忍者ブログ
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
2018年 J1リーグ第2節
浦和レッズ1-2サンフレッチェ広島
~埼玉スタジアム2002

18.3.4ホーム広島戦 まさかの柏木欠場という予期せぬアクシデント発生からして嫌な前兆だったのかもしれないが、それにしてもこの低内容による負け方はちょっと、いや、かなり不味いぞ。

敗因は多々あれど、先ず戦術云々の前に、助っ人軍団の状態が余りにも・・・。
先ずはまさかのマウリシオ大先生、一体全体どうしてしまったのか。ボールが全然足に着いていないで、簡単にボールロストしてピンチを招いてしまう。それも一度ならずも二度三度。いつもの冷静沈着なボール捌きは何処へやら。まあ遠藤が苦し紛れにマウリシオに戻してピンチになるとか、必ずしもマウリシオが原因ではない場面もあったしマウリシオだからこそ守れた場面もあったが、それにしてもマウリシオらしくないプレーが多かった。

次にマルティノス。武藤と頻繁にポジションチェンジを繰り返すのは面白いが、前節に引き続いてとにかく前半は球離れが悪い。というかボールを持ったら絶対に離さない。そのママ突進。ドリブル突破がそう上手くないにも拘わらず、無理に突破しようとして最後は必ず敵の網に掛かってボールを奪われる。そこからカウンターを喰らう。さすがにハーフタイムに堀から指摘されたのか、後半に入ると球離れは良くなり独り善がりの突進は影を潜めたが、逆に球離れという名のパスが雑になり(というか細かいパス回しが下手?)、またそれで簡単に敵にボールを奪われるという・・・。

そんでもってマルティノスに代わって投入されたズラタンも。その前にズラタンをあのポジションで使っている事からして訳ワカメなんだけど、というか興梠を下げない以上はそこしか使い道が無いのも事実だが、それでもマルティノスよりは周囲との連携があるからパス交換からバイタルに顔を出せていたのは良かった。問題は超決定的だったキーパーとの1対1を決められず、続いてドフリーの反転シュートも大外しと、助っ人ならばどちらかでも決めてくれよ!ってな状態であった。

かと言って、では助っ人軍団以外が良かったのかと言えば、決してそういう訳でもなくて、槙野だってチョンボしてピンチを作っていたし、宇賀神も武藤もあのポジションで相変わらず機能していないし、西川もまた悪い病気のミスキックが増えてきたなぁ。
ぶっちゃけ今回良かったのは、球際強く敵の攻撃の芽を良く摘んでいた長澤と、ロングパスが輝り先制点をあげた青木くらいじゃなかろうか。
長澤は今回は阿部とのコンビで、阿部が中盤を落ち着かせてくれていたから長澤も伸び伸びプレー出来たというのはあるかもしれない。
そして青木の場合、敵もまさかあんな所に本来はアンカーの青木が顔を出す訳がないと思っていたのか、まあ青木の直前の消える動きも上手かったけど、敵は端から完全にノーマークだったからこそのドフリーヘッドだったというのもあっただろう。遠藤はアシスト自体は素晴らしいクロスだったが、やはり他のプレーがサイドバックとしてはイマイチであった。というか前を走るマルティノスが暴走し過ぎて、遠藤がどうして良いやら戸惑いがある感じ。
武富は武藤の位置で先発で使ってみてほしい。今回も短い時間帯で良い動きからチャンスメイクしたり、惜しいクロスバー直撃のシュートもあったりと、かなり期待させてくれる内容だった。本当にスタメン起用してあげてほしい。

で、現実的な話、今やっているサッカーは守備を念頭にしたものであって、爆発的な得点力など無理なばかりか、そう高度な組織的なゴールを狙えるものではないのだから、先制した以上は、その虎の子の1点を守らなければいけないのだ。それなのにちょっとでも攻めの姿勢を見せてラインを上げてしまうと、そこを攻め突かれて、その時はもう守備が後手に回っているからバタついてしまい、そして失点する羽目になる。前節の東京戦でもそうだったでしょうに。だからよっぽど主導権を握っている時間帯じゃない限りは、不用意にラインを上げてはいけないんだと思うよ。
つまりさ、良いんだよ、極端な話ドン引きカウンターサッカーで。良いじゃん、堅守速攻で。昔のレッズみたいに。まあ多くの人はそれでは「つまらない」として嫌がるだろうけど。でもそうじゃないとなかなかゴールなんて狙えないって、このサッカーでは。

