忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1227]  [1226]  [1225]  [1224]  [1223]  [1222]  [1221]  [1220]  [1219]  [1218]  [1217
2018年 YBCルヴァンカップ・グループステージ第4節
ガンバ大阪0-1浦和レッズ
~パナソニックスタジアム吹田

わー、また勝っちまったい。どうなってんだ組長?

メンバーを変えないで自爆していた頑固なクルピが、初めてメンバーを大幅に入れ換えたガンバ相手に、こちらは何時も通りのメンバー大幅入れ換えであった訳だが、選手層が厚いのがレッズであるから、ガンバとレッズとの選手の質には大きな開きがあったと思う。
とはいえスタメンで言えば柴戸と荻原はルーキーだし、福島とてトップリーグでの出場はこれが2試合目だ。経験値を考えたらレッズだって大幅に戦力ダウンしている。ただまあ、そこにマルティノスやらナバウトやら本来ならば助っ人の2人をこういう使い方をしているチーム事情が悲しいところではあるが・・・。
ちなみにガンバの事だけど、この状況でもベンチにすら入れない矢島は、一体全体何をやっているんだ?んー・・・まあ、自ら出て行った選手の事は今更どうでも良いか。

それよりレッズであるが、内容が良かったとは言えないまでも、これだけメンバーを入れ換えた中でのアウェーに於けるウノゼロ勝利は、普通に合格点だろうね。PKだろうが何だろうが、勝ちは勝ちだ。武富は良くやった。

ただ全体的には前半からかなりチグハグで、連携のれの字も無いようなサッカーで、ナバウトや荻原やマルティノスが個人技でガチャガチャやっている場面が目立ったけれど、そもそもこれだけメンバーを入れ換えては、ルーキーが2人居るわ、まだまだ周囲との息がイマイチのナバウトが居るわ、相変わらず暴走プレーが減らないマルティノスが居るわ、この条件でも散発的ながらチャンスも作っていたし、前半終了間際の荻原の枠内ロングミドルとか、見せ場もしっかり作れていたのは、なかなか良かったのではないかい?

ただ今回は特筆すべきは守備面だろう。ガンバの攻撃力にパワーが無かったとはいえ、ガンバの選手がボールを持つと、常に1人、2人が間髪入れずプレスとチェックを仕掛けてのボール奪取。そこからショートカウンターで素早くボールを前線へ動かす。
ゴール前では相手のシュートに対して、完璧なまでにシュートコースを消してブロックに成功。破綻する場面が全く無かったというか、そもそも大きなピンチが数える位にしか無かったのである。ピンチに陥る前にガンバの攻撃の芽を摘んでしまっていたのだから当然である。
この守備意識の高さは、果たして組長効果の表れなのだろうか?少し前の悲しくなる位に不安定だった守備を考えると、とても信じられない状態である。

その上で攻撃となる訳だが、繰り返すけど今回のメンバーでは基本的に連携が大幅に欠ける訳だし、ルーキーも含まれるから、そこは芽を瞑るしかない。
ただマルティノスの扱いが引き続きの課題は課題なんだな。やはりゴールから遠い位置に配置していると、全くもって使い物にならないんだよ。相変わらず独りだけ悪い意味で別次元のサッカーをしているのだから。この選手に3億円近い大金をぶっこんだ山道元強化総責任者に損害賠償を請求したい位だ。
でもね、後半途中からナバウトとマルティノスのポジションを入れ換えたら、マルティノス自体は結構可能性を感じさせてくれるようになったのは光明かも。前にスペースがあれば縦に走れる選手だし、そこから相手のファールを誘発する「武器」を彼は持っているのだから。米倉を短時間の内にイエロー2枚で退場に追い込んだのはえげつなかった。
まあ皆、マルティノスはすぐコロコロ転ぶって批難してるけど、マリーシア的に考えれば、それも決して悪い事ではないのだと思うよ。それに普段のマルティノスって、ベンチを暖めるだけの試合が続いても、決して不貞腐れたり腐った素振りを見せず、逆に味方のゴールが生まれると、自分の事のように大喜びして選手を祝福するし、本当に人懐っこくいつも白い歯を見せてニコニコしているカワイイ奴なのだ。これがあるからプレー内容が悪くても憎めないんだよ。だから組長、今回の光明をヒントに、必ずやマルティノスをレッズでも使える選手にしてあげてほしいよ。

