忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1151]  [1150]  [1149]  [1147]  [1146]  [1145]  [1144]  [1143]  [1142]  [1141]  [1140
2017年 J1リーグ第3節
浦和レッズ4-1ヴァンフォーレ甲府
~埼玉スタジアム2002

17.3.10ホーム甲府戦、勝利 監督が変わろうが何だろうが意地でもドン引き大作戦の甲府相手に、まさかこの数字は予想外だったわい。

とは言うもの、一度得点すると勢いよろしく2点3点とポンポン行っちゃうのも今のチームだし。それを考えると有り得ない事態でもなかった訳で・・・。
そんな中で先制点の起点となった森脇の関根への裏へのパスも素晴らしかったが、今回はその関根が大ハッスルでゴールに繋がるラストパスを供給しまくっていた。ただ何れも良く言えば躊躇なく思い切りの良い鋭いパス、悪く言うと乱暴気味なパスでもあった訳で、とにかく鋭いだろうが乱暴だろうが、何れも受け手にとっては捉えるのが難しいレベルだったが、しかしそれをキッチリ懐に収めてゴールマウスに決めきったのはFW陣の非凡な技術あればこそだろう。李のはちょっと怪しかったけど(笑)
17.3.10ホーム甲府戦、勝利2 興梠、武藤、李、そして特筆すべきはラファエルシルバで、言うまでもなくレッズ移籍後ここまでACLとJ1で計5試合中5ゴール。J1だけに至っては開幕戦から今回の第3節まで連続ゴール中。止まらない。とにかくラファエルシルバが止まらない。本当に得点王が可能なペースである。止まらないだけではなくて、ラファエルシルバ自体がスピードと個人技を全面に押し出しながら常に敵DFを2人3人と引き付けてくれているから、それが囮役となって周囲にフリーの選手が出来上がる。興梠にしても武藤にしても、もちろん単体でも良い動きはしているのだが、恐らくラファエルシルバが居なかったら、そうは連続ゴールという形になっていなかったと思う。それだけラファエルシルバの存在が大きい。
更に言うと、レッズで場数を踏む事に周囲との連携が良くなっている。そのペースが予想外に早いのが驚き。実は加入前はエメルソン的な俺が俺がタイプを想像していたんだけど、ところがどっこい結構協調性があるみたいで、キチンとパスも出せる選手だったんだな。ただ要所ではブラジル人FWらしく自分でやりきろうとしている。勿論ラファエルシルバに求められている役割はその方が正解な訳だから、呉々もチームプレーや戦術という名で縛られ過ぎないまま行ってほしいと切に思うのであった。
ちなみにあのド派手なゴールパフォーマンスは毎回やろう。あれやって腕をブンブン振り回していれば、その間は危なっかしくて槙野と森脇は近付いて来られないから(笑)

そういう選手が居るチーム相手に甲府も大変だっただろうが、ただ甲府としては超攻撃的チーム相手にも1失点は想定内だっただろうと思うよ。ガンバと鹿島相手に接戦を演じた手応えと実績と自信もあっただろうし、今回も前半は0点進行だった訳だし。ところが後半に入った途端に・・・自慢のドン引きが時間を増す事に崩れて行く異常事態は大変ショッキングだっただろう。

ただどうなんだろう。前半、特に序盤は甲府もドン引きしている割にレッズはポンポンとパスが通ってしまってフィニッシュまで持って行けていた。ぶっちゃけ甲府のキーパーが神懸かっていてスーパーセーブを連発されてしまったから前半は0点進行だったが、仮にあのキーパーが神懸かっていなかったら、前半だけでぶっちゃけ4点は入っていた展開だったと思うね。それを見る限りでは今年の甲府のドン引きは、以前のシュートに持ち込むのも難しかったものとはちょっと質が違うのかもしれないが、まあラファエルシルバという大きな武器を手に入れるわ、ラインは去年にも増して上げるわで、レッズの攻撃力が上がったからこそ苦手な甲府のドン引きを破壊できたというところだろうか。

