忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [488]  [487]  [486]  [485]  [484
出来ることならあまり振り返りたくない辛いシーズンではあったものの、一応のけじめとしてこれを纏めないことには次に進めないので、とりあえず総括を。

それにしても1年前、まさかレッズがここまで崩れてしまうとは、いくら何でも予想はしていなかった。

フロントはオジェック解任で軌道修正を図ったかに見えたが、根はもっと深い部分にあった。

開幕前、放出する選手と補強する選手を比較して、某掲示板に『去年よりも弱くなった気がする』という書き込みがあった。誰もそれに反論しなかった。自分もである。それが隠れた正直な気持ちであったのかも知れない。

危惧する部分は確かにあった。何人かの絶対的な主力が去り、要の選手数人は長期離脱を繰り返すなど怪我人が続出。一方で始めから貴重な外国人枠を余らせていた。この時点で暗雲は立ち込めていた。
しかしそれに変わる戦力は確かに補強したはずだった。弩級FW一人に頼っていた時より、マークを分散させる意味からも、更に計算が出来るであろう戦力が整ったと、そう期待したのだった。
ところが、これだけ大金叩いて補強した攻撃陣が、蓋を開けてみたらまったく機能せず、最終的にはワシントン1人分にも相当しない散々な低成績に終わってしまった。選手補強の失敗は火を見るより明らかだった。
もちろん選手だけの責任ではなく、求心力を失ったオジェックが、開幕2試合で解任されるという予想外の異常事態で躓いた部分は大きい。しかしその後も、チームを纏めるべき後任監督の力量不足は致命的で、戦術基盤をまったく作れないままその場しのぎのサッカーを続けたゲルトは、一時チームを立て直したかに見えたものの長続きせず、やがて下降線を辿りながら、最後はチームを完全に崩壊させてしまった。

何故このような事態を招いてしまったのか。
根本はフロントの無責任と体たらくが引き起こした必然の結果である。
昨シーズンから大きな火種となっていた選手の執拗な造反劇に対して、表向きは解決策を講じたふりをしながら、裏では何も手を打たずに放置し続けた。その結果、選手の暴走は手の着けられない状態に陥り、最後はオジェック一人に責任を押しつける形で蓋をした。
監督を補佐すべき立場だった当時コーチであったゲルトは、すでにそれを仲介できなかった時点で力量不足は垣間見えていた。コーチでの実績から後任に据えるのは仕方ないにしても、それに対して2年契約を結んだフロントは、常軌を逸していたと言わざるを得ない。

補強で失敗し、監督への配慮も無く、そして選手は好き勝手な言動を繰り返す。そんな煮え切らないクラブとチームに、サポーターは度々怒りを爆発させる。
もはや統制の取れなくなったクラブとチームは、やがて糸の切れた凧のように空中を彷徨い、そして墜落して行く。

問題を先送りし、フロントの要所々々での判断能力の大幅な欠如が、クラブを悲惨な状況へ追い込んだのは明らかである。
リーグ奪回とアジア連覇を目指したレッズの自信は脆くも崩れ、わずか1シーズンでこれまで積み上げてきた多くのものを失う結果になった。

歯車は一度狂い出すと、なかなか元へは戻らないもの。「何とかなるだろう」と思って現実逃避を続ければ続けるだけ、問題は余計に膨らんで行く。そして「何とかしようにも、どうにもならない」時がやがて訪れる。重大な病気を騙し騙し放置し続けているのと一緒で、いよいよ耐えられなくなって治療に重い腰を上げる頃には、もはや手遅れとなってしまうのだ。今シーズン、もっと言えば昨年終盤からのレッズは、まさにそんな状態だったのだと思う。

その失敗を踏まえて、いよいよ変革の時が訪れた。
これまでの失敗から多くのことを学び取り、それらを活かすためのシーズンがもう始まっている。
クラブは早々に新監督選びとフロント改革に乗り出した。
衰えを隠せない選手が居る中で、それに代わる若手の底上げが少ない点も致命的だった。世代交代に失敗したかつての某強豪チームを例に出して、度々危惧する声は聞かれたが、結局はレッズも同じ道を辿っていた感は否めない。それを踏まえて、若手育成に本腰を入れるための適任監督を選び出し、一方で的確な補強策を遂行するための強化部もテコ入れを図る。

