忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1232]  [1231]  [1230]  [1229]  [1228]  [1227]  [1226]  [1225]  [1224]  [1223]  [1222
2018年 J1リーグ第13節
鹿島アントラーズ1-0浦和レッズ
~カシマサッカースタジアム

2018年のモツ煮 今年のモツ煮は、例年より汁がしょっぱかったのは気のせいだろうか?今回は早めに買えた割には、だいぶ汁が煮詰まっていたような。塩分好きの自分がそう感じるのだから、多分しょっぱかったのだろう。
まあ暑かったから、熱中症対策にはちょうど良かったか?




で・・・、




180505アウェー鹿島戦しょっぱいと言えばだなぁ、ったくせっかくのゴールデンウィークの人気カードを、PK1本で終えるとはどういう事か!?こういう試合で前半からPK取るかなぁ、なあ我らの天敵西村さんよー。あれ倒したというより、ちょっとダイブ臭かったようにも見えたが?ああいう微妙なのを人気カードでPKにしてしまうとさ、場合によっては塩試合になってしまうんだよ。なあ西村さんよー、他にもヘンテコジャッジするし、旧態依然、一昔前のレフェリングなんだよなぁ。

案の定、PKで先制した鹿島は早速引き籠りはじめるし、そこをレッズが一方的に攻めるだけの試合になってしまったじゃないか。

そんでもって一方的に攻めていた割にはシュートは撃たないし、いざ撃ったと思ったらサイドネットだったりヘナヘナシュートだったり。俺達の曽ヶ端も何で1対1でスーパーセーブしちゃうかなぁ。空気読めよ。いや何度かポロリはしてくれていたんだけど、詰めていた選手のポジショニングが合っていれば溢れ球をゴールってのが2度あったな。

全体的には、かなり集中していたと思うよ。鹿島のカウンターにも戻りが速くしっかり対応出来ていたし、唯一の大ピンチも西川がスーパーセーブで防いだし、中盤でもサイドでも特に長澤や橋岡が球際強く、肉弾戦によるボール奪取も見事だった。
問題はやはりラストパスが繋がらないのと、いざ抜け出しても最後のシュートが・・・だったんだがな。
余計なショートパスを省いて速いサッカーをしようとしていたのはわかったのだが、どうしてもサイドに開き過ぎるのがレッズの悪い癖で、これをやり出すとクロス精度の悪さと中央の高さと強さ不足から、鹿島のようなしっかり組織的に守る相手だと、大抵は簡単に跳ね返されてしまう。まあ今回はそれ一辺倒ではなくて、中央からも攻める事は出来ていたから、あとはやはり鹿島の組織的な守備が上手だったという事だろう。

攻撃に関しては、やはり柏木から効果的なパスが出ないのと、武藤が献身的に動き回る以上の事が出来ていないのと、宇賀神がもう少し繊細なプレーが出来ていれば・・・まあこういうのは毎回通りだし、言い出したらきりがないのではあるが、今回は相手が相手だけに興梠が徹底マークされるのは始めからわかっていた事なのだから、ある意味で興梠を囮にしてでも、それ以外の選手がもう少し頑張ってほしかったな。興梠も鹿島のプレスがキツくて、いつもは懐に収められる筈のボールもトラップが狂ったり、それでいつもならば楔になる筈が、逆に敵へのプレゼントボールになってしまった場面が何度かあった。これを見る限り、無理に興梠にボールを集めないやり方も考えてほしかったかなと。
あとはマルティノスの使い方かな。やはり彼はゴールに近い位置に置いておけばチャンスを作れる訳で、出来るだけサイドに張らせず、前が空いている内にペナルティエリアに突進させれば良いのだ。ビッグチャンスにシュート撃てば良いものを無理に切り返してシュートダフってチャンスをフイにした時はズッコケたけど。
むー、それとやはりナバウトの離脱も痛かった訳で、仮にナバウトが居たら・・・という「もしも」の話は今は無意味だからやめておくか。