ただ攻撃力が上がった分、何処にツケが回るかというと、それは言うまでもなく守備である。尤も肉弾戦絡みのハイプレスは効いているし、それにより甲府のミスも誘えていたけど。んー、今回こそ文化シヤッターが閉まってくれないかと期待していたのだが、やはり失点も無くならないな。それも今回のようにアッサリやられる系。仙台時代から天敵なウイルソンはどうにかこうにか抑えたと思いきや、どうしてあそこでドゥドゥがドフリーに輪を掛けてドフリーなのよ。その前に松橋のバー直撃もあったな。肝心の西川がパスミス連発だから。西川もたまにやらかしまくるんだよな。あの笑顔で憎めない選手だが、実はやらかし魔でもあるという困ったちゃんな事実が隠されているのが西川だ。
つまり守備は相変わらずさ。まあ最近は失点以上に得点できるサッカーが続いているから良いけど、本音は完封試合が見たいところ。まあ贅沢言うなと怒られそうだけど。
とにかくゴールラッシュも止まらないけれど失点も止まらない。実にアンバランスである。

金曜の試合、しかも今回も寒かった訳だが、それでもソウル戦の時よりはマシだったのが救いで、そんな中で今回もゴールラッシュが観られた訳だから良しとしよう。
ちなみに自分は、プレミアムフライデーなどという訳のわからないものとは至極無縁なのであった。だから金曜ナイターは出来ればやめてほしいところだが、でもそれで勝つと土曜に試合するチームより先に勝利を味わえた事で優越感に浸れるという・・・まあ悪くないね。

------
J1リーグ第3節 浦和4-1甲府
得点/57分・興梠(浦)、60分・武藤(浦)、76分・ドゥドゥ(甲)、83分・李(浦)、90+2分・ラファエル シルバ(浦)
主審=松尾 一
観衆:22,771人

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おはようございます。ご無沙汰しております。

昨日は後半をテレビで観戦させて頂きました。昨日は昨シーズン二桁得点を記録した4人が揃い踏みのゴールでした。特にラファエル・シルバは確かに得点王が狙えそうですね。昨シーズンのデータを確認して1つ気付いたのが、実は今日決めた昨シーズン2桁得点の4人の中でラファエル・シルバは昨シーズンの出場試合数は飛び抜けて少なかったんですね。出場時間等の詳細は調べるとなると大変でしょうからやめておきますが、要はフル回転出来れば得点王が狙えるぐらいの力はそもそもあったのではないかということなのではないでしょうか?
アニメ統計学者 URL 2017/03/11(Sat)07:34:05 編集
無題
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
取るべき人達が取っての4ゴール。
攻撃陣は本当に頼りになりますね。
一方で失点シーンには唖然としましたね。
何でゴール前にGK以外に誰もいなかったのかと・・・。
こんな守備では上海上港相手に勝負が出来るのか不安が増します。
次節はアウェー・ガンバ戦ですね。
私も次節は大阪まで参戦するので、レッズの勝利を見届けたいです。
FREE TIME URL 2017/03/11(Sat)08:31:23 編集
無題
サポートお疲れ様でしたうえさん!きっちり勝ち切りましたね。

甲府はDFを5枚並べて浦和の攻撃時と同枚数にするなどガチガチに守ってきましたが、1点目の森脇から関根へのスルーパスと興梠がきっちり点を取ってくれたおかげで試合が楽になりました。
しかも立て続けに関根のセンターリングを武藤がうまく合わせて2点目を獲ったのも良いゴールでした。

失点はドゥドゥを完全フリーにしてしまったのは反省材料ですが、その後関根の突破から李が押し込んでダメ押しの3点目と、ここで甲府の選手の集中力が切れた感じでしたね。
3点全て関根が絡んでいましたし、関根の突破は今や浦和の武器になっていますね。

そして途中出場の駒井が中盤でボールを奪い、ラファへのパスも見事でしたし、C大阪戦同様、落ち着いたラファのゴールはさすがでした。
これでうえさんが言われるようにラファが得点王を獲れる可能性があるくらいハイペースでゴールを量産していますが、レッズのサッカーに順応しているのはさすがですし、良い選手を獲りましたね。

