忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1186]  [1185]  [1184]  [1183]  [1182]  [1181]  [1180]  [1179]  [1178]  [1177]  [1176
2017年 AFCチャンピオンズリーグ 準々決勝・第1戦
川崎フロンターレ3-1浦和レッズ
~等々力陸上競技場

17.8.23 ACLアウェー川崎戦

結局、来てしまった・・・こんな時に仕事なんかやってられっか!おかげで明日の仕事量が恐ろしいけど・・・。
しかし、等々力でこのアングルは初めてだな。なので、凄い違和感。おまけに密集してるわ湿度が凄いわで試合前から既に汗ダラダラだし。ゴール裏が使用禁止だから仕方がないんだけど。まあ俗に言うクルヴァってやつなんだな。

さて、このタイミングで絶好調川崎と当たる訳だが、その試合前のウォーミングアップ時に柏木が負傷して、先発は青木に変更された。それと矢島が2列目で先発。代わりに武藤がベンチ。
で、今のレッズの戦略としては、先ずは引いて守ってカウンター狙いだから、それに関しては別に悪くなかった。寧ろ当然の戦略。
ただ狙い目として、本来ならば前半は何とか無失点で凌ぎたかった。しかも先制点を奪えれば、それこそ狙い通りだった。しかし、それが叶わず、柏木を欠いた事で効果的なパスが全く出ず、攻撃が手詰まりになり、そして前半から川崎に先制点を献上してしまった事で、狙い目の第1段階が崩れてしまった。

それでも我慢すればと思ったが、後半やや焦りが出たのか、レッズも点を取りに行ってしまった。ラインがいつもより高くなる。不味いと思った。それに気付いたマウリシオが必死に抑制しようとしていたが、チーム全体の態勢がそれを許してくれなかった。そして必然的に川崎のカウンターを喰らう場面が増えて、そして新たに失点。でもこれ、3人目の選手を組織的にマークしていれば防げた。槙野がマークを外した。この辺、やはりミシャサッカー時代のザル守備が抜けていない。

但し攻勢に出た事で、上手く抜け出した武藤がパスをフリーで受けて1点返す。この1点、つまりアウェーゴールを得た訳だ。単なる1試合ならば最終的には単なる1点なのだが、ホーム&アウェーの第1戦で1点でもアウェーゴールを奪えた事は、次の第2戦に向けて大きな希望に繋がるのではないか?
3失点目は余計だったかもしれないが、完封負けしてホームに帰るのと、1点でもアウェーゴールを持ち帰るのとでは、精神的に全然違うものになる。

また川崎の堂々のエリア内ハンドが見逃された不運があった。あの主審、ポジショニングが悪いのか、前半から2度もボールに当たっていた。ホント邪魔。ポジショニング悪いんだかボケッとしてるからハンドも見逃すんだよ。悔やまれるなぁ。

で、2点差だろ?
大丈夫、済州戦を思い出せ。あの時なんてアウェーで2失点した挙げ句にアウェーゴールも奪えず、それなのにホームで開始からガンガン攻めて、ドン引きチーム相手に最終的には試合を引っくり返したじゃないか。
相手が済州だろうが川崎だろうが、その例がある以上は、次もやろうと思えば可能なのだ。寧ろ川崎だってドン引きには慣れていない筈だから、中途半端に前に出てくれば、そこを突いてゴールは狙える筈。今回得たアウェーゴールも有効活用できる。大丈夫。全然可能。奇跡?いや違う、気持ちの問題だ。
そう、ここでチームには、今一度アウェー済州戦敗戦後にここで書き殴った一文を、最初に新たな一文を加えて再度送ろう。
2点差なんか糞喰らえだ!もう失点なんか気にせず、ガンガン攻めてガンガン仕掛けてガンガンシュート撃ちまくれ!やっちまえ!!