ナバウトは相変わらず初ゴールまであと一歩。そんな中で、直輝にはもう少し頑張って目立って欲しかったが、それでも中盤の底では地味に効いていたな。福島がキーパーの公式戦は2試合とも完封というのは本人にとって大きな自信になる。柴戸も試合を増す毎に落ち着きが出てきた。今回は休ませたかったが結局使われた橋岡は、疲れを感じさせない上に早くも貫禄が出てきた。
とにかく組長、選手の使い方が上手いよ。

さあルヴァンも勝利で凌いだぞ。
次はホームでミシャを返り討ちだな。
8●3対狸オヤジの仁義なき戦いだ。
引き続き頼りにしてますぜ組長。


追記
19日付けでレッズオフィシャルより、本監督にオリヴェイラ氏の就任が発表されました。
・・・しっかし、監督経歴が鹿島以外は1年毎にコロコロと変わっとるのが、やはり心配なんだよな。
というか、これで組長は今度の札幌戦がラストマッチになる訳か。うーん、勿体ないというか、せめてワールドカップ中断期間まで組長の指揮を見たかったが、こればかりは仕方がないか。
ミシャを迎える試合で組長がラストマッチになるのは何とも妙な巡り合わせになったが、その札幌戦に必ず勝って、組長に最高の形で有終の美を飾らせようじゃないか!

------
YBCルヴァンカップ・グループステージ第4節 ガ大阪0―1浦和
得点/71分・武富PK(浦)
主審=家本政明
観衆:9,516人
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
次も勝って5連勝しましょう。
与野 2018/04/18(Wed)22:59:36 編集
コメントありがとうございます
与野さん
こんばんはです。
次はミシャ札幌と決戦ですね。ホームで返り討ちにしてやりましょう!
うえ URL 2018/04/18(Wed)23:03:10 編集
無題
リーグ戦も3連勝、そしてルヴァンも勝利と良い流れになってきましたねうえさん。

組長の勝利へのこだわりがチーム全体に浸透して、どの選手が試合に出ても戦っているのが良くわかりますし、特に今日のガンバ戦は控え組の意地が見れました。

連携等はこのメンバーで長くやっていないので不十分なのは仕方がないかと思いますが、ナバウトとマルティノスを自由に攻撃させるために、3バックではなく4バックにして2人の守備の負担を減らしていたのは、組長の柔軟な対応でしたし、個の能力は今日の試合では浦和が上回っていましたので、久々に個を前面に押し出したゴリ押しサッカーでしたが、武富が得たPKをきっちり守り切って勝つのも素晴らしいと思います。

しかも柴戸・荻原・橋岡と新人が活躍することでチーム全体に活気が出てきていますし、勝つことで自信も生まれるという好循環になっています。

さて次節21日はミシャ札幌との試合ですが、ミシャには是非とも浦和のホームの強さを見せつけたいですし、札幌に勝ってさらに上を目指しましょう
Mr.T URL 2018/04/18(Wed)23:15:36 編集
無題
だんだんこの面構えに選手達が慣れなきゃいいなと思い始めてきました…(笑)
次は好調同士の一戦ですね。まさか札幌と決戦という事になるとは、ミシャも流石になかなかいいチーム作ってきますね~。考えればレッズが前監督と対戦ってありましたっけ?何れにせよ盛り上がる事は必須の好カードですよ~。
ひろまろ 2018/04/18(Wed)23:34:37 編集
無題
お疲れ様でしたー
組長の采配が素晴らしかったんですかね。清水戦のMDPの組長挨拶の最後の部分を若い衆が真剣に受け止め組のために戦えば自ずと結果は出るとはおもうんですが、相手もプロてすから簡単ではないとおもうんですよ。
そろそろグッズで『おしぼりの定期購入で暴力団お断りステッカーをプレゼント』とか洒落のキツい企画をやってほしいですね。
次戦とうとうタヌキ親父との対戦ですね。『WE ARE REDS!the Vシネマ』では生きていればタヌキ親父は金子信雄さんに演じてほしいですけど、どなたか適役はいませんかね?わが伊奈学園7期生代表の杉浦コーチ役はディーンフジオカにやってもれいましょう。
カミカゼレッズ 2018/04/19(Thu)06:48:55 編集
無題
いつもブログ楽しく拝見させて頂いてます。

選手コメント読むと
宇賀神選手が、
マルティノスに
むちゃくちゃコーチングしてたこともあって、
マルティノスが終盤、
良くなったみたいですね。
名無しさん 2018/04/19(Thu)14:11:39 編集
また勝った!
こんにちは。