レッズの指揮官として再び鹿スタに帰って来たオリヴェイラの心中もどうだったのか。プロである前に人間だから、やはり複雑なものはあったであろう。その証拠に以前オリヴェイラは鹿島の敵として鹿スタに行く事をどう思うかと問われて、「悲しい」と答えていた。この表現は個人的にはかなり聞き捨てならない言葉だったので、今回ふとオリヴェイラの心中が気になってしまった次第である。まあそれ以上は何も言う気は無いけれど。

嗚呼しかし、前節に川崎に勝った事で、鹿島にも勝って連勝でゴールデンウィークを終える予定だったのだが。そうはならず鹿狩り失敗で鹿島国から帰還するのはドッと疲れるな・・・。

とりあえず仕切り直しだ。
帰ってハム焼きでヤケ酒してふて寝しよ。そんな京成線による帰還中。

------
J1リーグ第13節 鹿島1―0浦和
得点/25分・金崎PK(鹿)
主審=西村雄一
観衆:33,647人
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
今晩は 現地サポートお疲れ様でした
訳あり帰省の為テレビ観戦でしたが、まぁ両チーム今の順位らしいという試合だったのでは。それでもそれ程内容悪いとは思えませんでしたから余計悔しいです。2日の川崎戦もボール奪ってから直ぐ前を向く攻撃意識の高さは今まであまり無かった気がしますからこうなるとナバウトの離脱はホント悔やまれますね。只でさえ相手に脅威与える選手少ないわけですから後半宇賀の代わり武藤をあのポジションで使うのはどうなのかと・・・ 連戦ももう少しです なんとしても中断後の巻き返し期待ですね!

欅通りのサポ 2018/05/05(Sat)22:54:52 編集
無題
こんばんは。

ここ数試合、武藤に怖さが無いような気がするので、興梠、李の2トップなんかをスタートから見てみたいのですが、厳しいのでしょうか。

内容は良かっただけに、勝ち点持って帰りたかったですね。
東京在住のサポ 2018/05/05(Sat)23:09:10 編集
無題
西村といい、西といいろくなもんじゃない。
与野 2018/05/05(Sat)23:29:45 編集
コメントありがとうございます
欅通りのサポさん
こんばんはです。
ゴールデンウィークの帰省お疲れ様です。レッズも鹿島も今季はお互い調子が上がらない同士なので、おっしゃる通りそれ相応な試合ではありましたが、それだけに勝ちたかった試合でしたね。
ロングボールを多用して素早く前線にボールを入れるサッカーは、これまでパスサッカーによる遅攻がメインだったレッズでは真逆のサッカーになりますが、それだけに鋭く裏へ抜けて体格でボールを運べるナバウトの離脱は痛いですね。もちろん武藤には武藤の良さもありますが、後半決まって武藤をWBに移すやり方は機能しないし自分も疑問符です。まあそれだけWBの人材不足故なんですよね。
連戦、あと一息凌いで、巻き返したいですね。

東京在住のサポさん
こんばんはです。
武藤はやはりシャドーじゃないと活きないようですね。シャドーより激しいプレスに晒されるトップだと、フィジカル的にもなかなか前を向けないですね。李がもう少しポリバレントだと良いんですけどねぇ。
まあミシャサッカー用に集めた選手は、厳しい現実に直面していると思います。

与野さん
こんばんはです。
西村氏と西は本当に天敵ですね。そこにきて今回はWでやられるとは・・・。
うえ URL 2018/05/06(Sun)00:23:39 編集
無題
こんばんは。
異国の地、鹿島国まで遠征お疲れ様でした。
こちらは、19時ちょっと前にスタを出て、22時に帰宅致しました。

せっかくの好カードなのに、しょっぱい試合になりましたね。
あれをPKとは。。。

まぁ、それを覆すくらい得点してればよかったんですけど、こちらも無得点でしたから、この結果は仕方ないですね。

私もやけ酒のんで寝ます(笑)
みんみん URL 2018/05/06(Sun)00:38:09 編集
無題
鹿島国までサポートお疲れさまでした。
アウェイ川崎で勝利して、勢いで鹿狩りできるかと思いましたが、厳しい結果になりましたね。