色々な面で変わろうとしているクラブにあって、我々サポーターも意識改革が求められる。
厳しい姿勢で臨むべき時もあるが、忍耐を持って、レッズがそれ相応のクラブであることを自覚する必要もある。それを見極めた上で、自分がクラブに対してどういう姿勢を貫いて行くか。正解は無いし、定石も無い。自分自身が考えるしかないのだろう。

かつてJ2に陥落したレッズは、一度はどん底から這い上がって来た。そして強くなってきた。
あの時とは状況が違うと言う人が居るかも知れない。だが、レッズは今一度這い上がらなければいけない状態にある。あの時とは違う、大きく成り過ぎたレッズに、サッカーの神様が再び与えた試練だと思う。
その試練を乗り越えた先に何が待っているのか、それは誰にもわからない。少なくとも今は、神様に「良く頑張ったね」と思われるような、本当の意味での素晴らしいクラブに再生させるための努力を、一人一人が励んで行くしか道はない。

最後に、今シーズンも共に戦った同志の皆さん、大変お疲れさまでした。
そしてシーズン中も当ブログに訪れてくれた皆さん、本当にありがとうございました。
来季に向けてまだ時間はありますが、しっかり身体を休めて、そしてまた頑張りましょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
来年はしっかりとした足取りで…
こんばんは。
糸の切れた凧…。まさにそんな感じでしたね。このエントリー、フロントの人間が目をしっかり見開いて読んでほしいですね。
まあ個人的に絶対に守ってほしい約束事はホームで絶対に負けないってことですね。
藤沢雄二 URL 2008/12/10(Wed)22:14:46 編集
コメントありがとうございます
藤沢雄二さん
こんばんはです。
同感です。本来サッカー先進国ではホームで負けないことは絶対条件の厳しい雰囲気がありますからね。そういったメリハリのあるチームになってほしいところですね。
そうなるための第一歩、先ずはクラブの改革に期待しましょう。
うえ URL 2008/12/10(Wed)23:48:24 編集
いろいろありましたね…
こうやって思い返すと、ホントいろいろありましたねぇ…

ホント「糸の切れた凧」…
ばっちり合ってますよ(^^)b

新しくスタートは切ったものの、どことなく不安なんすよねぇ
これからっていうのはわかるのですが、中途半端な気がして^^;
やっぱ社長もクビに…(笑)

まあ、すぐのすぐに結果はでないかもしれませんが、
しっかり見守っていきたいっす。(^^)v
URL 2008/12/11(Thu)07:02:59 編集
コメントありがとうございます
謙さん
おはようございます。
今シーズンが低迷したので、やはり不安先行は仕方ないと思います。実際自分も不安はありますし。
これから監督が来て、選手の動向も明らかになって行く課程で、クラブは我々に少しでも明るい話題を与えてくれるような動きをしてほしいですね。
ところで社長の任期はいつまでなのでしょうね・・・
うえ URL 2008/12/11(Thu)07:32:23 編集
それでもレッズが好きだから
特に終盤に来てガタガタになりましたから、本当に振り返るのが辛いですね。うちのダンナなんて、昔に戻ったみたいでなんか懐かしい気もするって言ってました。(^_^;

でも、どんなにへこまされてもレッズが好きなんですよね。できの悪い子ほど可愛い、っていう感じかも。厳しい1年でしたが、今が底だと信じて来季も頑張ります。

幸い、フィンケさんはやる気満々の様子。コーチも連れてきてくれるみたいですね。今度こそ、"ビッグクラブ"と呼ばれるにふさわしい、本当に強いレッズを皆で作っていきましょう。
1年間本当にお疲れさまでした。まだちょっと早いけど、来年もよろしくお願いします。

PS. 私の来年の目標は、巨人ファンの長男もレッズサポにすることです。(笑)
Keyaki 2008/12/11(Thu)10:01:37 編集
失敗学
うえさんの的確な総括のおかげでトラウマで抜け落ちていた記憶が徐々に戻ってきました(笑