また勝ちましたね!しかも無失点。確かに攻撃面では個人技頼りになってる面がありましたが、武富が得たPKも決定的だったし、エリア外から狙うミドルも見られました。そして、ようやくマルティノスも効き始めましたね。確かに中盤まで下がってしまうとすぐに囲まれてしまいますが、終盤に見せたカウンターで抜け出した場面、これからもっと見たいですね。
しかし、本当に若手が頑張ってますね。ようやく宇賀神も復帰しましたが、良い刺激になっていると思います。ターンオーバーしたガンバでしたが、このメンバーで無失点で勝った事は大きいですね。土曜日が楽しみになりました。

さて次はいよいよ好調・ミシャ札幌と対戦ですね。
う~ん…レッズもミシャ時代、今頃の季節はめっぽう強かったような…叩き甲斐がある相手ですね。とにかくやる事は、しっかり守って相手の高いDFラインの裏を取る事、サイドのマッチアップで負けない事だと思います。組長!頼みますよ!

週末は暑くなるみたいです。ミシャサッカーを知り尽くしているレッズの選手、あの一本調子のミシャがひねりを加えて来るとは思えません。盛大なブーイングで真っ正面からぶつかってやりましょう!
東浦和レッズ 2018/04/19(Thu)15:10:37 編集
無題
お疲れ様でした。またまた勝利ですね。

昨日の試合でレッズは「ガンバの選手にハイプレスとチェックで仕掛けてボール奪取して速攻していた。」とうえさんのおっしゃるように、加えて今回の4バックでのこの布陣は、上手く行ったか行かないかは抜きにして、次に来たるオ〇べ〇ラ監督への引き継ぎとしての布石であったのでしょうか?

マル・ナバのゴリゴリの両サイド外人からの早い攻撃からして、切替でピンチを喰らうことは目に見えていますが、その穴を4バックとした大槻監督の采配により守備面でしっかりと対応できたことは収穫ですね。ただし、決定力不足は否めませんね。

やはり、今後監督が変わったとしてリクエストされるのは2トップで興梠と組む決定力のある新ブラジル人の補強でしょうね?フロントよ出遅れるな!

次節も頑張りましょう!
りょりょ 2018/04/19(Thu)17:21:19 編集
コメントありがとうございます
Mr.Tさん
こんばんはです。
組長、ルヴァンカップでも初勝利を飾りましたね。これで暫定とはいえ監督就任以来初陣となったルヴァン広島戦のドローを皮切りに、そこから4勝+今だ無敗と、ストレートに見事ですね。
その組長采配ですが、今回も大胆に選手を入れ換えて臨んだガンバ戦でしたが、フォーメーションも守備ラインは、これまでの3バックから一転4バックにして、これにより今回使う選手の特性を生かしましたね。使う選手により柔軟にシステムを変え、それを勝利に持って行った采配は見事でした。
そこに荻原や柴戸、そしてまた橋岡と、ルーキー3人もしっかり絡ませられたのは、育成面を考えても大きいですね。
ゴールこそ武富のPK一本のみでしたが、メンバーを落とした中のアウェーゲームで、失点をしなかった事を考えても、この勝利は有意義なものになったと思います。
さて次はホームでミシャと対決になりますが、これこそ負ける訳には行きませんから、生まれ変わったレッズをしっかり見せ付けて勝ってほしいですね。

ひろまろさん
こんばんはです。
おっしゃる通り選手が組長に慣れてしまわないよう、組長にはますます選手に厳しくやってもらいましょう。
しかしミシャが率いる札幌が絶好調ですね。まさかこんな形でミシャ札幌と対戦する事になろうとは。しかしミシャはもう札幌の人間。遠慮なくホームで返り討ちにしてやりましょう!
ちなみにレッズ前監督との対戦例は、FC東京時の原博実氏がありますね。
うえ URL 2018/04/19(Thu)18:45:26 編集
コメントありがとうございます
カミカゼレッズさん
こんばんはです。
試合も相手のある事ですから、こちらが良いとしても、必ずしも勝てるとは限らない世界ではあるのも確かだと思います。ただそのマッチデーの歯切れの良い巻頭インタビューも含めて組長の言動を見ていると、的確でハッキリと物事を語れる人みたいなので、そこは選手も受け止めやすいんじゃないですかね。まあ何にしても最終的には結果が全ての世界ですから、その結果を短期間で出し続けている組長は、指導者として非凡なものは持っていると思います。
ちなみに組長グッズを出したら、恐らくはバカ売れしますね。それこそ川崎だったら確実にやっている筈です(笑)
さて狸オヤジ役ですが、金子信雄というと「金子信雄の楽しい夕食」を思い出しますね(笑)。長門裕之も鬼籍に入っていますし、なかなか難しいところですね。弟の津川雅彦にやっでもらいますか(笑)