鹿島の組織的な守備をどう崩すかが鍵でしたが、川崎Fで怪我をしたナバウトに替わって武藤が先発になりましたがパワー不足は否めませんでしたね。
武藤は連携で生きるタイプですが、うえさんが言われるように興梠が密着マークにあう状況では武藤の良さが生きませんし、単独で突破するにはパワー不足でした。
特に前半の川崎F戦の2点目とほぼ似たような状況で武藤が飛び出しても相手DFに追いつかれてしまい得点できないシーンがありましたが、あの時は「ナバウトなら突破できたのかな」と思わず思ってしまいました。

怪我の選手を思っても仕方がないですが、川崎や鹿島といったチーム力のある相手だと、違いを生み出す選手が必要ですし、今日は浦和にそういう選手がいなかったということかと思います。

これでオリヴェイラ体制で1勝3敗となりましたが、少しづつ色が見え始めてきましたし、大槻組長が蓄えたリーグ戦勝ち点10のおかげでまだ余裕があるのが救いですし、来週のルヴァン名古屋戦は控え組の奮闘に期待し、鳥栖戦は絶対に勝利で上位グループに食らいついていってほしいです。
Mr.T URL 2018/05/06(Sun)00:46:53 編集
無題
誤字を訂正したらコメントが消えてしまったので、再投稿です。

こんばんは。
異国の地、鹿島国まで遠征お疲れ様でした。
こちらは、19時ちょっと前にスタを出て、22時に帰宅致しました。

せっかくの好カードなのに、しょっぱい試合になりましたね。
あれをPKとは。。。

まぁ、それを覆すくらい得点してればよかったんですけど、こちらも無得点でしたから、この結果は仕方ないですね。

私もやけ酒のんで寝ます(笑)
みんみん URL 2018/05/06(Sun)04:16:37 編集
無題
おはようございます。
昨日は鹿島国までお疲れ様でした。
またしても0-1で負けてしまいましたね。
しかも、あんな形で取られたPKが両チーム唯一の得点になってしまうとは。
それにしてもマルティノスはどうしたらいいのでしょうね。
あの程度のプレーしか出来ない選手に2億だか3億の移籍金を払って獲得するなんてあり得ませんよ・・・。
FREE TIME URL 2018/05/06(Sun)07:49:15 編集
コメントありがとうございます
みんみんさん
おはようございます。。
昨日は鹿島国までお疲れ様でした。自分は19時21分発の千葉直通線に乗れて22時半過ぎに地元駅に着きました。
いやはや選手が倒れたら何でもかんでも笛の序幕を告げる悪夢のPK糞判定でしたねぇ。
おっしゃる通り、逆転、まあそれは無理でも、せめて1点でも奪えていたら、また違っていたんですけどねぇ。
酒飲まなきゃやってられない試合になってしまいましたねぇ・・・。

Mr.Tさん
おはようございます。
3日前に川崎に勝った事で、再び上昇気流に乗れるかと思われたタイミングでのアウェー鹿島戦でしたが、蓋を開けてみたら微妙なPK判定1本に泣かされる結果になってしまいましたね。
最近ようやくフィットしかけていたナバウトが、川崎戦での相手キーパーの悪質なファールを喰らって残念ながら離脱する事になってしまいましたが、問題は先発復帰して2トップに入った武藤ですね。彼のスタミナを武器に豊富な運動量と攻守に於ける献身さは誰もが認めるところなのですが、如何せんナバウトのようなスピードとパワーを伴った突破力が無いので、鹿島のような組織的守備で徹底マークされると身動きがとれなくなり、これではトップに置くには厳しいですね。やはり彼はシャドー向きなのでしょう。かといってナバウトが離脱してしまった今、2トップで興梠の相棒を務められるFWが、武藤以外でこれという選手も居ないのが厳しいですね。もっと李が頑張ってくれると良いんですけどね。ズラタンも怪我みたいですし。ここは夏までの大きな課題ですね。
オリヴェイラの色は出てきましたが、それでもまたまだ時間が掛かりそうですね。かといってコンスタントに勝たないと再び危険水域なので、とにかく下位には絶対に取り零さないサッカーをしてもらいたいですね。

