忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1245]  [1244]  [1243]  [1242]  [1241]  [1240]  [1239]  [1238]  [1237]  [1236]  [1235
まさか開始3分でコロンビアから1発レッドが出るとは。あのレッド出した主審、大丈夫か?だって相手はコロンビアだぜ?あの流れからだと、1発レッド出すより、とりあえずイエローにしておいた方が身の為だったのではなかろうか。更に言うとハンドしてPK与えてしまった選手自体が、大丈夫か・・・?

とは言え日本にとっては開始僅か3分で数的優位になってPKを得て先制したという天運を得た訳で、これを上手く生かすような戦い方が必要であったが、確かに数的優位通りの流れにはなっていたんだけど、そんな中でコロンビアが数的不利を補おうと個人技全開でカウンターを仕掛けて来るものだから、それでピンチを招く場面も少なくなかった。数的優位のチームにありがちなピンチの作られ方である。特に危なかったのは、前半だけでファルカオの2発ものあわやなレベルの枠内シュートまで持って行かれた。これを見ると戦力的にはコロンビアが1人退場してちょうど吊り合いが合ってしまったのかなと思っていた矢先のフリーキックによる失点。
ファルカオを倒した長谷部のは、スローVTRを見るとファールではなかったと思うが、キンテロに決められたフリーキックは、まさかグラウンダーで来るとは思っていなかった感がある守備対応。川島のポジショニング云々の問題も無きにしもあらずだったが、まあそれよりニアギリギリに蹴って来る技術と力にもやられた形。

しかし早野氏のハーフタイムの一言が・・・。
早野氏「(フリーキック決めたの)モモタロウでしたっけ」
いつもの調子そのままに、でもこの状況でそれ言っちゃうかなぁ、早野さんよー。これサッカー先進国だったらメディアから永久追放されとるぞ。
これ自分が番組の責任者なら、切腹レベルで血の気が引いていると思う。隣のアナウンサーも引いていたし。

後半数的優位ながら追加点が取れない状況で、セットプレーから決勝ゴールを奪えたのも天運だったかもしれない。
大金星でありワールドカップで南米勢相手に初勝利は歴史的であったが、日本にとってもうひとつ天運だったのは、ハメス・ロドリゲスが怪我明けで先発を外れた事。そもそもペケルマンは本来ならば日本戦にハメス・ロドリゲスは端から使わない計画だったのだろうが、ところが開始僅か3分のアクシデントで、いきなりプランが狂ってしまったのだろう。ロクに練習に参加していなかったハメス・ロドリゲスを最後に投入せざるをえなかった焦りと、その投入されたハメス・ロドリゲスが準備不足通りに全く動けていなかったコロンビアの二重三重の空回りっぷりであった。

原口は攻撃面というよりはハードワークな献身さで貢献していたな。レッズを出てから6年、夢を叶えたとともに、色々と成長したなぁ。さあ槙野と遠藤よ、次は出てくれ~。


ポーランドとセネガルの試合をもってグループリーグの1巡目が終了。いよいよ2巡目に突入。


ロシアはやはり開催国効果なのかな。サウジアラビアに続いてエジプトにも点差を付けての連勝。ウルグアイが目の上のタンコブ以外は比較的楽なグループとはいえ、ロシアの得点力が目立つのは・・・なんて邪な気持ちで見てしまうのは下衆の極みというものか。でもなぁ・・・。


試合結果/1次リーグ19日
グループH コロンビア1-2日本
グループH ポーランド1-2セネガル
グループA ロシア3ー1エジプト

次の試合/1次リーグ20日
グループB ◆ポルトガル-モロッコ ~ルジニキ・スタジアム/モスクワ21:00
グループA ◆ウルグアイ-サウジアラビア ~ロストフ・アリーナ/ロストフ・ダ・ドヌ24:00
グループB ◆イランースペイン ~カザン・アリーナ/カザン27:00