さて、来週からACL上海上港、G大阪、神戸とアウェイ3連戦ですが、FW陣は調子が良いですし、守備陣が頑張れば点を取ってくれると思うので、連勝を期待したいです。
Mr.T URL 2017/03/11(Sat)09:08:43 編集
無題
おはようございます
現地サポートお疲れ様でした 寒かったですけど午後から風強くなる予報だったので同僚達と仕事用の防水ジャンパー中に着こみ、これが大正解でした
やはりFWが点取ると色々刺激しあっての相乗効果あるんでしょうか 最後のラファエルシルバのループシュート見事でしたけどあの冷静さも素晴らしいですよね。自分も個人でガツガツ行くタイプと思ってましたから、今日なんかも興梠にラストパス出したり囮にと良い意味意外でした 仰るように変な手枷、足枷で縛られて欲しく無い選手ですね FW陣、対戦相手にすれば掴みきれない厄介な者達だったでしょうが昇格組と去年の14位、今後の上位対戦相手にも同じようにこの攻撃力見せつけて欲しい!
只甲府も少ないチャンスでしたが殆んど決定的でした。上位チームも同じように外してくれるとは思いません 修正して欲しいですしバイタルでのボールウオッチャーだけは勘弁ですね
G大阪、神戸とのアウエー2連戦、現地行けませんが今のチーム状態でどう戦うか楽しみです




欅通りのサポ 2017/03/11(Sat)10:48:29 編集
無題
おはようございます。お疲れ様でした。

「ラファエルシルバという大きな武器」とうえさんのおっしゃるとおり、この存在が無ければ
ドン引きの甲府に放り込むしかない展開となり1点を争う試合になっていたのかもしれません。

上位チームを泣かせる今年の甲府は一味違い、昨日はマンツーマンで守備を固めていたため、前半は一見するとゲームがレッズ優位に展開されていたかのように見えました。が、縦パスが通る割には受け手に人が付いていたため、フィニッシャーが余裕がない状況でシュート打つために、なかなかゴールに結びつかなかったように見えました。何か良い対策はないのでしょうか?

何はともあれ関根の活躍は敵のキーパーもさる事ながら神がかりでした。

次節も頑張りましょう。


りょりょ 2017/03/11(Sat)12:40:07 編集
4発快勝!
こんばんは。

2点、3点、4点と来たから次は5点かな?
とにかく攻撃は見事でしたね。ボールを奪われてもすぐに奪い返す姿勢は良いですね。
確かに前半、武藤とラファエルシルバの決定的な場面は決まってもおかしくなかったですね。もし2-0とかで前半を折り返していたら6、7点は入っていたかも知れませんね。しかしながら、バー直撃のシュートを食らった時はヒヤッとしました。もしあれが決まってしまっていたら、また違う結果になっていたでしょう。
それにしても、昨日は遠藤、森脇、青木などが前線に入れるパスがズバッ!と切り裂くような速さがありましたね。関根のアシストも見事でした。それとやはりラファエルシルバ!独走ぶっちぎりFWのイメージが強かったんですが、スピードに加えてキープ力も素晴らしいし、ここぞという時に落ち着いていますね。ループシュートは決まった後のゴールパフォーマンスを見てもわかるように会心の一撃でしたね。ただ、素早い反転を引っ掛けられて倒されてしまう場面が多々見られました。まぁ、引っ掛けでもしなければぶっちぎられてしまうという事もありますが、怪我だけは気を付けてもらいたいですね。
1失点はしましたが、明らかに4点以上の攻撃力を見せ付けての快勝だったと思います。

さて次はACL、グループリーグで一番の難関だと思うアウェー上海ですね。勝つ事は非常に難しいと思いますが、何としても勝ち点を奪って帰ってきてもらいたいですね。

しかし寒かったですね!思わず、ケバブカレーではなく、もつ煮とおでんに走ってしまいました(笑)。次の埼スタは4月になるので、さすがに暖かくなっているかな…お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2017/03/11(Sat)20:38:45 編集
無題
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。

前半はどうなることかと思ったけど、先制してからはイケイケでしたね♪
攻撃陣全員が得点すると言うのは、これからの浦和の強みですね。

返す返すも、あの失点さえなければ。。。
あれは、いただけないですね。
勝ったとは言え、今後のことを考えて、守備の意識を徹底しないとですね。
みんみん URL 2017/03/11(Sat)22:21:30 編集
しばらくぶりでした
昨年最後の結果が結果だったのと、ゼロックスの敗戦もあって完全に意気消沈していましたが、やはりひたすらに勝利を願う自分でした。