FREE TIMEさん
おはようございます。
昨日は鹿島国までお疲れ様でした。オリヴェイラになって期待したのですが、それでもまた鹿島に勝てませんでしたね。しかも微妙なPK判定で負けたのが余計に悔しいですね(泣)
マルティノスは本当に使い方が難しいですね。マリノスが数百万で雇った選手を、移籍金2億+年俸7千万+契約金を入れたら軽く3億は超える選手を持て余しているのですから、考えただけで気が滅入りますね。もうオリヴェイラに期待するしか・・・。
うえ URL 2018/05/06(Sun)09:01:18 編集
最後は興梠
うえさん。サポート お疲れ様です。

鹿島の昌子のコメントで
「最後は興梠さんにボールがくる。」
だからそこを頑張るか頑張れないかと言っていました。
川崎戦はナバウトがガツガツ走って 貪欲にシュートを打っていった。
その為、相手は2人をマークしないといけなかった。
だから 隙もできて2点取れた。
鹿島戦は、入団当初の貪欲さが無くなった槙野軍団の
構成員に成り下がった。
オリベも 李や武藤・柏木を使うのでなく
武富や萩原を使ってくれ
それよりも 新外国人をとってくれ
新さん 2018/05/06(Sun)14:21:10 編集
残念だ
こんにちは。

う~ん…PK1本でしたねぇ…私の後ろにいたサポが“コラァ!西村ー!”その響き、なんか久しぶりに聞いたなぁ…確かにちょっとしょっぱいPKでしたねぇ。当たる前にダイブしてましたよね。
まぁ、1失点は仕方無いと考えて、無得点を反省するべきでしょうね。興梠がマークされる事はわかっている事です。となれば多少強引でも仕掛ける事や積極的にミドルを撃つ事が大事だと思うし、そういった意味でもナバウトの離脱は大きかったと思いますね。見ていて面白い試合ではありましたが、1点は取ってもらいたかったですね。
オリヴェイラ采配は良かったと思います。ただ、ちょっと柏木は休ませた方がいいんじゃないかと…献身的に動いてはいるんですが、とにかくパスミスが多くて、司令塔としてどうなのかな…と思います。マルティノスは本当に使い方だと思います。サイドに張らせて仕掛けさせるよりも、もっと練習してコンビネーションを良くして中に入って行くような形を作らせた方が良いと思います。
見ていて内容は悪くないと感じた試合でした。出来れば最低限ドローには持ち込んでもらいたかったですね。ま、まだまだオリヴェイラが就任して日か浅いですから、これからに期待したいです。

あ、うえさんもモツ煮はしょっぱいと思いましたか!私も同意します。混む事を予想して早くから鹿島国に入国してモツ煮&ハム焼きをゲットしてゆっくりしていました。確かに昨日は暑かったので、あの塩分は熱中症対策には良かったかも。しかしモツ煮&ハム焼き、年々行列が長くなってますねぇ…

さて、ルヴァン名古屋、リーグ戦鳥栖と続きますが、暑くなってきただけにどういうメンバーになるのか注目ですね。とにかく柏木は休ませた方が良いと思います。とは言え、柏木を除くと絶対的な司令塔と言える選手がいないのも現実ですね。トップ下を置く戦術だと長澤や直輝はちょっとタイプが違うと思うし…前から思っている事なんですが、柏木を抜くとなるとオリヴェイラ流4-4-2にもハマるような気がするんですが、それをやるにも時間がありません。さてどうなるか…

水曜日はちょっと天気が心配ですねぇ…生ビール半額やらないかなぁ…ま、とにかく頑張りましょう。お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2018/05/06(Sun)16:25:47 編集
コメントありがとうございます
新さん
こんばんはです。
鹿島守備陣からしてみたら、いの一番に興梠を抑えなければいけないのは当然ですし、レッズもそれは想定内の筈だったんですが、レッズとしては興梠以外の選手が如何に頑張れるかという部分で今ひとつでしたね。柏木や武藤や李など、これまで興梠を支えていた攻撃陣のパフォーマンスが下がっている上に、マルティノスは相変わらず機能せず、更に期待のナバウトが離脱してしまった以上、新しい戦力で興梠を支える攻撃が臨まれますね。最近どうして武富がベンチ外にされる試合が増えたのかが気になります。
新外国人獲得はGMがその可能性を示唆しているので、オリヴェイラの希望路線で水面下では動いていると思いますよ。