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは。

日本、勝ちましたね!まさかの開始早々のPK、イエローは出るだろうと思ったら、まさかの1発レッド!いや~Jリーグの某主審N村氏みたいな主審でしたねぇ(笑)。思わず、おおっ!そこでレッド出すか!と言ってしまいました(色々な意味で)。
苦し紛れ的にハメス・ロドリゲスを入れても、さすがのコロンビアもチグハグでしたね。それにしても大迫は大したものです。鹿島時代にはそれほど脅威を感じませんでしたが、本当に大したものだと思います。
しかし、その後のポーランド×セネガルを見て、私はコロンビアよりもセネガルの方が上なんじゃないかと。レバンドフスキに前を向かせなかったあの強固な守備は凄いですよ。しかしながら3人4人に囲まれても前を向こうとするレバンドフスキもさすがでしたね。バックパスや横パスで逃げるのではなく、あの泥臭さは今の日本代表、そしてJリーグにも必要だと思います。
日本は次節セネガル戦でグループリーグ突破を懸けて戦う事になりましたが、強固な守備と速いカウンターのセネガル、先日ガーナに大敗した日本にとっては一番やりにくいタイプの相手ですね。しかし、コロンビアを倒したんだから、このままグループリーグ突破を決めてもらいたいですね。

もしかしたら、H組は今大会一番の番狂わせが起こるグループかも…
東浦和レッズ 2018/06/20(Wed)11:37:22 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
まさか開始早々にPK発生と1発レッドが飛び出すとは、全くの予想外でしたね。カルロス・サンチェスが故意にハンドをしたとの判定で間髪入れずレッドを出した主審でしたが、本当に故意だったかどうかはともかく、あの時間帯にコロンビア相手にレッドを出したのは、かなりの勇気ある決断でしたね。本当に色々な意味で。
大迫と言えば、そのPKのキッカケも相手DFに大迫が上手く身体を入れ替えてゴールに迫った流れからですから、勝ち越しゴールも含めて大活躍になりましたね。
ハメス・ロドリゲスは、さすがに準備不足でしたね。コロンビアとしては、それでも無理に投入した事が完全に裏目に出てしまいましたね。
これでグループ内で面白くなりましたが、ご指摘の通りセネガルがなかなか脅威になるかもしれませんね。このチームはアフリカ勢でも屈指の団結力を持っているとされていますから、意外とグループ内で台風の目になるかもしれませんね。それに日本ってアフリカ勢に対して苦手なイメージがあるので、セネガル相手にも気を引き閉め直して臨まないと危ないですね。
何れにしてもグループ内では下馬評トップだったコロンビアがいきなり負けた事で混戦になる可能性もあり、面白くなってきましたね。
うえ URL 2018/06/20(Wed)18:28:32 編集
無題
こんばんは。
1人少なかったとはいえ、コロンビア自体もそんなに強いとは感じなかったですね。
開始早々の一発レッドですが、自分は妥当な判定だと思います。
あのハンドがなければ間違いなくゴールでしたから。

それにしても元気は心身ともに成長しましたね。
レッズ時代の悪童ぶりを見ていただけに、余計に強く思います、
槙野も遠藤も出てほしいけど、初戦のメンバーで結果が出てしまった分、次のセネガル戦も同じ布陣で臨みそうですね(汗)
FREE TIME URL 2018/06/20(Wed)20:36:40 編集
おつかれさまです
失点のシーンは事前のミーティングで 「コロンビアのキッカーは壁を越えて落とすFKは蹴らない(蹴れない)から 足元をボールが通らない程度のジャンプでOK」 という話だったようです
川島としては 「飛ぶなよ! 絶っっっ対飛ぶなよ!!」って言ったのに飛んじゃって そこを通されたので反応が完全に遅れたという事です