17.8.23 ACLアウェー川崎戦2 しかし、ゴール裏1Fが使えないこの光景は、異様そのものだな。
どうして椅子が無いと使っちゃいけないの?どうして手摺は駄目なの?で変な規定だよ。寧ろアジアにはこういうスタジアムは多い筈なのに。毎試合満席だから厳しい席割り管理が必要なワールドカップならわかるが、ACLなんて全体からしたらガラガラな試合ばかりなのに。変なの。

あ、花咲徳栄優勝おめでとう←突如として現実逃避に走る

------ 
AFCチャンピオンズリーグ準々決勝・第1戦 川崎3-1浦和
得点/32分・小林(川)、50分・エウシーニョ(川)、50分・武藤(浦)、85分・小林(川)
主審= モハンメド・A・ モハメド
観衆:18,080人
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
サポートお疲れさまでしたうえさん。

堀監督になり守備意識が浸透した中での川崎Fとの戦いとなりましたが、結果は3失点なものの、前回1-4で負けた時とは守備意識が全く違いましたし、うえさんが言われるように武藤のアウェイゴールで第2戦に期待を持てる展開になりました。

なにより浦和はACLラウンド16済州相手に第1戦0-2から第2戦でひっくり返して勝ち上がった実績がありますし、ホームさいたまスタジアムで済州戦の再来といきましょう。

そしてこの試合では堀監督が矢島が先発しましたが、ミシャ時代に使ってくれなった選手を起用してくれて嬉しかったですし、菊池・駒井・マウリシオ・矢島・オナイウといった新戦力を積極的に起用してほしいですし、使われた選手には全力をもって堀監督の期待に応えてほしいです。
Mr.T URL 2017/08/23(Wed)23:01:50 編集
無題
済州戦を思い出せ。前半が終わっただけ。まだ90分ある。次はホームでレッズサポが本気の大声援で勝たせる。やることは1つ。相手を完封し、2点とって引き分ければいいだけ。いこうぜ、浦和。
与野 2017/08/23(Wed)23:37:57 編集
無題
お疲れ様でした。
試合を観れなかったので、状況はよくわかりませんが、仰る通り、2点差なんて糞くらえ!ですね。
みんみん URL 2017/08/23(Wed)23:42:59 編集
カウンター
うえさん観戦お疲れ様です。
正直、今日は榎本が出て欲しかった。
西川じゃぁ 相手が舐めてくるからどんどんシュート打ってくる。
あと ボールとってからすぐに蹴らないから 
カウンターにならない。
あと 両サイドの駒井と菊池は
ミシャの弊害なのか クロスを上げるのが
遅いように思える。
早めにクロス上げたり 上げるフリして相手を引き付けるなり メリハリを付けて欲しい。
とにかく ミドルでもシュートが少ない。
形にこだわらず 打て
新さん 2017/08/24(Thu)05:43:06 編集
コメントありがとうございます
Mr.Tさん
こんばんはです。
まさに4失点した前回の対戦と今回の3失点は全く別物で、チームの歯車が完全に狂っている中で必然的に大量失点したのが前回で、守備を立て直し中の初期段階で力で押しきられたのが今回ですね。意識が全く違いますから、悲観的にはならなくて良いと思います。
サッカーで2点差は45分でも射程圏内ですから、90分残っている以上は、それだけ可能性があるという事ですね。しかも完封すれば3点ではなく2点で良い訳ですし。
それと矢島が先発で起用されましたが、この試合に限ってはイマイチでした。でもミシャならば恐らくハーフタイムで下げたところ、堀は後半もしばらく使いました。それまで出場機会が限られていた選手を一転して主力組に組み込むに当たり、この違いが重要だと思います。菊池を使い続けているのがまさにそれで、菊池は目に見えて湘南時代に得た自信を取り戻しつつあります。矢島も成長に繋がってほしいです。

与野さん
こんばんはです。
その通り、まだ前半が終わっただけです。しかも点差は全然絶望的な数字ではないですし、それこそ失うものは無い気概で、ここは強気で2点を取りに行くだけですね。もちろん川崎は強いですが、こちらもホームの意地を見せたいです。
うえ URL 2017/08/24(Thu)20:09:33 編集
コメントありがとうございます
みんみんさん
こんばんはです。
川崎は強いですが、2点差ならば現実的に全然追い付ける数字ですね。しかもアウェーゴールも1点ありますし。強気で行きましょう!

