忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1096]  [1095]  [1094]  [1093]  [1092]  [1091]  [1090]  [1089]  [1088]  [1087]  [1086
2016年 J1リーグ 1stステージ 第9節
浦和レッズ4-1名古屋グランパス
~埼玉スタジアム2002

16.4.29ホーム名古屋戦勝利寒い日や雨の日の試合が多いから、今回くらいはやっと暖かくピーカンだと思ったら、人生はそう上手く行く筈もなく、今度は寒さを伴った北風の強風である。サッカーの神様は、どうして普通の環境で試合をさせてくれないのだろう?
只でさえ強風なのに、そして敵には巨人まで居るのである。厄介な試合であった。まあ勝ったから良いけど。

その巨人、数週間前に某番組でシモビッチの特集をやっていたけれど、その時の評価は「デカイけど足元も巧い」だった。うちのDF陣はちびっ子が多いから大丈夫かなと心配になる。
で、今日実際に目の当たりにした訳だが・・・確かに、デカイ上に足元も柔らかくて技術がある。でも、まあ、テレビで見た程でもないかな。遠藤を中心に良く身体当てて対応しているし。槙野なんて挑発行為しまくりだし。・・・なんて余裕ぶっこいていたら、ちょっとフリーにした瞬間に、とんでもねーシュートが飛んで来やがった!一瞬、何が起きたのかわからなかった。ありゃ西川も取れないだろう。だいたいああいうゴールって、まさかそこから撃たないだろうって時に限って炸裂してしまうのだから困る。喰らった方は事故に遇ったようなものだ。

で、このシモビッチのスーパーシュートで、せっかくの柏木の反転右足での天然記念物ゴールが霞んでしまうという悪夢。
ところが、柏木のゴールが霞んでしまうのに、シモビッチのスーパーシュートなど序曲に過ぎなかった。
後半に入ると、関根のパスを受けた李が目の覚めるようなダイレクトボレー炸裂。かつてアジア杯でオジェック率いるオーストラリア代表を破った決勝ゴールを彷彿とさせる、李の伝説の再現だった。
しかし柏木の霞みっぷりは続く。今度は鬼のような高速パス回しから、本日得点宣言していた興梠の有言実行ゴール炸裂。どんどん霞んで行く柏木の先制点。
極め付けは、埼玉県内の寿司の売り上げに貢献しなくてはならない寿司の武藤ゴール、もとい武藤の寿司ゴール(ぶっちゃけどっちでも良いか)炸裂。さあここから県内の寿司売り場は準備に忙しくなったぞ。特に美園イオンと東川口西友の寿司売り場。・・・んな事より武藤は今シーズンは昨季にも増してダイレクトゴールが多い。ってか今季はここまでダイレクトしかない?まさに寿司ダイレクトだな(完全に意味不明)。

しかもこの虐殺ショーが一段落すると、お役御免でベンチに下げられた柏木。それに代わったのが皆が投入を待ちわびていた注目ルーキー伊藤君とあっては、この頃になると柏木の天然記念物シュートは、もはや霧の向こうどころか、遥か彼方であった。
って、何故に柏木の先制点に拘っているのか、書いていて自分でも訳がわからなくなってきた・・・。とりあえず柏木お疲れ。

伊藤君は、柏木と交代したから最初はそのままボランチの位置でプレーして、後から青木が投入されてシャドーに上がった訳だが、この交代は順番が逆では?と思ったが、まあデビュー戦だし、そこは良しとするか。
さすがに緊張していたのか堅さもありポジショニングで浮いている時間帯もあったが、、まあ先輩に対しての遠慮している風もあって、最初は仕方がないだろう。それに果敢なドリブルと良いパスが各1本あり、これから期待が持てる内容だったのは間違いない。

