忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1165]  [1164]  [1163]  [1162]  [1161]  [1160]  [1159]  [1158]  [1157]  [1156]  [1155
2017年 AFCチャンピオンズリーグ・ラウンド16第1戦
済州ユナイテッドFC2-0浦和レッズ
~済州総合競技場

アウェーとはいえ相手の諸事情からホームスタジアムが変更された上に平日15時キックオフは調子が崩されるが、しかしそれがアジア。これがACL。いよいよ決勝トーナメント。ラウンド16。ここからが本当の戦い。

超攻撃馬鹿チーム対超組織的ドン引きチーム。おまけにJリーグ観客動員数トップチーム対Kリーグ一不人気チーム。
何だよ、この超対照的な構図は。ある意味で凄い対戦だ。
肝心の試合内容も、実に対照的だった。

絵に描いたような実にわかりやすく必然的なやられ方だった。清水戦からなーんにも学んでいない。まあ学んでいればもう少しマシな内容になっていただろうから、端から学ぼうともしなかったのだろう。まあミシャじゃ学ぶ訳ないか。逆に清水戦が学習材料になっていたのにこの内容だったとしたら、もっと酷いって事だけど。・・・あれ?ミシャ清水戦から何かが見えたようなコメントしてなかったっけ?やっぱり見えたのはお花畑だったのか。なーんだ。

真面目な話だな、済州は戦術的根拠に基づいた超本格的なドン引きカウンター組織のチームなのだから、そのような相手に馬鹿正直にチンタラ外側でパス回しして崩そうとしたところで簡単に網を突破できないのは当たり前で、その証拠にレッズの数少ないチャンスは、何れも済州が色気を出してやや前掛かりに来ていた時間帯のカウンターからのみ。これだって途中でモタつくと一瞬にして済州の守備が整ってしまう。こうなると力で崩せずパスで崩せず、高さも不足し、おまけに済州は人数かけて守っているから、カウンターを喰らうリスクを考えたらおいそれとシュートも撃てない。じゃあどうするんだ?って話だ。

・・・どうするんだろう?

そもそも選手の状態も良くない。ズラタンは助っ人としての迫力が無いし、興梠は良くない時は下がり過ぎる傾向にあるが、今回もそれ。だいたい興梠が最終ラインまで下がって守備しなければならない時点で守備がメチャクチャ。
そして何と言っても阿部がパスミスを連発している時点で負けフラグが立ってしまう。ボランチがあんな危険な位置でプレゼントパスやらかしているんだから失点は当然。森脇が復帰したが、相変わらず相手のカウンターに対してはほとんど無力。槙野も同様。
だいたい今回は清水戦に増して守る気があったのか疑わしくなるような酷い守備体形。一体全体何回同じようなカウンターを喰らえば気が済むのかという始末。ハッキリ言って済州のシュートが下手過ぎて、あれだけ枠を外しまくってくれなかったら大量失点ものだった。もちろん西川も良く守ったが、というか西川しか守備してないじゃん!!ホント守る気ないな、このサッカー。

えー、本当に第2戦どうするんだ?少なくとも先ずは同点に追い付く為に最低でも2点は取らなきゃいけない訳で、それも失点したら今度はアウェーゴールを奪われる事になるから、この状況だと1失点でもしたら、ほとんどジ・エンドじゃないか。1試合1失点は当たり前のチームに、それも強い相手に無失点で乗り切れとは言えないよ。
ラファエルシルバが間に合うか?全てはそこに懸かっている。これに超攻撃馬鹿チームのギャンブルサッカーが大爆発してくれれば、仮に失点しても、こちらも必殺のゴールラッシュ攻勢で済州を上回る事は可能だ。本当にギャンブル性が高いが、もう望みはそこしかない。どうせ馬鹿正直にチンタラパス回ししていたところで今回みたいに相手にドン引きされては無駄に時間が経って行くだけ。ならばもう失点なんか気にせず、ガンガン攻めてガンガン仕掛けてガンガンシュート撃ちまくれ!やっちまえ!!

・・・こんなんで良いのか?

