忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270
◆浦和OB福田氏が古巣で研修(ニッカン)

我らが大将が、S級ライセンス取得のための実地研修の一環として、古巣レッズに帯同することになった模様。

ついに大将キター!!

何時だったかオジェックが浦和に再来した時に何かのイベントだかトークショーだか、それともメディアのインタビューだったかは忘れたけど、こんなことを言っていた。

「いつかまたレッズの監督をやりたいな。それでフク(福田)やヒロ(広瀬)に指導者としてのノウハウを教えてあげたいんだ」

俺ね、ここ数年来ずっとこの言葉が耳に付いて離れなかったんだよね。
オジェックはレッズに復帰し、そしてついに大将も(研修だけど)レッズに戻って来た!そう、オジェックのあの言葉がいよいよ現実の物となろうとしている。これは感慨深いね。

よし、頼むぜオジェック!頑張れ大将!!

そういや、研修とは言え大将自身は試合中もチームに帯同出来るのだろうか?7日のジュビロ戦で大将の姿が観られれば嬉しいけどね。


お知らせ/
言い忘れてました。現在実施中の第1回・超暇つぶしアンケート!「今シーズン、J1に昇格してほしいチームは?」の投票期限は4月8日までとなっております。沢山の投票ありがとうございます!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
嬉しい反面…
過去のトークショーでオジェックがそういうことを話していたなら、今後の展開に期待したいですが『研修』という言葉が家●を連想させる上に(爆)古巣でS級取得の為の臨時コーチとは某緑組のT氏みたいであまりイメージがよくないような…(爆×2)
逆にこういう臨時の時こそ特に大将はレッズ一筋だったから外での経験があってもよかったのかな~という気もします。いや、大将が戻ってきて嬉しいのは嬉しいんですけど…。
藤沢雄二 URL 2007/04/04(Wed)11:50:31 編集
コメントありがとうございます!
藤沢雄二さん
レッズってただでさえ家●ってイメージが強いチームですからねぇ。まあ大将も欧州での研修もやって来ましたし、後はこれも研修の一環としてですから、これが大将にとっても、そしてレッズの雰囲気も良い方へ向かうことを祈るばかりですね。
うえ URL 2007/04/04(Wed)21:22:11 編集
はじめまして。
大将についていろいろなご意見あるとおもいますが、数年後にレッズで指揮を執る大将の姿を見たいですね。その時は福田レッズと呼ばれるのでしょうか?
ネネパパ URL 2007/04/04(Wed)22:39:23 編集
コメントありがとうございます!
ネネパパさん
どうも初めまして!
行く行くはレッズの監督となるとは思いますけど、その為には大将自身も指導者としての力をシッカリと身につけて戻ってきてほしいですね。
もちろんレッズサポにとって福田レッズは是非にも実現してほしいです。
うえ URL 2007/04/05(Thu)18:00:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ようこそ!!
試合終了/スルガ銀行チャンピオンシップ 浦和1-0シャペコエンセ 得点/90+4分・阿部PK(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第23節 浦和-F東京(埼玉スタジアム2002=8月19日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
7 8 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]