忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1144]  [1143]  [1142]  [1141]  [1140]  [1139]  [1138]  [1137]  [1136]  [1135]  [1134
2017年 さいたまシティカップ
浦和レッズ1-1FCソウル
~浦和駒場スタジアム

17.2.18駒場・ソウル戦衝撃のイソッチ退団から約1週間、更に衝撃的な事態が!
なんと今朝の武蔵野線、勘違いして南浦和で降りずに、南浦和でドアが閉まってから、試合会場が埼スタではなく駒場だったという事を思い出したという・・・いや~日頃の習性とは恐ろしいものだ。まだ東浦和の前で気付いたから良かったものの、これが埼スタまで行ってしまっていたら大爆笑ものだったな。ああ恐ろしや恐ろしや。

やっぱり駒場は良いなぁ、とか思っていたものの、陽射しは強いからマシだったが、やっぱり寒いものは寒かった訳で、注目の試合内容も、言っちゃ悪いがトレーニングマッチに少し毛が生えたレベルだったのは否めない。選手に失礼を承知で言うけど、眠くなる時間帯もあったぞ。
いやそれで良いんだけどさ。この時期に本気出してACLで当たる相手に手の内を晒した挙げ句、下手に怪我されでもしたら、たまったもんじゃないから。失点シーンだって、まああれは単にいつものようにDFの寄せが甘かったのもあるけど、本気で行っていなかったという見方も出来るし。シュート自体はパンチが効いていて凄かったけど。
それでも開始からしばらくは両チームともガツガツ行く場面が見られたが、興梠が本気で痛んだ頃くらいから、こりゃ不味いと思ったのか、ここからお互い接触プレーを避け出した感じだったね。

西川とラファエルシルバが捻挫で欠場。これ考えたら、福島もリハビリ中だから、榎本を獲ったから良かったものの、仮に榎本を獲っていなかったら、今回の試合は90分ずっと岩舘だったという可能性もあった訳だ。
榎本は1失点したものの、さすがベテランらしく慌てるような場面が無かったが、まだキーパーから繋ぐ戦術には慣れていないようで、パスが戸惑い混じりの中途半端さが見られた。

他の新加入選手では菊池が試合序盤に積極的な仕掛けを披露。ただ時間を増す事に守備に追われる回数が増えて徐々に消えていった感も。
阿道はフィジカルを活かした積極的な個人突破を見せたが、周囲との連携はまだまだ。
田村の高さはレッズでは貴重な守りのアイテムになる事は確信した。場数を踏ませたい。
残念だったのが復帰組の矢島が、せっかく入った攻撃的な位置で余り持ち味を見せていなかった点かな。せめて得意のミドルで枠内シュートとかあれば良かったんだけど。

そんな中で長澤が持ち前のテクニックを発揮して、技ありのミドルでゴールを奪ったのは大きな収穫。この試合のMOMに相応しい働きだったと思うよ。そう、これを本来は前半の主力組がやってほしかったんだが。

前半はレッズが主力組中心でソウルが控え組中心。それなのに0-1。
後半はレッズが控え組中心でソウルが主力組中心。それなのに1-0。
面白い現象だな。これも主力は手の内を見せず、控え組はアピールに必死、という見方も出来る。
17.2.18駒場・ソウル戦1-1
1-1、まあ親善試合みたいなものだし、妥当な結果じゃあないでしょうか。まあこれで金取って見せる試合だったかというと、正直疑問符が付く内容ではあったけれど。でもキャンプ明けだし、みんな身体が重かったのはあるしで、まあ公式戦開幕までに100パーセントに持って行ってくれれば良いさ。ゼロックスは控え組で良いし。
でも過密日程を考えたら、今日をゼロックスにしてほしかったよ。Jリーグ開幕1週間前にやる縛りをそろそろ無くしても良いのでは?


