忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
2017年 J1リーグ第17節
浦和レッズ4-3サンフレッチェ広島
~埼玉スタジアム2002

M野H郎3
M野H郎「いや~、ロスタイム再逆転決勝弾って、本当に良いものですね」







17.7.1ホーム広島戦、勝利 ・・・本当に良いは良いんだけどさ、またなんちゅー馬鹿試合をしてくれちゃって。超攻撃馬鹿サッカーらしい得点数も、今季絶不調で降格圏の広島相手でも大量失点する辺りは、さすが守備放棄サッカーらしいと言える。
90分ここまで波の激しい内容も凄くて、立ち上がりのレッズはこれまでやっていたパスサッカーを放棄したかのようなロングボール連発で、守備は相変わらず危なかしさの連続で、そんな中で興梠が先制点を挙げたかと思えば、立て続けに武藤が弾丸寿司ミドル炸裂。これで勝てば今日の埼玉県内の寿司の売り上げがアップするか?というところ。

さて2点先行リードで折り返すという事は、普通のチームならば後半先ずはこの2点を守りながらのサッカー仕様にシフトするのだが、ご存じのようにレッズの監督の思考回路は「普通じゃない」ので、後半も更に点を取りに行くサッカーになるのである。だから今のレッズは、何点リードしようが安全圏という点差は存在しない。寧ろ点を取れば取るだけ気が緩んで、更に守備が駄目になるという・・・。
案の定、後半に入った途端アッサリ2点差をひっくり返されるという・・・まあ、こうなる事はわかっていたけどね、ってやつだ。やられ方も何れも毎回のアレだし、しかも途中投入されたアンデルソンロペスにもドフリーでマルチを喰らっている辺り、いくらカウンターだからとはいえ端から全然警戒をしていないというか、やはり自分たちしか見ていないのも相変わらず。

このまま逆転されたままで終わっていたら、恐らく暴動発生だったかもしれない。そうならなかったから良かったとはいえ、点を取りに行くのにベンチに置いていたラファエルシルバとズラタンと李、これらFWを全部投入しちゃう乱暴なところもミシャらしい。点を取るには攻撃の選手を満載にすれば良い的な単純発想。後ろの事は考えていない。
ここで不思議だったのは、広島はリードした時点でガチガチに守りに入るかと思いきや、どうもそうではなかった感じ。今季の広島は、去年までの緻密なサッカーと冷静な守備が崩れてザル守備になっている訳で、それが作用してますます超超攻撃的になっていたレッズからすれば広島の守備にスペースが出来ていたのだから、それで同点に追い付けたのも納得が行く。もちろんズラタンのシュートも技ありだったが。そしてドラマはロスタイムに待っていた。

17.7.1関根ヒーローインタビュー この試合で一番凄かった人。
後半ロスタイムという疲労困憊の時間帯に、6人も7人もドリブルで抜いてゴールまで決めてしまう選手なんて、世界を探してもそうは居ない。しかもこの日、埼スタに来ていた先輩の原口が乗り移ったかのような見事なドリブル突破。間違いなく今節のベストゴールに選ばれるだろう。
ちなみにこれ一見火事場のクソ力が発揮されたのかと思いきや、考えたら関根のテクニックならば可能なレベルでもある。とはいえ、最後まで良くぞ走り抜き抜いた関根の頑張りが、我々に狂喜乱舞をもたらしてくれたのである。考えたらズラタンへのアシストも関根だし。いや本当に素晴らしい。このままドイツに持って行かれそうで心配・・・。

1771ホーム広島戦、勝利2 で、超劇的なゴールで連敗を止めた訳であるが、もちろん勝利は凄く嬉しいし、内容はともかく勝てた事自体が安堵な訳だが、やっているメチャクチャなサッカーは相変わらずなのであって、遠藤をボランチに上げようが最終ラインに那須を置こうが、このメチャクチャ戦術のままなのだから、つまり根本は何も解決していないというのも事実は事実として受け止めておきたい。
ぶっちゃけ今回も負けたら、ミシャは解任でもやむ無しと思っていた。その首が繋がっただけかもしれない。

ちなみに今回の主審のジャッジは、何だ?レッズの選手が倒されても笛は吹かれず、広島の選手が倒れるとすぐ笛が吹かれる。まあそれは譲りたくないけど百歩譲って目をつむるとしよう。しかしだな、極めつけは前半だけで広島側ペナルティエリア内で広島の選手のハンドを2度も見逃した事。いくら何でも前半だけで2度は酷い。これには参った。見事な糞審劇場には意見書ものだろう。福島孝一郎という審判、覚えておこう。