ハメス・ロドリゲスは出さなかったら出さなかったで批判が出たでしょうし かと言ってW杯終わってないないのに「出せる状態じゃなかった」なんて言える訳もないし… ペケルマンも辛いとこだったでしょう
さくらもち 2018/06/20(Wed)20:39:17 編集
無題
こんばんは。
試合、見てないので、今回もうえさんのブログで代表戦の詳細を楽しく読ませてもらいました。
早野さんのボケっぷりは、日本の監督が交代してるのに、イギリスのあるメディアがハリルと報道していた日本に対する無関心ぶりといい勝負ですね。ところで、相手チームのペケルマン監督は、以前、日本が代表監督を探しているときに断られまくった監督のうちの1人では?(ザッケローニのときだったか、アギーレのときだったか忘れましたが)。かくも蚊帳の外に置かれている我が日本ではありますが、3戦全敗との下馬評にもかかわらず、ラッキーな一勝をあげましたね。しかし、相手が1人少なくてこのピンチでは、やはり相当実力差はあるようですね。正直、自分は監督交代や選手選考に関する不信がいまだに尾を引いて、原口たちを応援したい気持ちと、例のビッグマウス連中の出る代表は応援したくないという、相反する感情が交錯して、素直に勝利を喜べない部分もあるのですが、原口がフル出場して攻守ともに活躍してくれたことと、ビッグマウス連中がフル出場でなく交代要員で出たことは、せめてもの慰めでした。原口は、自身で得点しなくてもレッズにいた頃から周りを生かしてチームに良い影響を与える選手でしたが、その才能におぼれず成長しましたね。今後さらにレッズから選手が育ってくれることを期待したいです。
セネガル、ポーランドと試合が続きますが、そうそうい
涙目のサポーター 2018/06/20(Wed)23:57:32 編集
無題
すいません。最後のところ、途中切れでした。↓
セネガル、ポーランドと試合が続きますが、そうそういつも退場者が出るとは思われないから状況は厳しいでしょうが、元気に活躍してくれるといいですね。
涙目のサポーター 2018/06/20(Wed)23:57:32 編集
涙目のサポーター 2018/06/21(Thu)00:04:21 編集
コメントありがとうございます
FREE TIMEさん
こんにちはです。
コロンビアは開始僅か3分の退場劇とPK失点で完全に調子が狂いましたね。あの1発レッドとPKが無かったらまた違った展開になっていたかもしれませんね。
原口は先ずはワールドカップ出場という大きな夢を叶えましたね。ドイツでの厳しい環境が原口を大きく成長させましたね。次はゴールを狙ってほしいですね。
槙野と遠藤は、とりあえずどんな形でも出てほしいですね。やはりレッズサポとしては所属選手が出てこそ盛り上がれますからねぇ。

さくらもちさん
こんにちはです。
なるほど、フリーキックがグラウンダーで来ること自体は予想されていましたか。しかしそれで下を通されてしまったのは不味かったですね。チームとして意思統一がピッタリ行っていない部分を露呈してしまったような失点になってしまいましたね。
ハメス・ロドリゲスに関しては評価が難しいですよね。コロンビアとしては今回のような展開になるのは想定外だったでしょうから、仮に日本に対してリードしていたら、恐らく温存していたと思います。ペケルマンとしては我慢できなかった苦しい心内を表に出してしまったと思います。

涙目のサポーターさん
こんにちはです。
早野氏の定番の親父ギャクは、Jリーグの時は和やかに済むのですが、まさか数的優位なのに同点に追い付かれて日本中が焦っているであろうタイミングで言い放つとは(笑)
ペケルマンは結構長くコロンビア代表監督をやっているイメージがありますが、調べてみたら8年ほど前に日本代表監督の候補に上がっていたみたいですね。ただペケルマンって南米の監督には珍しく、守備から入るサッカーを指向しているみたいなので、当時の日本で好まれていた攻撃的なサッカーという点では合わなかったかもしれませんね。
とはいえ今回のコロンビアに関しては、開始3分というあまりに早い時間帯に1人退場してしまっているので、そこからの戦い方は余り参考にはならないと思います。日本も下馬評では負け予想が大半だったところを勝ったとはいえ、あくまで数的優位の時間帯が長かったからという、おっしゃる通り大きなラッキーがあったからこそという事実は否めないですね。寧ろ前半だけであわや失点というシーンを何度も作られてしまった点だけを見ても、これが同じ11人同士のままだったら、全く違った内容と結果に陥っていた可能性が高いと思います。まあこの事は選手と監督が一番わかっていると思うので、それを踏まえた上で次のセネガル戦がどうなるか、ですね。
原口や長谷部など元レッズ勢に引き続き注目するとともに、槙野と遠藤の出場を期待したいです。
うえ URL 2018/06/21(Thu)12:04:27 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第32節 札幌1-2浦和 得点/6分・武藤(浦)、25分・進藤(札)、35分・武藤(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第33節 湘南―浦和(Shonan BMWスタジアム平塚=11月24日14:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/16 Antikvarabulp]
[11/16 KFFrancis]
[11/16 うえ]
[11/15 みんみん]
[11/14 サッカー素人]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]