2017ACL------ 
AFCチャンピオンズリーグ・ラウンド16第1戦 済州2-0浦和
得点/7分・マルセロ トスカーノ(済)、90+2分・チン ソングッ(済)
主審=アジス・アシモフ
観衆:1,913人



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ACL終了。
お疲れ様でした。
うえさん、日報のアップが早すぎですって(笑)

仕事中のため、テキスト中継でしか見れてませんが、得点経過を見ただけでも、試合内容が目に浮かぶような、いつもの負けパターンだなと容易に推測できますね。

守備から入るチームに対して、試合開始早々、あっさりと失点してしまっては、相手のペースになりますよね。
自慢の破壊力のある攻撃も、J1で中位のチームくらいまでだったら通用するのでしょうが、アジアレベルのチームが組織的に引いて守ったら、もう打つ手無しなのでしょうか。そういう時に一番効果的なラファエル・シルバが欠場だったのは痛かったです。
このチームが無失点で試合を終えるのは無理でしょうから、実質、ACL終了でしょう。

この調子だと、リーグ優勝も無理でしょうねぇ。ここ一番の試合で、守備が崩壊して終わりだと思います。
ミシャが、今シーズンの戦術目標を、昨シーズン以上に攻撃的に試合を進めると決めたことで、昨年、一昨年までは何とか保っていたチームの攻守のバランスが完全に崩れたように思います。それに加え、主力選手の高齢化とスタメン固定化による蓄積疲労のため、パフォーマンスの低下が見られますね。まあ、主に阿部キャプテンのことですが。

昨年でいう、リーグ終盤にかけてスタメンを脅かした高木のような選手が出てこなければ、チームは下降線をたどるだけになるでしょう。何の危機感も持ってない強化部は、選手補強はしないでしょうからね。

レッズが、ネガティブな予測を大きく覆してほしいと願うばかりです…。
ハートランド 2017/05/24(Wed)19:42:37 編集
無題
お疲れ様ですうえさん。

まずラウンド16の第1戦が平日の日中開催というところがACLらしいといえばACLらしいですが、私も仕事をしながらチラチラ結果を見てましたが、これが第2戦だったらテキスト速報だけでACLの結果が決まってしまうという悲しいことになりかねなかったので、これが第1戦でよかったというのが本音です。

そして結果は0-2で、しかも試合開始早々と終了間際に決められるという浦和の悪いパターンが出た試合になりましたし、うえさんが言われるように清水戦の反省を踏まえれば最後の2失点目は反省を生かしたと思えないような速攻からの余計な失点でした。

その2失点目ですが、先日の済州vsガンバ戦の2失点目とほとんど同じでしたし、攻め込んだところでカウンター一発という済州の狙い通りのサッカーをされてしまいました。ここは浦和はACLの済州の試合を研究しているはずですが、まったく生かされませんでした。

さて、これで第2戦は少なくとも2-0にしないといけないですが、第2戦はホームで戦えますし、レッズサポの後押しを含めて優位に戦えると思いますので、できる限り早く1点を奪い、済州を慌てさせることができるかがポイントとなると思います。
また間違いなく済州はカウンターで点を取りに来ると思いますので、遠藤・槙野・森脇はカウンターで絶対に点をとられないように細心の注意を払ってほしいですし、前線のコンビネーションを生かすためにもKLMの先発で、後半済州が疲れたところにラファやズラタン投入でたたみかけるような戦いを期待したいです。

もう綺麗な得点じゃなくても泥臭いゴールでいいので、ホームえ浦和の意地を見せて得点を重ねて勝ち切ってほしいです。
Mr.T URL 2017/05/24(Wed)20:25:58 編集
無題
こんにちは。
 毎回同じ負けパターンではサポーターのストレスはたまるばかりですね。監督の戦術はもちろんのこと、阿部は最近指摘されているように厳しいのでしょうか。プレミアのオファーを断ってリーグ優勝のために戻ってもらったフロントとしては、おいそれと外せない選手なのはわかりますが…。ただ代わりがいないわけじゃないし、もっと他に選手構成ができなかったのかなと。失点するということは、守備ができていないことだから、遠藤を本来のボランチにして、手薄のDFと監督の考え方を何とかしないとだめなんでしょうね。言いたくないですが、これだけ学習しないで同じことを繰り返すのは頑固というより、ちょっと頭が悪いのかな…と思ってしまいます。
 予選で対戦した上海のビラスボアス監督は、(リップサービスかもしれませんが)レッズをほめていました。彼は、パスサッカーを志向していて、アジアで仕事をしてみたいと以前言っていたので実は期待していたのですが、いつのまにか上海の監督におさまっていました。マンUの名将モウリーニュの下でアシスタントコーチをした後、欧州のリーグで監督を務め、ヨーロッパリーグの優勝経験もあるので報酬も安くないと思いますが。もし今の中国チームを解任されたら、フロントが動いてくれないかな〜とか思っているのですが、うえさんの印象ではミシャの代わりとしたら、どのような監督を見てみたいですか(やはりドゥンガとかでしょうか)? 今季はこのままミシャで最後までいくでしょうが、リーグ優勝を逃したあかつきには、もう気持ち的に限界なので、クラブには考えてほしいです。
 なにはともあれ切り替えて、次は良い結果を期待したいですね。
涙目のサポーター 2017/05/24(Wed)22:25:43 編集
無題
おはようございます。
アウェーで0-2の完封負けという結果で、次のホームゲームは大変厳しい状況になってきました。
せめて1点に抑えていたら希望が持てたというのに。
それでも、ホームのゴールラッシュに期待するしかないですね。
FREE TIME URL 2017/05/25(Thu)06:04:17 編集
厳しいですね…
こんにちは。