それにしても後半の名古屋DF陣の大混乱っぷりと言ったらもう、敵ながら見ていてかわいそうになる程だったよ。レッズは成熟したハードワークを伴う鬼の高速パス回しで攻め込む訳だが、名古屋DF陣はレッズのパス回しに付いて行けないばかりか、次から次へとポジションが入れ替わるわ攻撃参加選手が沸いて来るわのレッズの異常な攻撃パターンに、名古屋守備陣は、もう誰が誰にどう対応して良いのかがわからなくなってしまったのだろう。これで修正不能な大パニックに陥っていたのが手に取るようにわかった。
川崎戦に続いて、こういうサッカーが安定して出来るようになれば、誰かさんに「勢いだけ」とか言われないで済む訳だ。いやその誰かさんに勢いだけじゃない事を証明する意味でも、今回はパワフルな勝利が必要だった。そして、これで勢いだけではない事がわかっただろう、今回他会場でちゃっかり決勝ゴール決めている誰かさんも。

16.4.29ホーム名古屋戦勝利2
いや~、ゴールデンウィーク初日(でも明日は仕事だけど)でホームで4万人超えの中での虐殺ショー。ACL組だけ1日早い試合で、ここで勝って首位キープで明日は余裕綽々で他の試合を高見の見物である。気分最高ですな。

東川口駅大混雑そんな気分最高のママ埼玉高額鉄道・東川口駅に降り立った瞬間のアナウンス。
「え~、武蔵野線は線路に付着物の影響で、ただいま運転を見合わせております」
・・・オイっ!!!!

これで今日の名古屋DF陣のように大パニックに陥る東川口駅。だいたい朝はスタジアム入場で並んで、昼はニクの日(下記”おまけ”参照)フェアで並ばされ、それなのに何が悲しくて帰りの電車待ちまで並ばされなければならないんだよ・・・。

ニクの日グルメフェア
おまけ

そのスタジアムの29(肉)の日フェアは、こんなのを喰いましたとさ。







------
J1リーグ 1stステージ第9節 浦和4-1名古屋
得点/25分・柏木(浦)、39分・シモビッチ(名)、56分・李(浦)、62分・興梠(浦)、65分・武藤(浦)
主審=佐藤隆治
観衆:42,547人



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
サポートお疲れ様でした
サポートお疲れ様でしたうえさん!

GW初日で天気も良く4万人のサポの前で気持ちいい浦和のゴールショーになってよかったですね。
あと風が強くてその影響が心配されましたが、浦和の連動性のあるサッカーは天候の影響でブレないのも心強かったです。

試合内容としましては、柏木の珍しい右足ゴールが入って『これは今日ツイてるな』と思っていたら、その後興梠がGKとの1対1を決められず、『これは流れが変わるかも』と思ったら、シモビッチのスーパーゴールと、いろんな意味でビックリした前半でした。

浦和は背の高いシモビッチ対策対策として前と後ろでサンドイッチしてましたが、あのゴールのシーンは一瞬マークがずれたのを見逃さなかったのは敵ながらさすがでした。ってかジャンプしなくてもヘディングに勝てるあのデカさは反則ですね。

ただ後半はきっちり修正し、李のボレー、興梠のお詫びゴール、武藤の寿司ダイレクトと、3人の良さで生まれたKLM砲が今日も炸裂しましたし、こういう連動を4万人のサポの前で見せられたのは本当に良かったと思います。

そしてミシャ監督は駒井・伊藤の若手選手を起用しましたが、最初は2人とも緊張していたものの、駒井はキレのあるドリブルやセンターリング、伊藤は柔らかいタッチからの視野の広いパスと攻撃センスは将来性十分でした。
特に伊藤のタッチの柔らかさは『小野伸二』を初めて見たときと同じ感覚を覚えましたし、じっくり育てて浦和だけでなく日本を代表する選手になって欲しいです。

