忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1236]  [1235]  [1234]  [1233]  [1232]  [1231]  [1230]  [1229]  [1228]  [1227]  [1226
2018年 J1リーグ第15節
ガンバ大阪0-0浦和レッズ
~パナソニックスタジアム吹田

しっかしあの荒木って主審はパスは妨害するし、その他の場面でもパスコースに邪魔な位置に居るし、ポジショニングが悪いばかりか、アドバンテージが当たり前な場面で2度も笛を吹くわ・・・まあエリア内で槙野が相手のユニ思いきり引っ張り倒した場面も見逃していたから助かった場面もあったが、しかしだなぁ。
なんて主審のせいにしないとフラストレーションの捌け口が無いような試合になってしまったぞ。

このスコアレスドローを、果たしてどう見るか。先ず試合の内容からして、仮にレッズもガンバも順位が上の方で当たっていたら、恐らくは「お互いの持ち味を良く消し合ってのスコアレスドロー」なんて評価になるのかもしれないし、レッズとしてはアウェーだから勝ち点1でも妥当で御の字、なんて感じだったかもしれない。
が、しかし現実は周知の通り、レッズもガンバも下位で当たった試合である。そう、勝たないと後々に響くであろう事が確実な試合なのである。
そういう先入観の元に試合を見ていると、お互いの持ち味云々より、どうしても、ゴールに至らない、相手を倒す事が出来ない粗を探してしまう訳で、そうなると「お互い下位らしい決定力の無さでのスコアレスドロー」なんて事になってしまうのかもしれない。

まあレッズは決定力以前に得点力が無いのだから、もはやそれ以前の問題ではあるのだが、去年までレッズと当たると守って来たガンバが、今回はやや攻めて来てくれたにも拘わらずゴールに至らなかった点は問題だし、決定力以前の問題と書いたが、今回はしっかりフィニッシュに行けていたのだから、それを外しまくっていた興梠の決定力の問題とも言えただろう。ハッキリ言ってしまうと、今回は興梠が何処かで1点でも決めていたら、結果的には勝てただろう。
また前半の体力がある内にカウンターを成功させていれば良かったのだが、そのカウンターに直線的なキレが無いものだから効果的なカウンターになっておらず、後半に至っては前線への繋ぎが時間を増す毎に乱雑になり、ガンバの当たりの強い守備にも負けだしてからは、全くカウンターも出来なくなってしまっていた。これでは何のために前線にマルティノスを投入したのかって話だ。カウンターで惜しかったといえるのは、最後のマルティノスから李に繋いでダメだったシーンくらいだろう。

ただ前半からして、宇賀神と柏木と武藤、この3人がブレーキになってしまっていたのは明らかで、宇賀神は左の深いスペースにフリーで頻繁に顔を出すまでは良いのだが、そこから先があまりに乱雑で、せっかくのチャンスをフイにしまくっていた。柏木は判断の遅さからしてもはやパサーとしての役割を果たしておらず、おまけにピンチに守備を諦めるような姿もあったのは大問題だろう。更に武藤に至っては、居るのか居ないのか、結局は何をしているのかよくわからない有り様であった。この3人を上から下まで戦犯扱いする訳ではないのだが、補強ポイントはこの3人のポジションである事だけは明らかである。

後ろが、かなりガンバの攻撃を凌いでいたし、西川も後半に2度に渡るビッグセーブで大ピンチを救ってくれた訳で、守備陣で言えば今回も遠藤(当たり前だけどレッズの遠藤ね)が身体を張った守備からボール奪取まで、目覚ましい活躍をしていた。ルヴァン・広島戦で、やはり遠藤はボランチでありDFとしては役不足と書いたが、その考えに変わりは無いものの、右ストッパーとしても十二分な活躍を見せてくれた今回、やはり遠藤は頼もしい存在である事に変わりはない。

まあレッズも重症は重症だから他のチームの事を言えた義理ではないのだが、しかしまあガンバも結構な重症だな。以前までのレッズ相手なら、レッズがいくら守ろうとも最後は遠藤(当たり前だけどガチャピンの方の遠藤ね)の高精度のパスが通っちゃってやられたり、長沢(当たり前だけどガンバの長沢ね)の長身からズドンとかありえたのだが、ガンバも決定的なシーンを幾度も作っておきながらレッズを崩せなかったのだから、やはり重症は重症なんだな。
ただまあ実際は、お互いそう卑下するほど酷くはなく、本当にお互いの持ち味を出してお互いの持ち味を消し合った、言葉は悪いけど今は下位とはいえ腐っても東西ライバル同士のレベルの高い内容でもあったと思うよ。