かなり厳しくなりましたね。ホームでの戦い、先に失点したら終わりですね。
レッズが一番苦手としているドン引きカウンター狙いの相手だという事、更に高さもあって速いカウンターにガンバも歯が立たなかった事を考えれば、やはり何か奇策を練るべきだったんじゃないかと思いますね。まぁ、それ以前に済州がレッズをよく研究してきましたね。焦る必要は無かったと思うんですが…不用意なパスミスを連発してはカウンターを食らう悪いパターンでしたね。2シャドー1トップの3人は外しまくるし、でもまぁあれだけゴール前がゴチャゴチャしては落ち着いて狙えと言ってもなかなか出来ませんか…
守備的な戦い方が出来ないレッズにはアウェーは鬼門でしたね。

とにかくこれで31日は点を取らないと終わってしまう事になりました。済州はドン引きカウンターで先に1点取って決めに来るでしょう。0-2からのスタートなので、攻めるしか無いですね。たまには意地を見せてもらいたいなぁ…
少し間が空くので、しっかり研究して、本当に喜べる大逆転を期待するしかないですね。また埼スタで頑張りましょう!
東浦和レッズ 2017/05/25(Thu)11:47:57 編集
コメントありがとうございます
ハートランドさん
こんばんはです。
試合の終了時間によってアップが早いのも、職業柄外回りの特権です(笑)
おっしゃる通り、守備のチームに対して早い時間帯に失点するという事は、それだけ相手のプランに嵌まるという事ですから、それでますます守りに入る相手に対して余計に得点し難くなりますよね。しかも相手は単にドン引きしているだけではなく、まさにアジアレベルの強いチームですから、そういう相手にはアジアレベルの攻撃力が無いと、なかなか崩せませんよね。しかし残念ながら今回のレッズの攻撃は、明らかに国内レベルでした。加えてラインを上げるだけ上げて、ミスはするし守備を放棄したような戦い方をやっているのですから、カウンターを喰らいまくるのも必然ですよね。
ラファエルシルバが居なかったのは痛かったですが、それは始めからわかっていた事なので、本来ならば監督がそれを見据えて攻撃プランを作らなければいけないのですが、その監督がミシャなので、相変わらずの攻撃しか出来なかったのでしょうね。
おっしゃる通り主力選手、特にベテラン選手の劣化は否めないですし、その中でも守備面は固定し過ぎた為に全く底上げが為されていないのが実情です。年々目に見えて劣化が指摘されている阿部もさすがに厳しくなってきました。阿部の位置を遠藤にして若返りを図る方法もありますし、リベロに新たな選手が現れないとますます守備が危うくなりますね。
何れにしてもこれでACLは厳しい状況に追い込まれてしまいました。ホームでの第2戦は攻撃陣の爆発に期待するしかないですから、そこで奇跡を起こしてもらいたいです。

