忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1254]  [1253]  [1252]  [1251]  [1250]  [1249]  [1248]  [1247]  [1246]  [1245]  [1244
試合というのは内容は大事だけど、勝敗を考えたら結果論でしか語れない場合がある。それを踏まえて話すと、先ず日本にとっての第3戦は、ポーランドに勝つ事が最目的ではなく、決勝トーナメントに進出する為の条件を得る事が最目的であった訳だ。
その為に自力で突破条件を得るには引き分け以上が必要であったが、途中で失点してしまった事、その時点で他会場のセネガル対コロンビアの試合はスコアレスドロー進行であった事、また攻勢に出るもポーランドからゴールを奪えない状況で、段々と暗雲がたれ込めて来た。

ところが、後半も終盤に入っていたところでコロンビアがリードとの情報が入る。このままであればセネガルに対して成績で上回る日本の決勝トーナメント進出が決まる。但し日本が更に失点してしまうか、セネガルが再びドローに持ち込んだ場合は日本の敗退となる。

日本は更に攻勢に出て自力で突破を狙うか、守勢に回った上でセネガルがコロンビアに追い付かないよう祈るか、難しい選択を迫られる。
ここで西野氏が選んだのは後者で、そこからの日本はボールをキープしつつ時間稼ぎで試合を終わらせた。

これには賛否両論が噴出しているが、ここで話は結果論という事になる。仮に日本が更に失点していたら選択が間違っていたという事になるが、それはそれで結果論である。そうなると何故ボールをキープして逃げ切らなかったんだ?という話が出た筈だろう。
今回はギャンブル采配に近いから、結果論でしか語れないのだ。それにひとつ言える事は、この試合はポーランドがリードしていた訳で、日本が攻めて来ないのであれば、ポーランドとしても無理に攻めなくて良い試合になっていた。つまり日本がボールキープに入った時点で、双方の思惑は合致していたのである。また日本の選択がフェアではないとの批判が出ているのは当然にしても、その問題はまた別の話である。

さてワールドカップ初出場を果たした槙野だけど、プレー内容は確かにオウンゴール寸前とか危なっかしい部分があったのは事実だが、全体的には、そう言われるほど悪くはなかったと思うよ。まあワールドカップに出られたという事を先ずは祝ってあげたい。
あとは、遠藤だなぁ。


試合結果/1次リーグ28日
グループH 日本0-1ポーランド
グループH セネガル0-1コロンビア
グループG イングランド0-1ベルギー
グループG パナマ1-2チュニジア

次の試合/決勝トーナメント1回戦30日
◆フランス-アルゼンチン ~カザン・アリーナ/カザン23:00
◆ウルグアイ-ポルトガル ~フィシュト・スタジアム/ソチ27:00





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちわ。
いまいち釈然としない朝だった人は多いのではないでしょうか?スポーツ各紙も文字が躍ってないといいますかw。しかしうえさんが書かれた通りそれが全てだと思います。幸運を拾ったと言っていいでしょう。ただ自国民ですらモヤっとしてるので第三者はそりゃあ怒りますよねw今年確かなでしこJapanでも似たような現象が起きましたがまさかワールドカップ本大会日本戦でしかも1年に2度経験するとは思いませんでした。実際私の母はあの10分テンションだだ下がりでポーランドの応援始めましたしw。色々な意味でプロフェッショナルというのを見させて頂きました。あと槙野ですね。31歳でのデビュー。日本で23人しか到達できないピッチにたてた事、出来はどうこうより凄く嬉しかったです。
ひろまろ 2018/06/29(Fri)12:52:20 編集
無題
あ、23人じゃなかった汗
ひろまろ 2018/06/29(Fri)12:54:08 編集
無題
こんにちは。