しかし、こっちの遠藤にあっちの遠藤、こっちの長澤にあっちの長沢と、まあ実にややっこしいというか、さすが同時期に黄金期を作り同時期に低迷する東西のライバルだけに、同じ名字が揃ってしまうのも仕方がないのだが(何が仕方がないのか意味不明)。まあ今更ながら西川と東口みたいにビックカメラの「♪東が西武で西・東武」状態もあるし。この変なライバルチーム同士、中断明けから残留目指して頑張ろうじゃないか。

なんて馬鹿話をして少しでも現実逃避をしてしまいたい気分である。本来であればワールドカップ中断期間前に勝って、少しでも順位を上げて、今の危険水域から遠ざかっておきたかったが、それは叶わなかった事で、これから実に憂鬱な中断期間に入る事になる。こんな形でだけはワールドカップを迎えたくなかったが、嗚呼・・・。

という事で、ワールドカップ中断前の地獄の15連戦がようやく終了。皆さん本当にお疲れ様でした。これで土日と水曜ナイターの試合の繰り返しからようやく解放されるので、先ずは次のルヴァン・プレーオフステージまで、しっかり身体を休めましょう。

------
J1リーグ第15節 ガ大阪0―0浦和
主審=荒木友輔
観衆:25,361人
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
今晩は 仕事お疲れ様です
NHK中継なので何とか職場の小さいテレビで見れました(笑)
確かに今日の試合は下位同士らしい決定力不足の試合でしたね。まぁどっちもどっち?正直それ程守備も安定したとも思えませんので監督さんには中断中しっかり選手鍛えてもらい戦術含めての立て直しに期待です。とは言えやはりゴールネットに突き刺さるシュートが見たい!これだけ無得点試合続くとやはり関根、原口のようなドリブラーやナバウトのようなフィジカルの強いFWは必至ですよね  中断明けのチーム状態どう変わってくれるか今のところ不安と期待半々ですがともかくチームと監督信じて待ちます!
欅通りのサポ 2018/05/19(Sat)19:29:37 編集
無題
今晩はうえさん。ガンバ戦に勝って降格圏から離れたかったところですが、今回の引き分けで結局降格圏から勝ち点差2で中断期間を迎えることとなりました。

今日はW杯前の最後のリーグ戦ということで吹田スタジアムまで行ってきましたが、サッカー専用スタジアムですし屋根付きで声の反響もあって両チームの声が響いていて良かったです。
しかも試合開始前はアウェイながらデカ旗2枚出ましたし、レッズサポも気合が入っていました。

試合内容としましては、連戦の疲れか興梠にキレがなく、かといって浦和の他の選手から得点の匂いを感じない状況で、うえさんが言われるように決定力不足もそうですが、その得点に至る機会を作り出す力も足りないと感じました。

守備については西川・槙野・マウリシオ・遠藤が体を張って決定機を阻止していましたし、無失点であることは評価してあげたいと思います。

結局今日も引き分けで降格圏が見える状況は続きますが、幸運にもW杯期間中のリーグ戦中断でチームを立て直す時間が出来ましたし、オリヴェイラ監督には徹底的に選手にオリヴェイラ流の戦術を叩き込んでほしいですし、W杯明けのリーグ戦再開時には連勝できるようなチームに作り上げてほしいです。
Mr.T URL 2018/05/19(Sat)20:05:04 編集
無題
今日は引き分けでしたが、西川のリベンジマッチでもあり、無失点は良かったです。攻撃陣ももう少し頑張ってほしいですが、もう少し精度が必要です。このワールドカップ期間中に戦術の落とし込みを期待します。柏木と宇賀神は今のままではだめ。柏木は早く怪我を治して頑張ってほしい。宇賀神はむりっしょ。次はアウェイのルヴァンカップ甲府戦に向かいます。
与野 2018/05/19(Sat)20:36:24 編集
ミドルを打て
うえさん どうもです。

