忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1164]  [1163]  [1162]  [1161]  [1160]  [1159]  [1158]  [1157]  [1156]  [1155]  [1154
2017年 J1リーグ第12節
浦和レッズ3-3清水エスパルス
~埼玉スタジアム2002

昨日会社の健康診断でバリウム飲まされたせいで、どうも胃腸の調子が悪くて、丼フェアどころの騒ぎではなかったわい。応援中も腹が何となく違和感ありありで暑さも手伝ってヘトヘトになった。だいたい健康診断受けて逆に体調がおかしくなるって、どゆこと?

17.5.20ホーム清水戦 興梠のビューティフルオーバーヘッドゴールが炸裂。そもそもオーバーヘッドゴール自体そう生で観られるものではないだけに、これを観られただけでも、スタジアムへ来た価値があるというものだ。
そうかと思えば、駒井のクロスを武藤の影から忍者のようにスルッと飛び出しては豪快にヘディングゴールを決めたのも興梠。
このペースで2点を先行すれば、まあ勝ったと思っても仕方がないのが人間の素直な感情。・・・これがいけなかったか。

普通に考えたら、2点リードしておきながら、先ず後半だけで3点も取られて逆転される可能性は極めて低いだろう。しかし、それはあくまで「普通に考えたら」である。冷静に考えれば、このチームは「普通」ではなかった。
そりゃ2点もリードしているのに、相変わらずラインをアホみたいに高くしたまま攻め続けているんだから、相手のカウンターが嵌まってしまったら、当然の如く失点は重ねる事になるわな。わかっていて日頃から「攻撃は最大の防御」をやっているのだから仕方がない。
しかし人間ブルドーザー鄭大世にしろチアゴアウベスにしろ、今の清水イコールこの2大FWを押さえなければならないのに、シュートを撃たれる時は決まってフリーにするか、DFが追い付いてもようやく1人が精一杯。しかも1人付いているのにチアゴアウベスにビューティフルなゴールを許してしまう。もう守る気が無いと言っているに等しい酷い守備である。よく3失点で済んだという内容で、相手が枠を外しまくっていたり、西川のスーパーセーブが無かったら、果たして何失点していた事だろう?
ちなみに、ここで森脇が出場停止じゃなかったらどうだったかという話になるのだが、これまでの森脇の失点に絡みまくる守備を見たら、ぶっちゃけ森脇だろうと宇賀神だろうと何だろうと、守備だけならたいして状況は変わらないと思うよ。そういうサッカーなのだから。

まあそれでも守備が崩壊した事実は事実な訳で、・・・あ、いや違うな。訂正。守備は崩壊した訳ではないのです。このチームの守備は、元々日頃から崩壊しているのです。って、何でいきなり丁寧語になるのか意味不明だが、守備戦術も無く、上記に書いた通り、基本守る気がないようなサッカーだから、そんなサッカーをしようとした時点で守備が崩壊している状態でスタートしている訳。つまり崩壊した訳ではなく、「必然」って事なのさ。大量失点しない試合が本来なら奇跡であり、大量失点する試合が真の姿という事。このところ大量失点試合が影を潜めていたから、すっかりその事を忘れていたよ。

この悪い部分をミシャは絶対に直さない、直せないから、これ以上どうこう言うのはやめよう。

明るい話をしよう。今回は駒井が凄く良かった。積極的なドリブルも、そこで抜きにかかるか、パスを選択するかの見極めが実に良く出来ていた。悪い時の駒井はこの見極めがダメで大抵ドリブルが引っ掛かるが、逆に見極めが良いと、今回のような素晴らしいプレーに繋がる。
柏木はゲームメーカーらしいパスを連発。これは出し手と受け手の息もあるけど、パスを供給する側が悪ければ受け手も輝らない訳で、そういう意味でも柏木が輝る時はチームの攻撃が輝くというものさ。
そして興梠のハットトリックに救われた。逆転された時点で意気消沈してしまう事が多いレッズだが、そこを再び同点に戻す。これで精神的にも救われ、勝ち点を1でも得られた。これぞエースの仕事さ。リーグ戦12試合で11ゴールのハイペース。これなら得点王も夢ではない。最初はラファエルシルバが得点王ペースだったが、2度のハットトリックも達成した興梠が一気に抜け出した。これは本気で期待して良いかな。

