忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1159]  [1158]  [1157]  [1156]  [1155]  [1154]  [1153]  [1152]  [1151]  [1150]  [1149
2017年 AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第5戦
浦和レッズ6-1ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ
~埼玉スタジアム2002

19.4.26ホームWシドニー戦、勝利 またやってしまった、無慈悲な虐殺ショーを。何か虐殺ショーが平日ナイターの恒例になってきたぞ。しかも今回は南半球から遠路遥々やって来たチームをボッコンボッコンに叩き潰しちゃうんだから、もう容赦無いな。
Wシドニーは第1戦と今回の第5戦で、浦和レッズというものが完全にトラウマになった事だろう。まあトラウマになったところで、次に何時対戦するかわからないから、この際どうでもいいか。


19.4.26ホームWシドニー戦、勝利2 そのWシドニー、試合開始とともにエンジン全開でガンガンに飛ばして来る飛ばして来る。おいおい、第1戦の時の覇気の無さは何だったんだ?あの時とはまるで別チームじゃないか。ワンダラー詐欺かよ(意味不明)
ただ悲しいかな、慣れない事をしているのがバレバレで、Wシドニーはボールが全く足に着いていないの。それなのに無理矢理ガツガツ前掛かりに来るWシドニー。じゃあ目には目を歯には歯をで、レッズも体当たり激しくガンガンにプレッシャーをかけまくるもんだから、おかげでまあボールが暴れる暴れる。明後日の方向に四方八方吹っ飛ぶわ転がるわでもう大変。ラグビーかよ。
ただね、ここからのボールに対する執着心と扱い方がWシドニーとは雲泥の差。ここからボールをしっかり奪う、しっかり拾う。セカンドボールを着実に自分たちのものにする。そして素早く前線に供給する。WシドニーのDFラインの裏を確実に突く。Wシドニーは元々超前掛かりになっている上に、やっているサッカーが雑そのものだから、レッズがショートカウンターを発動させてしまえば、Wシドニーは付いて来られずに、レッズはフリーの場面を面白い様に作れてしまう。だから面白い様に次々とゴールが決まるのだった。

ズラタンが負傷退場してしまったが、これでラファエルシルバを予定より早目に投入しなくてはならなくなった事が、皮肉にも更なるゴールラッシュの始まりだったのだからWシドニーも堪らなかっただろう。守る事も出来ない。かといって点を取りに行かなければいけない。そんな時に恐怖のラファエルシルバを投入されたら・・・詰んじゃうだろう。
まあそもそもミシャとしては今回ラファエルシルバを使うにしても、最後の10分とかにして大宮戦に備えたかったはず。それをズラタン負傷で予定より早くラファエルシルバを使わなければいけなくなった事自体は大きな誤算だろう。ただ出れば点を取るラファエルシルバ、そこは期待通りだった。最後の興梠へのヒールパスなんて鳥肌ものだね。

ラファエルシルバはインパクト抜群なんだけど、今回は皆良かった。Wシドニーが凄い酷かったというのは否めないんだけど、それもレッズがレベルの違う成熟したサッカーを見せ付けたからこそだ。
駒井、青島ビール 関根はこのままだと本当にブンデスに持って行かれそうな爆発っぷりだし、駒井のキレキレ度は半端無い。さすが今回の青島ビール男さ。青木の純ボランチの働き。控えに甘んじていても出れば若手に負けない運動量で最終ラインを統率する那須の存在感。武藤は最近ゴールが無い事を不安視されているが、献身的な動きそのものは悪くないよ。ああ、選手ひとりひとり誉めていたら朝が来てしまうから、そこは泣く泣くここで締めよう。阿部と遠藤と宇賀神を丸々温存できたのも良かった。
あとはせっかく今季初ゴールを決めたのに負傷退場してしまったズラタンが軽傷である事を祈るばかり。激しく痛んでいた西川の足も心配だ。

さて、これで決勝トーナメントの進出が決定。まさかこんな圧倒的な強さで1戦残した状態で突破を決められるなんて、開幕前は予想もしていなかった。いや素晴らしいよ。
後は第6戦の戦い方だ。このまま1位通過を狙う為に主力を投入するか、2位通過になっても構わないから出場機会に恵まれない控え組を中心に使うか、さあどうするか。
ただレッズはゴールラッシュを連発して今回もかなり得失点差を稼いだから、仮に最終的に上海上港に勝ち点で並んでも、得失点差では確実に上回るのでは?あれ?上海上港とは直接対決でのアウェーゴールがあるから関係無いんだっけ?もちろん第6戦も勝つ事が前提だが。しかし一方で後者の戦い方を選んだ方が、若手に経験を積ます事で将来的には糧になる気もするが、果たしてミシャはどんな選択をするか注目。

