、あらぬ方向へ転んでしまう危険も孕んでいるからだ。フィンケがその例である。

最大の問題は、これも散々指摘されている通り、フロントがどこまでペトロをバックアップ出来るか、今回はこれに懸かっている。
同じく、ペトロより素人であったギドが、レッズ監督として大成功を納めた理由のひとつは、犬飼社長(当時)自身がギドに対して、補強から何から惜しみないバックアップ体制を敷いたからに他ならない。
あの頃は、金銭面にしても人力面にしても、それだけバックアップ出来るだけの力がクラブにあったのである。

さて今である。
今のレッズのフロントには、ぶっちゃけた話をすれば、ペトロを完璧にバックアップするだけの力は、無い。それは、人力面でも、金銭面でも、である。
社長である橋本氏には未だ経営者としての明確な動向が見えない。そして来年の株主総会後には退任が濃厚という有様である。柱谷氏も、GMとしてはまだまだ仕事不足なのは明らかである。
そう、一番の不安材料は、煮え切らないフロントの状況なのである。

このような状況で、ペトロはレッズの監督として成功するのかどうか。
これはもう、『やってみないとわからない』、としか言いようがない。本当にそれしか言えない。
ギドの時代とは明らかに違う状況下で、本当の意味で底に落ちかけたチームの救世主の役目を担ったペトロ。
ペトロは果たして、どのような指導をするのだろうか。フィンケの時とは違い、明確になっていないペトロの指導方法。
フロントはこれまでのスタイルを継承してもらうと言っているが、本来チームのスタイルは監督が決めるもの。そこは結局はペトロがどう考えているかで違ってくるものだと思う。別にパスサッカーに拘らなくても良いし、明確にスタイルを公表する必要もない。それよりも先ずは、勝負にこだわるサッカーをしてほしい。

そしてペトロには、ポジティブに考えられる最大のアドバンテージがある。それは、浦和を知っている、という事である。
これは、監督としてはひじょうに大きな利点であり、何よりもペトロが和を愛してくれているという部分に、大きな希望と期待を持つ事が出来る。
もし、レッズのためにプレーするなら、レッズを愛さなければならない。そして、もし、レッズを愛するなら、100%ファイトしなければならない
ペトロ自身がレッズに残したこの名言を、今度はペトロ自身が再び監督として、このチームに注入してもらおうじゃないか。

そして来季のレッズの攻撃の命運を握る選手、新潟からマルシオ・リシャルデスの獲得である。
もう散々噂され報道されて来た事だから獲得に驚きは無いが、ロビーが去るレッズにおいて、新たな10番の役目を担うのだから、相応の働きをしてもらわなくてはいけない。
ただ正直、ロビーほどの活躍を期待するのは酷かもしれない。もちろんロビーが別格であり、凄すぎたという意味で、である。それでもマルシオの武器である高精度のキックなど、レッズで影を潜めていたFKやセットプレーからの得点は、かなり期待出来るものになると思う。後は、怪我には気を付けて・・・

と、いよいよ来季のレッズの陣容が見え始めた。
永井は名古屋濃厚という事で残念だが、獲得濃厚な永田や、もしかしたらレナチーニョや今野や松井なんて噂もあるが、とにかく今回は、フィンケ体制では疎かになていた、積極的で確実な補強を期待したい。そして少しでも、盤石な体勢を敷いてほしい。ペトロの命運も、先ずはそれに懸かっているのだから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おかえりペトロ!!
懐かしい名前を聞くとなんか嬉しいのは正直な気持ちです。