東浦和レッズさん
こんばんはです。
昨日は鹿島国までお疲れ様でした。モツ煮込みは確か去年もしょっぱくなっていた記憶もあるのですが、今年は更にしょっぱくなっていた感がありますね。以前はもう少し薄味だったんですけどねぇ。ハム焼きは、コンコースの屋根だか壁だかが工事中の影響で、売り場面積が縮小されていた影響もあったかもしれませんね。
さて試合ですが、主審の名前を聞いた時点で嫌な予感はしましたが、ゴールデンウィークの大事なビッグマッチにしては、その「経験豊富な大ベテラン」主審のお粗末なPK判定により気分から壊され、そして数字的には完全に塩試合になってしまいましたね。
ただご指摘の通り、相手が鹿島ですから1失点は最低限で仕方ないとして、問題はレッズ自体の相変わらずの得点力不足、決定力不足ですね。それでもあと一歩のチャンスは作れているものの、それがあと一歩留まりばかりなのは、まあ鹿島の守備がしっかりしていたのを前提として、レッズ自体は、やはり途中の判断の遅さや、ラストパスの精度の悪さ、連携不足なのでしょうね。でも、せめてドローには持ち込んでほしかったですが・・・。
問題の柏木に関しては、あまりにパフォーマンスが下がり過ぎていてパスの精度もメチャクチャで、キャプテンとしてはもちろん、それ以前にゲームメーカーの体をなしていないので、自分も扱い方を考えた方が良いと思います。ただ幸いオリヴェイラもその事はわかっているようで、これまでの監督みたいに柏木を最後まで使う事なく、早めに下げる事もし出したので、そこの見極めは評価したいです。それとともにマルティノスをオリヴェイラの下でどう再生させて行けるか、ここに注目したいですね。
注目といえば次のルヴァンカップで、オリヴェイラがどの選手を使うかですね。組長の時はリーグ戦も含めて毎試合大胆なターンオーバーでかなりの選手を入れ換えていましたが、オリヴェイラになってから選手起用が固定し出したので、そこにきてルヴァンではどれくらいの選手を入れ換えるのかに注目です。直輝は柏木の位置でフルに使ってみてほしいです。呉々も湘南戦みたいな扱い方をせず、試す時は最後まで試す心も必要だと思います。稼働率が多い3バックトリオと、長澤や橋岡や柏木や興梠は休ませたいですね。キーパーは再び福島希望です。武富や荻原は使ってくるでしょう。とにかく鳥栖戦を見据えたターンオーバーで良いので、色々な選手を試して見極めてもらいたいですね。過密日程で時間が限られる中、休ませる選手はしっかり休ませ、控え組や若手を多用できるルヴァンのグループステージをしっかり有効活用して、そのチーム力を底上げしてもらいたいと思います。
うえ URL 2018/05/06(Sun)20:14:33 編集
無題
鹿島まで参戦お疲れ様でした!
テレビで見てましたけど、西村のジャッジは全然でしたね。PKもですがレッズのコーナーに曽ヶ端が自分でポストにぶつかって痛がってるのにレッズのファールを取るというのには呆れるばかりでした。
あんなジャッジしか出来ないレフェリーが日本では優秀と言われてるのがなんとも言えないです。
今日は、オナイウと坪井を見に山口対京都を見て来ましたが、オナイウめちゃくちゃ良かったですよ‼︎
献身的に走るし、元名古屋の増川相手にもポストプレーも出来るし点決めるしで今のレッズなら試合出て活躍出来そうでした‼︎
ナバウトいない今、オナイウがいればと思う出来です。
滋賀サポ 2018/05/06(Sun)21:53:38 編集
無題
こんばんは。サポートお疲れさまです。
内容は悪くなかっただけに、勝ちたかったですね。それにしてもナバウトの離脱…報道では、脱臼だけでなく、骨の欠損もあるということですが、大事に至らず回復してほしいです。せっかくフィットしかけて、これからっていう時にがっくりです。相手は故意ではないだろうし、別に義務でもないが、本来このようにケガを負わせたら、選手におわびの電話1本でも入れてくれると、気分が違うんですけどね。オーストラリア代表に悪い影響が出ないことを願ってます(嬉しいことがあると免疫力が上がるっていうから、ナバウトに応援メッセージ送るかな)。クラブスタッフには全力でナバウトのサポートをしてほしいです。
審判については諦めてます。抗議文を送ったことがありますが、レベルは向上してない。審判によって、試合が引き締まったり、台無しになったりするから、影響は大きいと思うんですが。オシムもJリーグ時代、試合を決定づけるような審判のミスはなくしてほしい、と言ってました。他チームの試合も、見てると審判の判定でゲームがこわれたりしてるので、リーグ全体の問題ですね。
オリヴェイラに関しては、以前、日本代表のオファーがなくてさびしかったとも言ってましたが、率直な人間性で、悪い印象はないですね。鹿島に何年もいたし、思うところはあるでしょうが、鹿島には鹿島の良さがあり、レッズにはレッズの良さがあると思うので、こちらに来たらこちらの印象を楽しんでもらうしかないですね。
ゲームに関しては、うえさんも言及してますが、サイドに開くのではなく、例えばエメルソンや暢久、長谷部、原口みたいに、たまには中央突破はかって、フツーに最短距離行ってシュート打てよ、と思うことがあるんですが、これって素人感覚なんでしょうか。
連戦が続きますが、できるだけ多くの勝利を期待したいですね。
涙目のサポーター 2018/05/06(Sun)22:51:01 編集
無題
うえさん、現地サポートお疲れ様でした。