今年は「失敗」の年になってしまいましたよね。しかもその失敗を修正できずに終ってしまった。
クラブとして、強くなって大きくなっていけばかならず壁にぶちあたるのはしょうがないし、今年の失敗をどう生かせるかに注目していきたいと思ってます。

フィンケ氏は報道を見ている限りではわりと良さそうだな~と思ってます。あとはこの大不況&チーム低迷の中、選手はどうなっちゃうのかってことが心配かな・・・
ケロヨン URL 2008/12/11(Thu)12:41:07 編集
コメントありがとうございます
Keyakiさん
こんばんはです。
こちらこそよろしくお願いします!来季は、今季がガタガタだった分もあって、逆に期待せざるをえない部分もありますし、良いときばかりではなく、こういう経験をしてこそ新たに強くなれる部分もあるはずです。それを信じて、来季もより一層頑張りましょう!
あ、ちなみに自分、野球は巨人なのです。親父の生まれが後楽園のお膝元・小石川なもので、子供時代は巨人を観て育ちました(笑)

ケロヨンさん
こんばんはです。
的確かどうかは自分ではわかりませんが、とりあえず思ったことを素直に書き殴りました(笑)
色々とレッズも不況の中で契約更改でもめている話も出ています。選手にとっても厳しい現実に直面する時期ですねぇ。
とりあえず来季に向け、今シーズンの失敗を反面教師
にして、始めは多少のリスクを覚悟してでも、しっかり足元を固めた堅実なクラブを目指してほしいですね。
うえ URL 2008/12/11(Thu)18:33:49 編集
無題
今年は散々でしたが、ある意味ではいい年になったということも言えるかもしれませんね。しかし僕は今の契約更改の保留がよく分かりません。坪井はなぜ怒る必要があるのか。DFであるから今年の守備崩壊の責任は少なからずあるはずだし、結果を出せなかったから収入が10億減だったわけですからそれが年俸に響いてくることは当然のことだと思います。そして10%下がってもなお、他チームと比べても遜色のない年俸のはずです。成績を上げられなかった今年の悔しさから来年またゼロからチームとしても個人としてもやってやろうという気にはならないんですかね。サントスも試合に年間通して10分しか出てないのになぜ文句が言えるのかが本当に理解できません。まずは選手にもっと自分たちの実力というものをもう1度見つめなおして改心して欲しいです。じゃないとチームは変われません。

それから話はかなり変わって申し訳ないですけど、再来年から就職しなければならない身なんで今就活をしています。より多くレッズの試合を見るならやはり民間企業よりも公務員の方がいいんでしょうか。僕はやりたいことが特にないんで、とりあえずレッズを中心に考えたいんですけど。
CR 2008/12/12(Fri)22:05:27 編集
コメントありがとうございます
CRさん
こんばんはです。
少なからずマスコミ記事の誇張はあると思いますが、この世界で初回の契約更改でもめるのはよくあることです。もちろん我々が成績に対して提示金額に不満を表すのはちょっと、と思う部分も当然です。後はクラブと選手がどれだけ駆け引きして妥協出来るかなんですけどね。
さて就職先の件ですが、これは民間でも公務員でも、職種によって様々です。ただ確実に言えることは、社会人になるとある程度の自由は仕事で奪われてしまいます。行きたい試合も仕事で行けなくなる場合が多々発生するので、そこは社会人として覚悟しておいた方が良いです。その中で自分の仕事を如何に会社に認めてもらって、その上で上手く有給休暇を得たり出来るか、それこそ上記にも書いた自分と会社との”駆け引き”でもあるんですよね。なかなか最初は大変と思いますが、先ずは良い就職先が見つかることを願っています。頑張ってください。
うえ URL 2008/12/12(Fri)22:52:55 編集
無題
1年間お疲れ様でした!