それにしても2年振りに対戦した清水は、しばらく見なかった内に昔のイメージからは違うチームになっていたな。勝ち点3を狙うようなチームではなく、再び同点にされたのに、時間稼ぎで勝ち点1を守っていた。そして清水サポーターも勝ち点1で喜んでいた。ブーイングの中に拍手が混ざったレッズのゴール裏とは対照的な光景だった。チームはJ2に落ちる事で意識が変わってしまうものなんだなぁ。

------
J1リーグ第12節 浦和3-3清水
得点/24分・興梠(浦)、57分・興梠(浦)、64分・鄭大世(清)、69分・鄭大世(清)、71分・チアゴアウベス(清)、74分・興梠(浦)
主審=村上伸次
観衆:33,458人
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
暑い中
お疲れ様でした。

低迷期に入るまでは、清水は決して好相性ではありませんでしたし、埼スタでの清水戦は地味な試合展開になる事が多かったですね。

上位陣が決め手を欠いていますが、次のレイソルを必ず叩きましょう。
今回の清水戦といい、札幌戦といい昇格組相手でも油断は絶対に禁物という事がわかりましたね。
あきら 2017/05/20(Sat)21:10:53 編集
コメントありがとうございます
あきらさん
こんばんはです。
昔の清水はレッズにとって苦手なチームのひとつだった記憶がありますね。J2に落ちてから、やや昔のイメージとは違うチームになった感もあります。昇格組とはいえ1年で復帰したチームですし、元々地力はあるので警戒はしていたんですが、その通りに足元をすくわれてしまいましたね。おっしゃる通り、どんなチーム相手でも油断は禁物ですね。チームはこれを教訓にしてもらいたいです。
上位陣、かなり団子状になってきましたね。1節毎に首位が入れ替わる今、一旦転び始めたら置いて行かれますから、上位対決は必勝のみですね。
うえ URL 2017/05/20(Sat)21:33:30 編集
無題
サポートお疲れさまでしたうえさん。興梠ハットトリックながら引き分けと残念でしたね。

今日の試合はKLMが先発でしたが素晴らしい連動でしたし、柏木のパスセンスも良く、サイドの関根と駒井のキレもよく、2-0になった時にはまたワンサイドゲームになるかなと思いましたが、なかなかうまくいきませんね。

特に清水はテセやチアゴといった外国人が強力でしたし、2-0になった段階でラインを下げてじっくり守備をしてカウンターをするような臨機応変なサッカーをしてほしいところでしたが、うえさんが言われるように「攻撃は最大の防御」がミシャサッカーですのでリードした後の守備がなかなかうまくいきませんね。

ですが、李の復調、高木の復帰、矢島のリーグ戦起用など、今後に向けた好材料も見れましたし、特に柏木と交代して入った矢島が1ボランチ、興梠・ズラタンの2トップといった新しいオプションも見れたのは面白かったですし、今後矢島の展開力と機動力に期待したいです。

さて、来週からACL準々決勝済州戦がありますが、済州にはガンバも苦しめられた「強力なカウンター」がありますので、今日の清水戦のような戦い方をしたら、浦和は済州のカウンターの餌食になりかねないですし、ACLを含めたリードした時の戦い方を再度チームで意思統一してほしいですし、第2戦で勝ち切ってほしいです。
Mr.T URL 2017/05/20(Sat)22:09:10 編集
いつもの負けパターン
お疲れ様でした。

メインスタンド以外は、日差しが強くて暑かったですね。
ビッグスワンも同じような席だったので、すっかり日焼けしてしまいました。

もう、やられ方がいつも一緒なんですよ。
一時期のアウェイ仙台戦も、こんな感じでしたよね。

おっしゃる通り、何で2点リードしたチームが試合をクローズさせずに(またはできずに)、オープンな展開にしてしまうのでしょうか?
もし、あの暑さの中で、90分間相手のコートで試合を進めることができると思っているのだとしたら、何様だと思いますよ。