正直に言って、4-1というスコアの割には快勝ではないと思います。何故か埼スタでの甲府戦というと、中盤まで攻めあぐねる展開が非常に多いですし、やっとこさこじ開けて勝ったというものばかりです。

リーグ戦3試合、9得点してはいますが不用意な失点ばかりですしG大阪・神戸相手にはそれは絶対に許されない事を肝に銘じて欲しいものです。
あきら 2017/03/12(Sun)02:07:55 編集
コメントありがとうございます
アニメ統計学者さん
おはようございます。
興梠、武藤、李の去年二桁得点トリオが前線を引っ掻き回しているだけでも、相手からしたらたまったものではないでしょうけど、そこにラファエルシルバですから半分反則ですね(笑)
そのラファエルシルバは去年新潟で二桁得点(その内の1点が森脇のチョンボパスから)を達成している訳ですが、能力は凄い替わりに怪我もしやすく、それで欠場も多かったみたいですね。ただ裏を返せば、おっしゃる通りフル回転が出来れば、それに比例してゴールも増える可能性がじゅうぶんある選手ですよね。加えて周りに能力の高い選手が揃っているので、相乗効果で更なる活躍を期待したいです。得点王は本気で狙ってもらいたいですね。

FREE TIMEさん
おはようございます。
去年より更に攻撃的な戦術に上げた事と、そこにラファエルシルバという強烈な武器も加わり、攻撃面は確実にアップしましたね。ただますます守備を犠牲にしている形なので、失点する時は通常では考えられないザルパターンが多いですね。鹿島戦やマリノス戦のように、地力があるチーム相手だと守備崩壊する危険性は常に孕んでいるのは事実だと思います。
そういう意味では上海上港とガンバは今のサッカーの尺度を測るに絶好の相手ですね。この連戦が今後の鍵になるかもしれませんね。
うえ URL 2017/03/12(Sun)11:13:05 編集
コメントありがとうございます
Mr.Tさん
おはようございます。
金曜日はお疲れ様でした。甲府の徹底したガチガチの守備態形と、前半は相手キーパーの予想外のスーパーセーブでなかなか得点に至らずでしたが、森脇からの見事な裏パスから関根の突破からクロス、これを興梠が踏ん張りながらゴールに決めて、それまで動かなかった試合の均衡がついに破れましたね。続けて武藤の打点の高いヘッドも見事でした。そして4ゴール中3ゴールに絡んだ関根は、間違いなく今節のベストイレブンに入るでしょうね。
甲府としては立て続けに失点しながらも、途中に投入されたドゥドゥが1点差に迫るゴールを決めたものの、それを更に引き離す李のゴールにより完全に戦意喪失した感じですね。
駒井のボールの奪い方も見事でしたし、決めたラファエルシルバは前節に続いてのループによるゴールでした。ブラジル人FWからして無理矢理でも強引な突破から豪快なシュートを想像してしまいますが、意外と落ち着いて確実にゴールを決める冷静さも持ち合わせているようですね。様々な形からゴールを陥れられるタイプは大きな要素ですし、何より個の力がチームの躍進には欠かせないと改めて思わせる存在ですね。守備もしてくれますし、おっしゃる通り本当に良い選手を獲ったと思います。怪我とカードに気を付けて本気で得点王を狙ってほしいですね。
さてアウェー3連戦、何れも強いチームですから、ここで今やっているサッカーの真価が問われるでしょう。守備にも気を配りつつシッカリ勝ってホームに凱旋してほしいです。

