忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260
c06576c3.jpg今年のJリーグのキャッチフレーズは、

見せたい未来がある Will Be

…う~ん、やや迫力不足というか、在り来たりな感は否めないけど、そんな2007Jリーグがいよいよ明日開幕である。

また長い長~い戦いの幕開け。

さあ準備は万端?

レッズサポ同志の皆さん、そして他チームサポの方々も、頑張って2007シーズンを戦い抜きましょう!!

…俺は、とりあえず花粉症で目がカユカユなのが辛いケド。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いよいよなんですね
どうもです。

明日はいよいよ開幕なんですね。
まだ申し訳ないけれど、開幕モードにはなっていない。明日の朝、目覚めた瞬間にスイッチをオンにします。
今期も宜しくです。
ライアン URL 2007/03/02(Fri)20:52:28 編集
絶対勝つ!
我々には勝たなくてはいけない試合があと56試合あります(リーグ34試合+ナビスコ決勝トーナメント5試合+天皇杯5試合+ACL予選6試合+決勝トーナメント6試合)
たかだかゼロックス1つで挫けたり不安になったりしているヒマはありません。虚勢でもいいんです。レッズは未来永劫、勝ち続ける!明日はその最初の一歩です。ハートだけは絶対にどのチームのサポーターに負けないようにしましょう!
藤沢雄二 URL 2007/03/02(Fri)22:52:14 編集
見せたい未来とは…
浦和発信世界着の第一歩が今日なんですね。
これから生まれて将来サポーターになる子供たちのためにも今日は勝ってスタートを切るしかありません。
歴史的なシーズンの始まりに参加出来る喜びを噛み締めたいです。
たっぷだんす URL 2007/03/03(Sat)05:22:54 編集
コメントありがとうございます!
ライアンさん
こちらこそよろしくです!
さあ戦いの朝が来ましたよ。いよいよスイッチを入れてレッズパワー全開で戦闘モードに突入しましょう!気合いが入って来ました!!

藤沢雄二さん
今季のレッズはJリーグチャンピオンという日本一の証を背中に背負ってのシーズンですから、どんな状況でも勝たなくてはいけないという使命がありますね。先ずは第一歩、横浜FCを完膚無きまでに叩き潰して、王者の強さとJ1の厳しさを思い知らせてやりましょう!

たっぷだんすさん
レッズにとっては初めて世界へ飛び出すシーズンの幕開けですからね。これが素晴らしいシーズンになるように、先ずは幸先の良い大勝利を期待しましょう!
そしてそんな試合を観て、またレッズに魅せられる人が増えてくれれば最高ですよね。
うえ URL 2007/03/03(Sat)07:22:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第26節 磐田1-1浦和 得点/21分・ムサエフ(磐)、79分・興梠(浦) ・・・次の試合/天皇杯4回戦 浦和-鹿島(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場=9月20日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8
10 11 12 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/19 サッカー素人]
[09/19 うえ]
[09/19 東浦和レッズ]
[09/18 うえ]
[09/18 FREE TIME]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]