それとね、柏木が居ない時のキッカーを初めから決めとけよ!って話さ。最初誰も蹴りに行かず、ようやくマルティノスが蹴ったけど、マルティノスも武藤も下がったら、また誰が蹴るのかわからない状態になっていたし。これミシャ時代もたまにあったよな。ミシャにしても堀にしても、ファミリーだったから似たようなところがあるよな。

という、2節にして早くも悲観的な部分が盛り沢山になっているという、余りに先が思いやられる状況である。まあこれは半分は去年から半分は危惧されていたのと、ACL優勝で隠れ蓑になっていただけだから、そこにラファエルシルバも抜けての現状、結局わかっていた心配事が現実になりつつあるかもしれないという事だな、これは。
まだ2節だけど、この戦力で2節で勝ち点1しか取れていない状況は不味い。幸いにして他の有力チームも一緒に足踏みスタートしてくれているから未だ救われる部分があるけど、これが5節、10節と来た時に大変な事になっていては遅いのだから、使えないフロントでも今からしっかり現実を見据えて準備しておいてくれないと。補強とか、それとか、あれとか。後手々々に陥る前に、ね。

おまけ
ホーム皆勤ピンバッチとハンドブック これを受け取るのに、何であんなにアホみたいに時間をかけさすのだろうか?シーチケに一緒に入れてくれた方が二度手間三度手間にならないだろうに、もう!

と、不甲斐ない内容で試合に負けた為に、あらゆる部分でイライラしてしまうのであった。
せっかくのサッカー日和だったのに、逆に花粉地獄で鼻水とクシャミがノンストップで最悪だったし。
唯一の救いは、知人のお孫さんが今日エスコートキッズとして、なんと槙野と一緒に入場した事かな。これで勝っていれば最高だったのに・・・。


追加記事
◆アンドリュー ナバウト選手 完全移籍加入内定のお知らせ(レッズオフィシャル)

ありゃー、報道から早かったな。「まだ話せる段階ではない」みたいな報道があったけど、本当は決まっていたんだな。ラファエルシルバ移籍から急いで動いていたのだろう。
まあ報道ではかなり良い選手の書かれ方はしていたが、それがJリーグより恐らく少し下か良くて同じ位のAリーグレベルではあるし、マレーシアリーグ時代もあったりと、果たして何処までの選手かはぶっちゃけわからん。
左ウイングが主戦場みたいだから本来ラファエルシルバが受け持つ筈だったポジションを担当するのだろうし、FWも可能という事だから、興梠の負担を減らせる事は出来る。何よりオージーだからアジア・オセアニア枠で使えるのは大きい。
後は、実際使ってみてだなぁ。楽しみだけど。

------ 
J1リーグ第2節 浦和1-2広島
得点/43分・青木(浦)、66分・柴崎(広)、79分・稲垣(広)
主審=木村博之
観衆:41,324人
PR
2018年 J1リーグ第1節
FC東京1-1浦和レッズ
~味の素スタジアム

今年も開幕という事で、改めて今シーズンもよろしくお願い致します。

18224アウェーF東京戦 さて、その開幕戦は、御得意の地で、御得意様相手だった訳だが、お互いに監督も代わって性質も変わっての顔合わせだった訳だ。
でも相手の長谷川健太は、ガンバ監督時代から、相手がレッズになると、自分のサッカーを捨ててまで、やたら守りに入るサッカーをする。これは「引いた相手に弱い」というレッズの性質をシンプルに見抜いているからこそで、これは長谷川健太の指揮するチームがガンバから東京に変わったとしても、やはりレッズ相手には基本守って来ていたな。

だからレッズは勝てなかったという訳ではないだろうけど、それにしてもレッズはレッズで、「お堅いサッカー」に終始してしまった感がある。引いて守るのはレッズも同じで、無理にラインを上げず、緻密にポジションを確保してマークの受け渡しも出来ていたし、このように高い守備意識を保ちながら、攻撃は焦らずポゼッションしながら攻めるという、まあ無理をせず、焦らずなサッカーだったかな。
だからこそ不用意な失点は最低限の1失点で、ピンチは限りなく少なかった訳で、だからこそ抑えていたラインをうっかり上げた所で裏を突かれて失点したシーンが悔やまれる訳で、だからこそ、流れの中から点が取れなかったというのも事実な訳で・・・。