名無しさん
初めまして。
いつもありがとうございます。宇賀神も影響していましたか。宇賀神って元々外国人選手と気が合う性質を持っているみたいなので、それを考えるとマルティノスにも好影響な存在なのかもしれませんね。宇賀神復帰でマルティノスが更に良くなれば最高です。
うえ URL 2018/04/19(Thu)18:45:54 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
組長、ルヴァンカップでも初勝利で、これで組長が指揮をとり始めてから5試合無敗ですね。
あれだけメンバーを大胆に入れ換えた上でルーキーも積極的に起用しているので、連携が薄いのは仕方ないと思いますが、代わりに個人技を多用する事で選手自身の能力は磨く事が出来るので、なのでたまにはこういう試合も良いかなと思える内容でした。それに何といっても若手が本当に頑張って好アピールを続けてくれているのが大きいですね。そこに経験豊富な宇賀神がいよいよ復帰した事も頼もしいですね。
課題のマルティノスは、とにかく出来るだけゴールに直結するポジションで使いたいですね。相手の守備が整っている状況でサイドに張り過ぎたり下がり過ぎると、おっしゃる通りすぐ囲まれてしまい、そこを無理にキープしたりドリブルで突破しようとするので、簡単にボールを失ってしまいます。マルティノスにはもっともっと球離れを良くしても、い、かつスペースを与えて活かしたいですね。
さていよいよミシャ札幌との対決が迫って来ました。そうなんです、ご指摘の通り、ミシャはいつも最初は好調なんですよね。そこで研究され始めると、コロッと勝てなくなるのがミシャです。まあミシャも馬鹿じゃないので、まさか広島とレッズ時代と全く同じ欠陥サッカーをやるとは思えませんが、加えて札幌は選手自体の質が上がっているのは脅威なんですよね。
この辺は組長がしっかりマネジメントして臨んでくれると思いますが、しかしホームですし意地でもミシャに負ける訳には行きませんから、ここから札幌版ミシャサッカーを奈落に落とす気概で返り討ちにしてやりたいですね。

りょりょさん
こんばんはです。
てっきり3バックは固定かと思いきや、今度は4バックにしたのは驚きました。確かにスタメンを見た限りだと、何時もの352では不適正な選手が何人か居たので、ここは間違いなく選手の特性を見てのフォーメーション変更だったのでしょうね。これでオリヴェイラへの布石を考えていたとしたら、組長かなりの世話焼きです(笑)。ちなみにオリヴェイラも本国では4バック一辺倒ではなく、3バックをやる時もあるみたいですね。
何れにしても、おっしゃる通り、マルティノスとナバウトの後ろをピンチを見据えて4バックにした判断は見事でしたね。ある意味で今回は戦略からして守備の勝利であったと思います。
ちなみにフロントは新外国人は獲るのでしょうかねぇ。まあオリヴェイラが要求していたら獲りますかね。この辺は注目ですね。
うえ URL 2018/04/19(Thu)18:46:28 編集
無題
組長止まりませんね。