しかし、予報の雨は降らずに済んだが、その代わりに強風ってアンタ、しかも寒いし。やっぱり今年のホームゲームは天候に呪われているのか・・・。

2017ACL------
AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第5戦 浦和6-1Wシドニー
得点/14分・関根(浦)、18分・ズラタン(浦)、43分・李(浦)、66分・楠神(Wシ)、71分・ラファエルシルバ(浦)、80分・ラファエルシルバ(浦)、 90+4分・興梠(浦)
主審=ハミス・アルマッリ
観衆:19,467人


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お疲れ様でした。
朝装備したヒートテックを日中は後悔したが、埼スタ到着時に正解だったと知る。
そんな天候でした。
試合は浦和攻撃陣オールスター総集編のような内容でしたね。堪能しまくりでした。
ただ、一昨年や昨年のことを思うとチーム状態が良いときは敵無しなのはわかっていて、今後調子を落としたときにどう踏ん張っていくかの方がミシャレッズにとっては課題なのかもと思ってしまったりもします。悲観的で申し訳ないです。
JB 2017/04/27(Thu)01:22:19 編集
無題
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。
ウエスタンシドニーに2戦合計で10点とは、とてもACLとは思えないスコアになってしまいましたね。
これで1試合残しての決勝進出という事で、次のFCソウル戦では出番の少ない選手に出場機会を与えてほしいけど、まだ1位通過が決まっていないので、監督がどう決断するのでしょうか?
次はダービーですね。
FREE TIME URL 2017/04/27(Thu)06:08:46 編集
無題
サポートお疲れさまでしたうえさん。決勝トーナメント進出を決めましたね。

引き分け以上で決勝トーナメント進出決定でしたが、ホームでWシドニー相手に力の差を見せつけての圧勝は気持ちよかったです。

試合内容としましては、ズラタン、青木、駒井、那須とフレッシュなメンバーを使ってきましたがそれぞれ期待通りの働きで浦和の層の厚さを感じました。
そして武藤の抜け出しから関根の先制点、駒井のスルーパスに反応したズラタンのゴール、駒井のパスからの李のゴールと、前半はコンビネーションも良かったです。
後半は浦和がペースを落としたこともあり、Wシドニーにてこずりましたが、途中出場のラファの2得点とラファのヒールからの興梠のゴールと、Wシドニーを完全に突き放しての勝利でした。

これで決勝トーナメント進出は決まりましたが、上海も勝ち、これで浦和と上海が勝ち点12となりましたが、うえさんが言われるように第6戦の戦い方は重要ですね。
2位通過となると相手はH組1位の江蘇蘇寧&第2戦がアウェイになりますし、昨年のベスト16も第2戦は厳しい試合になりましたし、やはり1位通過が必要だと思いますが、第6戦のアウェイFCソウルも予選敗退でメンバーを落としてくると思いますので、今日のようにリーグ戦控えメンバーをうまく使いながらきっちり勝ち点3を奪うような、したたかな戦いを第6戦では期待します。

そして今週末は大宮とのさいたまダービー、来週は鹿島戦となりますが、ズラタンの怪我や西川や武藤の怪我の状況が気になりますし、是非ともベンチを含めた総動員で勝ち切ってほしいと思います。
Mr.T URL 2017/04/27(Thu)07:09:34 編集
無題
お疲れ様でした!私も今期始めて行って参りました(遅)。まぁ帰りなんでまったりと一人で観戦です。しかしポンポン得点入るもんでまったりなんてできずw少年のようにはしゃいでしまいました(笑)得点のバリエーションも豊富で素晴らしい。
しかしあれですね。徹底的にボコるサッカーしてるのはいいですが相手のメンタルを砕くと向こうのヤケクソ気味なプレーが増えてケガの可能性が増えるのはちょっと……汗
スポーツにメンタルが大事というのが改めて分かりました。
ひろまろ 2017/04/27(Thu)10:09:51 編集
また虐殺
こんにちは。