失点から僅か2分後にセットプレーから同点に追い付いた粘りは良かった。ただ裏を返せば、あれだけボールを支配しながら、肝心の得点はセットプレーからの1点だけだったというアンバランスさも露呈した。
個人的に思うんだけど、しっかり守るなら守るは良いとして、攻撃は変に欲をかいて(という訳ではないだろうけど)ポゼッションを狙うより、シンプルに速攻狙いでも良いと思うけどね。
攻撃時になるとやたらサイドにボールを集めたがり、逆に中央からの効果的な縦パスがなかなか入らない。そこで柏木のパスに期待していたが、実際に縦パスを出していたのは柏木より長澤の方であった。惜しいパスが2度ほど。
でもこのサッカーって、やはりサイドからポゼッションしたがるから、そこに人が密集し過ぎて、やはり中の興梠が孤立してしまう。この辺をもう少しシンプルに攻撃できていたら、流れの中からもスムーズに得点が生まれるんじゃないかと思ってしまう。

サイドからだとマルティノスがまだまだフィットしていないというのもあるだろうけど、そのマルティノスはもう少しスピードがあったらぶっちぎれるのだろうけど、そこまでのスピードは無いようで、とはいえマリノス時代はもう少しゴールに近いところまで侵入しては得点も狙えていた訳だから、レッズでもそれが出来るようになればと、これからに期待している。
ただスピードと言えば、本来は逆翼にラファエルシルバが居る予定だったのに、そのプランが崩れたのは改めて痛かったと、この試合を観ても思ってしまった。スタメンの武藤は、やはりあそこに武藤を置いてもお世辞にも機能しているとは言えていなかったから、今更なんだけど武藤の位置は、スタメンから武富を使ってみた方が面白かったかもしれない。実際練習での武富は好アピールを繰り返していた訳だし。
ただまあ、開幕戦に於ける選手のチョイスに関しては、ほぼベストなメンバーだったとは思うけど、阿部をベンチに置いたまま、最後まで使わなかったのは意外だった。もしかしたらリードしていたら守備固めで使ったかもしれないけど。ただ阿部のこの扱いを見ると、何となくひとつの時代が終わり、やはりレッズも変わって行くものなんだと、そう思った今回だった。

18224アウェーF東京戦2 さて、勝つか負けるかのギャンブルのようなサッカーをしていた時代から一転、良く言えば堅実な、悪く言えば積極性に欠いたサッカー、それが今年の堀のサッカーになるのだろう。まあこれは半分は去年からわかっていた事だけど。
これをつまらないサッカーという単純な表現にはしたくない訳で、自分は面白いサッカーとかつまらないサッカーという表現は極力しないように心掛けているから、それよりも中身が地味でも、勝てるサッカーならば何でも良いのだ。プロは勝てば官軍なのだから、堀のサッカーも、そういうサッカーになってもらいたいものだ。
だからこそ、次のホーム開幕戦が大変重要になる訳で、今回の開幕戦こそ「最初はこんなものか」で許される面はあるが、ホーム開幕戦は勝利以外許されない、そういう気概で臨んでほしい。

ちなみに、明日お袋の四十九日と納骨式なのに、堂々とスタジアムに行っているバカ息子であった。あー、明日の準備しなきゃ~。

------
J1リーグ第1節 F東京1-1浦和
得点/48分・東(F東)、50分・槙野(浦)
主審=荒木友輔
観衆:35,951人
2017年 J1リーグ第34節
浦和レッズ0-1横浜F・マリノス
~埼玉スタジアム2002

17.12.2ホーム・マリノス戦 最後まで勝てなかったか、J1は。今年は社長の挨拶時も平穏というか拍手も出たが、これACLを優勝したから良いものの、仮にそうではなかったら、間違いなくブーイングの大荒れだっただろうな。それを思うとACL優勝は本当に神の助けであった。

さて肝心の試合は、何が良いとか何が悪いというより、スタメンチョイスが川崎戦に続いて控え組との混合だから、今回も本気で勝とうとしていたのかといえば、実はそうでもなかったように思う。ラファエルシルバに至っては川崎戦に続きベンチ外だし、今回は遠藤もベンチに入れなかった。
ここ2試合、あからさまにクラブワールドカップに標準を合わせたスタメンチョイスにより、J1残り2試合は、勝利よりも疲労回復と調整に充てた訳だな。J1はもはや今更騒いだところでどうにもならない順位である。個人的にもチームが割り切るならば、それはそれで良いと思っていた。いや仮にそうではなかったとしても、そう思わないとやるせないというか、この2試合の敗戦に意義を持たせる意味でも、無理矢理そう思いたいのである。