さて契約は一年って聞きましたけど、一年で結果を求めるのはどうかと…。フロントがそれ相応のバックアップをしてくれるのであれば話は別ですけどね。

補強はマルシオが確定ですが、自分的にはディフェンスの補強が必要かと思いますね。(ベテランをね)松田とかどうですかね~
赤魂 2010/12/08(Wed)22:50:54 編集
コメントありがとうございます
赤魂さん
こんばんはです。
1年契約は、やはりこれまでの違約金絡みでの失敗を恐れての判断かもしれませんね。まあ賢明といえば賢明ですが、ペトロは来季結果を出して契約延長を勝ち取ってほしいです。
補強面に関しては、やはりDFは手薄ですね。松田は年齢がネックですが、年俸が安くなるならバックアッパーとしては欲しいかも・・・
うえ URL 2010/12/08(Wed)23:23:46 編集
無題
こんばんは。
新監督が決まってマルシオ・リシャルデスの加入も決まり、今オフは補強が盛んになりそうな気配です。
新潟からは永田まで獲得しそうなので、来季のアウェー・新潟戦は異様な雰囲気の下で戦うかもしれないですね。
まぁ、新潟には降格しないように頑張ってもらわないと・・・。
それにしてもレナチーニョって、問題起こして川崎を放出された選手なんか獲ろうとするなんて理解に苦しみます。
FREE TIME URL 2010/12/08(Wed)23:50:44 編集
コメントありがとうございます
FREE TIMEさん
おはようございます。
エジにマルシオ、そして永田まで来る事になれば、ますます新潟からの選手が増える訳ですが、まあうちのフロントも新潟のように海外から良い選手を連れて来られれば良いんですけどねぇ。
レナチーニョはまだ噂段階ですね。エジが居るので、本当に獲得するかどうか。ペトロと衝突しなければ良いですが・・・
うえ URL 2010/12/09(Thu)07:30:01 編集
昨年とは違う雰囲気
おはようございます。

ペトロがどんな采配を見せてくれるのか?楽しみになってきました。新聞各紙には「攻撃型」と書かれていますが、楽しみです。補強に関しても、マルシオに永田、そして噂のフローレスまで実現すれば今季足りなかった高さも補強出来ますね。そして今季期待していた堤がどれだけ成長して帰ってきたのか?楽しみです。

レッズの補強の方向性は、間違っていないと思います。ただ、チームとしての方向性はまだ未知数です。それはペトロの肩にかかっていると思います。レッズを知っている、また日本のサッカーを知っているペトロに期待します!
東浦和レッズ 2010/12/09(Thu)11:23:34 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
自分も、今回はもちろん少し不安はあれど、我らの英雄ペトロがレッズをどう動かして行くのか、楽しみな面が強いですね。
そして補強に関しては、優勝を本気で目指すのであれば絶対に必要ですよね。それも過剰レベルでの補強で、層を厚くして戦力の底上げをはかる必要がありますね(お金があればの話ですが・・・)。
ただ現状正式発表はマルシオ獲得と堤復帰、そして新人小島だけなので、まだ戦力アップとまでは行っていないので、これからに期待ですね。特にセンターバックは絶対に補強しないと不味いですし。それとフローレスにはまだ正式オファーしていないようです。まさかレナチーニョになるんでしょうかねぇ?
うえ URL 2010/12/09(Thu)17:42:33 編集
無題
こんばんは。 
確かにうえさんの言うとおり監督は指導者としての経験値ではないことはケッぺルで証明済み。”水もの”というのも頷けます。爺さんもそう、だからこそペトロには期待します。あの時代を知っているペトロに。
今回のフロントはペトロと運命を共にするような発言をしている。社長、GMは首をかけたとサポは捉えているのであり、もう内輪もめしている暇はなく相当な覚悟でバックアップをして行かなければならないはず。だからこそ優勝を見据えた芯の通ったクラブ運営を期待します。もう嘘や誤魔化しはサポーターには通じないのです。
りょりょ 2010/12/09(Thu)19:49:05 編集
無題
こんばんは。

ペドロビッチに関しては浦和レッズでプレーしたこともあるという点では理想と言えるでしょう。フィンケの場合浦和レッズ(それどころかJリーグのことを)何も知らないことが失敗の一因であったと私は思います。それに選手としてプレイしたことあるチームでならフィンケのようなチームの状況や選手の立場を考えずに自分の理想を貫くということはまずないでしょう。方針が明確になっていないという点に関しても、まずはチームの状況を把握した上で方針を決めるということだと私は思います。

マルシオに関しては、戦力補強という観点から見ればどうかと思いますが、お手本になれる選手としても期待を寄せられているという話があり、そういう意味ではいいと思います。