とは言え、清水には申し訳ないですが、あのレベルの相手に引き分けてしまうのは負けに等しい、というか「負け」です。

それにしても、サッカー王国と言われた清水はどこへ行ったんでしょうね?
前半に失点したにも関わらず、前から守備をするでもなく、相変わらず引いて守ってましたよね。勝ち点1で喜ぶサポーター。そして、そんな策略にまんまとはまるレッズ…。

とりあえず、ラウンド16を突破して、次節2位の柏を叩きましょう!
ハートランド 2017/05/20(Sat)22:43:20 編集
無題
暑い中お疲れ様でした。

健康診断で不健康になるとは。。。
大変でしたね。

興梠オーバーヘッド、素晴らしかったですね~!
ホレボレしちゃいました。

でも勝てない。
なぜなんでしょうねぇ。
いえ、答えは分かってるんですけど(笑)
1失点は覚悟してましたが、よもや7分の間に3失点とは思いもよりませんでした。

このザル守備、少しは何とかして欲しいものですね。


みんみん URL 2017/05/20(Sat)23:01:58 編集
無題
今晩は 暑い中サポートお疲れ様でした
しかしストレスの溜まる試合でしたね それに暑さが輪をかけかなりイラつきましたが、まぁその分ビール飲んでしまいました(笑)
何か今日の内容も新潟戦と余り変わらなかったと思います 只違ったのは相手守備とFWのレベル。やはりあのクラスの選手は簡単には外してくれませんね。仰るようにあれだけライン上げて守る気も無く攻め込むなら不用意にボールロストする所だけは見たくない 心臓に悪いです。特に後半、相手カウンター結構キツくてそれもしっかりシュートまで持ってかれてましたね。後最後のコーナーからのセットプレー、西川じゃなかったらと思うとゾッとします・・・
次節は柏、8勝してるチーム。細貝も居ますし絶対負けたくない相手 これ以上ガンバにも離されたくないですから。尋常じゃ無い暑さですがサポート頑張りましょう!
欅通りのサポ 2017/05/20(Sat)23:11:10 編集
無題
こんばんは。
今日はお疲れ様でした。
エースがハットトリックを決めたのに勝てないという現実。
そして失点が少ないガンバと柏に順位を抜かれてしまった結果を重く受け止めないとダメですね。
これから暑くなって運動量がどうしても落ちてしまう時期に、今の戦術を続けていたら、更なるカウンターやられ邦題に陥ってしまう事になるでしょう。
挙句の果てに体力まで消耗してしまって来週からのACLがとても心配です。
FREE TIME URL 2017/05/20(Sat)23:20:44 編集
無題
お疲れ様でしたー。なんか1サッカーファンなら6点ともスーパーなゴールで興奮したと思います。
それがサポーターなら話は変わりますが(苦笑)
まあ例年にないくらい中位まで混線なので引き分けでも離れないようにしていくのみですね。これぞJリーグの読めないところですかね。