ザ・酒

というか、中途半端な時間に試合が終わると、17時前に開いている居酒屋が限られていて探すのに苦労するんだけど・・・





------
さいたまシティカップ 浦和1-1ソウル
得点/38分・イ・サンホ(ソ)、83分・長澤(浦)
主審=東城 穣
観衆:11,444人



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
サポートお疲れさまでしたうえさん。今年もよろしくお願いします。
久しぶりに駒場での試合でしたが、駒場スタジアムに近づくにつれて『浦和レッズコール』が聞こえると、駒場がメインスタジアムだった頃を思い出してなんだか懐かしく思えました。

試合内容ですが、親善試合に近い位置づけと思いましたが、FCソウルが最初からカツガツ来た時には『怪我だけはしないでほしいなぁ』と思いましたが、うえさんが言われるように興梠が痛めてから少しソウルも自重しだしたような気がしました。
ただし、これがACL本番だったらFCソウルはもっと激しくくるでしょうし、怪我をしないためにも球離れを早くして近接戦を避けるか、逆にガチンコで戦うかの選択を迫られそうです。

失点は榎本も防ぎようがない良いシュートでしたが、前半の攻撃は菊池のいる左サイドからの攻撃が活発で、左サイドから崩して最後は武藤がシュートを打って外したシーンがありましたが、ああいう崩しのシーンをもっと見たいです。

後半は総入れ替えでしたが、矢島とオナイウは良いプレーもありましたが消える時間もあってもう少し連携に時間がかかりそうです。
あと新戦力は田村はヘディングの競り合いに強く終盤の守り切るときに使えそうですし、長澤は運動量があってピッチを広く使える選手で、ゴールも含め収穫があったと思いました。

さて、次節はゼロックス鹿島戦ですが、浦和は西川とラファは戻れるか微妙ですが、鹿島も柴崎が抜けて新戦力の融合に時間がかかると思いますし、お互い『少ない決定機をきめられるかどうか』で試合が決しそうですし、1試合1試合大切に戦って勝ちたいですね。
Mr.T URL 2017/02/12(Sun)22:28:02 編集
無題
今晩は 寒い中でのサポートお疲れ様でした
観客11000人、予想以上でしたね バックの2階席でしたが満席に近かったですよ
そうですね 親善試合でACLの同組、手の内見せる必要無いですし怪我人も出ず引き分けは仰るようにシーズン最初の試合でもあり妥当な結果かと。色々気になる選手居ますが徐々にコンディション上げて行けばいいと思います。矢島は期待してるので今日の出来は不満ですがポジション替えたら・・・とか妄想してしまいます 頑張って欲しい!
新ユニも好感持てるしこれから週末レッズの試合も見れる。そうなると平日のモチベーションもチョットは上がる(笑) さぁ今年も何かと楽しみな喜怒哀楽の始まりですね



欅通りのサポ 2017/02/12(Sun)23:25:08 編集
駒場はいいですね~
こんばんは。

まぁ、本当に“こんなものかな…”という感じの試合でしたね。
その中でも菊池は可能性を感じました。Jリーグになれば、ドン引きのチームも少なくないと思うので、仕掛けられる駒が増えた事は良いと思います。
埼玉県民として期待しているオナイウですが、ここ一発の切り札的な存在になりそうな気がします。榎本は失点こそしましたが、安定しているし、長澤のシュートも見事でした。
ただ、やはりFCソウルもさすがに力のあるチームだなという印象は強く感じました。細かいパス回しが見事でしたね。
ラファエルシルバは見たかったですが、次のゼロックス~ACLの間隔が短いので、そこまでに万全な体制で臨んでもらいたいですね。

さて新ユニフォーム、背番号の下にKFCのロゴが追加されて、何だか賑やかな背中になった感じがしますね。ちょっと賑やか過ぎるかな…とも思います。価格が価格なので購入するか悩んでます。

さて週末はゼロックス。鹿島が相手なので、今回のような少し緩い気持ちで観戦とはいきませんね。昨年、あれだけ悔しい思いをさせられた相手です!負ける訳にはいきませんね。