欅通りのサポさん
おはようございます。
金曜日はお疲れ様でした。季節は春とはいえ夜はまだまだ寒かったですね。昼間の風が試合中はいくらか収まってくれたのが救いでした。
ラファエルシルバの加入によって、FW陣は危機感と競争意識が高まっているようで、それが今のところ良い方向に行っているようですね。ラファエルシルバ自体はスピードあり個人技あり、しかもチームへの順応も早いようで、日増しに連携が高まっていますね。2試合連続スピードを使いながらもキーパーとの間合いを計りながらの落ち着いた形からの見事なループ、ゴール前で落ち着いたプレーが出来る冷静さも持ち合わせているようです。しかも協調性もあるようで、良い意味でブラジル人FWらしからぬ繊細な性格の持ち主なのかもしれませんね。ただ基本はスピード系個人技タイプなので、要所では自分の持ち味を戦術で失わないプレースタイルを貫いてもらいたいです。
さてここからは強い相手とのアウェー3連戦ですね。相手のレベルからして、おっしゃる通り甲府のように決定打な場面で外してくれるようなチームではないので、自分達の攻撃一辺倒なサッカーを決して過信せず、守る時はしっかりと集中して守ってほしいですね。その上で勝利という結果が出続ければ、今やっているサッカーに真の自信を持てると思います。そういう意味でここからの3連戦、かなり重要になりますね。
うえ URL 2017/03/12(Sun)11:13:32 編集
コメントありがとうございます
りょりょさん
おはようございます。
ラファエルシルバの存在は本当に大きいですね。おっしゃる通り彼が居なければ、甲府相手に例年のように苦しめられていた可能性はありますね、一人で何人ものDFを引き付けてくれるだけでも大きいのに、その上で自らもシッカリとゴールを奪ってくれます。やはり前線に強烈な個の力を置く必要性を改めて痛感させられるシーズンになりそうです。
甲府のマンツーマンDFに関しては、まあ前半は相手キーパーも神憑かっていましたし、それでもレッズ自体は何度もフィニッシュまでは行けていた点を考えると、ひとつは無駄なパスを減らしてゴールまでのスピードを上げる必要性ですかね。ショートカウンターがハマっている時は良いのですが、一旦ブレーキがかかると瞬時に敵の守備が整ってしまうので、当然ゴール前も余裕が無くなってしまいますからねぇ。どれだけ躊躇せず手数を減らした無駄の無いパス回しが出来るか、ですね。ただ今季はそこで縦に速いラファエルシルバという武器があるので、躊躇しない彼の力強いプレーに期待しています。

東浦和レッズさん
おはようございます。
金曜日はお疲れ様でした。ソウル戦の寒さよりはいくらかマシでしたが、それでもやはり寒かったですね。あれでワイン買っている人が本当に居たかどうかも怪しいのですが、焼酎お湯割りを飲んでいる人は居ました。考えたらワインより焼酎お湯割りの方が、モツ煮とおでんに合いますね(笑)。いやさすがに次のホームの4月の金曜ナイター仙台戦は暖かくなっていてほしいですよね。
さて試合ですが、甲府の徹底した守備による苦手意識は何処へやらの、まさに快勝でしたね。おっしゃる通りボールを奪われてもすぐに奪い返す、これが大事ですね。組織的な守備が無理な分、個人が強い守備意識を持って肉弾戦で敵に前から守備を仕掛ける姿勢が肝になってくると思います。これが成功していれば自ずとショートカウンターに入る形になりますから、後は如何に手数を掛けずに素早くパスを繋いでゴールを陥れるかになりますね。ソウル戦、セレッソ戦、そして今回の甲府戦と、それが成功している形ですね。
前半、無得点に終わったものの、決定的チャンスは連発していました。相手キーパーが当たっていなかったら、少なくとも1点2点は確実に取れていた内容でしたね。パスの供給もレベルが高いものばかりで、おっしゃる通り遠藤のロングフィードを始め、先制点の起点となった森脇の裏へのパスも見事でしたし、そして柏木が居ない分は青木も攻撃参加して頑張ってくれていますね。
ラファエルシルバに関しては、もはや圧巻レベルですね。そのスピードだけ見てもマゾーラ以来のワクワク感を持てますし、おっしゃる通りキープ力もあるので、最前線でタメを作れますね。これまでそういうプレーは興梠に頼りっきりでしたが、これからはラファエルシルバの存在で興梠の負担が減りますね。そして何よりも、どんなチームに対してもゴールという明確な結果を出し続けてくれている部分が心強いですね。確かに引っ掛けられる場面も少なくないですが、おっしゃる通り相手からしたらファール覚悟で行かないと止められないんでしょうね。それだけレベルの高い選手ですね。
さてここまで大量得点が続いていますが、3-1も4-1と来たら確かに次は5ゴールを期待してしまいますが、しかし次からの3連戦は超強敵・上海上港、そして依然として強さを維持しているガンバ、更にレアンドロが離脱中なのに今季絶好調な上にポドルスキまで獲得した神戸、しかも何れもアウェーですから厳しい内容も予想されます。これまでの相手は忘れて、気を引き締めて臨んでほしいですね。特に守備には本当に高い意識を持続してもらいたいです。アウェー3連戦、試練ですね。
うえ URL 2017/03/12(Sun)11:13:57 編集
コメントありがとうございます
みんみんさん
おはようございます。
金曜日はお疲れ様でした。前半は相手キーパーがメチャクチャ当たりまくっていたのが予想外でしたね。あれがなければ前半からゴールラッシュになっていたかもしれませんね。
攻撃は、まあ去年より更に攻撃的にしている分とラファエルシルバの加入で結果は出ているのですが、その分のしわ寄せが確実に守備に出ているのはやはり不安ですね。ただミシャは攻撃が成功している事を喜んでも、守備が崩壊しようが何だろうが守りに入らない姿勢を貫くでしょうから、まあ1試合で1失点~2失点は覚悟しておいた方が良いと思います。つまり、1試合で3点~4点は取らないと安心できないサッカーという・・・こりゃあハードル高いですねぇ(笑)