いや~、また6点も取っちゃいましたね。ウエスタンシドニーはラインを高く取ってヤル気満々に見えたんですが、脆かったですね。放り込んで来る訳でもないし、パス回をしながら攻めて来る訳でもない、唯一の失点もほとんど楠神の個人技でしたよね。
とにかくサイドの関根と駒井がキレキレで、特に駒井は攻守に渡って大活躍でした。札幌戦を温存したズラタンと李もしっかり決めてくれました。ズラタンはちょっと心配ですが、やはりフィジカルが強いズラタンはACLに必要なFWですね。そして、もしかしたら予定外の出場だったかも知れないラファエルシルバ!抜け出すスピードとタイミング、力まずにしっかり決める決定力、本当に素晴らしいですね!ラファエルシルバが入ってからはそれまで高く取っていたシドニーのDFラインがズルズル下がるだけになりました。李、興梠、ラファエルシルバの2シャドー1トップになった訳ですが、本当にどこからでも何をやっても点が取れる気がしました。
これでグループリーグ突破が決まりましたね!組合せ的には次もしっかり勝って1位通過したいところですね。

さて次はダービーですね。なんとなく今季は“ダービーだ!”というワクワク感が無いんですが…しかし、今のレッズの攻撃力なら栗鼠のドン引きも怖くない気がします。今回は阿部と遠藤を温存した事も大きいですね。虐殺してしまいましょう!


しかし、もうすぐ5月だというのに寒かったですね。身軽な格好で行きたいんですが、なかなかダメですねぇ…
ちょっとワイン祭りも寒かったなぁ…
栗鼠、鹿狩り、頑張りましょう!お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2017/04/27(Thu)17:16:17 編集
無題
今晩は 昨日は現地サポートお疲れ様でした
あの冷たい風には参りました 薄着での2階席は結構キツかったです(笑)
試合、負ける事は無いと信じてましたがまさかの6得点 仙台戦同様思ってもみませんでした。それにしてもシドニー、前半あれだけレベルの違うパスと崩しで何度も裏取られいくら3点ビハインドとはいえ後半も引かずに突っかかって来ましたね。多少押し込まれ失点はしましたが仰る通り質の違うコンビネーションサッカーのレッズとは力の差歴然でした 興梠もラファエルシルバもスキは見逃しません 正直相手キーパー気の毒になりました・・・
決勝T初戦相手考えたら当然1位通過でしょう!FCソウルにも負けるわけにはいきませんね。
大宮戦チケ取れませんでしたのでテレ玉での観戦です。サポート頑張って下さい 


欅通りのサポ 2017/04/27(Thu)22:06:26 編集
グループステージ突破!
お疲れ様でした。

残念ながら仕事で埼スタには行けず、録画で観ました。

いやー、すばらしい虐殺ショーでしたね!
そして、これだけ圧倒した相手にもきっちりと失点するところは、レッズらしいですね(笑)

まあ、人間ですからね、当然気も緩みますよ。
あれだけパスが面白いように通って、繰り出すコンビネーションがことごとく通用して、相手ボールになってもイージーミスでチャンスを自らつぶしてくれればねぇ。
この試合を見た限りでは、WシドニーはACLに出場するレベルではなかったですね。
とても、2014年のACLチャンピオンだとは思えませんでした。

ラファエル シルバはちょっと別格のような気がしてきました。シーズンを通してこのコンディションを維持できれば、得点王とMVPを取れるくらいの実力があると思います。
シュートの決定力がハンパないですね。興梠へのアシストも完璧でした。
活躍しすぎて、中東のチームなどに引き抜かれないか心配です。

ダービーでも虐殺ショーを期待してます!
ハートランド 2017/04/28(Fri)01:26:03 編集
コメントありがとうございます
JBさん
初めまして。
水曜日はお疲れ様でした。まだ朝晩の寒暖の差が抜けていない時期なので、服装をどうするか迷いますよね。自分は平日はスーツなので逆に応用が効かなくて大変です。
今季はより攻撃的にした分、1試合で色々な選手のゴールが飛び出しますよね。それはそれで良いのですが、何かの拍子に一度崩れると、とことん崩れる要素を孕んだ両刃の剣のサッカーに変わりはないので、おっしゃる通り一度調子が落ちた時にすぐ建て直せるか、ですね。それが克服できないと、再び大一番で優勝を逃す繰り返しにも繋がると思います。その辺は自分も厳しく見て行きたいです。

FREE TIMEさん
こんばんはです。
かつて東南アジアのクラブ相手なら当然でしたが、オーストラリアのクラブ相手に2試合計10点も奪うのは凄いですよね。しかも僅か数年前にACL優勝経験があるチームに。
ソウル戦のメンバーチョイスは1位通過を本気で死守するか否かによるので、この判断は凄く難しいですね。さすがのミシャも悩みどころではないでしょうか。控え組にチャンスを与えたい、しかし1位通過も大事ですし、悩みますね・・・。