今日のガンバなら勝てた試合でしたねぇ
宇賀神も ガンバ相手にあそこまで上がれて
あの糞クロスはない。
前の連中はエリア内でないとシュートも
打たない。ミドル狙える位置でも横パス。
関根や高木・梅ちゃんなら 迷わず打っていた。
キーパーが弾いたのを興梠や武藤が押し込む
そんなシーンは今年はない。
柏木は相変わらずポカばかり
監督の交代もワンパターン。
エメルソン並みのFWとポンテ・ペギリスタイン並みのMFをとってくれ
神戸はイニエスタとポドルスキだぞ
夢があるぞ
新さん 2018/05/19(Sat)20:36:52 編集
無題
お疲れ様でした。

下位のガンバに勝てないのは重症ですね。。。
ですが、仰る通り、内容は悪くなかったと思います。
問題は決定力のなさですが。
どうしたもんでしょうねぇ。
中断期間中にこのあたり、なんとかして欲しいとこですね。

みんみん URL 2018/05/19(Sat)22:28:30 編集
無題
※すみません。まちがえて、1つ前のルヴァン戦のブログに同じコメントを投稿してしまいました。可能なら削除してください。

こんばんは。連戦中のサポートお疲れさまです。
数日前のルヴァンは完封勝利でしたが、リーグは上昇気流に乗れませんね。さすがの興梠も連戦で疲れが出てるし。でも思い切って新体制に踏み切ったクラブに期待はしているので、気長に待とうと思います。ところで、ナショナルダービーと言われたチームが不調なのも妙な縁ですが、他にもマリノス、鹿島とパッとしない。ガンバも38才の遠藤を筆頭に、30才になる長沢など、世代交代に苦しんでいるようですね。気が付いてみるとレッズはトップチームの半分が30代。ワシントン・ポンテクラスであれば、30代でもOKなんですが。うえさんご指摘の柏木のポジションは、明らかにもう1人必要ですね。このポジションは要なので、調子悪ければ外さないとダメだと思います。長澤あたりを司令塔にして、期待の遠藤ボランチで、DFは岩波等若手起用とか、なんとかならないのかな~。ナバウトが復帰すればまた違うかもしれませんが。宇賀神はスピードあるし良い選手だと思うのですが、クロスの精度を上げろと言いたいです。せっかくゴール前まで持ち込んでも、クロスがあさっての方向では…。ところで、Jリーグを見始めたばかりの頃は、ゴールばかり目につきましたが、何年も試合を見ているうちに、ゴールの2つ、3つ前のプレーが大事で、ゴール自体は結果の一部であることがわかるようになりました。1つ前のアシストは記録されますが、2~4つ前くらいまで評価してボーナス出してあげてほしいと個人的に思うくらいです。誰かが苦労してゴール前までボールを持ち込み、シュート打ってはじかれ、そのこぼれ球が目の前に落ちてきたのをゴールしただけの「ごっつぁんゴール」なんて、90%は最初にシュートした選手の効果で、直接ゴールした選手はどう見ても10%だろーと思うことがあります。原口がいた頃はそういう得点シーンよく見たような気がするのですが、いかんせん、今はナバウト以外、積極的にシュート打つ人いないですからね。でもとにかく、ルヴァンの勝利でW杯期間中の試合が増えて、退屈しなくてすみそうなので、引き続き応援したいと思います。
涙目のサポーター 2018/05/19(Sat)23:35:28 編集
無題
おはようございます。
昨日は大阪まで参戦したのですが、またしても無得点に終わってしまい、勝ち点1を持ち帰るに留まりました。
鳥栖、ガンバと順位が下のチームに勝つことが出来ずに安心できない順位のまま中断期間に入ってしまいましたが、この中断期間で何か手を打ってほしいです。
それにしても今季の柏木、武藤は良くないですね。(宇賀神はあんなものと思いますが)
CK以外でのアシストは記録していないし、得点力もある筈なのに、ここまでノーゴール。
昨日の途中交代を見ても監督の信頼を失っているようにも見えるので危機感を持ってほしいです。
FREE TIME URL 2018/05/20(Sun)07:53:45 編集
無題
>ビックカメラ

ワロタwww
名無しさん 2018/05/20(Sun)08:25:21 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
おはようございます。
まさしくストレートに言ってしまうと、レッズもガンバもどっちもどっちな内容でしたね。お互いに個々が潰し合っているだけで、効果的な攻撃が出来ないままのスコアレスドローに終わりましたね。
守備は何とか踏ん張っているのですが、相変わらず1点が遠いままの攻撃は大きな課題ですね。ワールドカップ中断期間中にフィジカル強化を含めてオリヴェイラがメスを入れるとは思いますが、今の選手だけで戦術ではパワーやスピードの不足を補えないと思いますから、やはり補強は必要ですね。まあ恐らく補強は進めているとは思いますが。
中断期間にどうチームが強化されるか、オリヴェイラの手腕に注目ですね。