あきらさん
おはようございます。
去年の悪夢の記憶で自分もしばらくは意気消沈モードでしたが、開幕してようやく勝利が続いている事で、最近はやっと前向きになれました。
さて試合ですが、ゴールラッシュが続いている割にどこか引っ掛かる部分があるのは、やはり常に守備崩壊の危険性を大きく孕んでいる、守備を犠牲にしてサッカーをしている点ですね。なので失点の形がおっしゃる通り不用意なものばかりで、そこを組織として修正しないので、今のままでは国内でミシャサッカーが分析され尽くしている上で強いチーム相手では、確実に危ういのは鹿島戦を見てもマリノス戦を見ても明らかですね。そういう意味では強いガンバや苦手な神戸相手にどうなるか、大きな注目点だと思います。
うえ URL 2017/03/12(Sun)11:14:21 編集
ズラタン
ラファが大活躍してる分、ズラタンが…
このままの扱いなら、夏にレンタルに出した方がいいと思いますけど、どう思いますか?
名無しさん 2017/03/14(Tue)21:56:20 編集
コメントありがとうございます
名無しさん
初めまして。
そこはクラブチームとしては、外国人バワーが必要とされるACLの行方次第ですかね。
ただ、ズラタン自身がどう考えているのか。今後の扱い方にもよりますが、果たして・・・。
うえ URL 2017/03/14(Tue)23:01:14 編集
無題
こんばんは。

ヴァンフォーレ戦の勝利おめでとうございます。
試合はハイライトで見ました。
結果は圧勝ですが、内容には問題ありかなと。
開幕モードになった選手いる一方で、まだ開幕モードになっていない選手がいるようです。
この部分が失点につながっているのかもしれません。
開幕モードになっていない選手は一試合も早く目を覚まさないと。
日程に余裕のあるチームなら問題はありませんが、レッズは余裕ないですよね。
無理してケガとなると・・・。
サッカー素人 2017/03/16(Thu)23:21:57 編集
コメントありがとうございます
サッカー素人さん
こんばんはです。
ありがとうございます。昔から苦手なタイプの甲府に珍しく大勝できました。
選手に関してはレギュラー組は良いにしても、ベンチを暖め続けている出場機会が無い選手はまだ目が覚めていないかもしれませんね。
失点に関しては、去年より更にラインを上げて攻撃的にしたため、前ががりになっている中でボールロストすると、そのぽっかり空いた自陣にロングボールを放り込まれてカウンターを喰らう訳です。しかも空け過ぎて去年にも増して敵選手に追い付けないので最後はドフリーで撃たれるという・・・。
うえ URL 2017/03/17(Fri)20:02:15 編集
ようこそ!!
試合終了/AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第5戦 浦和6-1Wシドニー 得点/14分・関根(浦)、18分・ズラタン(浦)、43分・李(浦)、66分・楠神(Wシ)、71分・ラファエルシルバ(浦)、80分・ラファエルシルバ(浦)、 90+4分・興梠(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第9戦 大宮-浦和(NACK5スタジアム大宮=4月30日15:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7
9 10 12 13 14 15
17 18 19 20 21
23 24 25 27 28 29
30
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]