さて次節は5月3日にACL浦項戦ですが、既にグループステージ突破は決まって、首位通過できるかはシドニーの結果待ちですが、まずは浦和が勝たないことには首位通過はありませんし、浦項に浦和のサッカーを見せつけて勝ってほしいと思います!
Mr.T URL 2016/04/29(Fri)21:06:15 編集
にく
お疲れ様でしたー
シモさんゴールは敵ながらあっぱれですね
決まった瞬間『うめー』と言ってしまいました。さすがの西川でも無理でしょう。
さて試合ですが、前半は風の影響と名古屋のプレス等いろいろな要因がありますが、まぁ硬かったですね。柏木のゴールが無ければ名古屋がイケイケになってたかもしれないです。霞んでないですよ(笑)後半は両チームとも別チームでしたねー。逆方向に別になりましたがw忠成のゴールから始まったKLMの揃い踏みは見事でした。最高の月末になりましたね。
肉ですが、やはり埼玉スタジアムの肉と言えば笑い豚ですね。他も開拓したいのでグルグルまわってるのですが、甘い方に行ってしまうので、次回参戦時は肉食いまくります。
さてさて、私事ですが…5月3日に埼玉スタジアムに行く翌日の4日、等々力で塩ちゃんこ食べて遊園地行こうとゆう話をしてたら…なんとFM横浜の懸賞で川崎-仙台のチケットが当たってしまいました(笑)J2は近くに三ツ沢があるので暇潰しに見に行くことはありますが、J1は日程が被るのでナカナカ機会がなかったので見にいってきます。たぶん試合中むしゃむしゃ食べてるだけですけど…
カミカゼレッズ 2016/04/29(Fri)21:08:43 編集
無題
今晩は
強風の中現地サポートお疲れ様でした
2階席、風通しの良さハンパ無かったです・・・
さて試合、仰るとおり相手守備陣こっちの高速パスに翻弄され手も足も出ない状態でした 今日はあの巨人さえ抑え込んでればっ、てな感じでしたね
4-1でしたがそれ以上の完勝だったと思います。
さあこれで気分良く帰省出来ます。3.8日は参戦出来ませんがサポート頑張って下さい

ちなみに、寿司売り場は近くのグルメシティーもお勧めかと・・・
欅通りのサポ 2016/04/29(Fri)21:11:33 編集
圧勝
強風の中観戦お疲れ様でした。

名古屋の長身選手と言うと、過去ヨンセンやケネディには手痛くやられましたね。
シモビッチにも対処に苦しむのかとネガりましたが、ACL予選突破と川崎に初めて土をつけた自信は本物でしょう。
近年はホーム名古屋戦は比較的好相性ですが、まさかこれほど期待以上の結果を出してくれるとは思わなんだでした。
あきら 2016/04/29(Fri)21:47:30 編集
無題
こんばんは。
今日は強風の中、お疲れ様でした。
帰りの東川口駅の並びがとんでもないですね。

試合の方はとんでもないミドルを決められてしまいましたが、前線の3人が揃ってゴールを決めて文句なしの試合でしたね。
それ以前に相手の守備がボロボロでしたね。
両サイドをあんなにがら空きにさせて、何をしたかったのでしょうか?
そして伊藤君が埼スタデビューしました。
満員の埼スタでプロデビュー戦をできた事が彼にとってかけがえのない経験になっていくでしょう。
FREE TIME URL 2016/04/29(Fri)22:23:15 編集
無題
みなさん、勝利おめでとうございます^_^
追いつかれた時は嫌な予感がしましたが、公私ともに充実したチュンソンの見事なボレーにアッパレ。にしても、興梠ちゃん、あそこは打とうよ。何やかやで大勝は嬉しいです。3日浦項戦も勝ってACL1位通過といきましょう。
与野 2016/04/29(Fri)23:30:56 編集
お疲れ様でした
スゴイ強風でしたね。
前列に座っていたおばさまのサンバイザーが、二度ほどぶっ飛んで、二回目に私の目に、ツバが直撃しました(笑)

今日の試合も、川崎戦同様、レッズは絶好調でしたね。
あの交通事故のような失点は別として、それ以外は満点に近かったんじゃないでしょうか。
名古屋は途中からホント気の毒になりました。
力の差が歴然でしたからね。

これで勢いだけのチームじゃないって、誰かさんにちゃんと認識して欲しいですね(笑)
みんみん URL 2016/04/30(Sat)01:03:47 編集
無題
お疲れ様でした。

試合は4-1と快勝でしたが、強風がすごかったですねえ。4月1日の2階指定席で観戦した身ですが、アレも寒かったですよ。今日は見れなかったんじゃなかったのでは?名古屋の長身FWにはやられましたが、今の浦和で通用したので良かったです。