作る時には時間がかかり、壊れる時には一瞬。
ほんと、いとあわれなモノです。

ストレスばかりの一年でしたが、共に闘う同志が居るのは財産。来シーズンも皆で共に闘っていきましょう!!
Mr. URL 2008/12/13(Sat)19:33:35 編集
コメントありがとうございます
Mr.さん
おはようございます。
お疲れ様でした。本当に、チームを強くするまで時間を要した数年、しかし崩れて行く時は早い・・・この辺の脆さからしてもレッズはまだ未熟だったのでしょうね。今度は本当の意味で足元を固めた骨のあるチームになってほしいです。その為に、我々サポも頑張って行きましょう!
うえ URL 2008/12/14(Sun)07:16:38 編集
総括…
去年にも増して終盤に大崩れで今年も終わりました。レッズには“ここ一番”の強さがないというのが以前から思っている事でが、やはり今年も…って感じです。なぜなんでしょうか?アントラーズにはその強さがありますよね。選手の違い?そんな事はないですよね!やはりメンタル面の強化が必要だと思います。選手達にやる気がない訳じゃないと思います。それにはやはりフロントがまず“やる気”を出さなければいけないと、特に今シーズン終盤は思いました。最終戦のサポーター達は何点取られても応援をやめなかった…サポーターを見習えって訳じゃないけど、フロントにも熱意が必要だと思いました。それが残念ながら今シーズンは伝わって来なかった… いくら監督が熱意を持っていてもフロントがその気にならないと、まさに今シーズンのヴェルディの二の舞になってしまうと思います。

今シーズン前半から中盤にかけて好調に見えたレッズでしたが、今思うと他のチームが大したことなかったんじゃないかな?とも思います。確かにアントラーズの連勝を止めた時はいい試合内容でした。あの時の選手達の熱意は伝わって来るものがありました。“いつでも死ぬ気でやっている”ホントにその気持ちで選手もフロントも来シーズンに臨んでもらいたいです。もう一度原点からやり直しです。今シーズンはやっと次世代と言うべき細貝や堤、エスクデロといった選手もブレイクし始めました。来期の今頃は祝杯で締めくくりたいですね!!  
長くなりました。うえさん、今シーズンはお疲れさまでした。
東浦和レッズ 2008/12/14(Sun)11:20:28 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
一部の選手だけが頑張っていたり、監督の方針だけが空回りしてしまったり、そして纏めなければいけない部分で誰も纏められずと、それぞれが気持ち時点でバラバラだった部分がありますね。そして最悪だったのが、フロントの体たらくという決定打でした。これだけの問題を抱えていれば、強くなろうにもなかなかそうはいかないものです。
うちはお金はあっても、鹿島のような統制力が大幅に欠如しています。今までお金に頼っていた部分を、少しでもクラブの管理能力向上へ向けて努力する動きへ転換しないといけませね。やはりしっかりとした土台作りをしないと、いざという時に脆さを露呈してしまいますから。
我々もそれを踏まえて、来季も頑張って行きましょう。お疲れ様でした。
うえ URL 2008/12/14(Sun)17:49:30 編集
さて
うえさん 1年間お疲れ様でした

2008年を総括するには、去年の今くらいまで遡ったほうがいいでしょうね。
修三さんのこれまでの功績は評価しています。ただ、浦和が大きくなるに連れて、そのポジションに求められるポテンシャルが追いつかなかったようですね。日々フットボールが進化しているように、クラブにも進化は求められていますね。浦和の良さを残しつつも、外部の血は必要でしょう。クラブ運営のノウハウ、特に世界での人脈・パイプの構築は、より間口を広く、しかもスピード感をもってクラブ財産として欲しいと感じた1年でした。

○何故エジミウソンだったのでしょうか
エジミウソン獲得の報を聞いた時、うえさんは「エジのプレーの特徴」解っていましたか。自分はエジのイメージなし。ネットで映像を捜したけどピントこない。キーワードは3年連続2ケタ得点。「Jリーグで結果を残している外国人」エメ、ワシと成功したスタンダードな堅い路線。さて エジ獲得にあたって浦和は彼に何を求めたのでしょうか。(エジ批判ではありません)