それにしても5月でこの暑さだと7,8月どうなるんだって話ですよね。何年も前から私思うんですけどそのうちサッカー観戦、野球観戦とかでポックリ逝ってしまう人出るんじゃないかとw
スポーツする気温じゃなくなりますよそのうちw
ひろまろ 2017/05/21(Sun)00:51:38 編集
コメントありがとうございます
Mr.Tさん
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。攻撃陣はサイド含めていつも通りの連携よろしく清水を圧倒。ラファエルシルバが居ない中でも攻撃力はさすがでした。そして2-0になった時点で今回も勝利が見えたと思いましたが、そこからが修羅場でしたね。
後ろをポッカリ空けたまま前半からテセやチアゴアウベスに散発的にピンチを作られていましたが、それでも無警戒なまま後半に突入してしまいました。ハーフタイムでもこの部分はスルーされてしまったのでしょう。ミシャがまったく相手を見ていない事が丸わかりです。しかし相手もバカじゃないですから、そこは時間を増せば増すだけ慣れて来る訳で、こっちが動かなければ、当然こうなりますよね。
攻撃は最大の防御なサッカーなので守備そのものはどうにもならないとは思いますが、ならば攻撃面を底上げするしかないですね。復帰した高木は一度調子が上がれば乗り続けるタイプなので、その機会が早く訪れる事に期待します。矢島は今回は出場時間が短くて何も出来ませんでしたが、ある程度の時間を与えてあげて場数を踏ませたいですね。
ここで一旦J1からACLモードに切り替えですが、負けられない決勝トーナメントなので、ベストメンバーの踏ん張りと、控え組の的確な使い方が鍵になってくると思います。監督の資質も問われる戦いになります。おっしゃる通り清水戦のような戦い方で力勝負に持ち込まれたらアウトな可能性が高いですから、清水戦の失点パターンを学習材料にして、地に足を着けたサッカーをやってほしいです。

ハートランドさん
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。ピーカンでかなり日差しが強く暑かったですね。ゴール裏はモロなので自分も顔が真っ赤です。
真っ赤といえば、今回はホームで赤っ恥な試合になりかけてしまいました。試合の進め方が本当に下手というか、攻め倒すならば絶対に攻めきらなければいけないの、絶対にミスをしてはいけない、そんなサッカーなのにミスも多くボールロストは日常茶飯事。そこを突かれて一気に総崩れ。つまりこんな矛盾だらけで無茶なサッカーが、どんなチーム相手にも通用する訳がないという典型でしたね。
暑さの中で上手く戦い方を変えなければ、選手の疲労も余計に溜まる一方ですね。監督はその応用が効かない戦術で、自らの首を絞めているだけに過ぎないと思います。そして相も変わらずな戦術を繰り返しているだけなので、やられ方も同じを繰り返す訳なんですよね。
おっしゃる通り一昨年のアウェー仙台戦も同じような展開でしたね。バタバタ失点っぷりはまさしくあの試合と瓜二つでした。今回の清水はレッズとはかなり差があるはずでしたが、そういう相手にこのような試合をしてしまうのですから、自分も負けに等しい内容と結果だと思います。ちなみに清水のサッカーですが、小林監督らしい戦い方で、とにかく守りに徹して絶対に深追いせず、攻撃は前二人の高い個人能力に任せる、やる事はハッキリしていました。そんなわかりやすい戦術なのに、レッズはまんまとその術中に嵌められてしまいましたよね。
とりあえずACL2試合で気持ちも戦い方も建て直してもらい、柏戦で首位の座を奪い返してもらいたいですね。
うえ URL 2017/05/21(Sun)10:05:59 編集
コメントありがとうございます
みんみんさん
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。健康診断を受けて逆に体調が悪くなるという本末転倒、これ考えたら、攻めるだけ攻めて点を取っているのに、逆に失点も増やして何のために攻めているのかわからなくなる本末転倒なうちのサッカーそのものでしたね(苦笑)
それにしても、あの短い時間で3失点のバタバタっぷりは最悪でしたよね。その原因は明確にわかっているのに、そこを直さない、治せないという。バケツの底に穴があいて水が漏れている中、そのボロが出ないように失点を得点でカバーして戦って行くしか手がないのが現実ですねぇ。
とりあえず今回はエース興梠のビューティフルなオーバーヘッドとハットトリックに喜んでおきます。