武蔵野線の強風影響は大きかったですね。今日はbayfm78の公開放送が2つあり、八千代台のスーパー屋上の強風は寒かった寒かった。森口博子さんのライブを見る前に次の公開放送先の成田空港へ、成田空港は屋内だったので風の影響はなく、番組ステッカーもゲットしてさて帰るかと思ったら武蔵野線ダイヤ乱れということで事前に買ってあったライナー回数と京成株優を使って(万が一の保険で買っておきました)スカイライナーで帰りましたが日暮里まで無停車なのですねえ・・・東武線北千住まで行くのに遠回りでしたけど早く着いたので良かったです。本線経由特急だとまだ時間かかるようなので・・・・
きらきらレッズ 2016/04/30(Sat)11:04:27 編集
快勝!
こんにちは。

快勝、完勝ですね。
失礼な言い方かも知れませんが、名古屋は全く怖くなかったです。シモビッチのゴールはシュートを撃った本人を誉めるべきですが、同点に追い付いてもゴールを決めたシモビッチに駆け寄って来たのは1人だけ…チームワーク大丈夫か?と思ってしまいました。あの戦い方では永井のスピードも全く怖くないし、終盤はシモビッチもやる気がなくなっていたようにも見えました。ま、それだけレッズがシャチをボッコボコにしてしまった訳で、まさに気持ち良い快勝でした。興梠、李、武藤のKLMに加えて柏木弾、まさに主力が奪い取った4点でした。欲を言えばまだ2、3点はイケたかな…
駒井もかなり溶け込みましたね。長い時間出場しましたが、積極的に股抜き突破を仕掛けたり、カットインからのシュートもありました。遠慮せずにガンガン仕掛けてもらいたいですね。
伊藤君はかなり緊張していたようで、まぁしかしデビュー戦が4万2千の埼スタでは緊張しない方がおかしいですね。まわりの選手がかなり伊藤君にボールを集めていたようで、緊張をほぐそうとしていたんでしょうね。頑張ってもらいたいですね。

強風の中での肉でしたが、う~ん…気が付くとケバブカレーに足が行ってしまう私。ま、勝ち続けているからいいんです。

さて火曜日はACL浦項戦ですが、浦項がどのような戦い方をするのか?出来れば1位通過したいですね。頑張りましょう!お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2016/04/30(Sat)14:46:21 編集
GW中の試合で勝利
お疲れさまでした。良い天気でしたが、風が強かったですね。

しかし、強風の影響を感じさせないプレーで名古屋に圧勝したのは、素晴らしいですね。

GW中、開幕戦、最終節など、たくさんの観客が入る試合に限って、コロッと負けてしまう印象がレッズにはあったのですが、きっちり勝てて良かったです。

今季はすでに1敗してしまいましたが、去年の1stステージを無敗で優勝した時よりも、アグレッシブで安定した強さがあると思います。

夏場の暑い時期、遠藤がおそらくいなくなるであろう五輪の期間や、疲労がたまってくる人やケガ人が出てくるリーグ戦終盤で、今のような試合内容で勝ち続けることができれば、本物だと思います。
なので、まだまだどうなるか分かりませんが、今季こそはこの強さが本物なのだと結果で証明してほしいですね。

駒井もそうですが、伊藤君には特に期待したいです。
レッズに来てからは、若い選手を我慢しながら起用するということはしていないミシャが使ったのですから、実力があるのでしょう。