不足しているDFと高さに関しては、永田充が「浦和レッズが獲得することが決定した」との情報がありますが、続報がありません。あと獲得に動いているのがマルコス・フローレスと山村です。その身長はマルコスが187センチ、山村が186センチと、2人とも獲得出来れば高さという面に関してはかなり補強できるでしょう。あとはベテランの松田を獲得し、バックアップ要員兼ディフェンスの指導役になってもらうのもいいかもしれませんね。あとは大宮を退団したマトですね。高さがあり、キッカーもできるため、セットプレーでは大きな武器になります。マルコスが獲得できそうになければ高さを補強する意味ではいいのではないかと思います。
アニメ統計学者 2010/12/09(Thu)21:17:34 編集
無題
今晩は。ペトロはバインと共に好きな選手でしたから
嬉しいです。指揮官としては未知数としてもやはり
期待しますよ! 只フロントへの不信感もまだ消えてませんし、やはり心配な部分もかなりありますね。  1年契約というのも気になるし…         最終節の弾幕の言葉、特に社長・GMは良く噛みしめて欲しいです。来季こそクラブもサポも笑顔で最終節
終われるように。
補強賑やかですが、林の移籍は当たり前と思いつつ 正直ショックでした。
欅通りのサポ 2010/12/09(Thu)22:27:16 編集
コメントありがとうございます
りょりょさん
おはようございます。
犬飼氏が去って以来、フロントはコミュニケーション軽視と完全に現場任せで来てしまっていましたからねぇ。こういう旧態依然とした古くさい意識を捨て、今度こそペトロと一心同体の覚悟で再スタートしてほしいですよね。
フロントがそういう姿勢を見せれば、現場もサポーターも自ずと付いてくるでしょう。フロントの意識改革からのスタートですね。

アニメ統計学者さん
おはようございます。
フィンケとペトロでは、日本と浦和レッズへの理解度が雲泥の差でのスタートとなりますから、先ずペトロにはレッズへの理解度と愛情という点も期待したいですね。実際この部分はチームを動かす上で大事になってくることですから。
さて補強面ですが、永田があれから動きがないのがちょっと心配ですね。まさか決裂していなければ良いのですが。それと残った外国人枠1つを誰にするかで、これもチーム編成が大きく変わりますね。噂されている細貝の移籍が事実ならばフローレスは絶対に欲しい選手となりますし、そうでなければ本当にレナチーニョなのか、はたまたDFなのか・・・しかし使わずに夏以降なんて話もありますし、何れにしても柱谷氏は、この残った1枠の使い道を明確にしてほしいところですね。

欅通りのサポさん
おはようございます。
1年契約に関しては個人的には妥当かなぁ、とも思っていますが、やはりこれまで複数年契約して解任して違約金で失敗した思いがフロントにはあるのだと思います。ペトロには是非2年目を勝ち取ってほしいですね。
林は新天地での活躍を期待しましょう。大きく成長してまたレッズに戻って来てくれれば・・・
うえ URL 2010/12/10(Fri)07:42:24 編集
永田も決まり♪
今日になって新潟から永田充の加入も発表になりました。
補強がフロント主導(のように見える)なのがアレですけど、ペトロの浦和愛に期待しましょう。

毎年、言うことですが、レッズのエンブレムに忠誠を誓えるプレーと采配があれば結果はついてくると思います。
藤沢雄二 URL 2010/12/10(Fri)18:37:31 編集
コメントありがとうございます
藤沢雄二さん
おはようございます。
原監督のジャイアンツ愛じゃないですが、ペトロのレッドダイヤモンズ愛に期待するしかないですね。ギドにしてもオジェックにしても、レッズに対して思いがある監督はタイトルへ辿り着いてくれているなど、それなりに成功してくれています。今度はペトロもその1人になって、レッズを良き方向へ導いてほしいです。
それとフロントとサポのバックアップ、三位一体が必要ですね。
うえ URL 2010/12/11(Sat)09:30:25 編集
無題
今はまだ静観って感じっす。。。

でも、個人的には心配が多いかな…
沖縄の赤い悪魔 2010/12/24(Fri)00:41:46 編集
コメントありがとうございます
沖縄の赤い悪魔さん
おはようございます。
やはり不安と心配を抱くのは仕方ない部分はありますね。
未知数だけに、どう転ぶかわからない危うさは、あります・・・
うえ URL 2010/12/24(Fri)07:41:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
新監督に新加入選手
先週末で閉幕したJリーグ。 今季10位で終わった浦和レッズの新監督と新加入選手が発表されました。
FREE TIME URL 2010/12/08(Wed)23:47:05
すべてはレッズのエンブレムに忠誠を…#2074
フィンケがチームを去ることについては、サポーターの間でも意見の分かれるところではあるけれど、本音を言うとフィンケの3年目はなくて当然だと思っている。 まあ「石の上にも三年」ということわざがあるく...
ようこそ!!
試合終了/AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第5戦 浦和6-1Wシドニー 得点/14分・関根(浦)、18分・ズラタン(浦)、43分・李(浦)、66分・楠神(Wシ)、71分・ラファエルシルバ(浦)、80分・ラファエルシルバ(浦)、 90+4分・興梠(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第9戦 大宮-浦和(NACK5スタジアム大宮=4月30日15:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7
9 10 12 13 14 15
17 18 19 20 21
23 24 25 27 28 29
30
最新コメント
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]