しかし久々の駒場、風はありましたが、やっぱりいいですね!レディース観戦で昨年も何度か行ってますが、やっぱり我々にとっては「聖地」ですね。

ゼロックス、頑張りましょう!寒い中、お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2017/02/13(Mon)00:07:01 編集
無題
こんばんわ。お疲れ様でした。

この時期に戦術云々もないですが、流石のうえさんが「復帰組の矢島が、せっかく入った攻撃的な位置で余り持ち味を見せていなかった」とおっしゃるとおり、果たしてミシャは J2の試合を本当に見たんかいな?と思うほど、矢島、長澤の2人の新加入選手の使い方を間違っていたとしか思えません。

さらにうえさんの言う「矢島がせめて得意のミドルで枠内シュートとかあれば良かったんだけど。」とあるように、矢島の広角眼があるからこそボランチの位置で多様なミドルが打てるわけであって…。うーんやはり息子がかわいいのか?誰か意見するコーチはいないのか。

長澤に至っては不幸中の幸いのMOM。トロフィーを受けた長澤のなんとぎこちない表情。この試合で矢島がいた位置が長澤の本来の特性を活かせる位置であったと思われる。

これもうえさんのおっしゃる「長澤が持ち前のテクニックを発揮して、技ありのシュート」を切り込んで狙えるポジションであることはこの試合のバイタルでの動きでよくわかります。伊達に怪我する前はブンデスで活躍した選手ではありませんね。

彼らのパフォーマンスを考えるなら、ミシャがどうであれいずれ使う位置は変わってくると思いますが、宝の持ち腐れだけは勘弁ですね。二人の位置がこの試合で逆の位置を取っていたらもっと面白い試合が見れたのではと思ったのは私だけでしょうか?

まあ、楽しみは先に伸ばすとしますか。(笑)

次の試合も楽しみです。
りょりょ 2017/02/13(Mon)20:28:35 編集
コメントありがとうございます
Mr.Tさん
こんばんはです。
久々の駒場、やっぱり懐かしくて昔を思い出しますね。照明設備の関係でJリーグ開催は無理にしても、また天皇杯や今回のようなプレシーズンマッチで積極的に駒場を使ってほしいと思います。
さて試合ですが、親善試合みたいなものでしたが序盤はソウルのラフプレーが目立ち荒れそうな雰囲気もありましたが、興梠が痛んだのが怪我の功名みたいな形になって、その後は落ち着きましたね。今は何よりも怪我が一番怖いので、これはこれで良かったと思います。
ただおっしゃる通り、これが公式戦になればソウルも、そしてもちろんレッズも本気での駆け引きが迫られますから、ACLで当たる次は全く別のチームと戦う姿勢が必要ですね。
怪我のラファエルシルバを除いた新加入選手のプレーをズラリと観られたのは収穫でした。そんな中で菊池が序盤に見せたのと、長澤がゴールという形で早速結果を出してくれたのは良かったです。ただ菊池や長澤も含めて新加入選手や復帰組は、全体的にはまだまだ連携面で足りないのも明確でしたので、ここは練習と公式戦を重ねてしっかり高めて行ってほしいところです。
次のゼロックスは、そのすぐ後に控えているACLを考えると、お互いメンバーをどうするのかが注目ですね。メンバーによっては意外な形で勝負が決まる感もありで、そこはそこで楽しみですね。