○余らせた外国人枠
(個人的にですが)今シーズンのテーマは4バックへの移行。恐らく6月以降に大型CBを獲得するのだろうと夢膨らむ。が、獲得失敗。次に伝え聞いたのが「本田」。浦和は補強のポイントをどこにおいていたのでしょうか。余らせるのならリストアップもしておかなければならないでしょうし。

PS シーズン中だけでなく 次へ向けてのこの時期もまた面白いですね うえさんのコメント楽しみにしています

*今注目しているのが、大宮の結城さん 
ただの壊し屋なのか 大宮の礎を築くのか
@ヨハン 2008/12/14(Sun)18:50:59 編集
コメントありがとうございます
@ヨハンさん
お疲れ様でした。
エジミウソンについては去年12月の記事を参考にしてもらえるとありがたいです。
さてこれまでレッズの場合、その財産を有効に活用してきた事で良い結果を出した部分も多々あり、逆にそれ故に視野が狭くなってしまったという弊害もあります。ひとつの方法では成功しました。しかし限界も見えました。それを踏まえて、外部の血は必要不可欠ですし、悪い部分はぶっ壊す気概を持った有力な人物も求められます。
今回は色々な者と物を吸収する意味では、良い機会でもあると捉えています。それが吉と出るかどうかはやってみないとわかりませんが、不安もあるし、それが希望でもあります。
自分はJでもレッズはとりわけ国際的に構えたクラブと自負していますが、だからこそレッズにしか出来ない大胆な変革があるはずです。フロントもそれを意識して、手を緩めずに換えるべき部分はキッパリと示す姿勢が求められますね。
うえ URL 2008/12/14(Sun)22:05:24 編集
無題
こんばんは。
今更ながら自分も今季のレッズを総括しました。
本来なら総括したくもない程に酷いシーズンとなってしまいました。
まだ弱かった頃の方が見所あったような・・・。
全ての元凶はフロントにあると思います。
特に今の社長は就任以降、浦和レッズというチームを商売道具に金儲けに走り、本当にチームを愛していたのか疑問です。
選手獲得に失敗続きのGMにも呆れますし、あの社長が居座っていると、本当に崩壊しかねません(><)
まぁ、それでも我々は浦和レッズというチームを応援し続けるしかありません。
そういう事で来年も宜しくお願いします(笑)
FREE TIME URL 2008/12/26(Fri)00:54:03 編集
コメントありがとうございます
FREE TIMEさん
おはようございます。
レッズ規模のクラブになると、フロントもそれなりの度量が無いとダメだという例かもしれません。プロであるはずのクラブで、肝心のフロントがプロになりきれていなかった部分も明白ですね。
同じ過ちは許されませんが、先ずは色々な変革を見守りたいです。
お疲れ様でした。来季も頑張りましょう!
うえ URL 2008/12/26(Fri)07:23:16 編集
無題
本当に、今年1年色々ありましたねぇ。
フロントもそうですが、我々も今年以上にレッズを想って、来年は形のあるサッカーを展開してもらいたいですね。
沖縄の赤い悪魔 2008/12/28(Sun)10:06:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08' 浦和総括
巷では、「クラブワールドカップ」などという何だか良く分からん選手権が行われている様ですが、我々浦和とは全く関係ありませんし興味も無いので、本日は2008年・浦和レッズを総括してみたいと思います。----------------------------------------------------------------&...
浦和レッズ2008年総括
今更ではありますが、浦和レッズの2008年を総括したいと思います。
FREE TIME URL 2008/12/26(Fri)00:47:19
2008年の浦和レッズを振り返る…#171
2008年は散々な結果となってしまった我らが浦和レッズ。シーズン終了から3週間以上が経って、むしろ来年の始動の方が近くなってしまったが、...
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第26節 磐田1-1浦和 得点/21分・ムサエフ(磐)、79分・興梠(浦) ・・・次の試合/天皇杯4回戦 浦和-鹿島(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場=9月20日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8
10 11 12 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/19 サッカー素人]
[09/19 うえ]
[09/19 東浦和レッズ]
[09/18 うえ]
[09/18 FREE TIME]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]