浦項戦は残念ながら用事で行けないのですが、浦項に勝利して1位通過ができれば最高ですね。
ハートランド 2016/04/30(Sat)17:07:17 編集
コメントありがとうございます
Mr.Tさん
おはようございます。
金曜日は強風の中、お疲れ様でした。嵐のような強風が吹いていたので試合に影響しやしないか心配でしたが、思ったほど選手のプレーに支障は無かった感じですね。時々風の影響でボールが思った以上に流れてしまう場面もありましたが、足元主体のサッカーをするレッズの場合は、ロングボールを多用する名古屋のサッカーよりは風の影響は少なかったようです。
本人も認めているように右足キックはからっきし駄目な柏木が、その右足で珍しくゴールを決めてくれました。続いて興梠のビッグチャンスはキーパーを交わした後にシュートを撃てたはずですが、角度が無かったので躊躇してしまった感じですね。ただ例え入らなかったとしても、FWなんですからあそこは撃ってほしかったですね。興梠もハーフタイムに、ミシャからシュートを撃たなかった事で大きなカミナリを落とされたようです。まあそのおかげもあって後半のゴールに繋がったと思えば結果オーライと言ったところでしょうか。
シモビッチにはとんでもないゴールを決められてしまいましたが、それ以外での守備は良かったと思います。頭ひとつ分高いタワー人にしっかり身体を当てて挟み込んでと、彼を自由にさせませんでしたね。
駒井を長い時間で使えたのも収穫でしたね。駒井のスピードとドリブルは大きな武器になりますし、試合を増す事にチームプレーも出来てきていますから、これで駒井が守備もしっかり出来るようになれば、スタメンで多く使える日もそう遠くはないと思います。そして伊藤デビューもなかなかでした。本人は相当緊張していたようですが、評判通りの片鱗を見る事が出来ました。おっしゃる通り、育てば日本代表レベルまで視野に入れられる逸材ですね。今後に期待が持てます。次の浦項戦でも駒井や伊藤を使ってくれないかなと、今から期待しています。

カミカゼレッズさん
おはようございます。
金曜日は強風の中、お疲れ様でした。あのシモビッチのスーパーシュート、試合後に西川に対して”あれは準備していれば防げた”という意見も少なくなかったようですが、改めて映像で確認したところ、やはりあれは西川でも防ぐのは難しいレベルですね。ミドルでキーパーが一番届き難い斜め上隅ギリギリにパーフェクトに決まっています。あれはシモビッチを褒めるしかないでしょう。
ただ名古屋はシモビッチのこれだけでした。いや逆にシモビッチのスーパー同点ゴールが、レッズの攻撃に火を付けてしまった感もありの後半のゴールラッシュでしたね。
ちなみにスタジアムの肉グルメなんですが、個人的にはチャーシュー丼が好きですね。値段も他に比べて安目というのもありますが、チャーシューそのものが美味い上に飯に合っています。ただ毎回出店している訳ではないのが残念です。酒のツマミとなると、北コンコースの”豚タン”が一番なんですけどね。一緒に付いてくる東松山っぽい辛味噌(日本5大焼鳥の街・埼玉・東松山の名物です)が美味いんですよ。
あ、そういえば5月4日って本来はJ1があったんですね。レッズが前日にACLがあるので、すっかり3連休のJ1の日程が頭から飛んでしまっていました(笑)。ってかマリノスの懸賞なのに、等々力の川崎-仙台が当たるとはどういう事ですか(笑)。でもこの試合、川崎が勝ってしまうと、その日に試合が無いレッズは暫定ですが首位を奪われてしまうので、ここは塩ちゃんこを平らげた後は、仙台を応援を応援しましょう(笑)
うえ URL 2016/05/01(Sun)09:54:22 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
おはようございます。
金曜日は強風の中、お疲れ様でした。自分はゴール裏でも今回は下段に居たので試合中の強風は影響少なめでしたが、それが高さがある2階席となると、やはり風通しが凄かったようですね(汗)
名古屋は永井のスピードも今回はそんなではなかったですし、問題のシモビッチさえ抑えればという試合でしたね。というかレッズが余りに攻撃でやりたい放題だったので、ボールが回って来ないシモビッチは途中から前線で完全に孤立していましたね。いやそれだけレッズが攻めに攻めてのの圧勝劇という事でしたね。
さてこれからあちらに帰省ですね。試合日の北風の強風もそうでしたが、北は春の寒波が通った直後なのでちょっと心配ですが、気を付けて行っていらしてください。