という事で、川崎戦と今回のマリノス戦の敗戦は、残念ではあるが、怒りは沸かなかった。興梠が得点王ならずなのが残念なのと、せめて引き分けに持ち込んでくれよと思ったのも本音だが、それ以上を無理に望むのは、相手は上位だし、レッズ自身の事情が事情だけに酷かもしれない。
ただベストメンバーではなかったにしても、2試合連続で点が取れないのは心配だ。2列目は厚みがあるからパスだけは回るが、今回のように引いて守る相手にはアイデア不足とパワー不足で崩せないし、そこに来てボンバーのようなパワフルDFが居るマリノスでは尚更であった。そして1トップが孤立する今のシステムを堀はどう修正して行くのであろうか。ラファエルシルバが居る居ないや来季の補強にもよるけど、このママのサッカーでは来季は危ういと思う。
それと今節と前節せっかく2試合連続でチャンスを貰った高木と矢島は、もっともっとアピールして結果を出してほしかった。どうも高木はボールが足に着いていない感じだったし、矢島は相変わらずパスミスが多過ぎる。ふたりとも何を焦ってプレーしているのだろうか。
かわりに守備は改善されているけど、やはり今のサッカーでは少ない得点数でしっかり守って勝つしかないのだから、何とかして1点は取ってくれないと。そこを再びベストメンバーで臨んだ時には期待したい。

17.12.2ザ・反省会 という事で、最終節恒例のザ・反省会である。

今季はルヴァンも天皇杯も敗退し、リーグ戦もボロボロで、ついに中位を抜け出せず来季のACL出場権も失ってしまった。そして何よりシーズン途中で監督解任劇があった。もう反省する事が盛り沢山である。
そんな中でJ1より遥かに獲るのが難しいACLには優勝してしまったという、実にアンバランスというか、レッズは本当に摩訶不思議なおかしなチームである。おかげで、J1が終わっても、まだクラブワールドカップが残っているという凄い状況。なのでまだシーズンは終わっていないというか、本当の戦いはこれからだ。なにせレッズは10年ぶりに世界と戦うのだから。しかも10年前と違って、日本ではなく海外で。この違いは如実だろう。さあ、来週は世界が待っている!

でも、とりあえず、J1は皆さん今季もお疲れ様という事で。
さあクラブワールドカップに気持ちを切り替えよう。

17.12.23代目タオマフ引退式 そんな中、08年4月より使い続けたこのタオルマフラーは、今回の試合を以て引退させる。
レッズ初年度から応援して来ている割に、実戦用タオマフは、何とこれがまだ3代目という(良く言えば)物持ちの良さ!単にケチでなかなかグッズを買わないからという話もあるが、一度使い始めると愛着がわくから、なかなか買い換えられない・・・というのもあるんだけど、それよりこのタオマフにも、ビッグタイトルを味会わせてあげたかったのだ。
先代のタオマフは、もちろんJ2降格もあったが、J1復帰を経て、ナビスコ杯、天皇杯2回、J1リーグ、そしてACLと、片っ端からタイトルを味わった上に、クラブワールドカップと同3位も経験した。
それに比べて3代目は、なかなかタイトルが獲れなかった。それでも去年ようやくルヴァン杯を獲った。そして本当ならばJ1リーグ優勝を果たした上で、クラブワールドカップに行った後に引退させる予定だった。ところがチャンピオンシップでのまさかの大ズッコケ劇で予定が大狂い。このタオマフもルヴァン杯だけでは満足してくれないだろうと思い、ならばもうひとつタイトルを獲るまではと、引退を先延ばしにしていた訳。
もう酷使し続けて端の糸は解れまくり、色褪せ過ぎてもはや赤から朱色になってしまい、アウェー名古屋戦では名古屋サポに間違えられた事もあった。更にこのまま色褪せたら、今度はオレンジ色になって隣のサポに間違えられてしまうかも。いやその前に糸が更に解れて、使い物にならなくなるのが先だったかもしれないが。
しかしこのタオマフにも、ACLという超ビッグタイトルを味会わせてあげる事が出来て、本当に良かった。これならばタオマフも満足して引退も納得してくれる事だろう。
クラブワールドカップはUAEのため現地には行けないから、これを以て3代目タオマフ君は引退とする。9年間、日本全国を駆け回り、雨風に曝されながら、なかなかタイトルが獲れなかった中で今日まで戦い抜いてくれた。最後はここまでボロボロにしてしまった事は本当に申し訳ないが、これからはタンスの中でしっかり休みながら、その後のレッズを見守っていてくれよ。9年間本当にお疲れ様、そしてありがとう3代目。