------ 
J1リーグ第17節 浦和4-3広島
得点/42分・興梠(浦)、45分・武藤(浦)、47分・皆川(広)、54分・アンデルソンロペス(広)、72分・アンデルソンロペス(広)、85分・ズラタン(浦)、90+2分・関根(浦)
主審=福島孝一郎
観衆:30,853人

PR
2017年 J1リーグ第16節
サガン鳥栖2-1浦和レッズ
~ベストアメニティスタジアム

呆れて物も言えない。さすがにこの停滞サッカーは駄目だ。同じ事の繰り返しは毎年同じだから同じ文句はもう書かないけど、負のスパイラルに陥っている時に何も手を打たないまま同じサッカーをやっている。だから勝てない。だから点が取れなくなる。守れないのは元々変わらないが。

鳥栖はガチガチに守っていたが、単にガチガチに守っているだけではなく、キッチリマークの受け渡しをした上で最終ラインは等間隔に超組織的に守っていた。だからレッズの単調なサッカーでは崩せる筈が無い。というのは前々からわかっていた事なのだが、わかっていてその術中に今回も嵌まった。
鳥栖のサッカーが必ずしも良いとは思わないが、限られた資金と限られた選手層だけで、それを組織として動かす力量を持った監督のサッカーにやられた。

片やレッズの監督は何をしていたんだ?相も変わらないサッカーだけをしていれば勝てる訳もなかろうに。試合の流れを見ながら鳥栖のマッシモは2度3度とテクニカルエリアから緻密に修正を掛けていたのに、一方のミシャは闇雲に逃げパスサッカーを強いて、それをギャーギャー喚きながら時に眺めているだけだ。引き出しが無いのだから仕方がないのだが、投入する選手も相も変わらず。
しかも今回は負けているのに交代枠をひとつ残した。ミシャって負けている時に限って交代枠を使わないまま終わる謎采配が多いのだが、これ使わないではなくて、単にテンパっていて交代枠が残っているのを忘れているだけではなかろうか?何のために天皇杯で結果を出した長澤をベンチに入れたのだろう?また使わないまま飼い殺しを続けるのか?どうして流れを引き寄せるには絶好な梅崎を入れなかった?スタミナ切れを起こして足も吊っていた興梠を下げるべきではなかったのか?等々疑問はあるのだが、こういうところミシャは何も考えていなかっただろうな。

えーと、どうするんだろう?こんなに負け数が増えている上にリーグ戦3連敗で中位に転落。ここで何も手を打たないならば無策以前に仕事を放棄していると同レベルだぞ。
まあ普通なら監督解任レベルに達した感があるが、ただ自分は監督を解任しようがしまいが今はどっちでも良いけどね。どうせミシャを解任したところで堀でしょ?あまり変わらない気がするし。尤もフロントは監督を解任する勇気は無いだろうし、ミシャにおんぶに抱っこの山道部長がミシャを解任する訳がないし。だって解任したら自分も辞めなきゃいけないレベルだから。そこまで責任をとる勇気は無いだろう。
フロントも監督も選手も、そしてサポーターの中にも、去年も3連敗したのに最後は勝ち点1だったとか夢を見ている人はいるかな。だとしたら早く夢から覚めよう。去年との順位の違いを鑑みて、一刻も早く現実を見よう。

さて、それでも何か動かないと、このま悪戯に負け続ける確率が高い。例えば夏の補強とか。・・・やる訳がないか、ミシャと山道部長では。能天気だもん。
同じ変わらないにしても、何も動かないで変わらないのと、何か動いてみて結局変わらなかったのと、さてどっちが良いだろう?そこは考え方なのだろうけど。
ただ、これだけは言いたい。

監督とフロントは仕事しろや!
------
J1リーグ第16節 鳥栖2-1浦和
得点/65分・小野(鳥)、90分・福田(鳥)、90+5分・李PK(浦)
主審=佐藤隆治
観衆:17,913人
2017年 天皇杯2回戦
浦和レッズ3-2グルージャ盛岡
~浦和駒場スタジアム