欅通りのサポさん
こんばんはです。
日曜日はお疲れ様でした。ピーカンとはいえ寒い上に風も強い中、一万人超えは予想外でした。チケットの売れ行きを見たら正直7千人位入れば御の字かなぁと思っていました。
試合内容は明らかに親善試合モードでしたが、何よりも先ずは怪我人が出なかったのが第一でした。新加入選手や復帰組に注目していましたが、そんな中で矢島はかなり期待されている割には復帰してからイマイチアピールを欠いている感があるので、今回のプレー内容は正直自分も不満です。まあ使い方はあるのでしょうから、そこはミシャの見極めも必要ですね。
さてゼロックスを挟んでいよいよ公式戦が始まりますね。また新たなシーズンの幕開け、喜怒哀楽を繰り返しながらも最後は今年こそ歓喜で終われるシーズンになってほしいですね。
うえ URL 2017/02/14(Tue)18:24:17 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
日曜日はお疲れ様でした。やはり駒場は良いですね~。今やすっかり埼スタに慣れてしまったとはいえ、駒場に行くと懐かしい昔が蘇っては胸が熱くなります。本当の意味で聖地と言うに相応しいスタジアムですよねぇ。
さて試合ですが、ソウルはさすがにフィジカル勝負になると場面場面で強かったですね。意外に守備も堅かったです。
レッズは新加入選手で先ず輝ったのが主力組に入った菊池でしたね。正直湘南時代はそう注目はしていなかったんですが、結構積極的に深く仕掛ける選手だったんですね。阿道は身体能力を活かした強引な突進が見られました。千葉ではゲーム終盤にスーパーサブ的な扱いで点を取っているので、おっしゃる通り切り札的な使い方が効きそうですね。長澤や榎本、田村も持ち味は見せてくれたと思います。あとは連携を高めつつスタメンを狙って精進して行ってほしいところですちなみに新ユニフォームですが、背番号が字体的にも大きさ的にも遠くからでも目立っていて見やすい印象でした。レプリカはおっしゃる通り、ちょっと高いですね。発売が遅れた分2割くらい安くしろと言いたいところですが(笑)。自分の場合その発売日を聞いた途端に、ちょっと買う気が失せ始めています(汗)
そんな中で次はゼロックスですが、すぐ後に控えるACLを考えると、メンバーと戦い方をどうするのかが注目ですね。相手は鹿島ですしリベンジで勝ちたい半面、公式戦を大事にしたい気持ちもありますし。うーん、理想は控え組中心で勝ってくれるのが一番なんですけどね。ミシャもどう考えているのか、注目したいです。

りょりょさん
こんばんはです。
さてご指摘の矢島ですが、レンタル先の岡山と五輪代表での活躍度もあり、かなり期待されてのレッズ復帰になりましたが、現実的に見るとポジション争いの激しいレッズに於いてはよっぽと練習で高アピールするか、出た公式戦でインパクトの高い活躍をしないと厳しい現実が待っているでしょうね。使い方としては元々攻撃的な選手だったのが岡山でボランチに慣れてしまったようで、その上でミシャが「ボランチも出来る攻撃的な選手」と見るか、「攻撃的な選手だけどボランチも出来る選手」と見るか、でしょうね。
長澤にも同じような事が言えると思います。ポジション的には元々攻撃的な位置の選手だったのが、千葉では時折ボランチもやらされて、それを繰り返す内に果たして何が適性ポジションなのかがわからなくなってしまった節もありますね。長澤のボランチは千葉では賛否両論あったようですし。ただ事実ケルンが獲得したレベルだけのポテンシャルは間違いなくある選手なので、それを本当の意味で開花させるべき時期に獲ったレッズの責任は重いと思います。
そして考えるに、選手に色々なポジションをやらせるのは、経験を積ますという意味では良いのかもしれませんが、一歩間違うと器用貧乏になってしまう危険性もありで、ここは本当に難しい判断を監督は迫られると思います。特に矢島と長澤は、そんな状況にあると思います。
ただ何れにしても矢島と長澤のポテンシャルを見れば、使い方を間違えなければ主力級になれる筈なので、とにかくミシャの見極め力ですね。おっしゃる通り間違っても宝の持ち腐れにだけはしないでほしいですよね。
うえ URL 2017/02/14(Tue)18:25:16 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第22節 セ大阪4-2浦和 得点/6分・杉本(セ大)、8 分・杉本(セ大)、18分・ズラタン(浦)、27分・山口(セ大)、35分・丸橋(セ大)、45+1分・ラファエルシルバ(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第19節 札幌-浦和(札幌ドーム=7月29日14:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8
10 11 13 14
16 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/26 サッカー素人]
[07/26 うえ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 うえ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]