新さん
こんばんはです。
昨日はキーパーはどうするのかなと注目していましたが、結局西川でしたね。東京戦は悪くなかっただけに今回も防いでほしかったです。
今回は川崎の守備も良く、レッズとしてはカウンターをなかなか狙えませんでしたね。東京戦ではカウンターが効いていただけに、残念でした。
駒井と菊池は基本的に自分でボールを持ちたがるので、なかなかクロスを上げないんですよね。というかクロスはあまり上手くないってのもあると思います。ただ速い攻撃には素早いクロスを入れるというのが常套なので、その辺のメリハリは必要だと思います。
うえ URL 2017/08/24(Thu)20:10:13 編集
完敗ですね
こんばんは。

いや~、まずは完敗ですね。柏木のアクシデントがあって、矢島をボランチに下げるのではなく、青木を入れたあたりはカウンター狙いなのかなと思いましたが、川崎の攻撃の勢いが凄くて駒井は終始サイドバックのようなポジョニングだし、槙野・菊池のサイドもやられまくってました。両サイドが守備に追われると、当然の如く速いカウンターも打てず、押される一方でしたね。とにかく、マウリシオを警戒していたのか、サイドが尽く狙われましたね。どうしても槙野はボールウオッチャーになってマークを外してしまいますねぇ… 遠藤・駒井のサイドは遠藤が引き付けられてしまうと駒井がカバーリング出来ずに深く入り込まれてしまい、簡単にクロスを上げさせてしまう…もっと1対1で厳しく寄せればと思うんですが、なかなか上手く守れませんね。何となくですが、選手の動きも重く感じました。サイドを破られるのは瓦斯戦でもありましたから、しっかり修正してもらいたいですね。

私個人的な感じですが、今のシステムは基本的にはミシャサッカーのままです。元々速いカウンターが無いのに守備ばかりを意識してしまうと、攻撃がチグハグになるのは当然の事なのではないかと思います。まだまだ堀体制になってから日も浅いです。大きく戦術を変えるのは難しいですが、カウンター狙いならカウンター狙いで良いと思います。ドン引きしようが何をしようが今のレッズは変わらなければいけない時だと思います。うえさんおっしゃるように2点差なんか糞食らえですよ!ホームでは玉砕覚悟で意地を見せてもらいたいと思っています。ガンガン攻めて負けたなら拍手しますよ。これから強くなる為には変わらなくてはいけないと思います!

さて次は久々の日本平ですね。日本平、暑いのは嫌ですね。行くまでに疲れてしまいますね…坂道…

昨夜は私もキックオフ寸前に到着し、あれ?何だ?入れない…みたいな感じで迷ってしまいましたよ。事前調査は必要ですねぇ(汗)。

次の日本平、久しぶりに楽しみたいですね。
お疲れ様でした。
東浦和レッズ 2017/08/24(Thu)21:32:23 編集
無題
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
花咲徳栄に続けとばかりレッズにも期待をしていたのですが、そんなに甘くなかったですね。
いずれにしても、次の試合は2-0の勝利が最低条件となりました。
厳しい事には変わりありませんが、済州戦の事もあるので、再びホームで歓喜を味わいたいです。(試合後の揉め事はゴメンですが)
FREE TIME URL 2017/08/24(Thu)22:40:50 編集
無題
こんばんわ お疲れ様でした

ポンテが言うと売りマウリシオ力量&統率力は凄いものがありますね。マウリシオがいなかったらと思うとゾッとします。

後半マウリシオが「(あがりを)必死に抑えようとしていた」とおっしゃるとおり、マウリシオはミシャサッカーの弱点をいち早く察知しているようで、バランスの崩れたチームを必死に修正させようとここ2試合獅子奮迅していたように思います。

私的には両サイドのお粗末な守備しかしない、やたら攻めたがる人員たちの弱点が、そろそろ敵にはバレバレでであるので、誰でもわかる亡霊サッカーに突貫工事的にどん引いて守るだけを付け加えた(攻めるんだか守るんだかはっきりしない)堀新体制では、結果は見てのとおりだとも思われます。