今日はやはり守備が良かったですね。ガンバもメンバーを大幅に落としてきましたが、こちらとすれば福島、荻原、柴戸、途中から橋岡を起用しての無失点ですから大きな自信になると思います。これを見てレギュラー組も無失点に向けて気合が入るでしょう。攻撃では良くも悪くもマルティノスが目立っていましたね。序盤はオジェソクとやり合っていましたが、後半サイドを変えてからスピードを活かしたシーンが多かったと思います。特に終盤に彼のような選手は相手からすればファールをとられるので間違いなく嫌な存在になりそうです。ナバウトはホントにあとちょっとですね、縦への推進力ではマルティノスに引けを取らないくらいのものがあると思います、逆に彼は先発向きな感じがします。
兎にも角にも結果が出ているのはいいことなので、この調子でミシャを叩きたいですね。
岩槻のサポ 2018/04/19(Thu)22:08:31 編集
無題
チームの雰囲気を変えてくれた大槻組長とも明後日の札幌戦で見納めになりますね。
今は連戦真っ只中なので監督交代はW杯明けでも良かったと思いますが、レッズの監督を引き受けてくれたオリヴェイラ監督をサポートしましょう。
来月の鹿島戦の楽しみが1つ増えましたね。
FREE TIME URL 2018/04/19(Thu)23:04:51 編集
コメントありがとうございます
岩槻のサポさん
こんにちはです。
レッズもガンバも大幅なメンバーを入れ換えを行った上での試合になりましたが、先ず選手の質はレッズが大きく上回ったと思います。しかもその中には荻原と柴戸、更に途中から橋岡も投入と、ルーキーを多用してこの内容でしたから、この3人も如何にポテンシャルが高い選手かが再認識された試合でした。そして守備はかなり組織的に、尚かつ身体を張って球際強く行っていましたね。
守備は組織的に、代わりに攻撃はマルティノスとナバウトの個人能力を全面に押し出すやり方でしたが、李や武富も含めてチャンスはそれなりに作っていたと思います。その上でのPK獲得でしたね。
後一歩のナバウトは1点取れれば波に乗れると思うので、移籍後初ゴールが待ち望まれますね。
次はいよいよミシャと対決になりますが、組長の監督としてのラストマッチになるので、必ず勝って組長を送り出してあげたいですね。

FREE TIMEさん
こんにちはです。
オリヴェイラが決まったので、これで札幌戦が組長の暫定監督としてのラストマッチになってしまいましたね。今の状態だと、自分も、もう少し組長でも良かったかとも思いますが、しかしこればかりは仕方がないので、先ずは組長最後の試合に勝てるよう集中したいと思います。
しかしこれで鹿島戦は何時にも増して盛り上がりますね。それでレッズが勝ったら最高ですね。
うえ URL 2018/04/20(Fri)11:51:29 編集
無題
こんばんは。

監督にオリヴェイラ氏が就任したことに関しては私もブログで記事を書かせていただきました。

私もアウェーで無失点勝利は大きいと思います。試合内容はハイライト映像でチェックさせていただきました。前半にものすごく惜しいシーンが2つハイライトには映し出されていました。2つ目は柴戸を褒めてやるところですが、1つ目は松岡修造が見ていたら・・・って感じです。

得点シーンでは武富が大仕事をしてくれましたね。
アニメ統計学者 URL 2018/04/20(Fri)18:09:19 編集
コメントありがとうございます
アニメ統計学者さん
こんばんはです。
あの状況で完封勝利は大きいものになりましたね。特に守備面で出ていた選手の自信に繋がる場面が多かったですし、攻撃面でも惜しいシーンは何度か作れていたと思います。それとルーキー柴戸は使えば必ず魅せる場面を作ってくれますね。大学ナンバーワンの鳴り物入り通り、これから主力になれる期待を抱かせてくれる選手ですね。
PKを獲得するにしても、そこに至る流れでチャンスを作ったからこそなので、その上でPKを獲得した武富の動きが良かったですね。
うえ URL 2018/04/20(Fri)20:23:15 編集
一応
レッズにとっての吹田スタジアム初勝利、なのです。
ルヴァン杯とはいえ、これも何かの吉兆と信じましょう。

それにしてもオリヴェイラの監督就任とは思ってもみませんでした。2007、09年に雪いでも雪ぎきれない屈辱を味遭わされた敵将だけに複雑なものがありますが、
レッズにとって良い方向に向かうのであれば過去のそう言ったしがらみはあえて抜きにしたいと思います。
あきら 2018/04/21(Sat)00:44:11 編集
コメントありがとうございます
あきらさん
おはようございます。
オリヴェイラに関しては実際のところ鹿島時代しか知らない上に、それも約10年前なので、あれから年月が経過した今、果たしてどのような指導をするのか、よく見えない部分がありますね。それだけに期待半分不安半分なのが本音です。あの時代も鹿島が優勝を果たしたというよりは、半分はレッズが自爆して優勝を逃した面が強いので、実際のオリヴェイラの力量が何処までだったのか、という疑問はあります。
とはいえ決まった以上は、強いチームを作ってもらうしかありませんから、注目して行きたいですね。
うえ URL 2018/04/21(Sat)08:07:38 編集
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第15節 ガ大阪0―0浦和 ・・・次の試合/YBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第1戦 甲府―浦和 (山梨中銀スタジアム=6月2日15:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 3 4
6 7 8 10 11 12
14 15 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[05/24 Broaxilia]
[05/21 うえ]
[05/20 東浦和レッズ]
[05/20 りょりょ]
[05/20 うえ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]