欅通りのサポさん
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。暑かったですね。暑いのにイラッとさせられる内容で更にカッカさせられる試合になってしまいましたよね。胃腸の調子が悪いのに、夜はヤケビールをガブガブでしたよ(苦笑)
今年のやっているサッカーは相手に強力な外国人が居たり、ボールロストするかしないかで、コロコロ内容が変わりますね。後ろを無理にでも開けてでも高いラインを保った上で前がかりにならないと成立しないサッカーなので、そこでミスしてボールロストして縦一本やられてしまった時点で失点したようなものですね。なのにボールロストしないような対策をしているのかというとそうでもなく、いつも何処でボールを奪われやしないかハラハラするような攻撃です。ワクワク感よりハラハラ感が先行する攻撃も珍しいですけどね(苦笑)。いや最後の清水のセットプレーは、一瞬やられたかと思いましたね。心臓に悪過ぎです。西川じゃなかったら完全に負け試合でしたね。
柏、そういえば細貝が加入したんですよねぇ。複雑な心境の試合になりそうです。ただチームには負ければ優勝は無い覚悟で臨んでほしいと思います。
うえ URL 2017/05/21(Sun)10:06:45 編集
コメントありがとうございます
FREE TIMEさん
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。まさにエースがハットトリックしたのに勝てないなんて、やはり欠陥戦術だと時に恐ろしい内容と結果になりますね。複雑な戦術が氾濫する現代サッカーに於いては、先ずは守備を重視しないと痛い目を見るのが通例です。だからこそガンバも鹿島も守る時はキチンと守る。だから大一番でタイトルに繋がる訳なんですが、しかし他を見ないガラパゴスなミシャサッカーでは今の戦術を続けるだけで、何れまた同じ事を繰り返すのでしょうね。暑さ、疲労、全て戦術のせいなんですよねぇ。
ACLで更に体力が消耗しそうですね。どう乗り切るのか注目です。

ひろまろさん
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。おっしゃる通りサッカーを見るだけならば実にエンタメ性がある中身の濃い試合でしたが、これがサポーター目線となると・・・ですね。
痛いドローで再び首位陥落。上位陣はまさに混線模様になってきましたね。ひとつ勝てば首位になれる可能性も、逆に負ければ一気に引き離されるのもこれからなので、とにかく本気で優勝を目指すのならば、特に上位対決では絶対に負けられないですね。
暑さとの戦いもこれからです。年々暑さが酷くなっていて、医学的には既にスポーツをやる環境ではないと指摘されていますから、そこは運営方法も考えないと不味いですね。かといって秋春制は北国問題で現実的には無理ですし。難しい問題ですねぇ・・・。
うえ URL 2017/05/21(Sun)10:07:45 編集
もったいない…
こんにちは。

2-0までは理想的な展開でしたね。問題はそこから…
最近のレッズにとって、大きな課題だと思いますが、2点リードしたら少し緩んでしまうのは仕方無い事だとは思います。確かに押し切る事も大事ですが、昨日のような暑さの中での試合、私は水曜日にACLを控えている事も頭に置いて、多少は“逃げ切る”事も考えて戦うべきだったと思いました。確かに1点目と3点目の鄭大世のミドル、チアゴアウベスのミドルはスーパーなゴールだったと思うし、簡単に撃たせ過ぎだと言えばそうなんですが、全てはボールロストの仕方が悪かったと思います。そう考えると、興梠のハットトリックは本当に見事でしたし、駒井は複数のボジションを任せられながら暑い中を本当に良く走って頑張りました。もったいない試合だったと思います。あまり選手個々の事を言うのは好きではないんですが、今回は辛口ですが、良かった選手とそうでなかった選手の差が激しかったと思います。
これからデーゲームは無くなりますが、更に暑くなります。押し切るだけではなく、逃げ切って勝つという事も多少考えてもらいたいですね。


さて水曜日はACLですが…ラファエルシルバを欠いた中、昨日のような消耗戦をこなしての中3日、ちょっと不安な面がありますね。復帰したとは言えさすがに梅崎は慣れさせないとまだ難しいと思うし、高木も昨日の内容からするとまだ入り込めていないような感じだし、矢島は少し見れましたがまだちょっとわからないですね。ノックアウトステージはどのチームと当たっても、受けて立つという事は無くなるのでどんなメンバーで行くのか注目です。