で、早く4代目のタオマフを買わなきゃなぁ。来季に向けて早く新デザインが出てほしい。だって何か最近のは、欲しいデザインのが無いんだよな・・・。

------
J1リーグ第34戦 浦和0-1横浜マ
得点/53分・前田(横マ)
主審=今村義朗
観衆:41,618人
2017年 J1リーグ第33節
浦和レッズ0-1川崎フロンターレ
~埼玉スタジアム2002

もう少しACL優勝の余韻に浸っていたかったが、レッズが決勝に進出したからこそ今節が平日水曜開催にズレてしまったという皮肉もありで、そこは川崎を道連れにしてしまったのはスマンとして、我々はすぐJ1モードに切り替えての第33節である。

ハム串 鶏塩からあげ
とかいっておきながら、スタジアムに着いたら、29(にく)の日で肉料理フェアみたいのやっているもんだから、どう見てもベーコン串の形状を変えて100円値上げしただけのようなハム串とか、ボリューム20パーセント増しに釣られて買ってしまった鶏塩からあげとか、試合前からアホみたいに肉を喰いまくっていたのであった。もはやACLを優勝した事による、完全に気の抜けた余裕ぶっこきモードである。

J1逆転優勝に向けて必死な川崎を他所目にこんな事をやっているもんだから、肝心の試合が実に締まらないものに・・・。
 
17.11.29ホーム川崎戦 まあACL疲れで相当メンバーを入れ換えたから仕方がないといえば仕方がなかったのも事実ではあったけど。槙野、青木、柏木、更に得点王争いが懸かっている興梠までをもベンチに置き、更に宇賀神とラファエルシルバに至っては完全ベンチ外。ベストメンバーの川崎に対してレッズはこの金銀飛車角落ちチョイス、完全にレッズの眼はクラブワールドカップに向いているのであった。

代わりに出た選手で違う意味で凄かったのが、菊池と矢島と高木。このお世辞にも守備が出来るとは言えないトリオを左翼方面に同時配置するという、良く言えば勇気があるとなるが、悪く言えば守る気があるのか?という恐ろしいチョイスである。だいたい菊池を左サイドバックにしている辺りからして何を期待しているのかよくわからない起用方なのである。
そして案の定、開始早々からこの左翼が上から下まで狙われ、そして崩され乱れて突破されてドフリーでクロスを許しては、興梠の20得点に並ぶゴールをこちらもドフリーの小林に決められてしまうのであった。ちゃんとマークしろよ!!

国内戦になるとすぐに集中力を欠く守備も守備だが、攻撃もレッズはやはり柏木が居ないとパスが出ないし、ラファエルシルバが居ないとカウンターが効かないし、興梠が居ないと最前線で楔になる選手が居ないんだな。ズラタンはスピードとフィジカルはあってもキープ力が無い上にサイドに流れ過ぎて中央をガラ空きにしてしまうし、矢島は動きは悪くないんだけど、相変わらずスマートなサッカーをし過ぎる。もっと泥臭くならないとJ1レベルには達しないよ。武藤も長澤も良く献身的に動き回ってくれているんだけど、周りもここまでメンバーが変わると、なかなか上手くは行かなくなるな。

でもアル・ヒラルと連戦したおかげか、眼がアル・ヒラルレベルに慣れてしまったのだろうか、それで今回の川崎には、そう恐怖心を感じなかったというのも本音。まあレッズは金銀飛車角落ちで、川崎はベストメンバーであった以上は、それなりの力の差はあった筈なのだろうけど、それにしてはレッズも1失点で済んでしまったし、いつもの川崎戦に比べたら全然ピンチは少なかった。川崎も逆転優勝するために必死な筈だったのだろうけど。
だからと言ってレッズ自体も川崎から1点も奪えなかった訳だから、それはそれでメンバーを落とした攻撃陣が響いたのも事実。後から槙野や柏木を入れてチャンスが増えたのが、その証拠だろう。嗚呼、槙野のドフリーヘッドが決まっていたら・・・。
ちなみに以前の試合でもやったコーナーキック時に味方が一人コーナーに寄せるプレー、ぶっちゃけ余り相手に脅威になっていない気が。だってそれに釣られて出て来る筈の敵選手が、出て来ないんだもん(汗)

まあ、今回の敗戦は、ストレートに言って仕方がないでしょう。何処に眼をつけているのか訳がわからない糞審劇場もあった訳だし、何より中3日でACL疲れを癒しながら、クラブワールドカップに標準を合わせる以上、もはや順位を上げる事が出来ないJ1など、本気で相手をしている場合ではないのだ。個人的には興梠の得点王だけは欲しいのだが、しかし今回興梠をベンチに置いたママだったという事は、興梠も堀も得点王問題に関しては腹を括ったという事だろう。それならそれで仕方がない。個人より先ずはチームとしてが大事なのだから。