Mr.Tさん
おはようございます。
昨日は大阪までお疲れ様でした。吹田スタはサッカー専用に作られただけあって、なかなか良いスタジアムですね。ただ四方が高い壁に囲まれているような作りなので、昼間でも日差しが遮られてしまい、その暗さがネックなんですよね。
さて試合ですが、勝って危険水域から脱出したかったですが、ドローにより他の試合も絡んで更に順位を落とす結果になってしまいましたね。かなり不味い状況のまま憂鬱な中断期間を迎える事になってしまいました。
レッズもガンバもお互いに点を取るべき選手が決め手を欠いたのもありますし、レッズとしては柏木などパスを出すべき選手がゲームを殆ど作れていなかったのも響きましたね。サイドからもあれだけクロスを上げていた割に、判断の遅さや精度の悪さが目立って、殆ど効果的なパスにはなっていなかったですね。出し手も受け手もこれでは、点が取れない病が続くのも当然といえば当然ですね。おっしゃる通り興梠もキレがなく、元々腰の不調もあり、そこに連戦でかなり疲れているのでしょうね。
そうは言ってもサッカーは点を取らなければ勝てないですから、この部分を戦術と補強により立て直してもらわなければいけませんね。中断期間にオリヴェイラの手腕の真価が問われますね。
うえ URL 2018/05/20(Sun)09:23:22 編集
コメントありがとうございます
与野さん
おはようございます。
西川はA代表漏れの直後の試合という事で、その悔しさをぶつけるかのようなビッグセーブを見せてくれました。守備陣が踏ん張ってくれていたと思います。
攻撃陣がそれに応えてもらいたかったですが、いやとにかく効果的なパスが出せませんね。特に柏木と宇賀神のパスが判断が遅く、しかもこの2人、テキトー感が丸出しなんですよね。オリヴェイラもこの2人の使い方を再考した方が良いと思います。
リーグ戦が不調の分、ルヴァンは勝ちたいですね。

新さん
おはようございます。
おっしゃる通り、今のガンバに勝てずに一体いつ勝つんだ?と言いたくなる試合でした。まあガンバの方もレッズ相手に同じ事を思っているかもしれませんが。
しかしまあパスの出し手からして酷いパスのオンパレードでした。宇賀神なんてあれだけ何度もドフリーで上がっては何度もクロスをあげているのに、惜しいパスは僅か1度だけ。他は・・・なクロスばかりですからねぇ。エリア外シュートも長澤やマルティノスが撃っていたものの、全体的には殆ど撃たないですよね。そもそも柏木に代表されるようにプレー判断が遅いので、すぐブロックを作られて撃てなくなってしまうのでしょうね。
しかし神戸はポドルスキに続きイニエスタですか。本当に夢はありますよねぇ。
うえ URL 2018/05/20(Sun)09:24:03 編集
コメントありがとうございます
みんみんさん
おはようございます。
鳥栖に続きガンバにも勝てない、しかもまた無得点と、この点が取れない病は、かなり重病ですね。パスもいい加減なものが多く、興梠もキレが無いので、この辺をどうにかしないと同じ事の繰り返しなんですよね。
中断期間にオリヴェイラがここをどうにかするとは思いますが、補強も必要ですね。