17.4.21天皇杯・盛岡戦
やはり駒場は良いなぁ。
・・・で、勝つには勝ったものの、思いのほか苦戦したなぁ。J3現在14位のチームを相手に、しかも地の利がある駒場での試合な訳だし、もう少しJ1上位の貫禄を見せてほしかった面はあるかな。
とはいうものの、失うものが無くJ1相手にハングリー精神を剥き出しに襲い掛かって来る盛岡に対して、レッズはメンバーを大幅に落とした上でモチベーションは低い。こうなると、自ずと相手の勢いに呑まれる場合が少なくない。そして今回は危惧した通り、多くの時間帯で盛岡の勢いに呑まれかけていた。
それを象徴するかのように前半は榎本がファンブル連発でヒヤリの連続。更に前線へのロングキックも精度を大幅に欠いた。雨上がり直後で濡れたボールの処理が難しかった部分はあっただろうけど、それでも大ベテランらしくない不安定なプレーが見られた。
またレッズは何れの選手も盛岡の激しいプレスに圧されて自由を奪われ、乱雑なプレーも手伝ってボールを簡単に失う場面が目立った。つまりハッキリ言ってしまうと、J3下位相手にタジタジになっていたのだ。

そうでなくてもレッズは普段から主力メンバーを固定し過ぎる弊害で、いざメンバーをガラリと入れ替える試合になると、途端に連携がバラバラになる。攻撃にしても守備にしても、主力メンバーではほぼ見られないようなサッカーになっていたのも、メンバーを入れ替えた故だ。まるで違うチームを見ているようだった。

交代策はミシャらしい。ぶっちゃけ実に酷い内容だった前半を見て、ミスが多くイエローも喰らっていた菊池と、完全に空気だった矢島をスパッとハーフタイムで下げた。
そこで代わりに投入したのが駒井とラファエルシルバなのだから盛岡相手に反則だろうというレベルなのだが、その狙い通り駒井は右サイド深部を何度も席巻し、ラファエルシルバは敵DFを何人も引き連れながら驚異的なスピードで前線を引っ掻き回した。おかげでフリーになれる場面が増えたズラタンが2点目。阿道も移籍後初ゴールを決めたが、これもある意味で少々乱暴な交代策が運良く良い方向に動いたからこそ。
が、逆に言えばそこまで起爆剤を投入しなければ勝てなかったとも言える訳で、盛岡にレッズの戦力差を見せ付けた形も、前半のレッズのメンバーの力不足も露呈した形になった。

ちなみに後半に林に恩返しゴールを喰らうというドラマ。そう、レッズらしいドラマだ。まあいくら相手がJ3下位とはいえ、それ位ならばご祝儀だろうと思っていたら、まさかのロスタイムにも失点しているのだから、やはりメンバーが変わろうと何だろうと、ザル守備は変わらないという事かな。

ちなみに前半はストッパーをやらされた長澤なんだけど、練習ではやっているとはいはいえ、これはどうなんだろうなぁ。百歩譲って千葉時代に経験しているからボランチまでなら許せるけど、本来は攻撃の選手を、さすがにストッパーまでやらせて良いものなのだろうか?まあミシャだからこそやらせちゃうんだろうし、長澤は所謂天才肌の「巧い」選手だから、何をやらせてもそれなりにこなすだろうけど。その長澤は後半は前に上げたらズラタンをアシストでしょ。やはり長澤は攻撃で見たい選手かなぁ。

17.6.21天皇杯盛岡戦、勝利 まあとりあえず、収穫少なく勝って良かったという試合になってしまった。正直3-2は焦ったぞ。J1の面目はギリギリ保ったが、もう少し落ち着いた内容でJ1の貫禄を見せてほしかったかな。いやまあ、J3下位とは思えないほど盛岡はしぶとかったけどね。
それと試合の日になると雨が降るの、いい加減にしてくれ・・・。




------
天皇杯2回戦 浦和3-2盛岡
得点/29分・ズラタンPK(浦)、54分・林(盛)、63分・ズラタン(浦)、80分・阿道(浦)、90+3分・谷口(盛)
主審=中村 太
観衆:5,038人