それにさ、今日は負けたけど、何たってレッズは、4日前にACLで優勝しているしさ~。
なんて、この余裕だよ、余裕。フッ。

------
J1リーグ第33戦 浦和0-1川崎
得点/14分・小林(川)
主審=松尾  一
観衆:24,605人
2017年 AFCチャンピオンズリーグ 決勝・第2戦
浦和レッズ1-0アル・ヒラル
~埼玉スタジアム2002

17.11.25ACLホーム、アル・ヒラル戦・優勝!













 
やったぜ!




17.11.25アジア王者











アジア制覇!!


17.11.25ACLホーム・アル・ヒラル戦、優勝!











みんな、おめでとう!

レッズに関わる全ての同志!
おめでとうございます!


17.11.25ACLホーム・アル・ヒラル戦、優勝!3




















優勝のレッドカーペット!





17.11.25ACLホーム・アル・ヒラル戦、優勝!4

優勝の浦和の夜!





 



17.11.25ACLホーム・アル・ヒラル戦、優勝!5
浦和で、ザ・美酒!

アル・ヒラル的には、アル・美酒!ってとこだな。

今夜は朝まで、行くぜ!

って事で、まともな記事は後日。

そんな事より、みんな、本当に、おめでとう!





で、起きた(笑)

・・・と、いう事で、始発まで浦和でザ・美酒やっていたもんだから、一眠りした後も、頭の中がややパニック気味(笑)
眠りから覚めたら、実は昨日の優勝は夢オチだった、なんて事はないように、早速色々と再確認してみる。・・・いや確かに、レッズは10年振りにアジア制覇を成し遂げたんだな、うん。
ちなみに始発からの流れで地元駅すぐのコンビニに飛び込んだら、まだ新聞が届いてないでやんの。えー、と思った直後に新聞が届き、一番客でスポーツ新聞買い漁り。しかし1面はニッカンだけかぁ。まあ良いか、昨晩は伊勢丹前でなんとか号外もゲット出来た事だし。

しかし、第1戦に続いて、良くぞ耐えて堪え忍んでくれたなぁ。しかもマウリシオ大先生をベンチに置いて、第1戦で狙われまくっていた宇賀神を引き続き先発で使った堀の勇気というか戦略には最初は「えぇ?」と思ったが、結果的には後からマウリシオを投入するという贅沢采配もピタリだった。

第1戦では敵のバイタルに侵入するのも困難だったのに、第2戦ではバイタル侵入率に関してはアル・ヒラルと互角に渡り合えていたし、勿論ポゼッションでは引き続きアル・ヒラルに圧倒されていたけれど、ゴール前での守備の粘りと集中力は第1戦以上に圧巻も圧巻で、しっかりブロックを形成して侵入を阻止しつつシュートコースを消してシュートを悉くブロック。また全員が労を惜しまないプレスをかけまくっては肉弾戦を展開していた事が奏功して、アル・ヒラルはボールを後ろに下げるシーンが目立った。

後は、時間との戦いだった。とにかく90分間生きた心地がしない試合。サポートする身でありながら、常にオーロラビジョンの時計が気に掛かっていた。
少しでもホッとする時間帯が欲しかった中で、後半、第1戦同様、時間が経てば経つ程ラフプレーが目立って行ったアル・ヒラル。そんな中で78分、ある意味で待望のイエロー2枚目退場が訪れた時には、「こ、これで、行ける!?」と少し安堵したのも束の間、相手の強さからして、相手が1人減った事でやや互角になったかの程度で、相変わらずボールはキープ不能でクリアするのが精一杯は変わらず。
そんな中での88分繋いでチャンス、武藤から、ラファエルシルバの見事な切り返し強烈なシュートがゴールネットを揺らした!もう大歓喜!いや現実的にはこれでも仮に相手に1点返されたら振り出しに戻ってしまうんだけど、でも欲しかった先制点が決まった時は、そんな野暮な事は吹き飛んでいて、もう喜ぶしかなかった。

あの歓喜のゴールでやたら時間を消費してくれたお陰で、その後に両軍エキサイトした事と加えて、4分あったロスタイムがやや少なくレッズに作用してくれた感もあったが、とにかく頭の中は「時間よ早く進め早く進め早く進め早く進め」・・・