涙目のサポーターさん
おはようございます。
コメントの件、了解です。
さて試合ですが、やはりルヴァンとリーグ戦は別物ですね。どうしてもリーグ戦になると固くなるといいますか、思いきったプレーも出来なくなる傾向ですね。興梠も爆弾を抱えたままの影響と疲労もありで、ちょっとキレが無かったのが響きましたね。
世代交代に付いては課題ですね。サッカー選手の年齢感覚からすると、24歳から26歳くらいが一番脂が乗っているとされ、28歳から29歳くらいになるとベテランと言われる世界です。それからすると30歳を過ぎた選手を多く抱えるレッズは、つまりピークを過ぎた選手が多いという事なんですよね。それでも日本人とは体力が違う外国人の場合は、30歳を過ぎてもピーク時のパフォーマンスをそれほど落とさずプレー出来る選手が多いですが、日本人の場合は30歳を境にガクッと体力が下がる傾向が強いので、ここから如実にパフォーマンス低下が見られる選手が多いですね。槙野のように外国人なみに体力がある日本人選手はそうは居ないですし。
柏木はベテランの域に入ったここ数年、明らかにパフォーマンスが落ちて来てはいたものの、それでもゲームメーカーという替えのきかないポジションである事と、何と言ってもその天性の素質を保っていたので、好不調を繰り返しつつも、何とかレギュラーの座を確保して来ました。代表にも選ばれていましたし。しかし今年に入り、その天性の素質も見られなくなってしまっているんですよね。それが柏木の弱点であるメンタルの問題なのか、体力低下が著しいのか、または戦術に合わないのか、何れにしても柏木の問題は深刻ですね。しかも今年から彼はキャプテンですからねぇ・・・。
まあサッカーは柏木1人ではなく、11人全員が絡んでなんぼのスポーツですから、ゴールに至る過程を全員がどう作って行くかですね。おっしゃる通りゴールを決めた選手やアシストした選手ばかりではなく、起点となった選手からのゴールまでの一連の流れを評価するべきですし、そこにはボールに触れていなくても、フリーの動きで囮になったり、ゴール前で潰れ役になったりとする選手も含めて見て行きたいですね。それを考えると、サッカーってやはり奥が深いスポーツなんだと改めて思いますね。
うえ URL 2018/05/20(Sun)09:24:53 編集
コメントありがとうございます
FREE TIMEさん
おはようございます。
昨日は大阪までお疲れ様でした。またしてもリーグ戦では点が取れない試合になってしまいましたね。レッズも下位とはいえ、同じ下位である柏や湘南や鳥栖やガンバから1点も取れないのは大問題ですね。いくら何でも普通ならば何処かの試合で1点くらいは・・・溜め息です。
武藤はポジションが合っていないので本来のパフォーマンスを発揮できない理由はわかるのですが、柏木はもはや重症ですね。ゴール出来ないばかりか、それ以前に本来の役割であるゲームメイクが全く出来なくなってしまいました。柏木が途中で下げられるパターンが多くなって来たのも当然ですよね。キャプテンがこれでは、オリヴェイラも悩み所でしょう・・・。

名無しさん
初めまして。
ありがとうございます(笑)
うえ URL 2018/05/20(Sun)09:25:24 編集
無題
お疲れ様でした

うえさんが「レッズは決定力以前に得点力が無い」とおっしゃるとおり、順位表で見るとおりここまでの上位陣との得点差が、まるまる移籍した外国人FW1人分であり、現在の失点であれば本来は上位に食い込んでいたことをフロントはどう考えているのでしょうかね。

現段階でオズはこれまで良くやっている。能力並に戦っている現選力を批判することは愚かでありましょう。

ただ、補強ポイントは誰の目にも明確であり、期限付きのGMは優秀な神戸のように早くイニエスタ(ウチ言えばブッフバルト)レベルの目玉選手をWC明けには連れて来ることがマストでありましょう。

WC後にオーストラリアからナバが復帰しようがこのままの戦力で立て直すなんて浅はかな考えなら2部行きは間違いないでしょうし、いずれ神戸にも人気と浦和の選手を取られてしまい兼ねませんからね。

リーグ賞金も(笑)
りょりょ 2018/05/20(Sun)16:16:06 編集
無失点
こんにちは。

う~ん…とても良い試合だったんですけどね。お互いに決定機も作ったし、見ごたえがありました。スタジアム全体に良い緊張感がありました。もしその緊張の糸が切れたりしたら、凄まじい撃ち合いになっていたんじゃないかな…
前回に比べるとラストパスの精度は上がったんですが、合わなかったですね。紙一重だったと思うんですが、これもお互い様だったと思います。しかし、オリヴェイラになってから本当にカウンターは速くなりました。細かいパスで相手を引き出してからの攻撃も速くなりました。レッズ的には幸い攻撃陣から代表が出なかったので、この中断期間にオリヴェイラがどうやって得点力を上げるのか注目ですね。4バックでも3バックでも基本的な事は一緒ですが、相手によって使い分けるのかも注目したいです。

さて、これから中断期間になりますが、今季前半戦は本当に開幕前のキャンプで何を練習していたのか?と思ってしまう内容の試合が多かったですね。しかし大槻組長がチームに規律を与え、少しずつオリヴェイラが勝てるように戦術を入れ始めました。明らかにチームは変わってきています。ちょうど今のチーム状況のように「あと一歩」か進められれば大化けする可能性は大きいと思います。期待したいですね。