あきらさん
おはようございます。
名古屋というと、おっしゃる通りヨンセン、そしてケネディと、長身FWが思い出されますね。そこに来て今度はまた長身のシモビッチですから厄介ですね。ただここに来てチームは明らかに勢いだけではない”自信”が見えるので、川崎戦に続いて今回も、その自信が大きく試合内容に発揮されたようですね。確かに今の名古屋には絶対に勝てると思っていたんですが、自分もまさかここまで圧勝するとは思っていなかったです(笑)
うえ URL 2016/05/01(Sun)09:54:43 編集
コメントありがとうございます
FREE TIMEさん
おはようございます。
金曜日は強風の中、お疲れ様でした。東川口も大変な事になっていて帰りは疲れました。さて名古屋はここまで守備の要である韓国人のDFが出場停止だった事もあったでしょうけど、それにしても全く守備になっていなかったですよね。後半は明らかに混乱していて個々のポジショニングも滅茶苦茶で、もうどうして良いやら修正不能になっていた感じです。その崩壊っぷりには敵ながら見ていて心配になってくる程でした。それもそれもレッズの人数をかけた高速パスワーク、そして次々炸裂するゴールラッシュと、名古屋守備陣を泥沼に追い込んだレッズの容赦ない攻撃の結果ですね。おまけにルーキー伊藤まで投入してしまったのですから、名古屋にとってその精神的ダメージは大きかったと思います。
伊藤君はここから伝説のスタートになってほしいですね。今回があったからこそ5年後10年後の彼があったという成長を期待したいですね。

与野さん
おはようございます。
金曜日は強風の中、お疲れ様でした。シモビッチのゴールには一瞬言葉を失ってしまいましたが、後半はうちの攻撃陣が嫌な流れを吹き飛ばしては大爆発させてくれましたね。李、興梠、武藤、そしてそれに絡む柏木と、攻撃陣4人それぞれ個々の持ち味を活かした上での連携したゴールパターンが素晴らしかったです。
次のACL浦項戦も1位通過を期待したいですね。
うえ URL 2016/05/01(Sun)09:55:08 編集
コメントありがとうございます
みんみんさん
おはようございます。
金曜日は強風の中、お疲れ様でした。試合中はオバチャンのサンバイザーは飛んで来るわ、シモビッチのとんでもないシュートは飛んで来るわと、大変お疲れ様でした(笑)
シモビッチのとんでもないのは本当に事故のようなもので、おっしゃる通り試合内容は満点に近いものだったと思います。確かに名古屋の守備が良くなかった面もありますが、全体的に見てチームの完成度、熟成度という点で名古屋を圧倒しましたから、やはりチーム力の差が如実に出た内容と結果だったと思います。
このまま継続して自信を持って選手がプレー出来れば、去年のようにファーストステージを優勝できると思います。勢いだけじゃないところを引き続き見せたいですね。

きらきらレッズさん
おはようございます。ちょっと前まで風が吹くとすぐストップする武蔵野線も、以前に比べたら大夫風には強くなりましたが、それでも朝から強風だったので一瞬車で行こうかと思うほど不安でした。それでも武蔵野線が動いているので電車で行ったら、帰りにまさかの武蔵野線ストップという・・・。帰りは浦和美園からSRに乗るまでは「風の影響で京葉線絡みで微妙な遅れ」だったんですけど、その直後に武蔵野線がストップしてしまいまったようです。自分も遠回りで赤羽か駒込経由で帰るかどうか迷ったんですけど、人身事故とかではなく付着物なので1時間かからないかなとしばらく東川口で待っていました。仲間が計算していたようで、結局45分遅れで運転再開だったようです。
まあ試合に勝ったしまだ夕方の早い時間帯だからマシでしたが、これが試合前とか敗戦後とか夜も遅い時間帯だったら悲惨な事になるところでした・・・(汗)
うえ URL 2016/05/01(Sun)09:55:32 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
おはようございます。
金曜日は強風の中、お疲れ様でした。やはりケバブですね(笑)。でも実際スタジアムで肉料理というと、ケバブが一番売れている感じですね。
さて試合ですが、警戒していた永井のスピードも、明確なのは試合序盤に裏を取られて走られたピンチ1回だけでしたね。シモビッチのシュートがネットに突き刺さった瞬間、転がっていて「んだよ、このシュートは~」みたいな感じでふて腐れながら気だるそうに起き上がる西川を見ていて、一方のシモビッチは見ていませんでした。同点ゴール決めたのに駆け寄る仲間が一人って・・・うちなら逆にあれとかこれとか我先に駆け寄りたい合戦になるんですけどねぇ。まあそれはそれで駆け寄り過ぎって話ではあるんですが。あ、でもうちにもゴール決めても誰も駆け寄らない選手が居ましたよ。森脇(笑)
それにしても今回、攻撃が面白いようにはまりましたね。成熟したパスワークと連携、そして自信の表れに間違いはないと思います。決めるべき選手が決めての4ゴール大勝でしたが、おっしゃる通りそれが5点6点7点になっていてもおかしくない内容だったと思います。それだけ多くのチャンスを作り、決定的なシュートを放っていました。
そんな中で途中から投入された駒井が好アピールを連発しましたね。幾度となくバイタルに侵入してはチャンスを作るスピードとドリブル。そして惜しいシュートもありました。続いてルーキー伊藤もついにプロデビューを果たしましたし、今回は新たな戦力の底上げが期待できる内容でしたね。今回がプロ公式戦スタートの伊藤は、4万2千人のホームデビューの緊張が今後の成長のための大きな糧になる事を願いたいですね。
浦項戦、メンバーをどうチョイスするのか気になるところです。1位通過もしたいですし、でも主力を休ませて控え組を使いたいし若手に経験を積ませたいですし、うーん嬉しい悩みですね。これもチームが好調だからこそ。引き続き勝利で楽しいゴールデンウィークと行きましょう!