天敵西村の劇場でしたね。正直今日のようなカードであのPKはとって欲しくないですよね。鹿島がうまかったのもありますが、それでもファウルの基準が曖昧だった感じがあります。レッズもチャンスは鹿よりありましたが、やはり決定力の無さが・・・。それは鹿島も同じでしたので正直勝たれてしまったという感じですね。この内容で1-0でしかもPKの得点だけですから以下に両者の調子が良くないかが分かりますね。
岩槻のサポ 2018/05/07(Mon)20:37:34 編集
もつ煮
もつ煮の件ですが、
私も、今年のは、
結構しょっぱいと感じました。
気のせいじゃなかった(^^;
名無しさん 2018/05/07(Mon)21:08:58 編集
コメントありがとうございます
滋賀サポさん
こんばんはです。
いやはやこのビッグマッチで西村ジャッジ炸裂でしたから、たまらないです。明らかに試合に付いて行けていない西村氏を今だに使っているのが疑問符ですねぇ。
そしてJ2観戦お疲れ様です。オナイウは山口で大活躍ですね。千葉時代も得点力はありましたし、身体能力は申し分ない上に献身的ですし、育て方次第でJ1どころか代表でも活躍できる逸材なんですよね。しかも埼玉出身な事もあり、自分も昔から凄く期待している選手です。来季レッズに戻って更に開花してほしいです。
あ、出身といえば、これは今年お袋が他界して親戚の話や戸籍謄本から初めて知ったのですが、母方の祖母が、何と滋賀出身という事が判明しました。つまり母に半分、自分にも何割か滋賀の血が入っているんですねぇ。自分どおりで昔から関西の文化や味が好きかわかりましたよ。滋賀にますます親近感です(笑)