2017年 J1リーグ第15節
浦和レッズ2-4ジュビロ磐田
~埼玉スタジアム2002

17.6.18ホーム磐田戦 2週間タップリ準備期間があったのに、これかよ。つまりは「2週間一体何をやっていたんだ?」って事になってしまう訳だが、まあ何をやっていたのかはだいたい察しが付くのもこのチームな訳で、即ちロクに磐田の事などマネジメントせずに、いつものように自分達だけの殻に閉じ籠って、いつものようにガラパゴスサッカーの練習をしていただけだろう。そうじゃなきゃ、少なくとも、こんな酷い負け方だけはしなかった筈である。だいたいボールも全然足に着いていないアタフタなサッカーになっていたし。雨の影響はあっただろうけど、それにしても終始落ち着きのないサッカーになっていたのは何故だろう。

そう、負けるにしても、もう少しマシな負け方というものがあっただろう。つまり負け方というのは実に重要で、疲労困憊で仕方がなかった敗戦から2週間も待たされた試合で、今回は体力を回復させた上でしっかり準備万端で臨むと信じていた試合で、ところが蓋を開けてみたら4失点も喰らって惨敗とか、しかも相手がガンバとかならまだわかるが、決して侮れないけど中村俊輔も欠場だし、決して勝てない相手ではない筈の磐田に惨敗してしまうのだから、これで怒らない方がおかしなレベルである。

今回は敗因の大きな部分としてバースデーがバットデーになってしまった西川が挙げられる訳だが、では本当に西川が敗因なのかどうなのか。
先ずは1失点目。セットプレーでボールの弾道に釣られる形で西川が飛び出してクリア失敗。まあこれは西川のミスそのものだろう。あそこでゴールマウスをガラ空きにしてまで派手に飛び出したのならば、絶対にパンチングしてクリアしなければいけなかった。
2失点目。相手のロングボール1本に果敢にも飛び出したのだが、懸命にボールには追い付いたものの、追い付くのに精一杯でクリアミス。これはどうなんだろう。飛び出す飛び出さないは一瞬の判断力と勇気にもよるけど、クリア出来たか失敗かは結果論だと思う。何故かといえば、あれはキーパーの問題ではなく、その前に前掛かりになっているところを前線がミスってガラ空きの自陣に縦1本入れられている訳で、もうその時点で失点したようなものなのだ。だいたい2失点目の要因は柏木の中途半端なプレーが招いたようなものだし。
3失点目と4失点目はシュートを撃たせてしまうザル守備そのものが原因な訳で、もはや西川云々の問題ではない。だいたいリードしているのにアホみたいにラインを上げては守らない守備放棄のような欠陥戦術に問題がある訳で、平気でシュートコースを提供したり、平気でキーパーと1対1の場面を提供してしまう守備を毎回やられたら、そりゃ西川も堪らない。そう毎回西川がスーパーセーブ出来る訳ではないのだから。
まあ西川がA代表から落ちた原因は、確かに最近の西川のプレーが精細を欠いているからだが、それでも半分はミシャサッカーという欠陥戦術によるところが大きい。ミスや失点をして当たり前の戦術に毎試合キーパーが曝されているのだから。つまりある意味で西川は、ミシャサッカーの犠牲者なのかもしれない。
と、まあ西川を右から左まで擁護している訳ではないんだけどね。ミスキックも無理な繋ぎからのピンチも相変わらずなところもあるし。でも根本は、やはり戦術にあるという事だ。

と、西川ばかりクローズアップしてしまって、阿部のマルチゴールがすっかり霞んでしまったな。本来ならばヒーローの筈だったんだけれども。阿部が1試合にマルチゴールって珍しいし。
これでラファエルシルバも復帰した訳だから、勝っていたらお祭り状態だったのに。それが酷い負け方で吹き飛んでしまったよ。
この敗戦で一旦優勝争いグループから脱落かな。さすがに負け数から行くと、本気で優勝を目指せる数字ではなくなってしまっている。立て直せないとズルズル中位まで落ちそう。やばいぞ。

あ、それと上記で磐田を「決して勝てない相手ではない」と書いたけど、磐田そのものはよくレッズを研究して来たであろう戦い方だったし、フィジカルが強くてレッズの選手はかなり苦労させられていた。2週間しっかり準備して来たんだろう。その差が本番に表れるのさ。

------ 
J1リーグ第15節 浦和2-4磐田
得点/36分・大井(磐)、43分・阿部(浦)、56分・阿部(浦)、68分・アダイウトン(磐)、74分・松浦(磐)、80分・松浦(磐)
主審=廣瀬 格
観衆:34,766人