ハートランドさん
おはようございます。
金曜日は強風の中、お疲れ様でした。2試合続けてアウェーが続き、その上で今回ホーム凱旋試合となった訳ですが、おっしゃる通りそういう時に限ってズッコケ癖があるのもレッズ。でも今回はそれを感じさせない素晴らしい内容の大勝劇に終始しましたね。これもシドニーではACLグループステージ突破を決め、鬼門の等々力では首位だった川崎相手に完封勝ちして首位を奪い返した自信の表れだったと思います。これで今のチームが勢いだけではない事を証明する勝利にもなりましたね。
ここまで確かにジュビロ戦で1敗はしていますが、去年のファーストステージと比べて遜色ないチーム状態だと思います。守備は遠藤の加入で個人能力と統率力がグレードアップしましたし、攻撃は去年から熟成していますから、それに自信が加わってミスも減り、より良い攻撃と得点力に繋がっていると思います。
問題はおっしゃる通り披露が溜まって行くこれから、そして気温が上がって行く初夏からですね。特に6月は超過密日程が待ち受けていますから、これを遣り繰りして何としても乗り切らなければいけませんね。そういう意味でも駒井をもっともっとJ1の水に慣らしたり、伊藤に経験を積ませたりと、今季の新たな戦力の早急な底上げが必要になってくると思います。そして要の遠藤が代表で抜けた時のバックアッパーも本当に大事ですが、このままイリッチが使えなさそうだと、守備面は那須や永田に頑張ってもらうしかないですね。
うーん、それを考えると次の浦項戦はスタメン総入れ替えでも良いかなとも思いますし、でもキッチリ勝って1位通過もしてもらいたいですし、ミシャも難しい判断が迫られますね。理想は控え組で勝って1位通過でしょうけど(笑)
うえ URL 2016/05/01(Sun)09:55:59 編集
うえさんへ
4日はナビの予選ですよー
んで、横浜FMじゃなくてFM横浜です(笑)運転中地元ラジオ局を聴きたいトコなんですが、午前中は交通情報が詳しいのでエフ横を聴いてます。
豚タンは個人的ランキングでは常に5位以内です。甘党でもいける辛味噌が秀逸ですね。ただ脂が辛い時があります(笑)
カミカゼレッズ 2016/05/01(Sun)11:11:24 編集
コメントありがとうございます
カミカゼレッズさん
再びおはようございます。。
ありゃ、ナビスコでしたか。これは失礼しました。しかもマリノスじゃなくてラジオの方でしたか。FMと横浜の文字からマリノスとしてしまう自分、完全にサッカー病ですね。いや勘違いに読み間違いと、二重に申し訳ないです(笑)
自分の車中ラジオのメインは吉田照美やるマン時代から文化放送です。ちなみに某795は浦和から大宮に移転した挙げ句ナクスタになってから、殆ど聴かなくなりました(苦笑)
うえ URL 2016/05/01(Sun)11:58:27 編集
無題
うえさん、こんばんは。

