忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455
仕事が忙しかったのと体調不良に加えて、連夜の雷地獄で危なっかしくてロクにパソコンを開いていなかったここ数日。さあ何か書くぞ、と・・・あ、また雷が・・・

今日のネタは、アジア枠。
ご存じの通り、Jリーグが来季からアジア枠を導入するとのことで、世間ではあの選手が欲しい、こんな選手が来たら良いな、と結構な盛り上がりを見せているのは周知の通り。
外国人選手といえば欧州や南米に眼を向いていた我々も、アジア枠の導入によって、本来”素通り”していたアジア、そして枠内に入るオーストラリアへも視野が拡がるという意味では、この導入は正解かもしれない。
さあ、貴方ならどんな選手が欲しい?俺ならあの選手が良いな、いやいやこの選手も捨てがたい・・・と、お遊び感覚で選手を探すのはけっこう楽しいよね。

ただ、ここで気付いたのだが、いや、誰でも気付いているはずだが、そうやって色々なアジア人選手やオーストラリア人選手を物色していくうちに、アジア人選手でJリーグに見合う助っ人級の選手がどれ程に居るのか、という超基本的な疑問が浮かぶ筈である。
いや、見合う選手は確かに居る。だからと言って、パク・チソンやキューウェル、マハダヴィキアのような欧州クラスの選手は現実的ではない。
オーストラリア人選手は、ごく一部の選手を除けば、実力的には日本人と変わらない、もしくはそれ以下、唯一身体的に日本人より少し強い程度が大半だと思う。実際Aリーグは実力的にはJリーグより下に見られている。
オイルの国から有力選手を獲るか。でもあの辺で助っ人クラスは、カタールなどお金持ちリーグに引き抜かれてしまっていて、日本のクラブでは到底太刀打ち出来ない。
草の根作戦も良いけど、気の遠くなるような時間がかかる上に即戦力探しとしては不向き。クラブのスカウティング能力にも左右されるけど、大半のクラブは未知の選手を探す時間と労力と金を考えたら、とても本気で行おうとはしないだろう。
アジア枠の登場で、各方面から代理人を通じて、数々の売り込みも発生すると思う。で、仮にそういう選手が見つかったとしても、ギャンブル要素が強すぎて、獲得には相当の勇気が必要。

これ考えると、せっかく楽しみなアジア枠が、なんだか無意味なものに見えてくる。
で、アジア枠は自然と韓国人枠みたいになる恐れがある。
ぶっちゃけ、広大なアジアから選手を探す手間を考えたら、JリーグやKリーグから韓国人選手を引っ張ってくる方が手っ取り早い。

ちなみにレッズは過去に韓国人選手を2人しか獲ったことがない。ただし初期のレッズでDFレギュラーだったご存じチョウ・キジェは在日韓国人だったから、扱い的には差ほど日本人と変わらなかった。
もう一人、95年に福岡ブルックスから獲得したFWカク・ギョングン。ところがサテライトで数試合出場したのみでわずか2ケ月後には退団という、まったくお話にならない選手だった。
その後、レッズに韓国人若しくは朝鮮人選手が加入した例は無し。レッズがあの国の選手に不慣れであることが明白なのである。
そうなるとレッズに似合うアジア枠選手はイラン人?レッズサポから異常な人気を誇るナビドキアは、今もセパハンに居るのだろうか?
75634e60.jpg
かつてはブンデスリーガのボーフムにも所属したイラン代表MFナビドキア。
ACLですっかりレッズサポの心を掴んだ有力選手ではあり、獲得を推す声も少なくない。
だが、だからといって彼がJリーグで通用するかと言われれば、正直”わからない”と答えるしかない。
それほどアジアにはまだまだ未知の部分が大きい。


長々と書いているうちに、なんだかアジア枠が面倒くさいものに思えてきた(オイオイ)
いっそアジア枠ではなく、外国人枠そのものを4人にした方が手っ取り早いではないか。
実際Jリーグで欧州や南米のチームに肩を並べるクラブが育つには、外国人枠の拡大が必須条件であることは明白だし、もっと言えば、外国人枠なんて撤廃してしまえば良いのだ。
枠にとらわれないリーグ、そんなサッカーリーグがあっても良いではないか。