Mr.Tさん
こんばんはです。
たった4日前の清水戦で痛い目を見たにもかかわらず、また同じようなミスあり、また同じようなやられ方で失点する辺りは、やはり清水戦から全く学ぶ事なく臨んだ証拠でしょうね。これを見ると、そもそもミシャとチームが済州をマネジメントしていたのかも怪しくなりますし、仮にしっかり研究してしっかり警戒して臨んだのであれば、開始早々からいつものような無茶な攻め方はしないはずなので、やはり自分達のサッカーだけを見て、済州をろくに研究してはいなかったのでしょうね。
これでロスタイムにもカウンターから失点するなど、結果0-2という厳しい数字で折り返す事になってしまいましたが、これで終わりではなく、おっしゃる通りまだホームで第2戦が残っているのが救いですね。
その第2戦ですが、レッズは先ずは最低でも2点を取って同点に追い付かなければいけませんね。済州は守って来るかもしれませんが、レッズとしては早めに同点に追い付く事で、おっしゃる通り済州を焦らせて攻めさせる事が出来ると思います。こうなれば今度はレッズのペースになるので、その裏を突ければ得点に繋がり、逆転勝利も夢ではないと思います。またレッズとしては早めの失点は絶対に避けなければいけないのが理想ですが、仮に失点したとしても動揺せず、とにかく同点に追い付くまでは絶対に攻撃の手を緩めてはいけないと思います。どうせ攻める事しか出来ないのであれば、言葉は悪いですが「玉砕」覚悟で猛攻撃を続けるしかないと思います。
おっしゃる通り、泥臭くても何でも、ホームなので意地をみせてもらいたいですよね。
うえ URL 2017/05/25(Thu)19:14:15 編集
コメントありがとうございます
涙目のサポーターさん
こんばんはです。
まさに失点する時、そして負ける時は基本いつもいつも同じパターンですし、やっているサッカーは基本変わらないので、当然そのパターンは相も変わらず同じって事ですね。しかも今年はより攻撃的にした分、より守備がスカスカになっていますから、去年より守備が酷くなったのも頷けると思います。そしてそれを改善できない、改善しようとしない監督。確かに頑固と言えば良く捉えると職人的な響きではあるんですが、一向に学習しない点を見れば、その資質に問題があるかもしれないと思うのも当然の流れですね。
そして今後のミシャは選手起用に関して、これまで絶対的な存在であった阿部を、ミスが続いたり調子が悪い時に、スタメンから外す勇気があるかどうかも見て行きたいです。阿部のプレーを見ると、もう今季はいよいよそういう時期に来ていると思います。またその為に遠藤を獲ったと思うので、そろそろ阿部の位置をテコ入れする時期に来ていると思います。
ちなみにミシャの後任となると大変ですね。これだけ変テコなサッカーをチームに染み着かせてしまった以上、そこから新たな監督のやりたいサッカーにシフトさせるのは、余程の手腕がないと難しいと思います。個人的には先ずは守備を疎かにしない監督が希望ですが、超攻撃的チームを守備的にするのは、以前ガンバのセホーン体制を見ても失敗のリスクが高いのは明らかなので、いきなり性質を変えるより、ミシャサッカーからゆっくりでも柔軟にチームを変えて行ける監督でなければいけませんね。ただ希望としてはミシャのような理想優先タイプより、しっかり選手の特性を活かして相手チームをマネジメントして望む現実タイプが自分は好みです。理想タイプは諸刃の剣なので、起爆剤的には有効でも、弱点も多くて安定感が無いんですよね。それよりも自分は地に足を着けて人事を尽くしてチームを指揮してくれる監督が理想です。

FREE TIMEさん
こんばんはです。
あそこで0-1のまま終える事が出来なかったのがミシャサッカーらしいですが、第2戦を考えるとそこが痛かったですね。
ただ今季はゲームによってはメチャクチャなゴールラッシュを連発していますから、とにかく第2戦はそこに期待するしかないですし、なので可能性はまだまだあると思っています。とにかく点を取りまくるしかないですね。

東浦和レッズさん
こんばんはです。
おっしゃる通り、考えたら済州はガンバに勝ったチームですから、同じようなレベルにあるレッズでは、それこそしっかり対策を施して臨まなければ、そりゃ点は取れませんし守れないですよね。加えて済州の守備とスムーズなカウンターを見ても、当然ミシャサッカーの弱点は確かに研究していたと思います。まあミシャはそれをわかっていてもたいしたマネジメントはしていなかった感はあるので、そりゃあ負けますよね。しかも攻撃陣があれだけ精細を欠いてしまっては・・・まあ済州の守備が徹底していたのは敵ながらさすがでしたけど。
実に厳しい状況に追い込まれたと思います。点は取れなかったにしても、まだ1失点ならば余裕は残されたと思うんですが、最後の最後で更にやらかしての2失点で折り返しでかなり痛い事になったと思いますね。とにかく第2戦は攻めて攻めて攻め倒すしかないです。どうせチマチマやっててミスってカウンター喰らってアウェーゴールも喰らうのであれば、もうそれを上回るゴールラッシュでぶっ倒すしかないので、開始からエンジン全開でぶつかって行ってほしいです。それで前半の早い内に先制し、更に同点に追い付ければ、かなり可能性を取り戻せると思います。
幸い第2戦までに1週間あるので、ここでしっかり体力を回復させつつ、チームでしっかり意思統一の準備をしてほしいです。ラファエルシルバも復帰してくれれば更に望みが高まります。そしておっしゃる通り、「意地」を見せてもらいたいですね。
うえ URL 2017/05/25(Thu)19:14:53 編集
ようこそ!!
試合終了/AFCチャンピオンズリーグ準決勝・第2戦 浦和1-0上海上港 得点/11分・ラファエルシルバ(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第30節 浦和-ガ大阪(埼玉スタジアム2002=10月22日17:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]