涙目のサポーターさん
こんばんはです。
先ずはナバウトが残念な離脱になってしまいましたね。彼は最初は本国Aリーグではなかなか運にも恵まれず、それでもマレーシアリーグでの実績を経てようやくAリーグで活躍して認められてオージー代表にまで登り詰めた苦労人だけに、ワールドカップ出場の可能性もある時期での離脱は本当にかわいそうです。レッズ的にもようやくチームにフィットして来ていましたし、川崎戦はナバウトの存在無しには語れない勝利であっただけに、本当に痛い離脱になってしまいました。今はナバウトの怪我が脱臼だけに留まっていてくれるとともに、1日でも早く復帰してくれる事を祈るばかりです。
さて審判に関してですが、まあこれはミスや勘違いも当然の人間が裁く事なので、もはや人間だけでは永遠に誤審は無くならないのは当たり前だと思います。つまり人間だけでは審判の能力向上にも限界があります。人間に絶対は無いですから。問題なのは協会側が目に見えた自浄をせず、未だに旧態依然とした運営を続けているところですね。主審が絶対なルールはもう限界であり、費用を掛けてでもたまにやるペナルティエリア監視のレフェリーを常設したり、この際ビデオ判定を導入しても良いと思うんですよね。何れにしても審判問題は思いきった大改革をしない限り、解決には近付かないと思います。
オリヴェイラに関しては、まだレッズに来て日が浅いので深くはわかりませんが、見た限りと鹿島時代の評価からして、かなり選手に気を使って冷静に説き伏せるタイプのようですね。あまり感情を表に出さず、かといってこの前のナバウトを怪我させたキーパーの出場停止問題でもあったように、言うべき部分はハッキリ言うメリハリがありますね。基本的には冷静に物事を判断する人のようです。この監督が如何にレッズを良い方向に導いてくれるか、注目したいです。
うえ URL 2018/05/07(Mon)21:24:09 編集
コメントありがとうございます
岩槻のサポさん
こんばんはです。
PK判定は、鹿島の得意なマリーシア的な部分にやられてしまった感がありましたが、PK判定以外にも、おっしゃる通り、ファールの基準にバラつきがありましたね。加えて明らかなマイボールを相手ボール判定とか、悪質なファールにカードを出さないとか、かなりメチャクチャでしたよね。
レッズとしては、決して少なくないチャンスをモノに出来なかった、得点力と決定力の無さですね。
ビッグマッチなれど、ご指摘の通り、両者とも調子が良くないチーム状態故の数字に表れた部分はあったと思います。しかしこの借りは後半戦のホームで必ずや返したいですね。

名無しさん
初めまして。
やはりしょっぱかったですか。何か年々しょっぱくなる気がしますね。
うえ URL 2018/05/07(Mon)21:24:55 編集
無題
こんばんは。

試合はハイライトで見ました。
興梠選手がマークされているとわかっていてもボールを興梠選手に集めるしかない。
ペナルティーエリア内で雑なプレー。
せめてスコアレスで勝ち点1にしたかった試合だった。
そんな感じします。
この試合でハッキリしたことがあります。
それはレッズのフロント陣が堀さんにペトロヴィッチ監督のサッカーの継承を押し付けてしまった。
補強も堀さんが獲得を要望した選手ではなかった。
ペトロヴィッチさん解任した時点でフロント陣を変えておくべきだった。
サッカー素人 2018/05/07(Mon)23:35:24 編集
コメントありがとうございます
サッカー素人さん
こんばんはです。
現状では興梠しかゴールが計算できないという事実はありますが、とはいっても敵が興梠を徹底マークして来る事は毎試合わかっている事なので、その裏をかくなり、常に工夫した戦略は必要だと思います。
ちなみに堀はミシャサッカーを継承しようとは思っておらず、交代から僅か数試合で自分の思考するサッカーに切り替えてしまいました。これによりACLは良い方向に進みましたが、リーグ戦は勝てないままでしたね。マルティノスなどは明らかに堀の4141システム用に獲得した選手でしたが、残念ながらフィットしませんでした。オリヴェイラの下でどうなるかです。
うえ URL 2018/05/08(Tue)18:48:32 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第17節 セ大阪1―1浦和 得点/8分・(セ大)、78分・興梠(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第18節 広島―浦和 (エディオンスタジアム広島=7月28日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5 6
9 10 13 14
17 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/23 うえ]
[07/23 うえ]
[07/23 うえ]
[07/23 名無しさん]
[07/23 東浦和レッズ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]