堀さんに言いたいです。一時は辞任を決めたあなたに何を守るべきものがあるのでしょうか?ここであなたのサッカー観を披露しなければ、またあなたは助監督のままですよ。

コンパクトに責めるサッカーはどこへ行ったのでしょうか?
りょりょ 2017/08/25(Fri)21:14:09 編集
無題
それより等々力は、二階席を改修してほしい。
跳ねたら崩れるかもなんて時点でおかしいとおもいません?
地元民 2017/08/25(Fri)21:38:17 編集
コメントありがとうございます
東浦和レッズさん
こんばんはです。
水曜日は等々力までお疲れ様でした。裏から封鎖された手摺ゾーンに誰も居ない異様な光景。そしてやはり絶好中の調川崎に、監督交代したばかりの建て直しチームが勝てるほど、甘くはなかったですねぇ。しかも、先ずウォーミングアップ時に柏木が怪我して使えなくなってしまったのは大きな誤算でしたね。そこで元々スタメンで2列目に置いた矢島をボランチに下げて武藤を入れるか、または性質の全く違う守備的な青木にするかの選択でしたが、堀は後者を選びましたね。これで元々守備的に行く作戦だったものが、更に守備的にはなりましたが、代わりにパスが出ず、おっしゃる通り川崎の勢いある攻撃でウイングバックも守備に追われるのが精一杯で、そのウイングバック2人も守備は苦手な部類の選手なので当然狙われますし、そうこうしている内に結局前半からやられてしまいました。
また守備的にしても、選手の頭の中にはどうしても攻撃がこびりついている一方で、川崎のような攻撃力があるチームが相手だと、その攻撃もすぐ押し返されてしまいますね。ならば守るなら守るで、もっとドン引きでも良かったかなと思います。まあ結果論になってしまいますが。
システムに関しては、これは堀本人も言っていますが、急激にシステムを変えても危険なので、先ずは急務であった守備面を着実に立て直しつつ、攻撃はミシャサッカーをベースにしながら、 徐々に変えて行くみたいですね。カウンターもこれまでがこれまでなので、脳と身体が自然に慣れるまでには時間がかかると思います。
ホームでの第2戦は、済州戦同様の戦い方で良いと思います。最低限2点取らなければ敗退な訳ですから、やる事はハッキリしている分やりやすいでしょう。本当に玉砕覚悟、それこそ川崎と刺し違える気概で、試合開始とともに全力でぶつかって行ってもらいたいです。
さて日曜は久々の日本平ですね。何時以来の日本平だったかすっかり記憶の彼方なスタジアムで、道も忘れてしまいましたよ(笑)。ちなみに諸事情により富士宮に寄り道してから日本平に向かいます。勝ちましょう!

FREE TIMEさん
こんばんはです。
埼玉人としては花咲徳栄の初全国制覇にあやかりたい1日でしたが、やはり川崎は強かったですね。ただ3点4点開いている訳ではなく、アウェーゴールを奪った上での2点差なので、まだまだ可能性は低くないです。もちろん恐らく済州より強い川崎という事を考えると厳しい部分はありますが、しかし同じ土俵のチームですから、勝てない相手ではありません。ホームで意地をみせてもらいたいです。
うえ URL 2017/08/25(Fri)22:05:38 編集
コメントありがとうございます
りょりょさん
こんばんはです。
マウリシオのレベルの高さが試合を増す毎に信頼へ変わって行くのを感じていますが、それだけにマウリシオかレッズに来てくれていなかったら、たとえ監督を交代しても果たしてどうなっていたか、ですね。マウリシオを紹介してくれたロビーに感謝するとともに、そのマウリシオが必死に守備の建て直しを体現しようとしている姿を見ると、特に槙野に対して「マウリシオがキチンと守ろうとしているのに、お前は何回チームバランスを崩せば気が済むんだ!?」と思ってしまいます。
このように、ご指摘の通り、守るのか攻めるのかハッキリしないサッカーになっているのも確かですね。ただこの辺は監督が交代したばかりで、選手も堀自身も手探りな面があると思います。突貫工事の第1段階は守備に関しては、ラインを下げて人数をかけてゴール前でブロックを作る。攻撃はチンタラパスをやめて速い攻撃を心がける、という定石中の定石で奏功しているかもしれませんが、ここから課題の秋に向けて次のステップに行けるかどうかは、堀の力量次第ですね。ただ守備的にするならば、コンパクトに攻めるサッカーは捨てる覚悟は必要かと思います。
堀自身は来季も監督でなければ、自分からレッズを去る気がします。自分が堀ならば、そうしますね。そう何度も会社の都合で使われる「便利屋」にはなりたくないですよ。

地元民さん
初めまして。
それは誰しも思っているとこですね。だいたい崩れてからでは遅いというのに、そこを改修せず先にメインを改修ってのも・・・。
うえ URL 2017/08/25(Fri)22:06:29 編集
ようこそ!!
試合終了/AFCチャンピオンズリーグ決勝・第1戦 アル・ヒラル1-1浦和 得点/7分・ラファエルシルバ(浦)、37分・ハルビン(ヒ) ・・・次の試合/AFCチャンピオンズリーグ決勝・第2戦 浦和-アル・ヒラル(埼玉スタジアム2002=11月25日19:15キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]