しかし暑かったですね。メインスタンド側の日影が羨ましい感じがしました。う~ん、丼フェスタ、テントに行ってはみたものの…やっぱりケバブカレーに走ってしまいました。ケバブカレー&生ビールをブレずに貫こうと思ってます(笑)。
暑い中、お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2017/05/21(Sun)11:25:36 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
昨日はお疲れ様でした。とにかく暑かったですね。予想以上に暑くて、しかも自分の居る位置は最後まで陽が当たるエリアなので、ずっと顔が痛かったです。ブレずにケバブカレーに生ビール、良いですねぇ。ある意味で絶対にブレないうちのサッカーみたいです(笑)
本当に「もったいない」試合でしたね。ミスさえしなければ勝てた内容でした。攻撃面は興梠の見事な決定力によるハットトリック。そこに至るまでの駒井に代表されるような素晴らしいプレーがありました。暑い中でも豊富な運動量は特筆ものでした。おっしゃる通り良かった選手と、そうでない選手の違いも見えましたが、攻撃面だけを見ればほぼ完璧な内容だったと思います。
ところが悲しいかな、うちが今やっているサッカーは、ボールロストしたらおしまいなのに、ボールロストしやすい戦術なんですよね。この矛盾がミシャサッカーの欠陥部分の大きなひとつなんですが、そのボロが出てしまうと今回のような失点にストレートに繋がってしまいますね。ましてや清水の前線はテセにチアゴアウベスですから、あれだけフリーにしてしまっては、やられるのも必然でしたね。
攻め続けるだけでは通用しない相手、選手というものが必ずあるので、これからますます暑くなる事を考えたら、夏場の戦い方を考えないと本当に不味いですよね。ましてやうちのサッカーは体力を使う上、主力にベテランが多いので、尚更スタミナ面を考慮した戦い方をして行かないと秋まで保たないかもしれません。いくらミシャが頑固に理想を追い求めたところで選手が壊れてしまってはおしまいですから、これからは守備を度外視してでも大量得点をするような試合よりも、1点2点をしっかり守りながら慎重に攻めるようなサッカーをしてもらいたいです。
さて次はACLですが、おっしゃる通り第1戦まだラファエルシルバが間に合わないので、それを含めてのメンバーチョイスに注目ですね。戦い方もアウェーだけに第2戦を見据えた上でどういった戦略で行くのか気になります。何れにしても強い相手には変わりないので、中途半端な事はしないで、やる事をハッキリして臨んでほしいと思います。
うえ URL 2017/05/21(Sun)20:21:54 編集
無題
うえさん清水戦サポートお疲れさまでした。

私も2点目で勝ったと思ったのですが…勝負は下駄をはくまで、わからないものなんですね。

丼はビーフシチューを食べました。美味しかったです。うえさん体調不良だったんですかー、残念です。お大事に。
こん 2017/05/22(Mon)21:12:15 編集
コメントありがとうございます
こんさん
こんばんはです。
土曜日はお疲れ様でした。おっしゃる通り、勝負事は何が起こるかわからないものですね。そしてチームは気を抜いた途端にやられるものだと教訓にしてほしいです。
ビーフシチュー丼、人気ですね。自分も腹があんな状態じゃなかったら食べたかったです。
うえ URL 2017/05/23(Tue)18:35:55 編集
無題
こんばんは。

試合はハイライトで見ました。
ホームでハットトリックなら勝利となるはず。
それが出来ないところが・・・。
レッズ本来のサッカーになっていないのかなと。
サッカー素人 2017/05/24(Wed)23:25:31 編集
コメントありがとうございます
サッカー素人さん
こんばんはです。
エースが見事なハットトリックを達成しても、それでも勝てなかった事が今のチームの守備の酷さを物語っていると思います。
ぶっちゃけ、今のレッズが本来の姿なのだと思います。その証拠に、やられ方はいつも同じですからねぇ。
うえ URL 2017/05/25(Thu)19:12:42 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第16節 鳥栖2-1浦和 得点/65分・小野(鳥)、90分・福田(鳥)、90+5分・李PK(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第17節 浦和-広島(埼玉スタジアム2002=7月1日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 22 23 24
26 27 28 29 30
最新コメント
[06/28 ハートランド]
[06/28 うえ]
[06/27 欅通りのサポ]
[06/26 うえ]
[06/26 ひろまろ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]