まぁ、何とか決勝トーナメント進出ですね。私もキープの選択は間違いではないと思います。お互いに暑さの中、かなり消耗していたと思うし、まぁレバンドフスキは点を取りたかっただろうけど、ポーランドにしてみても取りに行って逆にやられてしまえば未勝利で終わってしまった訳ですし。しかし、私はレバンドフスキは大会得点王を狙えると思っていたんですが、不発に終わりましたね。しかし、さすがにボールを持つと脅威を感じました。失点シーンも吉田と槙野が完全にレバンドフスキに引っ張られてフリーの相手を作ってしまったのが原因だし。
H組は、結局一番強かったのがコロンビア、全ての面で一番運が良かったのが日本、逆に運がなかったのがセネガルで実力を出せなかったのがポーランドという感じでしたね。
トーナメント初戦は優勝候補筆頭のベルギーですね。昨夜のような戦い方をした西野がベルギー相手にどんな戦い方をするのか注目しましょう。

トーナメントの組み合わせが決まって、私個人的な思いですが、う~ん…決勝で再びポルトガル×スペインが見たいなぁ…もちろん日本にも頑張ってもらいたいですけど。
東浦和レッズ 2018/06/29(Fri)14:10:43 編集
コメントありがとうございます
ひろまろさん
こんばんはです。
決勝トーナメント進出は決めたものの、試合自体は負けでしたし、何より最後の時間稼ぎには納得が行かない人が居るのも仕方がないとは思います。相手チームを応援している人や、おっしゃる通り第3者からしたら、アレをやられたら萎えますからねぇ。
しかしそこはプロの世界、本来は時間稼ぎなんて日常茶飯事なんですよね。ただ普段からプロサッカーを見慣れていない人にとっては、それがアンフェアに見えてしまうのでしょうね。
そしてこれはコロンビア戦の開始3分の相手の1発退場とPKもそうでしたが、今回も日本は運に助けられた面が強いですね。まあ運も実力の内と言いますし。
そんな中で、槙野は内容はイマイチでしたが、ワールドカップ出場という大きな夢を果たせた事は良かったと思います。レッズの看板を背負って、ほんの一握りの選手でしか到達できない夢の舞台に立てたのですから、レッズとっても大きな誇りですね。

東浦和レッズさん
こんばんはです。
最後は他会場の結果に左右されるギリギリの紙一重でしたが、何とか決勝トーナメント進出ですね。ただボール回しの時間稼ぎが賛否両論になってはいますが、しかしこればかりは何が良いとか悪いとかではなく、賭けに勝ったというレベルの話として、結果オーライで考えるしかないですよね。それに、おっしゃる通り、日本はグループリーグを通して本当に運に恵まれていたと思います。本来ならば1勝するのも難しいとされたグループ内最下位の下馬評を、決勝トーナメント進出にまで持って行けたのは、やはり運を味方に付けた部分が大きいですね。
しかしレバンドフスキは、今大会注目度トップレベルでしたから、それがまさか無得点に終わるとは予想外でしたね。それだけにレバンドフスキ自身は相当悔しい大会になってしまった事でしょう。
さて決勝トーナメントですが、相手がベルギーになってしまいましたね。かなり厳しい試合になると思います。ただ決勝トーナメントは何処と当たっても強い相手に変わりはないと思いますから、相手がどうこうより、日本がどういう戦い方をするかですね。
決勝は向こう側は順当に行けばやはりスペインですかね。一方はポルトガルやブラジルやフランスが潰し合いになる可能性が高く、なかなか読めないですね。それだけに楽しみですね。
うえ URL 2018/06/29(Fri)17:05:03 編集
無題
こんばんわ 日本準決勝進出おめでとうございます。何よりです。

西野監督の采配は素晴らしいものでした。

私的意見ですが、まあどうあれ時代(世界)は動いている訳で戦術に日本的な価値観なんてどうでも良いので勝てばいいのです。ここで攻め続けろなんて時代遅れも良いとこと思います。

世界で勝つには戦術が大事です。こんなところで玉砕は御免です。この場面で討ち死は犬死にしかなりません。(日本的美意識)

うえさんがおっしゃる「ギャンブル采配」だろうが、この場面が勝負時ではないことは確かなのです。ここは次のステージに行くことが大事なので西野監督の采配は素晴らしかった。