いや、ちょっと言い過ぎた。反省。
外国人枠撤廃論は冗談にしても、レッズがACLで優勝しクラブワールドカップではアジア勢初の3位に輝くなど、日本のクラブが確実に世界に向けて走り出している今、Jリーグもそろそろ外国人枠拡大の必要の是非に迫られているのではないだろうか。
アジア枠の採用が、その布石であることを信じたい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
KもCもダメでしょう
正直、うえさんがアジア枠に食い付いていることに驚いています。
そもそもこの枠って、Jリーグを利用したKとCの実力アップのための方策じゃないですか。まあKに関しては先日のオールスターのような戦う気持ちや競技は違いますが五輪の野球とか、見習うべき点もありますが、所詮はロビーがレッズ入りする前に様々なオファーがあった中で「Kにだけはいくべきではない」ということでレッズに決めたエピソードがあるくらいですから、Kのレベルもたかが知れてます。Cにいたっては自国民から「少林サッカー」と揶揄されているいる始末。楽しみよりもJリーグのレベルダウンにつながってしまわないか不安のほうが先立ちます。
藤沢雄二 URL 2008/08/31(Sun)20:15:55 編集
コメントありがとうございます
藤沢雄二さん
おはようございまする
ネタが無いのでつい食いついてしまいました(笑)
アジア枠にとらわれて、無理に選手を獲得しようものなら逆にレベルダウンに陥りますね。大事なのは選手獲得の見極めだと思うのですが、それもやはりフロントの能力に左右されてしまうのでしょうね。特にレッズの場合は今年、強化部がダメダメなので不安が・・・
うえ URL 2008/09/01(Mon)07:43:06 編集
無題
東南アジアから達也みたいな若い選手がとれれば別ですが‥

最初からは期待しない方がいいかと思います。
S.ジェラード URL 2008/09/01(Mon)11:27:29 編集
無題
レッズ以外の話題も、リーグ全体や近隣諸国の状況に目を向け色々考える機会が出来ていいですね^-^

個人的には、アジア枠には賛成派ですね。

サッカーに限らずですが、プロスポーツ界での強豪クラブとは、スポーツとビジネスの両面で結果を残し、成長しているクラブだと思います。

レッズがアジア枠を積極的に活用する事は考えにくいのですが、チーム強化資金の乏しいJ2のチームから東南アジア辺りの選手を安くで獲得し高くで放出するという形が出てくるかもしれないですね。

スカウトの眼力も含め、レッズがどう動くか楽しみなアジア枠です(^O^)
沖縄の赤い悪魔 2008/09/01(Mon)11:45:15 編集
無題
アジア枠云々の前に、どこかのクラブには外国人枠を有効活用してほしいなぁ、と思わないでもないですが。(^_^;

ハートフルでもあちこち出かけていますから、他のクラブよりはアジアで知名度は高いはず。すぐには無理でも、うまく活用していけるといいですね。
息子が幼稚園のときにハートフルでレッズOBが来てくれました。コーチ陣も子どもたちもとっても楽しそうでしたよ。滅多にないことらしいんですが、そのときは福田も来ていて、うちの息子はたまたま福田グループに。コーチはちゃんと子どもたちの名前を呼んで指導してくれるので、「おおっ、福田に名前を呼ばれてる!」と妙なところで感動しておりました。(笑)
Keyaki 2008/09/01(Mon)17:14:41 編集
コメントありがとうございます
S.ジェラードさん
こんばんはです。
東南アジアから獲る場合、どうしてもテスト生レベルになってしまうでしょうね。昔は日本より強かったタイも最近また成長してますが、レベル的にはやはりまだまだでしょうねぇ。

沖縄の赤い悪魔さん
こんばんはです。
現実的に行けば獲得対象はどうしてもイランや韓国やオーストラリアと限定されてしまうかもしれませんが、隠れた才能を発掘する意味では東南アジアもチェック対象にはなる存在でしょう。もちろんビジネスレベルでの留学扱いとかになってしまうと思いますけどね。
地域リーグなどでは東南アジアの選手も居ますし、J2でもニュージーランドの選手とか居ますから、そういう意味では未知の選手探しとしての楽しみな部分はありますよね。

Keyakiさん
こんばんはです。
そういえば大将も幼少時代、読売クラブの選手に直接指導を受けた時の感動を、今度は自分がその立場になって子供たちに教えたいと言って、実際ハートフルなどでそれを実践してくれてましたよね。そう言った取り組みなど、レッズのやっている事の方向性は間違っていないと思います。
ハートフルはアジア各地でも行われている今、その国の人たちと交流を持ち、レッズにも活かせるようになる日が来ると良いですね。
うえ URL 2008/09/01(Mon)18:41:50 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第16節 鳥栖2-1浦和 得点/65分・小野(鳥)、90分・福田(鳥)、90+5分・李PK(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第17節 浦和-広島(埼玉スタジアム2002=7月1日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 22 23 24
26 27 28 29 30
最新コメント
[06/28 ハートランド]
[06/28 うえ]
[06/27 欅通りのサポ]
[06/26 うえ]
[06/26 ひろまろ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]