朝イチのこだま号で帰還しました。ぷらっとこだまを使うと安いんですが…まぁ、鈍行よりは全然良いけど。
東浦和レッズ 2018/05/20(Sun)16:23:49 編集
コメントありがとうございます
りょりょさん
おはようございます。
レッズのリーグ戦での現時点の得点者を見ると、興梠がトップで6ゴールをあげている以外は、後は何人かが綺麗に1ゴールずつ分け合っているだけで、これを見るだけで如何に今のレッズの得点が興梠頼みになってしまっているかですね。逆に言えば興梠がダメだと点が取れない訳で、このままでは厳しいですから、当然得点力アップに繋がる補強に向けて動いていると思います。
ただ得点以外にもサイド不足や柏木の不調など、補強ポイントが多過ぎて、1人や2人に絞るのが難しいですね。ナバウト復帰は待ち望まれますが、未だJでは未知数で計算は出来ませんし。
お金の問題にもなってしまうので贅沢は言えませんが、それでもお金をかけなければ良い選手はなかなか来てくれませんし、神戸みたいにポドルスキやらイニエスタやらは今のレッズの財力では現実的ではないとはいえ、金を出し渋って下に落ちては何にもならないので、そこは思いきった投資は必要ですよね。

東浦和レッズさん
おはようございます。
土曜日は大阪までお疲れ様でした。自分関西辺りで朝イチ帰還だと大抵は在来線やってしまいます。豊橋までは新快速あるので(笑)
さて試合ですが、レッズもガンバもお互いに決定機が2度3度とあり、西川と東口のキーパー同士がともに当たっていたのも大きかったですが、選手やチームの状態如何では、ご指摘の通り撃ち合いになっていたかもしれませんね。サッカーはおっしゃる通り紙一重な部分が多いスポーツですから、ちょっとした事で内容は全く違うものになる場合がありますよね。
そしてオリヴェイラになり、明らかにカウンターが多くなりましたね。ただ多くの選手がミシャ時代の遅攻パスサッカーに慣れてしまっているせいか、まだまだ縦への速い動きが出来ず、途中でストップして逃げパスを選んでしまう場面が目立つのも事実で、カウンターは少しでも躊躇してしまうと、途端に相手に戻られて守備を固められてしまう為、これを躊躇なく出来るようになるまでには、まだまだ時間が掛かるかもしれません。
その為にもこれから重要な中断期間になる訳ですが、連戦で時間が無かった故に出来なかった部分をこれからオリヴェイラが色々取り掛かりますから、果たしてこれでどう変わってくれるかが注目ですね。そしてオリヴェイラも明言していましたが、中断期間にフィジカル面を徹底的に鍛えるみたいなので、今季開幕前のキャンプで怠った体力作りを補う意味でも、中断明けの本格的な夏場に向けてみっちり作ってほしいですね。
うえ URL 2018/05/21(Mon)11:41:47 編集
無題
こんばんは。

試合はテレビで見ました。
中断期間に入る前の最後の試合。
無理しないで勝ち点1を取りに来た感じですね。
今レッズの状況では仕方がないのかもしれません。
野球でいえば、
3番 武藤
4番 興梠
5番 マルティノス
クリーンアップで活躍しているのは4番だけみたいな感じですね。

サッカー素人 2018/05/26(Sat)23:31:07 編集
コメントありがとうございます
サッカー素人さん
こんにちはです。
ガンバの戦略はわかりませんが、今のレッズは先ずしっかり守ってからのカウンター気味な攻撃になっているので、どうしても攻撃に掛ける人数が少なくなり、そう見えてしまうのかもしれません。しかも点が取れる選手が興梠しかいないので、興梠が不発だと本当に点が取れなくなるのが悩み所ですね。
ご指摘の通り、野球で言うと、4番が1人で何とか打っている感じはありますね・・・。
うえ URL 2018/05/27(Sun)12:46:17 編集
ようこそ!!
試合終了/YBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦 浦和2―1甲府 得点/19分・興梠(浦)、24分・興梠(浦)、27分・小塚(甲) ・・・次の試合/天皇杯3回戦 浦和―松本 (松本平広域公園総合球技場アルウィン=7月11日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1
3 4 5 7 8
10 11 12 13 14 16
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/23 うえ]
[06/22 FREE TIME]
[06/22 GT]
[06/21 うえ]
[06/21 アフリカ好き]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]