Mr.Tさん
こんばんはです。
まさに力の差を見せつけての圧勝でしたね。阿部と遠藤と宇賀神を丸々温存策でベンチ外、興梠とラファエルシルバを控えに回しましたが、代わりのズラタンと李と青木と駒井と那須、みんなが好プレーで結果を出しての大勝となりましたね。それもおっしゃる通り素晴らしいコンビネーションを見せてくれた上での勝利という部分、組織としても個としてもじゅうぶん機能していたという事ですね。
これで残りの第6戦を残して決勝トーナメントの進出は決めましたが、その第6戦をどういうメンバーで行くのかが難しいですね。決勝トーナメントの対戦相手はどこも強いので今からの判断は難しいのですが、第6戦だけを考えると、アウェーであり、その相手はメンバーを落として来る事も考えると、こちらも無理に主力を使うのが良いのかは判断に迷いますね。かといって欲を言えば1位通過はしておいて損は無いでしょうし。正解が無いだけに、第6戦は実際にメンバーチョイスするミシャの判断力が試される試合になりそうですね。
そんな中で次のさいたまダービーが迫って来ましたが、大宮も順位が順位なので大勝モードと行きたいところですが、しかし今回大宮は確実に背水の陣で来るでしょうし、かなりレッズをマネジメントしているとの事ですから、油断大敵ですね。うちはズラタンや西川の具合が心配ですが、その為にメンバーを厚くしている訳なので、万一の事があっても、おっしゃる通り総力戦で臨んで勝ちきってほしいですね。
うえ URL 2017/04/28(Fri)18:23:16 編集
コメントありがとうございます
ひろまろさん
こんばんはです。
水曜日はお疲れ様でした。ゴールラッシュは嬉しいものの、ラッシュしまくりで喜び過ぎて逆に忙しかったですね(笑)
しかしおっしゃる通り、あんまり点を取り過ぎると、今回みたいに相手がヤケクソ気味にラフプレーをし出す場合がありますから怖いですね。今回はオーストラリアのクラブなので、あれでもまだマシだったかもしれませんが、これが中国チームや韓国チーム相手だったらと思うとゾッとします。それを考えるとアウェーでのソウル戦も選手は気を付けなければいけませんね。先日の川崎の旭日旗の件もありますからピリピリしているでしょうし・・・。

東浦和レッズさん
こんばんはです。
水曜日はお疲れ様でした。雨は降らないで済むかなと安心した代わりに今度は冷たい強風という、なんとも今季は天候に恵まれないホームゲームが続いていますね。ゴールデンウィークのホームゲーム鹿狩りは何としても晴れてほしいものです。
さて試合ですが、開始とともにWシドニーがエンジン全開で襲い掛かって来たのには驚きましたが、表面上はガンガンに来ていても、中身は何がやりたいのかサッパリなサッカーでしたね。レッズが激しくプレッシャーを掛ければすぐに混乱してくれてはアッサリとボールが奪えてしまいましたから、これで拍子抜けしてしまいました。Wシドニーはレッズのスピードに全く付いて来られず、その上で関根や駒井がキレキレなのですから堪らなかったでしょうね。
ズラタンに関しては、守って来るチームが多くて窮屈なJリーグより、大味な内容とチームが多いACL向きですね。あのフィジカルとスピードは国際試合でこそ目立つものだと、今回改めてわかりました。
ラファエルシルバに関しては、今回もし使うにしても、ズラタンに出来るだけ粘ってもらった上で、残り少ない時間に調整がてら投入する予定だったのかもしれませんね。とはいえ出れば相手にとっては脅威に変わりはないですから、疲れが見え始めた時間帯にラファエルシルバが投入されたのは、Wシドニーにとっては地獄だったでしょうね。Wシドニーはこれでラファエルシルバに守備の選手を割かねばならなくなり、レッズは逆にフリーになれる選手が増えました。ここに両サイドからの執拗な揺さぶり、高速パス回し、ラファエルシルバのスピード、Wシドニーの守備を完全にパニックに陥れたと思います。
これで先ずは決勝トーナメント進出決定ですが、あとは残る第6戦をミシャがどうメンバーチョイスするかが大注目ですね。
さいたまダービーは今の大宮の成績を見れば首位対最下位な形なので、確かに例年に比べると盛り上がりには欠けますね。ただそれだけに大宮は死に物狂いで臨んで来るでしょう。しかしレッズはそれを吹き飛ばすチーム力を持っていますから、いつも通りやれば勝てる、いや勝たなければいけないと思います。おっしゃる通り再びの虐殺ショーを期待します!
うえ URL 2017/04/28(Fri)18:23:59 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
こんばんはです。
水曜日はお疲れ様でした。いや本当に強風が寒かったですね。自分ゴール裏の中段からやや上でしたが、そこでも寒かったくらいなので、2階席はもっと寒かったでしょうねぇ。
Wシドニーは第1戦の4ゴール完封の事実がある上に、Aリーグでの成績も良くなかったという情報から、先ずは勝てる相手であるとは思っていました。が、それにしても6ゴールは嬉しい誤算でしたね。まあWシドニーもレッズの攻撃力は予想していた筈だったとは思いますが、わかっていても根本的なチーム力が全く違いましたね。特に組織力は大人と子供だったと表現しても言い過ぎではないレベルだったと思います。しかし終始サンドバックになっていたWシドニーのキーパー、敵ながら確かにちょっとかわいそうでしたね。何か最後の方なんて明らかにやる気を無くしていましたし。
さてこれで決勝トーナメント進出ですね。そして、さいたまダービーに向けて弾みが付きました。日曜はチケットが手に入らなかった方々の気持ちを背負ってしっかりサポート頑張ります!