訪れた終了の笛!ついに来た大歓喜の瞬間!!いや~泣いたね、泣いたよ。

なんか10年間、苦しんで(去年ルヴァン杯を獲ったとはいえ)後一歩でタイトルを逃しまくって来た歴史、そして悪夢の決定打だった去年のチャンピオンシップの大悲劇、更に今季は途中でチームが崩壊しかけてミシャも解任され、関根も移籍してしまうし、ルヴァンも天皇杯も次々敗退し、J1も中位を抜け出せないママ、これだけマイナス要素があった中で、ACLだけは何故か火事場のクソ力を発揮して、絶望的な第1戦から一転してホームでの第2戦で奇跡の大逆転劇を繰り返しての準決勝、そして決勝への道程であった訳だ。
これだけ優勝する要素が少なかった中で、ACLを優勝してしまうレッズというのは、やはりおかしなクラブチームというか、相変わらず事実は小説より奇なクラブチームなんだなと、改めて、そう思ったよ。こんなにおかしな、そしてこんなに面白い、そして、だからこそこんなに愛おしい、それが浦和レッズなんだなと、改めてそう思えたよ。

とにかく、10年間、もがいて苦しんで、耐えて来たクラブチームの、サッカーの神様からのご褒美だったのかもしれないけれど、それにしては巨大すぎる凄いご褒美ではあるが、これも何より、みんな頑張ったという事だから、これを奇跡と考えても良いんだけど、そして努力の賜物という事で、またひとつのビッグタイトルを手に入れた事を大いに喜ぼう。タイトルホルダーの鹿島でさえ1度も手に入れていないACLという国際ビッグタイトルを、それを2度も手に入れたのは、日本ではレッズだけなのだから。それを大いに誇りに思おうじゃないか。

そして改めて、レッズに関わる全ての皆さん、本当におめでとう!そして、ありがとう!

ACL2017 ------ 
AFCチャンピオンズリーグ決勝・第2戦 浦和1-0アル・ヒラル
得点/88分・ラファエルシルバ(浦)
主審=ラフシャン・イルマトフ
観衆:57,727人2017ACL優勝

2017年 AFCチャンピオンズリーグ 決勝・第1戦
アル・ヒラル1-1浦和レッズ
~キング・ファハド国際スタジアム

ついに迎えた決戦の第1戦!と意気込んだものの、実際は、この丑三つ時の深夜に、なんという心臓バクバクの90分・・・。

いや、こうなる事は端から想定内であった訳だから、それに構えていたレッズ側からしたら、完全アウェーの地で、この内容と結果は、理想的ではないにしても、かなりの上出来であろう!

ぶっちゃけ唯一の想定外があったとしたら、レッズによる早々の先制点だったかもしれない。相手が相手なだけに、まさか前半僅か7分で先制点を奪えるなんて、正直思っていなかった。序盤から完全にアル・ヒラルにボールを支配される形で、レッズの攻撃手段は、極端な事を言えば「戦術・ラファエルシルバ」だった。あのポストプレー日本人最強レベルの興梠でさえボールキープが困難な中、いやそもそも興梠へすらボールを繋ぐのが困難な中で、頼みはラファエルシルバのスピードによるカウンター手段しか相手の守備を崩す方法が見出だせない、そんな状況だった。しかし、それで開始僅か7分で、ラファエルシルバによるラファエルシルバの為のゴールが生まれたのだから、それはそれで如何にラファエルシルバが脅威になっていたのかが明白であった訳だ。

レッズのビッグチャンスらしいビッグチャンスといえば、このラファエルシルバによる先制点と、後半終盤の梅崎の際どいシュートとか、本当に、本当に僅かなものだった。
後は、防戦に次ぐ防戦一方。もっと言えば、防戦一方通行という表現の方が正しいかもしれない。前半はいつ失点しても不思議ではなかった攻撃やシュートを幾度も許す中で、神様が舞い降りたかのような西川のビッグセーブ大連発に救われた。そんな中での1失点は、これも想定内だから、全然焦るものではなかった。
寧ろ、守備の目覚ましい集中力が特筆ものであり、マウリシオ大先生を出場停止で欠く中、センターバックに入った槙野がしっかり守備に専念、というかアル・ヒラルの攻撃が雨霰で守備に入らざるを得なかったというのが本音だろうけど、それはそれでレッズに徹底した守備を促す形になったのだから、レッズにはある意味で怪我の功名というか、またアル・ヒラルからしたら、その一方的な攻撃が、結局はレッズの守備意識を強烈に高めるという、ひじょうに皮肉な形になったと思うよ。
いや、本当に、阿部の統率を中心に、良くぞ守り抜いたよ。あれだけ一方的に攻められて、レッズのイエローは宇賀神の1枚だけというのも実にクリーンだ。実際はかなり球際強く当たって、何とかファールで止めていた場面も多かったのに。