2017年 J1リーグ第14節
柏レイソル1-0浦和レッズ
~日立柏サッカー場

17.6.4アウェー柏戦 大の鬼門の日立台、またも勝てずか。いや今回は鬼門とか何とかよりも、やはりACL延長120分勝利の代償が大きかったか。多くの選手に動きが軽快ではなく、明らかに疲れていたな。パス回しも単調で、逆に簡単にロングボールを選択する場面が目立ったが、いつもの運動量を伴うポゼッションサッカーが出来なかったという事は、それだけ体力的にキツかったからという事かもしれない。
そんな中で前半ロスタイムという危険な時間帯での失点は、高木が防げずクロスを上げさせてしまった上に中の守備たもボールウォッチャーになってしまったが、振られてはボールに付いて行けていないのだから、それも疲労感が影響していたのかもしれない。
興梠のPK外しも、もしかしたら疲労によるものかもしれない。興梠も明らかに疲れていた。手が届く位にピッチが近い日立台だから、選手の表情も間近で観られる。その興梠の疲れきった表情は観ていてこちらが辛くなるものだった。それでもエースの責任からか献身的に動き献身的にボールを捌いては、必死にゴールへ向かう姿があった。興梠だけではなく、全ての選手が疲労が残る中でも必死にファイトしていたのだ。その疲労感は、ついに阿部が途中でベンチに下がった事からもわかる。

だから完封負けして良いという理由にはならないんだが、それでもあの激戦から中3日で戦っていた選手に対して、どうして勝てないんだと責めるには酷だ。
相手は7連勝中であり暫定首位。離されないためには勝たなければいけなかったが、今回は状況が状況だけに、仕方がない部分はあろうて。つまり滅多に言わない事だけど、仕方がない敗戦もあるという事にしよう。

逆に致命的なミスが無く、幾度か危険なカウンターを喰らっても、失点には至らなかった部分は良かった。これは以前の守備度外視な戦い方をしていたら、強い柏が相手なだけに、間違いなく2失点や3失点ものだっただろうに、それが先週の済州戦から取り戻した守備の意識によって、今回は僅か1失点で済んだと思われる。

後は疲労を回復させて攻撃力も回復すれば・・・。まあ今回はA代表に選ばれた柏の中村が当たっていたという、レッズにとっては幾らか不運な面はあった。
それとラファエルシルバが未だ復活していないというのが誤算で、本来なら先週の済州戦に標準を合わせて回復していた筈が、その済州戦に間に合わず、そして今回の柏戦にも間に合わなかった。果たしてラファエルシルバの状態はどうなっているのだろうか?

幸いにして、次の磐田戦までかなり間が空くから、ここでシッカリと体力を回復させるとともに、絶対に中弛みしないよう、そして仕切り直す事だ。とにかくリーグ優勝を目指しているのに、早くも負け数が増えてしまっている。もうしばらくは負けられない状況になってしまった。次はホームに帰るのだから、そこで仕切り直すしかないのだ。

最後にちょっと苦言。前半に槙野とクリスティアーノが一触即発になった場面。あれは結局クリスティアーノにイエローが出たからクリスティアーノが悪いという事なんだろうけど、槙野は済州戦の件があるから、何かあると今は余計に色眼鏡で見られてしまう危険がある。だからしばらくは敵選手と揉めるような場面を作らないよう、槙野自身が自己防衛しないといけないと思うよ。本当は悪くないにもかかわらず、またこっちが悪者にされちゃたまったものではないからね。気を付けよう。クラブもその辺はしっかり選手に伝えてくれていると良いんだけど・・・。

あ、そういや細貝の事をすっかり忘れていたな。まあどうでもいいか、敵になってしまった選手は・・・。

------
J1リーグ第14節 柏1-0浦和
得点/45+1分・中川(柏)
主審=飯田淳平
観衆:14,096人




2017年 AFCチャンピオンズリーグ・ラウンド16第2戦
浦和レッズ3延長0済州ユナイテッドFC
~埼玉スタジアム2002

17.5.31ホーム済州戦 前回の記事の最後に完全にヤケクソ気味に『失点なんか気にせず、ガンガン攻めてガンガン仕掛けてガンガンシュート撃ちまくれ!やっちまえ!!』なんて書いたら・・・本当に序盤からガンガン攻めまくりで、本当にやっちまったじゃないか!なんじゃこりゃあ!!