ハートランドさん
こんばんはです。
またもや虐殺ショーを展開で大勝ですね。これだけゴールラッシュが続くと、その内にこれが当たり前のようになって頭が麻痺しそうで怖いです(笑)
まあ虐殺ショーの中での失点はご祝儀代わりと言いますか、個人的には今季の後ろがポッカリ空いたサッカーで1試合1失点は許容範囲と思っているので、逆に札幌戦みたいに2失点以上しなかったのは良かったと思います。まあバー直撃とかピンチはありましたけど。
今のWシドニーに関しては、おっしゃる通りACLレベルとは思えないですよね。国内リーグの成績も良くなかったみたいですし。よくこれで数年前にACLを優勝できたなと自分も半ば信じられませんね。とはいえレッズもACLを優勝した翌年からは厳しい時代がありましたから、今のWシドニーもそんな感じなのかもしれませんね。
それにしてもラファエルシルバが止まりませんね。確かに別格です。新潟時代はラファエルシルバにマークが集中した事もあり思うように行かなかったみたいですが、レッズでは周囲にレベルの高い選手が揃っているの為にマークが分散される事で、ラファエルシルバ自身の持ち味が新潟時代とは雲泥の差で発揮されているのでしょうね。海外からは間違いなく目を付けられると思います。スイス2部でプレー経験もありますし。なのでレッズとしては絶対に持って行かれないように、今からしっかり囲い込んでおかなければいけませんよね。
さいたまダービーもラファエルシルバの爆発に期待したいですね。
うえ URL 2017/04/28(Fri)18:24:47 編集
無題
こんばんは。

「ファエルシルバ、そこは期待通りだった。最後の興梠へのヒールパスなんて鳥肌ものだね。」とうえさんのおっしゃるとおり、興梠とラファの関係は日を増すごとに良くなっていますね。互いの関係をあのスピードのなかで確認し合い、興梠の動きに合わせたあらゆる選択肢から答えを出すラファ。このプレーを見るだけでもスタジアムに足を運びたくなる。

そういう意味でラファと興梠をピッチ上でもっと見れる時間が欲しいし、もっと見たいと思いたくなりますね。

次回のダービー楽しみですね。
りょりょ 2017/04/28(Fri)21:02:36 編集
コメントありがとうございます
りょりょさん
こんばんはです。
ラファエルシルバと興梠を最初に同時起用した時の試合からは、ラファエルシルバが強烈過ぎて、シャドーに下げた興梠の持ち味が掻き消されてしまう兆候があり心配していましたが、逆にこの2人は、おっしゃる通り試合を増す事に連携が良くなっていますよね。お互い相乗効果による素晴らしいプレーを連発してくれています。どうやら自分の心配は杞憂に終わったようで安心しました。
いや本当に、この2人のコンビネーションを観るだけでもスタジアムに行く価値がありますよね。毎試合ワクワク感がたまりませんね。
日曜のさいたまダービーも、ラファエルシルバと興梠の連携を中心に攻撃の大爆発を期待します。
うえ URL 2017/04/28(Fri)22:09:17 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第30節 浦和3-3ガ大阪 得点/50分・ラファエルシルバ(浦)、54分・ファン・ウィジョ(ガ大)、64分・ラファエルシルバ(浦)、67分・赤崎(ガ大)、73分・興梠(浦)、90+2分・呉屋(ガ大)・・・次の試合/J1リーグ第31節 広島-浦和(エディオンスタジアム=10月29日16:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/23 Mr.T]
[10/22 涙目のサポーター]
[10/22 みんみん]
[10/22 ひろまろ]
[10/22 欅通りのサポ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]