ただね、イエローカードで言えば、アル・ヒラルのイエローカード数7枚ってのが異常なのだが、それはそれでアル・ヒラルの尺度を測るひとつの例になるかもしれない。つまりレッズの攻めは手も足も出なかった訳ではなくて、アル・ヒラルがカード級のラフファールを連発しなければ、レッズを抑えられなかったという見方が出来る訳だ。とはいえそのファールの全ては、ゴールから遠い位置で行われていた辺りや、7枚もイエローカードを喰らいながら、その割にレッド退場者は1人も出していない辺りは、アル・ヒラルがピンチに陥る前に計画的に意図的にファールを犯してレッズを止めていたという事だろうから、そこは高い組織力による意思統一によるものだろう。ここは別にアル・ヒラルをリスペクトする訳ではないが、計画的犯行ファールという「したたか」な点は、レッズも世界で戦う意味では見習うべきだろう。

アル・ヒラル、しかし強い。蓋を開けてみたらたいした事はなければ、なんて僅かな期待をしたが、それどころか、どの選手も基本技術が高く、個人でボールを失わず、また流れの中で選手が次々に完璧な形でスペースに走り込んではパスを受ける辺りも、かなりの連携が成されているようで超組織的だった。そのポゼッション率だけでも7割以上と、レッズは完全にゲームを支配されてしまった。ただ最終的なフィニッシュはややハルビン頼みな面も見られたが、それ以外にほぼ穴が見当たらなかった。さすがサウジアラビア代表をズラリと揃えながら外国人もしっかり見極めて集めている、中東トップクラスの名門かつ強豪だけある。これでエドゥアルドが早々に負傷退場していなかったら、果たしてどうなっていたか、という恐ろしい事を考えるのはやめよう。うちはラファエルシルバの負傷退場がもっと心配な訳だし。

でも、完全アウェーで一方的に攻められてのアウェーゴールを奪ってのドローは、本当に上出来。もちろんアル・ヒラルの強さからして全然安心できる数字ではないのも現実だけど、それでも次がホームでの戦いになる事を考えれば、今回の結果は本当に大きいものになる筈である。

完全アウェーに240人もの遠征組、更にサウジ在住の邦人数十人が加わり、約6万人を敵に回してのサポートも本当に頼もしくて感動した。そして現地組の皆さん、本当にお疲れ様です。
さあ次は倍返しで、ホーム埼スタで、超満員のレッズサポーターがアル・ヒラルを封じ込める番だ。決戦!

の前に、眠い。皆さん、深夜に本当にお疲れ様でした。

ACL 2017 ------
AFCチャンピオンズリーグ決勝・第1戦 アル・ヒラル1-1浦和
得点/7分・ラファエルシルバ(浦)、37分・ハルビン(ヒ)
主審=アドハム・マハメド
観衆:59,136人
ようこそ!!
試合終了/J1リーグ第16節 浦和3―1名古屋 得点/40分・遠藤(浦)、45+1分・シャビエル(名)、70分・槙野(浦)、78分・遠藤(浦) ・・・次の試合/J1リーグ第17節 セ大阪―浦和 (ヤンマースタジアム長居=7月22日19:00キックオフ)


★みんなのなんでも掲示板★
掲示板利用規約

☆インフォメーション
■11/21=「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」さんと相互リンクしました。■7/29=「サッカーの技法をすべての人に」さんと相互リンクしました。■7/18=「サッカー好きがサッカーについて語るブログ」さんと相互リンクしました■10/1=忍者ブログは先月末をもってトラックバック機能が廃止になりました。これまでTBを送信していただいた皆様ありがとうございました。

ツイッター↓
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5 6
9 10 13 14
17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/21 うえ]
[07/20 サッカー素人]
[07/19 うえ]
[07/19 東浦和レッズ]
[07/19 うえ]
リンク

にほんブログ村 サッカーブログへ



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
リンク

【相互リンク大歓迎受付中!!】
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県富士見市在住

レッズと酒に生きる。
スタジアムではゴール裏住人であります。
ブログ内検索
アクセスカウンター
ありがたき御訪問者様
御訪問ありがとうございます。
メールフォーム
バーコード
携帯からも閲覧できますよ。
忍者ブログ [PR]