17.5.31ホーム済州戦、勝利 嗚呼サッカーの神様、今夜も奇跡をありがとう!!

って、奇跡は奇跡でも選手が頑張ってくれたからこそ奇跡が起きた訳なんだけど、それにしても何が凄いって、確かにチンタラとパス回ししないでガンガン攻めて前半の内に2点のビハインドを埋めた事は凄いが、それ以上に失点が当たり前のチームが、あれだけガンガン攻めながら、そして今回も何度か危険なカウンターを喰らいながらも、それでも無失点を達成した事である。これこそ奇跡といものか。もちろん西川のビッグセーブもあったが、それはそれとして、90分はおろか延長120分まで、運動量と守備の集中力とプレスが衰えなかった。これが凄い。
よくよく振り替えると、これまでのアホみたいにラインを上げて守備度外視だった戦い方に比べて幾らかラインが下がっている時間帯も多く、それに加えて激しいプレスが機能していたし、それに何と言っても今回は致命的なパスミスが無かったから、それが守備の安定に繋がったのかも。なーんだ、やれば出来るじゃないか。
いや真面目な話、清水戦では全く学ばなかったミシャや選手も、第1戦の惨状から幾らか学習してくれたのかも。人間追い詰められれば少しは変わるんだな。

森脇ヒーローインタビュー そんな試合で一番おいしいトコを持って行く男が今ここに。興梠の先制点も、李の追加点も、駒井の攻守に渡るキレキレ感も、西川のスーパーセーブも、高木の山越えの絶妙なセンタリングも、全ては森脇により霧の彼方に消し飛んでしまうのであった。
というのは嘘で、森脇以外の選手の頑張りも全て脳裏に焼き付いてはいるが、それにしてもあの騒動あり今回このタイミングで延長決勝ゴールを決めるのだから、本当においしいトコを持って行く男である。
しかし済州は一人退場してから、只でさえドン引きチームが、あからさまにPK戦狙いで更なる引き籠りモードに入っていたから、それを抉じ開けたパスでの揺さぶりと高木のアシスト、そして森脇のゴールは本当に素晴らしかった。
そんなヒーローインタビューの森脇、泣いているんだか疲れているんだか何を言っているんだか訳ワカメな森脇であったが、それにしてもすげー顔になってるぞ・・・。

試合後エキサイト発生 そんな時に選手、スタッフ総出で全力大規模乱闘エキサイト中!!うおー、そっちがその気なら手加減せずにやっちまえ!
ぶっちゃけサッカーにしろ野球にしろ、個人的に乱闘エキサイトは大好きなんだけど、これを平日ナイターの延長戦終了後にやられると困るんだよな。「余計帰りが遅くなるからエキサイトしてんじゃねーよ!」という訳さ。
でも真面目な話、阿部にエルボー喰らわせたビブスキムチ野郎は永久追放しろ!普通なら傷害罪でタイーホものだぞ。あとボトル投げた奴も処分対象だ。それから済州の行為に対しては必ずAFCに意見書を提出だ。徹底的にやってもらわないと今回は腹の虫が収まらない。

とはいえ、ミシャ体制では初めて16強の壁を抉じ開けた。ついに8強へ。うー、ますます気持ちが高まってきたぞ。

おまけ
今回一番インパクトあった済州の選手。途中から出て来たメンディーとかいう黒人選手。背番号が88というのも凄いが、デカイのは背番号だけではなく身体も・・・長身は長身だけど、縦の他に横幅も。あんな巨体で逆にサッカー出来るのか?ってレベルさ。
案の定デカイはデカイけど動きは重そう。ただうちで一番長身でガタイが良いズラタンでも、そのメンディーと並ぶと小さく見えるという程の巨漢。インパクト感だけならMOM級。
へー、フランス国籍なのか。まあアフリカからの移民だろうけど。いや世界にはまだまだ未知の選手が居るものだなぁ。恐ろしや恐ろしや。

2017ACL------ 
AFCチャンピオンズリーグ・ラウンド16第2戦 浦和3延長0済州
得点/18分・興梠(浦)、33分・李(浦)、114分・森脇(浦)
主審=リュウ・クォックマン
観衆:19,149人


ようこそ!!
試合終了/AFCチャンピオンズリーグ準決勝・第2戦 浦和1-0上海上港 得点/11分・ラファエルシルバ(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第30節 浦和-ガ大阪(埼玉スタジアム2002=10月22日17:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]