誇るべき西高の西野監督!ベルギー戦、いやその先も必ず勝ってください。

PS:長谷部が伝令?(監督代行?)に出た時に、いずれ日本代表監督にはこの人がなるだろうなぁなんて思ったのは私だけでしょうか?
駒場で高校生練習生で出てきた時は本当に心配でしたけど…。((笑))
名無しさん 2018/06/29(Fri)18:50:46 編集
無題
すみません。上の文責は名無しでなく私です。
りょりょ 2018/06/29(Fri)18:55:14 編集
無題
こんにちは。
レッズの試合のないこの時期は、うえさんのブログが唯一の楽しみで、毎回楽しく読んでいます。日本は、大方の予想に反して予選を突破しましたね。代表戦はいつもは見ないのですが、ポーランド戦は終わりの方だけ見ました。しかし今回のW杯は、ランキング上位のドイツやポーランドが予選敗退したりと、予想外の結果が多かったですね。ドイツは次を見据えて、経験を積ませるために若手を起用したとか言われてますが、国自体も移民の問題とかで政治的に揺れているし、経済も自動車の不正データ問題とか、ドイツ銀行も以前から危ないと言われているし、あらゆる面でほころびが出て、その世相が少なからずスポーツ界にも影響を与えているのかもしれませんね。今後、サッカーを含め、うまく立ち直ってくれるといいのですが。
日本代表に関しては、今でも一部の選手に不信感を持っているので少し複雑な気分です。実は自分は「セネガル、得点して引き分けてくれ!」と祈るような気持ちでセネガルを応援してました。たぶん、日本よりセネガルを応援してたのなんて、自分くらいじゃないかと(笑)。今回日本が突破したことで、ビッグマウス連中がマスコミに祭り上げられてますます増長するのが目に見えるようで、暗澹たる気分です。報道によれば、マスコミがおだてる「ビッグ3」を全員足しても、韓国FWのソン・フンミンとかいう選手1人の市場価格にも及ばないそうですし、レバンドフスキの約110億円なんて、日本代表の全選手をすべて足したより高い市場価格がついている。このレベルでは本当の実力では勝てないから、1人少ない相手に勝ったり、ポーランド戦の最後の時間稼ぎも、ちょっと情けないけど、やはりあれに賭けるしか手がなかった。なので、やはり手放しでは喜べないんです。心を広く持ちたいとは思うのですが。
ところで韓国が、今回のW杯でもファールが多いことで世界中から不評を買ってましたね。以前からラフプレーが多いですが、レッズのナバウトのケガも、韓国の選手が原因でしたし、Jリーグももっと他のアジア、フェアプレー精神のある国からの移籍に変えてくれないかな~。
セネガルは監督を含め、みな黒豹のようでかっこいいですね。体幹能力では今後もアフリカ勢に勝てそうにないから、日本はやはり組織力でやるしかないでしょうか。
涙目のサポーター 2018/06/29(Fri)20:28:47 編集
おつかれさまです
勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果 まで同じじゃ他に比べる物がないですからね

日本のチームの取った行動に否定的なメディアが多いですが 落合博満風に言うなら
「何が悪いの? 文句があるならそんなルールにしなきゃいいじゃない?」
ってところでしょうか 「ファール、カードをもらうようなプレーをしない」事は 十分勝者に値する事だと思います
さくらもち 2018/06/29(Fri)23:17:47 編集
無題
こんばんは。
いろいろと賛否両論が交錯していますが、西野監督の選択は吉となりましたね。
槙野はイエローを貰ってから精彩を欠いてしまいましたね。
それまでのディフェンスは文句なかったのに。
やはり、こういう舞台で空回りしてしまうタイプなのでしょうか?
ここまで未出場なのは、航を含めて5人。
せっかく選ばれたのだから全員出してあげてほしいところです。
FREE TIME URL 2018/06/29(Fri)23:32:36 編集
コメントありがとうございます
りょりょさん
おはようございます。
日本人からすると、逃げ切りは卑怯や恥みたいな文化感覚があるので、どうしても今回の采配は良くないと思ってしまう人が居るのも仕方がない事だと思います。ただおっしゃる通り、それだけでは世界で通用しないのがサッカーですし、華々しいプレーをして称賛されたところで、最終的に結果が出なかったら、本末転倒であり意味が無いんですよね。
今回の采配は西野氏も語っているようにギャンブルはギャンブルでしたが、何も闇雲に賭けに出た訳ではなく、状況と可能性を吟味した上での選択だった事は間違いないので、結果オーライではありましたが、そこまでの話に留めておいて良いと思います。
ちなみに長谷部ですが、性格的にも監督になれる逸材でしょうね。以前福田がドイツを旅した番組で、フランクフルトで長谷部と対談で指導者の話をしている際、長谷部自身はこれ以上の現役に拘りは無く、時が来たら早く次のステップに進みたいみたいな話をしていました。長谷部の人生プランに間違いなく指導者の構図が描かれていると思います。長谷部の将来が楽しみですね。