凄い風でしたね~。
もちもちポテトも今回は塩の他に大量の砂埃がトッピングされていつもとは違う味わいを楽しめました。(笑)

しかし春は強いレッズが見れてホントに楽しいですね。今年こそ過去の経験を活かしてこのまま夏以降もタイトル獲得まで突っ走って欲しいですよ。
個人的には終盤の緊張した場面ではシュートも今みたいに伸び伸び打てなくなるだろうし、そういう時の為にも現在全く入る気配の無いセットプレーの連携など今から準備をしっかり日頃から練習などで行って欲しいです。
ちなみにあの全く入る気配の無いセットプレーは那須さんの様な選手が中で待っていないからなのか、柏木君のキックが駄目駄目なのか、どっちなんでしょうか?

吉田照美のヤルマンは自分も営業車でいつも聴いてましたよ。小俣雅子の声に惚れて毎日楽しみに聴いてましたが実物の写真を見た時の『・・・オバサンだったのか』という衝撃とガッカリは今でも忘れません。(笑)
チームU 2016/05/01(Sun)21:32:30 編集
コメントありがとうございます
チームUさん
こんにちはです。
金曜日は強風の中、お疲れ様でした。あの強風で、もちもちポテトも、いや全ての屋外売りグルメに砂埃味
がトッピングされたと思います(笑)
さて今回は川崎戦に続いての素晴らしい内容でしたね。まあ毎年ミシャレッズは前半戦は調子が良いので、去年に続いてステージ優勝は確実に狙える筈です。ただこれが前半だけではなくシーズン通して安定した勝率が得られれば、本当の意味で本物でしょうね。
ただセットプレーで得点の気配が少ないのは懸念材李ですよね。戦術不足もあるでしょうしセットプレーに強い選手が少ないってのもありますね。まあ出し手と受け手と囮役が三位一体にならないとなかなか得点に結び付かないものですが、今のレッズだと柏木のユルユルキックからして可能性が見られないんですよね。武藤の方が強くて鋭いボールを蹴るので、しばらくCKは武藤で固定してみてほしいです。
あ、小俣雅子ショックは当時かなりのラジオファンやドライバーが経験したみたいですね。もちろん自分もその一人です(笑)。まあ、あの声ですからねぇ。写真で実物を見た時には本当にズッコケましたよ。更に週刊誌に吉田照美と不倫関係をスッ羽抜かれた事件で、「照美よ、いくら何でも小俣とかよ」と、更にズッコケた時もありました(苦笑)
うえ URL 2016/05/02(Mon)12:50:42 編集
無題
こんばんは。
グランパス戦の勝利おめでとうございます。
試合はダイジェストで見ました。
快勝ですね。
後半、調子のいい李・武藤両選手にグランパスのDF陣なすすべなしという感じでした。
おそらく李選手と武藤選手はハリルホジッチ監督に見せたかったでしょうね。
しかし、この試合よって
「レッズを倒すには大型フォワードで押しこむ」
この事を証明してしまいましたね・・・。
サッカー素人 2016/05/04(Wed)22:19:51 編集
コメントありがとうございます
サッカー素人さん
こんばんはです。
ありがとうございます。おっしゃる通り、李も武藤も好調なので、それがそのまま結果に繋がったと思います。その武藤は代表候補リストに入っている筈なので、代表復帰があれば嬉しいです。
ちなみにレッズは主力DF陣に高さが無いので、長身FWにはいつも苦労しますね。ただ槙野はフィジカルが強く、遠藤が身長が低い割に意外と空中戦が強いのが救いです。本当は188cmあるイリッチが使えれば良かったのですが・・・。
うえ URL 2016/05/05(Thu)12:07:00 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第16節 鳥栖2-1浦和 得点/65分・小野(鳥)、90分・福田(鳥)、90+5分・李PK(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第17節 浦和-広島(埼玉スタジアム2002=7月1日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 22 23 24
26 27 28 29 30
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]