涙目のサポーターさん
おはようございます。
日本を客観的に見た場合、個人的にはコロンビアとポーランドには負け、ドローか勝てるとしたらセネガルくらいかなと思っていました。評論家の中には3戦全敗を予想していた人も結構居ましたから、それを考えたら、まさか日本が決勝トーナメントに進出できるとは予想外でしたね。まあ冷静に見れば、コロンビア戦の開始3分の相手の退場劇が無かったら、全く違う状況になっていた可能性が高かったですけどね。やはり日本は身体能力では勝てませんから、日本は日本の技術や組織力を武器にすれば良いと思います。
面白いのは、開幕前はあれだけボロクソ言われていた西野氏が、結果を出した途端に、掌返しで大絶賛されているところですね(笑)
ちなみに自分は好きなドイツは応援していても、基本ワールドカップは勝ち負けより夢の祭典としての雰囲気を楽しみたいのと、常に日本代表はレッズ所属選手以外は客観的に見ているので、勝っても負けても冷静は冷静なのですが、ただひとつ受け付けないのが、勝った時の渋谷や道頓堀など各地の繁華街で必ず発生するあのバカ騒ぎですね。ニワカが発生するのは仕方がないにしても、ただ騒ぎたいだけの連中が大量発生しているのも事実ですし、またそれをマスコミが積極的に取材に行くので、更にヒートアップしてメチャクチャな事になるんですよね。自分はあのバカ騒ぎが映ると、即行チャンネルを変えます(苦笑)
それとラフプレーやファールですが、そういう意味でもVARシステムは、それに一石を投じるものとして今後も抑止力になると思います。またラフプレーやファールが本当に多い韓国ですが、そのKリーグでも去年からVARの導入が始まっているので、それが数年内にどう意識が変わってゆくかですね。逆に韓国の選手がVARが無いJリーグでのびのびラフプレーやファールをされてしまうと困るので、Jリーグでも早くVARを導入してもらいたいですね。
うえ URL 2018/07/01(Sun)09:10:52 編集
コメントありがとうございます
さくらもちさん
おはようございます。
例えば相撲や柔道は消極的な姿勢や攻めないままだと注意や反則をとられますが、サッカーは極端な話ルールさえ守っていれば、あとは何をしても良い世界です。そういう意味では今回の日本の選択は、責められるべきではないと思います。そもそも勝っていたポーランドも攻めて来なかったですしねぇ。
まあ西野氏も会見で落合氏みたいに強気発言してくれたら面白かったですね(笑)

FREE TIMEさん
おはようございます。
賛否両論が出ていますが、今回は結果オーライという事で良いと思います。
槙野は、おっしゃる通りイエローを貰ってからのプレーが問題でしたね。気持ちが強い選手なので、せっかく出られた夢の舞台で、これ以上カードを喰らうようなプレーは出来ないという思いが、逆に焦りを生んでしまったのかもしれません。それだけ緊張してプレーしていたのでしょうね。
そして遠藤は、とにかく使ってもらえる事を祈りたいですね。
うえ URL 2018/07/01(Sun)09:11:26 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第32節 札幌1-2浦和 得点/6分・武藤(浦)、25分・進藤(札)、35分・武藤(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第33節 湘南―浦和(Shonan BMWスタジアム平塚=11月24日14:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/18 KiffBaict]
[11/18 CharlesMK]
[11/18 KiffBaict]
[11/18 KiffBaict]
[11/18 JamesGom]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]